千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:自然観察 ( 1573 ) タグの人気記事

北風ピューピュー?

10月20日(土)、午前9時の気温16.2℃、今朝の最低気温14.4℃、今日の最高気温21.4℃朝晩はめっきりと寒くなりました。

a0123836_13263430.jpg
今朝の中庭のようす。朝方一時強い雨が降りました。お昼近くには青空が広がりましたが、北風が強く吹き寒い一日となりました。これからどんどん寒くなると思うとなんだか寂しい気がします。そんな私の気持ちはよそに…朝からにぎやかな常連さんの登場です。

a0123836_13263717.jpg
「ジェージェー」にぎやかな声の主はカケスです。カケスはカラスの仲間でありながら羽の一部が色鮮やかな青と白と黒の小紋のような細かい模様が美しい鳥です。カケスはものまね上手でも有名な鳥です。他のいろいろな鳥の鳴き声を巧みに真似るそうです。トビや猫の鳴きまねもするそうです。カケスの英名は「Jay」鳴き声をそのまま呼び名にしています。西洋でもカケスの鳴きまね上手は良く知られています。毎日違った声をだす鳥といわれ、欧米ではおしゃべりで信用できない人のことを「Jay」と呼ぶそうです。(日本野鳥歳時記/ナツメ社より)


a0123836_13264031.jpg
センター建屋近くに水路にもミゾソバの花がたくさん咲き始めました。多くの昆虫が吸蜜に訪れます。

a0123836_13264567.jpg
ハス田へ向かう途中、エノキの木の下にはエノキの果実が多く落ちていました。
秋の風景を演出してくれています。


a0123836_13271495.jpg
昆虫広場では、少し前に観察できてその後姿を消したミノムシが再び観察できるようになりました。(たぶんおなじミノムシだと思いますが…)さらに大きくなっているようです。台風や塩害があったころから姿を消していましたが、そんな苦難の乗り越え生き残っているのでしょう。人間も見習いたいものです。


a0123836_13271740.jpg
花が終わったアジサイは新たに葉を伸ばしはじめていました。その葉の上には、二ホンアマガエルが葉になりきっています。獲物を狙ってじっとしているのでしょう。
a0123836_13272004.jpg
外は北風ピューピュー。体が慣れていないのか、少しの観察ですっかり寒くなってしましました。情けない。でもこんな日は館内でトウキョウサンショウウオの観察もいいものです。

しかし、こんなことではいけませんね。厳しい冬が待っています。でもいすみ市は他の地域に比べると温暖のようです。雪国や、もっと寒い場所で過ごしてきた人にとってはいすみの冬の寒さは大したことないそうです(泣)。ある雪国からの移住者の方の意見ですが…だから最近いすみへ移住される方が増えたのでしょうか?魅力あるいすみ市、そしてセンターへもお越しください。

お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-10-20 16:56 | センターこぼれ話

だれの仕業?/館内展示増えました。

10月18日(木)、午前9時の気温19.0℃、今朝の最低気温14.1℃、晴れのち曇り。通勤時はすっきりした青空が広がっていましたが、午後になり再び曇り空。明日は雨の予報。天気の良い午前中に、和室工作室の座布団を干しました。短時間でふっくら。晴れ間を狙って布団や洗濯物を干さないと乾きませんね。


a0123836_14355745.jpg
中庭のようす。今日は朝から強い風が吹きました。セイタカアワダチソウが勢いよくゆれています。



a0123836_14360395.jpg
だれの仕業?芝がはがされています。以前も一回同じような被害があったような…イノシシの仕業でしょうか?




a0123836_14361259.jpg
毎日屋外のようすをお伝えしていましたが、今日は館内のようすをお伝えします。
北側正面入り口、入って左側に進むと…ミヤコタナゴの水槽の脇に新たに展示が増えました。


a0123836_14361603.jpg
まずは二枚貝の仲間の「ヌマガイ(ドブガイ)」の展示。貝ってこんなに大きくなるの?ってぐらいの大きさです。子どもの顔の大きさぐらいあります(汗)。池や川の砂底にうもれて住んでいます。貝の幼生は魚類(主にハゼ科の魚)に付着して移動し、育ちます。逆にタナゴの仲間はドブガイなどに卵を産み付けます。


a0123836_14361936.jpg
隣の水槽はいすみ市近隣で発見されたオオゴキブリ。ゴキブリ?でも千葉県レットデータブック(2011年改訂版)にはランクD(一般保護生物)とされています。日本最大のゴキブリです。ほかのゴキブリとくらべて体は硬く、メスの翅は小さいので飛ぶことが出来ません。歩行のみの移動。オスの新成虫は灯火に飛来しますが、成熟した個体は翅が擦り切れて飛べないそうです。とにかく黒い!というのが私の印象ですが、皆さんはどう思いますか?水槽の中で土や枯葉の下に隠れていますが見つけて観察してみてくださいね。



a0123836_14362678.jpg
最後はコオロギの仲間の展示。人の気配を感じなくなると、「コロコロリーコロコロリー」素敵な鳴き声。ゆっくり近づくと私だけに鳴き声を聞かせてくれているような…感覚です。生きものって素晴らしい。

屋外の生きものたちの変化も楽しい時期ですが、センター館内も展示も楽しんでくださいね。。

ぜひお越しください。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-10-18 16:55 | センターこぼれ話

曇り空の毎日

10月17日(水)、午前9時の気温18.0℃、今朝の最低気温16.3℃、曇。今日も朝から曇り空。今日の最高気温は22.6℃、中庭にて足を止め季節を振り返ると、あんなに暑かった夏がとても懐かしく思えます。2ヶ月ちょっとで今年も終わり…月日はあっという間に過ぎていきます。1日1日を丁寧に過ごしていきたいものです。

a0123836_15032208.jpg
万木堰のようす。朝撮影しましたが、暗くて夕方のようです。スバラシイ秋晴れと呼べる日は少ないですね。


a0123836_15032783.jpg
堰にぷかぷか浮いているミシシッピーアカミミガメ。顔にゴミが引っかかってしましいむっとしているような気がします。でも、もともとむっとした顔でしたっけ?某テレビ番組で堰の水を抜く番組がありますが、万木堰の水を抜いたらどんな生きものたちが生息しているのでしょうか?


a0123836_15033159.jpg
この時期は、昆虫だけでなく人間も引っかかる可能性のあるジョロウグモの糸。枝の上でなく、地面からも糸をはっているので、先日私は見事に網に引っかかりました。

a0123836_15033593.jpg
アケビの果実が多く観察できる季節でもあります。果実の中身はもちろん皮の分部も天ぷらや炒め物にして食べてもおいしいらしいですよ。アケビの皮を最初にてんぷらにして食べた方って…すごい発見ですね。


a0123836_15033937.jpg
ヤブマメの花が多く観察できました。林のふちに生えることが多いつる植物。花は蝶形花で葉腋(ようえき)に数個付く上の大きな花弁(旗弁)は紫色、それ以外の花弁は白っぽくそのコントラストが美しいです。(色で見わけ五感で楽しむ野草図鑑/ナツメ社)

どんよりとした空模様ですが、外に出て季節の移り変わりに興味をもって自然観察しませんか?

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-10-17 16:55 | センターこぼれ話

これらにも塩害?

10月14日(日)、午前中は雨でした。今朝の最低気温は14.2℃、昨夜降り始めからの累積降水量は16:30分時点で9.5mmです。
昼前からは雨も止んできて、薄日がさすようになったのですが・・・

a0123836_16102187.jpg
16時ころの空のようす。青空が見えていますが雨がポツリポツリと・・
すっきりしない週末でした。


a0123836_16102386.jpg
中庭のモクレンの葉です。ちょっと可愛そうですね。塩害でしょう。


a0123836_16102630.jpg
被害はモクレンだけに限りません。これはススキ。そろそろ穂が出てくる時期なのですが、昆虫広場のススキはみんなこんな感じです。

a0123836_16102773.jpg
こちらはオギ。ススキ同様ですね。
台風24号の暴風と風送塩にさらされて、園内のオギやススキはおしなべてこんな様子。以前も塩害は出ましたが、オギやススキへの被害は記憶に無いので、別な要因かもしれませんけど・・枯れ始めているように見えます。



a0123836_16103174.jpg
一方、こちらはマキ。緑の葉が順調に成長しています。この差はどこから来るのでしょうね。
3方を海に囲まれた千葉県の木だけあって、塩には強いようですね。


a0123836_16102925.jpg
一方、こちらはセイタカアワダチソウ。外来種は塩害にも強いのかと、妙なところで感心してしまいます。
草木染めの時には咲いていませんでした。実は昨年は行事のときは終わっていたので、今年は早めて開催したら花には早すぎた、というありさま。自然相手に時期をセッティングするのは本当に難しい。
ただ、セイタカアワダチソウが繁茂する姿は園内を手入れをしていないようにも見えます。なので、近い内に草刈り予定。しかし、セイタカアワダチソウはなかなか手のかかる植物で、刈っても刈っても刈りきれません。
除草剤で地下茎ごと駆除してしまえば、とも思うのですが、これはこれで、この時期の吸蜜昆虫たちには大事な花。この時期、瞬間的に本種が消滅したら、生態系は大パニックになる、かな?

来週は週末には天気が回復しそうな雰囲気ですが、前半は曇りがちの予報。
スッキリした秋空をみたいですね。
天気が良くなったら散策においでください。お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-10-14 17:05 | しょくぶつ

ミゾソバにホバァリング

10月12日(金)、午前9時の気温20.4℃、今朝の最低気温20.3℃、曇。昨日に引き続き分厚い雲が空全体を包み、ポツポツと時折大粒な雨の降る朝を迎えました。雨はすぐにやみましたが、一日中雲に覆われた空模様となりました。


a0123836_14440222.jpg
湿性生態園のようす。今日も「今」しか観察できない生きものを観察に出かけます。




a0123836_13393475.jpg
連日でスイマセンが、湿性生態園でミゾソバが多く開花し始めました。小さくてかわいらしい花が湿性園を彩ります。


a0123836_13354354.jpg
そのミゾソバにある生き物が吸蜜に来ていました。ホシホウジャクです。花から花へと素早い身のこなし。何年か前は5匹まとまって吸蜜しているようすが観察できましたが、最近はセンター敷地内ではあまり観察出来なくなったような気がします。数が減ってきているのでしょうか?


a0123836_14441530.jpg
この時期に、ミゾソバ・アキノウナギツカミと共に花を咲かせるシロバナサクラタデ。タデ科の中では珍しく宿根性で、雄株と雌株が存在します。


a0123836_14442562.jpg
オオオナモミのようす。イガイガした果実がだいぶ目立ってきました。近くを通っただけで洋服にオオオナモミの果実がくっついていました。早速オオオナモミの陰謀に引っかかったようです。


a0123836_14442994.jpg
紫色のかわいらしい花、アキノタムラソウも観察できました。「タムラソウ」と名のつく植物はいくつかありますが、名の由来は不明だそうです。
ヤマハッカがだいぶ目立つようになりました。長さ7~9㎜程の青紫色の花が花序にいくつも段になってつきます。筒状の花の先端は2つに分かれ、小斑点がある上唇は上を向き、切れ込みがあるため4つに分かれます。下唇は縁が内側に巻いて船のような形をしています。茎の断片は四角。葉は対生し、ふちに粗い鋸歯があります。(色で見分け五感で楽しむ野草図鑑/ナツメ社)

a0123836_14443543.jpg
ついに今年中に会えることができました。オオトリノフンダマシ(クモの仲間)の卵のうと成体です。今年の夏ごろに一回オオトリノフンダマシの卵のうだけ観察できましたが、成体(親)は観察できませんでした。普通は卵のうと成体はいつも一緒にいるのに…おかしいな。と思いながらもずーっと探していました。今年中に観察できてとっても嬉しい。白っぽいのが成体で、茶色いツボのような形をしたのが卵のうです。鳥のフンに擬態した成体の体はとっても愛らしい!興味のある方はぜひセンターで見つけて見てくださいね。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-10-12 17:10 | いきもの

再び曇り空

10月11日(木)、午前9時の気温22.4℃、今朝の最低気温19.7℃、曇。今日の最高気温24.8℃。昨日の天気の良さとは一変、今日は一日中分厚い雲が空を支配しました。時折パラパラと雨も降りました。

a0123836_14201905.jpg
昆虫広場のようす。黄色い配色が日に日に多くなってきています。



a0123836_14203072.jpg
コブシの木には、ヒヨドリの姿がありました。コブシの果実を食べているのでしょうか?コブシの木がずっと揺れています。その揺れと共にヒヨドリの騒がしい鳴き声がセンターに響きます。果実の取り合いをしているのでしょうか?


a0123836_14203479.jpg
田んぼを見ると東側の木々がますます色を変え始めました。赤みがかっていたり、黄色みがかっていたり。


a0123836_14203758.jpg
この時期は濃い黄色い花を持つセイダカアワダチソウがやはり目立ちます。明治時代に観賞用として導入され、第二次世界大戦後には大繁殖が確認されるようになった帰化植物です。アキノキリンソウより草丈が高いことからこの名が付いたそうです。花粉症の原因とされてきましたが、花粉が飛ばないタイプの虫媒花です。(色で見分け五感で楽しむ野草図鑑/ナツメ社)

a0123836_14204007.jpg
こちらは湿性生態園で発見しました。セイダカアワダチソウにイオウイロハシリグモでしょうか?糸をセイダカアワダチソウにぐるぐるにまいて卵を産み付けたのでしょうか?



a0123836_14204447.jpg
よく見ると卵が孵化したようです。小さいクモたちが一斉にウヨウヨと動いていました。



a0123836_14204875.jpg
ハンノキの果実が、濃い黄緑色から茶色の変わり始めました。熟しはじめているのでしょうか?

センターを歩くたびさまざまな発見があります。

皆さんも発見をしに来ませんか?

お待ちしています。




by isumi-sato | 2018-10-11 16:55 | センターこぼれ話

三連休最終日/寒露そしてエコメッセ

10月8日(月)、午前九時の気温22.6℃、今朝の最低気温21.5℃、曇。昨日の最高気温は32.4℃!真夏のような暑さでしたが、今日の最高気温は24.8℃。(7.4℃も最高気温が違います。)昨日の暑さは何だったのでしょうか。今日10月8日は二十四節気の中で「寒露」と呼ばれる時期です。朝露が寒さで凍って霜になる直前の状態を寒露というそうです。

a0123836_13152923.jpg
万木堰のようす。一日中曇り空でしたが自然観察にはちょうど良い気温です。私の意見で恐縮ですが、自然観察は、あまり太陽の光がサンサンと照っていると、暑いし、写真は逆光でうまく撮影出来なかったり、日に焼けたり(日焼け対策、帽子はもちろんかぶりますけど…)してしまいます。今日ぐらいの曇りの方が自然観察日和といってよいのでしょうか?皆さんはどう思われますか?


a0123836_13153211.jpg
連休最終日ということで、今日は多くの家族連れのお客さんが来てくれました。ザリガニ釣りも楽しんでいただけたようです。今朝餌を変えたので、多くはありませんが、釣れていたようです。ザリガニといえば餌にしているスルメですが、生産量が年々減少しているようです。衝撃な近年の激減数をFBにて書き込みました。高いわけです。詳しくはこちら。ザリガニ釣りにセンターへお越しの際はスルメをご持参いただけると助かります。バケツと竿のお貸出しはもちろん無料です!よろしくお願いいたします。


a0123836_13153578.jpg
湿生生態園のようす。鳥のさえずりが心地よいBGMです。


a0123836_13153805.jpg
ミゾソバの花でしょうか?ついに開花しました。何週間か前から葉が伸びてきていたのを観察できていたので、待ちに待っての開花です。少し白っぽく写真には写っていますが、うすいピンク色もかかっています。セセリチョウの仲間でしょうか?何匹もミゾソバの花のにとまり吸蜜しています。マルバヤナギの柳絮(リュウジョ)の時期も華やかですが、ミゾソバの花が咲くこの時期もに華やかですね。


a0123836_13154112.jpg
ノササゲの黄色い花も観察できました。黄色くコロッとしたかわいらしい花ですが、果実はきれいな紫色。果実もなりるころに撮影してご紹介いたします。


a0123836_13154559.jpg
あれ?見慣れない鳥が…ニワトリ?よく見ると…


a0123836_13155049.jpg
五匹います!飼いきれなくなって湿生生態園近くに置いていったのでしょう。こんなことをする方がいるのですね。大切な命です。飼い始めたら最後まで責任をもって育てていただきたいものです。私が近づいても騒ぎません。人間になれているようです。



a0123836_13155433.jpg
いつかいつかと待っていたホトトギスの花の開花。やっと咲き始めました。若葉や花にある斑点模様が、鳥のホトトギスの胸にある模様と似ていることからこの名がつけられたそうです。


今の季節を彩る花々が次々と開花し始めました。

皆さんもこの時期にしか観察することのできない花々を観察しに来ませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この写真は幕張メッセで本日行われた「エコメッセ2018」のようすです。
a0123836_15424973.jpg
a0123836_14493497.jpg
千葉県環境財団と共に、センターとして参加いたしました。キョンやタヌキのはく製をご紹介。クイズに答えて缶バッチのプレゼントなども行いました。隣のブースの方が多く写ってしまっていますが、多くのお客様が来場されたようです。


by isumi-sato | 2018-10-08 16:55 | センターこぼれ話

久しぶり?の青空です


10月6日(土)、午前9時の気温23.1℃、今朝の最低気温18.9℃、晴れ。朝の温度からどんどん上がり、今日の最高気温28.9℃。朝から5.8℃も温度が上がったのですね。「青空はやっぱりいいね~」なんて空を眺めていたのもつかの間、2時半ごろに急に雨が降り出しました。やはり大気は不安定ですね。

a0123836_13460559.jpg
大きい雲が、南西から北東方向にすごい速さで流れていきます。


a0123836_13461107.jpg
エノキの木のようす。黄色く葉の色を変えました。塩害の影響が大きいでしょうね。黒く熟した果実はすっかり地面に落ちてしまったようです。


a0123836_13461453.jpg
温度の上昇のせいでしょうか?水槽の水温が低かったのでしょう。館内水槽は水滴を付けています。



a0123836_13461824.jpg
外壁には二ホンアマガエルの姿がありました。白い壁にピッタリくっつき体の色も少しづつ外壁に近くなってきていますね。獲物をじっくりと狙っているのでしょうか?


a0123836_13462122.jpg
中庭の丸太ベンチには、オレンジ色をしたツノマタタケが観察できます。倒れた倒木の幹上に、列をなして群生する小型菌です。 高さは1cm以下にしかなりません。食用には向かないそうです。キノコは食べられると図鑑に書いてあっても実際に見つけたものがその食べられるキノコという判断は難しいです。食べられるキノコに似ている毒をもったキノコもあります。野山で見つけたキノコはむやみに食べない方がいいでしょう。


a0123836_13462531.jpg
ハクモクレンの葉も塩害の影響のようですね。厚みのある青々とした葉が茶色く変わってしまっています。


a0123836_13462896.jpg
クワの木のようす。クワコのマユが一生懸命枝にくっついています。強い風や雨にも負けずじっと耐えていたのでしょう。


a0123836_13463414.jpg
タコノアシが見事に赤く色を変えてきました。その先にはノシメトンボでしょうか?タコノアシの先っぽにとまって首をかしげたり、私の気配を感じてホバリングしながら後ろの下がったりとてもかわいいしぐさに癒されます。


a0123836_13463835.jpg
このリースは、去年度の行事「わらでリースを作ろう」で私が作成したリースです。講師を招き参加者と楽しみながら作った思い出のリースです。今年も12月22日(土)に開催いたします。300円でこんなに可愛いリースが作れます。ご興味のある方ぜひご参加ください。詳しくはこちら

by isumi-sato | 2018-10-06 16:55 | センターこぼれ話

雨・雨・雨の一日

10月5日(金)、午前9時の気温19.7℃、今朝の最低気温18.4℃、雨。朝から雨ばかり。正午近くには雨足が強くなる時間帯がありました。最近は雨ばかりで嫌になってしまします。今日の最高気温は20.9℃。降り始めから16時までの雨量22㎜。結構降りました。

a0123836_15153292.jpg
屋外のようす。全体的に植物が黄色く変わり始めました。紅葉でなく塩害の影響の方が強そうです。


a0123836_15153999.jpg
チカラシバのようす。雨の日も植物たちに癒されます。


a0123836_15154399.jpg
ケヤキの木の下のようす。葉がずいぶん落ちました。



a0123836_15154682.jpg
堰では、鳥の姿が少しづつ増え始めました。鳥の観察が楽しい季節が近づいてきました。今から楽しみです。


a0123836_15155025.jpg
アメリカイヌホウズキの花でしょうか?急に花を開花させました。白く可憐な花ですが、帰化植物です。



a0123836_15155360.jpg
カラスウリもハロウィンの準備でしょうか?この時期スーパーへ行くと食品の包装がハロウィン仕様になっていますが「やりすぎだなー」と思うのは私だけでしょうか?



a0123836_15155721.jpg
カヤの木の下では、果実が熟れて地面に落ちていました。


a0123836_15160128.jpg
ハス田のようす。なんとも寂しい風景に変わってしまいました。



a0123836_15160834.jpg
林道では、アケビが熟れて果実が割れている様子が多く観察できます。

日に日に深まる秋を堪能しに来ませんか?

お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-10-05 16:55 | センターこぼれ話

塩害でしょうか?

10月4日、曇。午前9時の気温は21.8℃、今朝の最低気温は18.6℃でした。
きのうの最高気温は、24.8℃。朝のうちは風速5.0m/sで北寄りの風がやや強く吹きました。一日曇で、一時雨がぱらつく時間がありました。



a0123836_17551300.jpg
田んぼの脇の水路は、雨と台風の後、いつもの水量に近づいてきました。






a0123836_17551829.jpg
堰の水位はというと、こちらも土管半分の高さに減ってきました。







a0123836_17552179.jpg
秋らしい気温にはなりましたが、湿度は少し高めで秋晴れとさわやかな風が待ち遠しく感じます。
中庭の空も曇空です。おやっ。ハクモクレンの葉が少し変です。




a0123836_17552445.jpg
どうやら台風の強い風のせいで海から塩が飛んできて、塩害で葉が茶色になってきてしまったようです。





a0123836_17553354.jpg
今年の冬に植えたカキの苗木も葉のフチが変色し、うなだれています。
さらにカキノキには、最近少なくなっているというミノムシがついていました。





a0123836_17554071.jpg
強風の後、雑木林の道には、ドングリ、クヌギの実がたくさん落ちています。





a0123836_17552878.jpg
アシ、オギの穂が出ています。




a0123836_17554341.jpg
秋の花には、たくさんの虫たちがやって来ています。
キツネノマゴの花にキチョウがとまります。



a0123836_17553790.jpg
ヒヨドリバナには、ホタルガとセセリチョウ(羽をひろげたこの変わった停まり方はコキマダラセセリでしょうか?)





a0123836_17554605.jpg
事務所の中にも、アオイトトンボ(アオイトトンボは成熟すると尾の先や胸の下が白い粉)、 オオアオイトトンボ(胸の下や尾の先が黄緑色、尾の先の形が膨らんでいることからメスのようです)が飛んできて、掲示ボードにとまっています。
秋もたくさんの生きものや花が観察できます。ご来館お待ちしております。




by isumi-sato | 2018-10-04 17:57 | いきもの