千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:自然観察 ( 1496 ) タグの人気記事

海辺の植物観察

7月22日(日)、午前9時の気温31.3℃、晴れ。今日の最高気温34.6℃、記録更新!です。猛暑日には届かず。しかし連日続く暑さのもうウンザリしてしますね。

そんな暑い中ですが、今日は海辺の植物観察を行いました。暑くて当日キャンセルする方もいるかな…?と思いきや皆さん開始時間よりも早く集合されていました。皆さんとても植物に興味があるようですね。センターへ集合し、講師紹介、本日の観察場所、移動ルート、諸注意を職員の方から伝え、現地へ向かいます。


a0123836_15510481.jpg
太東植物群落に到着すると、涼しい海風がさわやかに吹いていました。やはり夏=海ですね。到着して最初に目に飛び込んできたのはやはり今日の主役!スカシユリ。下見の時点では、スカシユリの開花が少し早く、観察時には花が終わってしまうのではないかと心配しましたが、その心配は必要なかったようです。鮮やかなオレンジ色をしたスカシユリがじっくり観察できました。


a0123836_15511056.jpg
近くで講師の解説を聞きました。皆さん熱心で、メモを取る方やご自分でルーペを持ってきて熱心に観察している方、などなど皆さんとても植物に関心があるようです。講師からここで問題です「スカシユリの花びらは何枚でしょう?」ええっ?6枚じゃないの?



a0123836_15511548.jpg
スカシユリのを近くで見てみると6枚ですが、答えは「3枚」花びらに見えるもう3枚はがく片なんだそうです!そしてよく見るとガクの方が少し細く、花びらの方が太いのが分かります。スカシユリの名の由来は花びらとがく片の間にすきまがあることから「スカシユリ」なんだそうですよ。


a0123836_15511862.jpg
この植物はラセイタソウです。ラセイタソウの繊維で作った布がロシアの布「ラシャ綿」に似ているからつけられた名前だそうです。触ってみるとゴワゴワしたしっかりした葉です。海浜植物は葉が分厚い植物が多いそうです。塩分を含んだ強い海風に耐えられるようになっているのでしょう。



a0123836_15512240.jpg
これはクズの葉。どこでも観察できる植物ですが…よく見てみると葉が閉じているのが分かりますか?


a0123836_15512690.jpg
これは葉が強い光をよけようとクズが葉沈(ようちん:葉柄の基部、あるいは小葉の基部にある肥厚した部分で葉の運動に関係する)を使って葉を閉じているそうです。この写真の太くなっている部分が葉沈です。知らなかった!勉強になります。今日もまた賢くなりました。ありがとうございます。


a0123836_15513021.jpg
イワダレソウも観察できました。図鑑でしか見たことがなかった参加者の方からは「こんなに小さかったの~」と感動の声が聞こえてきました。イワダレソウに絡まっている黄色いラーメンみたいな植物はアメリカネナシカズラ。名前のとおり外来種です。植物の汁を吸って生きている寄生植物。不気味な生きものですね。


a0123836_15513425.jpg
この黄色い夏らしい花はハマボウです。背の高い雑草を踏み分けて全員で観察。なんて鮮やかなのでしょう?学名は「ハイビスカス・ハマボウ」という意味で、日本原産のハイビスカスだそうです。花は朝咲いて夕方終わる1日花。


他には、ボタンボウフウ、ハマユウ、ハマエノコロ、ハマボッス、ツルナ、クコ、テリハノイバラ、マルバグミ、イヌビワ、ハチジョウススキ、エビズル、フウトウカヅラ、スイカヅラ、ケカモノハシ、コウボウムギ、コウボウシバなど多くの植物が観察できました。


面白くとても勉強になりました。

アンケートには、「知らない植物の名を知れて楽しかった」「初めてのものが多く、勉強になりました。」などの意見をいただきました。

ご興味のある方、是非来年ご参加ください。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-07-22 17:25 | 行事報告

夏の夜の生き物たち

7月21日(土)はれ。午前9時の気温は30.7℃、湿度は72%でした。今日の最高気温は32.8℃!今日も暑いですね~ι(´Д`υ)アツィー…でも♪♪



a0123836_16102320.jpg

今日から夏休みーーー!わーいわーい



a0123836_16103629.jpg

夏休みにふさわしい昆虫も、昼間から雑木林をうろついています。今晩の『夏の夜の生き物たち』のイベントでも見られるといいのですが、どうなることやら…



a0123836_16105050.jpg

ゴマダラチョウやヤマトタマムシが、エノキの木の周りをたくさん飛んでいます。こちらも夏の光景ですね。



a0123836_1611513.jpg

草むらでは、弱肉強食のドラマが展開されています。ナガコガネグモがニイニイゼミをゲッツ!



a0123836_1611974.jpg

カマキリの仲間も、獲物を狙っているようです。ずいぶん大きくなりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

a0123836_20594793.jpg
いよいよ夜がやってきました。さあ出発です!


a0123836_21182313.jpg

お約束~♪ ありがとう!やっぱ主役だね。カブトムシがたくさん観られました。


a0123836_21194313.jpg

参加者のちびっこ達は、やはり相当なつわものです。次から次と発見し、「すげー!」と夏休みの夜を満喫していました。セミの羽化がキレイで神秘的です♪


a0123836_21225877.jpg

夜の観察は、昼間と全然違います。危険もあることも、しっかり勉強しました。



a0123836_21242541.jpg

さあ夏休みは始まったばかり!自然観察に自由研究と、思い切り夏を楽しみましょう!ここネイチャーセンターでも、たくさん楽しめます。ぜひ遊びに来てください。

※本日の参加者へも観察した生物はその場で自然に返してもらいました。
当センターでは、野外施設(生態園等)を自然観察の場として管理を行っており、当センターで主催する自然観察会等を除き、一般来園者の生物採集等は禁止しております。また、閉館(閉園)後は、危険もありますのでセンター内に立ち入らないでください。今後ともご理解、ご協力のほどお願いいたします。









by isumi-sato | 2018-07-22 00:17 | 行事報告

農業国際会議・アイセバ(ICEBA)

7月20日(金)午前9時の気温30.3℃、晴れ。今日の最高気温32.4℃。昨日の最高気温を更新はしなかったものの、外に出るとモワッとした空気。皆さん、必要以上の外出は控えましょう。


a0123836_15002472.jpg
田んぼのようす。写真を見ただけではきれいな青空、緑の水田ですが、すごい暑さです。


a0123836_15002969.jpg
オモダカの白い花が田んぼの中で花を咲かしていました。葉は矢尻型で、先端はとがっています。これは人を花に見立て、水面より高く出ることから「面高(オモダカ)」という名が付いたそうです。地域によっては問題雑草ですが、花は白くきれいです。


a0123836_15003290.jpg
クワの木には、クワカミキリでしょうか?見にくい写真ですが…クワの枝にしっかりくっついています。名前のとおりクワやイチジクの枝をかじります。


a0123836_15003630.jpg
今日の水路は暑くてひっそりしていますが、あすから夏休み。多くの親子連れでにぎわうことでしょう。


a0123836_15003991.jpg
ハス田では、ハスが多くのつぼみを付けています。明日も多くのハスの開花が楽しめそうです。

a0123836_15005233.jpg
昆虫広場のクヌギの木では、多くの虫たちが樹液を求め飛んできているようです。
カブトムシとゴマダラチョウが姿を現わしているようです。


a0123836_15005553.jpg
カナブンの仲間とカブトムシでしょうか?お互いに頭を突っ込んで樹液の取り合いです。


a0123836_15005965.jpg
コナラの木では、果実ができ始めています。ニット帽のような殻斗が目立ち始めました。


観察すればするほど、新たな発見が毎日あります。


---------------------------------------------------------


いすみ市では、今日の7月20日、21日、22日と三日間、「第五回生物の多様性を育む農業国際会議・アイセバ(ICEBA)が開催されます。国内外で取り組まれてきた生物の多様性を育む農業の現状を整理するとともに、既存の社会システムとの融合をどのように図るべきか、手法の確立を図るための会議です。その一環としてセンターへも参加されている方々が訪れました。詳しくは、いすみ市のホームページへ



a0123836_16430985.jpg


ジオラマを使って、センター周辺のようすを職員がレクチャーします。谷津田や丘陵などセンター周辺の地形を解説後、ミヤコタナゴ、ホタル、イスミナガゴミムシ、イスミスズカケなどいすみ市特有な生きものたちと生態系などについて解説を行いました。


by isumi-sato | 2018-07-20 17:25 | センターこぼれ話

もうすぐ夏休み

7月19日(木)、午前9時の気温30.4℃、快晴。今日の最高気温30.433.4℃、14日から6日間連日朝9時の時点で30℃を超える真夏日です。来週から多くの学校で夏休みが始まると思いますが、私の家では子供たちが夏休みまで何日かというカウントダウンが始まりました。「今日行ってあと1日で夏休み!」とウキウキですが親としては複雑な気持ちです。

a0123836_13500064.jpg
万木堰のようす。ここにたどり着くまでに汗だくです。セミの鳴き声が響きます。


a0123836_13502515.jpg
近くでは、カラスザンショウの花がいっせいに咲き始めたようです。風が吹くたびその小さな花がパラパラと落ちていく様子が観察できます。


a0123836_13500652.jpg
田んぼでは白くてかわいい花を咲かせる稲穂が少しづつ増えてきました。一つの穂には100個ほど花が付くそうです。花は穂先から咲き始め、一週間ほどで全て咲き終わります。受粉をすると籾の中に胚ができそれが育って米となっていきます。穂が生長し実を付けるまでのこの時期が一番多くの水を必要とするそうです。(田んぼの生き物図鑑/山と渓谷社)


a0123836_13500944.jpg
その穂の近くには、アライグマの足跡がバッチリ残っていました(汗)。


a0123836_13501375.jpg
ハス田のようす。今日も見事に咲き誇っています。


a0123836_13501670.jpg
ハスを見に来る方、写真を取りに来る方…様々ですが、ハスの花芽は増え続けています。皆さんもぜひ近くで見てみてください。お待ちしております。


a0123836_13502006.jpg
ヤブガラシの花がだいぶ目立つようになりました。万木堰近くにあるアジサイに絡まって天に手を伸ばすかのように花を咲かしています。その小さなオレンジ色の花にはアリなどの小さな虫が多く集まっていました。



a0123836_13502880.jpg
クサギのつぼみでしょうか?昨日ぐらいから目立ち始めました。葉をちぎって匂いを嗅ぐとむせかえるようなくさいにおいがします。興味がある方はお試しあれ。

もうすぐ夏休み。お子さんを連れてセンターへ遊びに来ませんか?お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-07-19 17:25 | グループ・学校利用

今日も暑い一日

7月18日(水)、午前9時の気温30.6℃、今日の最高気温33.3℃!(百葉箱にて)記録更新です。外に出ると太陽の光が肌に刺さります。
a0123836_15581746.jpg
田んぼのようす。稲が青々しています。まさに「里山の夏」ですね。



a0123836_15582152.jpg
出穂し始めましたが、遠くからみるとまだあまり稲穂は目立ちませんね。



a0123836_15582502.jpg
ヒヨドリでしょうか?夏の時期でも元気よく鳴き羽ばたいていま。ぼさぼさな頭。鳥たちも暑いのでしょうか?いや暑いはずです。


a0123836_15583088.jpg
この時期はどこに行っても、セミの抜け殻に出合います。



a0123836_15583301.jpg
おお今年初!セミが観察できました。何ゼミでしょう?少し遠くて分かりません。


a0123836_15583926.jpg
クヌギの果実の様子。殻斗の分部が目立ち始めました。ライオンのたてがみのようです。


a0123836_15584205.jpg
エノキの果実は熟し始め、オレンジ色に変わり始めました。機会があったら少しかじってみてください。リンゴのようなシャリシャリした食感です。でも時期がありますので、タイミングよく熟していたらの話です。少し遅いと渋くなってしまいます。

a0123836_15584688.jpg
タマアジサイのつぼみが多く観察できるようになりました。よく見ると…

a0123836_15584927.jpg
一輪だけ咲き始めていました。和を感じさせる色合い。早くもっと多く咲かないかな~。

センターは見どころいっぱい。ぜひ遊びに来てくださいね。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-07-18 17:25 | センターこぼれ話

今日も暑い!!

7月15日(日)、朝9時から気温は31.1℃を観測、最低気温は24.6℃でかろうじて熱帯を当地ではクリアー。
でも、私は一晩中クーラーのお世話になっていました。そうしないと、明け方に寝苦しくなって目を覚ましてしまいます。もっとも、そのおかげで3:00キックオフの試合を見ることができたこともありますけどね。

a0123836_14361541.jpg
午後2時、センター南を望む景色。いつもの景色です。雲ひとつ無い青空。
午後3時過ぎに百葉箱を覗きに行ったら最高気温は32.8℃、昨日と同じ。今日も真夏日でした。


a0123836_14361800.jpg
田んぼでは稲が出穂を始めています。写真中央のスペースを堺に、左がコシヒカリ、右がキョウシン。
本来はキョウシンの方が背が高いのですが、現時点ではまだコシヒカリのほうが背が高いのです。コシヒカリの成長が早いのですね。


a0123836_14362152.jpg
今日はいすみ楊枝の会の例会。
メンバーが集まり、作品制作中。こちらの方は竹で一輪挿しを作成中。

a0123836_14362359.jpg
こちらの会員は茶杓を作成。右がススダケ製だそうです。

a0123836_14362600.jpg
こちらも茶杓を作成。


a0123836_14362884.jpg
こちらの方は一輪挿し。どれも力作揃いですね。
楊枝の会ではありますが、毎回楊枝を作成しているわけではありません。楊枝の材料となるクロモジの入手も大変なので、竹細工が多いのだそうです。


a0123836_14363008.jpg
暑い中、ザリガニ釣りに来てくれるチビっ子。流石に暑くて海に流れた人も多いでしょう。入館者は少なめ。センターに遊びに来てくれた子曰く、ザリガニ釣りは入れ食い状態だったようです。


a0123836_14363279.jpg
落花生の畑では、植え付けに参加してくれた人たちが、こちらの連絡に答えて次々にマルチを剥がしに来てくれました。作業が終わった畑では、職員が追肥し畝立て等のメンテナンスを実施。参加者が気持ちよく収穫体験ができるように手を入れています。


a0123836_14363327.jpg
ここ数日の晴天・猛暑で堰の水位は下がり続けています。それもそのはず、4月に田植えした田んぼでは今が出穂期で水が欲しい時。



a0123836_14363567.jpg
普段は流れていない水路にも、水田へと水がたっぷりと流れています。
ここで心配になるのは水不足・・・
何年か前も、堰の水位が危機的レベルまで下がりました。普段は顔を見せない水抜きバルブがかなり顔を出しました。今年はそこまで行くのでしょうか。

ちなみに、首都圏の水瓶である利根川水系では、7月13日現在で8ダム合計の貯水量は有効貯水量の79%、平年値の90%ということでした。最近では2012、13、16と渇水年でした。今年は大丈夫かな??
西日本の水害にあわれた地域では、水が出ないで大変な苦労をされているところもあるようです。
水は大事に使いましょうね。

とても暑い日々が続いています。
お出かけは無理をしないでください。


by isumi-sato | 2018-07-15 17:16 | センターこぼれ話

ここは天国/出穂

7月13日(金)、午前9時の気温28.9℃、今日の最高気温32.2℃、晴れ。朝から日差しがギラギラ。夏真っ盛りな朝の始まりです。


そんな暑い朝ですが、近隣の小学生1.2年生8人のお友達がセンターで校外学習です。今日う行う内容は、館内説明・竹とんぼ作り・自然観察・ザリガニ釣りです。いろんな体験ができますね。

a0123836_14434550.jpg
まずは館内のジオラマを使って、センター周辺のようすを解説。丘陵や田んぼ、ため池等…みんなが住んでいる地域に少し似ていませんか?その後、水槽展示している生きものの解説(ミヤコタナゴ、ゲンゴロウ、サワガニ、トウキョウサンショウウオなど)を行いました。。


a0123836_14435575.jpg
次は竹とんぼ作りに挑戦。キリを使って竹とんぼの羽の真ん中に穴を開けていきます。初めて使う道具ですが、うまく穴が開いたかな?その後サンダーで羽を削り、ランプであぶってひねりを加えます。


a0123836_14471086.jpg
柄の部分を取り付けて、接着すれば完成。みんなで竹とんぼ飛ばし大会が始まりました。みんな上手に飛ばせたかな?


a0123836_14473518.jpg
その次は自然観察です。イスミスズカケの解説後、昆虫広場脇の水路で観察。メダカ、ドジョウ、クモ、アメリカザリガニなど生きものがすぐ見つかりました。ザリガニが日本に導入された経緯なども解説しました。ネコヤナギ、ネムノキ、ツバキなどの解説していたらお友達がセミの抜け殻を見つけました。「泥が付いてる」「小さい!」などの発見が次々飛び交います。今日拾った宝物ですね。


a0123836_15272461.jpg
畑ではいきなりのクイズ「この黄色い花の咲いた植物は何でしょう?千葉県の特産物で、「ら」が付く食べ物だよ」みんな考えた結果「らっきょう?」との回答。あれ?ラッカセイですよ。



a0123836_14474045.jpg
ハス田では、木道デッキに足を踏み入れた瞬間「いい匂い~」との歓声が沸きました。すっきりとして何とも言えない香りです。花もつぼみも葉っぱも大きい「葉っぱのほうが校長先生の手より大きい」かわいい意見ですね。


a0123836_14475539.jpg
お昼を食べた後は、楽しみにしていたザリガニ釣りです。「早くやりたいよ~」。竿の持ち方、ザリガニ釣りの釣り方などを解説しました。網でとったことはあるけど、竿でザリガニを釣ったことはみんな初めてだそうです。30分の間になんと11人で53匹!これだけつれれば楽しいですね。


a0123836_14480223.jpg
釣り終わって水路に放す前にはオスとメスの区別の仕方を解説しました。いくつかある中の一つですが、腹の分部を見て区別します。オスは腹肢が変化し前方に伸びて交接器となっていて、メスには交接器がない。その代わり卵を抱えるための小さい腹肢がたくさんあります。その違いで区別してもらいました。みんなわかった?

帰りがけに、一人のお友達が「ここは天国だね!」といってくれました。うれしいなあ。そんなことを言ってくれるなんて。将来有望ですね。

a0123836_14480795.jpg
田んぼでは、稲の花が咲いていました。昨日のブログでは出穂が見られるのは来週ぐらいではないか‥と書きましたが、スイマセン。花まで咲いていました。


a0123836_15523489.jpg
職員が、稲を切って中身を見てみると、淡い緑色の小さい穂がきれいになりていました。自然の力はスバラシイ!豊年を願いましょう!田植え体験に参加された方、稲刈りが楽しみですね。

毎日発見がいっぱいのセンターです。

ぜひお越しください。お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-07-13 17:26 | グループ・学校利用

小暑のなかで地元学

7月11日(水)の天気は晴れです。午前9時の気温は、早くも30.0℃に到達!小暑の季節らしく、本格的な夏日になりそうです。



a0123836_13341158.jpg

そんな中、こよなく「地元学」を愛する一行が、ここ千葉県いすみ市を訪れてくれました。



a0123836_13373260.jpg

「地元学」ってなんだろう?検索すると、たくさん出ていますね~。



a0123836_13472840.jpg

あるHPには、「足元にあるものを確認し、その意味を知る。…そこから地域のこれからが示されていく…」う~ん、奥の深い学問のようです。



a0123836_1349977.jpg

イスミスズカケの花を見ています。さすがお目が高い!ここいすみ市だけに咲く花なんですよ~♪



a0123836_13511177.jpg

草の茎を使って、ドジョウを捕まえようとする人がいます。「おしい!」あと少しのところで逃げられてしまいました。すごい技に驚きです。



a0123836_14191020.jpg

雑木林や湿地、水田、水路、堰など、多様な里の自然を散策しました。そこで、いろいろな植物や動物に出会えました。



a0123836_14215986.jpg

また遊びに来てください!夏の自然観察は、盛り上がりますよ~☀
by isumi-sato | 2018-07-11 16:16 | グループ・学校利用

ハス鑑賞週間/マルチ剥がし

7月10日(火)、午前9時の気温29.9℃、今日の最高気温31.6℃、快晴。今年初!最高気温をセンターは更新しました雲一つない青空。陽射しがジリジリ。今日も朝から暑いです。外に少し出るだけで汗が流れます。平成30年7月豪雨のニュースが連日流れ、被害者の方々の人数が増えるたび、ショックでなりません。テレビを見るたびやるせない気持ちになるのは私だけではないはずです。


a0123836_15552916.jpg
センターでは、今日からハス鑑賞週間が始まりました。ハスも鑑賞週間に合わせてくれたのでしょうか?多くのつぼみをつけ始めました。ハス鑑賞週間は7月10日(火)~22日(日)までです。この前後の週も見頃のはずです。そんな中、ハス田には近隣の小学生の姿がありました。


a0123836_15553866.jpg
小学校6年生12名。日陰もないハス田で暑さに耐えながらハスの花の写生会が行われました。あまりにも暑いので、傘をさしているお友達もいます。みんな一生懸命です。


a0123836_15554236.jpg
ハスのつぼみ。花には少し藍色が残っていますね。初々しい!



a0123836_15554713.jpg
開花しているハス。みんなきれいに描いてくれました。



a0123836_15573055.jpg
お友達の作品。素晴らしい!大人でもこんなに細かく書けませんよ!暑い中みんながんばりました。墨を使って描いたそうです。


a0123836_15555492.jpg
みんなの描いた作品を載せたいのでが…皆さんすばらしい作品でした。


a0123836_15555895.jpg
畑では、「落花生の栽培体験をしよう」の参加者の方が、草取りとマルチ剥がしに来てくれました。


a0123836_15560301.jpg
マルチ剥がしのようす。カッターを持参してマルチを切って剥がします。参加者の皆さん。都合のよい時にマルチをはがしに来てくださいね。よろしくお願いいたします。


a0123836_15560935.jpg
なぜか畝の脇に芽を出した落花生。おかしいな、ちゃんとひとつづつ指で種をうえたのに。なんで脇から芽が出るのでしょう?


a0123836_15561362.jpg
畝に補植します。ちゃんと根付いてくれるかな?水をたっぷりあげないとね。


a0123836_15561895.jpg
デイキャンプ場では、ニイニイゼミの抜け殻が去年同様たくさん観察できるようになりました。ますますにぎやかになるセンターです。

来館お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-07-10 17:25 | センターこぼれ話

晴れ渡る青空

7月7日(土)、午前9時の気温18.8℃、今朝の最低気温15.1℃、そして今日の最高気温28.9℃、寒暖差がずいぶんあります。他県では、大雨による被害がかなり出ているようです。心配です。

a0123836_13463498.jpg
澄み切った青空にふわふわとした雲が、早い速度で南西から北東へ向かって流れています。


a0123836_13464130.jpg
ネムノキには、アゲハチョウの仲間がピンク色の花から花へ吸蜜していました。私がじっと立ち止まって静かに撮影していると、私の近くスレスレまで飛んで近寄ってきました。私もずいぶん自然に溶け込む技を得たようです。



a0123836_13464803.jpg
湿性生態園の木道デッキを歩いていると…何やら黒いぶつぶつがカラムシの葉の下にたくさん落ちていました。きっと何かいる。よく見てみるといました大物が。



a0123836_13470207.jpg
フクラスズメの幼虫でしょうか?しかも三匹。一生懸命一心不乱に葉を食べているようです。毒々しくいかにも毒を持っていそうな風貌ですが、毒は持っていないそうです。成虫になると樹液を吸うそうです。



a0123836_13471099.jpg
カラムシときたらセンターではおなじみラミーカミキリ。小さいながらも存在感のあるその模様はかわいらしく、パンダの模様?もしくはアイマスクをしたひげの紳士にも見える?


a0123836_13471853.jpg
オニドコロの花が咲き始めました。オニドコロは雌雄異株で、この花は雄株に咲く花のようです。かわいらしい花がらせん状に咲きます。葉がハート形で、ヤマノイモに似ていますが、ヤマノイモとは花の咲き方が違います。でも同じヤマノイモ科ヤマノイモ属です。(街で見かける雑草や野草のくらしがわかる本/秀和システムより)


---------------------------------------------------------------------------------
もう、満開の時期は終わろうとしているイスミスズカケ。今年も多くの方がイスミスズカケを見にセンターへ来てくれました。イスミスズカケありがとう。そして見に来てくださった皆様、ありがとうございます。以下の写真は、センターへ来館されたお客様からいただいた作品。色鮮やかにそして毎日のブログ写真とは少し違ったアングルでの写真です。Mさんありがとうございます。


a0123836_13472463.jpg
a0123836_13492370.jpg

----------------------------------------------------------------------------------


夏本番を目前に、センターでは様々な生きものたちが観察できます。

皆さんどうぞお越しください。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-07-07 17:25 | センターこぼれ話