千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:自然体験 ( 30 ) タグの人気記事

興味をもって学びましょう。

5月18日(金)、午前9時の気温21.9℃、今朝の最低気温17.9℃、晴れ。雲が多くなったり、陽射しが急に強くなったりと、雨は降らなかったものの変わりやすい天気の一日となりました。

a0123836_14443500.jpg
今日は、近隣の小学3年生の児童73人がセンターへ校外学習へ来てくれました。センター到着時間はほぼ予定通り。センター入り口前であいさつです。「センターへ来たことのある人?」の質問に全員挙手。去年2年生だった時にも校外学習に来てくれましたよね。覚えていてくれたかな?今日は三班に分かれてザリガニ釣り、自然体験、農機具体験を行います。



a0123836_14444837.jpg
まずはザリガニ釣りの様子。アメリカザリガニを釣るのですから、アメリカザリガニの事を知ってもらおうと少々の解説。「アメリカザリガニはある生きもののエサとするため日本へ持ち込まれました。さてなんのエサでしょう」知っているお友達はいませんでした。「ウシガエルのエサとして持ち込まれたんですよ。」というとみんなびっくり。ウシガエルも食用として日本に持ち込まれましたが定着せず。野に放たれて増えてしまいました。ザリガニは在来の生きものや水草、あらゆるものを食べてしまう雑食の生きものということや、田んぼの稲を切ってしまったり、田んぼに穴をあけて水を抜いてしまったり悪さをします。これ以上被害を増やさないためにはアメリカザリガニを家庭や学校で気軽に飼育せず、軽い気持ちで野外に逃がさないでくださいねと伝えました。皆さんお願いしますね。



竿の持ち方、ザリガニの釣り方など質問を交えながら注意事項を伝え、いざざりがに釣りへ。みんなニコニコ。たくさん釣れるかな?
a0123836_14445611.jpg
釣った後は、オスメスの区別の仕方の一つ。オスは腹肢が変化し伸びてい交接器がありますが、メスにはない。メスには卵を抱えるための腹肢が多くあります。大喜びでザリガニをつかむお友達や、「こわくてつかめない―」というお友達もいました。


a0123836_14450155.jpg
こちらは農機具体験の様子。体験したのは、脱穀作業。体験した農機具は千歯こき、足踏み式脱穀機、唐箕(とうみ)を使っての体験です。写真の農機具は足踏み脱穀機。足で踏み板を踏むと逆Ⅴ字型の針金の歯がついている円筒形の胴が回転します。その上に稲穂を当て脱穀します。体験したお友達は「リズミカルに動いて楽しかった」と嬉しそうに私に話してくれました。



a0123836_14452288.jpg
こちらは自然体験班の様子。自然観察班の中でさらに「植物班」と「昆虫班」とに分かれて観察を行いました。まずは植物班のようす。イスミスズカケの観察・解説の後、足元に咲いているニワゼキショウを観察。耳をすまして聞こえてくる野鳥の鳴き声の種類を数えてみました。その中でも今ひときわ大きな声で鳴いているオオヨシキリを探して観察しました。「ギョギョシ-ギョギョシ-」今日も元気に鳴いています。そのほかには雑木林ではコナラ、クヌギ、クリ、マユミ、クワ。畑ではダイコンの花を観察しました。さらに水路沿いでは、ホタルの成虫、幼虫のお話や、植物のカラムシも観察しました。

a0123836_16211771.jpg
最後は昆虫班のようす。水路ではメダカやドジョウ、二ホンアマガエル。昆虫広場ではゴマダラチョウの羽化直後の様子も運よく観察できました。そして葉っぱをクルクル巻いているオトシブミの様子。畑ではモンシロチョウ、ヒシバッタの仲間などを実際触っての観察。触れないお友達は目で見てじっくり観察。短い時間ですが盛りだくさんの内容でした。

皆さん、生きものに興味が湧いてきましたでしょうか?

楽しみながらセンターを満喫できたでしょうか?

今度はお父さんお母さんと遊びに来てくださいね。お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-05-18 17:25 | センターこぼれ話

自然観察は楽しい

4月26日(木)。昨日の雨から一転、今日は晴れました☀気温もぐんぐん上昇し、日中は20℃近く。。。気持ちのいい一日です。



a0123836_15403455.jpg
そんな中、地元いすみ市の小学生が、校外学習に来てくれました!




a0123836_15412386.jpg
田んぼの二ホンアマガエルも、興味津々?




a0123836_15413934.jpg
「いたー!」「なんかいるー!」生徒たちが次々に、田んぼの生きものを捕まえます。
このオタマジャクシは、ニホンアカガエルのようです。



a0123836_15443954.jpg
虫やら貝やら魚やら…田んぼって、けっこうたくさん生きものが暮らしているんですね。




a0123836_15451406.jpg
たとえば~、ゲンゴロウやガムシの仲間…




a0123836_15452208.jpg
トンボの幼虫のヤゴや、メダカ、クモ、アメンボ達もたくさん~いました。
ん?ヒル類もいるんですね。けっこう動きが早い!
ウマビル。人の血は吸わないヒルです。



a0123836_15471067.jpg
自然観察の後は、ザリガニ釣りに挑戦です。




a0123836_15471745.jpg
「あー、つれたー!」




a0123836_15474001.jpg
手でつかんだらら、よーく観察します。足は何本あるかなー?
田んぼの水路でも、いろいろな生きものに出合えました。






a0123836_17052361.jpg
春の植物も観察しました。
タンポポ。カントウタンポホとセイヨウタンポポがありました。
その違いや綿毛も観察しました。



a0123836_17052625.jpg
「赤い実はなーに? 知っている人いますか?」「ヘビイチゴ!!!」
それでは、その葉っぱや花の特徴もよーく見てみました。
ツクシで有名な植物なーに? スギナも観察しました。



a0123836_17053246.jpg
小水路では、ショウブの花も咲いています。葉のにおいをかいで、こどもの日の菖蒲湯を思い出した人はいるかなー?
ショウブの葉もよく見るとVの字の二つ折りになっています。



a0123836_17053001.jpg
雑木林のドングリのなる木の葉っぱの形もいろいろです。
エノキの木では、コゲラが巣を作って出入りしている姿を見せてくれました。

夏には、いすみにだけしかないイスミスズカケ(地域固有種)が花を咲かせます。
また来てね~♪

by isumi-sato | 2018-04-26 17:26 | グループ・学校利用

ホタルの水路で生きものを探そう

7月24日、晴れ。午前九時の気温は23.5℃、今朝の最低気温は16℃でした。
a0123836_18164949.jpg
夏休みに入ってきのうに続き、晴れの一日です。

行事「センター内ホタルの水路で生きものを探そう」を行いました。
夏の日差しですが、まだ気温も風も真夏よりも少しやさしさを感じる気候です。

はじめに本日の予定、注意事項、魚や生きものの捕まえ方を説明しました。
a0123836_18173156.jpg
その後、タモ網、透明ケースの道具を持って、ディキャンプ場へと移動しました。
水路の生きものを捕まえるには、網は振り回さずに袋部分を下流側に広げ、そこへ上流側から
バシャバシャと生きものを追い込むことがコツです。


a0123836_18181093.jpg
ゲンジボタルが発生する水路に入って、さぁスタートです。

a0123836_18195337.jpg
始めは水の中で動きにくかった子どもたちも少し慣れると、お父さんお母さんと一緒に追い込みを一生懸命しています。


a0123836_18184286.jpg
網の中に生きものが入ると、「なんかいた!!」「つかまえたよ!!」。一生懸命網の中をのぞきこんで、生きものを見つけ、ケースの中に移します。

a0123836_18191527.jpg
ぱちぱち跳ねる生きものは、カワエビ。にょろにょろうごめく生きものは、ドジョウ。他にどんな生き物がいるのかな?



a0123836_18201340.jpg
石の下にも生きものがいるので、探してみます。
貝もさがしてみよう。なんか動くものがついている。ヘビトンボの小さなこどもかな?
ホタルの飛ぶ水路のほかに田んぼのわきの水路でも生きもの探しをしてみました。


a0123836_18203342.jpg
つかまえた生きものを分類して、透明水槽を使ってさらにじっくりと観察しました。



a0123836_18205140.jpg
モツゴ、トウヨシノボリ、メダカ、
a0123836_182184.jpg
ドジョウ、スジエビ、テナガエビ、ヌマエビ、ヘビトンボの幼虫、マツモムシ、アシマダラブユ、アメンボ、シマアメンボ、
a0123836_18215710.jpg
カワニナ、ヒメタニシ、などなど、いろいろな生きものたちが見つかりました。


a0123836_18221819.jpg
まとめと説明です。

追いこんでつかまえるのが楽しかった。いっぱいとれて楽しかった。種類ごとに分けるのが面白かった。川の生きものに興味を持った。身近な生きものを知り学べた。など、感想をいただきました。



by isumi-sato | 2016-07-24 18:24 | 行事報告

センター内小川でのホタル観察①

6月4日、晴れのち曇。午前九時の気温は24.2℃、今朝の最低気温は12.5℃でした。
今日もやや乾いた風が吹き、過ごしやすい一日でした。


a0123836_18233570.jpg
今、田んぼには、水がたくさんひかれています。イネは、順調に生育しています。



a0123836_18235864.jpg
ディキャンプ場では、近くの子ども会の方々が大勢で利用をされていました。
当センターでは石のサークルの中、土の上で直火を使用できますが、最近は脚付きのコンロを持参して、立った状態でバーベキューを行う方が多くなりました。
なお、ご利用の際には、遠巻きにカラスが狙っていますので、ご用心を。
今日も、みなさんがかえった後、わずかな残り物をカラスがやってきてつついていました。



a0123836_18242033.jpg
田んぼ沿いの水路では、ザリガニ釣りの人影が絶えることなくみられました。




本日は、行事「センター内小川でのホタルの観察」を開催しました。

ホタルが発光飛翔する時間に合わせて、19:15~20:00に開催しました。


a0123836_19355961.jpg
明るいうちに、まず現地確認。現地の足元の確認とホタルの生息している環境を見ていただきました。


a0123836_19362427.jpg

a0123836_19382135.jpg
建物に戻って、展示施設を使用してホタルの生活史やオスメスの相違などを勉強しました。
次に、ビデオでホタルの生活史を、映像を見て学習しました。


そろそろ、外が暗くなりました。
ディキャンプ場奥のホタルの水路へと出かけます。
人間の目は、暗闇になれるとそりなりに見えるものです。

a0123836_19475535.jpg
ゾンビの集団ではありませんよ。VTRのナイトショットモードで観察中の皆さんを撮影。明日が新月で、今日は曇り空。かなり暗いので手持ちのカメラじゃ無理でした。もっとも、動画も失敗でした。

ワァーと歓声が沸きました。水路から樹木の中に飛び立ってゲンジホタルが
発光しています。ことしは、発光のピークは先週末から今週のはじめくらいでした。
今夜は、樹冠の間に飛翔して点滅するホタルの光が、20頭程度見られました。
発光間隔は、約4秒です。久しぶりの暗闇と、ゆっくりした日本の時の流れを感じることができたでしょうか?

あいにくの曇空でした。晴れているときは、黒い樹木のシルエットの中に光るホタルと夜空の星の光とが、なかなかの風情をかもし出します。


実際にたくさんのホタルを初めてみた。とても身近にホタルが見られた。ホタルを自然になかで見る良い経験ができた。初めてできれいだった。わかりやすい解説を受けた後での実際の観察がよかった。などのご感想をいただきました。


明日も開催の予定です。すでに、定員は満員です。予報では、昼前に少し雨の後、晴れるようです。申込まれた方、お待ちしております。

PS.
ホタルの写真は先週のFBでご勘弁を。





by isumi-sato | 2016-06-04 20:20 | 行事報告

米作り1・田植え体験をしよう

4月30日(土)、午前九時の気温16.8℃、まぶしい程の朝日を受けすがすがしい朝を迎えました。センターでのビックイベントの一つ「米つくり1・田植え体験をしよう」開催の朝を迎えました。

a0123836_1418325.jpg
時間通りに行事が始まりました。まずは中庭にに集まり、所長のあいさつ、職員紹介、ボランティアさん紹介、を行いました。

a0123836_14182367.jpg
その後、苗の植え方の説明を行いました。職員及びボランティアが田んぼの両脇に立ち、苗を植える間隔を分かりやすいように赤く印をつけたロープを張り、同じ間隔で植えつけられるようにしました。

a0123836_14184220.jpg
田んぼに入る前に、軽くストレッチです。


a0123836_14192261.jpg
さあ、田植え開始です。今年は、国際色豊かに海外の方の参加もありました。「Enjoy?」「Yes.Fun!」と答えてくれました。初めての田植え体験だったそうです。日本の文化を楽しんでもらえました。


a0123836_14215914.jpg
小さなお子様も、お母さんとお父さん一緒に並んで、初めての田植え体験です。家族みんなでたのしいね。

a0123836_14193771.jpg
晴れ渡った青空のもと、田植えは順調に、比較的早いペースで進んでいきました。参加したお子さんの中には田んぼの中に入ったものの、何故か泣きだしてしまったり、トイレに行きたくなってリタイアしてしまうなど、いろいろありましたが、皆さん楽しい田植え体験ができたようです。アンケートには「素足で入る田んぼの感触が気持ち良かった」「春を感じられた」「農業の大変さが分かった」「ぜひ継続して下さい」など嬉しい声を頂きました。

a0123836_14195086.jpg
田植えが終わると、今度は楽しいお昼の時間。田植えの後の食事は美味しいですよね。竹の子入りの味噌汁をボランティアの方が作ってくれました。「味噌汁が美味しかった」などの感想もアンケート用紙に書いて頂きました。

a0123836_1723387.jpg
午後は、残りの田んぼに、わら細工に使うための「キョウシン」と、もちつき用の「ツキミモチ」を植えました。田植え機を使用しての田植えです。機械の田植えは、人力に比べるととても早くはかどります。それでもやはり細かな部分は、人力で補植を行ないます。

苗が育つ様子も見に来てくださいね。
お待ちしております。
by isumi-sato | 2016-04-30 17:15 | 行事報告

スペシャルウイーク さとの夏遊び 1日目

今日は7月6日、晴れ。午前九時の気温は28,8℃、今朝の最低気温は22,5℃でした。毎年実施しています恒例のスペシャルウイーク初日でもありました。本日実施したのは、「水辺の生きもの探検隊」、「牛乳パックでハガキ作り」でした。


水辺の生きもの探検隊
参加者大人6人子供6人計12人でした。最初に内容説明、実際に道具を使い生きものを捕獲、最後に生き物の名前等を勉強しました。
a0123836_16122225.jpg

参加者の確認や注意事項を行う。必要な道具類を渡し捕獲方法など説明しました。
a0123836_16135222.jpg

2か所の小川(捕獲場所)に分かれ網みによる捕獲、なにか捕獲できたかな?
a0123836_16164985.jpg

バケツから移し観察
a0123836_1618751.jpg

マツモムシ(刺されると大変痛いので注意して下さい)
a0123836_16195690.jpg

参加者から質問を受けたり、資料と図を使って説明しました。

魚などをたくさん捕まえて楽しかった。採る体験と水路にいる生きもののことがわかってよかった、などの感想をいただきました。


午後からは、牛乳パックを使った紙すき体験です。
スペシャルウィークは、基本的に当日参加申込受けつけ行事ですが、事前に団体からワークショップの依頼が有りましたので、合わせて行いました。
まずは、個人、親子2名の参加がありました。
a0123836_1657622.jpg

牛乳パックのリサイクルについて話しつつ、牛乳パックから作ったパルプで紙すきを行いました。
折り紙を使った「ちぎり絵」でハガキに模様を作るのですが、二人ともとってもお上手な画を作り上げていました。
a0123836_1723367.jpg

カブトムシ
a0123836_1724449.jpg

クワガタムシ

続いて、団体のワークショップです。
a0123836_1752235.jpg

小人21名の参加がありました。
同じように牛乳パックのリサイクルについてお話をしました。
a0123836_1775120.jpg

ちぎり絵でハガキのデザインをする際、不思議と中学年~高学年の方がどうしよう、どうしようと迷います。(この団体に限らずです)
小学1、2年生の方が、ドーンと自由に模様を作っていきます。
a0123836_17122364.jpg

通常より大人数での進行だったので、多少慌ただしくなってしまいましたが、皆さん自分だけのハガキを作ることができました。


明日のメニューは、10:30~トンボ探検隊、13:30~紙すきです。
参加申し込みは当日、開始時刻より前に事務室にいらしてください。
別のイベント、詳細等はこちらからご覧ください。こちら
ご来館お待ちしております。
by isumi-sato | 2013-08-06 15:04 | 行事報告

行事「岩船で磯の生きもの観察しよう」を行いました

本日は、行事「岩船で磯の生きもの観察しよう」を行いました。
雨に降られず、曇がちで暑すぎず、絶好の磯の観察日和になりました。
大人15名、こども10名の参加がありました。

a0123836_18333954.jpg

岩船に到着して護岸の上から海を見ると、目の前には潮が引いた磯が広がっていました。
a0123836_1834010.jpg

簡単な注意のあと、さっそく磯に入っていきます。

a0123836_18341432.jpg

数十メートル沖では、海水面が下がって、ふだん見ることができないカジメが
姿を現わしています。
そして、その手前には、小魚たちのゆりかごといわれる 「アマモ場」が見られています。

膝より深くならないところを移動して、各自自由に生きものを採集しました。

a0123836_18343215.jpg

アメフラシ
初めてつかまえた。なんか気持ち悪いけど、触ってみるとおもしろい。
不思議な生き物が海にはたくさんいます。

a0123836_18344813.jpg

カメノテ
(細かな触手をたくさん出して、海のプランクトンなどをつかまえるよ。
いいだしが出るんだなー。)


a0123836_1835194.jpg

潮の引いた磯とテトラポットのすき間など、しばらく自由に採集した後は、みんなで取れた生きものを持ち寄って、観察しました。


a0123836_18351815.jpg

貝では、岩にへばりついているマツバガイ、トコブシ、ヒザラガイ、とても小さな稚貝。巻貝のイボニシ、バテイラ、ボウシュウボラ。変わった姿のオオヘビガイなどがいました。ご存じヤドカリも動き出しました。
ヒラムシもいました。泳ぐ姿を見せてもらいました。
イソガ二は、中くらいから小さな赤ちゃんサイズまで確認。
ショウジンガニは、姿は見えたけどつかまらなかった。

a0123836_18353349.jpg

カジメの根っこには、隙間がたくさんあってたくさんの生きものたちのすみかになっています。海中では林になっています。
魚は、稚魚が多くて見分けが難しいけれど、背びれがふたつあるハゼの仲間はわかりやすいです。イカの赤ちゃん、コウイカの仲間でしょう。

a0123836_18362977.jpg

イトマキヒトデも色が一色ではないことがわかりました。ヤツデヒトデもいました。足を間違えてたくさん再生しすぎることもあるらしいよ。
ウニは、ムラサキウニ、アカウニ、バフンウニがいるよ。
海草にも、いろいろあって、、、。アオサ、オオハネモ、ハバノリ、イシゲ、ユカリ、食べたり、つなぎの糊になったりしています。

a0123836_18365929.jpg

たくさんの海の生きものたちの一部をのぞき見て、触れることができました。
観察した後、生きものはすべて海に戻しました。

楽しかった、たくさん生きものが採れた、アメフラシが取れて楽しかった、
アメフラシのピンク色の液が出た、魚が楽しかった。
新たな視点から磯を見ることができた、今までつかまえたことのないアメフラシなどをつかまえられた、思ったよりたくさんの生きものがいて楽しかった、海女さんに会えた、などいろいろな感想をいただくことができました。

注)漁業権があって、採取のできない場所やものが決められています。センターの観察会は、地元漁協や県水産事務所から特別許可をもらって行っています。磯の観察を行うときは、地元の人に尋ねてから行いましょう。
by isumi-sato | 2013-06-23 18:33 | 行事報告

いすみ市「子育てジャンボリー」が行われました

 今日はいすみ市主催、自然体験活動などを通して親子間や子育て仲間のふれあい交流を深める「子育てジャンボリー」が行われました。
天候にも恵まれて親子での自然観察会やゲームを楽しみました。

a0123836_17104972.jpg

自然観察会での一コマ。どんぐりを拾っています。

a0123836_17114191.jpg

森の中の的にオナモミを投げています。
足元の葉っぱの下にいた黒い虫の方に関心が移った子もいました。
(森の掃除やさん、オオヒラタシデムシの幼虫でした)


a0123836_17141835.jpg

オカリナとギターの演奏に合わせて、子どもたちが自然の材料から作った「音具」をたたいて音を出しました。


a0123836_1717162.jpg

自然の樹木(太くなったフジツル)にぶら下がる子ども。
順番待ちです。



好天に恵まれたセンターで、楽しい半日が過ごせたでしょうか?
by isumi-sato | 2012-11-10 17:19 | センターこぼれ話

雪景色

1月24日、雪のち晴のち曇。
午前九時の気温は1.4℃、今朝の最低気温は-1.5℃でした。
昨夜は雷が鳴っていました。昨深夜から降り始め早朝に降りやんだ雪は積雪2~3cm程度とわずかではありましたが、ひさしぶりにいすみ地方では朝は一面の雪けしきです。
a0123836_15234891.jpg



a0123836_14564910.jpg

センターのある谷津入口、北側から離れて眺めた景色です。

a0123836_145738.jpg

小川、昆虫広場のススキ、オギも真っ白です。雪をかぶって倒れている草が多いようです。



a0123836_14572034.jpg

畑、ミニ雑木林も白くなりました。畑のナバナにも雪が積もっています。



a0123836_14581080.jpg

センター建物屋根に白い雪がある景色は、数年に一度しか見られない景色です。




a0123836_14582630.jpg

田んぼのイネ株にも雪。向うのホテイチク林も雪がついてしなだれています。





a0123836_1459462.jpg

枯れたハス田にも雪。デッキが白く浮き上がっています。





と、ひさしぶりの雪景色に喜ぶのもつかの間、
a0123836_14594150.jpg


a0123836_14595078.jpg

一時的な日差しを受けて雪は溶けて、昼過ぎには昆虫広場のススキオギも立ち上がっていました。


★お知らせ
湿性生態園のデッキ改修工事が完了しました。
安心して通行できますので、いらしてください。

a0123836_16332365.jpg

by isumi-sato | 2012-01-24 15:06 | センターこぼれ話

センターの処暑

 今年の夏は記憶にないような暑さでした。でも過去形で話せるかは、これからの残暑しだいですね。
 テレビも連日のように「熱中症に注意」で1日がスタートしていましたが、ここ数日は天候がぐずついたため過酷だった暑さもすっかり忘れてしまい、このまま秋本番かと思いきや、処暑の今朝は雷と激しい雨で夜が明けたのがうそのような夏晴れの誠に気持ち良い日となりました。

 このような中、カヌーを積んだ車で大勢のこども達を連れた自然体験活動のグループがセンターを訪れました。

 まず、センター担当者からカヌーを浮かべ遊ぶ夷隅川についてのお話をしをはじめ、センター地区周辺の自然環境と農業のかかわりあいやセンターの活動についての簡単な紹介の後、昆虫広場、畑の作物栽培の状況やセンター内の生きもの、植生などを見てもらい、センターの雰囲気と今日この時の季節感を肌で感じてもらいました。
a0123836_15231762.jpg

a0123836_15234216.jpg


 こどもたちは、昆虫広場で様々な生き物に出会い、水路内での「ガサガサ」ではエビ・魚・貝・水生昆虫等々との御対面あり、泥や水の感触に感激した様子でした。いい出会いでしたね!
a0123836_1524119.jpg

またきてね!





と、ここまでは楽しいお話。
以下は深刻なお話。

センターでは最近、イノシシがいろいろな場所を荒らしています。
まず19日の湿性生態園
a0123836_16202853.jpg

a0123836_16202915.jpg

木道脇をはじめ、いろいろな場所を掘り返し、さらに木道を横断しました。
足が泥だらけなので、雨が降らなければしばらくはこのような横断痕を見ることができます。

20日には田んぼへ2度目の見参とばかりに・・
田んぼの端で呆然とたたずむ職員・・・その視線の先では
a0123836_16202561.jpg

二か所、稲が倒れています。
a0123836_16212779.jpg

よくやってくれます。
稲を食べるのではなく、穴を掘ってミミズでも探したのでしょうか。
a0123836_1621517.jpg


そして本日の湿性生態園入口の林道。
ここは去年もほじられたので、さらに穴が拡大しました。
a0123836_16203522.jpg

さらにセンター田んぼ脇
a0123836_1620367.jpg

田んぼの中にも足を踏み入れましたが、先日ほどには荒らしませんでした。

稲かりまでまだ時間があります。
無事で収穫を迎えられるでしょうか・・・

こんなフィールドトラックを見たい人、お待ちしてます。
by isumi-sato | 2011-08-23 15:07 | グループ・学校利用