人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:畑 ( 311 ) タグの人気記事

雨の日の手仕事、そして楽しみ方

6月15日(土)、午前9時の気温17.6℃、今朝の最低気温17.1℃、雨。今日は千葉県民の日ですがあいにくの雨。午後からは強く降る時間帯もありました。


a0123836_13280730.jpg
外の様子。一日中雨の土曜日でした。そんな雨の日にもかかわらず親子連れのお客様が数組遊びに来てくれました。雨の日もセンターで水槽の生き物を観察したり、ベイゴマ、竹とんぼ、ネイチャーコレクションを楽しんだりとセンターの雨の日の楽しみ方を皆さん知ってくれたようです。

そうそう雨の日でもセンター職員はやることがもちろんあります。ゆっくり休んでいるわけではありませんよ。


a0123836_13281150.jpg
来年の畑の準備の一環として種取り作業を行いました。職員が今年採れた作物の種を天日干しし、種取りの作業に取り掛かりました。これはサヤエンドウの種取りのようす。




a0123836_13281617.jpg
丸々としたかわいらしい種が沢山とれました。


a0123836_13282519.jpg
これはソラマメ。


a0123836_13282953.jpg
たくさん採れました。



a0123836_13283227.jpg
これはナノハナのタネ。ため息でもつこうものなら飛んで行ってしまいそうな細かさですね。こうして地道な作業をくり返し行い、来年の畑作業へとつなげているのです。



これは?


a0123836_13283741.jpg
もちろん種ではありません。センターで人気のネイチャーコレクションです。職員が地道に一個づつ手作りです。型に石塑ねんどを押し付けて作ります。切断したペットボトルを押し当てて、メダルのような形に整えていきます。


a0123836_13284871.jpg
いつも人気ですぐになくなってしまうアメリカザリガニのネイチャーコレクション(外来種のアメリカザリガニが人気!というのはセンター職員の口からはあまり言いたくないですが…)。

a0123836_13285116.jpg
二番目に人気なのはナナホシテントウムシ。塗りやすく、かわいらしいことも人気のひみつでしょうか?



a0123836_13285517.jpg
三番目に人気なのはカブトムシ。黒一色で塗りやすからでしょうか?男の子に人気なので、やはり昆虫の王様はカブトムシですかね~。どんな色で塗ってもいいのですよ。でも上手に塗りすぎると本物になって飛んで行ってしまうかも…。


a0123836_13285862.jpg
結構作りました。こんなに作ると食べ物に見えてきます。皆さんがセンターで楽しんでいただけるよう在庫切れしないよう職員が頑張って作っています。無料で楽しめますが、一人一日一個までです。

雨の日も遊びに来てね。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2019-06-15 17:25 | センターこぼれ話

腹黒いやつがいる?

6月9日(日)くもり。午前9時の気温は17.9℃、湿度は85%です。今日は、ちょっと肌寒い一日でした。梅雨入りして、初めての日曜日…お客さん来たかな~❓




a0123836_13372727.jpg
天気がもって、雨がやんでいます。家族連れのお客さんを中心に、たくさん遊びに来てくれました(#^.^#)





a0123836_13374084.jpg
畑では、麦が収穫の時期を迎えています。二毛作が盛んなところでは、麦を収穫したらすぐに、米作りを始めるそうです。それが、この梅雨入りのころ。





a0123836_13374411.jpg
ネイチャーセンターの畑でも、麦の収穫作業が行われています。小麦は、うどんやパンなど、身近な食材として知られていますよね。センターではこうして収穫するんですよ~ (・_・D フムフム。





a0123836_13380909.jpg
となりのサツマイモ畑では、苗の捕植作業の真っ最中。先日、「何者かに苗が食べられた」とお伝えした続報です。上の2本の苗が被害者…葉のついた苗に植え替えます。




a0123836_13381474.jpg
この根っこ周辺に、おいしいお芋ができるんだとか。安納芋(あんのういも)という品種です。ねっとりとした食感で、とても甘いのが特徴のお芋…はやくもヨダレが出そうだぁ(*´∀`*)





a0123836_13381906.jpg
10月12日に行われる「いも掘り・焼きいもにチャレンジ!」というイベントに向けて栽培中です。皆様のご参加を、お待ちしています!参加申し込みは、8月1日から受け付けますよ~。





a0123836_13471982.jpg
一方、クワの葉の裏には、謎の虫がたくさんついています。この時期だけ見られる光景です。じつはこちら、あるテントウムシのさなぎなんです。





a0123836_13472839.jpg
あ~!羽化ってるーーー!さなぎから、成虫が出てきましたよ!大人になろうとしているのね…とても神秘的な場面です。





a0123836_13473394.jpg
羽化したての鞘翅(さやばね)と後翅(うしろばね)は、両方とも白色なんですね。花嫁の白むく姿のようです。美しい✨ 鞘翅(さやばね)は徐々に色づき、後翅(うしろばね)は翅脈(しみゃく)に体液が入り、成熟していきます。…しばらく見とれていると…





a0123836_15465788.jpg

ジャーン!美しくつややかなオレンジ色に変身しました。ハラグロオオテントウという日本最大級のテントウムシです。5-6月ごろ、クワの木周辺で見られる甲虫です。





a0123836_13474520.jpg
名前どおりに腹黒いのか確認してみました。ああ!白むくは束の間…腹黒くなってもうた…うちの嫁みたい?
うそうそ(;^ω^)、かわいいじゃありませんか💦




by isumi-sato | 2019-06-09 17:30 | 作業風景

今日の畑は・・どんなようすかな?

6月8日(土)、午前9時の気温は20.2℃、最低気温は18.9℃。昨日から降り続いた雨は累積で37.5mm。今朝も小雨模様で、梅雨らしい??朝を迎えました。

今年の梅雨入り、45年ぶりという珍しいパターンだそうです。梅雨前線が北上して梅雨に入ったわけではなく(その証拠に、西は梅雨入りせず。関東、東海、北陸や東北南部が梅雨入り)、オホーツク海の高気圧のせいだとか。

こんな日はあまり作業もできないので、今日は現在の畑の様子を紹介します。


トップはこちら。
a0123836_14063938.jpg
インゲンです。昨夜からの雨で葉に泥が跳ね上がって着いてしまいました。雨の勢いが強かったようです。畑の担当者いわく、泥が葉につくと病気になりやすいんだよね。
ということで、泥ハネがないように急遽、ワラを敷きました。



次がこちら。
a0123836_14064058.jpg
左が成長中のサツマイモ。でも右の穴は苗を植え忘れた???

いえいえ、そんな事はありません。
a0123836_14064387.jpg
よく見ると、地面から上でスパッと切られたようです。多分、ウサギによる食害。
全部食べていかなかったところを見ると、それほど美味しくはなかったのかな。以前、ダイズが全滅したことがあります。



a0123836_14064507.jpg
こちらは、先月の行事で植え付けしたラッカセイ。順調に生育しています。特筆すべきは畝間に雑草がほとんどど見られないこと。
行事参加の前提として、生育中の雑草取りもお願いします、と伝えました。
参加者の皆さん、よく来られて除草に励んでいただいております。今年は収穫が楽しみですね。



そしてこちらも順調に生育中。
a0123836_14071829.jpg
アイです。
久しぶりに栽培しています。
このまま順調に行けば、夏のスペシャルウイークでイベントで使えれば、と思っています。



こちらは・・・
a0123836_14072086.jpg
なんだか分かりますか?なんとなく分かりそうですね。
赤い丸の中にいるのはチョウ。モンシロチョウです。
そうなんです。センターでモンシロチョウのイモムシとサナギの様子を観察してもらおうと、意識的に放置した結果のキャベツです。
以前ブログでも紹介しましたよね。
しかし、無残なキャベツとなってしまいました。葉の茎の部分が残っているだけ。よく食べた。
というのも、モンシロチョウは1回の産卵で200個程度産むそうで、しかも南関東あたりでは1年に6世代・・
200の5乗(200^5)で320,000,000,000(3.2×10^11)個体にもなり得る繁殖力。当然、途中で捕食されるからこうは育たないでしょうが、うちのキャベツを見ていると単に「すごいなぁ」。



最後がこちら
a0123836_14064729.jpg
なんだか分かりますか?
ナノハナの最終段階ですね。種がたくさんついています。
いくつかは来シーズンのために採種予定。他の作物もね。

みなさんも、普段見慣れない野菜の生育過程を観察してみませんか。


by isumi-sato | 2019-06-08 17:25 |

雪やこんこ

2月11日(月)は雪。午前九時の気温は1.2℃、湿度は90%、積雪深は3cmでした。今日は「建国記念日」で祝日🎌…初代天皇の神武天皇(じんむてんのう)が即位された日が2月11日なんだとか。




a0123836_14013597.jpg
祝日をお祝いするかのように、紅白の梅が拝めました♪ きれいですね。





a0123836_14020858.jpg
ネイチャーセンターは一面、雪景色になっています。この辺じゃ、年に何回かしか見られない景色です。





a0123836_14022968.jpg
雪がふわふわ…綿みたいに軽いです。うぅ~冷たい‼





a0123836_14032123.jpg
万木堰の水面には、雪が映し出されています。わお!ここで神秘的な光景を目の当たりにしました。フェイスブックにアップしたので、よかったら見てください。





a0123836_14035798.jpg
室内では、1月末の作業に引き続き落花生の種取り作業が行われています。今年5月の行事で植える種を採取する、たいせつな作業です。準備は怠れません。





a0123836_14040729.jpg
こちらは「千葉半立(ちばはんだち)」という品種です。とてもおいしい落花生ですよ。今年も「落花生の栽培体験をしよう」を実施する予定です。募集開始まで、いましばらくお待ちください。





a0123836_14050645.jpg
畑でも雪が積もっています。





a0123836_14051532.jpg
菜の花が、雪に映えますね~♪





a0123836_14052728.jpg
大根も雪に耐えています。かんばれど根性ダイコン!





a0123836_14053735.jpg
こちらはおなじみブロッコリー…防虫ネットに守られて立派に育っています。ラッキー♪ ブロッコリーは寒さに強い野菜ですが、あまり厳しい寒さは命取りになるそうです。





a0123836_14062923.jpg
万木城(まんぎじょう)を訪れました。戦国時代…ほんとに戦のあった場所なんだそうです。





a0123836_14064046.jpg
トトロの森に通ずる道?を抜けると…





a0123836_14062117.jpg
いすみ市の田園風景が一望できます。殿様になったつもりで、雪景色を楽しんでみましょう。





a0123836_14070200.jpg
木々の葉に積もった雪が、なんとも言えないですなぁ~。あっぱれ!





a0123836_14074763.jpg
本丸付近まで、イノシシ群が攻めてきたようです。草花が生えている土が、めちゃくちゃ(;^ω^)





a0123836_14080239.jpg
深さ30㎝ほど、あたり一面の土が掘り返されています。かなりの強者です。





a0123836_14080961.jpg
道路わきの斜面も崩壊…どこでもイノシシ被害はあるんですね。





a0123836_14083266.jpg
トンボ沼にも足を伸ばしました。木製デッキには、複数足跡が残っています。寒い日にも関わらず、先客がいるようです。





a0123836_14083865.jpg
バタバタバタ…カモ類がたくさん羽を休めていました。思いがけず今日は、バードウオッチング日和でした。雪のおかげで、すてきな休日を過ごせました。皆さまの祝日は、いかがでしたか。



by isumi-sato | 2019-02-11 16:50 | いきもの

ソラマメ、サヤエンドウ、コガモ、メジロ

12月20日、晴れ。午前9時の気温は6.2℃、今朝の最低気温は3.1℃でした。
この三日間は、例年よりも朝の冷え込みも少し緩み、日中の最高気温は13℃台と、昼間は11月上旬くらいの温度が続いています。

a0123836_16544880.jpg
今日は朝は雲が多めでしたが、やがて青空が広がりました。




a0123836_16550099.jpg
朝の枕木の道、足元のアジサイは、二年前にさし穂から移植されて30cmくらいに成長したものですが、先週末の冷え込みで葉っぱが赤茶色に変色しています。
午後の三時くらいからは雲が広がって夕暮れがいっそう早くなってしまいました。



a0123836_16550596.jpg
日の当たり始めた畑では、ソラマメの苗が順調に育ち始めています。現在8cmくらい。


a0123836_16551317.jpg
また、春に実をつけるサヤエンドウも冬の間に根を張って寒さを乗り越える作物ですが、現在やはり8cmくらいの苗になっています。昨年はノウサギの食害に二回もあってしまったため、防虫ネットをトンネルにかけて守っています。そのトンネルの中の苗の根元に、支柱と寒さ除けとして昨日切った竹の小枝をさしました。



a0123836_16551846.jpg
雑木林のエノキは葉を落として枝だけになりました。その中に黄緑色の葉っぱのようなものが見えています。



a0123836_16552293.jpg
よく見ると、枝先にぶら下がった昆虫です。毎年観察できるウスタビガのまゆがふたつ青空をバックに微風に揺れていました。




a0123836_16552649.jpg
堰の水面に、今日は水鳥たちの姿が見えました。人が近づくといっせいに対岸へと向かい逃げていきます。




a0123836_16552961.jpg
日陰になっている対岸に近づくとまたかたまって寄り添うように泳いでいます。
コガモです。ほぼハトと同じ大きさで、カモの仲間では最小の大きさの水鳥です。
近くの夷隅川にはたくさんいますが、今年はオオタカの出現がこの堰付近では多いためか、姿をあまり見なくなっていました。今日は久しぶりの再会です。




a0123836_16553338.jpg
雑木林に戻ると、キョキョキョと歌うような声で、忙しく動き回る緑色の小鳥たちがいました。
メジロです。ツバキの花に顔を突っ込んで吸蜜しています。
よく見ると花びらにつかまっています。




a0123836_16553623.jpg
冬でも華やかな赤い実が目立つ樹木があります。
クロガネモチです。メスの木にだけ赤い実がつきます。


お時間のある時に散策はいかがでしょうか。
ご来館お待ちしております。




by isumi-sato | 2018-12-20 16:58 | いきもの

晩秋の三連休初日

11月23日(金)、今朝の最低気温は4.7℃。寒い朝でした。そして最高気温は14.5℃、日向にいてもやっぱり秋だなぁ、という気温でした。
今日は勤労感謝の日。世の中は3連休だそうですね。「さとの文化祭」も最後の3日間となりました。今日も多くの人が見学に来られました。

今朝の青空。
a0123836_11321093.jpg
湿性生態園から見上げた空は青かった。


a0123836_11321686.jpg
逆光の朝日があたるヤナギ林、眩しかった。


a0123836_11321336.jpg
もう、秋枯れの風景ですね。今年の紅葉は全国的に赤が寂しいとか。当地はあまり赤がありませんけど、黄色系も寝ぼけた感じでしたね(個人的な意見です)。


a0123836_11322817.jpg
文化祭を見学に来たけれど、何故かここへ向かう子供が多いことか。
シーズンピークと同じくらい、竿が出ていきました。
でも、水は冷たいし、姿を見つける事もできないと思うのは大人の考えなのかな。次から次へとチャレンジ精神旺盛な子どもたちで賑やかでした。

a0123836_11325950.jpg
こちらも。なかなかお上手でした。


畑ではルーチンの作業が欠かせません。
a0123836_11322166.jpg
こちらはサヤエンドウ(エンドウ)のポット。発芽して畑へ下ろす頃合い。


a0123836_11353265.jpg
ということで、植え付け作業をしました。ちゃんと、苗間を確保するために測って作業しているんですよ。



a0123836_11323235.jpg
こちらは先日植えたナバナ。発芽してここまで大きくなりました。


a0123836_11322579.jpg
デイキャンプ上では柑橘類の実が色づいてきました。種の名前が出てこないのは歳のせいか・・・・情けないですね。
追記 : ユズです。他にナツミカンもあります。

芸術の秋、文化祭も残り2日間です。
天気も良さそうですので、散策のついでに寄ってみてください。

-------------------------------------------
以下は筋違いですけど「今日はなんの日」で思いついたこと。

1995年の今日、Windows95の日本語版が発売されたそうです。Z80でCP/Mなんて話は、わからない人、多いでしょうね。でも、PCを長く使っていると、このOSが道具(PCを)の使い勝手を激変させたことを思い起こさせます。特にネット接続設定とコピペ作業かな。
DOS時代の64kbpsのモデムだと、テキストが1文字づつ画面に表示されていくのを目で追いかけられたんだから。それから速度は日増しに早くなり、ネットへの接続方法も簡単になりましたが、このWin95で大きく敷居が低くなったことを覚えています。
N-BASIC → CP/M → MS-DS → Win3 → Win95 → Win2000 → Win XP → Win7 → Win10 。LinuxやP-TOSなんていうのも使ったことあるけど、ニーモニックでTK-80は、流石に細かなことを思い出せない。こんなことかいているのは年寄りの証拠ですね。



by isumi-sato | 2018-11-23 17:17 | センターこぼれ話

実りの秋♪ 食品ロスを減らそう!

10月7日(日)はれ。午前9時の気温は28.2℃、湿度は85%です。日中の最高気温は、なんと32.2℃📈 10月なのに…真夏日となりましたι(´Д`υ)アツィー





a0123836_15275884.jpg
そんな炎天下?のもと、待ちに待った「落花生」の収穫イベントが行われました。





a0123836_15294053.jpg
「どうですか~?」…「あれ~?」「ちょっと小さいかな~?」「なかなか見つからないな~」…去年よりやや不作のようです。





a0123836_15292228.jpg
とはいえ、苦労してできた落花生の収穫…楽しんでいただいているようです。





a0123836_15303966.jpg
ワクワクしながら種を植え、猛暑の中での雑草取り、そして今日の収穫を迎えました。





a0123836_15305814.jpg
「あったー!」「なんか宝探しみたい♪」…ほっ( ̄▽ ̄;) 年ごとに違う畑で、それぞれの楽しみを見つけてくれたようです。





a0123836_15310717.jpg
赤とんぼの仲間が、そんなヒトたちを横目に、秋空を飛び回っています。真っ赤ですね~





a0123836_15315152.jpg
わお!バケツ一杯とれた家族がありました。ブラボー😁





a0123836_15321804.jpg
落花生を茹でてみました。収穫したての“生(なま)落花生”を、その場で食べてみましょう。





a0123836_15325489.jpg
見てください!この新鮮な色合い。苦労した人の特権ですね。「いただきまーす」





a0123836_15330584.jpg
「おいしい!」「甘ーい!」「茹でもいいけど、煎ってみるのも楽しみ♪」「おうちでは塩味に挑戦してみよう」…いろいろな感想がありました。





a0123836_15344086.jpg
お疲れ様でした!食べるまで大変でしたね。お口に入るまで、多くの手間がかかることを体験できました。
またのご参加をお待ちしています。





a0123836_15350737.jpg
一方こちらでは、お米の選別作業が行われています。選別しているのは、お米とゴミです。これは、唐箕(とうみ)という穀物とゴミをより分ける機械です。数百年前から使われている農機具です。





a0123836_15351606.jpg
お米は、食べられる状態にするまで、とても多くの工程があります。この選別は、もみすり前の大事な作業で、混ざった草や空の籾を取り除きます。





a0123836_15362001.jpg
原理は、風の力を使います。中にある扇風機のような風車をまわし、軽いゴミは左から風の力で排出、重い穀物は下へ落ちます。スゲー!





a0123836_15362755.jpg
見る角度を変えます。重たいお米は左右へ落ちる一方、軽いゴミは手前に落ちています。考えた人は頭がいい!中国から17世紀ごろ日本に伝来したそうです。少し前まで、日本の農家で普通に使われていた農具です。





a0123836_15363106.jpg
見てください!この驚きのパワー。よく選別されていますね。





a0123836_15370106.jpg
ゴミもたくさん出ました…こんなでるの?って感じましたよ。作業も本当に大変です。「手間暇かけて」とか「丹精込めてつくった」とかよく耳にします。わかりますよ!




a0123836_15371097.jpg
「ぜったいに食べ残しはやめよう」と心に誓いました。また、買いすぎない・腐らせない・賞味期限をチェック…などをして「食品ロス」を減らそうと思いました。






by isumi-sato | 2018-10-07 17:04 | 行事報告

すすき梅雨

9月26日(水)くもり。午前9時の気温は19.0℃、湿度は90%です。ずいぶんと涼しくなりました。そして、雨がよく降りますよね。湿度が高いこと…8月下旬から10月上旬は雨の多い季節のようで、「すすき梅雨」なんても言うそうです。




a0123836_15103368.jpg
道脇に咲くツユクサの花が、再び勢いをつけています。すすき梅雨の雨で、喜んでいるように見えます。





a0123836_15104097.jpg
このツユクサの花は、食べられるそうです。そのため、花のジャムや花のレアチーズケーキ、花のさとう漬けなど、花のスイーツとして利用できる花なんだとか。





a0123836_15104693.jpg
おっと、先客がいました。ハナアブの仲間、ホソヒラタアブです。ツユクサの蜜を吸っているのでしょう。花のスイーツを楽しむ達人です。





a0123836_15112748.jpg
イボクサの花も咲いています。田んぼや湿地などに生育しています。花期は8~10月ごろ。花弁は3枚が一般的ですが、まれに4枚あるものがあるそうです。四葉のクローバーと同じで、見つければラッキー?





a0123836_15110462.jpg
湿性生態園では、ワレモコウがひときわ目を引きます。バラの仲間です。「われもこうありたい」と思った人がいるとかいないとか…ワレモコウの名前の由来は、諸説あるそうです。





a0123836_15114411.jpg
ハイドにやってきました。水鳥を観察するときに使います。窓から覗くと…水鳥を驚かせずに観察できる施設です。





a0123836_15115075.jpg
窓を覗くと…カキノキの紅葉が美しいですね~♪ ああ風流ぅぅ…しばらく紅葉を観察してみましょう。





a0123836_15121580.jpg
どういう順に色づくのでしょう?不思議です。僕は、地図のように見えてきました。皆さま何に見えますか?





a0123836_15164115.jpg
ハイドの窓から堰を覗いてみると、カワセミが魚を捕まえているのかな?何度も何度も、水に飛び込んでいます。





a0123836_15123564.jpg
アケビの実を発見!たわわにみのっていますね~♪ 果実は9~10月に観察できます。





a0123836_15142132.jpg
ラッキー!実が落ちています。持ち帰ることにしましょう♪





a0123836_15154134.jpg
割ってみると…わお!こうなっているんだ。残念だけど、食べられる状態じゃなさそうだなぁ。虫のエサにしよう。





a0123836_15172328.jpg
コオロギたちがおいしそうに食べています。しばらくすると「ごちそうさま」と言っているのか、コロコロリー♪と美しい歌声を披露してくれました。





a0123836_15154601.jpg
似てるけど、これはアケビじゃありません。ジャガイモの種イモです。





a0123836_15155121.jpg
畑では、秋植えジャガイモの植え付けが行われていました。1月ごろ収穫できるそうです。アンデスという、とてもおいしい品種なんだとか。それにしても食べるためには、準備がいるんですね。





a0123836_15155883.jpg
でかっ!畑には、びっくり野菜があるからオモシロイ(^^♪ ナタマメっていうそうです。ほんとナタみたいな形と大きさです。『ジャックと豆の木』のモデルになった植物なんだとか。





a0123836_15183415.jpg
ジョロウグモが、エサを採るための巣を、せっせとつくっています。横に糸を張っているところです。クモたちも、食べるために働いるんですね。人間と同じだなぁ。


by isumi-sato | 2018-09-26 17:30 | いきもの

秋分の日🎌

9月23日(日)はれ☀ 午前9時の気温は24.7℃、湿度は80%でした。今日は、秋分の日で祝日です。昼と夜の長さが、ほぼ等しいころなんだとか。これから徐々に日が短くなっていくんですね。



a0123836_14093835.jpg
仏教では、秋分の前後7日間を彼岸といいます。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれているように、そろそろ厳しかった暑さも終わりかな?
田んぼの畔では、ヒガンバナが競うように咲き誇っています。




a0123836_14135915.jpg
水田では、稲の収穫が終わりました。わらが山積みです。




a0123836_14164062.jpg
そんなわらを、スタッフがどこかへ運び出しています。ついていくと…




a0123836_14173782.jpg
畑へやってきました。畑のわきへ、わらのお引越し。




a0123836_14183239.jpg
きれいに積みなおして、発酵させて、たい肥を作るんだそうです。たい肥って、畑の土をつくる大事なものなんだとか。これでおいしい野菜ができるんですね。無駄がない!




a0123836_14204647.jpg
千葉県の特産『落花生』が、まもなく収穫の時期を迎えます。その前に、どんな様子か試し掘りをしてみましょう(^^♪




a0123836_14222910.jpg
わお!たくさん実がついていますね。今年は、なかなか期待がもてそうです。




a0123836_14233473.jpg
この落花生の品種は“千葉半立(ちばはんだち)”というもので、とても食味がいいんだそうですよ。
『落花生の栽培体験をしよう』の参加者の皆さま、まもなく収穫作業です。10月7日(日)9:00~を予定しています。お待ちしています😊




a0123836_14294117.jpg
赤とんぼの仲間が、じょじょに目につくようになってきました。赤い体色がキレイですね。




a0123836_14350412.jpg
突然ですが問題です。この写真にトンボは何匹いるでしょう?




a0123836_14355051.jpg
答えは…5匹 でした。 えっ⁉ 簡単?




a0123836_14374534.jpg
つづいての問題…この中にチョウがいます。さてどこにいるでしょう?




a0123836_14384383.jpg
「これは難しい!」って声が聞こえてきそうです。ふふふ…まったくスバラシイかくれ技ですね。お見事!
たぶん…クロコノマチョウかな?「もともと主に南日本に分布していたチョウだが、徐々に分布域を北に広げ、千葉県では1980年代ころから見られるようになった。」と千葉県立中央博物館HPで紹介されていました。




a0123836_14572254.jpg
駐車場では、もち米の乾燥作業がつづいています。むしろの上にもち米を置いて…




a0123836_14574246.jpg
『天地返し器(てんちがえしき)』という昔の農具を使って、うすく広げていきます。これを使ってお米を広げると…




a0123836_14574729.jpg
こんな模様になるんです。どこかで見たことありません?スタッフの間では、「日本庭園の風景を思い浮かべない?」と話題になっています。皆さんから見て、いかがでしょう?




a0123836_14573558.jpg
さて、もち米は乾いたでしょうか?水分量15%ぐらいがちょうどいい乾燥具合なんだそうです。乾かしすぎてもダメ、水分が多くてもダメ、おいしいお米にならないんだとか。食べ物って、たくさんの手間と高度な技が必要なんですね。感謝!




明日は開館しています!月曜日ですが祝日なので、やっていますよ~。皆さまのお越しをお待ちしています!











by isumi-sato | 2018-09-23 17:07 | 作業風景

今日も暑い!!

7月15日(日)、朝9時から気温は31.1℃を観測、最低気温は24.6℃でかろうじて熱帯を当地ではクリアー。
でも、私は一晩中クーラーのお世話になっていました。そうしないと、明け方に寝苦しくなって目を覚ましてしまいます。もっとも、そのおかげで3:00キックオフの試合を見ることができたこともありますけどね。

a0123836_14361541.jpg
午後2時、センター南を望む景色。いつもの景色です。雲ひとつ無い青空。
午後3時過ぎに百葉箱を覗きに行ったら最高気温は32.8℃、昨日と同じ。今日も真夏日でした。


a0123836_14361800.jpg
田んぼでは稲が出穂を始めています。写真中央のスペースを堺に、左がコシヒカリ、右がキョウシン。
本来はキョウシンの方が背が高いのですが、現時点ではまだコシヒカリのほうが背が高いのです。コシヒカリの成長が早いのですね。


a0123836_14362152.jpg
今日はいすみ楊枝の会の例会。
メンバーが集まり、作品制作中。こちらの方は竹で一輪挿しを作成中。

a0123836_14362359.jpg
こちらの会員は茶杓を作成。右がススダケ製だそうです。

a0123836_14362600.jpg
こちらも茶杓を作成。


a0123836_14362884.jpg
こちらの方は一輪挿し。どれも力作揃いですね。
楊枝の会ではありますが、毎回楊枝を作成しているわけではありません。楊枝の材料となるクロモジの入手も大変なので、竹細工が多いのだそうです。


a0123836_14363008.jpg
暑い中、ザリガニ釣りに来てくれるチビっ子。流石に暑くて海に流れた人も多いでしょう。入館者は少なめ。センターに遊びに来てくれた子曰く、ザリガニ釣りは入れ食い状態だったようです。


a0123836_14363279.jpg
落花生の畑では、植え付けに参加してくれた人たちが、こちらの連絡に答えて次々にマルチを剥がしに来てくれました。作業が終わった畑では、職員が追肥し畝立て等のメンテナンスを実施。参加者が気持ちよく収穫体験ができるように手を入れています。


a0123836_14363327.jpg
ここ数日の晴天・猛暑で堰の水位は下がり続けています。それもそのはず、4月に田植えした田んぼでは今が出穂期で水が欲しい時。



a0123836_14363567.jpg
普段は流れていない水路にも、水田へと水がたっぷりと流れています。
ここで心配になるのは水不足・・・
何年か前も、堰の水位が危機的レベルまで下がりました。普段は顔を見せない水抜きバルブがかなり顔を出しました。今年はそこまで行くのでしょうか。

ちなみに、首都圏の水瓶である利根川水系では、7月13日現在で8ダム合計の貯水量は有効貯水量の79%、平年値の90%ということでした。最近では2012、13、16と渇水年でした。今年は大丈夫かな??
西日本の水害にあわれた地域では、水が出ないで大変な苦労をされているところもあるようです。
水は大事に使いましょうね。

とても暑い日々が続いています。
お出かけは無理をしないでください。


by isumi-sato | 2018-07-15 17:16 | センターこぼれ話