人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:畑 ( 319 ) タグの人気記事

カブトムシうじゃうじゃ

4月9日(木)晴れ。午前九時の気温は14.5℃、湿度は62%です。コロナの影響で休園中ですが、スタッフはいつものように維持管理の作業に追われています。




カブトムシうじゃうじゃ_a0123836_17043023.jpg
草刈り機のエンジン音が、あちらこちらで聞かれるようになりました。葉桜のもとでは、野菜作りが行われています。畑があるんです。丹精込めて作っているので、おいしい野菜がスクスク育ちます。





カブトムシうじゃうじゃ_a0123836_17043657.jpg
「おーい!カブトムシがうじゃうじゃいるぞー!」わー素敵~(⋈◍>◡<◍)。✧♡ 畑にまく堆肥の中から、カブトムシの幼虫がごろごろ出てくるじゃ~ありませんか‼





カブトムシうじゃうじゃ_a0123836_17044194.jpg
虫好きにはたまらない…み~んな別な場所へお引越ししました。数えきれないほどいます(^^♪。あー、早く夏が来ないかなぁ。

by isumi-sato | 2020-04-09 17:30 | いきもの

畑作業の季節

4月7日、晴れのち快晴。午前9時の気温は12.8℃でした。今日の最低気温は4.3℃、最高気温は16.2℃でした。朝昼の温度差が大きい季節です。昼頃から日がよくさして暖かくなりました。


畑作業の季節_a0123836_17475951.jpg
ナノハナの丈が伸びて黄色い花が咲いています。水を張った田んぼの方角からカエルの声が聞こえてきます。



畑作業の季節_a0123836_17475965.jpg
三月下旬に花満開だったオオシマザクラは、若い葉っぱで一杯になりました。



畑作業の季節_a0123836_17480024.jpg
朝の水やりにジョーロに近づくと、ここが気に入っている生きものと毎日のようにご対面になります。水やりしにくいのだけれどなぁ、、。




畑作業の季節_a0123836_17481038.jpg
池の岸には黄色い花がありました。
花のクチクラ層が光を反射しています。



畑作業の季節_a0123836_17481027.jpg
ケキツネノボタンが大きくなってきています。



畑作業の季節_a0123836_17480079.jpg
畑の準備がいろいろ始まっています。
今日は、アイ、ワタの種をボットにまきました。
ワタはきれいにしても白い繊維に包まれています。
畑でワタを観察していただけるように毎年育てています。



畑作業の季節_a0123836_17480067.jpg
アイの種は、長径でも1mm少ししかない砂粒のように小さな種です。
草木染などの材料に使う予定です。




畑作業の季節_a0123836_17481016.jpg
畑のうねでは、冬のうちに植えたジャガイモ、芽から地上に葉がのぞいてきました。



畑作業の季節_a0123836_17481032.jpg
エンドウの花の後、実が見えてきています。さやえんどうです。
特に若くて柔らかいものがキヌサヤです。
4月の下旬は、いろいろな夏野菜を植える季節です。



畑作業の季節_a0123836_17481003.jpg
小水路では、花がついている気の早いショウブがひとつ見つかりました。
季節はドンドン進んでいきます。



by isumi-sato | 2020-04-07 17:50 | センターこぼれ話

新年度行事案内公開。スミレの花も、、。

3月1日、晴れ。午前9時の気温は11.8℃、今朝の最低気温は8.6℃でした。今日の最高気温は15.8℃でした。
3月になりました。昼から南寄りの風になり暖かくなりました。



新年度行事案内公開。スミレの花も、、。_a0123836_17072229.jpg
当センターの新年度の行事案内を昨日発表いたしました。
ホームページでご覧ください。窓口でも印刷物を配布しております。



新年度行事案内公開。スミレの花も、、。_a0123836_17072220.jpg
青空の下、コナラの芽が膨らんできています。
午後は日差しが力強くなり日向で作業をすると少し汗ばんでしまうほど暖かくなりました。



新年度行事案内公開。スミレの花も、、。_a0123836_17072230.jpg
畑では、職員がジャガイモを植付けました。



新年度行事案内公開。スミレの花も、、。_a0123836_17072334.jpg
その下にある畑、そら豆のうねを見ると、早くもソラマメの花が咲き始めました。




新年度行事案内公開。スミレの花も、、。_a0123836_17072256.jpg
おまけに、足元にウサギの糞も発見。




新年度行事案内公開。スミレの花も、、。_a0123836_17072365.jpg
林道では道端にミツバの葉が観察できました。



新年度行事案内公開。スミレの花も、、。_a0123836_17072317.jpg
カントウタンポポの花も増えてきています。



新年度行事案内公開。スミレの花も、、。_a0123836_17072339.jpg
湿性生態園の水たまりのニホンアカガエルの卵塊をのぞくと、、。
日当たりの良い場所、卵によっては早くもオタマジャクジの赤ちゃんが生まれ始めました。



新年度行事案内公開。スミレの花も、、。_a0123836_17094399.jpg
2月24日のブログで紹介した樹木の黄色い花の蕾が一段と開いてきています。
かんざしのデザインモチーフになったのでしょう。キブシの花です。



新年度行事案内公開。スミレの花も、、。_a0123836_17072318.jpg
日当たりの良い斜面で、タチツボスミレでしょうか。花を数輪観察できました。

春ですね。ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2020-03-01 17:12 | しょくぶつ

穏やかな日の作業

1月11日(土)、今朝の最低気温は3.3℃、午前9時でも7℃には届いていませんでした。
今日の最高気温は13℃、昼間はお日様も顔を出し、風もなく、どちらかといえば暖かな午後でした。

今日は鏡開きの日。といっても鏡台の鏡ではなく、正月にお供えした鏡餅を下げて食べる行事の日です。地方によっては20日だったりするそうです。あなたの家ではどうしていますか? 我が家はスーパーで買った小さな鏡餅なので、しかも真空?パックされているのでカビるわけでもなく、そのまま冷凍庫行き。気が向いたときに焼いてお醤油をつけて食べちゃいます。


話は代わって、今日のセンターでは
穏やかな日の作業_a0123836_13580170.jpg
以前ご紹介した菜の花。ちょっと多すぎかなぁ。


穏やかな日の作業_a0123836_13595031.jpg
こんなに密では息苦しかろうと、間引きを決行。


穏やかな日の作業_a0123836_14043627.jpg
ちょっとは減りましたが、まだ多いかもしれませんね。


穏やかな日の作業_a0123836_14043994.jpg
こちらは何だろう?
赤かぶです。11月の2、3日に種をまいたものです。順調に生育しています。


穏やかな日の作業_a0123836_14053450.jpg
立派に育ってきました。直径は10㎝に近い。これは今月の行事の草木染に使ってみるつもりです。
はたしてうまく色が出るのでしょうか? 初めての挑戦なので色がちゃんと出るか、ちょっと心配です。


穏やかな日の作業_a0123836_14053874.jpg
毎年、虫の被害にあってボロボロになるキャベツ。今年は防虫ネットを張ってみました。今のところは無事なようですね。
でも、イモムシが食べている様子を観察するとか、立派なチョウになるための食物連鎖の一環、なんてことを考えるのもいいかもしれませんね。そのためには犠牲になってくれるキャベツを作るかな。


穏やかな日の作業_a0123836_14054057.jpg
こちらは麦です。今日、麦ふみを行いました。そのあとのようすです。雨で地面がなかなか乾かず、麦ふみのチャンスが巡ってきませんでしたが、今日はなんとかできました。足で踏みつけるのはかわいそう、という人もいるようですが、根の張りが良くなり霜に強くなる(耐寒性が増す)そうです。カニ歩きで踏んでいくのですが、意外と大変な作業なんですよ。


穏やかな日の作業_a0123836_14301159.jpg
田んぼの周りでは相変わらず、の現状です。電柵のワイヤーの下をくぐってくるのか(下はそれほど高くはしていませんけれど)、それとも舗装路を通り駐車場を抜けてくるのか(唯一、電柵のないルート)・・
この田んぼではついに畔がつぶされてしまいました。隣の田もかなりひどい状況、今年の春は畔の作り直しからです。やれやれ・・・


タグ:
by isumi-sato | 2020-01-11 17:05 |

今日は寒い朝でした

12月8日(日)、今朝は冷え込みました。出勤するときの車のウインドウ、凍結していました。
センターの今朝の最低気温は1.8℃、午前9時でも3.3℃でした。
それでも今日の最高気温は13.4℃、意外と上がりましたね。

いわゆる放射冷却現象、ですね。
今朝のセンターは青空一杯。
今日は寒い朝でした_a0123836_13370364.jpg
こちらは南の空


今日は寒い朝でした_a0123836_13365182.jpg
こちらは東の空
ちょっと寒々した雰囲気もありますね。でも雲一つない快晴。


今日は寒い朝でした_a0123836_13365363.jpg
枕木木道の脇には緑のバンドが二列。
こちらは菜の花(のはず。一部カラシナが混じっているかも、とは担当のことば)の若芽。


今日は寒い朝でした_a0123836_13370164.jpg
今朝はご覧のように霜が降りていました。
春には黄色い花が楽しめるかな・・それともウサギが食べに来るのかな?


今日は寒い朝でした_a0123836_13363945.jpg
万木堰では地元消防団がポンプのテストをしていました。ご苦労様です。
定期的に放水できるかどうかチェックしているそうです。いざ本番、で水が出なかったではすみませんからね。しかし、よく飛びますね。


今日は寒い朝でした_a0123836_13364202.jpg
畑では職員がお手入れ中。
いつも季節の野菜の花や実のなり方を見学できるようにしています。端境期(はざかいき)はありますけどね。
時には収穫した野菜が玄関に並ぶこともありますし、行事で配布してしまうこともあります。


今日は寒い朝でした_a0123836_13364858.jpg
これは週末の餅つき行事で、ボランティアの方が作ってくれる味噌汁の具材に提供します。

他にも赤かぶや大根などを栽培中。
赤かぶは草木染に使う予定(講師リクエストです)ですが、初めての栽培なので担当がちゃんとできるかどうか、プレッシャーがかかって大変そう。
大根の花は来春にお目にかかれます。

ご来館のおりには畑まで足を延ばして、この野菜はどんな花が咲くのかな、どんな実のなり方をするのかな、と観察するのも楽しいですよ。


タグ:
by isumi-sato | 2019-12-08 17:15 |

文化の日、曇のち小雨。秋もよう。

11月3日、曇のち小雨。午前9時の気温は15.8℃、今朝の最低気温は11.2℃でした。
文化の日です。文化の日は晴れの特異日だったようですが、今日はあいにく雲ののち小雨の空模様。いすみ地域でも各所にていろいろなイベントが行われているようです。



文化の日、曇のち小雨。秋もよう。_a0123836_17151735.jpg
久しぶりに万木の展望台からの眺めです。
ほとんどの田んぼは稲刈りが終わって、茶色と黄緑色です。



文化の日、曇のち小雨。秋もよう。_a0123836_17151767.jpg
一部白い短い円柱の形のものが田んぼに見えます。
これは飼料用の稲わらのロールで、ビニールにくるんで中で発酵させています。
最近は減反の影響で飼料米を栽培している農家も増えています。



文化の日、曇のち小雨。秋もよう。_a0123836_17151733.jpg
展望台から東、海の見える方向を望むとかすんだ向こうにわずかに水平線と
太東崎の丘陵のシルエットが見えました。写真の丘陵右端が太東崎の灯台です。



文化の日、曇のち小雨。秋もよう。_a0123836_17151780.jpg
今日の畑作業は、耕うんを行いました。そして畑のふち、線上に二枚半分に小麦の種をまきました。



文化の日、曇のち小雨。秋もよう。_a0123836_17151707.jpg
播種は、昔ながらの種まき器を使用しました。
種まき器は均等に種が薄くまける優れた道具です。



文化の日、曇のち小雨。秋もよう。_a0123836_17151790.jpg
土を耕した後には、すかさず野鳥たちがやってきていました。
今回はセグロセキレイがやってきています。
人が近づくと、堰の手すりの上に止まりました。



文化の日、曇のち小雨。秋もよう。_a0123836_17152969.jpg
万木堰は小雨の中、静けさが広がっています。
堰の水位も大雨から時間がたち、低めの水位に落ち着きました。





文化の日、曇のち小雨。秋もよう。_a0123836_17152986.jpg
湿性生態園の草刈りの後、大雨で刈草が流されて縞状に模様がついています。
草の色は茶色が多くなってきました。




文化の日、曇のち小雨。秋もよう。_a0123836_17152955.jpg
デッキのコーナー部に異変がありました。
イノシシが「ぬたば」を作ってくれた模様です。



文化の日、曇のち小雨。秋もよう。_a0123836_17152972.jpg
山すそへと向かうルートには、獣道ができていますが、そこにはイノシシの足のスタンプが続いていました。夜中にウロウロしている模様です。




文化の日、曇のち小雨。秋もよう。_a0123836_17152979.jpg
湿性生態園へ向かう林道は秋の趣です。

ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2019-11-03 17:19 | センターこぼれ話

落花生の栽培体験をしよう(収穫)

10月6日(日)、午前9時の気温22.4℃、今朝の最低気温19.1℃、今日の最高気温23.9℃。夏日を下回りました。朝方パラっと雨の気配がしましたが、その後は曇りの状態をキープ。涼しいというより、屋外にいると寒いという表現の方が正しい1日でした。そんな天気でも人気を集めるザリガニ釣り。しかも13匹も釣ったお友達もいました。どんな状況でもやはり「粘り強さ」が大切ですね。




落花生の栽培体験をしよう(収穫)_a0123836_13353820.jpg
今日は、5月11日に行った「落花生の栽培体験をしよう」で畑に植えた落花生を収穫する行事を行いました。畑作業にはちょうど良い天気でした。品種は千葉半立です。今年の収穫量はいかに!落花生の掘り方、サヤの取り方などを担当職員から解説した後収穫の開始です。


落花生の栽培体験をしよう(収穫)_a0123836_13354639.jpg
引っ張り出すと、実がいっぱいです!



落花生の栽培体験をしよう(収穫)_a0123836_13355507.jpg
嬉しいぐらいに良く実をつけていますね。

落花生の栽培体験をしよう(収穫)_a0123836_13355934.jpg
近くで見ると、白いきれいな肌?をした落花生がたくさん現れました。絵になりますね~。



落花生の栽培体験をしよう(収穫)_a0123836_13475222.jpg
試食には、昨日収獲しておいたセンターの千葉半立と、センター職員の自宅の畑で栽培しているおおまさりを食べ比べてもらいました。朝、職員がゆでておきました。お味はいかに!!向かって右の落花生がおおまさり、左側が千葉半立です。おおまさりはセンターでは栽培しませんでしたが、ゆで落花生用として品種改良された落花生なんだそうです。


落花生の栽培体験をしよう(収穫)_a0123836_13360472.jpg
最後は、各グループごとに収獲した落花生の重さを量りました。6.5㎏から8.6㎏と各畝ごとに収穫量は違いましたが、皆さん満足な収穫量となりました。アンケートには、「今年はなんといっても豊作で嬉しかった」「毎年続けてほしい」「大きい品種もやってほしい」「毎年収穫量が違っているのが参考になります。」などなど。

大好評の収穫体験となりました。


by isumi-sato | 2019-10-06 16:55 | 行事報告

はれ☀ときどき☂あめ

8月14日(水)くもり。午前9時の気温は28.8℃、湿度は89%です。夏の天気も変わりやすい?今日は、ザーッと雨が降ったかと思えば、カラッと晴れたり、とても目まぐるしい天気でした。今日の最高気温は31.3℃でした。




はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_15513937.png
(画像:気象庁 2019.8.14 15:20)
超大型の台風10号が気になります。激しい雨と風、高波や落雷など、厳重な警戒が必要みたいですね💦。「早め早めの避難、安全確保をお願いします。」by気象庁




はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_15515020.jpg
千葉県いすみ市の空模様は、雲の合間に青空がのぞいている、そんな天気です。ネイチャーセンターでは今日も、ザリガニ釣りを楽しむ家族連れでにぎわっています。




はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_16591992.jpg
11時過ぎに、強い雨が一時的に降りました。天気予報の通り、とおり雨です。
外で遊んでいたみなさんは雨宿り、


はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_16592383.jpg
または一時館内へと非難。
こんな時間は、すかさずネイチャーコレクション(生きものをかたどった白い粘土)に色を塗る遊びです。


はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_15523517.jpg
おや?外を見ると、ギラギラ太陽が照っています。ずぶ濡れになった服も、あっという間に乾いていきます♪ 畑のなすびも喜んでいるよう(#^.^#)





はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_15530523.jpg
サトイモや落花生などの作物が、恵みの雨と強い日差し両方を受けて、青く輝いています。




はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_15531556.jpg
落花生の葉の上に、ヤマトシジミがとまっています。細長い口吻(こうふん)で、雨粒を飲んでいます。ごくっごくっ…と音が聞こえてくるようです。




はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_15532868.jpg
この涼しげな花は、ワタの花です。綿は白いから白花なのかと思いきや、ピンクの花も咲いています。紅白でおめでたい気持ちになります。





はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_15535571.jpg

夏休みは続きます。明日も、ご来館をお待ちしております!


by isumi-sato | 2019-08-14 17:31 |

雨の日の手仕事、そして楽しみ方

6月15日(土)、午前9時の気温17.6℃、今朝の最低気温17.1℃、雨。今日は千葉県民の日ですがあいにくの雨。午後からは強く降る時間帯もありました。


雨の日の手仕事、そして楽しみ方_a0123836_13280730.jpg
外の様子。一日中雨の土曜日でした。そんな雨の日にもかかわらず親子連れのお客様が数組遊びに来てくれました。雨の日もセンターで水槽の生き物を観察したり、ベイゴマ、竹とんぼ、ネイチャーコレクションを楽しんだりとセンターの雨の日の楽しみ方を皆さん知ってくれたようです。

そうそう雨の日でもセンター職員はやることがもちろんあります。ゆっくり休んでいるわけではありませんよ。


雨の日の手仕事、そして楽しみ方_a0123836_13281150.jpg
来年の畑の準備の一環として種取り作業を行いました。職員が今年採れた作物の種を天日干しし、種取りの作業に取り掛かりました。これはサヤエンドウの種取りのようす。




雨の日の手仕事、そして楽しみ方_a0123836_13281617.jpg
丸々としたかわいらしい種が沢山とれました。


雨の日の手仕事、そして楽しみ方_a0123836_13282519.jpg
これはソラマメ。


雨の日の手仕事、そして楽しみ方_a0123836_13282953.jpg
たくさん採れました。



雨の日の手仕事、そして楽しみ方_a0123836_13283227.jpg
これはナノハナのタネ。ため息でもつこうものなら飛んで行ってしまいそうな細かさですね。こうして地道な作業をくり返し行い、来年の畑作業へとつなげているのです。



これは?


雨の日の手仕事、そして楽しみ方_a0123836_13283741.jpg
もちろん種ではありません。センターで人気のネイチャーコレクションです。職員が地道に一個づつ手作りです。型に石塑ねんどを押し付けて作ります。切断したペットボトルを押し当てて、メダルのような形に整えていきます。


雨の日の手仕事、そして楽しみ方_a0123836_13284871.jpg
いつも人気ですぐになくなってしまうアメリカザリガニのネイチャーコレクション(外来種のアメリカザリガニが人気!というのはセンター職員の口からはあまり言いたくないですが…)。

雨の日の手仕事、そして楽しみ方_a0123836_13285116.jpg
二番目に人気なのはナナホシテントウムシ。塗りやすく、かわいらしいことも人気のひみつでしょうか?



雨の日の手仕事、そして楽しみ方_a0123836_13285517.jpg
三番目に人気なのはカブトムシ。黒一色で塗りやすからでしょうか?男の子に人気なので、やはり昆虫の王様はカブトムシですかね~。どんな色で塗ってもいいのですよ。でも上手に塗りすぎると本物になって飛んで行ってしまうかも…。


雨の日の手仕事、そして楽しみ方_a0123836_13285862.jpg
結構作りました。こんなに作ると食べ物に見えてきます。皆さんがセンターで楽しんでいただけるよう在庫切れしないよう職員が頑張って作っています。無料で楽しめますが、一人一日一個までです。

雨の日も遊びに来てね。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2019-06-15 17:25 | センターこぼれ話

腹黒いやつがいる?

6月9日(日)くもり。午前9時の気温は17.9℃、湿度は85%です。今日は、ちょっと肌寒い一日でした。梅雨入りして、初めての日曜日…お客さん来たかな~❓




腹黒いやつがいる?_a0123836_13372727.jpg
天気がもって、雨がやんでいます。家族連れのお客さんを中心に、たくさん遊びに来てくれました(#^.^#)





腹黒いやつがいる?_a0123836_13374084.jpg
畑では、麦が収穫の時期を迎えています。二毛作が盛んなところでは、麦を収穫したらすぐに、米作りを始めるそうです。それが、この梅雨入りのころ。





腹黒いやつがいる?_a0123836_13374411.jpg
ネイチャーセンターの畑でも、麦の収穫作業が行われています。小麦は、うどんやパンなど、身近な食材として知られていますよね。センターではこうして収穫するんですよ~ (・_・D フムフム。





腹黒いやつがいる?_a0123836_13380909.jpg
となりのサツマイモ畑では、苗の捕植作業の真っ最中。先日、「何者かに苗が食べられた」とお伝えした続報です。上の2本の苗が被害者…葉のついた苗に植え替えます。




腹黒いやつがいる?_a0123836_13381474.jpg
この根っこ周辺に、おいしいお芋ができるんだとか。安納芋(あんのういも)という品種です。ねっとりとした食感で、とても甘いのが特徴のお芋…はやくもヨダレが出そうだぁ(*´∀`*)





腹黒いやつがいる?_a0123836_13381906.jpg
10月12日に行われる「いも掘り・焼きいもにチャレンジ!」というイベントに向けて栽培中です。皆様のご参加を、お待ちしています!参加申し込みは、8月1日から受け付けますよ~。





腹黒いやつがいる?_a0123836_13471982.jpg
一方、クワの葉の裏には、謎の虫がたくさんついています。この時期だけ見られる光景です。じつはこちら、あるテントウムシのさなぎなんです。





腹黒いやつがいる?_a0123836_13472839.jpg
あ~!羽化ってるーーー!さなぎから、成虫が出てきましたよ!大人になろうとしているのね…とても神秘的な場面です。





腹黒いやつがいる?_a0123836_13473394.jpg
羽化したての鞘翅(さやばね)と後翅(うしろばね)は、両方とも白色なんですね。花嫁の白むく姿のようです。美しい✨ 鞘翅(さやばね)は徐々に色づき、後翅(うしろばね)は翅脈(しみゃく)に体液が入り、成熟していきます。…しばらく見とれていると…





腹黒いやつがいる?_a0123836_15465788.jpg

ジャーン!美しくつややかなオレンジ色に変身しました。ハラグロオオテントウという日本最大級のテントウムシです。5-6月ごろ、クワの木周辺で見られる甲虫です。





腹黒いやつがいる?_a0123836_13474520.jpg
名前どおりに腹黒いのか確認してみました。ああ!白むくは束の間…腹黒くなってもうた…うちの嫁みたい?
うそうそ(;^ω^)、かわいいじゃありませんか💦




by isumi-sato | 2019-06-09 17:30 | 作業風景