千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:畑 ( 302 ) タグの人気記事

今日も暑い!!

7月15日(日)、朝9時から気温は31.1℃を観測、最低気温は24.6℃でかろうじて熱帯を当地ではクリアー。
でも、私は一晩中クーラーのお世話になっていました。そうしないと、明け方に寝苦しくなって目を覚ましてしまいます。もっとも、そのおかげで3:00キックオフの試合を見ることができたこともありますけどね。

a0123836_14361541.jpg
午後2時、センター南を望む景色。いつもの景色です。雲ひとつ無い青空。
午後3時過ぎに百葉箱を覗きに行ったら最高気温は32.8℃、昨日と同じ。今日も真夏日でした。


a0123836_14361800.jpg
田んぼでは稲が出穂を始めています。写真中央のスペースを堺に、左がコシヒカリ、右がキョウシン。
本来はキョウシンの方が背が高いのですが、現時点ではまだコシヒカリのほうが背が高いのです。コシヒカリの成長が早いのですね。


a0123836_14362152.jpg
今日はいすみ楊枝の会の例会。
メンバーが集まり、作品制作中。こちらの方は竹で一輪挿しを作成中。

a0123836_14362359.jpg
こちらの会員は茶杓を作成。右がススダケ製だそうです。

a0123836_14362600.jpg
こちらも茶杓を作成。


a0123836_14362884.jpg
こちらの方は一輪挿し。どれも力作揃いですね。
楊枝の会ではありますが、毎回楊枝を作成しているわけではありません。楊枝の材料となるクロモジの入手も大変なので、竹細工が多いのだそうです。


a0123836_14363008.jpg
暑い中、ザリガニ釣りに来てくれるチビっ子。流石に暑くて海に流れた人も多いでしょう。入館者は少なめ。センターに遊びに来てくれた子曰く、ザリガニ釣りは入れ食い状態だったようです。


a0123836_14363279.jpg
落花生の畑では、植え付けに参加してくれた人たちが、こちらの連絡に答えて次々にマルチを剥がしに来てくれました。作業が終わった畑では、職員が追肥し畝立て等のメンテナンスを実施。参加者が気持ちよく収穫体験ができるように手を入れています。


a0123836_14363327.jpg
ここ数日の晴天・猛暑で堰の水位は下がり続けています。それもそのはず、4月に田植えした田んぼでは今が出穂期で水が欲しい時。



a0123836_14363567.jpg
普段は流れていない水路にも、水田へと水がたっぷりと流れています。
ここで心配になるのは水不足・・・
何年か前も、堰の水位が危機的レベルまで下がりました。普段は顔を見せない水抜きバルブがかなり顔を出しました。今年はそこまで行くのでしょうか。

ちなみに、首都圏の水瓶である利根川水系では、7月13日現在で8ダム合計の貯水量は有効貯水量の79%、平年値の90%ということでした。最近では2012、13、16と渇水年でした。今年は大丈夫かな??
西日本の水害にあわれた地域では、水が出ないで大変な苦労をされているところもあるようです。
水は大事に使いましょうね。

とても暑い日々が続いています。
お出かけは無理をしないでください。


by isumi-sato | 2018-07-15 17:16 | センターこぼれ話

ムギの脱穀

6月26日(火)今朝9時の気温は25.7℃、朝から夏日でした。

それにしても昨日は暑かった。センターは休館日でしたが、温度計の記録ではどうやら真夏日だったようです。31.3℃を記録していました。私自身は他の場所にいたのですが、車の温度計はアスファルトの照り返しを受けているのか37℃を示していました。

そして今日も最高気温は29.6℃、15時過ぎには26℃台になっていました。少しは風があるのでたすかりました。

a0123836_13455238.jpg
もう、雲は夏のようす。でも梅雨明けは例年7月20日ころ。今年は梅雨入りがほぼ平年だったので、梅雨明けも平年並みかな。いまは夏のシミュレーションでしょうか。


そんな中、今日はムギの脱穀をしました。
米は9月ですが、麦秋は5月。ムギは収穫して軒下に干して乾燥させていました。こちらに来られた方は気づいていた人もいらっしゃるでしょう。

a0123836_13462299.jpg
脱穀前のムギ、小麦です。


a0123836_13462947.jpg
それを足踏み式脱穀機でガタガタと・・・


a0123836_13462640.jpg
いつものスタッフが軽やかに・・・


a0123836_13463149.jpg
脱穀後です。まだ残っているんじゃないの? と言われそうですが、そこはご勘弁を。一連の作業を遠くからご覧になっていた来館者もいらっしゃいました。話を伺うと、「昔は・・」長くなるのでこのへんで。


a0123836_13463739.jpg
ついで唐箕で風選。当然、手回しです。


a0123836_13464083.jpg
前方にゴミが吹き出され、左右の手箕に実が選別されていきます。

で、この先はどうするのか・・・
実はいつも悩んでいます。麦茶にしたこともあるのですが、今一歩、二歩、といった感じで・・・量が少ないので精麦処理に難点があります。粉にして小麦粉でウドンでもつくるか、といった量でもないので。
種で残し、次回用に保存するつもりです。


a0123836_13455598.jpg
今はタマネギを配布しています。ことしは収穫量があったので、継続配布中。午前中だけで1回はけました。午後に追加。
いつか、ここにムギの種が並ぶかもしれませんね(検討中です)。

今週は雨にはならないもよう。
初夏を味わいに散策しませんか。お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-06-26 17:16 |

梅雨の晴れ間の花々

6月7日、曇りのち晴れ。午前9時の気温は20.8℃、今朝の最低気温は18.1℃、湿度92%でした。日中は、雨が上がって晴れると蒸し暑くなりました。
今回の降水量は当センター計測値で25mmでした。



a0123836_16204960.jpg
田んぼのイネは順調に生育しています。少し離れて写真を撮ると全面緑色で、水面が写真に写らなくなりました。



a0123836_16205375.jpg
イネの根元には、毎日、ほぼ3株に1株くらいの密度でアオイトトンボの羽化が観察できます。[イネの株数×1/3×10日間 ] と、考えただけでもものすごい数のイトトンボが誕生していることになります。




a0123836_16205702.jpg
畑作業は、晴れ間に小麦を刈りました。田んぼ前の建屋軒下にぶら下げて乾燥をはじめました。




a0123836_16210051.jpg
また中庭では、ソラマメを干して来年用の種を作っています。
サヤのまま干していると黒くなります。よく乾かしてサヤの中の豆(薄茶色)を取り、
風通しの良い冷暗所で保存しておきます。






a0123836_16210334.jpg
ハス田では、一面ハスの葉で覆われ始めました。





a0123836_16210578.jpg
ここ数日、ハスの花の開くのはいつでしょうか? と、問い合わせがあります。
例年6月下旬、20日過ぎころに開花しているのですが、ここ数年は数日早まっています。今年は6月後半に咲きだすかもしれません。今日の蕾はこんな具合です。まだ細長いのですが、4cmくらいに育っています。
開花情報はこのブログでも、随時お伝えいたします。




a0123836_16210850.jpg
この小さな花は何か、わかるでしょうか? 紫色の細かく小さな花ですが、今たくさん蕾が開いて咲き始めています。少しひいて、葉と共に写っていればわかる方も増えるでしょうか?






a0123836_16211154.jpg
先日も紹介した、ムラサキシキブの花です。晴れて光がたくさんあたる日の方が、花の開花も進むようです。







a0123836_16231650.jpg
同じく大きな樹木の細かい花が白く咲いています。
クマノミズキの花です。葉は対生で生えています。ちなみにミズキの葉は互生。




a0123836_16232210.jpg
雨で水がたまった堰沿いのアジサイは、すっかり色をつけて、咲き始めの花が並びました。




a0123836_16232545.jpg
一方駐車場の角、田んぼへの入口近くのガクアジサイは、フチの装飾花が開いて色をつけ始めました。




a0123836_16232806.jpg
いすみの地域固有種、イスミスズカケの蕾は少しずつ大きく育っています。
こちらも開花が楽しみです。


ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-06-07 17:05 | しょくぶつ

今日は日曜日

5月20日(日)、午前9時の気温は15.2℃、くもり、涼しい朝です。今朝の最低気温は11.5℃を記録、どちらかといえば冷え込みすぎ・・・と感じてしまったのは私だけでしょうか。風も結構強く吹いていました。


a0123836_14491982.jpg
午前中は雲も出ていて風もあり、涼しいなぁ~と思っていたのですが、午後からはお日さまも顔を出し、気がついけば風もなく、行楽日和の天気となりました。



a0123836_14491632.jpg
センターでは、午前中ザリガニ釣りに来た子どもたちは「ぼうず」でしたが、午後スタート組はそこそこの成果を挙げていましたよ。
小さなお子さんが多かったので、写真の水路で挑戦していた人が多かったのですが、写真右手奥の池でもそこそこ釣れます。もちろん中央の水路が一番釣れそうなのですが、水面までの距離がちょっとありますかな。


職員は、といえば今日は畑でトマトの支柱立てを行いました。
a0123836_15293128.jpg
これはミニトマトです。ツルが成長していくので、絡みつく場所がないとうまくないので支柱を立ててやります。成長してうまく実をつければ良いのですが、なかなか気難しいようで、担当職員は「全くの期待ハズレの年もある」と言っていました。


a0123836_15293384.jpg
今は順調のようですね。


いっぽう、こちらは・・??
a0123836_15412831.jpg
マルチの穴から葉を出しているのはラッカセイ。
先週13日の行事で、一粒づつ埋めた種が発芽していました。このまま10月まで順調に育つでしょうか。
去年はこのあとウサギくんが食事に来たようで、結構な被害が出てしまいました。
ほかにも雑草に負けた畝もありました。参加したグループは当日のガイダンスで説明したように、雑草取りをお願いしますね。



こちらは昨年11月24日に種まきしたムギ。
a0123836_15412591.jpg
色づいてきました。
いわゆる「麦秋」が近づいています。秋という文字がありますが、ムギにとっての「みのりの秋」。流行っている俳句では、夏(初夏?)の季語になるのかな。収穫が終わると梅雨。



a0123836_14491456.jpg
そうそう、今日はセンター恒例の「一家族一袋」を実施しました。今回はタマネギ。
全くの不意打ち配布、明日実施などという事前アナウンスは決してしません。
畑のご機嫌(これが一番)とお天気(これが二番)と職員の手のあき具合が合致したとき(これが三番)に実施していますので、運が良ければこの場面に出会えます。三番目の条件が一番厳しいかな。
今日は朝10時にスタートしたのですが、わずか1時間半で予定数に達してしまいました。お昼とか夕方スタートするときもありますよ。
大幅に残ってしまう時もあるのですが、今日はきれいにもらわれていきました。良かった、良かった。


あと3週間もすると梅雨入りの時期を迎えます。
いまが散策にはいい季節、ご来園をお待ちしております。



by isumi-sato | 2018-05-20 17:21 |

落花生の栽培体験をしよう

5月13日(日)晴れ。午前9時の気温は21.7℃、湿度は58%でした。5月らしい爽やかな陽気です。




a0123836_14101461.jpg
ソラマメ!



a0123836_14103110.jpg
玉ねぎ!



a0123836_14103958.jpg
サヤエンドウ!
いま旬の野菜たちが、こりゃまた…



a0123836_14112073.jpg
「うめ~(梅)?」…ってな今日この頃…



a0123836_14113844.jpg
次なる野菜作りが、別の畑で始動です。それは、千葉県といえば…生産量全国1位の落花生♪
今日は、『落花生の栽培体験をしよう』というイベントが行われました。



a0123836_14132160.jpg
まず、耕したり、肥料を施したりしながら、畑の土を作ります。これには時間がかかるので、ずーっと前から準備を進めてきました。もみがら入れたり、堆肥入れたり、ペーハー(pH)整えたり、土を平らにしたり…野菜作るのって大変なんですね。



a0123836_14165168.jpg
「よいしょ!」これは“うね立て”という作業です。



a0123836_14170042.jpg
次に、マルチという黒いビニールを土の上にかぶせます。



a0123836_14171344.jpg
「うまそ~」ダメダメ。食べちゃダメです。これは種にするんです。
今回は、「千葉半立(ちばはんだち)」という落花生の代表的な品種を使います。



a0123836_14175997.jpg
ポチっとな。いよいよ種まき開始です。
種が横向きになるように、浅く植えるのがコツなんだとか。



a0123836_14225680.jpg
皆さん、ひとつひとつ丁寧に植えていきます。10月7日には、収穫できるようですよ。
楽しみですね~♪



a0123836_14273905.jpg
うまく育てるコツは、草取り。
これから暑い季節を迎えますが、かわいい落花生ちゃんのために、草取り作業がんばってください!
でも、あまり無理はしないでくださいね~。



a0123836_14282940.jpg
そんな人間たちを、ヒシバッタの仲間が見ています。



a0123836_14285185.jpg
すぐ横では、ナガメが恋の季節を迎えています。



a0123836_14284605.jpg
やっぱ、いましたね~。畑の定番、モンシロチョウ!



a0123836_14285597.jpg
畑では、たくさんの虫たちを見ることができす。これらの昆虫たちにとって畑は、すみやすい環境なんでしょうね。




a0123836_14320729.jpg
すみやすい環境をつくっているのは、この人たちです。「ありがとう!(by虫)」
またのお越しを お待ちしています!


by isumi-sato | 2018-05-13 17:06 | 行事報告

春です


3月11日、晴れ。午前九時の気温は8.2℃、今朝の最低気温は2.2℃でした。
ここ数日の寒い日から日中は10℃以上の気温になりました。




a0123836_12021748.jpg
当センター進入路から隣の田んぼと建物を見ています。
田んぼには水が入り、すでに代かきをした田んぼも見かれられるようになりました。



a0123836_12022139.jpg
すぐ近く道沿いには、季節の香り。庭先にジンチョウゲの花が咲いていました。



a0123836_12022424.jpg
路傍には、先日取り上げた小さな青い花がたくさん。朝日を浴びて花を開きはじめています。写真左側がフラサバソウ。右側がオオイヌノフグリ。
葉の形の違い、花の大きさの違いにご注目。



a0123836_12023369.jpg
畑では、畑日和だとさっそく朝から職員が作業を開始しています。
サヤエンドウは、先端がかじられています。ウサギかな? 野鳥かな?
支柱をつけています。



a0123836_12023685.jpg
一方の隣のうねでは、元気そうに作物が育っています。ソラマメです。
こちらは食害にはあっていません。サヤエンドウの方は、軟らかくておいしいようです。




a0123836_12023999.jpg
初冬に植えたナバナは、植える時期が遅かったためと、二月がずいぶんと冷え込んだため、なかなか大きく育っていません。しかし、小さな体の先端に花をつけ始めています。これでは体力が持たないかなと、少し心配です。



a0123836_12024234.jpg
小水路では、暖かさにつられてメダカたちの動きが活発になりました。体も大きくなってきているようです。カエルの卵は全体に泥ぼこりをかぶっていますが、中では少しずつ卵が細胞分裂をくり返してオタマジャクシへと近づいていることでしょう。




a0123836_12024641.jpg
林道沿いのキブシが花を開いてきています。
これをモチーフにかんざしなどができています。生活に取りこまれた日本らしいもののモチーフを春のいろいろに探して歩く自然観察もまた楽し、でしょうか?
ご来館お待ちしております。



ところで、今日は3.11。ここ1週間の報道は多かったですね。まる7年。長かったのか、短かったのか、人それぞれに色々な思いはあるでしょう。

で、センターではどうだったのか。
当日のブログは こちら

あの日、ここでの勤務は2人。当時の話を聞くと、TVに映し出される映像がまるで映画のような印象だった、と。そんな中、市役所との打ち合わせで出かけると、職員のように海に向かう車は少なく(当然、津波警報が出ていたので)内陸に向かう車が目に付いたとのことでした。

そんな中では翌日の行事の電話連絡も思うようにいかず、当日は来た人だけでの開催となったことも、今は懐かしいできごとでしょうね。
また、その後のガソリン不足から、当地でも給油に長い列ができていました。あんな経験は繰り返したくないですね。

過去は繰り返す という言葉がありますが、千葉県では「元禄地震」「関東大震災」を取り上げた防災誌というリープレットが有償頒布行政資料として販売されています。100円台ですので、機会があれば入手されてはいかがでしょうか。


また、インターネットの動画サイトではこんなのもあります。
地震・・多いなぁ・・大きかったなぁ・・・と実感させられますね。


by isumi-sato | 2018-03-11 16:49 |

今年は期待できそうです。

3月3日(土)、午前9時の気温7.6℃、今朝の最低気温0.5℃、晴れ。すっきりとした青空。心地よい風、日に日に季節移り変わりが色濃く現れるようになりました。

a0123836_15374432.jpg
エノキの木がのびやかに枝を広げています。毎日日課としている「一人写真会」も上着がなくても行うことが出来るようになりました。でも帽子は必須です。




a0123836_15374786.jpg
フキもずいぶん茎を伸ばしました。今年は少ないなーと思っていても、茎がのびてくると結構な数のフキが観察できました。ここまで背が高くなってしまうともう食べられませんね。


a0123836_15375106.jpg
中庭にある白いポットには…




a0123836_15375650.jpg
イチョウウキゴケの新芽が、ぽつぽつ顔を出し始めました。



a0123836_15380193.jpg
ハス田の木製デッキ下では、ン?水鳥の姿がありました。
a0123836_15380895.jpg
一羽で毛ひっそりと隠れています。私が近づいてもガーガーとも鳴かず逃げません。どうしたのでしょう?しばし観察でもおとなしくハス田を泳いでいました。



a0123836_15381495.jpg
畑では、今年初の試み。今日の一大プロジェクト。何が始まるのでしょうか?




a0123836_15382988.jpg
もみ殻がだんだん黒くなってきました。



a0123836_15383534.jpg
出来上がりました。このもみ殻はセンターで去年採れた米のもみ殻です。稲は素晴らしい植物です。捨てるところはありません。もみ殻くん炭は保水性、排水性が高く土壌がふかふかになります。優れた土壌改良材になるんだそうです。このくん炭は5月13日の行事「落花生の栽培体験をしよう」を行う畑にまきます。今年の落花生栽培体験は期待できそうですよ。詳しくはこちら。ご参加お申込みお待ちしております。


a0123836_15384076.jpg
昆虫広場には、な、な、なんとつくしが観察できました。日に日に春へ近づいているようです。






センター日和の週末を迎えました。


どうぞ遊びに来てくださいね。

お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-03-03 16:45 | センターこぼれ話

センターの畑

2月17日午前9時の気温は7.2℃で晴、日差しに春が感じられるようになり、午後2時の気温は13.5℃でした。

センターの畑では、春植え野菜の第一号としてジャガイモの植え付けを行いました。
今年の品種はキタアカリとアンデスレッドとしました。種イモは、大きいものは芽の数が均等になるように切断し、小さいイモは切らずにそのまま植え付けしました。

a0123836_14183051.jpg
写真左がキタアカリで右がアンデスレッドです。

a0123836_1419426.jpg
切断した種イモは、植え付け後の腐敗を防ぐ効果があるとされている「草木灰」をまぶし、日の当たる場所で2時間ほど乾燥させました。

a0123836_14193247.jpg
10日ほど前に元肥(完熟豚フン)と苦土石灰を施した畑に、深さ10㎝程の植え溝を掘りました。

a0123836_1420085.jpg
種イモは植え溝に株間30cmで、雨水などの影響を防ぐため切断面を下に向けて植え付け、覆土して完了です。

今後の管理は、芽が伸びて10㎝ぐらいになったら、1つの種イモから出ている数本の芽を1~2本に芽かきを行います。芽かきをしないと数多く収穫できますが、一つ一つの実が小さくなってしまいます。1~2本にするのが大きなジャガイモを収穫するコツとなります。
また、芽かきと同時に追肥と土寄せを行います。さらに、20~30日後に2回めの追肥と土寄せを行います。土寄せが不十分だと、イモに日光が当たり皮の緑化の原因になります。また、土寄せは、地温・水分を調節して生育を促す重要な作業です。

ジャガイモの収穫のタイミングは花が咲き終わり葉や茎が黄ばみだしたころになります。
順調に生育すれば、6月中旬には収穫を迎えます。 

新ジャガをお楽しみに………。
by isumi-sato | 2018-02-17 16:15 |

三連休の二日目。少し暖かい。ヒヨドリ。

2月11日、薄曇り一時晴れ。午前九時の気温は7.6℃、今朝の最低気温は3.8℃でした。きのうに続いて空気は暖かく、今日の最高気温は14.0℃となりました。




a0123836_17021414.jpg
昨夜まとまった雨が降るとの予報が出ていましたが、雨量はそれほどでもなく一晩の降水量は当センター観測地で4mmでした。



a0123836_17002611.jpg
朝の空気は水分を含み、見通しがききにくくなっていました。
当センター北側には、田んぼの向こうにスギなどの樹木が列状に並んでいる風景が見えます。これらの樹木や竹林は夷隅川に沿って生えています。
樹林のすきまの向こうには、その北のある丘陵の植生が見えるのですが、今日はぼんやり霞んでいます。かすんだ景色もいすみの田舎の景色として、何となく落ち着く景色なのではないでしょうか。



a0123836_17004881.jpg
今年は寒さが厳しくて、畑では作物の生長がとても遅く感じます。
シュンギクなどはなかなか大きくなりません。また、チンゲンサイは先端がかじられてしまっています。例年通りヒヨドリなどの食料になっているようです。



a0123836_17005324.jpg
うるさかったり、作物、庭の実などを食べてしまうヒヨドリですが、増えているのは現代になってから。比較的最近のことで古典文学などには登場していないといいます。ヨーロッパやアメリカには分布していないため、欧米人にとっては珍しい鳥で、日本に来たという実感を感じさせてくれる野鳥だということです。(日本野鳥歳時記 大橋弘一 ナツメ社)
 ブログ用にヒヨドリの写真を探すと、なんだヒヨドリかと、いつもシャッターを切っていないことに改めて気がつきます。今度撮影して紹介します。




a0123836_17003536.jpg
今朝の万木堰をのぞくと、たくさんのコガモたちがやってきていました。
手すりに近づくと飛び立ってしまいますから、少し離れて一段低いところから観察していました。おそらく500~600羽程度は来ていたようです。




a0123836_17004010.jpg
観察している最中にも、50~80羽程度の群れが突然飛び立ちました。
まわりに驚かせる人はいないようだったので、原因は何かなと思いました。
オオタカが堰に来ていたので、その影響かもしれませんでした。


季節は少しずつ動いています。ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-02-11 17:03 | センターこぼれ話

晴れはいいものです / 種まき器 樹名板

11月25日(土)、午前9時の気温は12.1℃、快晴で雲一つなく、暖かなスタートとなりました。でも、最低気温は4.4℃と、昨日より低めです。ちなみに昨日の最高気温は15.3℃でした。



a0123836_17263787.jpg
万木堰の上に快晴の空が広がっています。





a0123836_17264122.jpg
中央の堰の奥では、たくさんの水鳥たちがくつろいで楽園状態です。
今年の現在のところは、渡り鳥のマガモがたくさん来ています。



a0123836_17264538.jpg
先日の雨により上がった堰の水位はというと、二十センチくらい下がったようです。






a0123836_17265042.jpg
水は落ち続けて堰の落ち口では水音が響きつづけていますが、流量は先日よりは少なくなって、ホタルの水路でも岩がのぞき始めています。ホタルの幼虫を考えるとひと安心です。



a0123836_17265412.jpg
今日も雑木林の林床は日当たりのよい暖かな落葉のカーペットが広がっています。
この写真の日影が生まれている場所は常緑樹があるところです。雑木林の中でも、冬には日が当たるか否かでずいぶんと暖かさが変わるものです。



a0123836_17270050.jpg
隣接する丘陵斜面のコナラにもよく日が当たっています。そこにアカタテハが飛んできてひと休みしています。このアカタテハは、成虫で冬を越す数少ないチョウのひとつです。




a0123836_17274104.jpg
メギの赤い実にも日が当たって目立っています。



さとの文化祭は残すところ今日と明日の2日間です。
今日もお子さん、お孫さんの作品を見学に来られました。
そして、お子さんはザリガニ釣りがしたいと・・・・

さすがにこの季節は無理なのですが、なかなか説得に応じず。勇んで出陣するも、しばらくするとあきらめて戻ってくるパターンばかりでした。


一方、職員は今日の作業として、麦の種まきをしました。ほかにも作業はありますけれど。今日はこれを紹介。

a0123836_15000531.jpg
大麦の種です。品種名が・・・微妙なので割愛。


a0123836_15004243.jpg
種まき機で種をまいているようす。フェースブックに動画をアップしました。
畑作業としての、種まきの一連の流れのダイジェストです。
種まき機はセンター機関紙さとのかぜでも紹介していますが、手でまくよりはきれいにいくようだ、というのが使った職員の感想。
(さとのかぜNo.194農機具今昔物語参照)
たまには使ってやらないと、道具がかわいそう、という思いやりでしょうか。


a0123836_15005085.jpg
分かりにくい写真でごめんなさい。
でも、まあまあ、きれいに穴から種が落ちでました。





a0123836_17272728.jpg
一方、樹名板に仕上げのニスを塗りました。
乾いてから、樹名板の設置を始めました。






a0123836_17274871.jpg
堰の落ち口に近い所に生えているクロアゲハがよく舞う高木にも設置しました。
カラスザンショウの幹肌です。




a0123836_17280366.jpg
中庭のベンチに忘れ物が、、、。ネイチャーコレクション、色塗りをして乾かしておいたものを忘れてかえってしまったようです。持ち主のいないメダルは少しさびしそうです。都合がよろしければ、この作品を取りにいらしてください。




a0123836_17282144.jpg
夕方の空、少し雲がでましたが、明日も晴れのようです。
いよいよ「さとの文化祭」は、明日26日までです。
ご来館お待ちしております。




by isumi-sato | 2017-11-25 17:34 | 作業風景