人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:水田 ( 275 ) タグの人気記事

一年の半分オワタ

6月30日(日)雨のち曇り。午前9時の気温は25.3℃、湿度は92%でした。今日で6月が終わり…ってことは(*_*)=1年のちょうど半分が終わったってこと⁈…もう?うそ?早すぎ?何してたっけ?…これ、私の感想です。みなさまは、どのようなご感想をお持ちですか?




a0123836_14244127.jpg
そんなホモサピエンス(ヒト=生物学上の種名)の思惑に関係なく、ほかの生物は季節通りに成長しています。こちらの蓮も、だいぶん花芽が目立つようになってきました。





a0123836_14251521.jpg
きれいですね~♪ 見ごろは、「ハス観賞週間」7月9日~21日ごろを予想しています。早朝からでも見学可能です。皆様のご来館を、お待ちしております。





a0123836_14285875.jpg
こちらもキレイ☆ ガクアジサイが見ごろを迎えています。周りに装飾花(そうしょくか)がついています。中央の小さいのが花の集まり。装飾花は、花の集まりを大きく目立たせる役割をしています。




 
a0123836_15390654.jpg
午前中に降っていた雨も、午後には止みました。すると…たくさんのお友達が来てくれました。(#^.^#) 水路でザリガニ釣りを楽しんでいます。たくさん釣れました♪






a0123836_14254999.jpg
水路の横には、田んぼがあります。4月28日に田植えを行いました。下は1歳から上は70代までの体験参加者およそ50人が、手植えで一生懸命植えた稲です。





a0123836_14255684.jpg
見てください!この立派な成長ぶり。参加者のみなさん~、順調に生育していますよ~♪ 田植えから4カ月ほどたつと、いよいよ稲刈りです。稲にとっても今日で半分。明日から後半戦スタートです。稲刈りは9月1日を予定しています。





a0123836_14262647.jpg
ぶるるん…おやおや?軽トラ部隊がやってきました。





a0123836_14274810.jpg
ウイーン!…道の草刈りが始まりました。。草刈りは、田舎暮らしには欠かせない作業の一つです。やらないと、道が草に飲み込まれて通れなくなっちゃうんですよ…💦





a0123836_14275479.jpg
いすみ市で働く「地域おこし協力隊」の談話です。「移住して間もない頃、私の目に映る広大で美しい田園風景は、自然の一部のように思えました。しかし、今は違います。日々の暮らしの中で農業が身近になり、田んぼは、農家さんの絶え間ない努力で、代々守り継がれて来た尊いもの、と感じるようになりました。」(広報いすみ2019.7より)





a0123836_14280717.jpg
うんうん、ほんと共感しちゃいました!草刈り作業をしていただいている皆様に、敬礼です。/)`;ω;´)われわれスタッフも、微力ながら頑張っています。





a0123836_14295921.jpg
なんと美しい里の風景でしょうか。こうして再び、道路がよみがえりました。ここで暮らす我々も、たいへん喜んでいます。(^^♪





a0123836_14305308.jpg
草刈りで喜ぶのは、ホモサピエンスだけではないようです。きれいに草刈りした後の草むらで、アオダイショウが2匹、右へ左へゴロゴロ転がっています。





a0123836_14323367.jpg
ぎゅーって…絞め殺しているの❓ いえいえ…これは、ヘビの交尾。とても情熱的な光景でした。初めて目撃した僕は、大興奮!目が血走っていたようで、スタッフから「大丈夫❓」と心配されました。大丈夫ではありません…今も興奮中です。自然はすごい!そして、草刈りも自然保護の一つなのだと実感しました。





a0123836_14324150.jpg
皆さまも興奮しに来てください!ここには、それがあります。

by isumi-sato | 2019-06-30 17:18 | いきもの

大型連休3日目:平成から令和へ

4月29日(月)、今日は昭和の日で祝日。今朝の気温は16.2℃、最低気温は6.4℃。
昨日は田植え日よりの快晴でしたけれど気温は低め、参加者の声にも「ちょっと寒い」がありました。昨日の最高気温が16.6℃でしたから、今朝と大差ない。そりゃそうか・・・。ちなみの今日の最高気温は18.8℃でした。

今日、当センターでは平成最後の開館日となりました。申し訳ありませんが明日は休館日となります。
もっとも、5月1日が突然の休日とならなければ通常は休館日。要は早めに配られていた今年のカレンダーと同じということですね。


昨日田植えした田んぼのようす。
a0123836_13242723.jpg
まだまだ、苗は背が低いまま、一部は水没しているものもあります。


そこで今日出勤の職員が
a0123836_13242450.jpg
田んぼの様子を見ながら、苗の補植も行いました。これが意外に大変な作業なんですよ。



a0123836_13243864.jpg
畑ではナノハナが満開。近づくと花の香りがします。好き嫌いがあるようですね。
でもチョウやハチは好きなようですよ。ハチの羽音が響いています。


a0123836_13243471.jpg
畑で目を引く可憐な白い花。


a0123836_13243609.jpg
ダイコンの花なんですけど、意外と目にする機会は少ないですね。だからわざと花を咲かせています。
じっくり観察すると、アブラナ科の植物の共通点に気がつくと思います。そうです、ダイコンもナノハナと同じアブラナ科なんですよ。


a0123836_13244266.jpg
タンポポも綿毛がとても目立つようになりました。


a0123836_13243958.jpg
綿毛のほうが多いですね。
風で飛んでいくのはもうすぐですね。



a0123836_13244830.jpg
a0123836_13245175.jpg
湿性生態園のヤナギ林。緑が鮮やかです。



a0123836_13244913.jpg
その中にフジの花が咲いています。
フジはつる性の植物。つるが右巻きか左巻きかでフジとノフジの違いがあるそうです。


a0123836_13245320.jpg
デイキャンプ上ではバーベキューを楽しむグループが。
水路ではザリガニ釣りをする親子が。中庭では竹とんぼを飛ばしています。
でも、ザリガニ釣りには今年はちょっと涼しいようです。例年、連休前には彼らの活動が活発化するのですが、今年はやけにおとなしい。

そして明日から明後日に(平成から令和に)かけて、天気は思わしくないようですね。予報では結構降るようです。冷たい雨になるのかな? 水が温むのはいつになるのか・・。
気象庁の週間天気予報では、千葉県銚子気象台は3日から5日はまぁまぁの 曇り時々晴~晴れ時々曇 のようです。信頼度がAですから。

天候が回復したら散策に出ませんか? アウトドアの季節到来です。


by isumi-sato | 2019-04-29 17:05 | いきもの

米作り1・田植え体験をしよう/That's G.W.~大型連休2日目~

4月28日(日)、午前9時の気温13.3℃、今朝の最低気温3.2℃、快晴。念願通り、青空が広がりました。やっとゴールデンウィークらしい青空が広がる朝を迎えました。

a0123836_14022297.jpg
そう、今日はセンターの中でも一番人気の行事「米作り1・田植え体験をしよう」を行いました。青空の下、中庭に集合し、今日の日程・稲の取り扱い及び田植え時の諸注意を担当者から参加者に伝えました。

a0123836_14022529.jpg
田植えはいつも使わない筋肉を使うので、簡単な体操を参加者全員で行いました。



a0123836_14022886.jpg
いよいよ入水?です。田んぼの中は冷たいかな?


a0123836_14023153.jpg
お父さんと一緒に田植え体験!一生の宝物!!思い出になりますね。



a0123836_14023596.jpg
顔や服を、泥だらけにしながら植えたお米はきっと美味しいことでしょう。



a0123836_14023821.jpg
あともうちょっとで終わりです。ガンバレガンバレ!! 例年だと参加してくれたお子さんが田植え作業に飽きてしまい、事務所で留守番をしている私たちに「田んぼ飽きたからザリガニ釣りする」といって田んぼから建屋に戻ってくるお子さんももいましたが、今年は一人もいませんでした。参加してくれたお友達は頑張ってくれたようです。



a0123836_14024243.jpg
青空の下、田植えは順調に進み今年も11時過ぎには田植えは終了いたしました。田植えの後は少し早めの昼食となりました。今回の行事もたくさんのボランティアさんたちに支えられ無事終了いたしました。参加者の皆さんやボランティアの皆さんが作ったタケノコ、ハスの入ったおいしい味噌汁を配布いたしました。お仕事した後の味噌汁は最高です。協力してくださった皆さんい、つもご協力ありがとうございます。


a0123836_14061116.jpg
各自持参したお弁当を持ってお昼タイムです。田植えの後のお弁当はおいしいですか?大型連休は始まったばかり。センターでこの良い季節を満喫してくてくださいね。

アンケートには「寒かった」「子どもに田植え体験をさせることが出来てよかった」などのお声をいただきました。今年はちょっと涼しかったかな?

a0123836_14090085.jpg
昨日の雨模様の天気から、こんなすがすがしい天気になるなんて。やっぱりゴールデンウィークはこうでなくちゃ!!ザリガニも順調に釣れ始めました。

センターの季節到来です。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2019-04-28 17:25 | 行事報告

コメ作り体験―その3

4月17日、曇り。午前9時の気温は16.7℃、今朝の最低気温は7.4℃でした。
1日中どんよりしていましたが、空気は暖かく、今日の最高気温は、18.8℃でした。



a0123836_15481882.jpg
今日は、行事「米つくり体験」の3回目です。

前回4月4日に耕耘、あぜ作り、畦シート設置などの作業を行ないました。
3回目の今日は、肥料まき、植代かきを行いました。



a0123836_15482373.jpg
まず、田んぼ全体にバケツに小分けにした肥料を手でまきました。
肥料がまかれた部分の水面にさざなみが起きています。
まん中までは届かないので均等にまくため、真ん中まで入ってその周辺に肥料をまきました。



a0123836_15483502.jpg
次に植代かきです。植代かきは、田植えの10日~2週間くらい前に田んぼの土を細かくし平らに均すために行います。二、三日すると水か澄んできます。現在は、田植え直前に行っている農家さんも多いようです。
耕運機初体験の方にとっては、なかなか興味深い作業になりました。



a0123836_15494174.jpg
代かきする列の間隔を広めに開けて、2回目の時にその開いた部分を耕耘しました。




a0123836_15494543.jpg
田んぼのヘリ、角などはトンボを使って土を均しました。




a0123836_15494749.jpg
最後の仕上げに角材を引っ張って、平らに均しました。牛の代わりに人ががんばっています(冗談です)。
センターの作業、小型機械で手作業の多い田んぼづくりです。
田んぼ作業も機械化が進んで新しくなり、耕運機で代かきを行う時代は、もはや20~30年昔のやり方になったということです。
 最近の田んぼは、耕地整理が進んで1枚の大きさが1辺100m程になり、大型機械が作業しやすいようになっています。





a0123836_15495101.jpg
まわりの林の新緑がいっそう、ミドりとりどりになりました。




a0123836_15495426.jpg
葉の出るのが遅い方のエノキの枝先にも、葉が広がり始めました。
葉が大きくなると、取り付けた鳥の巣箱が隠れてきます。




a0123836_15495798.jpg
雑木の林の木の葉の色。
まん中手前の小さい木がコブシ。その左、少し赤緑に見えるのがやはりエノキ。
まん中向こうと、右側向こうの白っぽく明るい緑がコナラです。
まっすぐな背の高い樹形のクヌギはわずかに葉を出しはじめています。
そしてネムノキはまだ葉を出していません。
新緑の色の違いで木の種類も見分けてみると、またおもしろいものです。




a0123836_16160980.jpg
連休前に、自由に使えるようにおいている竹馬の置き場を整備してみました。
ご来館お待ちしております。




by isumi-sato | 2019-04-17 17:10 | 行事報告

田んぼの水がひろがります

4月11日、晴れ。午前9時の気温は10.3℃、今朝の最低気温は5.3℃でした。
冬に逆戻りして冷たい雨が降った昨日から一転、今日は晴れて日差しがそそぎます。
日なたでは暖かいのですが、北寄りの風が強く吹く一日になりました。
今日の最高気温は、16.0℃でした。


a0123836_15355693.jpg
大原漁港の風景。5月の磯の観察会の事務手続き準備のため、漁協に行ってきました。朝の漁、一仕事終えた漁船が港に係留されています。大原漁港の上には、小さな雲がたくさん強い風に流れていきます。
遠くの丘陵の林にも常緑樹の新葉の色が見えます。




a0123836_15360066.jpg
漁港の一角には、冬の最盛期を終えたタコ漁の道具がきれいに積まれています。
最近使われているのは、四角いタコツボです。




a0123836_15360409.jpg
往復の道すがら、たんぼの景色を撮影してきました。
耕地整理の済んだ田んぼは、一枚が大きく、水面が遠くまで広がります。
一枚の田んぼは、おおむねタテ100M、ヨコ30~100Mの大きさに作り直されています。



a0123836_15360937.jpg
ちょうどローカル線、いすみ鉄道の黄色い車両が田んぼの向こうを通りました。
線路沿いに菜の花が咲いて、車両も黄色い菜の花色です。
路線沿い、サクラの花が咲いているところは、例年、絶好の撮影ポイントになっています。


a0123836_15361205.jpg
別の田んぼの奥には、山すそにサクラの花がつながっています。




a0123836_15362093.jpg
日曜日に紹介した、万木の展望台にも再び行ってきました。
ちなみに展望台は、16世紀終わりまであった土岐氏の山城にちなんではいますが、
その形は不明で、江戸時代のお城風の形になっています。
ソメイヨシノが強い風で散り始めています。



a0123836_15362353.jpg
展望できる景色は、房総丘陵と平地に広がる田んぼです。その田んぼのほとんどになみなみと水か入って、田植えの準備が進んでいます。
手前のスギの列は、夷隅川沿いに植えられており、スギの列の形が川の形を示しています。



a0123836_15375286.jpg
展望台の足もとには、オオムラサキツツジが一面に植えられて、もう大きく育って人の背丈をこえています。
早咲きの花を一カ所発見できました。花の見ごろは連休のころです…




a0123836_15375645.jpg
ツツジのすきまから日が射している地面、コケの上の一角にスミレがかたまって咲いていました。タチツボスミレでしょうか。
この時期、日当たりのよいところ、思わぬところにスミレの花を発見することがあります。
散策して、スミレの小さな群落を見つけてみませんか…
ご来館お待ちしております。

by isumi-sato | 2019-04-11 17:20 | 田んぼ

一年を通して米作り体験~初日~

3月31日(日)晴れ☀。午前9時の気温は13.9℃、湿度は83%です。平成最後の年度末…平成30年度が幕を閉じます。そして、明日の新元号発表が楽しみですね~(#^.^#)。




a0123836_14282761.jpg
田んぼには水が入っています。そして今日から、「一年をとおしてコメ作りを体験しよう」という新企画がスタートします。田植えや稲刈りだけでは物足りないという、つわもの向けのイベントです。





a0123836_14285116.jpg
「まず、クロきりから始めます。クロきりとは…」いよいよ始まりましたよ~。参加者の皆さん、腰などに気を付けながら、よろしくお願いいたします。





a0123836_14285604.jpg
クロとは畦のことで、きりとは写真のようにきれいに畦を掘っていく作業です。ここで出た土を次は…





a0123836_14303206.jpg
コネコネ…コネコネ…とよくかき混ぜてから、掘ったところに戻していきます。





a0123836_14304507.jpg
少し固まるまで、4日ほどこのまま待ちます。4日後、この泥を畦に乗せて、整形したら「クロ塗」という作業は終了します。これは毎年行う作業で、水漏れを防ぐための大切な工程です。





a0123836_14311853.jpg
今度は、「田おこし」という作業を行います。ロータリーについている刃が、勢いよく土をかき混ぜます。機械を初めて操作する参加者には、職員がマンツーマンで教習していきます。これも、田植え前に欠かせない作業です。





a0123836_14312410.jpg
わお!レバーがいっぱい? でも、すぐに慣れたのか、順調に作業は進んでいきます。こちらも、安全運転でよろしくお願いいたします。





a0123836_14324564.jpg
一方、キャンプ場では、昔ながらの釜からいい匂いが漂っていますよ♪ なにを作っているのでしょうか?




a0123836_14393700.jpg
わあ!おいしそうなご飯です(^^♪ 昨年、ネイチャーセンターの田んぼで収穫したお米です。





a0123836_14411764.jpg
「重労働お疲れ様です!」体験作業を終えた参加者が、ぞくぞくと集まってきます。釜で炊いたおこげの入ったご飯と旬の野菜がたっぷり入った味噌汁、召し上がってください!





a0123836_14330122.jpg
「いただきまーす!」満開の桜のしたで食べるご飯は、もう最高です。疲れが吹っ飛びました。





a0123836_14331310.jpg
しかも、コーヒーつき。ほのぼのした時間が、さとを流れていきます。と思ったら…




a0123836_16224601.jpg
ザーザーぶり☂☂☂。ブラックコーヒーのように甘くない( ノД`)シクシク…「春の天気は変わりやすい」という春らしい一日でした。






by isumi-sato | 2019-03-31 17:30 | 行事予定

田んぼ準備着々と…

3月14日(木)午前9時の気温8.5℃、今朝の最低気温0.1℃。何日かぶりに寒い朝を迎えました。今朝起きてみると自宅の屋根にはうっすらと霜が降りていました。。

a0123836_13503340.jpg
真っ白でふわふわとした雲が青空にふわふわ浮いています。暖かな日差しは降り注ぎましたが、風は冷たい一日となりました。
a0123836_13503797.jpg
おや?スギナがツクシよりも生長し始めました。



a0123836_13504021.jpg
キブシの花も少しづつ開き始めました。なんと趣のある風景でしょうか。


a0123836_13271430.jpg
ここはどこ?そうここはトンボの沼。鳥の声が響き渡ります。平成31年度の年間行事案内配布にため訪れました。

a0123836_13275609.jpg
館内を見ると、トンボ沼や周辺で撮影された写真がずらりと並んでいます。



a0123836_13272905.jpg
壁にもびっしりと


a0123836_13280054.jpg
カモの仲間やコハクチョウの写真も展示されていました。少し前まではトンボの沼でもコハクチョウが観察できたそうです。



a0123836_13265914.jpg
トンボ沼周辺の田んぼのようす。水の入った田んぼがだんだん増えてきましたね。



センターでは…
a0123836_14225671.jpg

他の田んぼに負けず、センターも田んぼの準備開始です。午前中には、モチ田周りの電柵撤去と移設を行いました




a0123836_15170366.jpg
午後からは、水路の水を田んぼに送るため、ホースを設置しました。


a0123836_15171108.jpg
水路から田んぼにホースを渡し…


a0123836_15171695.jpg
見事開通!!


a0123836_15172177.jpg
田んぼにあった轍(畦塗りを依頼したときについたのコンバインの車輪の跡)にはアカガエルの卵塊が観察できました。こんなところにも産み付けてあるのですね。


a0123836_15172852.jpg
ホースを設置するためにシャベルで掘り返した水路の泥の中に、シジミの仲間が入っていました。このまま放置しては死んでしまうので、すぐに水路の中に戻しました。

a0123836_15174282.jpg
最後は畦の崩れた部分数か所を補修しました。


春の気配と共に田んぼの準備が着々と進んでおります。

来年度の行事も楽しみにしていてくださいね。来年度の行事内容についてはこちら

お待ちしています。






by isumi-sato | 2019-03-14 16:55 | 田んぼ

風は冬。晴れると水たまりの田んぼには、、。

3月8日、快晴。午前9時の気温は7.6℃、今朝の最低気温は3.1℃でした。
数日ぶりに夜中から晴れたために放射冷却の影響でしょう、冷え込んで最低気温が下がりました。一日中、風速3.0~6.0m/sの北風が吹いて今日の最高気温は、11.8℃でした。


きのうよりも低い最高気温ですが、
太陽の光がさすと、気温は低めでも暖かくなったという感じがしてきます。

a0123836_17053443.jpg
雨が降って田んぼの土が潤いました。すると、遠くにちょこちょこと影が動いていきました。





a0123836_17053876.jpg
双眼鏡でのぞくと、ツグミがやって来ていました。冬のはじめ頃は、センターの地面にはなかなか降りてきてくれず、まわりの林の中にだけ姿が見えていました。例年通り、三月になると地面に降りてきてくれます。
土が潤うと、えさになる生きものが見つけやすくなるのでしょう。
虫やミミズなどが田んぼで見つけやすくなるためでしょう。土をつついては、何かをくわえているのが見えます。





a0123836_17054311.jpg
そして、中庭の芝生をやはり、ちょこまかと動くのは、




a0123836_17054994.jpg
セグロセキレイでした。





a0123836_17055318.jpg
屋根の上からコツコツとつつく音がしました。外に出て見上げてみると、





a0123836_17055881.jpg
別のセキレイ君が屋根の金属板をつついていた音でした。
野鳥たちも、雨が上がって日が照ると、特に朝は元気に活動しています。




a0123836_17060485.jpg
地面を見ると、小さな花がたくさん開いています。
タネツケバナ。





a0123836_17060889.jpg
オオイヌノフグリ。





a0123836_17061263.jpg
スイバが葉の成長を始めています。





a0123836_17061928.jpg
そしてひらひらとチョウも舞い始めました。スイバのまわりに
舞っているのはベニシジミでしょうか。スイバは食草になっているようです。
緑色が増した草にアカタテハも姿を現したようです。



a0123836_17061557.jpg
畑のエンドウが少しずつ、伸び始めたようです。
ご来館お待ちしております。







by isumi-sato | 2019-03-08 17:12 | いきもの

あっという間に…

3月2日(土)、午前9時の気温9.4℃、今朝の最低気温2.3℃、雲一つない快晴の空。日に日に春めくセンターです。

a0123836_15002240.jpg
中庭のエノキ。今年はエノキの木の周りにてどんなストーリーが生まれるでしょうか?エノキに集まる生きものたちをたくさん観察できるといいな~。


a0123836_15002756.jpg
これはクワの木のようす。花芽がだいぶ大きくなってきました。



a0123836_15003061.jpg
クワコのマユもひとまずは厳しい冬を超えられたようです。数えると全部で7個のマユが観察できました。今年の夏は多くのクワコたちが観察できるかな?



a0123836_15003530.jpg
ボケの花のつぼみが赤みを帯び、まるまるしています。もうすぐにでも咲きそうですね。



a0123836_15003999.jpg
水田では、畦塗り作業です。作業はいつもお世話になっているY氏に委託しました。午後になると、畦塗機を装着したトラクターでY氏が華麗に登場!うっとりするほどのハンドルさばきで畦がどんどんきれいになっていきます。



a0123836_15004507.jpg
BEFORE




a0123836_15004818.jpg
AFTER




a0123836_15005256.jpg
あっという間に畦塗は終了。以前は職員が畦塗りをしていたそうですが、「三人がかりでも到底一日じゃ終わらなかったよー」と職員。「すごい器械があるんだねー」

a0123836_15005582.jpg
雨の日が多かった今週。今日は久々に晴れました。オオイヌノフグリは花びらを空に向かって大きく広げています。まるで深呼吸しているかのようです。濃い青色が目立ちます。

暖かくなってきたからでしょうか?土曜日ということもあり、家族連れのお客様が多い一日となりました。

皆さんのご来館をお待ちしております。

by isumi-sato | 2019-03-02 16:55 | センターこぼれ話

バレンタインの使者

2月14日(木)くもり。午前9時の気温は3.0℃、湿度は64%です。今日はバレンタイン…皆さまのもとには、チョコの使者は訪れたでしょうか?




a0123836_15470954.jpg
あっ!冬の使者…白鳥が飛んでいます。ハクチョウ類は、首を伸ばして飛ぶ特徴があります。





a0123836_15475632.jpg
田んぼに降臨…食事を始めました。こちらはコハクチョウです。灰色の個体が写っていますが、こちらも立派な白鳥です。若鳥なんだとか。





a0123836_15465472.jpg
千葉県いすみ市の水田で、たくさん見ることができます。でも、臆病な鳥なので、あまり近づかないようにしましょう。





a0123836_15514968.jpg
「使わなくなった農機具いただきにきました」離農した農家さんから、古い農機具を寄付していただきました。





a0123836_15520561.jpg
たくさんありますね~。お米を作る道具の数々…貴重な文化財をありがとうございます!





a0123836_15521065.jpg
なかには、昔の湯たんぽやアイロンがありました。かわいい形をしています♪ 60年以上前のものも含まれているようです。






a0123836_15552147.jpg
昔から続くお米作り…もうすぐ水が引き込まれ、田植えが始まります。そういえば、ここで使う大量の水ってどこからくるのでしょう。ちょっと、水のルーツを訪ねてみます。





a0123836_15554705.jpg
いすみ鉄道が通る陸橋の下に、夷隅川が流れています。この一帯の水田は、この夷隅川の水が起源なんだとか。





a0123836_15555889.jpg
むかしむかし、ここには水力発電所=苅谷(かりや)発電所という施設があったそうです。ただ、ほどなく廃止されました。今は、田んぼに水を送水する堰へと生まれ変わっています。





a0123836_15561554.jpg
仕組みは、まず川底の板があがり、水をせき止めます。すると水は、黄色い線まで溜まります。この溜まった水を、田んぼへ送り出しているそうです。





a0123836_15585197.jpg
堰の脇には、立派な魚道があります。夷隅川は、魚の種類が豊富な川で有名です。きっと、いろいろな魚の通り道なんでしょうね。





a0123836_15585698.jpg
堰で溜めた水は、ポンプで用水路へ送られます。用水路はさらに細かい水路となり、田んぼの隅々まで水を行き渡らせます。その面積は774ヘクタール…気の遠くなるほどの面積です。灰色に塗られた部分、町のほとんどが田んぼです。





a0123836_15592686.jpg
これだけの水を送るポンプは、さぞかし巨大なのでしょう。普段何気なく通る「苅谷交差点」…この揚水機場から川の水をくみ上げ、道路の下にある地下水路を流れていきます。





a0123836_15593501.jpg
道路の下や、山の中のトンネルを抜けて…ありました!ようやく用水路が見えてきました。町全体に水脈が通る用水路…こうしてお米ができるですね。驚きました。超巨大工場のようです。





a0123836_15472456.jpg
こうして水田が維持され、多くの生きものが暮らしていけるんですね。農業が衰退していると耳にしますが、ここ国吉米(くによしまい)は元気です。休耕田が1枚もないそうです。貴重な農家のお話を聞けました。



by isumi-sato | 2019-02-14 17:15 | 地域との協働