千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:水田 ( 249 ) タグの人気記事

かほる花々

5月10日、曇一時雨のち晴れ。午前9時の気温は14.7℃、今朝の最低気温は9.9℃でした。寒い日が数日続いています。
あととい、昨日と降り続いた雨は、最近で最もまとまった雨量となり、降り始めから59mmとなりました。


a0123836_17331307.jpg
万木堰の水位は上がりました。
朝の曇の後、昼ころ北の方から空が暗くなり、一時雨が二度ほど降りました。その後3時過ぎころから青空が見えるようになりました。



a0123836_17331798.jpg
金具を直しに屋根に上ったついでに、屋根の上のアングルからの夕方の晴れたときの田んぼです。だいぶイネの緑色がしっかりしてきています。




a0123836_17333197.jpg
田んぼの脇で低い目線からはこんな具合です。丈は13cmくらいになりました。





a0123836_17333842.jpg
近くで見ると、それぞれの葉がぴんとして元気に伸びています。植えた本数にむらがあることがわかりますね。






a0123836_17334443.jpg
林道を歩くと、常緑、トベラの花が咲いています。良い香りがします。葉の縁がそり返ることが特徴です。




a0123836_17334811.jpg
さらにつる植物、白い花のあまいかほりがしてきます。スイカヅラの花が開いています。開いてすぐは白い花ですが、やがて黄色っぽく変化します。そのため別名でキンギンカ(金銀花)とも呼ばれています。




a0123836_17335279.jpg
マユミの小さなつぼみが開いて、花が見られました。






a0123836_17351834.jpg
モミジイチゴの実がオレンジ色になっています。おいしく食べられる実です。





a0123836_17352520.jpg
湿性生態園のヤナギ林の中で、シジュウカラが盛んに鳴いていました。
ツピーツピー、チッチー。ジュクジュクジュク。





a0123836_17352823.jpg
そのヤナギ、マルバヤナギ(別名アカメヤナギ)の花のあとが気になります。





a0123836_17353163.jpg
綿毛を飛ばす準備が進んでいます。








a0123836_17353365.jpg
別の木では、こんな具合に綿毛が準備されていました。

日々、おもしろい発見があります。
ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-05-10 17:36 | しょくぶつ

ゴールデンウイーク三日目、突然の雨

4月30日、昭和の日の振替休日。曇り時々晴れ。午前9時の気温は20.8℃、今朝の最低気温は13.1℃でした。ゴールデンウイーク二日目。通年では穏やかな休日といったところでしたが、連休の後半では荒れた天気も予想されています。
今朝の天気予報では、当地域は「日焼けや熱中症に注意ください。」と聞きましたが、雲が多くドンヨリとしたすっきりしない朝を迎えました。あれちょっと違う?


a0123836_13340870.jpg
田植え後、一日経過した田んぼのようすです。
昨日の田植え参加者の親子が、自分の植えたところを見に来られていました。
「あっ。ほとんどの苗がちゃんとまっすぐに立って植わっている!! よかったー!!」



連休前半の最後、ティキャンプ場はたくさんの人でにぎわいました。

a0123836_13094115.jpg
いすみでは、昼一時的に雨がパラつきました。その時の雨雲(tenki.jpより)。天気予報には全くなかった、細く南北につながった雨雲です。


a0123836_15184126.jpg
突然の雨、デイキャンプ場を利用されたお客さんは農機具庫の軒下に避難。「雨が降るなんて聞いてないよ~」。その後、時期天気は回復し晴れ間もあったのですが、残念ながらすぐに曇ってしまいました。


a0123836_15191625.jpg
万木堰の様子。対岸には、白い花を咲かせた樹木がだいぶ目立ちます。ミズキの花のようです。


a0123836_15192187.jpg
望遠にてのカメラ撮影。葉脈がはっきり見えます。里山や山地のやや湿ったところに生えています。葉は互生(ちなみによく似たクマノミズキは対生です)。ミズキの樹形は独特で枝を水平方向に面状に広げていくつもの階層を作るので、慣れれば遠くからでも見分けられます。春に枝を切ると、水のように樹液が出るのでこの名がつけられたそうです(葉で見分ける樹木/小学館より)。



a0123836_15193103.jpg
今日、遊びに来てくれたお友達がセンターで捕まえた昆虫を、図書室にある図鑑で調べていました。すばらしい! 観察できた昆虫は「ヒメツチハンミョウ」と「ヨコズナサシガメ」だったそうです。事務所に一声かけていただければ図書室はご利用できますよ。皆さんもセンター内で観察できた生きものを調べてみてくださいね(捕獲した生きものはちゃんと逃がしてくださいね)。
※追記:当センターの野外施設は自然観察の場所(生態園)として管理しています。学習会等の管理者が許可した場合を除き、網などの道具を使った採集はご遠慮願っていますので、ご理解・ご協力ください。



a0123836_15193626.jpg
カラムシでしょうか?虫のような名前ですが植物の名前です。茎を高く伸ばし、目立ち始めてきました。もう少しで、カラムシの葉の上にとまっている、ラミーカミキリが観察できる季節がやってきます。楽しみですね。



明日、5月1日(火)は振替の休館日です。おまちがえないように。
連休後半もご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-04-30 17:12 | センターこぼれ話

田植え前。花、蝶、鳥。

4月27日、曇り。午前9時の気温は20.0℃、今朝の最低気温は10.9℃でした。
夕方確認すると、今日の最高気温は21.4℃でした。
やや乾いた南寄りの弱く暖かい風が吹いて、なかなか過ごしやすい一日でした。



a0123836_17471361.jpg
田んぼには、29日の田植え用の苗が届いて水に浸けてあります。
向かいのヤナギの木の下にも苗があります。



a0123836_17472087.jpg
センター進入路沿いでは、チガヤが咲いて風に揺れています。
その周りの田んぼは、一部田植えが終わったところが見られます。



a0123836_17472590.jpg
湿性生態園の草が少しずつ伸びてきました。今は膝丈くらいで、一面みどりのじゅうたんに見えます。



a0123836_17472864.jpg
デッキ沿いでつい二週間前には、小さな白い花をたくさん咲かせていたシャクも盛りを過ぎました。次に出番ですと、葉を大きくひろげてきたのは、カラムシです。



a0123836_17473208.jpg
林道沿いの斜面には、同じくタンポポがたくさん黄色い花を咲かせていましたが、今日は入れ替わって同じく黄色い花ですが、オオジシバリがたくさん花を咲かせています。




a0123836_17473997.jpg
林道沿いの花には、チョウたちもたくさん観察できるようになりました。
ハルジョオンにヒメウラナミジャノメがとまっています。丸い模様が、1、2、3と並んでいます。



a0123836_17474104.jpg
同じく林道沿いのノアザミには、黒いアゲハチョウがとまって、一つ一つの花から蜜を吸っているようです。尾が長いのですが、腹が赤く見えるのでクロアゲハではなく、ジャコウアゲハのオスでしょうか。花のまわりを夢中でぐるぐるとまわっています。体には花粉がたくさんついています。



a0123836_17473580.jpg
クワの木の枝の中に野鳥が飛んできました。コゲラがとまっていました。
暖かくなって、たくさんの生きものたちが活発に動き始め、出合うことができます。



a0123836_17474423.jpg
今日はハイド(野鳥観察塀)の窓の前の枝葉が視界をさえぎり始めているため、剪定を行いました。窓の前から急斜面なので高枝バサミを使用して小枝や葉をのぞきました。




a0123836_17474739.jpg
水面への眺めが少し良くなりました。

ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-04-27 17:51 | いきもの

田んぼの中はいそがしそう

4月19日、快晴。午前9時の気温は17.2℃、今朝の最低気温は7.6℃でした。
今日は日中気温が上がってくる予報が出ています。
ちなみに今日は、419 で飼育の日(日本動物園水族館協会)だそうです。
夕方の観測で、今日の最高気温は21.4℃。日を浴びた田んぼの水もあたたかくなったことでしょう。


a0123836_15093606.jpg
朝の田んぼ。2日前に植代かきをした田んぼの水は澄んできました。
畦に沿って動物の足跡があります。たぶんアライグマでしょうか?



a0123836_15095621.jpg
田んぼの中にはたくさんの生きものたちが動き始めています。
いろいろなサイズのオタマジャクシが泳いでいます。時期的にもほとんどがニホンアカガエルでしょう。



a0123836_15095993.jpg
ウマビルもいました。これは田んぼによくいる血を吸わないヒルとして有名です。




a0123836_15100208.jpg
さらにアメリカザリガニも元気に動き始めています。底にはタニシなどの小さな巻貝も見えます
水面には、アメンボやクモたちもたくさん泳いでいます。




a0123836_15100871.jpg
千葉県北部、都市部の方々がバスに乗ってグループで散策、自然観察にやってこられました。
あいさつの後、まずは軽くストレッチ。新緑の中、気持ちよさそうです。
早々に当センターを通って、万木の丘陵歩きに出発して行かれました。


a0123836_15442472.jpg
林道には、ハンショウズルのつぼみが観察できるようになりました。木質のつる植物で、茎はしばしば暗紫色を帯びています。葉は3出複葉で、対生。小葉は卵型または楕円形で長さ4~9㎝。あらい鋸歯がある。葉質はやや硬く両面に短毛が生えます。花柄は6~12㎝あり、先端に紅紫色の鐘形の花を1個付けます。花は完全に開かず垂れ下がります。(日本の野草/山と渓谷社より)


センターの季節を迎えお客様も増えてまいりました。皆さんもこの時期にセンターを満喫しに来ませんか?

お待ちしています。

キャンセルが発生したため、4月29日(日)行事「田植え体験をしよう」は若干名の参加が可能です。
この「田植え体験をしよう」は、受付開始からすぐに定員いっぱいになってしまうほどの人気行事。「前から田植えには興味があった…」「今回はぜひ参加したい!」と思った方。どうぞご連絡ください。田植え体験に参加された方は、9月1日(土)の「稲刈り体験をしよう」へも優先的に参加できます。ご連絡お待ちしております。詳しくはこちら

by isumi-sato | 2018-04-19 17:07 | いきもの

植代かき

4月17日、曇り。午前九時の気温は15.5℃、今朝の最低気温は7.7℃でした。
北東の風が吹いて肌寒いくらいの一日でした。



a0123836_17240079.jpg
29日の行事「田植え体験をしよう」にむけて 田んぼの代かきを行いました。
まずは、田んぼへ肥料まき。田舟が活躍しています。






a0123836_17240352.jpg
今日行った代かきは、「植代かき」といいます。細かく砕いてかき混ぜた泥が落ち着いて水が澄んだら(一週間から十日後くらい後)に田植えを行います。






a0123836_17240723.jpg
代かきには、水漏れを防ぐ、土の表面をならして平らにすることで苗がむらなく育つ、苗を植えやすくし活着・発育をよくするなどの効用があるといいます。
さらに、もと肥をむらなく混ぜ込むこと、雑草を埋め込むこと、有毒ガスを除いて有機物の腐敗を促進するなどの効用もあるといわれています。





この植代かきに先立つこと、「田おこし」、「あぜ塗り」、「荒代かき」の作業が当センターでは、それぞれ一月中旬、二月下旬に行われています。毎年、天候と土の乾き具合を見ての作業です。



a0123836_17232191.jpg
田おこしは、冬の間に水を張る前の乾いた土を掘り起こす作業です。秋の稲刈りの前には、土を乾かして収穫作業をしやすくします。乾くと同時に有機体窒素が増えるのですが、これを微生物が分解することで植物が吸収しやすい無機態窒素に変化します。深く耕して土に空気を入れ込むことで微生物の活動が活発になるといいます。

天候と土の湿り具合を見て、何回かに分けて行っています。



あぜ塗りは、田んぼの周囲のあぜから水が漏れることを防ぐため、防水性を高めるために行う作業です。機械化が進んだ現在では、ほとんどの田んぼは機械を使って畦を固めています。最近では、当センターでも機械によるものと手作業によるものとの併用です。



a0123836_17234741.jpg
手作業のクロ(あぜ)塗り。クロキリ、クロ寄せ、クロヌリという手順で三回くらいに分けて行います。



a0123836_17234128.jpg
機械によるあぜ塗り。あっという間に終わります。





a0123836_17520412.jpg
荒代かき
そして、今日行った田植え前の植代かき。……




a0123836_17331899.jpg
かき混ぜた田んぼの泥が落ち着くと、水が澄んで水面がまわりの景色を移し込みます。



もう少しで田植えです。
ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-04-17 17:40 | 田んぼ

雨の一日

3月20日(火)、午前9時の気温9.8℃、雨。昨日の夜から降り始めた雨はやむことなくほぼ一日中降り続けました。


a0123836_13582286.jpg
センターの様子。昆虫広場にあるコブシの花は満開になりました。遠くから見てもそのあざやかな白い花は目立ちます。この雨で散らなければよいのですが…


a0123836_13582865.jpg
ヒメオドリコソウが雨に濡れながら群生している様子が観察できました。



a0123836_13583282.jpg
ハス田では、日曜日に遊びに来てくれたお友達の仕業?でしょうか。センター中庭に置いてある竹ぽっくりの中にオニグルミの果実を集めてそのまま帰ってしまったようです。クルミ集めはいいですが、遊んだ物はちゃんとあった場所に戻しましょうね。

a0123836_13583540.jpg
雨の中、ソメイヨシノが開花したかどうか気になって観察へ。



a0123836_13583877.jpg
咲いていました。雨水をまとい優雅な1カット。今週末はお花見日和になりますように…


---------------------------------ーーーーーーーーー
それは日曜日の出来事。「今日のブログは何をかこうかな」と思っていると、エキサイトブログの編集画面へ入れません。あれ?おかしい。

a0123836_16131196.jpg

日曜日の朝出勤してから、退勤時間までずーっとエキサイトブログに投稿できませんでした。毎日ブログを書いているのに…残念。



日曜の夜には復旧したようです。こんなこともあるのですね。

by isumi-sato | 2018-03-20 16:55 | センターこぼれ話

田んぼの準備を始めました!

3月13日、快晴。午前九時の気温は12.2℃、今朝の最低気温は2.2℃でした。
今日は朝から暖かい日差しと暖かい風が吹いて、いよいよ春らしくなりました。
昼間の最高気温は、17.9℃となりました。



a0123836_16492903.jpg
ポカポカ陽気です。ハクモクレンの花が、いよいよ開き始めます。
ハクモクレンの蕾が膨らんで、一部先が白くなっています。





a0123836_17233424.jpg
今日は朝から田んぼの準備に取りかかっています。





a0123836_17234076.jpg
三枚ある一番上部に位置する田んぼでは、まず畦シートをクロに差し込んでいます。





a0123836_17234428.jpg
3月6日にニホンアマガエルの鳴き声が初めて聞こえてきました。文字通り啓蟄のあと、少しずつ冬眠から目覚めているようです。
今朝も複数のニホンアマガエルたちの声がそこここから聞こえてきます。
建物軒下のプランターの中に一匹発見。薄いあずき色のような色をしていました。








a0123836_17234730.jpg
昆虫広場の草も、枯草の下で少しずつ葉を伸ばしている感があります。
その刈った草の中に、薄--い緑色のニホンアマガエルがいました。
ニホンアマガエルはバックの色に合わせて、体色をミドリからつちいろに変化させて
身を守っています。


a0123836_16494301.jpg
そんな中、田植えの準備が始まりました。

a0123836_16510957.jpg
まずは田んぼを耕します。冬場に荒起しを行いました。
今日は土を軟らかく砕き水と混ぜる、代かき―その1です。

a0123836_16513851.jpg
おーっと!ニホンアカガエルを発見です。卵を産み終えて、もう一度寝る春眠の最中でしょうか。

a0123836_16515203.jpg
たたき起こされて不機嫌なのでしょう…作業員をにらんでします。ごめんね。



a0123836_16520637.jpg
畦では、別の作業がすすめられています。




a0123836_16522205.jpg
水が漏れないようにする、大切な作業です。これが重労働なんですよ… 「あ~、腰が痛い。」
クロキリのあと、泥を寄せるクロヨセという作業です。




a0123836_16523266.jpg
そのあと、クロのてっぺんに泥を塗るクロヌリをしていきます。
ビフォーアフター!きれいな畦に生まれ変わっていますね~。今年も、おいしいお米がとれますように♪


ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-03-13 17:26 | 田んぼ

寒さ戻る。草花は、春へと、、

3月6日、曇のち晴れ。午前九時の気温は8.8℃、今朝の最低気温は7.6℃でした。
昨夜の雨は39mmと、まとまった雨量になりました。
寒さがもどってきました。朝から時おり強い北よりの風が吹いています。
今日の最高気温は10.1℃と、ほぼ10℃でした。


a0123836_17021832.jpg
まとまった雨のおかげで田んぼには水が入りました。
生きもののための「おっぽり」も満水です。
万木堰からの用水が周辺の田んぼに引かれはじめ、田んぼへの水路に水が流れ始めています。




a0123836_17022210.jpg
午後からは田んぼ上に青空が広がりましたが、寒い風が吹いています。






a0123836_17022658.jpg
中庭のハクモクレンの蕾は少しずつ大きくなってきています。
その後ろ、しばらく目を楽しませてくれた紅梅と白梅は盛りを過ぎ、花を散らし始めました。




a0123836_17022901.jpg
田んぼの脇には、小さな花が咲き始め、草地にいろいろな色が加わります。
ヒメオドリコソウ。おもしろい花の形にご注目! その後ろにぼんやりと青い花の色が見えていますが、朝の曇天で花は開いていません。
オオイヌノフグリです。




a0123836_17050260.jpg
湿性生態園でも水路に水が元気よく流れています。




a0123836_17023252.jpg
その近く、日ざしがなくなり、カントウタンポホも花をとじています。




a0123836_17023672.jpg
林道沿いの足元を見ると、ヤエムグラ、ミツバなども葉を広げ始めています。

ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-03-06 17:07 | しょくぶつ

畦塗り/里山に潜む危険

2月28日(水)、午前9時の気温8.7℃、今朝の最低気温1.9℃、晴れ。気が付けば明日から3月。つい先日、年が明けお餅を食べたばかりのような気がします。月日の流れは本当に早いものです。


a0123836_14133598.jpg
中庭、午後の様子。午前中は太陽の光が降り注ぎ春めいた朝をむかえましたが、午後から空はドンヨリ曇り空。明日の明け方から朝にかけては雷を伴う激しい雨が降るとの予報が出ています。


a0123836_14134203.jpg
懐かしい、この時期によく耳にする音が聞こえ始めました。


a0123836_14134772.jpg
今日は畦塗り作業。作業はトラクターを持っている方に委託しました。人力で畦塗りをすると3,4日かかりますが、トラクターに装着した畦塗機で畦塗りをすると40分ほどで終了。あっという間です。

a0123836_14135230.jpg
昆虫広場ではツグミがトラクタ-の音にも微動だにせず。
少しづつ春の気配が色濃くなってきています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところ変わっていすみ市内の某公園。子どもたちを公園へ遊びに連れて行った時の事。
a0123836_14135914.jpg
駐車場から何か黒い生きものが動いています。



a0123836_14140850.jpg
イノシシです。(キャー)突進してきたらジャングルジムの上に逃げようと決め撮影。

a0123836_14141728.jpg
「市に通報しないとなー」と思いながらも今日は日曜日。通報しても誰も出ないのでは…と思っていると、軽トラ2台と軽自動車1台、合計3台が遠くからイノシシに近づきます。突然銃声が「バーン」その後三回ほど銃声が聞こえました。

a0123836_14142356.jpg
無事捕獲したようです。里山に潜む危険。イノシシの姿を見かけたら近寄らず、いすみ市内で発見したら、いすみ市農林課に連絡してください。

by isumi-sato | 2018-02-28 16:55 | センターこぼれ話

今年も見つけました!

1月16日(火)、午前9時の気温1.5℃、今朝の最低気温-4.0℃、晴れ。毎日寒い朝が続きます。寒さのピークは、まだまだこれからなのでしょうか?しかし日中は温かくなり、外で作業していた職員は汗だくになっていました。


a0123836_13424273.jpg
今朝の万木堰。びっしり凍っていました。



a0123836_13425180.jpg
朝、デイキャンプ場からセンター建屋を見ると、太陽の光がだんだんと建屋を包み込む光景を見ることが出来ます。


a0123836_13425851.jpg
施設内で観察できるカラスウリの果実。シワシワになりながらもオレンジ色を保ちながらしっかりとツルにくっついています。植物の中には果実が実ると比較的早く果実を地面に落としてしまう植物もありますが、カラスウリはずーっと果実をつけたまま。違いは何なのでしょうか?


a0123836_13431191.jpg
田んぼでは、寒いこの時期にも関わらず4月に行われる田植えの準備が始まりました。耕うん機で田んぼの荒起こしです。にぎやかな耕うん機の音も寒い冬に耳にすると「春の訪れ」を予感させてくれます。いくら寒くても季節は廻り、ちゃんと春が訪れます。日本の四季のすばらしさに改めて感謝してしまいます。


a0123836_13430565.jpg
去年設置した畦シートも撤去しました。



a0123836_13432184.jpg
年が明けて、この時期には毎年アレ(最近アレが多くてスイマセン)が観察できるのですが今年はまだ一つも観察できていません。「おかしい!どこかにあるはず!」そう思いながら1月5日から毎日高い木の枝先をじっくり観察。そして今日やっとみつけました。それは昆虫広場脇にある池(通称ザリガニ池)の水没しているマルバヤナギの枝先についていました。何を探していたかというと…



a0123836_13432921.jpg
これです。ウスタビガのマユ。地上から2m~2.5mぐらいの高さあたりにぶら下がっていました。「あったー。ヤッター」鮮やかな黄緑色のが特長。マユの底には穴が開いていて中に雨水がたまらないようになっているそうです。でもウスタビガのマユは幼虫の食草であるクヌギやコナラなどの枝に見られるのですが…何度見てもやはりマルバヤナギの枝先についています。あれおかしい?観察を続けます。



この寒い冬の時期は、昆虫のマユや卵を見つけるのに最適な季節です。



皆さんも探しに来ませんか?


お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-01-16 16:55 | センターこぼれ話