千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:昔ながらの農業 ( 31 ) タグの人気記事

昔の農機具 ~今でも現役で活躍~

10月16日午前9時の気温16、6℃湿度79%天気曇りの気象でしたが、日中には陽もさし加えて微風のため大変すごしやすい一日でした。
センターには昔の農機具が展示されています。実際に使っていた物で近隣の農家の方々からいただいたものです。その一部は今でもセンター行事等に使用しています。

●足踏み縄ない機

a0123836_10173877.jpg

足踏み式縄ない機です。センターでは太縄(ふとなわ)用と細縄(ほそなわ)用縄ない機が各1台保有しています。この縄ない機は太縄用で双方の藁の差し込み口にそれぞれ藁3~4本入れて縄ができていきます。ちなみに細縄は双方に1本ずつ入れていきます。
a0123836_1029044.jpg

実際に縄をなっている作業状況です。両足で左右交互に踏み台を踏み、たいこ(出来た縄を巻き取るところ)におさまっていきます。
a0123836_10395282.jpg

この太縄は各種のセンター行事等の際に使用しています。
以下はこの太縄を実際に使用している事例です。
a0123836_10511047.jpg

センター行事 米作り6・7おかざりを作ろうの材料の藁で、太縄で束ねる際に使用しています。
a0123836_1103248.jpg

センター行事 米作り5もちつきをしよう。 刈り取った稲を自然乾燥のため「おだかけ」を作る際に、この太縄で竹どうしをむすぶために使います。台風に遭遇してもこのようにしっかりと太縄は「おだがけ」を支えています。丈夫で使いかってが良くまたその役目が終われば腐食して堆肥としても活用できます。


●縄ない機械の体験学習
a0123836_11203186.jpg

古い農機具の足踏み縄ない機は、次のような形でも利用しています。小学生の皆さんが見学に訪れ、実際に縄ない機を使いながら縄ないの体験をしていただいています。始めて体験する縄ない機に大変興味をもっています。

小屋の中に眠っていたかもしれない昔使った農機具が、現役で現在でもこのように活用しています。機械の能力にはただ関心の一語です。優れものの機械には間違いないですね。これからも長く現役で、、、願わずにはいられませんね。ただ修理部品等の調達ができるか心配の部分がありますが、、、
by isumi-sato | 2016-10-16 17:00 | センターこぼれ話

稲穂・わら干し / カラムシにつく幼虫

9月28日、曇ときどき晴れ。午前九時の気温は27.2℃、今朝の最低気温は20.5℃でした。
きのうに続いて日中は30℃近くまで気温が上がって、蒸し暑い九月の下旬です。


a0123836_1765294.jpg
久しぶりにのぞく青空ですが、予報では明日昼すぎから再び雨が降り出すようです。


a0123836_1773082.jpg
雨が続いて、すでに二週間干し続けているモチゴメの稲穂ですが、ここ二、三日の雨上がりでやっと乾いてきました。再び濡らしたくはありません。

a0123836_1781567.jpg
ハサガケから一束おきにおろして、乾いたところに広げて風に当たらせてさらに乾燥させました。わら飾り用に干しているキョウシンも一部おろして、束ねている部分を広げて風を通しました。
三時過ぎには取り込んで、大きな束にまとめて軒下に収納しました。

a0123836_1710946.jpg
一方、半分はずして風通しがよくなったオダカケです。




a0123836_1711340.jpg
水路沿い、畑周辺、湿性生態園には、カラムシが生えています。カラムシは大昔、繊維をとって衣服に仕立てたといいます。そのカラムシ、葉っぱが柏餅のように丸められています。

a0123836_17115533.jpg
よく見ると、葉が食べられて糞がついています。まるめた葉っぱを開いて、その犯人を捜しました。


いくつか開いても空家で、空振りになりました。犯人はひんぱんに移動しているもようです。
a0123836_1712149.jpg
いました。いました。犯人が見つかりました。イラクサ科の植物、カラムシを食草としているようです。

アカタテハの幼虫でしょう。アカタテハの成虫は夏に少なく秋に多くなるようで、冬は成虫で越冬します。
家が食料になるとは、とても便利な暮らしぶりですね。






a0123836_17124594.jpg
すぐ近く、カラムシの上に静かに見守っている生きものが、相も変わらずおりました。
ニホンアマガエルさん。
雨が降り出すと、突然大きな声で鳴きますが、シャイなのか人前ではあまり鳴かないようです。




by isumi-sato | 2016-09-28 17:15 | センターこぼれ話

米作り3・お飾り用の稲刈り

9月11日(日)、午前9時の気温24.9℃、早朝には強い雨が降っていましたが、8時ごろには止みました。空も、どんよりとしたグレーの雲が覆っていました。

a0123836_13511359.jpg
雨の心配もありましたが、「米作り3・お飾り用の稲刈り」は予定通り開催いたしました。今日の稲刈りは、お飾りや、わら細工に使われる稲(キョウシン:京都神力)を刈り取る行事です。刈り取った稲の縛り方の解説をしているようす。ワラを腰につけて、刈り取った稲を束ねていきます。

a0123836_13513419.jpg
解説も終わり、稲刈りを始めるとすぐに強い雨が降り出してきました。しかしすぐにやみました。今回は稲刈りを体験したことがある方も多く、順調に進みました。

a0123836_13523639.jpg
本日参加された方の中で、唯一のお子さんです。まん中の白い人です。田植えと稲刈りにはすでに何度も参加されています。お母さんと一緒に一生懸命最後まで、稲刈りをしていました。

a0123836_13525344.jpg
順調に稲刈りをしていると、カヤネズミの巣が見つかりました!その住民だったのか、束ねたわらの間をチョロチョロして隠れるカヤネズミの姿が見えました。残念、写真は撮れませんでした。「あっカヤネズミだ!!」と声がすると、参加者には「キャー」という逃げるような反応と、「どこだどこだ」という見つけに行く反応と二つの反応があったのは、おもしろいことでした。

a0123836_1353995.jpg
稲を刈った後は、センター建屋の軒下の梁に竹を渡したところまで運搬して、干していきます。参加者の皆さんも一生懸命だったため、2時間かからずに稲刈りは終了いたしました。雨も本降りとならずに、行事が終了したため、職員全員ほっといたしました。

a0123836_13532291.jpg
田んぼにはヒガンバナのつぼみが多く見られるようになりました。いつの間にか一日二日でスッー―と茎が伸びて立ち上がります。やはりヒガンバナには稲をを刈り取った後の田んぼの風景が似合いますね。

昔と変わらない風景がここにはあります。

ご来館ください。
お待ちしております。






by isumi-sato | 2016-09-11 17:15 | 行事報告

みんな夢中です-雨の校外学習来館

5月27日(金)、午前九時の気温22.9℃、雨。朝方から降り始めた雨は、九時頃から強くなり、お昼過ぎには落ち着きました。降り始めからの雨量は39㎜にも達しました。

a0123836_12363627.jpg
夷隅郡市内の小学校2年生が校外学習に来てくれました。館内説明とホタルについてのビデオ学習、わらない体験、竹とんぼづくりの三つのプログラムを三グループに分かれて、ローテーションして、体験学習をしました。

a0123836_1237842.jpg
まずは館内説明とビデオ学習のグループです。オタマジャクシやイトトンボ類のヤゴ、ザリガニ、川エビの仲間など、センター敷地内で観察できる生き物を職員が採取し、実際に手で触れて観察しました。「初めて触った」「うれしい」「楽しい」などの感想が聞こえてきました。



a0123836_12373415.jpg
夢中になってバットの中の生き物たちを観察しています。

a0123836_12375610.jpg
館内説明では、展示してある水槽内の生き物の説明です。トウキョウサンショウウオ、アカハライモリ、ギバチ、フナ類、ウナギ、タウナギ、天然記念物のミヤコタナゴ。加えて剥製の説明もしました。アライグマ、タヌキ、二ホンノウサギ、キョン、二ホンイノシシ、二ホンジカなどの説明をしました。

a0123836_12383276.jpg
縄ない体験では、材料になるワラとわら縄の説明の後、縄ない機を使って縄ないの体験を行いました。

a0123836_12385770.jpg
さらに手を使っての縄ないの体験も行いました。縄やロープの構造を説明した後、

各自二本のワラを持って二人一組になって協力し合い、素手でワラによりをかけつつ編むという体験をしました。
a0123836_16102878.jpg
二本のワラを同じ方向にねじること、さらに逆の方向になうことが、説明を聞いて頭でわかったつもりでもやってみると月とスッポンです。なかなか難しかったようです。それでもできたわら縄がよくできているとほめられた子もいました。できた縄はお土産として持ち帰りました。

a0123836_12394735.jpg
竹とんぼづくりでは、まずキリを使って竹に穴をあけるという初体験です。いろいろ微妙な加工は、職員に手伝ってもらいました。

a0123836_124052.jpg
出来上がった竹とんぼは、飛ばしてみます。手のひらをこすり合わせてうまく回転させることを覚えると、夢中になって飛ばしていました。

雨が強かったため、楽しみにしていたザリガニ釣り体験はできませんでした。それでも、「楽しかった!!」と明るく大きな声を残して帰途につきました。今度は天気の良い日に、家族の方とまた来てくださいね。



by isumi-sato | 2016-05-27 17:02 | グループ・学校利用

米作り7・わらづと納豆を作ろう

1月9日、午前9時の気温は2.2℃で快晴。今朝の最低気温は0℃で真冬らしさが戻ってきました。日中は風もほとんど無く穏やかな日となりました。本日、センターの行事「米作り7・わらづと納豆を作ろう」を行いました。

わらづと納豆、「わらず と(&) 納豆」ではありません。わらを束ね、中へ物を包むようにしたものを「わらずと」と言います。包まれるものが納豆なので、「わらづと納豆」。私などは「わら納豆」の呼び名で、昔はお世話になりました。でも、最近のスーパーではお目にかからなくなりました。

a0123836_15311798.jpg
参加者は大人14 名でした。
日程の説明後、講師から材料の紹介(有機栽培のわら及び小黒大豆など)、わらづと(わらを束ね、中へ物を包むようにしたもの。)の作り方の説明を行いました。

a0123836_15315229.jpg
わらづとは、はかま取りした16本のわらを二つに折り、横方向に他のわらでミシン編みにし、最後にイボ結び(垣根結び)で止める方法です。
イボ結びに苦戦した方が多数いましたが、参加者全員完成しました。

a0123836_15325273.jpg
完成したわらづとは大豆を入れる前に殺菌するため、20秒ほど煮沸消毒しました。

a0123836_15331962.jpg
わらづとを広げ、予め圧力釜で蒸し、納豆菌を混ぜた大豆を中央に入れ閉じました.

a0123836_15335393.jpg
納豆菌の繁殖の適温は40℃なので、わらづとを新聞紙で包み、使い捨てカイロを入れさらにバスタオルなどでまいて持ち帰りました。

食べごろは24時間後です。出来栄えはいかに………………。
by isumi-sato | 2016-01-09 17:21 | 行事報告

秋をいっぱい見つけました!!

10月1日(木)、午前9時の気温18.0℃。いよいよ10月、センターの秋も深まってきました。今日は近隣の小学校3年生35人がセンターへ校外学習に来てくれました。

a0123836_1525650.jpg
2班に分かれて、古民具・古農具の説明と自然観察を行いました。こちらは古民具・古農具の説明の様子です。まず昔の農家の方々が使っていた、千歯こき(台木の上に鉄(竹)製の歯を櫛状に並べてさしてあり、この歯と歯の間に稲の束を通して抜いて実を取る機械)と足踏脱穀機(鉄製のドラムに逆V字型の歯(太い針金状)がさしてあり、このドラムを片足で回転させ、稲を歯にあてて脱穀する機械)を体験しました。足踏脱穀機のドラムが回転するとみんな驚きの声。「やりたい人‼」と聞くとみんな元気に「はいはいはい」と元気よく手を上げてくれました。


a0123836_16252181.jpg
次は唐箕(風の力で穀物を良い実(一番ともいう)と悪い実(二番ともいう)とゴミにより分ける機械)の仕組みを説明しました。唐箕のハンドルを回すと風が吹く仕組みになっています。


a0123836_15215939.jpg
センター内に入って展示してある古民具の説明をしました。おひつ(炊いたお米を保存しておくもの)、鏝(こて)((裁縫や手芸で用いるアイロン))、わら草履を編む道具など今ではあまり見ることのできない道具の説明をしました。

a0123836_15225380.jpg
センターの外では秋を見つけに田んぼの脇から昆虫広場、畑、万木堰を観察しました。コブシの木の実やヨシ、ススキ、ネムノキ、クワの木、の説明をしました。昔はクワの実は学校帰りのおやつになっていたようです。クワの実は甘かったのですが、食べると歯が黒くなるので、すぐにばれてしまったようです。それに、服に果汁が付いてしまうと洗っても色が落ちずに、親に怒られた経験を持つ人もいるでしょう。


a0123836_15242241.jpg
クリの木の下では、みんながクリの実を見つけて大喜び!! 「みんなクリ食べた?」と聞くと、元気よく「食べた~‼」 返事が返ってきました。


a0123836_16271956.jpg
たのしいお昼の時間が終わると、自由時間です。ベイゴマを楽しんだり、コンピュータークイズ、中庭で竹とんぼと、先生と一緒に楽しんでいました。みんな仲がいいんですね。


今度はお父さん、お母さん、家族みんなで遊びに来てくださいね。お待ちしていますよ。
by isumi-sato | 2015-10-01 17:18 | グループ・学校利用

秋を満喫‼

9月21日(月)、午前9時の気温21.9℃。乾いた秋のすがすがしい風と共に、柔らかい日差しに包まれた一日でした。シルバーウィーク3日目。どうお過ごしですか。今日もたくさんのお客さんがセンターの秋を満喫されました。

a0123836_1352682.jpg
巻積雲が秋の空らしく青空を覆い尽くしています。通称ウロコ雲か、イワシ雲と呼ばれています。高い所に発生している雲です。

a0123836_1322667.jpg
コブシの実が赤く色をつけてきました。実は数個が集まってつく袋型です。熟すと裂けて赤い種子が出てきます。握りこぶしのような形が木の名前の由来になっています。

a0123836_16292482.jpg
田んぼの脇の水路では、ザリガニ釣りで大賑わいでした。今日はザリガニが良く釣れたようで、「今日は4匹釣れたよ!!」と話しかけてくれました。またザリガニ釣りに来てくださいね。お待ちしております。

a0123836_16324474.jpg
駐車場ではもち米を朝から干しました。一粒モミの皮をむいて見ましたが、白くなっていて、歯でかんでみるとカリッと割れてだいぶ乾いていることが分かりました。

a0123836_16392524.jpg
ほぼ乾燥したので、次にもみすりを行うので、テミを使って全て袋に入れました。ムシロの上に敷いたため、集める時にもち米のノギ(イネ科の植物の殻にある針の様な突起物)が手に刺さるようで、ヒリヒリしております。こんな軟な手ではまだまだですね。・・・・昔の人のたいへんさが分かります。

a0123836_17583186.jpg

昔ながらのはかり(古い方には、体重計としてなじみのある方もいらっしゃるでしょうか)を使って、今年のもち米の収穫量を計量しました。

a0123836_17584978.jpg

畑は、今日は無事でした。
奥がサツマイモ、手前がラッカセイの畑で共に9月10月の行事で使う作物なのですが、
今年はまとめて電気柵で囲われています。

a0123836_1759316.jpg

万木堰の水位は雨の後から少し下がりましたが、ほぼ満水です。


a0123836_17592056.jpg

堰の手すり沿い、水面に張り出した植物にとまっている真っ赤なトンボがいました。
ショウジョウトンボでした。赤トンボとは、何種類かの赤くなったトンボの総称ですが、当センターでは、他にノシメトンボ、コノシメトンボ、ナツアカネなどが観察できます。アキアカネにはもうじき遭遇できるでしょうか。

秋風の中、時おり、キキキキキッ と、モズの鳴く声が高い空に響き渡り始めました。
散策に気持ち良い季節になりました。
建物まわりだけではなく、湿性生態園まで足を延ばすといろいろ発見がありますよ。
ご来館、お待ちしております。
by isumi-sato | 2015-09-21 13:14 | しょくぶつ

まだまだ成長しています。

9月16日(水)、午前9時の気温21.5℃、朝晩はすごし易く、夕方はだいぶ日が短くなってきました。このくらいの気候が一番すごし易いですね。また寒い冬の事を考えると少し優つになる私ですが・・・・

a0123836_1410848.jpg
これから天気が崩れるようなので、昨日は外で天日干ししたもち米をセンター内の工作室にむしろを敷き、その上に広げ、大型の扇風機で一日中風を当てて乾かしています。何日かかるでしょうか?

a0123836_14103267.jpg
私も天地返し器を使って、午前中1回、午後2回もち米を裏返しました。結構腰を使う作業で、薄く延ばすことが難しい。米を作って食べるには相当の手間がかかるんですね。本当にお米は一粒残らず食べなくては、バチが当たると思ってしまいました。

センターの外では・・・・

a0123836_14144192.jpg
ミシシッピーアカミミガメです。外来種ですがセンターで飼育しています。大きくなってしまい水槽では狭そうだったので、中庭を散歩させました。しかし外は慣れていのか、すぐに水槽のあるところへ戻って来てしまいました。水槽へ戻りたいようです。
このカメ、日本固有の生態系に悪影響を及ぼしているとして、環境省は5年後をめどに輸入を規制する方針を固めたようです(日経2015/7/29 12:37記事より)。まだ特定外来生物ではありませんが、近い将来はカミツキガメなどと同じ扱いになる可能性があるようですね。

a0123836_14352855.jpg
滅多に見ることの無いカメの甲羅の内側(下側)は腹甲と呼ばれているそうです。センターの図書室にある平凡社の「日本の外来生物」を見ると、飼育下では30年6ヶ月生存した記録もあるそうです。小さいときは可愛いのですが、大きくなると気が荒くなるので、飼うと決めたら責任を持って最後まで飼いましょう。

a0123836_15285490.jpg
水槽の掃除をしてあげると、ホースから出るシャワーが気持ちがいいらしく、ジッと動かなくなってしまいました。気持ち良さそうのでそのまま放っておくと、ズルッと甲羅が2枚剥がれました。まだ成長している・・・・背中が痒かったからシャワーを浴びたかったのかな??


a0123836_1552563.jpg
水槽の中の石と色が似ているので分かりにくいですが、一枚浮いています。せっかく掃除したのに甲羅の取れた皮膚から汚れが出てきました。困ったものです。

明日は雨か。
雨の日のセンターはちょっと寂しい、でも静か。
23日に幕張で開催されるエコメッセに向けて、缶バッチでも作ることにしましょう。
by isumi-sato | 2015-09-16 17:11 | 作業風景

明日は もちつき。今日はその準備。



12月13日、快晴。午前九時の気温は9℃、今朝の最低気温は-0.5℃でした。薄氷がはりました。冬型の気圧配置になり、風が強く吹く一日でした。
a0123836_1771162.jpg

万木堰対岸のアカメガシワの葉は全部落ちたもようです。

明日は、当センターの行事「もちつきをしよう」です。今日は、明日のもちつきの準備をしました。
ちなみに、今年の当センター田んぼでのもち米の収穫量は、もみすり後玄米で43kg。精米すると、40kgとなりました。もちつき用の精米機の設定は「標準」がよろしいようです。13臼をつく予定です。
a0123836_1772792.jpg

まず、臼、杵、かまどや釜、せいろ、のし板など道具の準備と確認。


畑から必要な野菜を収穫して、
a0123836_1775353.jpg

皮をむくなど準備。
一見のどかに見える光景ですが、、、。


a0123836_1781844.jpg

40kg、26升のもち米を洗いました。冷たい。

a0123836_17849100.jpg

明日まで一晩、浸水です。

a0123836_1793999.jpg

a0123836_1791424.jpg

その他、必要な食材などを準備しました。
明日は、つきたてのお餅を昼食にします。


本日同様の寒い一日になる予報ですが、無事13臼をついておいしいお餅にありつけるでしょうか?
参加される方のご活躍に、職員一同期待しておりますです。
by isumi-sato | 2013-12-13 17:10 | センターこぼれ話

今年のイネの生育は・・

今日は朝から曇り空。
お日様は出ていませんが、湿度の高い日です。

そんな日ですが、雨が降っていないので大作業をしています。
それはなんでしょう?

a0123836_13235251.jpg

4月29日の田植えイベント数本植えたイネは無事に分蘖(ぶんげつ、イネ科などの植物の根元付近から新芽が伸びて株分かれすること、ぶんけつ とも言います)し、生長しています。

ただ・・・
a0123836_13234555.jpg

イネの葉先をみるとなんか枯れているようにも見えます。
どうしたことでしょう。

過去の記事にも書きましたが、イネドロオイムシ(イネクビホソハムシ)の影響が強く残るのか、はたまたオモダカ、コナギなどの雑草に栄養を取られてしまったのか・・・・

a0123836_13234181.jpg

圃場の中央付近のイネの色がさえません。ぶんけつ も弱いようです。
手前のように濃い緑色が正常なのだ、と田んぼ担当は言います。
これじゃ、恥ずかしくてお客さんに見せられない、と担当者は嘆いています。
一方で、「センターは農家ではないのだから、農薬を使わないと今みたいなことになる、といういい見本でしょう。でも、農薬はすごいんだね。」と言ってくれるお客さんもいます。

イネドロオイムシも雑草も、田植えしてから数日のうちに農薬を散布すれば、かなり劇的に防げるそうです。
「ここまで来ると来年も大変だね」、と声をかけてくれた地元の農家の人に聞くと、雑草の種や根が圃場に残り、来年も雑草が・・・ということのようです。

とりあえず、そんなことがあるので天気を見ながら
a0123836_13233542.jpg

せっせと除草作業をしていますが、人手は限られています。どこまでできるやら。昔の人はどうしていたのでしょう。水田除草機も今ではあまり歯が立ちません。

時期的には水を落として、田んぼを一旦は乾かす、という中干しをしなければいけないのですが、水が切れると雑草はさらに繁茂しそうです。

今から来年のお話をするのも変ですが、農薬散布をするか、草取りイベントをするか、でもイベントで人が集まらないと結局は今年と同じ、などと考えながらの地道な作業が続きます。
by isumi-sato | 2012-06-28 15:30 | 田んぼ