人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:施設展示 ( 86 ) タグの人気記事

田んぼ準備着々と…

3月14日(木)午前9時の気温8.5℃、今朝の最低気温0.1℃。何日かぶりに寒い朝を迎えました。今朝起きてみると自宅の屋根にはうっすらと霜が降りていました。。

a0123836_13503340.jpg
真っ白でふわふわとした雲が青空にふわふわ浮いています。暖かな日差しは降り注ぎましたが、風は冷たい一日となりました。
a0123836_13503797.jpg
おや?スギナがツクシよりも生長し始めました。



a0123836_13504021.jpg
キブシの花も少しづつ開き始めました。なんと趣のある風景でしょうか。


a0123836_13271430.jpg
ここはどこ?そうここはトンボの沼。鳥の声が響き渡ります。平成31年度の年間行事案内配布にため訪れました。

a0123836_13275609.jpg
館内を見ると、トンボ沼や周辺で撮影された写真がずらりと並んでいます。



a0123836_13272905.jpg
壁にもびっしりと


a0123836_13280054.jpg
カモの仲間やコハクチョウの写真も展示されていました。少し前まではトンボの沼でもコハクチョウが観察できたそうです。



a0123836_13265914.jpg
トンボ沼周辺の田んぼのようす。水の入った田んぼがだんだん増えてきましたね。



センターでは…
a0123836_14225671.jpg

他の田んぼに負けず、センターも田んぼの準備開始です。午前中には、モチ田周りの電柵撤去と移設を行いました




a0123836_15170366.jpg
午後からは、水路の水を田んぼに送るため、ホースを設置しました。


a0123836_15171108.jpg
水路から田んぼにホースを渡し…


a0123836_15171695.jpg
見事開通!!


a0123836_15172177.jpg
田んぼにあった轍(畦塗りを依頼したときについたのコンバインの車輪の跡)にはアカガエルの卵塊が観察できました。こんなところにも産み付けてあるのですね。


a0123836_15172852.jpg
ホースを設置するためにシャベルで掘り返した水路の泥の中に、シジミの仲間が入っていました。このまま放置しては死んでしまうので、すぐに水路の中に戻しました。

a0123836_15174282.jpg
最後は畦の崩れた部分数か所を補修しました。


春の気配と共に田んぼの準備が着々と進んでおります。

来年度の行事も楽しみにしていてくださいね。来年度の行事内容についてはこちら

お待ちしています。






by isumi-sato | 2019-03-14 16:55 | 田んぼ

二・二六事件~どうぶつ編~

2月26日(火曜日)の天気は、くもり時々雨です。午前9時の気温は11.0℃、湿度は68%でした。今日は、歴史的事件のあった日ですね。そのころの日本は、とても経済的に厳しい時代だったそうです。




a0123836_15202569.jpg
雨が降っていても、それほど寒さを感じません。ああ、居ても立っても居られない!気になるあの子へ会いに行こう。





a0123836_15232616.jpg
気になるあの子とは、トウキョウサンショウウオ…もうすぐ観察会があるから、気になっちゃって(#^.^#)





a0123836_15234167.jpg
嗚呼(*´Д`*) トウキョウサンショウウオの卵が…何者かに襲われている!





a0123836_15234886.jpg
二日前は、バナナみたいな卵のうがたくさんあったのにープンプン。(2月24日撮影)





a0123836_15235624.jpg
アライグマの侵入を防ぐネットの中にも、無数の足跡と無残な死体が…もう怒ったぞ‼





a0123836_15244162.jpg

というわけで、産卵する水辺をすっぽり覆うことにしました。外来種の襲撃は、ほんとうに厄介です。そして今回は、「防護ネットは観察しにくそう…」という声にお応えして…





a0123836_15244939.jpg
ジャーン!すぐに観察できるスーパー防護ネット改良版をご提供します。安心して観察会に来てください。それまでにサンショウウオの卵が復活してくれればイイなぁ(祈)





a0123836_15252286.jpg
あっ!アメンボの仲間を発見。ちらほら虫が出てきました。





a0123836_15260440.jpg
おっと危ない。オオゲジを踏みそうになりました。まだ寝起きなのでしょう…動きが鈍いです。それにしても、見た目が怖い…





a0123836_15260854.jpg
このオオゲジ、足が30本もあるんだとか。弱い毒をもつことで知られていますが、人間を襲うことは無いようです。それどころか、害虫を捕食してくれる益虫と言われています。





a0123836_15262862.jpg
館内では、「のぞいてみようコーナー」が新設されました。いまは、アカガエル類の卵塊(らんかい)やトウキョウサンショウウオの卵のうが展示されています。





a0123836_15263508.jpg
日々成長する卵たち…その様子を間近でじっくり観察できます。これは、アカガエル類の卵の数々…いつオタマジャクシになるでしょうか?





a0123836_15264008.jpg
こちらは、トウキョウサンショウウオの卵のう。バナナのような形がカワイらしいですよ。ぜひ、遊びに来てくださいね♡

by isumi-sato | 2019-02-26 17:00 | いきもの

春よ来い♪早く来い♪

2月24日(日)は快晴です。午前9時の気温は4.7℃、湿度は76%でした。最低気温はマイナス1.6℃を記録するなど、肌寒い朝となりました。今日は2月最後のお休み…皆様はどのように過ごされましたか?





a0123836_14155178.jpg
日が高くなるにつれて、春を思わせるような陽気になって来ました。「春よ来い♪早く来い♪~…」さあ、春の気配を探しに行きましょう!





a0123836_14195352.jpg
うじゃうじゃ~…これですよ。早春はこうでなくちゃ♪ あちらこちらで、アカガエル類の卵塊(らんかい)を見かけるようになっています。





a0123836_14445922.jpg
ヤッホー‼ トウキョウサンショウウオも産卵開始です。こちらはバナナのような形…卵嚢(らんのう)がようやく確認できるようになっています。でも例年に比べて、ちょっと数が少ないような…





a0123836_14504092.jpg
ガッデム!自然観察していると、いい発見ばかりではありません。ニホンアカガエルの死骸に遭遇しました。おなかが大きいから、お母さんかなあ?





a0123836_14505830.jpg
ああ、今度はトウキョウサンショウウオが死んでる!近年、よく目にするようになった光景です…どちらも、体の一部が、何者かに食いちぎられています。

犯人は、ズバリ!アライグマでしょうか?





a0123836_15300075.jpg
気分を変えましょう。道脇では、かわいらしい花々が咲きだしています。こちらは、日本のタンポポです。よく見かける外来種、セイヨウタンポポとは異なります。




a0123836_16321959.jpg
日本にもとから生えているタンポポは、緑色の部分=総苞外片(そうほうがいへん)が反らないのが特徴です。千葉県では、カントウタンポポやトウカイタンポポなどが在来種で分布しています。(注:シロバナタンポポは、千葉県の分布は国内帰化(非在来種)ではないかとされています)




a0123836_15302341.jpg
そんなかわいらしい花たちが咲く道端を、ギッタンギッタンに破壊するやつがいます。草の斜面が崩れています…






a0123836_15303383.jpg
こちらのアスファルト、断面がむき出しになっていますよ。ひどい…とにかくすごい破壊力なんです。「誰がやったの?」





a0123836_15334342.jpg
「僕でーす」…二ホンイノシシちゃん、強そうな顔してますなぁ。この強力な破壊力が、いろんなところで被害をおよぼしています。





a0123836_15343071.jpg
仕方がないので捕獲です。でも…猟友会の人たちが一生懸命つかまえても、ぜんぜん減らないんだとか。はぁ~。





a0123836_15352178.jpg
近くの水田に来てみました。徐々に田植えの準備が始まっています。トラクターの走った跡=水がたまったわだちを覗くと…





a0123836_15355117.jpg
へえ~、こんなところにもあるんだ。さきほど紹介したトウキョウサンショウウオの卵のうです。バナナ状の透明なふくろにつつまれ、一方のはしは枝などに付着しています。

今だけじっくり観察できるコーナーをネイチャーセンター内に設けました。じっくり観察してみてください。









by isumi-sato | 2019-02-24 17:04 | いきもの

え! なぜここにいる?

1月24日(木)、午前9時の天気は曇り。気温5.8℃で、やや寒い朝です。最低気温は1.4℃なので、むちゃくちゃ寒い、と言うレベルではありませんでした。
でも、昨日の最高気温は12.9℃までいったので、今日の最高気温が10.7℃は寒く感じます。何よりも北風、これが身にしみますね。


a0123836_14125531.jpg
午前中の北側の空。雲がまだ出ています。でも、だんだんに雲も薄くなり、午後には快晴となりました。だから気温も上がったのでしょうね。


a0123836_14125702.jpg
午前中、センターで一番の湿田の荒起しを行いました。センターの耕耘機では下手をすると動けなくなるので、職員の自宅から小型の機械を持ち込みました。でも、思いの外に乾燥した天気が続いていたので田んぼも固くなっており、スムーズに作業ができました。


a0123836_14131106.jpg
で、こちらは湿性生態園の水の吐出口。
実は、湿性生態園へ常時水を供給するため、堰の水を揚水し流しています。そのポンプが故障で止まると、施設のアチラコチラで困った状態になります。
当施設は「公園」「博物展示施設」のカテゴリーなので、それなりに手を入れてあるのです。
で、ご覧のように水が変に吹き出していました。停電とその復旧など、急激な水圧(送水圧)変化でVP管のつなぎ目が外れてしまっていました。左手方向に伸びているのは、別の場所へ送水するための枝のラインです。
この状況は好ましくないので、今日は送水を一旦止めて修繕しました。



a0123836_14131375.jpg
外れていたソケット部を接着し、アルミテープを何重にも巻いて固定。支柱も増やしました。枝のラインは総水量が少ないので揚水時に吸い込んだ泥や藻類などがラインの途中に詰まっていたようで、それも掃除しました。
これでしばらくは給水できるでしょう。




で、突然ですが・・・
a0123836_14125973.jpg
なんでこんな身近にいる?

この子が新しい仲間です。
現在展示しているウサギの剥製、毛が抜け始めたと思ったら、あっという間に「因幡の白うさぎ」状態にちかくなってしまいました。

そこで、猟友会の人に頼んで「入手できたらお願い」と、ある日の夕方にお願いしたら・・翌朝には「罠にかかってた」と。それだけ沢山いるのですね。
早速、その日の夕方に剥製屋さんに電話して持ち込み、制作を依頼しました。
県内でも業者さんは少なく、そこもレディーメイドのウサギの剥製は置いてありませんでした。ほしいと思ってもすぐ手に入るものは意外と多くはありません。

実はこのウサギの剥製、センターではこれが3頭目になるのです。意外と早く劣化します。なぜなのかご主人に伺った所、「皮が非常に薄いせいかもしれない」とのこと。なんでもテッシュペーパー1枚ほどの厚さもないそうで、皮を剥ぐ作業は大変だそうです。
他にも、センターでは立派なケースで空調管理した環境で展示しているわけではないので、野生動物がいたずらしているリスクもあります。選択的に虫がついた可能性もあります。
ボロボロになったものを展示し続けるにはしのびなく、かと言って可愛いだけではない農業被害を出している害獣でもあるウサギを展示から削除するのも寂しいので・・・更新しました。

近日中に展示を入れ替えます。
新しくなった、かわいいだけではないウサギも見てくださいね。



by isumi-sato | 2019-01-24 17:05

今日は寒かったですねぇ

12月9日(日)くもり。午前9時の気温は7.6℃、湿度は57%でした。午後になってもあまり気温は上がらず、15:00時点で8.4℃です。日中でも気温が10℃に届きませんね~。寒い…ぶるぶる…




a0123836_15512316.jpg
さとの風景も、すっかり冬ですね~。青々していた景色は、すっかり枯葉色に変わりました。





a0123836_15560841.jpg
突然ですが、恒例の「○○を探せ!」クイズです。おさかなくんがいます。どこでしょうか?





a0123836_15561482.jpg
これは難しい!二匹いますよ。 つづいて第二問:なんの魚でしょうか?





a0123836_15563122.jpg
正解はドジョウです。顔をのぞかせています。体は雪の中?に埋まっているように見えます。この白い粒は、小さなガラス玉なんです。





a0123836_15563481.jpg
泥鰌(ドジョウ)は泥が大好き♡ よく潜ります。泥の中にいる様子を観察できるよう、泥の代わりにガラスビーズを入れてみました。




a0123836_16222505.jpg
上から見ると、うっすら体を見ることができます。柳川などでもおなじみのドジョウですが、じっくり観察したことなかったなぁ。こんな格好で生活していたんですね。





a0123836_15571154.jpg
索餌中…泥を口から入れて、エラから出す。ドジョウは、このようにしてエサを探し出しているそうです。ガラスビーズがエラから勢いよく飛び出しています。わかります?こうした行動も観察できました(^^♪





a0123836_15594460.jpg
キショウブ

水辺に生育して黄色の美しい花を咲かせる植物なので、よくビオトープに植えられていることも多く、ここいすみのセンターでも水路に繁茂しています。残っているドキュメントをチェックする限りでは、センターオープン時に植栽した植物ではなさそうですが、花ショウブと間違えて過去に植えたのか、誰かが種を持ってきて植えたのか、とにかく春先に黄色の花をつけてきれいなことはきれいです。。
でも・・・日本の侵略的外来種ワースト100の指定種で、外来生物法で要注意外来生物にも指定されています。繁殖力が強く、根がなんとも言えない形状、簡単に引っこ抜け無い厄介者なんです。
過去に何回も、人力で駆除に取り組みましたが、1年経つと????どこをやったっけ、という状態。腰を痛める人続出の難作業です。

そこで、今回はちょっと強力な武器で水路のキショウブ除去にあたりました。
a0123836_14090343.jpg
ウイーン…ロボットです。ガンダム?に乗って、キショウブをやっつけます!「ぜんぜん腰が痛くない♪」スタッフが微笑んでいます。





a0123836_16002057.jpg
根深いやつですね~。スイカぐらいの根っこが、地中深くまで食い込んでいます。こいつは食えないやつ…




a0123836_16442269.jpg
ようやく水路が見えてきました。先ほどのドジョウやメダカなどの魚たちは、明るい水路を好みます。エサとなるプランクトンなどが、多くいるからです。
さて、来春はその成果が出ていると思いますが、将来に渡ってどうなるかは経過観察が必要ですね。





by isumi-sato | 2018-12-09 17:08 | センターこぼれ話

ハスの花がきれいに咲きますように⁉

10月19日(金)☁くもり。午前9時の気温は18.3℃、湿度は76%です。いまは、寒露(かんろ)という季節だそうです。涼しさを通り越して、寒そうな名前ですね。




a0123836_16231507.jpg
蓮田の風景も、ずいぶん寂しいものに移り変わってきました。




a0123836_16253894.jpg
ハスの種は、ほとんど落下したようです。この蜂の巣のような部分を使う工芸品があるそうです。どんなものなんだろ?




a0123836_16304424.jpg
スタッフが枯れたハス田の中で、なにやら作業をしています。「何しているの?」




a0123836_16314375.jpg
「間引き作業を行っています。きれいな花を咲かせるための、準備作業なんですよ。」なるほど、寒いのにご苦労様。




a0123836_16352819.jpg
ひときわ目立つ瑠璃色の虫を発見! んっ?カメムシ? 調べてみると、瑠璃口太亀虫(ルリクチブトカメムシ)という長~い名前の虫でした。千葉県では、絶滅が心配されているカメムシのようです。




a0123836_16412901.jpg
館内の水槽では、リニューアル向けた準備が進められています。順次新しい生きものが増えますので、ぜひ見に来てください。




a0123836_16435187.jpg
こちらの水槽には何が入るのでしょうか?ご期待ください!

by isumi-sato | 2018-10-19 17:00 | 作業風景

だれの仕業?/館内展示増えました。

10月18日(木)、午前9時の気温19.0℃、今朝の最低気温14.1℃、晴れのち曇り。通勤時はすっきりした青空が広がっていましたが、午後になり再び曇り空。明日は雨の予報。天気の良い午前中に、和室工作室の座布団を干しました。短時間でふっくら。晴れ間を狙って布団や洗濯物を干さないと乾きませんね。


a0123836_14355745.jpg
中庭のようす。今日は朝から強い風が吹きました。セイタカアワダチソウが勢いよくゆれています。



a0123836_14360395.jpg
だれの仕業?芝がはがされています。以前も一回同じような被害があったような…イノシシの仕業でしょうか?




a0123836_14361259.jpg
毎日屋外のようすをお伝えしていましたが、今日は館内のようすをお伝えします。
北側正面入り口、入って左側に進むと…ミヤコタナゴの水槽の脇に新たに展示が増えました。


a0123836_14361603.jpg
まずは二枚貝の仲間の「ヌマガイ(ドブガイ)」の展示。貝ってこんなに大きくなるの?ってぐらいの大きさです。子どもの顔の大きさぐらいあります(汗)。池や川の砂底にうもれて住んでいます。貝の幼生は魚類(主にハゼ科の魚)に付着して移動し、育ちます。逆にタナゴの仲間はドブガイなどに卵を産み付けます。


a0123836_14361936.jpg
隣の水槽はいすみ市近隣で発見されたオオゴキブリ。ゴキブリ?でも千葉県レットデータブック(2011年改訂版)にはランクD(一般保護生物)とされています。日本最大のゴキブリです。ほかのゴキブリとくらべて体は硬く、メスの翅は小さいので飛ぶことが出来ません。歩行のみの移動。オスの新成虫は灯火に飛来しますが、成熟した個体は翅が擦り切れて飛べないそうです。とにかく黒い!というのが私の印象ですが、皆さんはどう思いますか?水槽の中で土や枯葉の下に隠れていますが見つけて観察してみてくださいね。



a0123836_14362678.jpg
最後はコオロギの仲間の展示。人の気配を感じなくなると、「コロコロリーコロコロリー」素敵な鳴き声。ゆっくり近づくと私だけに鳴き声を聞かせてくれているような…感覚です。生きものって素晴らしい。

屋外の生きものたちの変化も楽しい時期ですが、センター館内も展示も楽しんでくださいね。。

ぜひお越しください。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-10-18 16:55 | センターこぼれ話

遊びは勉強?

9月21日、雨。午前9時の気温は20.4℃、今朝の最低気温は17.1℃でした。
降り始めから夕方4時までの降水量は、82mmとたくさんの雨が降り続きました。
8月は雨が少なく、9月は10日の62mmに次いで多い降水量になりました。

a0123836_16230275.jpg
ずっと水位が低い状態が続いていた万木堰の水位も、やっと上昇してきました。
オーバーフローの土管の下の土が見えつづけていましたが、今日はやっと土が隠れて土管の下くらいの水位にまで回復しました。
水面右奥の山の上は、雨雲でぼんやりと霧におおわれています。




a0123836_15140612.jpg
そんな雨の中、地元小学生1年生たちが校外学習に来てくれました。今日は、何を勉強するのかな?






a0123836_15141627.jpg
「竹とんぼをつくるよ」スタッフが、竹とんぼの作り方と飛ばし方を直伝です。ワクワク(#^.^#)





a0123836_15152248.jpg
キリを使ったり、やすりを使ったり、竹細工の工作です。がんばって~🎌





a0123836_15174229.jpg
これは、プロペラ部品を作っているところです。中心に真っ直ぐ、キリで穴を開けます。この作業…子供にとっては大仕事のようです。竹はツルツル滑るしね~。





a0123836_15165836.jpg
できました!自分専用の竹とんぼです。今度は、上手に飛ばすための特訓です。スタッフに教わったコツ、覚えているかな?





a0123836_15165212.jpg
「飛んだ!」「壊れた!」「うまくできない!」「わーいわーい!」元気な声が響き渡ります。





a0123836_15183150.jpg
竹とんぼで遊んだ後は、生きもののお勉強です。これゲンジボタル…オスとメスの違いをすぐに理解してくれました。





a0123836_15193832.jpg
イノシシの剥製やシカの角を触ってみました。「ごわごわする!」「かたい!」…野生動物のたくましさを感じますね。





a0123836_15193434.jpg
これはイスミスズカケという植物。世界中でいすみにしかない植物です。「植物って生きものなの?」とても大切な質問を、たくさんしてくれました。




a0123836_15194517.jpg
次は、生きているものに触ってみよう!触れるかな~?





a0123836_15195160.jpg
「おれつかめるぞ!」「きゃー無理~…」。オスかな、メスかな。楽しそうにお勉強していました。
今日は雨で外を歩けず、残念。今度は、晴れた日にも遊びに来てね。




by isumi-sato | 2018-09-21 17:30 | グループ・学校利用

大切に使ってね

8月21日(火)、午前9時の気温27.9℃、晴れ。今日の最高気温31.3℃。ここ数日の涼しさに体が慣れたせいか、今日の蒸し暑さは少しこたえました。皆さんは、今年の夏を満喫できましたか?まだ夏らしいことをしていない方、早くしないと夏が終わってしまいますよ!



a0123836_11540551.jpg
デイキャンプ場付近から見たセンター建屋のようす。夏らしい入道雲がモクモクと青空を演出します。




a0123836_11540949.jpg
ネムノキの果実が一気に増えました。マメ科の植物であることがすぐわかるさや状の果実ですね。



a0123836_11541258.jpg
昆虫広場のセイタカアワダチソウには3㎝ほどはあるミノムシがモソモソと葉から葉へ移動している様子が観察できました。ミノムシはミノガと呼ばれるガの一種の幼虫です。昔、農家の人たちが雨の日にシュロの皮やワラを編んで作った雨衣を着て作業をしていましたが、それに似ているということで付けられた名前のようです。外来のオオミノガヤドリバエに寄生され(食べた葉についた卵が体内で孵化)、最近激減しているようです。


a0123836_11541649.jpg
センター建屋内では、一週間ぐらい前にタンポポ解説をしている展示が故障してしまいました。小さなお子さんを連れてあそびに来てくれたお母さんから、「動きませんよ!」といわれ故障が発覚。そういえばそのお母さんが言いに来る前、ガーガーと勢いよくタンポポの展示を回す音が聞こえていました。この展示施設、小さなこどもがひたすらハンドルを回し続けるものですから、、、。本当はハンドルを回して上がって見える解説内容を読んでほしいのですけれども、、、。

職員が見て故障の原因が分かりました。軸に力を伝える部分がすべって力が伝わっていかないことが原因でした。一番奥の軸の回転軸と歯車をどうにかしないといけません。そうゆうときはいつもお世話になっているOさんが頼りです。


a0123836_11541969.jpg
この展示の構造は、写真右上のレバーを所定の位置に置き、ハンドルを回すとタンポポの解説ボードが上に持ち上がる仕組み。管理のためはずれる部分の板からは、一番奥の部分が問題箇所です。メンテナンス用に外れる板は1枚だけ。
展示の機械仕掛けを引っ張り出すためには、手が届かないところのネジをたくさんはずさないとならないようです。復旧にも手間暇がかかりそうです。しかも、床にアンカーボルトで固定してあります。ボルトを外して塔ごとひっくり返すか??? メンテナンス性は考慮されていない仕掛けでした。

設置業者さんはすでにメンテナンスの撤退を通知してきていました。それもずいぶん昔に・・・
さてどうするか。思い切ってハンドル下部分の板を切断してしまおう、、!!!
修理に取り掛かると‥‥


a0123836_11542331.jpg
指をさしている部分がっ問題の箇所。押さえつけていたであろう場所のネジ穴が開いています。ネジが外れていることが原因でスリップしたようです。長年の使用でネジがゆるんでしまい、ついにはずれて飛んでいってしまったようです。回転で力がかかる部分のはずなのにネジ1本でとまっている! そりゃないでしょう、と言いたくなりますね。いくら探しても飛んだであろうネジは見つかりません。結局、手元にあった別のネジで代用しました。ネジ山が合わなかったらもっと大変でした。ネジ一本が原因! 機械ならネジを付けなおせば治りますが、人間で頭のネジが外れている人はこうは簡単になおりませんね。




a0123836_13181971.jpg
修理後のようす。きれいに直していただきました。皆さん、公共施設の展示物は丁寧に扱ってくださいね。よろしくお願いいたします。



by isumi-sato | 2018-08-21 17:25 | センターこぼれ話

新しい仲間が増えました

6月17日(日)はれ。梅雨の一休み…今日は、貴重な晴れになるそうですよ。午前9時の気温は18.9℃、湿度は83%です。
(日曜日に公開チェックボックスを押しそこねました。 m(_ _)m)



a0123836_17104152.jpg
そんな今日この頃、水槽展示で新しい仲間が増えました。



a0123836_17104935.jpg
ウグイです。海に下らない淡水型は、河川の上流域から河口域など広く分布し、ほぼ日本全国に分布しているそうです。
ぜひ見に来てくださいね!



a0123836_17123026.jpg
きれいな小川ですね~♪ウグイちゃんは、こんな所に棲んでいるんです。



a0123836_17220687.jpg
サワガニもいました。あっちこっち、いっぱいいます。



a0123836_17221588.jpg
ホトケドジョウもたくさん泳いでいます。



a0123836_17222685.jpg
おーっと!ツチガエルでしょうか?こんなところに棲んでいるのね。



a0123836_17242415.jpg
かわいいからもう一枚…パシャ!



a0123836_17250760.jpg
近くでオバボタルも飛んでいます。日中、活発に活動するホタルの仲間です。
そのほかにも、カワトンボの仲間やヤンマの仲間など、たくさん生きものに出会いました。
ルンルン♪



a0123836_17290401.jpg
ガッデム!楽しい気分がぶっ飛び!ヒルにやらてもうた!
皆さんも気を付けましょうね(;^ω^)








by isumi-sato | 2018-06-17 17:31 | 館内展示