人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:文化イベント ( 187 ) タグの人気記事

つるでかごをつくろう

2月2日(日)、午前9時の気温3.8℃、今朝の最低気温-0.1℃、快晴。雲一つない青空です。畑には立派な霜柱が観察できる朝でした。

つるでかごをつくろう_a0123836_16174547.jpg
今日は、人気行事「つるでかごを作ろう」を行いました。久しぶりの復活行事です。行事受付開始日は去年の12月1日でしたが、あっという間に定員を満たしてしまいました。キャンセル待ちも8名と多く、開催日前日まで問い合わせがありました。その背景もあり、参加希望者15人欠席もなく、開始時間10分前には全員集まりました。皆さん遅刻もなく、スムーズな行事の開催となりました。




つるでかごをつくろう_a0123836_16175017.jpg
今日は天気も良く、屋外での活動は最高です。中庭で、講師の紹介、今日の日程、諸注意を伝えた後、早速つるの採集へ向かいました。最初は見ているだけの参加者でしたが…




つるでかごをつくろう_a0123836_16175565.jpg
目が肥えてくると、みなさん上の方にいいつるを発見。自ら引っ張り本格的なつるの採集となりました。




つるでかごをつくろう_a0123836_16180385.jpg
かご一つ分のつるを採集したら、中庭に戻り、つるの整理をします。きれいに一本のつるになるよう手入れしたら、今度は皆さんお待ちかねのかご作りです。




つるでかごをつくろう_a0123836_16180787.jpg
まず自分が作りたいつるかごの大きさを考え、つるの太さなどを考えて選んでいきます。太いつるを4本と、4本に切ったつるの半分の長さのつるを1本用意します。この5本がつるかごの芯となります。そして写真のように十文字に置いていきます。半分の長さのつるは真ん中に置きます。その後、細めのつるを、十文字に組んだ芯にまいていきます。はじめは写真のように芯となる十文字のつる二本の上下に編み材のつるをまいていきますが、三回ほど巻き終わったら今度は芯となるつる一本づつ上・下・上・下となるように編んでいきます。





つるでかごをつくろう_a0123836_16194638.jpg
質問を積極的にされる方。皆さん様々です。おや?スバラシイ。やはり興味がある方は違う。あっという間にきれいなかごの底が出来てきました。




つるでかごをつくろう_a0123836_16181140.jpg
こちらのかごは少し高さのあるかごのようです。何をいれて飾ろうか考えるだけでわくわくしますね。




つるでかごをつくろう_a0123836_16181859.jpg
皆さん無事完成いたしました。大きいサイズのかごを作る方や、リースの形をつくり、その中にかごをつけたり。みなさん作る前からどこに置くか、どのように作るか考えていたようです。皆さんすごい。アンケートには「素材を取るところから始めるのが良かった、先生がいろいろ教えてくれてよかった」「満足いく作品ができた」など皆さん満足されたようです。よかったです。


また来年度も「つるでかごを作ろう」は開催予定です。ホームページをチェックし、早めにお申し込みください。

お待ちしております。

by isumi-sato | 2020-02-02 16:55 | 行事報告

おかざりを作ろうB-輪飾り

12月22日、曇のち雨。午前9時の気温は6.8℃、今朝の最低気温は5.1℃でした。
今日は冬至。一年で最も日が短い一日です。
ユズ湯に入り、かぼちゃを食べて健康を祈願する風習があるといいます。



昨日に引き続いてお飾りづくり行事の3回目「おかざりを作ろうB-輪飾り」を行いました。




おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271141.jpg
あいさつの後、作り方の概略を説明します。
細かい部分は、その都度説明します。また、近くにいるベテランの参加者にも協力していただきながらの進行です。





おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271140.jpg
まず、材料のワラの「わらスグリ」です。輪飾りは、しめ縄部分に15×3の45本と、
前垂れ部分に11×3×3で99本、合計144本のワラを使います。





おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271131.jpg
中庭でワラの汚れた部分のはかま取りです。



おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271155.jpg
工作室に戻って、さらに一本一本ワラの元の部分を切り、はかまを取ってきれいな材料にします。各パーツに必要な本数を小分けにして束にします。霧を吹いて編む部分だけをわら打ち機でつぶして柔らかくします。前垂れのまっすぐに見せる部分はつぶさないように注意します。




おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271144.jpg
続いて輪になるしめ縄づくりです。神様への非日常、左ないの縄をないます。次になった縄の谷部分に、よりをかけつつワラを入れこんで編んでいきます。




おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271178.jpg
二、三人で協力して行うとやりやすいです。端部をしばります。
しめ縄の形を整え、バリを取り除きます。



おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271147.jpg
前垂れになる部分の上部を三つ編みをします。
これを3つ作ります。




おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271220.jpg
これらのパーツを組み合わせます。
しめ縄で作る輪の大きさを決めて真正面下に三つ編みのパーツのひとつを差し込みます。
さらにその左右に残り2つの三つ編みのパーツを差し込みます。




おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271299.jpg
三つ編みの上部を組み合わせて、輪の裏側をしばって固定します。
てっぺんのワラを切りそろえて完成です。





おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14322102.jpg
ユズリハ、ウラジロ、ダイダイ、御幣(ごへい)を飾り付けます。
玄関への飾りつけは、大みそかだと一夜飾りになるので、それを避けた日に行います。
松の内が明ける7日におかざりを外します。






おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271152.jpg
みなさんで記念写真。完成しました。
よいお年をお迎えください。






by isumi-sato | 2019-12-22 17:00 | 行事報告

おかざりを作ろうA-鳥居形

2月21日、雨のち曇り。午前9時の気温は8.8℃、今朝の最低気温は6.9℃でした。
早朝は雨が降っていましたが、朝にはやんで曇の一日でした。

今日は年末最後の行事、三回行うおかざりづくりの第1回、午前中は「おかざりを作ろうA-鳥居形」と午後には第2回「おかざりを作ろうB-輪飾り」でした。

今日のブログは「おかざりを作ろうA-鳥居形」について報告します。

おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241428.jpg
集合の後、作り方の説明です。鳥居形はいすみ地域の伝統的な形の正月お飾りです。


おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241420.jpg
材料になるわらは、品種は京都神力というもので丈が長いわらです。
暑い夏に乾燥して作ったわらで、青い色を残すことができました。
まずは必要な本数を「わらスグリ」といって、根元のはかま、汚れていたり短い部分を取り除きます。



おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241453.jpg
室内に戻って、はかま取り、さらにきれいなわらの材料にしていきます。
横の部分は40本、縦の部分は132本を用意します。


おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241446.jpg
縦にするわらの一部、芯に巻き付ける部分だけに霧を吹いてワラ打ち機で柔らかくします。
芯にするわらに11本のわら6組を左右対称に、計12組分を巻き付けていきます。



おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241438.jpg
よく締めることが大切です。



おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241463.jpg
みなさん一生懸命作業しています。



おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241450.jpg
完成形です。




おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241392.jpg
ダイダイ、ユズリハ、ウラジロを飾りにつけます。



おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241484.jpg
パチリ。みなさんで完成を喜びました。
よいお年をお迎えください。
明日は、輪かざりを取り上げます。


by isumi-sato | 2019-12-21 17:26 | 行事報告

明日で最終日です。

11月23日(土)、午前9時の気温17.1℃、今朝の最低気温8.8℃、雨。今日も一日中雨模様となりました。しかしよく降る雨です。今までは11月の祝日は(文化の日、勤労感謝の日)すっきりとした秋晴れが当たり前?でしたが、今年は二日間とも雨模様でした。やっぱりおかしい。ほんとに地球が怒っているみたいです。
明日で最終日です。_a0123836_14581786.jpg
田んぼのようす。東側の木々が少しづつ紅葉してきているようです。



明日で最終日です。_a0123836_14582036.jpg
百葉箱の下には二ホンノウサギのフンでしょうか?この時期に中庭で何をしているのでしょうか?

明日で最終日です。_a0123836_14582750.jpg
今日は小学生絵画の部と、自由研究工作の部でそれぞれ入賞された児童さんの賞状の作成を行いました。名前等の間違いがないように職員が丁寧に何回も数人で確認し終了いたしました。みんなのよろこぶ顔を思い浮かべながら…

明日で最終日です。_a0123836_14582713.jpg
午後のようす。しかし雨はやみません。なんだか不気味にさえ思えてきます。降り始めから、16時までの雨量はなんと157㎜にも達しました。いい加減にやんでほしい。


明日で最終日です。_a0123836_14583586.jpg
賞状作成も終わりほっと一息。展示されている絵画や作品をゆっくりじっくり見させていただく時間がやっとできました。毎年さとの文化祭で楽しみにしていることの一つが、自由研究の内容をじっくりと読ませてもらうことです。こちらの自由研究は、千葉県内の海岸を数か所訪れ、砂や貝殻の違いや、どんなゴミが捨てられているか、など細かく記されていました。ご両親がサーフィンをされているのでしょうか?波の崩れ方が詳しく書いてありました。素晴らしいのは、海岸に捨てられたごみをちゃんと拾って帰ってきていることです。最近、海に捨てられるプラスチックのストローやペットボトルなどのゴミが問題となっていますね。



明日で最終日です。_a0123836_14583500.jpg
観察した各海岸で拾った貝がらや、石、砂などをの違いが観察できるようになっていました。おなじ千葉県の中でも、砂に色や粒の大きさがずいぶん違うことが分かります。勉強になりました。



明日で最終日です。_a0123836_14584273.jpg
こちらは環境の違う四本の水の入ったペットボトルを夏、屋外で太陽の下に置いて温度の上昇の違いを観察するという内容でした。おもしろいな~。確かに真夏、バケツに水をいれておくとすごく熱くなっている時ってありますよね。またまた勉強になりました。

明日で最終日です。_a0123836_16145014.jpg
工作も見れば見るほど手の込んだ作品ばかり。こんなに多くにシーグラスを拾うのは大変だったろうな~。きっと時間をかけて丁寧に作ったのでしょう。皆さん、さとの文化祭へのご参加、本当にありがとうございます。

そして、とうとう明日が最終日です。皆さんお誘い合わせの上お越しください。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2019-11-23 16:55 | 行事報告

さとの文化祭-4日目-

11月20日(水)晴れ。午前9時の気温は13.4℃、湿度は36%でした。最低気温は8.2℃にまで下がり、朝晩ずいぶんと冷えてきました。




さとの文化祭-4日目-_a0123836_10374390.jpg
日中はお日様が照って、ポカポカ気持ちいいです(#^.^#)。





さとの文化祭-4日目-_a0123836_10375351.jpg
「第23回さとの文化祭」は、4日目を迎えました。地元の小学生が描いた絵画や、工作品などが展示されています。





さとの文化祭-4日目-_a0123836_10381729.jpg
こちらは、5年生が描いた「稲刈り」という作品です。ここ千葉県いすみ地域は、米作りが盛んな地域です。そのため多くの子供たちは、家の手伝いや校外学習などを通して、お米作りと関わっています。とても身近な風景なんですよ。





さとの文化祭-4日目-_a0123836_10383777.jpg
田んぼの脇を流れる水路では、初夏になるとたくさんのホタルが舞います。こちらの作品は、「ホタルとなかよし」3年生の作品です。家族と見に行った思い出なのかな?いつまでも続く風景でありますように…





さとの文化祭-4日目-_a0123836_10383879.jpg
こちらも3年生の作品、「きあいがいっぱい大わかれ」です。秋、各地域でお祭りが催されます。なかでも『大原はだか祭り』は有名なお祭りです。『わっしょいわっしょい』…威勢の良い掛け声が聞こえてきそうです。





さとの文化祭-4日目-_a0123836_10384899.jpg
小学生手作りのユニークな工作品も展示しています。こちらは、「かがやくちょうちんあんこう」という勝浦市4年生の作品です。千葉県勝浦市は、漁業が盛んな街です。アンコウの提灯が、ほかの作品を照らしているようですね。





さとの文化祭-4日目-_a0123836_10391198.jpg
突然ですが 速報 です! 千葉県いすみ市の水田に、コウノトリが飛来しています!でけー!かっこいい!感動!ありがとう!まるで、鶴が舞い降りてきたかのようです。せっせとエサを食べています。観察中、ずっと食べていました。大食いのようです。カエルやヘビ、魚なんかを食べているそうです。





さとの文化祭-4日目-_a0123836_10391588.jpg
(Oさん撮影提供)
野生のコウノトリは1971年、一度絶滅しています。それから長い年月をかけて、兵庫県立コウノトリの郷公園という施設で人工繁殖が試みられてきたそうです。そして2005年、野外に放鳥→2007年、43年ぶりに野外でヒナ巣立ち→いまでは、毎年野外で繁殖しているんだとか。近年は野外で巣立った個体が日本各地へと長距離移動し,国内の各地でコウノトリを見かける機会が増えてきています.(by兵庫県立コウノトリの郷公園)」





さとの文化祭-4日目-_a0123836_17003454.jpg
コウノトリの足についている国旗のようなものは、足輪。この足輪で個体識別ができるそうです。はるばる兵庫県から飛んできたんですね~(#^.^#)。




さとの文化祭-4日目-_a0123836_17004084.jpg
もしラッキーにも見かけたら、そっと静かに見守りましょうね♪

by isumi-sato | 2019-11-20 17:30 | 行事報告

さとの文化祭 二日目

11月17日、快晴。午前9時の気温は12.6℃、今朝の最低気温は7.1℃でした。
朝は初冬の冷え込みになりました。
日が昇ると気温も上昇して暖かくなります。

今日はさとの文化祭二日目です。日曜日でたくさんの方が作品の観賞に来館されました。



さとの文化祭 二日目_a0123836_17262647.jpg
万木堰では静かに快晴の空が広がっています。



さとの文化祭 二日目_a0123836_17262632.jpg
今年初めて、ホシハジロ一羽の姿を観察できました。



さとの文化祭 二日目_a0123836_17262623.jpg
昆虫広場のオギ、ススキの穂が太陽の光に当たって




さとの文化祭 二日目_a0123836_17262667.jpg
暖かそうにフワフワ開いてきました。



さとの文化祭 二日目_a0123836_17262661.jpg
イヌビワの葉と実も初冬を感じさせる色合いです。



さとの文化祭 二日目_a0123836_17262660.jpg
昆虫広場のコブシの葉にじっと日向ぼっこして体温を温めている昆虫がいました。
セスジツユムシのようです。



さとの文化祭 二日目_a0123836_17262672.jpg
朝からたくさんの方々が来館されました。
近くをウォーキングするグループの方々は、駐車場で準備体操をされています。




さとの文化祭 二日目_a0123836_17262706.jpg
来館された方は、ネイチャーコレクション、白い紙粘土に水彩の色塗りを、



さとの文化祭 二日目_a0123836_17262610.jpg
きれいに色付けをされています。


中庭では、竹ぽっくり、竹馬、竹とんぼ。敷地を歩いて自然観察する方も多く見られました。
さとの文化祭は、次の日曜日、24日まで開催です。ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2019-11-17 17:35 | センターこぼれ話

第23回さとの文化祭~初日~

11月16日(土)、午前9時の気温10.6℃、今朝の最低気温5.1℃、ずいぶん冷え込んだ朝を迎えました。しかし、その寒さを溶かすような素晴らしい朝です。


第23回さとの文化祭~初日~_a0123836_14360610.jpg
太陽の光が、じわじわと冷えた大地を温めます。

第23回さとの文化祭~初日~_a0123836_14361010.jpg
今日は第23回さとの文化祭初日。朝から多くの来館者でにぎわいました。


第23回さとの文化祭~初日~_a0123836_14361640.jpg
近隣の小学生の絵画や工作、自由研究が展示されていたり…




第23回さとの文化祭~初日~_a0123836_14362854.jpg
今年は一般の方々の参加が多く、華やかな文化祭となりました。以前PCゲームがあった展示台は改修され、現在は展示スペースとなっています。そこに月一回センターを拠点に竹かご作りを行っている「竹編みクラブ」の方々の力作が素敵に展示されています。欲しくなってしまいます。今年初めての参加です。ありがとうございます。

第23回さとの文化祭~初日~_a0123836_14363874.jpg



こちらも、今年初めて出品して下さった絵画グループ「彩の会」の方々の作品。

第23回さとの文化祭~初日~_a0123836_14363419.jpg
こちらは、毎年素敵な作品をさとの文化祭に出店してくださる「いすみ楊枝」と「小筆書きの会」の作品。




第23回さとの文化祭~初日~_a0123836_15381602.jpg
こちらも、個人で毎年陶芸の作品を出展してくださるかたの作品。まさに芸術。

他にも作品はございますが、今日はこのぐらいで…



第23回さとの文化祭~初日~_a0123836_14364293.jpg

いつも、センターの行事に参加してくださるお父さんと息子さん。今日は息子さんの絵を見にセンターへ遊びに来てくれました。いつもありがとうございます。


第23回さとの文化祭~初日~_a0123836_15380749.jpg

中庭では、みんな竹ぽっくりや竹とんぼを楽しんでいました。


第23回さとの文化祭~初日~_a0123836_14365015.jpg
湿性生態園へ向かう林道では、マユミの果実が種をはじけさせ始めました。

素晴らしい作品鑑賞の後は、自然観察をお楽しみください。

お待ちしております。


by isumi-sato | 2019-11-16 16:55 | 行事報告

いよいよ明日から開催です

11月15日(金)、午前9時の気温14.1℃、今朝の最低気温11.0℃、曇のち晴れ。雲の多い空でしたが、青空も見えて穏やかな秋の到来をしみじみと感じられる一日となりました。


いよいよ明日から開催です_a0123836_13532971.jpg
エノキの葉は黄色く紅葉し始めました。見ずらい写真でスイマセン。空の青さと紅葉した黄色が素晴らしい今日この頃です。


いよいよ明日から開催です_a0123836_13533486.jpg
バスタブ水槽近くにあるスイレンが黄色く変わり始めました。紅葉?まさかー。枯れ始めた様です。





いよいよ明日から開催です_a0123836_13534290.jpg
センター建屋では、明日から開催される「第23回さとの文化祭」が開催されます。
朝から職員総出で準備に追われています。






いよいよ明日から開催です_a0123836_16371677.jpg
三時過ぎて設営の形が見えてきました。作品の設営に協力していただいた方たちと一休み。

センターを拠点に活動されている方たちや、今年初めて作品を展示してくれる方々の作品もございます。
例年のいすみ楊枝に加えて、竹かごやわら細工、陶芸、絵画の作品などがあります。
芸術の秋皆さんお誘いあわせてセンターへお越しください。

ご来館お待ちしています。


by isumi-sato | 2019-11-15 17:05 | 作業風景

竹かご教室-4日目最終日

11月4日、晴れ。午前9時の気温は16.9℃、今朝の最低気温は15.8℃でした。
今日は昨日の雨から一転、秋晴れの空が広がりました。


竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16575042.jpg
竹かご教室も4日目、最終日です。
青空の下、中庭で講師をまん中にして作業が始まりました。



竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16575639.jpg
初参加の皆さんは、六つ目かごを完成すべく一生懸命にかごを編んでいます。


竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16580192.jpg
スタートは、2本のひごが、60度回転した三方向のひご6本が組み合わさる所からです。そのまん中に六角形が見えます。
網足してさらにひごが増えていきます。

基本の六つ目かごですが、三本のひごが交互交互に組んで編まれて行く単純な構造なのですが、いざやってみるとあれっ? 少し進むと頭を悩ませてしまいます。



竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16581303.jpg
底から立ち上がる所までくると、一つのヤマを越えたことになります。

それでも立ち上がりを編んでいくとやはり?????
一つ一つの目が交互になっていればよいのですが、たまにおかしな目があると
後々で修正、やり直しをしなければならなくなってしまいます。





竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16580875.jpg
最後にふち巻きをして


竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16580868.jpg
完成です。



経験者の方々は、思い思いにいろいろなかごの制作に励んでいられます。



竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16581304.jpg
四ツ目網みで大きなものを編んでいる方。






竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16582215.jpg
四ツ目で丸くきれいなざるを作っておられる方。




竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16582754.jpg
さらに複雑な八目編みを製作する方。





竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16582508.jpg
いかだ底で高さのある作品を作っておられる方。




竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16583044.jpg
手提げのかごがきれいに完成間近の方。





竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16583478.jpg
目の細かい網代編みでお弁当入れを作っておられる方。




竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16583894.jpg
同じく網代編みで小物入れを作り、取っての作り方を考えている方。
少しずつチャレンジの幅を上げて、いろいなタイプのかごができてきていました。
素晴らしい!!!
手先をたくさん使うので竹かご作りは脳にも良いらしいです。 



竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16584033.jpg
午後3時半にはみなさん、六つ目かごやそれぞれの作品を持って「できたぞー!!」
竹かごづくりはまだまだ奥が深くて、一生楽しめそうです。
楽しかった。もっと練習して上手になりたいと、たくさんの感想をいただきました。
文化の秋らしい、素晴らしい時間が過ぎていきました。
来年のご参加もおまちしております。



by isumi-sato | 2019-11-04 17:04 | 行事報告

芸術の秋

11月2日(土)快晴☀。午前九時の気温は17.0℃、湿度は61%です。明日は“文化の日”、うれしい祝日ですね~♨。全国各地で、さまざまな文化イベントが開催されることでしょう。ここ「いすみ環境と文化のさとセンター」でも、体験型の文化イベントが開催されています。




芸術の秋_a0123836_16233758.jpg
今日は朝から、さわやかな秋空につつまれています♪





芸術の秋_a0123836_17282197.jpg
あたたかな日差しのもと、「竹かご教室(入門)-3日目-」が行われました。





芸術の秋_a0123836_16242284.jpg
まず、竹を…「どりゃーー!」っと一刀両断にします。なたを使った作業です。みなさん、細心の注意を払いながら、作業にあたっていました。





芸術の秋_a0123836_16242670.jpg
さらに竹を細くしていきます。簡単そうにみえますが、この作業が一番たいへんなんです。そう、この作業で…





芸術の秋_a0123836_16243520.jpg
竹かごの材料、「竹ひご」を作ります。それも、同じ大きさの物を大量に…この細かさですよ💦。この写真は、参加者が青い部分(=竹ひごになる部分)を慎重に切り出しているところです。その厚さは、なんと1㎜ほど…(◎_◎;)。




芸術の秋_a0123836_16244790.jpg
その昔、竹職人というプロ集団がいたそうです。弟子入りし、厳しい修行の末、ようやくできるようになる技だったんだとか。それをわずか4日でやろうってんだから、そりゃ大変だ!講師の方も、一生懸命に技を伝授していきます。





芸術の秋_a0123836_16245116.jpg
竹ひごができたらまず、竹かごの底を平面に編んでいきます。もちろん編み方にも、高度な技がちりばめられています。





芸術の秋_a0123836_16245828.jpg
えいっ!(^^)!。あぁ~!なんとなく竹かごっぽい形じゃありませんかぁ。もう一日あるので、今日はこの辺でしまいましょう。お疲れ様でした♪




芸術の秋_a0123836_16502528.jpg
晴れわたる秋空に、たくさん赤とんぼが舞っています。





芸術の秋_a0123836_16503585.jpg
こちらはアキアカネでしょうか。赤とんぼを代表するトンボです。近年、急激に数を減らしているんだとか…心配です。





芸術の秋_a0123836_16504257.jpg
にらんでる…昆虫たちが怒っているように見えます。オオカマキリのおなかが、ずいぶん大きくなりました。もうすぐ産卵なのでしょう。
いま、秋の自然観察がオモシロイ!遊びに来てください(^^♪

by isumi-sato | 2019-11-02 17:30 | 行事報告