人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:文化イベント ( 176 ) タグの人気記事

令和万歳🎌 : 大型連休5日目です

令和元年 五月一日(水)くもり時々あめ。今日から「令和」の幕開けですね~\(^o^)/バンザーイ!午前9時の気温は16.3℃、湿度は84%。最高気温は21.4℃でした。
午前中は人出がなかったのですが、お昼すぎからちびっこたちの賑やかな声とともに、ザリガニ釣りの貸出竿があっという間に出ていきます。
でも15時位からまた雨が・・

雨が降り出す前に巡回を。


a0123836_14051629.jpg
日章旗に見えます~?あれっ?赤トンボがいる?
いえいえ、これはイトトンボの仲間です。羽化したばかりのアジアイトトンボのメスは、体の色が朱色です。成熟すると、黒と緑に変色します。





a0123836_14081542.jpg
とても良く似たイトトンボに、アオモンイトトンボがいます。こちらはオス。青い模様が鮮やかですね!田んぼなどの水辺で見かけます。日本産のイトトンボ科は27種います。





a0123836_14055143.jpg
近くの神社でも、お祝いが行われています。こちらは、国吉(くによし)神社。多くの参拝客でにぎわっていました。





a0123836_13142388.jpg
新元号初日の日を記念して、御朱印(ごしゅいん)を求めにくる参拝客も多いんだとか。お祝いの日の記念になりますね。




a0123836_16033545.jpg
「わっしょいわっしょい!」町の中では、御神輿を出してお祝いしている地区があります。まち全体で、新天皇即位を祝っていますよ(#^.^#)





a0123836_16034621.jpg
「大原はだか祭り」さながらのすごい熱気です。「大原はだか祭り」で使用される御神輿と、地元の屈強な担ぎ手たちが、町の中を練り歩きます。めったにない光景です。




a0123836_16153166.jpg
ヒト以外の生きものたちは、新時代の幕開けを、どのように過ごしているのでしょうか?





a0123836_16192286.jpg
ショウブの花の脇で、二ホンアマガエルがカエルの合唱でお祝いです。ケロケロ…





a0123836_16192753.jpg
カタツムリの仲間が、ショウブの葉を食べています。しょうぶ湯のいい香りは想像できますが、お味のほうはいかがでしょう?





a0123836_16193905.jpg
アブの仲間です。おもしろい顔してますね~♪ 複眼は、まるで大きなサングラス?右側の顔は、立派なひげが生えたおじさんの顔みたい。





a0123836_16200736.jpg
ガガンボの仲間が、恋の季節を迎えています。成虫の寿命は10日ほどしかないんだとか…はかない命なんですね。





a0123836_16203186.jpg
田んぼでは、水生昆虫が多く見られるようになりました。こちらはコオイムシ。背中にせおっているのは卵です。「子を背負っている虫」だからコオイムシと呼ばれるようになったそうです。





a0123836_16202812.jpg
メスがオスの背中に卵を産んで、オスが子供の面倒をみます。こちらは、水槽コーナーで展示しています。見事なイクメンぶりを見に来てください。
新時代「令和」も、引き続きよろしくお願いいたします😊








by isumi-sato | 2019-05-01 17:31 | いきもの

アロマな自然観察

4月20日(土)晴れ。午前9時の気温は13.2℃、湿度は55%です。今日から穀雨(こくう)という季節が始ります。二十四節気の中の“穀雨”という季節は、穀物を育てる恵みの雨が降る季節なんだとか。




a0123836_16500682.jpg
でも、今日は晴れ晴れ☀ 気持ちいい陽気です。




a0123836_16521173.jpg
そんな中、今年度最初のイベント「万木城の歴史と里山の自然観察」が行われました。
センター敷地奥のの湿性生態園を進みます。




a0123836_16561899.jpg
黄色やピンク、青い花、白い花…かわいらしい花が、あちこちで咲き競っています。花をめでるって楽しい♪目が喜んでいます。




a0123836_16591869.jpg
こちらはシャガ。





a0123836_16594835.jpg
こちらはキランソウ。可憐だわぁ♡ しかも漢方薬でもおなじみの植物なんだとか。




a0123836_17035124.jpg
いろいろな自然のことを教えていただくのは、森林インストラクターの講師の方です。




a0123836_17052646.jpg
「カラスノエンドウは……なんですよ」とても興味深いお話です。




a0123836_17112022.jpg
その中でも、印象に残ったのが「アロマな香りの植物たち」です。小川に生えているのは、しょうぶ湯にも使われるショウブ。外来植物のキショウブと比較して、葉の匂いを嗅ぐと…「うわっ青臭い!」「ショウブはアロマオイルのような…いい香り~」





a0123836_17113233.jpg
アロマな香りの植物は、まわりにたくさんあるんですね。楊枝でも使われるクロモジも、その一つです。





a0123836_17113908.jpg
地味な葉っぱのカントウカンアオイも、うっとりするようなイイ香りです。





a0123836_17114675.jpg
ヘビのうろこ模様をしたジャゴケという苔も、見た目によらず素敵な香りがしますよ♪




a0123836_17215858.jpg
お昼ご飯だー!お弁当の美味しいこと(#^.^#)




a0123836_17225476.jpg
食後は地域の歴史をお勉強…。史跡も見てみましょう。「万木城は戦国時代土岐氏の山城で、、、」「向こうに見える丘では正木氏が陣をはり…」。時は戦国、ここ万木城は難攻不落の城で、たびたび合戦が行われたそうです。




a0123836_17250465.jpg
トトロのトンネルのような丘陵尾根道です。ここには戦国時代につくられた山城の道やしかけがたくさんあるそうです。




a0123836_17255457.jpg
「わー素敵!」道中、またしてもオモシロイ発見があるようです。




a0123836_17264911.jpg
ハナイカダという名の植物の花が咲いています。葉の上にある突起物が花なんだとか。




a0123836_17275936.jpg
しばらくすると、寝釈迦様がまつられているお寺さんがありました。全長5.16m。これほど大きい涅槃像(ねはんぞう)は、なかなか拝めないそうです。山城の城主土岐氏の菩提寺海雄寺です。




a0123836_17295063.jpg
ありがたいお顔を、今回特別に拝ませていただきました。合唱…




a0123836_17281279.jpg
お釈迦様がまとっている衣服には、かつての寄進者の名前が連なっています。5月3日に再び、御開帳があるそうです。




a0123836_17323956.jpg
自然観察や歴史探訪をするのに適した季節がやってきました。みなさん、ぜひ遊びに来てくださいね!




by isumi-sato | 2019-04-20 17:43 | 行事報告

おかざりを作ろう(輪飾り)


12月24日(月)、午前9時の気温7.6℃、今朝の最低気温4.5℃、曇り。今朝も比較的暖かな朝を迎えました。
a0123836_15290678.jpg
今日はクリスマスですが、センターでは今年最後の行事「お飾りを作ろうB―2回目」を行いました。開始時間より30分も早く来館された参加者の方もいらっしゃいました。皆さん熱心です。まずは中庭でわらスグリを行いました。


a0123836_15291414.jpg
ひとつかみの量のワラをもって工作室へ。植木バサミを使ってハカマ取りを行いました。写真のように節の上分部をカットすると…


a0123836_15291799.jpg
かぶさっていた古いワラが取れ、中から光り輝くワラが現れます。一本ずつ行うので、「修行」のようです。精神が鍛えられるようです。輪の分部に使うしめ縄用のワラを45本(15本のワラの束を3束)、前垂れの分部に使うワラを99本(11本のワラの束を9束)のワラをハカマ取りします。


a0123836_15293580.jpg
前垂れ、しめ縄、それぞれ編む部分に霧を吹いてからわらつぶし機にかけて軟らかくします。

a0123836_16085320.jpg
しめ縄の作り方。まず2本の縄ないを行います。
3本目は、2本の縄の谷間に沿って入れ込んでいきます。



a0123836_15301189.jpg
完成しました。講師や職員、何回もこの行事に参加されて詳しい方に助けてもらいながら何とかしめ縄が出来ました。


a0123836_15301757.jpg
前垂れ部分は、11本のワラの束を3束まとめ三つ編みに編んでいきます。
a0123836_15302153.jpg
三つ編みは何とか一人でできましたが…これが精いっぱいです。
a0123836_15302559.jpg
三つ編みの前垂れ3本としめ縄ができました。

a0123836_16170298.jpg
次にしめ縄をこの様に丸めて中心を決めます。下の部分を中心とします。

a0123836_15303832.jpg
その中心部分に、前垂れ三本を差し込んでいきます。


a0123836_15305457.jpg
前垂れの上の部分をこの写真ようにまとめます。


a0123836_15310335.jpg
輪の分部の先端ははこのように脇に止めておきます。前垂れの分部の上の方はばらつきがあるのできれいにカットし、トサカのように広げ整えます。


a0123836_15310997.jpg
最後に、ウラジロ、ユズリハ、ダイダイ、御幣のつけ方を説明。
飾るのは一夜飾りをさけます。


a0123836_15311387.jpg
完成しました。私が作ったので少しかっこ悪いですが、完成した時の達成感は半端ない!お飾りを飾るのが楽しみになってきました。



a0123836_16304670.jpg
最後は全員で記念撮影。参加された皆さんも達成感は感じられたはず!アンケートには「ていねいに指導してくれた」「お正月のお飾りが出来て、実用的でよかった」「手順がわかりやすかった」などの感想を頂きました。

参加された皆さんありがとうございます。

良い年末年始をお送りください。

by isumi-sato | 2018-12-24 16:55 | 行事報告

おかざりを作ろう-鳥居形編

12月23日、曇。午前9時の気温は9.4℃、今朝の最低気温は6.4℃でした。
昨日の午後からの降水量は、12mm。夜間、雲が多かったため、あまり冷え込まない朝でした。




a0123836_17000827.jpg
午前中は、行事 おかざりを作ろう(鳥居形編)を行いました。
午後は、おかざりを作ろう(輪飾り編)の一回目を行いました。
明日も午前中に輪飾り編の二回目を行いますので今日のブログは、鳥居形を取り上げます。



a0123836_17075854.jpg
はじめにあいさつと概要の説明です。今日作る鳥居形は夷隅地域で昔から最もポピュラーな形のお飾りです。

a0123836_17001437.jpg
中庭に出て材料のわら―京都神力という品種で丈が長い特徴あり―のわらスグリを始めました。



a0123836_17001886.jpg
ひとつかみの量のわらを縦にもって降り、また手串でわらの外側の余分なハカマを取り除きます。必要な本数のわらスグリをざっと行います。今日作る鳥居形では211本余りを使います。

室内に戻って、さらに一本ずつわらの根元部分、お飾りの下がりの先端になる部分を長さをそろえつつ、汚れたはかま取りを行います。




a0123836_17002221.jpg
50から60本くらいのわらを50cmくらいの長さに切って芯になる部分を作ります。この時本数の半分を互い違いにして太さが均等になるようにします。




a0123836_17002751.jpg
芯に垂れ下がる部分を11本×12組に小分けします。
霧を吹いて、巻き付ける部分だけをわらつぶし機にかけて柔らかくします。



a0123836_17003265.jpg
芯に一組ずつ巻き付けていきます。右6組、左6組、左右対称になるように、またしっかりとたるみがないように巻き付けていきます。




a0123836_17003704.jpg
中央部、端部を細いひもで仮に縛ります。その後、細いわら紐でしばります



a0123836_17004399.jpg
飾り付けのウラジロ、ユズリハ、ダイダイのつけ方を説明しました。



a0123836_17004791.jpg
出来上がり。皆さん上手にできました。
飾り付ける日は、一日飾りや九(苦)の日を避けます。
でも、29は、ふく(福)という人もいるとか。


早くも、よいお年をというあいさつが聞かれました。
今年も残り八日となりました。
明日は、輪飾り編です。


by isumi-sato | 2018-12-23 17:12 | 行事報告

連休中日、曇り空

11月24日(土)、午前9時の気温9.9℃、今朝の最低気温6.4℃、曇。一時的に日が差したものの、ほとんど雲に覆われた一日となりました。屋外では風が寒く感じられました。

a0123836_16181149.jpg
青空は少しのぞくものの、雲の多い一日でした。



a0123836_15142456.jpg
田んぼ近くにあるクワの木のようす。葉が見事になくなっています。夏は青々とした葉を多くつけていました。葉は落ちましたが、あるものが風に揺れながら枝先に必死にくっついていました。

a0123836_15142659.jpg
クワコのマユのようです。数えると10個ほどありました。夏の時期は葉に隠れて姿を見せませんでしたが、葉が落ちたこの時期になると多くのクワコがこの木に生息していたことが分かります。


a0123836_15142917.jpg
蓮田のようす。少し寂しい風景に変わりました。


a0123836_15143343.jpg
ハス田の近くでも、イノシシによって荒された様子が観察できます。ここ最近は毎日足跡が更新されたいます。職員が電気柵やひもを張るなどイノシシ対策に力を入れていますが、毎日センター敷地内に侵入されているようです。どうしたらいいのでしょうか?


a0123836_15143565.jpg
デイキャンプ場の山裾では、マムシグサの果実が毒々しく赤く熟していました。


a0123836_15144239.jpg
ムラサキシキブの果実のようす。通年10月ごろに鮮やかな紫色へと果実の色を変えますが、今年はなかなか鮮やかな紫色になりませんでした。11月の終わりごろの今になって見事な紫色に色を変え始めました。日照時間が影響したのでしょうか?



a0123836_15144605.jpg
アオキの果実は、少しずつ赤く色を変え始めました。


a0123836_15145493.jpg
湿性生態園へ向かう林道では、ノササゲのサヤがはじけ果実を飛ばし始めています。

a0123836_15145777.jpg
第22回さとの文化祭は明日が最終日です。近隣小学生の作品や一般の方から出品いただいた作品が見れるのは明日が最後です。ぜひ皆さんお越しください。


a0123836_15150215.jpg
そして今日は三連休の中日、ザリガニ釣りや(今の時期は寒くて隠れているようですが…)ネイチャーコレクション、展示水槽をじっくり観察されるなど、お客さんはセンターを満喫されたようです。


明日もセンターへお越しください。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-11-24 16:59 | センターこぼれ話

芸術の秋、食欲の秋

11月22日(木)雨☂。午前9時の気温は12.7℃、湿度は97%です。冷たい雨が、降ったり止んだりの一日でした。




a0123836_16130101.jpg
濡れた葉が、冷たい雨を物語っています。関東地方で初氷が観測されたようです。ここ千葉県いすみ市ではいつでしょうかね~…ブルブル。





a0123836_16123594.jpg
さとの文化祭が5日目を迎えました。子どもたちの芸術作品が、ずらりと並んでいます。本当に素晴らしい作品ばかりです。


a0123836_16124549.jpg
こちらの作品タイトルは、「収穫の秋」です。おいしそう(#^.^#)





a0123836_16161162.jpg
里山でも、実りの秋を迎えています。フユイチゴが、たわわに実をつけていますよ~♪ これから、どんどん実をつけていきます。





a0123836_16162235.jpg
カラスウリも、秋の里山を散策しているとよく見かけます。食べられるのかな? 





a0123836_16163881.jpg
林の縁で、見慣れない実を見かけました。





a0123836_16164377.jpg
かわいらしい実だな~(#^.^#) ハダカホオズキという植物の実のようです。ホオズキ市でみるホオズキとは違い、実が裸だから名づけられたんだとか。





a0123836_16164652.jpg
雨だからこそ観察できる光景です。なかよく実がくっついています。





a0123836_16174054.jpg
マンリョウの実も、鮮やかに色づいています。キレイ!





a0123836_16175857.jpg
あ~、晩秋の自然観察もオモシロイですね。でも、注意も必要です。





a0123836_16214374.jpg
このような看板を見かけたらご注意を!ぜったいに罠には近づかないでくださいね。

by isumi-sato | 2018-11-22 17:06 | しょくぶつ

曇りの11月。黄葉。

11月18日、曇。午前9時の気温は14.1℃、今朝の最低気温は8.8℃でした。
最高気温は、今日は16.6℃。きのうは20.3℃でしたので4℃昼間の気温が下がりました。





a0123836_16543078.jpg
昼ころ一時薄日がさしました。日が射さなかったため、きのうの暖かさはありませんでした。曇りの11月らしいじっとしていると少し寒さを感じる気温でした。
湿性生態園では秋の枯れた景色が広がっています。





a0123836_16543634.jpg
さとの文化祭は2日目。今日もたくさんのみなさんが作品の観賞に来館されました。
展示作品の観賞の後は、はく製や飼育展示の水槽などのいろいろな見学やネイチャーコレクションの色塗り、中庭に出て竹とんぼ飛ばし、竹馬乗りなど思い思いに秋の一日を過ごされていました。







a0123836_16550876.jpg
さきほどの湿性生態園の最奥部では、アカメガシワがだいぶ黄色くなりました。
陽の当たる日には、黄色が輝いてなかなかきれいですよ。





a0123836_16545873.jpg
林道沿いには、黄色い葉になった樹木がたくさん見られます。
道の両脇、足もとにはイノシシの掘り跡が続いています。




a0123836_16550453.jpg
上を見上げると、ここにもアカメガシワの黄色が目立ちます。




a0123836_16551485.jpg
堰に張り出した枝についたたくさんの黄色い葉は、エノキでした。




a0123836_16552018.jpg
頭の上の黄色と赤の混じった葉は、ハゼノキです。




a0123836_16571458.jpg
ハゼノキは、湿性生態園デッキ沿いに小さな実生の葉がありました。
きれいな赤い色になっていました。



a0123836_16571964.jpg
畑の菊の花は、赤、真っ盛りです。



a0123836_16552457.jpg
野鳥たちの声が聞こえてきます。
シジュウカラ、エナガ、メジロたちが混群で葉を落とした樹木の枝の中を移動していきました。シジュウカラの姿を撮影できました。



月曜日は休館日です。
火曜日以降、ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-11-18 16:58 | センターこぼれ話

第22回さとの文化祭~初日~

11月17日(土)、午前9時の気温12.3℃、今朝の最低気温10.4℃、晴れ。今朝は比較的暖かい朝を迎えたようです。昨日の最低気温は5.2℃でしたから5℃以上暖かい朝だったということが分かります。しかし11月のこの時期にしてみれば異様な暖かさのような気がします。


a0123836_13583385.jpg
本日11月17日(土)~11月25日まで第22回さとの文化祭を開催たします。初日となる今日は多くのお客様が来館されました。



a0123836_13583762.jpg
展示されているのは近隣の小学校20校の児童さんから出品いただいた絵画や…
a0123836_13585991.jpg
工作と自由研究



そしてセンターや夷隅地域内に拠点を置いて活動されている方々の作品も出品いただき、見ごたえある文化祭となっております。



a0123836_13590856.jpg
いすみ楊枝の会の方々の素晴らしい作品も展示しております。素晴らしくてじっくり見入ってしまします。竹だけでこんなに多くの作品ができるなんて。素晴らしいの一言です。しかし私がしゃがんでじっくりみているとお客様の邪魔になってしまいますね。

a0123836_14473791.jpg
いすみ楊枝の会の展示作品の後ろの屏風には、今年からご参加いただいた小筆書きの会の皆様の作品がならんでいます。


a0123836_14480216.jpg
陶芸作品の出品もございました。毎年ご協力いただいているIさん、本当にありがとうございます。


a0123836_15052955.jpg
多くの家族連れのお客様。さとの文化祭へのお越しいただきありがとうございます。



a0123836_13592194.jpg
屋外では、セイタカアワダチソウの種子がアワダチソウの名のとおり泡立っているように見え始めました。


a0123836_13592543.jpg
ソメイヨシノの木々のようす。葉を落とした後は小さなつぼみをつけ、来春に向けて開花の準備を始めているようです。


a0123836_13592909.jpg
こちらはセンター職員の作品。展示会場入り口でご覧になれます。今年も見事な出来栄えです。毎年趣向を凝らし、この時期ならではの植物を使い皆様をお迎えいたします。テーマは「秋の装い」

皆さん、どうぞお越しください。

お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-11-17 16:55 | 行事報告

明日への準備でてんてこ舞い

11月16日(金)、朝から晴れでした。
そのため、今朝も冷え込みました。最低気温は5.2℃、午前9時には11度を超えてきました。この季節らしい一日となりました。

私達職員は全員出勤、明日からの「さとの文化祭」に向けた展示にてんてこ舞い。
文化祭では夷隅郡の全小学校に参加をお願いし、作品を集めています。
もちろん、一般参加の作品もありますよ。

さとの文化祭も今年で22回目です。この施設は平成7年1月のオープン。23歳です。22回目ということはオープン翌年から開催している長寿の行事、ということになります。



a0123836_16513638.jpg
近隣の小学生の絵画作品の展示風景。

a0123836_16514134.jpg
センターを拠点に活動されている方たちが、さとの文化祭に作品を出展してくれました。作品の設置も手伝いに来てくれました。ありがとうございます。





展示スペースに余裕があるように思えた方は、かなりここへ通っていただいた人、ということになります。なぜそう言えるのか。

ここ10年の参加小学校の推移を見ると、
年度 参加校数  計
H21  23  436
H22  22  431
H23  23  446
H24  25  476
H25  24  465
H26  23  446
H27  22  425
H28  21  409
H29  19  375
H30  20  372

平成24年度の25校をピークに減り続け、今年は20校(全小学校の参加でした)にまでなりました。
出品数もピークの476点から見ると今年は100点も少ない状況です。

でも、その分たくさんの力作もあります。

皆さん、明日から公開です。19日の月曜はお休みですが25日まで開催しています。
ぜひ、ご覧に来てください。
お友達の作品、お子様の作品、お孫さんの作品・・色々な思いを込めて鑑賞してくださいね。


by isumi-sato | 2018-11-17 09:26 | 行事予定

わっしょいわっしょい 秋まつり

9月16日(日)くもり時々あめ。午前9時の気温は22.4℃、湿度は91%です。じょじょに涼しく感じられる今日この頃ですが、千葉県いすみ市では、あちらこちらで祭りが行われ、いま熱気に包まれています。




a0123836_16593528.jpg
時折雨がふる中、ここネイチャーセンター周辺でも、五穀豊穣を感謝する秋まつりが行われています。




a0123836_16592514.jpg
「わっしょいわっしょい!」威勢のいい掛け声とともに、お神輿が来ましたよ♪




a0123836_16594613.jpg
重そうですね~。お神輿を担ぎながら一日中、村廻りをするそうです。秋祭りに参加しているスタッフは多く、ネイチャーセンターでは人手不足気味ですが…これだけは譲れないんですよ(^^♪




a0123836_17144322.jpg
子供たちも、お神輿とともに村々を練り歩きます。




a0123836_17153391.jpg
祭囃子が聞こえてきます。心地いい音色に、うっとり♪
ときどきドンドンドン!と花火があがります。この音が銃声だと思った人がいるそうです。一時パトカーが走り回る騒ぎとなりました!




a0123836_17181179.jpg
道端では、ヒガンバナが祭りを彩っています。美しい花を引き立てる技があるそうですよ。




a0123836_17270656.jpg
それは、草刈りの技です。早すぎても草の中にヒガンバナが埋もれてしまうし、遅すぎると刈られちゃうし…絶妙のタイミングで草刈りするから、ヒガンバナが引き立つんですね。感謝!



a0123836_17291271.jpg
これは失敗作…これも風流ですけどね😊




a0123836_17302464.jpg
わっしょいわっしょい!秋まつり見学の帰りにでも、ネイチャーセンターへ寄ってくださいな。

by isumi-sato | 2018-09-16 17:36 | 地域との協働