千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:季節の虫 ( 59 ) タグの人気記事

竹かご教室(入門)ー2日目ー

10月28日(日)の天気は快晴☀ 午前9時の気温は19.0℃、湿度は72%です。朝夕は、だいぶ冷え込むようになりましたが、日中は汗ばむほどの陽気です。




a0123836_16392872.jpg
気持ちいい秋晴れに、ちょうちょも大喜び?ひらひらお花畑を舞っています。





a0123836_16394682.jpg
昨日に引き続き今日も、竹かご教室(入門)二日目を開催しました。





a0123836_16403616.jpg
講師の指導の下、制作作業が続きます。「とっても難しいんです…竹かご作るのって」





a0123836_16404094.jpg
参加者の方は、そう感じているようです。そこがオモシロイところでもあるんだとか。





a0123836_16405861.jpg
難しいのは、竹ひごという薄い材料を作るところです。長い竹ひごの厚さは薄く、均一でなければならないそうですよ。





a0123836_16410517.jpg
そして、平面から立体へ竹を曲げながら編んでゆく作業も、大変( ̄▽ ̄;)。あと二日あります。頑張ってください!




a0123836_16520579.jpg
「ひょっこりはん」コバネイナゴが応援です。




a0123836_16521012.jpg
こちらはツチイナゴ。サングラスをかけているよう…迫力ある顔ですね。




a0123836_16550090.jpg
ぷにぷに…オオカマキリが産んだばかりなのでしょうか?まだ柔らかいです。




a0123836_16554137.jpg
青空を見上げると、赤トンボの仲間が気持ちよさそうに飛んでいます。秋の虫とともに、秋を満喫してみませんか?

by isumi-sato | 2018-10-28 17:00 | 行事報告

ハスの花がきれいに咲きますように⁉

10月19日(金)☁くもり。午前9時の気温は18.3℃、湿度は76%です。いまは、寒露(かんろ)という季節だそうです。涼しさを通り越して、寒そうな名前ですね。




a0123836_16231507.jpg
蓮田の風景も、ずいぶん寂しいものに移り変わってきました。




a0123836_16253894.jpg
ハスの種は、ほとんど落下したようです。この蜂の巣のような部分を使う工芸品があるそうです。どんなものなんだろ?




a0123836_16304424.jpg
スタッフが枯れたハス田の中で、なにやら作業をしています。「何しているの?」




a0123836_16314375.jpg
「間引き作業を行っています。きれいな花を咲かせるための、準備作業なんですよ。」なるほど、寒いのにご苦労様。




a0123836_16352819.jpg
ひときわ目立つ瑠璃色の虫を発見! んっ?カメムシ? 調べてみると、瑠璃口太亀虫(ルリクチブトカメムシ)という長~い名前の虫でした。千葉県では、絶滅が心配されているカメムシのようです。




a0123836_16412901.jpg
館内の水槽では、リニューアル向けた準備が進められています。順次新しい生きものが増えますので、ぜひ見に来てください。




a0123836_16435187.jpg
こちらの水槽には何が入るのでしょうか?ご期待ください!

by isumi-sato | 2018-10-19 17:00 | 作業風景

三連休最終日/寒露そしてエコメッセ

10月8日(月)、午前九時の気温22.6℃、今朝の最低気温21.5℃、曇。昨日の最高気温は32.4℃!真夏のような暑さでしたが、今日の最高気温は24.8℃。(7.4℃も最高気温が違います。)昨日の暑さは何だったのでしょうか。今日10月8日は二十四節気の中で「寒露」と呼ばれる時期です。朝露が寒さで凍って霜になる直前の状態を寒露というそうです。

a0123836_13152923.jpg
万木堰のようす。一日中曇り空でしたが自然観察にはちょうど良い気温です。私の意見で恐縮ですが、自然観察は、あまり太陽の光がサンサンと照っていると、暑いし、写真は逆光でうまく撮影出来なかったり、日に焼けたり(日焼け対策、帽子はもちろんかぶりますけど…)してしまいます。今日ぐらいの曇りの方が自然観察日和といってよいのでしょうか?皆さんはどう思われますか?


a0123836_13153211.jpg
連休最終日ということで、今日は多くの家族連れのお客さんが来てくれました。ザリガニ釣りも楽しんでいただけたようです。今朝餌を変えたので、多くはありませんが、釣れていたようです。ザリガニといえば餌にしているスルメですが、生産量が年々減少しているようです。衝撃な近年の激減数をFBにて書き込みました。高いわけです。詳しくはこちら。ザリガニ釣りにセンターへお越しの際はスルメをご持参いただけると助かります。バケツと竿のお貸出しはもちろん無料です!よろしくお願いいたします。


a0123836_13153578.jpg
湿生生態園のようす。鳥のさえずりが心地よいBGMです。


a0123836_13153805.jpg
ミゾソバの花でしょうか?ついに開花しました。何週間か前から葉が伸びてきていたのを観察できていたので、待ちに待っての開花です。少し白っぽく写真には写っていますが、うすいピンク色もかかっています。セセリチョウの仲間でしょうか?何匹もミゾソバの花のにとまり吸蜜しています。マルバヤナギの柳絮(リュウジョ)の時期も華やかですが、ミゾソバの花が咲くこの時期もに華やかですね。


a0123836_13154112.jpg
ノササゲの黄色い花も観察できました。黄色くコロッとしたかわいらしい花ですが、果実はきれいな紫色。果実もなりるころに撮影してご紹介いたします。


a0123836_13154559.jpg
あれ?見慣れない鳥が…ニワトリ?よく見ると…


a0123836_13155049.jpg
五匹います!飼いきれなくなって湿生生態園近くに置いていったのでしょう。こんなことをする方がいるのですね。大切な命です。飼い始めたら最後まで責任をもって育てていただきたいものです。私が近づいても騒ぎません。人間になれているようです。



a0123836_13155433.jpg
いつかいつかと待っていたホトトギスの花の開花。やっと咲き始めました。若葉や花にある斑点模様が、鳥のホトトギスの胸にある模様と似ていることからこの名がつけられたそうです。


今の季節を彩る花々が次々と開花し始めました。

皆さんもこの時期にしか観察することのできない花々を観察しに来ませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この写真は幕張メッセで本日行われた「エコメッセ2018」のようすです。
a0123836_15424973.jpg
a0123836_14493497.jpg
千葉県環境財団と共に、センターとして参加いたしました。キョンやタヌキのはく製をご紹介。クイズに答えて缶バッチのプレゼントなども行いました。隣のブースの方が多く写ってしまっていますが、多くのお客様が来場されたようです。


by isumi-sato | 2018-10-08 16:55 | センターこぼれ話

秋分の日🎌

9月23日(日)はれ☀ 午前9時の気温は24.7℃、湿度は80%でした。今日は、秋分の日で祝日です。昼と夜の長さが、ほぼ等しいころなんだとか。これから徐々に日が短くなっていくんですね。



a0123836_14093835.jpg
仏教では、秋分の前後7日間を彼岸といいます。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれているように、そろそろ厳しかった暑さも終わりかな?
田んぼの畔では、ヒガンバナが競うように咲き誇っています。




a0123836_14135915.jpg
水田では、稲の収穫が終わりました。わらが山積みです。




a0123836_14164062.jpg
そんなわらを、スタッフがどこかへ運び出しています。ついていくと…




a0123836_14173782.jpg
畑へやってきました。畑のわきへ、わらのお引越し。




a0123836_14183239.jpg
きれいに積みなおして、発酵させて、たい肥を作るんだそうです。たい肥って、畑の土をつくる大事なものなんだとか。これでおいしい野菜ができるんですね。無駄がない!




a0123836_14204647.jpg
千葉県の特産『落花生』が、まもなく収穫の時期を迎えます。その前に、どんな様子か試し掘りをしてみましょう(^^♪




a0123836_14222910.jpg
わお!たくさん実がついていますね。今年は、なかなか期待がもてそうです。




a0123836_14233473.jpg
この落花生の品種は“千葉半立(ちばはんだち)”というもので、とても食味がいいんだそうですよ。
『落花生の栽培体験をしよう』の参加者の皆さま、まもなく収穫作業です。10月7日(日)9:00~を予定しています。お待ちしています😊




a0123836_14294117.jpg
赤とんぼの仲間が、じょじょに目につくようになってきました。赤い体色がキレイですね。




a0123836_14350412.jpg
突然ですが問題です。この写真にトンボは何匹いるでしょう?




a0123836_14355051.jpg
答えは…5匹 でした。 えっ⁉ 簡単?




a0123836_14374534.jpg
つづいての問題…この中にチョウがいます。さてどこにいるでしょう?




a0123836_14384383.jpg
「これは難しい!」って声が聞こえてきそうです。ふふふ…まったくスバラシイかくれ技ですね。お見事!
たぶん…クロコノマチョウかな?「もともと主に南日本に分布していたチョウだが、徐々に分布域を北に広げ、千葉県では1980年代ころから見られるようになった。」と千葉県立中央博物館HPで紹介されていました。




a0123836_14572254.jpg
駐車場では、もち米の乾燥作業がつづいています。むしろの上にもち米を置いて…




a0123836_14574246.jpg
『天地返し器(てんちがえしき)』という昔の農具を使って、うすく広げていきます。これを使ってお米を広げると…




a0123836_14574729.jpg
こんな模様になるんです。どこかで見たことありません?スタッフの間では、「日本庭園の風景を思い浮かべない?」と話題になっています。皆さんから見て、いかがでしょう?




a0123836_14573558.jpg
さて、もち米は乾いたでしょうか?水分量15%ぐらいがちょうどいい乾燥具合なんだそうです。乾かしすぎてもダメ、水分が多くてもダメ、おいしいお米にならないんだとか。食べ物って、たくさんの手間と高度な技が必要なんですね。感謝!




明日は開館しています!月曜日ですが祝日なので、やっていますよ~。皆さまのお越しをお待ちしています!











by isumi-sato | 2018-09-23 17:07 | 作業風景

9月15日の自然観察は中止します


9月15日に予定している
「秋の始まりに自然観察をしよう」
は、降雨が予想されており、中止とします。

今日のブログはこの下から。


a0123836_16152491.jpg

9月14日(金)雨です。秋の長雨でしょうか?よく降りますね~☂
午前9時の気温は22.6℃、湿度は91%でした。だいぶん過ごしやすい気温になってきました。




a0123836_16205537.jpg

「あめあめ ふれふれ かあさんが~♪…ピッチピッチ チャップチャップ ランランラン♪」
子どもの頃は、雨が降っていても楽しかったなぁ…ちょっと童心に帰って、水たまりで遊んでみよう!
ひさびさ楽しかったのですが、写真は「くっそ!」って感じになっているような( ̄▽ ̄;)




a0123836_16270974.jpg
あっ…雨が小降りになってきたので、行きましょう!自然観察。
明日の観察会は、残念ながら中止になってしまいましたね~。参加を予定していた皆さまゴメンナサイ。せめて秋の自然の一端でも伝えられればいいなぁ。




a0123836_16350749.jpg
ちょっとの雨でも、チョウの仲間はよく見かけます。こちらキタキチョウも、たくさん舞っています。花ではなく、特定の葉っぱ周辺ばかりを飛んでいます。何しているのかな?




a0123836_16375689.jpg
わお!これ卵じゃね?とても小さいです。葉の大きさが米粒ぐらいなので、探すのは大変…でも観察できた喜びは倍返しです。シロチョウの仲間は、ひとつひとつ丁寧に産卵するんですね。




a0123836_16413054.jpg
出たー!ジョロウグモ。怪しい姿をしてますね~。




a0123836_16441710.jpg
ジョロウグモの巣はとても大きく、直径1mちかくあります。そこに小さなオスが、メスとの交尾を狙っているんですが、わかります~?




a0123836_16471164.jpg
おーーっと!両者が急に近づいたので、食べられるかと思いました。直前でメスが方向転換したので、♂セーフ…命がけの交尾のようです。本には、「メスがエサを食べるのに夢中になっているスキに交尾する」と書いてありました。




a0123836_16524808.jpg
トンボはびしょ濡れ…水滴がついています。そういえば、水滴が面白いって聞いたことあるぞ!




a0123836_16545322.jpg
水滴キレイ!これ花びらについていた水滴を観察しているところです。




a0123836_16555199.jpg
ヒガンバナ。あやしい美しさ満点ですね。





a0123836_16563576.jpg
ついてる、ついてる…水滴。雨ならではの光景だなあ。うっとり…ちょっと覗かせてね。




a0123836_16585287.jpg
おもしろい!天と地が逆になっていますよ。




a0123836_17000146.jpg
秋の落ち葉が目立つようになってきました。
明日予定されていた観察会は中止ですが、ネイチャーセンターは開館しています。
ぜひ遊びに来てくださいね(#^.^#)

PS
フォントサイズの制御がうまくできませんでした。見づらくてごめんなさい。
HTMLのタグうちを勉強せねば・・・
時間があったら、修正しておきます。😂




by isumi-sato | 2018-09-14 17:22 | おしらせ

新米できました!

9月2日(日)くもり。午前9時の気温は24.8℃、湿度は90%です。すこしだけ涼しく感じられる一日でした。いよいよ夏休みが終わりですね~…子供たちは宿題おわったかな?




a0123836_16024927.jpg
楽しい楽しい稲刈りも終わっちゃいました…夏休み最後のいい想い出になったかな?




a0123836_16025714.jpg
お米を作るのって、大変!と改めて感じます。収穫まで長い時間かかるし、重労働だし、なんといってもたくさんの人の協力が必要なんだなぁと思いました。




a0123836_16035703.jpg
ジャーン!昨日収穫したお米です。参加者の皆さん、お疲れさまでした。稲刈りをしていただいたお米はその後、近隣の農家さんが「乾燥」という作業と「籾摺り(もみすり)」という作業を、夜通しかけて行ってくれました。感謝です。




a0123836_16040580.jpg
そして…ついに…この見慣れた…食べられる状態になったのです!新米ですよー(^^♪ ズバリ、おいしいでしょう!参加者の皆さま、必ず連絡しますので、今しばらくお待ちくださいね。




a0123836_16041768.jpg
「夏草や兵どもが夢の跡」…稲刈りが終わった田んぼには、たくさんのわらが残されています。




a0123836_16042334.jpg
香りがいいんですよね~刈ったばかりの藁って。ふかふかしてるし…わら?そうよわらヨ♪




a0123836_16561480.jpg
「どうしても『アルプスの少女ハイジ』の藁でつくったベッドで寝てみたい!」という衝動にかられて、つくっちゃいました。わらのベッド。




a0123836_17012446.jpg
わあー!ハイジーって、汚い画像ですいません…でも、わらのベッドはやっぱ良かったですよ~♪ 念願かなったって感じです。




a0123836_17071630.jpg
一方、人間だけじゃないんですね。イネを寝床にしている虫が、草むらにたくさんいました。




a0123836_17073056.jpg
この時期、バッタの仲間やカマキリの仲間を、イネ科の植物のまわりでよく見かけます。秋の虫の鳴き声って、とても美しいですよね♪




a0123836_17080999.jpg
でも、見つけるのは大変!どこにいるかわかります?




a0123836_17081589.jpg
正解は、ココでした!




a0123836_17082335.jpg
見事に隠れていますね。




a0123836_17082988.jpg
ナンバンギゼルの花も咲いています。ススキなどに寄生する、おもしろい植物です。

秋の生きものたちを観察してみてください。お近くの田んぼにも、たくさんいると思いますよ。











by isumi-sato | 2018-09-02 17:30 | 田んぼ

35℃越え!光化学スモッグ注意報?

8月26日(日)はれ🌞午前9時の気温は31.8℃…すでに30℃を超えています。この後、どうなっちゃうんでしょう? 不安は的中し、猛暑を満喫です( ̄▽ ̄;)。しかも、聞きなれない注意報が発令されちゃいました!





a0123836_14470759.jpg
35.6℃🌡…今日の最高気温です。ここでの気象観測で35℃を超えるのって、すごく珍しいんです。そしてこの夏、最高気温の記録更新です。




a0123836_15040518.jpg
突然、いすみ市の防災無線で「光化学スモッグ注意報が発令されました」と呼びかけがありました。これまた珍しい!記録がある平成24年以降では、初めてのことみたいですよ。目がチカチカするなどの健康被害があるようなので、気を付けましょうね。




a0123836_15170240.jpg
田んぼでは、赤とんぼの仲間『ノシメトンボ』が産卵の季節を迎えています。いままさに“連結打空産卵(れんけつだくうさんらん)”の真っ最中。オスとメスが連結しながら、空中でちょんちょんとお腹を動かして卵をばらまきます。




a0123836_15250182.jpg
落ちた先は、田んぼと言っても水がありません。稲刈りの季節は、田んぼに水が無いのですが…このノシメトンボは大丈夫なんです。




a0123836_15281909.jpg
卵のまま、春を待つようです。カラカラに乾燥していても耐えられる卵で越冬し、春先、田んぼに水が引き込まれてからヤゴになるんだとか。田んぼの水事情に合わせられるトンボなんですね。




a0123836_15422916.jpg
近くの木では、交尾しているカップルを発見です。赤い体色をしているのがオスで、下がメスです。精子の受け渡しを行っているのでしょうか?ずいぶん長いこと、このままでした。




a0123836_15475279.jpg
田んぼのあぜ道では、ショウリョウバッタが交尾しています。オスとメス2匹いるのですが、わかります?日本最大のバッタと言われていますが、それはメスだけの話。ヒント…オスのほうが小さいです。




a0123836_15585170.jpg
もうひとつクイズ?これはなんでしょう。
ハスの花が終わって、種があちらこちらで見られるようになりました。そんなハス田をいま、狙っているやつがいます。




a0123836_16042831.jpg
こいつ!こいつがハスを食べにくるんです。そう、イノシシ…強敵なんですよ。




a0123836_16054218.jpg
イノシシからハスを守るには、白いヒモが効果的なようです。頼りないけど…でも、イノシシはあ―見えて相当ビビリみたいですよ。




a0123836_16083589.jpg
でも肝心の白いヒモは、このとおり「しょうがぬけちゃって…」って意味わかります?この辺の人は、よく使う言葉なんです。
辞書にも載ってる!「しょうがぬける【性が抜ける】本来の性質・形などが失われる。(三省堂 大辞林第3版)」ふ~ん、とにかく修理です。




a0123836_16152648.jpg
草刈って、ヒモの張替えを行いました。あっぢ~ι(´Д`υ)アツィー




a0123836_16185017.jpg
きれいにできました!新しいのは、なんでも気持ちいいですね。どうかイノシシが来ませんように!




a0123836_16201132.jpg
そして来年も、きれいなハスの花が咲きますように!

by isumi-sato | 2018-08-26 17:15 | いきもの

お盆のいきもの観察

8月14日(火)晴れ。午前9時の気温は30.9℃、湿度は79%でした。今日も暑かった!
当センター観測で、最高気温は32.8℃でした。



a0123836_17265056.jpg
青空がきれいですね😊
筋状の雲が見えるようになりました。秋が近づいているのでしょうか?
皆様、お盆の時期いかがお過ごしですか?「お盆」の盆って、文字どおり、ご先祖様の霊に対する供物を置く容器のことだそうです。知らなかった…




a0123836_17235387.jpg
林では、ミンミンゼミが元気に鳴いています。




a0123836_17504666.jpg
林道わきに、ツリガネニンジンの花が咲いています。涼しげな花です。




a0123836_17242529.jpg
すぐ近くで、イトトンボの仲間が静かに飛んでいます。こちらも、涼しげな姿ですね。




a0123836_17523059.jpg
オオシオカラトンボが大空を飛び回っています。やっぱ暑いのかな?おなかの息づかいが、ゼーゼーいっていますよ。




a0123836_17243926.jpg
千葉県いすみ環境と文化のさとセンターでは、お盆の時期も休まず営業しています。
ぜひ、遊びに来てください。お待ちしています!








by isumi-sato | 2018-08-14 17:56 | いきもの

さとの夏遊び3日目  虫取り / ガサガサ

8月11日(土)晴れ。午前9時の気温は31.4℃、湿度は69%です。今日も暑くなりました☀

今年のお盆シーズンは今日から帰省ラッシュが始まったもようです。


今日はさとの夏遊び3日目(最終日です)。午前は「虫捕り探検隊!」、午後からは「水辺の生きもの探検隊!」を行いました。





a0123836_16142663.jpg
まずは午前中のようす。やっぱ夏休みは虫捕りでしょう~♪ ここのネイチャーセンターでは、いつもは捕虫網が禁止されています。でも~、今日はスペシャル! 思い存分、つかまえましょう(#^.^#)




a0123836_16143567.jpg
「ひょっこりはん」バッタの仲間がいっぱい採れました。ショウリョウバッタ。草むらにたくさん暮らしているんだね。ほかにも、チョウの仲間(キタキチョウ、ベニシジミなど)やセミ(アブラゼミ、ミンミンゼミなど)の仲間、甲虫(カナブン、ヤマトタマムシなど)がたくさん観察できました。




a0123836_16145987.jpg
トンボの仲間もゲッツ!素早いので捕まえるのがたいへん…なはずですが、ホイホイつかまえています。とても上手なお父さんが、子供たちに分けてくれました♪




a0123836_16154499.jpg
夏休みの虫捕りは、ほんと楽しいです♪ おうちの周りでも、虫はたくさんいると思います。ぜひ昆虫採集にでかけてみてください。



a0123836_16160729.jpg
つづいて、つかまえた昆虫の体を、ルーペなどを使ってよく観察しています。ジー…
バッタの耳はどこ?セミやトンボの目って何個あるの?など、新発見が続出です。




a0123836_16161772.jpg
頭や顔、胸やはね、おなかや足など…たっぷり観察しました。不思議がいっぱいの体です。図鑑で調べると、興味がわいていきます。ああ、オモシロイ昆虫は~♪♪

------------------------------------------------------

水辺の生き物探検隊では、毎年ゲンジホタルが観察できる水路の中で「ガサガサ」を行なって、生きもの探しを行いました。
参加者の中には、西日本の住まいから実家に帰省されて、わざわざ日程を合わせて参加してくださった方もいらっしゃいました。毎年当センターの夏遊びスペシャルに参加されているそうです。ありがたいことです!!



a0123836_17061944.jpg
タモ網の使い方や、追いこむ方法での生きものの捕まえ方を説明した後は、水路に入っていきものを探しました。タモ網を持って待ち構える人と護岸をけとばして追いこむ人に分かれて水路の生きものたちを捕まえました。



a0123836_17062435.jpg
タモ網の中に動く生きものが入ると、なかなか興奮するものです。
いつものフレーズ「なんかいる!!」。小石の間も生きものをさがしました。




a0123836_17063046.jpg
つかまえた後は、テーブルの上に用意したバット、透明ケース、よく見るための薄い透明観察道具に生きものたちを移動させて観察です。



a0123836_17063412.jpg
はじめに何種類の生きものがいるかを予想してもらいました。
「二種類!!」「四種類!!」「六種類!!」。
実際に捕まえて観察してみると、ドジョウ、トウヨシノボリ(クロダハゼ)類、モツゴ、ヘビトンボ、スジエビ・ヌマエビ・テナガエビなどのカワエビの仲間、シマアメンボ、ヒメタニシ、カワニナ、サワガニなどなど。流されてきたマメコガネなどもいました。予想をはるかに上回る10種類以上もの生きものたちを短い時間の間に捕まえることができました。
a0123836_17063764.jpg
今日もドショウのひげの本数や、ヨシノボリのおもしろい顔、ヘビトンボの足と腹肢の違いなど、


a0123836_17063932.jpg
いろいろな観察ポイントを子どもたち、参加した大人たちが発見し観察できました。

最後に生きものたちを水路に戻して、「ありがとう」。
涼しい水路の中で、里山の水路にいるいろいろな生きものたちと触れ合うことができたもようです。

夏休みまだまだ時間があります。
8月18日にも、水路での生きもの探し があります。参加申し込みお待ちしております。こちら
ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-08-11 17:37 | 行事報告

トンボ沼へ行ってきました!

8月4日(土)は、はれ時々くもりの空模様です。今日も暑かったι(´Д`υ)アツィー…午前9時の気温は28.6℃、湿度は81%でした。



a0123836_17173487.jpg
今日は、トンボ沼を訪れました。名前のとおり、トンボがたくさん観察できる沼です。いるかな~?



a0123836_17193392.jpg
ひらひらとチョウのように舞うトンボを発見!その名も、チョウトンボです。



a0123836_17215623.jpg
抽水植物や浮葉植物が豊かな池沼に生息しています。はねの色もキレイですね♪



a0123836_17252317.jpg
猛スピードで飛ぶトンボを発見!ギンヤンマです。ビューンと飛んでいたかと思うと、ホバリングしたり、なかなか観察するのが忙しいです。水域の植物に産卵します。



a0123836_17295617.jpg
小さなトンボがいます!イトトンボの仲間です。糸のように細い体ですね~。トンボ沼の水辺を、静かに飛んでいました。



a0123836_17390896.jpg
このほかにも、たくさんのトンボと出会いました。一方で、気になることも…



a0123836_17405055.jpg
ミシシッピアカミミガメやウシガエル、養殖ゴイなど、いるはずもない外来種をたくさん見かけたことです。誰かが放したのかな?



a0123836_17450901.jpg
トンボの幼虫は、水中で暮らすヤゴです。そこへ今まで出会ったことのない強敵が現れたら…なんて想像すると、これからもトンボ沼でトンボが見続けられるか心配になってきました。



a0123836_17500646.jpg
トンボ沼へもぜひ、足をお運びください!おすすめな自然観察ポイントですよ!(^^)!

by isumi-sato | 2018-08-04 17:54 | いきもの