人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:季節の虫 ( 87 ) タグの人気記事

カブトムシうじゃうじゃ

4月9日(木)晴れ。午前九時の気温は14.5℃、湿度は62%です。コロナの影響で休園中ですが、スタッフはいつものように維持管理の作業に追われています。




カブトムシうじゃうじゃ_a0123836_17043023.jpg
草刈り機のエンジン音が、あちらこちらで聞かれるようになりました。葉桜のもとでは、野菜作りが行われています。畑があるんです。丹精込めて作っているので、おいしい野菜がスクスク育ちます。





カブトムシうじゃうじゃ_a0123836_17043657.jpg
「おーい!カブトムシがうじゃうじゃいるぞー!」わー素敵~(⋈◍>◡<◍)。✧♡ 畑にまく堆肥の中から、カブトムシの幼虫がごろごろ出てくるじゃ~ありませんか‼





カブトムシうじゃうじゃ_a0123836_17044194.jpg
虫好きにはたまらない…み~んな別な場所へお引越ししました。数えきれないほどいます(^^♪。あー、早く夏が来ないかなぁ。

by isumi-sato | 2020-04-09 17:30 | いきもの

お花味びより

4月3日(金)快晴。午前9時の気温は13.1℃、湿度は49%でした。今日の最高気温は、19.4℃まで上昇⤴。春分が終わり、明日から清明(せいめい)へと季節は移ります。今日は、ぽかぽか陽気に恵まれました♪。





お花味びより_a0123836_15121197.jpg
ソメイヨシノが満開です。きれい…





お花味びより_a0123836_15131642.jpg
春まっさかり! センターから、お花見をお届けしますね~(#^.^#)。





お花味びより_a0123836_15133912.jpg
あっ!お花のまわりに、たくさん昆虫が飛んでいます。私は…花より昆虫?が気になります。すいません…昆虫たちのお花味(はなみ)をお伝えすることにしました!





お花味びより_a0123836_15134488.jpg
こちらでは、アカタテハが食事中です。蜜を、おいしそうに吸っていますね~。長い冬を耐え、待ちわびた春を謳歌しています。





お花味びより_a0123836_15134907.jpg
ヒメアシナガコガネも、桜の花に集まっていますよ~。こちらのコガネムシは、背面の色彩が個体によってぜんぜん違います。茶色や白など、個性豊かなコガネムシなんです。





お花味びより_a0123836_15164278.jpg
地面に落ちたサクラを楽しむ?のは、二ホンアマガエルです。たまたま通りかかっただけかな?まー、本格的な春を楽しんでいるのは同じです。





お花味びより_a0123836_15173100.jpg
あれ?ニホンアカガエルもいます。今は夏眠という季節じゃなかったっけ?カエルたちも、ぽかぽか陽気に誘われてきたのでしょう。





お花味びより_a0123836_15173459.jpg
早春に生まれたニホンアカガエルのオタマジャクシです。ずいぶん大きくなりました。水辺には、オタマジャクシがうじゃうじゃいます。





お花味びより_a0123836_15140519.jpg
タンポポの花も、見ごろを迎えています。こちらのタンポポは、カントウタンポポという在来種です。外来種のセイヨウタンポポと異なり、花の季節は春だけです。





お花味びより_a0123836_15141940.jpg
ベニシジミが、タンポポの甘い蜜を飲んでいます。





お花味びより_a0123836_15144435.jpg
わお!ニッポンヒゲナガハナバチが交尾しています。初めて見た…触角が長く大きいほうがオス。春だけ現れて、あとは地中で巣ごもりです。





お花味びより_a0123836_15182166.jpg
ビロウドツリアブも、春だけ見られる昆虫です。ヒメオドリコソウの花に、やって来ました。ハチドリのようにホバリングしながら蜜を吸っています。





お花味びより_a0123836_15192411.jpg
イタドリハムシが早くも出現です。スイバの葉にいます。ハムシは葉などを食べる植物食の甲虫です。





お花味びより_a0123836_15195020.jpg
若草や若葉が萌えています。そこへ、いろいろな生きものが集まりだしています。





お花味びより_a0123836_15114726.jpg
あ~!やっぱいいなーーー! これからいい季節が始まりますね。私たちも楽しみましょう‼

by isumi-sato | 2020-04-03 17:30 | いきもの

きのこの山

3月29日(日)大雨。午前9時の気温は5.9℃、湿度は92%でした。都内でも雪が降るなど、寒い一日となりました。ここ千葉県いすみ市では、一日中☂雨☂雨☂雨☂。昨日から今日15:00までの累積雨量は、90㎜を超えました。




きのこの山_a0123836_13141497.jpg
近くを流れる河川の様子です。うわっ!いつもより、だいぶ増水しています。





きのこの山_a0123836_13143438.jpg
湿性生態園が、氾濫しています。卵からかえったばかりのオタマジャクシなど、ここに暮らす水生生物は無事でしょうか?水が引いた後…その時が危険です。





きのこの山_a0123836_13144023.jpg
桟橋のようになっています。こちらは、散策するための木製デッキ。あと少しで水没しそうです…





きのこの山_a0123836_13153152.jpg
いすみ市内を展望できる万木城跡公園へ来ました。多くの田んぼに水が溜まっています。手前の丘には、ソメイヨシノが見ごろを迎えています。





きのこの山_a0123836_13153777.jpg
センターに戻ってきました。ここも、例外なくコロナの影響を受けています。しばらく臨時休館です。(4月6日まで)





きのこの山_a0123836_13155283.jpg
一方、桜の花はいま、見事ですね~(#^.^#)。





きのこの山_a0123836_13164273.jpg
クロウリハムシが花見⁈なんと贅沢な花見でしょう。クロウリハムシは、成虫で越冬し、4月ごろから再び活動を始めるハムシ科の甲虫です。カラスウリ類の葉を好んで食べます。





きのこの山_a0123836_13165661.jpg
雑木林には、シイタケ栽培で使わなくなった“ほだぎ”が山積みになっています。古くなって廃棄する原木をいただいてきたもので、カブトムシをはじめとする生きものの良い棲み処になります。





きのこの山_a0123836_13170255.jpg
あー!シイタケが生えている~…うまそ♪ シイタケの旬は、春と秋の2回です。きのこは植物ではなく菌類。菌が増殖していくにも、雨は欠かせません。





きのこの山_a0123836_13171308.jpg
シイタケの裏側に、キノコムシの仲間がいます。「キノコムシ」は、キノコに集まる昆虫の総称です。キノコを食べるもの、そこに集まる虫を捕食するもの、隠れ場所として利用するもの…など、日本だけでも300種以上が知られています。





きのこの山_a0123836_13170800.jpg
ヤスデの仲間でしょうか。こちらも、じっと寒さに耐えています。ヤスデは、きのこも大好物。普段は落ち葉などの植物性のものを食べて、糞をして、森を豊かにしています。見た目は怖いけど、益虫なんですね。





きのこの山_a0123836_13172838.jpg
じゃーん!きのこの山です。

by isumi-sato | 2020-03-29 16:59 | いきもの

春をお届け💛

3月14日(土)曇りのち雨。午前9時の気温は9.9℃、湿度は93%です。今日はホワイトデー。いつもブログを見ていただいている方へ、ちょっとしたお礼…春をお届けしますね~💛




春をお届け💛_a0123836_11185596.jpg
お花が見ごろなんですよ。ハクモクレンは、少し花びらが散り始めました。





春をお届け💛_a0123836_11230227.jpg
ヤマザクラも見ごろです。





春をお届け💛_a0123836_11231071.jpg
今日は北風がピューピュー。風に飛ばされた花が、道に落ちています。ラッキー(#^.^#)。





春をお届け💛_a0123836_11231465.jpg
気になるソメイヨシノは、こんな感じです。まだですかね~…
東京では早くも「開花宣言」らしいですよ。今年は過去、最も早い開花日なんだとか。





春をお届け💛_a0123836_11235564.jpg
土筆(つくし)がぐんぐん伸びています。ほんと筆みたい。この筆先の部分にあたるのが、「胞子のう穂」と呼ばれるところで、胞子を飛ばします。





春をお届け💛_a0123836_11240407.jpg
あっ!葉っぱのかげに、クモ類がいます。季節は啓蟄(けいちつ)を迎えていますが、今日は寒いからジッと隠れていますね。




春をお届け💛_a0123836_11240035.jpg
毛虫もいました♪ 蛾の幼虫でしょうか。寒い中、たくましく生き抜こうとしています。





春をお届け💛_a0123836_11243332.jpg
水辺では、トウキョウサンショウウオの卵のうが増え続けています。このトウキョウサンショウウオは、販売目的の捕獲が禁止される『特定第二種国内希少野生動植物種』の指定候補種に選定されました。





春をお届け💛_a0123836_11291247.jpg
水田の畔が、緑色に変わってきています。耕運機が、田植えの準備も進めています。確実に季節は進行しているようです。

by isumi-sato | 2020-03-14 17:15 | いきもの

虫のホテル?

1月31日(金)くもり。午前9時の気温は9.5℃、湿度は42%です。今日で1月が終わりますね~。




虫のホテル?_a0123836_16382159.jpg
さあ、朝の支度しよう。あれ?





虫のホテル?_a0123836_16394735.jpg
ムカデのなかまが、床を歩いています。「百足(むかで)」とも書くようで…たくさんの足を使って、器用にお散歩中です。





虫のホテル?_a0123836_16395267.jpg
まだ小さいです。これが大人の指ほどまで成長するのだから驚きです。毒を持っているので、気をつけましょう!





虫のホテル?_a0123836_16400370.jpg
もう虫が動き出している…いよいよ「K計画」を再始動させる時が来た。説明しよう。「K計画」とは、カブトムシを増やそうぜ計画の略称である。詳しくは、2016年7月13日のブログをみてちょ。





虫のホテル?_a0123836_16401265.jpg
つまり、カブトムシの幼虫がたくさん暮らせる場所を作ろうとしています。工事開始!





虫のホテル?_a0123836_16401501.jpg
わお!植物の根が張る土の層って、思ってたより薄いんですね。10㎝ほどでしょうか。その下は、硬い粘土の層が広がっています。





虫のホテル?_a0123836_16402397.jpg
できた!ログハウスみたいでしょう?カブトムシのホテルが完成です。





虫のホテル?_a0123836_16402877.jpg
この中に、たい肥や落ち葉なんかを入れる予定です。カブトムシのほかにも、たくさん虫のお客さんが来てくれるといいなぁ。そしたら皆で昆虫観察をやりましょう!その時まで、しばらくお待ちくださいね(#^.^#)。

by isumi-sato | 2020-01-31 17:01 | 作業風景

祝!チバニアン

1月18日(金)くもり。午前9時の気温は6.6℃、湿度は85%です。
今朝の最低気温は1.6℃で、昨日よりも二度以上高かったのですが、雲ばかりの北風の一日で冷たい空気がとても冷え込む一日となりました。
ついに「チバニアン」決まりましたね~…バンザーイ!バンザーイ!(#^.^#)。花の金曜日だから、なんかいいことある予感してたんですよ♪




祝!チバニアン_a0123836_14464018.jpg
あー、まさに花金(はなきん)!これは開花でいいでしょう。「チバニアン」に花を添えています。
紅梅が開いています。





祝!チバニアン_a0123836_14371219.jpg
でも、あたりの景色は冬らしく、色気がありません。これは湿性生態園。
そうだ、色探しの自然観察をしてみよう!






祝!チバニアン_a0123836_14440234.jpg
あったあった、赤い色み~っけ。これは、コナアカミゴケという地衣類(ちいるい=菌類のなかま)です。神秘的な赤が、よく目立っています。木製デッキに生えているのを撮影しました。







祝!チバニアン_a0123836_14375256.jpg
林床には、ジャノヒゲが実をつけています。美しい青紫の実は、「龍の玉」とも呼ばれ、俳句などの季語(冬)に用いられるそうです。





祝!チバニアン_a0123836_14470351.jpg
キセキレイの黄色も、里山の景色を彩ります。食性は動物食。日中は、水辺を歩きながら水中や岩陰などに棲む昆虫類やクモ類などを食べます。






祝!チバニアン_a0123836_14380761.jpg
水辺には、クモがちゃんといました。スジブトハシリグモです。ハシリグモの仲間は、水辺に生活する種が多く、それらは水面にアメンボのように浮かび、素早く走りまわります。





祝!チバニアン_a0123836_14381424.jpg
水中には、ヨコエビのなかまがたくさん暮らしています。堆積した落ち葉を食べ分解すると同時に、魚類などの餌となって、多くの生きものを支えています。





祝!チバニアン_a0123836_14381798.jpg
マツモムシも、寒さにじっと耐えています。暖かい季節は素早いので、なかなか観察できません。冬は、じっくり見られますね♪







祝!チバニアン_a0123836_14385257.jpg
はっきりとした三行脈が特徴のヤブニッケイに出会いました。常緑の樹木です。葉をもみもみして匂いをかぐと、さわやかな香りがします。





祝!チバニアン_a0123836_14385784.jpg
冬の自然観察でも、いろいろな色彩が楽しめました(#^.^#)。

by isumi-sato | 2020-01-17 17:07 | いきもの

ひなたぼっこ

12月12日(木)快晴☀。午前9時の気温は9.9℃、湿度は93%でした。最高気温は19.3℃まで上昇⤴小春日和の心地いい一日となりました(#^.^#)。




ひなたぼっこ_a0123836_15001645.jpg
朝霧が立ち込めています。千葉県内では随所で濃霧が発生…霧で、交通渋滞が起こった場所もあったようです。





ひなたぼっこ_a0123836_15002989.jpg
つゆが、クモの網に結露しています。朝日を浴びて、キラキラきれい♪。でも、肝心のクモがいませんね~…





ひなたぼっこ_a0123836_15003552.jpg
みーっけ!クモの巣から少し離れたところに隠れています。アシナガグモのなかまのようです。この仲間は、水辺に網を張ります。





ひなたぼっこ_a0123836_15022185.jpg
お日様が出て、ぽかぽか陽気になってきました♪ 汗ばむほどです。





ひなたぼっこ_a0123836_15023258.jpg
カワウが、はねをひろげて日向ぼっこを始めました。ウのなかまのはねは、油がなく、水をはじきません。そのぶん、浮力が少なくすむので、潜りやすくなります。魚を捕るなど、水中で行動したあとはびっしょり…潜るたびに乾かさなきゃならんのですね。





ひなたぼっこ_a0123836_15023773.jpg
亀さんも甲羅干し。ミシシッピアカミミガメの集団です。誰かが逃がして、全国に蔓延したカメ。生態系や農業に被害を与えることから、「緊急対策外来種」に指定されています。ペットは最後まで飼いましょうね。





ひなたぼっこ_a0123836_15025846.jpg
ヤツデの花には、ハエのなかまがブンブン集まってきています。花が少ない時期に花を咲かせるヤツデ…ハエのほかにも、アブやミツバチなどが多く訪れます。





ひなたぼっこ_a0123836_15044077.jpg
道には、落葉が積もっています。





ひなたぼっこ_a0123836_15045488.jpg
上を見上げると、黄葉がキレイ! 足取りが軽くなります♪





ひなたぼっこ_a0123836_15050040.jpg
澄んだ青空が、紅葉の美しさを際立たせていますね~。まだ紅葉が楽しめるなんて、ラッキー(#^.^#)。あっ!鳥…





ひなたぼっこ_a0123836_15050885.jpg
アオジです。用心深い性質で、草むらの中などで身を潜めています。全国的に減少傾向で、いくつかの県では絶滅が心配されています。





ひなたぼっこ_a0123836_15051748.jpg
冬は、バードウオッチングのおすすめシーズン。鳥が増える季節だから、見つけやすいから、などの理由です。1月26日と2月9日に「鳥の観察会」が行われます。皆さまのご参加、お待ちしています!

by isumi-sato | 2019-12-12 17:00 | いきもの

ぽかぽか陽気に誘われて

12月4日(水)は、快晴の朝を迎えました☀。午前9時の気温は7.8℃、湿度は59%でした。最高気温は16.9℃まで上昇し、今日も小春日和となりました。




ぽかぽか陽気に誘われて_a0123836_16265927.jpg
ぽかぽか陽気で気持ちイイ(#^.^#)、小春日和となりました。





ぽかぽか陽気に誘われて_a0123836_16270686.jpg
作業もはかどります。こちらでは、「わらすぐり」という作業が行われています。稲わらの“はかま”と呼ばれる不要な部分を取り除き、わらをきれいにする作業です。





ぽかぽか陽気に誘われて_a0123836_16271632.jpg
美しい正月飾りをつくるための大切な作業です。あらかた“はかま”を取り除いたら、次は一本一本ていねいにハサミで仕上げていきます。





ぽかぽか陽気に誘われて_a0123836_16272059.jpg
美しい材料に仕上がりました!わらすぐりは、とても時間がかかる工程です。根気がいる作業なんですよ💦。これらのわらは、12月下旬に行われる「お正月のおかざりづくり」で作り方を説明する見本の材料に使われます。参加予定の皆さま、お待ちしています♪




ぽかぽか陽気に誘われて_a0123836_16304768.jpg
ぽかぽか陽気に誘われて、いろんな生きものに出会いました。菜の花では、ハナアブが花粉のお食事中です。





ぽかぽか陽気に誘われて_a0123836_16274649.jpg
わかります~?画面中央に、あるカワイイ動物がいるのを…





ぽかぽか陽気に誘われて_a0123836_16275145.jpg
かわいい♪ 二ホンノウサギです。夜行性ですが、ラッキーなことに昼間出会うことができました。ありがとう!





ぽかぽか陽気に誘われて_a0123836_16282824.jpg
地面には、あちらこちらに二ホンノウサギの落とし物(フン)がたくさんあります。これらも、草木の栄養になるんでしょうね。





ぽかぽか陽気に誘われて_a0123836_16290316.jpg
ツチイナゴが草むらにいます。バッタ類は卵で越冬する種類ばかりですが、こちらのツチイナゴは成虫で越冬します。





ぽかぽか陽気に誘われて_a0123836_16292740.jpg
コカマキリ発見!千葉県に暮らすカマキリのなかまは、残念ながら成虫のまま越冬できません。もう最後の時を迎えているのでしょう。お疲れ様!





ぽかぽか陽気に誘われて_a0123836_16293107.jpg
こちらはオオカマキリの卵のうです。来年の春、たくさんの幼虫が生まれるのが楽しみですね♪早いけど、「春よ来い♪は~やく来い♪…」

by isumi-sato | 2019-12-04 17:21 | 作業風景

芸術の秋

11月2日(土)快晴☀。午前九時の気温は17.0℃、湿度は61%です。明日は“文化の日”、うれしい祝日ですね~♨。全国各地で、さまざまな文化イベントが開催されることでしょう。ここ「いすみ環境と文化のさとセンター」でも、体験型の文化イベントが開催されています。




芸術の秋_a0123836_16233758.jpg
今日は朝から、さわやかな秋空につつまれています♪





芸術の秋_a0123836_17282197.jpg
あたたかな日差しのもと、「竹かご教室(入門)-3日目-」が行われました。





芸術の秋_a0123836_16242284.jpg
まず、竹を…「どりゃーー!」っと一刀両断にします。なたを使った作業です。みなさん、細心の注意を払いながら、作業にあたっていました。





芸術の秋_a0123836_16242670.jpg
さらに竹を細くしていきます。簡単そうにみえますが、この作業が一番たいへんなんです。そう、この作業で…





芸術の秋_a0123836_16243520.jpg
竹かごの材料、「竹ひご」を作ります。それも、同じ大きさの物を大量に…この細かさですよ💦。この写真は、参加者が青い部分(=竹ひごになる部分)を慎重に切り出しているところです。その厚さは、なんと1㎜ほど…(◎_◎;)。




芸術の秋_a0123836_16244790.jpg
その昔、竹職人というプロ集団がいたそうです。弟子入りし、厳しい修行の末、ようやくできるようになる技だったんだとか。それをわずか4日でやろうってんだから、そりゃ大変だ!講師の方も、一生懸命に技を伝授していきます。





芸術の秋_a0123836_16245116.jpg
竹ひごができたらまず、竹かごの底を平面に編んでいきます。もちろん編み方にも、高度な技がちりばめられています。





芸術の秋_a0123836_16245828.jpg
えいっ!(^^)!。あぁ~!なんとなく竹かごっぽい形じゃありませんかぁ。もう一日あるので、今日はこの辺でしまいましょう。お疲れ様でした♪




芸術の秋_a0123836_16502528.jpg
晴れわたる秋空に、たくさん赤とんぼが舞っています。





芸術の秋_a0123836_16503585.jpg
こちらはアキアカネでしょうか。赤とんぼを代表するトンボです。近年、急激に数を減らしているんだとか…心配です。





芸術の秋_a0123836_16504257.jpg
にらんでる…昆虫たちが怒っているように見えます。オオカマキリのおなかが、ずいぶん大きくなりました。もうすぐ産卵なのでしょう。
いま、秋の自然観察がオモシロイ!遊びに来てください(^^♪

by isumi-sato | 2019-11-02 17:30 | 行事報告

秋の昆虫観察

9月22日(日)晴れ☀。午前9時の気温は24.2℃、湿度は79%でした。「暑さ寒さも彼岸まで」…夏の暑さが和らぎ、しのぎやすくなる季節とのこと。ですが、今日の最高気温は26.8℃…まだ夏日は続きます。熱中症対策は、怠れませんね~。今年のお彼岸は、9月20日~26日です。




秋の昆虫観察_a0123836_14503621.jpg
やはり季節どおりですね。ヒガンバナの花が咲きだしました。センター敷地内では今日が今年初の開花となりました。大原はだか祭りの開催される前には間に合ったようです。今か今かと待ちに待った開花です。去年よりも2週間近く遅い開花となりました。田んぼのあぜが、これから真っ赤に彩られることでしょう。楽しみ♪




秋の昆虫観察_a0123836_14563779.jpg
そんな中、「秋の昆虫観察」という体験型イベントが開催されました。天気が心配でしたが、見てください!この青空☀。絶好の自然観察日和です!(^^)!。




秋の昆虫観察_a0123836_15013387.jpg
「昆キチしょー‼」たまらず一人のむしキチ少年が、網を振り回しながら駆け出します。戦じゃ戦じゃ!




秋の昆虫観察_a0123836_15100071.jpg
とったどー(#^.^#)。ショウリョウバッタのメスを、生け捕りにしたようです。全長80㎜を超える巨大なバッタです。お見事!




秋の昆虫観察_a0123836_15140353.jpg
グループや家族ごとに分かれて、自由に昆虫採集を楽しんでいます。秋の昆虫は、トンボやチョウ、バッタのなかまを中心に、たくさん観察することができました。




秋の昆虫観察_a0123836_15204164.jpg
ナツアカネ・マイコアカネ・ノシメトンボなどの赤トンボや、キタキチョウ・コミスジ・ツバメシジミ・ヒメウラナミジャノメ・ヤマトシジミなどのチョウ類、ショウリョウバッタ・クルマバッタ・ツチイナゴ・オンブバッタ・ヒナバッタ・クビキリギス・イナゴ類・ヒシバッタ類・コオロギ類…種類数や数量ともに、バッタが一番多かったね。




秋の昆虫観察_a0123836_15321109.jpg
このほか、カマキリ類やセミ類、クモ・ハチ・ハエ・ゴキブリのなかま…甲虫のなかまではマメハンミョウやクロウリハムシなど…




秋の昆虫観察_a0123836_15381942.jpg
中には、ニホントカゲやニホンアカガエルを捕まえてくる子供もいました。恐るべきハンターたちです。



秋の昆虫観察_a0123836_15462883.jpg
網の使い方や、虫かごへの入れ方など、昆虫の扱いがとても上手な子供たちばかりでした。




秋の昆虫観察_a0123836_15414133.jpg
捕獲した昆虫を、みんなで詳しく観察です。多くの参加者が、熱心に見入っています。
今年の昆虫イベントは、とても大盛況でした。去年までと比べると、急増です。これも、カマキリ先生のおかげでしょうか。ありがたやありがたや♪




秋の昆虫観察_a0123836_16120635.jpg
今年の昆虫採集イベントは、今回で終わりです。また来年、昆虫たちに会いに来てください!その他のイベントは、まだまだ目白押しです。みなさまのご参加お待ちしております。
※ここでの昆虫採集は、イベントや校外学習以外は禁止されています。ご注意ください。また、捕獲した昆虫は観察後、みんなで逃がします。

















by isumi-sato | 2019-09-22 17:30 | 行事報告