千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:季節の虫 ( 47 ) タグの人気記事

むしむししましょう

7月5日(木)くもり。午前9時の気温は26.9℃、湿度は90%でした。やや蒸しますね~。なんでも戻り梅雨かも?なんて話を耳にしましたが…



a0123836_16543176.jpg

こんな時は、昆虫観察でムシ三昧といきましょう。もわっ…雑木林の中も、やっぱり蒸してます。



a0123836_16573074.jpg

クロカナブンがいました。食事中のようです。クヌギなどが生える雑木林で見られ、樹液に集まります。数は少ないカナブンなんだとか。



a0123836_1781072.jpg

キマワリもいました。ポケモンのキマワリじゃありませんよ。木の周りで見かける虫です。



a0123836_17114768.jpg

ヒメジャノメが休んでいます。やや暗い場所を好むチョウです。



a0123836_17135816.jpg

林縁ではスジグロシロチョウがいました。花ではなく、葉っぱのあたりを飛び回っています。



a0123836_17174197.jpg

たまに葉っぱにとまっています。何やってるのかな?



a0123836_17183542.jpg

とまっていた葉をめくると、あああ!たまご産んでたのね~。ひとつひとつ丁寧に産卵するんだぁ。初めて見ました♪



a0123836_17251729.jpg

「ねっ?昆虫観察は楽しいでしょう?」出会ったノシメトンボが、そう語りかけているようでした。
by isumi-sato | 2018-07-05 17:30 | いきもの

侍ブルーを探せ!

6月20日(水)は、朝から雨が降っています。梅雨らしい天気ですね~☂ 午前9時の気温は22.0℃、湿度は95%でした。



a0123836_135283.jpg

侍ブルーありがとう!バンザーイ\(^o^)/
勝利に花を添えようと、我々も侍ブルーを求めて、自然観察へ出かけてみました。
早速ありました!ツユクサです。花は、朝開いて昼しぼみます。開花している時間が短い花です。



a0123836_13244756.jpg

ここ千葉県いすみ市だけに生息するイスミスズカケも、きれいなブルー系の花を咲かせます。



a0123836_13271433.jpg

イスミスズカケは、最近発見された新種の植物です。花期は、6月~7月ごろが見ごろといわれています。トラマルハナバチが、蜜を求めてやってきました。



a0123836_13314340.jpg

トラマルハナバチは、二ホンミツバチよりやや大きく、体長10~18mmほど。本州・四国・九州の平地や山地などに暮らしています。こうした虫も、イスミスズカケを利用しているんですね。ストロー状の口は、けっこう長いです。



a0123836_13443520.jpg

ジャーン!ゴマダラカミキリを発見です。えっ?だんだんブルーから離れている?



a0123836_13462322.jpg

ゴマダラカミキリは、日本全国の雑木林などに暮らしています。よく飛ぶけど、明かりには集まらない特徴があります。



a0123836_13511827.jpg

野山の景色はいま、緑一色です。その中にブルーがあると、けっこう目立ちます。



a0123836_14231213.jpg


ラミーカミキリが、すぐ見つかりました。このようにブルー系の色は、天敵に襲われやすい色と考えられています。以前、青いアマガエルが珍しいと話題になったことがあります。



a0123836_1355812.jpg

ヤマトシジミも葉の上で雨宿りをしています。ブルーというのはつらい?



a0123836_1427611.jpg


大丈夫。羽を広げると、ブルーが見えます。青い色のシジミチョウは、けっこういるんです。おうちの周りでも探してみてください。



a0123836_13131644.jpg

雨が強くなってきました。これにて自然レポートはおしまいです。けっこう降ってきました。雨災害にはお気をつけください。



a0123836_1312155.jpg

そして、次回のセネガル戦も、がんばれ侍ブルー!
by isumi-sato | 2018-06-20 16:30 | いきもの

6月になりました

6月1日、晴れ。午前9時の気温は21.8℃、今朝の最低気温は16.1℃でした。




a0123836_14402401.jpg
きのうの梅雨のような雨模様から一転して上空には、白い雲と青空が広がりました。
空気も乾いたサラッとした空気で朝の湿度は54%でした。



a0123836_14402803.jpg
きのうの雨模様でも鳴いています。そして今日も鳴いています。
アシハラのアシに止まることが基本なのですが、昆虫広場のアシはまだ丈が低いからでしょう。雑木林の入口にあるクヌギの枝の中で今一番元気な鳴き声が響いてきます。




a0123836_14403199.jpg
夏鳥のオオヨシキリです。ギョギョシ、ギョギョシ。ケケケ、ケケーー。





a0123836_14403477.jpg
きのうの雨滴がついたハナショウブには季節感とともに、しっとりと趣きを感じます。晴れの日のハナショウブは、"花びら"が乾いて少しかわいそうに感じるくらいです。




a0123836_14403980.jpg
でも晴れた日には花に昆虫がたくさん訪れています。見ているとハナショウブの"花びら"(外側の大きな三枚の外花被片と内側の小さな三枚の内花被片。本当は花びらではありません。)の間にもぐっていきます。








a0123836_14403777.jpg
左の体に模様が見えるのが、ハナアブの仲間。お腹に花粉をつけているのは、ハナバチの仲間です。一般的に触角の長さに注目すると、アブの方は短く、ハチの方が長いという特徴があります。これらほとんどの昆虫はお花好きで、人間にはほとんど見向きもしないようです。ハチでも静かに見ている分には、刺されたりしませんから大丈夫ですよ。(スズメバチだけは静かに遠ざかりましょう。)


ついでにアヤメ科の植物の話を少し。アヤメは少し乾いたところ。ノハナショウブはやや湿った草地、カキツバタは最も水の多い水湿地に生えるという性質の違いがあります。
それぞれ花の形、模様にも違いがあります。
また、(ノ)ハナショウブの葉には、中脈といって葉の中央に隆起した筋が通っていることも差別できる観察ポイントです。








a0123836_14404226.jpg
今昆虫広場を歩くと、足もとには小さな白い穂が揺れています。離れてみていると花束のカスミソウのような見え方です。茎の先に4mm程の三角状卵形の小穂をたくさんつけている植物があります。近くで撮影するにはカメラのオートフォーカス泣かせのようで、なかなかピントが合いません。




a0123836_14404544.jpg
ヨーロッパ原産の一年草でヒメコバンソウ(イネ科コバンソウ属)です。穂の形が小判に似ていて、4mm程と小さいからついた名前です。
似たものでこれに比べれば大きな小判のように見える、10~20mmくらいの大きさの穂がつくのは、コバンソウです。





a0123836_14405311.jpg
ディキャンプ場の山裾には、この時期の花が咲き始めています。
恋にまつわる伝説を扱った謡曲「定家」からその名がついたという、テイカカズラ(キョウチクトウ科)。
常緑つる性の植物で付着根によって木の幹などを高くよじ上ります。甘く香る白い花がたくさん咲いています。花色は少したつとクリーム色へと変化します。




a0123836_14404890.jpg
秋の実の代表のひとつ。ムラサキシキブ(クマツヅラ科)の花が咲き始めました。
花を見ながら、秋の実にも思いをはせます。


歩くとたくさんの発見があります。ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-06-01 17:08 | しょくぶつ

落花生の栽培体験をしよう

5月13日(日)晴れ。午前9時の気温は21.7℃、湿度は58%でした。5月らしい爽やかな陽気です。




a0123836_14101461.jpg
ソラマメ!



a0123836_14103110.jpg
玉ねぎ!



a0123836_14103958.jpg
サヤエンドウ!
いま旬の野菜たちが、こりゃまた…



a0123836_14112073.jpg
「うめ~(梅)?」…ってな今日この頃…



a0123836_14113844.jpg
次なる野菜作りが、別の畑で始動です。それは、千葉県といえば…生産量全国1位の落花生♪
今日は、『落花生の栽培体験をしよう』というイベントが行われました。



a0123836_14132160.jpg
まず、耕したり、肥料を施したりしながら、畑の土を作ります。これには時間がかかるので、ずーっと前から準備を進めてきました。もみがら入れたり、堆肥入れたり、ペーハー(pH)整えたり、土を平らにしたり…野菜作るのって大変なんですね。



a0123836_14165168.jpg
「よいしょ!」これは“うね立て”という作業です。



a0123836_14170042.jpg
次に、マルチという黒いビニールを土の上にかぶせます。



a0123836_14171344.jpg
「うまそ~」ダメダメ。食べちゃダメです。これは種にするんです。
今回は、「千葉半立(ちばはんだち)」という落花生の代表的な品種を使います。



a0123836_14175997.jpg
ポチっとな。いよいよ種まき開始です。
種が横向きになるように、浅く植えるのがコツなんだとか。



a0123836_14225680.jpg
皆さん、ひとつひとつ丁寧に植えていきます。10月7日には、収穫できるようですよ。
楽しみですね~♪



a0123836_14273905.jpg
うまく育てるコツは、草取り。
これから暑い季節を迎えますが、かわいい落花生ちゃんのために、草取り作業がんばってください!
でも、あまり無理はしないでくださいね~。



a0123836_14282940.jpg
そんな人間たちを、ヒシバッタの仲間が見ています。



a0123836_14285185.jpg
すぐ横では、ナガメが恋の季節を迎えています。



a0123836_14284605.jpg
やっぱ、いましたね~。畑の定番、モンシロチョウ!



a0123836_14285597.jpg
畑では、たくさんの虫たちを見ることができす。これらの昆虫たちにとって畑は、すみやすい環境なんでしょうね。




a0123836_14320729.jpg
すみやすい環境をつくっているのは、この人たちです。「ありがとう!(by虫)」
またのお越しを お待ちしています!


by isumi-sato | 2018-05-13 17:06 | 行事報告

植物に昆虫が訪れています

5月3日、雨のち曇。午前9時の気温は21.8℃、今朝の最低気温は18.9℃でした。
低気圧の通過に伴って、雨風ともに強いという予報が出ていました。外房では今回の雨量は24mmとそれほどたくさんにはなりませんでした。
昼前くらいから雨が上がりました。それと共にぐっと湿度が上がって93%。最高気温は24.6℃。今年もっとも蒸し暑く感じました。しかし、表にいれば時おり風が強く吹いて蒸し暑さを吹き飛ばしてくれました。

連休後半の始まりです。あと4日間ですね。



a0123836_17473472.jpg
センターの小水路では、数日前から水路沿いに黄色い花が目立つようになってきました。キショウブです。ハナショウブには黄色い花がないので観賞用に日本に持ってこられたのですが、繁殖力が旺盛な外来種で、要注意外来生物です。毎年のように抜いてはいますが、なくすことはむずかしい植物です。




a0123836_17473966.jpg
遅れること約一月後に、例年ハナショウブが咲いてくれます。梅雨の天気に似合う少しワビサビ感のある植物で、これから楽しみです。




a0123836_17474281.jpg
植物では、小さな花の蕾をつけ始めたマユミ。秋には、赤い実をぶら下げます。





a0123836_17474540.jpg
白い小さな花の集合花の蕾が目立ち始めたガマズミなどを今日は紹介します。
こちらも秋に赤い実をつけて、野鳥たちのお腹を満たしています。





連休明け少しして小学校が見学にやってこられますが、モンシロチョウや昆虫も観察したいというお話がありました。短い時間では限られた内容にならざるを得ないのですが、今日は少し昆虫を意識して巡回してきました。
軟らかい葉を展開する暖かくなったこの時期、小さな昆虫たちを発見し始めると、いたる所にいることがわかります。


a0123836_17475013.jpg
花が終わって種をつけ始めているナバナには、ナナホシテントウ。



a0123836_17475365.jpg
テントウムシの仲間では、草食のテントウムシのニジュウヤホシテントウ。
ナス科につくといいますが、林道沿いのアメリカイヌホオズキにたくさんついていました。ハムシ類もいます。アリも来ています。



a0123836_17493572.jpg
スイバの花にもハムシの仲間がいました。



シロツメクサには、たくさんの種類の昆虫が訪れています。





a0123836_17505057.jpg
マルハナバチの仲間でしょうか。そしてシジミチョウやジャノメチョウなどのいろいろな蝶たち。




a0123836_17505419.jpg
枯れた花には、ダンゴムシの仲間まで。




a0123836_17505897.jpg
アキカラマツの小さな葉には、イナゴの仲間の赤ちゃんがついていました。



a0123836_17510730.jpg
a0123836_17510448.jpg
早くも、シオカラトンボたちも姿を現わしました。オス、メスともにみられました。
まだまだ紹介しきれません。
昆虫たち、とてもたくさんの種類が活動を始めています。


ご来館お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-05-03 17:52 | いきもの

今日から処暑(しょしょ)でしょ?

8月23日(水)。午前9時の気温は、30.6℃!朝から30℃越えの厳しい暑さです。今日からこよみでは、処暑(しょしょ)という季節といいますが…


a0123836_15290417.jpg
見てください、この強い陽射し!処暑(しょしょ)という季節は、立秋の次の季節で、暑さが少しやわらぐころだそうです。しかし、今日は暑かった!



a0123836_15352296.jpg
アブラゼミも、たくさん鳴いています~。あれっ?黄葉してる?



a0123836_15381249.jpg
してる、してる。ソメイヨシノの葉が、色づきだしています。下を見ると、落ち葉もちらほら。



a0123836_15403349.jpg
そういえば、ここ千葉県いすみ市でも、稲刈りが始まっています。少しづつ、秋を感じますね。


a0123836_15421524.jpg
今年のお米はどうでしょう?おいしい新米が楽しみです♪



a0123836_15435355.jpg
「ひでぶ!」ゴーヤが内部破裂しています。ほろ苦い人生の集大成、といった姿に映ります。


a0123836_16005250.jpg
あっま~い!鮮やかな赤は果肉。その中に種が入っています。果肉は苦くありませんでした。メロンような味に感じます。ところでこの写真、なにかゆるキャラに見えるのは私だけ?



a0123836_16262182.jpg
おっと!シオカラトンボがキタキチョウを捕食中です。このように多くのトンボは、はねを広げてとまります。



a0123836_16381386.jpg
一方カワトンボの仲間は、はねを閉じてとまります。ハグロトンボでしょうか?真っ黒なはねがカッコイイ!


a0123836_16421676.jpg
まだまだ暑い日が続くようですが…移りゆく季節を感じに、遊びにきてください。水筒をもって!(^^)!






by isumi-sato | 2017-08-23 17:12 | いきもの

夏のスペシャルウィーク・さとの夏遊び 3日目

8月11日(金)の天気は、曇ときどき小雨。午前九時の気温は23.7℃、すこし涼しく感じる朝です。


a0123836_13334208.jpg
「夏のスペシャルウィーク・さとの夏遊び」の3日目…早くも最終日です。午前の部は、「虫採り探検隊!」。タイトル通り、ズバリ昆虫採集でしょう!いつも採集できないんですが、今日はスペシャルです。捕虫網をもった子どもたちが、昆虫たちを包囲していきます。



a0123836_13395011.jpg
「どりゃー!」絶叫しながら、木を蹴っています。すさまじいキックに、たまらず空から黒いダイヤが…ばらばらと落ちてきます。なんだろう?それは、後でのお楽しみ♪



a0123836_13433843.jpg
「とれたー!」女の子も負けていません。チョウやバッタ、セミ、トンボ…いろいろ捕まえています。



a0123836_13470800.jpg
採った虫たちを、図書室で調べながら、じっくり観察です。「これかなー?」「でかっ!」「きゃー!」…ワイワイガヤガヤ



a0123836_13491936.jpg
黒いダイヤの正体は、クワガタムシでした!カブトムシも、手で触り、ケンカさせながら、ジーっと観察中。最後は、みんなで野外に返してあげました。他の子どもたちも観察できるようにと…ズバリ!なんと心温まる観察会でしょう。



a0123836_15004646.jpg
午後の部は、「竹トンボをつくろう!」です。



a0123836_15012321.jpg
これが、竹トンボ。知ってますよね~。江戸時代には、現在と似たものがすでに作られていたんだとか。古くから、日本の子ども遊びには、欠かせない道具だったんですね。



a0123836_15022967.jpg
つくり方は、①穴あけて②型どおりに削って③火で曲げて④棒をいれたら…



a0123836_15061174.jpg
「できたー!」早速、飛ばしてみましょう。「あれ?」最初は、なかなか上手く飛ばせません。



a0123836_15070034.jpg
左手は動かさず、右手だけシュッと前へ出すのがコツなんだとか。先生や親から教えてもらうと、さすが子供たち、あっという間に竹トンボ名人になっていました。



a0123836_15223458.jpg
ところで…夏休みは、いかがお過ごしですか?これから夏休み後半!夏休みといえば、「千葉県いすみ環境と文化のさとセンター」ですよね~。天気がいい日にでも、お立ち寄りください!お待ちしています(*^_^*)


by isumi-sato | 2017-08-11 17:15 | 行事報告

初夏の昆虫たち

5月3日はれ☀午前9時の気温は18.4℃で、ゴールデンウィークにふさわしい一日です。


a0123836_1675424.jpg
いすみ環境と文化のさとセンターでも、大勢のお客さんでにぎわっています。


a0123836_16125173.jpg
昆虫たちも、初夏の季節を楽しんでいますね~♪


a0123836_16141593.jpg
おーっと!初夏のむしを発見です。オトシブミ類が若葉に集まっています。


a0123836_16172994.jpg
名前の由来となった“落とし文”を作りだしています。ゴマダラオトシブミが、まず葉っぱを切って…



a0123836_16343547.jpg
巻いて…



a0123836_16351035.jpg
およそ1時間後…できました!葉の中には卵が産んであります。この葉巻が、恋文にみたてられ…想いをしたためた手紙を道に落としておくのが“落とし文”という訳です。実際は写真のように、ぶら下がっているものがほとんどなんだとか。



a0123836_1655183.jpg
お花に目を移すと、コアオハナムグリが、おいしそうに花粉を食べています。



a0123836_16481817.jpg
モモブトカマキリモドキも、よく見かけます。体液には毒が含まれていて、手でつぶして体液が皮膚につくと、水膨れになり痛いそうですよ。



a0123836_16583363.jpg
似た姿をした昆虫が、色々いました。左上から、ヨツボシテントウダマシ→オオジュウニヤホシテントウ(これだけテントウムシ類)↙イタドリハムシ→ナガメです。テントウムシ類の体液には毒があり、鳥などに襲われにくいと言われています。そのテントウムシ類に姿を似せることで、身を守っているんですね。



a0123836_1793464.jpg
このほかにも、たくさん昆虫を観察することができます。必ず出会えますよ♪ 皆様のお越しを、お待ちしています!



by isumi-sato | 2017-05-03 17:22 | いきもの

明日は啓蟄

3月4日(土)、午前9時の気温は8.2℃。寒さが、だいぶん和らいできました。湿度60%台のさわやかな朝です。



a0123836_13352767.jpg
春が来た♪春が来た~どこに来た~♪



a0123836_1338191.jpg
春を発見!いよいよ明日は、「冬眠をしていた虫が出てくるころ」といわれる啓蟄(けいちつ)の日です。



a0123836_13422972.jpg
ナナホシテントウが出てきました。カワイイですね。派手な模様をしているのは、警告色。「臭いよ、毒あるよ、だから食べないでね」と鳥などに知らせているんだとか。



a0123836_13551212.jpg
水辺に行くと、トウキョウサンショウウオの卵のうを発見!今年はまだ、あまり見かけませんね~。。



a0123836_1357321.jpg
近くで親が死んでいます。


a0123836_14323147.jpg
何ものかに襲撃されたようです。水辺に集まるこの時期、アライグマに襲われる被害が増えているんだとか。。



a0123836_1423490.jpg
成体は、こんなにキュートです。当センターで飼育しているトウキョウサンショウウオは、間近で見られます。ぜひ見に来てくださいね。



a0123836_14101327.jpg
二ホンアカガエルの卵かいも、ようやく増えてきました。とても早い産卵で知られていますが、今年は少し遅いのかな?



a0123836_14114534.jpg
二ホンアカガエルの成体は、こんな姿をしています。繁殖が終わると、5月ごろまで二度寝するそうです。



a0123836_1422597.jpg
暖かくなるにつれ、見られる生きものが増えてきました。ぜひ自然観察に来てください!



by isumi-sato | 2017-03-04 14:37

ウスタビガのまゆ

1月25日(水)、午前9時の気温−1.0℃、晴れ。今朝の最低気温は−2.5℃。今朝も寒い朝を迎えましたが、昨日ほどの冷え込みではなかったようです。


a0123836_13365893.jpg
万木堰は、七割ほどの水面が凍りました。

a0123836_13371686.jpg
凍った水面には鳥の羽が優雅に舞っていました。なんの鳥の羽でしょうね。

a0123836_13373226.jpg
畑の近くのエノキの木にはガの仲間、ウスタビガのまゆが観察できました。産み付けられたばかりのまゆなら鮮やかな緑色をしていますが、少し黄色くなって退色しています。去年の1月5日のブログでも紹介しましたが、去年観察できた場所の近くでことしも観察できました。秋の終わりにまゆから羽化した成虫は交尾の後、雌は自分が出てきたマユに卵を産み付け一生を終えるそうです。もしかしたらこのまゆにも卵が産み付けられているかもしれません。

a0123836_13374811.jpg
同じ木の上部にはハラビロカマキリの卵でしょうか?ほぼ卵型にふくらんで硬い。木の幹や枝などに産み付けられます。
他方オオカマキリの卵の形はほぼ球状で泡が固まったよう。(チョウセン)カマキリやコカマキリはサヤ状で細長い形をし、コカマキリは片方が細くとがってっていることで区別できます。

a0123836_1338318.jpg
今年は、年頭に開花した紅梅も五分咲きとなりました。

a0123836_13382658.jpg
この時期は様々な鳥が観察できます。アオジです。ユズの木にとまっています。「ジッジッ」と地鳴きをしながら木々を飛びわたっています。


毎日違う様々な自然に出会えます。

センターへお越しください。

お待ちしております。







by isumi-sato | 2017-01-25 17:15 | センターこぼれ話