千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:季節の生き物 ( 1069 ) タグの人気記事

夏の夜の生き物たち

7月21日(土)はれ。午前9時の気温は30.7℃、湿度は72%でした。今日の最高気温は32.8℃!今日も暑いですね~ι(´Д`υ)アツィー…でも♪♪



a0123836_16102320.jpg

今日から夏休みーーー!わーいわーい



a0123836_16103629.jpg

夏休みにふさわしい昆虫も、昼間から雑木林をうろついています。今晩の『夏の夜の生き物たち』のイベントでも見られるといいのですが、どうなることやら…



a0123836_16105050.jpg

ゴマダラチョウやヤマトタマムシが、エノキの木の周りをたくさん飛んでいます。こちらも夏の光景ですね。



a0123836_1611513.jpg

草むらでは、弱肉強食のドラマが展開されています。ナガコガネグモがニイニイゼミをゲッツ!



a0123836_1611974.jpg

カマキリの仲間も、獲物を狙っているようです。ずいぶん大きくなりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

a0123836_20594793.jpg
いよいよ夜がやってきました。さあ出発です!


a0123836_21182313.jpg

お約束~♪ ありがとう!やっぱ主役だね。カブトムシがたくさん観られました。


a0123836_21194313.jpg

参加者のちびっこ達は、やはり相当なつわものです。次から次と発見し、「すげー!」と夏休みの夜を満喫していました。セミの羽化がキレイで神秘的です♪


a0123836_21225877.jpg

夜の観察は、昼間と全然違います。危険もあることも、しっかり勉強しました。



a0123836_21242541.jpg

さあ夏休みは始まったばかり!自然観察に自由研究と、思い切り夏を楽しみましょう!ここネイチャーセンターでも、たくさん楽しめます。ぜひ遊びに来てください。

※本日の参加者へも観察した生物はその場で自然に返してもらいました。
当センターでは、野外施設(生態園等)を自然観察の場として管理を行っており、当センターで主催する自然観察会等を除き、一般来園者の生物採集等は禁止しております。また、閉館(閉園)後は、危険もありますのでセンター内に立ち入らないでください。今後ともご理解、ご協力のほどお願いいたします。









by isumi-sato | 2018-07-22 00:17 | 行事報告

今日も暑い一日

7月18日(水)、午前9時の気温30.6℃、今日の最高気温33.3℃!(百葉箱にて)記録更新です。外に出ると太陽の光が肌に刺さります。
a0123836_15581746.jpg
田んぼのようす。稲が青々しています。まさに「里山の夏」ですね。



a0123836_15582152.jpg
出穂し始めましたが、遠くからみるとまだあまり稲穂は目立ちませんね。



a0123836_15582502.jpg
ヒヨドリでしょうか?夏の時期でも元気よく鳴き羽ばたいていま。ぼさぼさな頭。鳥たちも暑いのでしょうか?いや暑いはずです。


a0123836_15583088.jpg
この時期はどこに行っても、セミの抜け殻に出合います。



a0123836_15583301.jpg
おお今年初!セミが観察できました。何ゼミでしょう?少し遠くて分かりません。


a0123836_15583926.jpg
クヌギの果実の様子。殻斗の分部が目立ち始めました。ライオンのたてがみのようです。


a0123836_15584205.jpg
エノキの果実は熟し始め、オレンジ色に変わり始めました。機会があったら少しかじってみてください。リンゴのようなシャリシャリした食感です。でも時期がありますので、タイミングよく熟していたらの話です。少し遅いと渋くなってしまいます。

a0123836_15584688.jpg
タマアジサイのつぼみが多く観察できるようになりました。よく見ると…

a0123836_15584927.jpg
一輪だけ咲き始めていました。和を感じさせる色合い。早くもっと多く咲かないかな~。

センターは見どころいっぱい。ぜひ遊びに来てくださいね。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-07-18 17:25 | センターこぼれ話

晴れ渡る青空

7月7日(土)、午前9時の気温18.8℃、今朝の最低気温15.1℃、そして今日の最高気温28.9℃、寒暖差がずいぶんあります。他県では、大雨による被害がかなり出ているようです。心配です。

a0123836_13463498.jpg
澄み切った青空にふわふわとした雲が、早い速度で南西から北東へ向かって流れています。


a0123836_13464130.jpg
ネムノキには、アゲハチョウの仲間がピンク色の花から花へ吸蜜していました。私がじっと立ち止まって静かに撮影していると、私の近くスレスレまで飛んで近寄ってきました。私もずいぶん自然に溶け込む技を得たようです。



a0123836_13464803.jpg
湿性生態園の木道デッキを歩いていると…何やら黒いぶつぶつがカラムシの葉の下にたくさん落ちていました。きっと何かいる。よく見てみるといました大物が。



a0123836_13470207.jpg
フクラスズメの幼虫でしょうか?しかも三匹。一生懸命一心不乱に葉を食べているようです。毒々しくいかにも毒を持っていそうな風貌ですが、毒は持っていないそうです。成虫になると樹液を吸うそうです。



a0123836_13471099.jpg
カラムシときたらセンターではおなじみラミーカミキリ。小さいながらも存在感のあるその模様はかわいらしく、パンダの模様?もしくはアイマスクをしたひげの紳士にも見える?


a0123836_13471853.jpg
オニドコロの花が咲き始めました。オニドコロは雌雄異株で、この花は雄株に咲く花のようです。かわいらしい花がらせん状に咲きます。葉がハート形で、ヤマノイモに似ていますが、ヤマノイモとは花の咲き方が違います。でも同じヤマノイモ科ヤマノイモ属です。(街で見かける雑草や野草のくらしがわかる本/秀和システムより)


---------------------------------------------------------------------------------
もう、満開の時期は終わろうとしているイスミスズカケ。今年も多くの方がイスミスズカケを見にセンターへ来てくれました。イスミスズカケありがとう。そして見に来てくださった皆様、ありがとうございます。以下の写真は、センターへ来館されたお客様からいただいた作品。色鮮やかにそして毎日のブログ写真とは少し違ったアングルでの写真です。Mさんありがとうございます。


a0123836_13472463.jpg
a0123836_13492370.jpg

----------------------------------------------------------------------------------


夏本番を目前に、センターでは様々な生きものたちが観察できます。

皆さんどうぞお越しください。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-07-07 17:25 | センターこぼれ話

虫の声が聞こえてきました

7月4日、曇。午前9時の気温は27.2℃、今朝の最低気温は24.6℃でした。
朝から風がよく吹いて、きのうおとといの高温からはわずかですが解放されました。
台風7号が日本海を進み、昼ころ通り雨がありました。午後から風が時おり強く吹きました。上空の雲が早く流れていきます。
今日の最高気温は、30.4℃でした。



a0123836_18083819.jpg
ハス田ではハスの葉とたくさんの蕾が風で大きく揺れています。



a0123836_18084579.jpg
田んぼのイネは風に押されて、風が吹くもようを波のように描いていきます。



a0123836_18085224.jpg
雑木林では、上を見上げると樹冠のすきまが絶え間なく揺れ動いて、林が動いているようでした。クヌギ、コナラ、ムクノキなどの枝です。



a0123836_18085538.jpg
しばらく雨が降らないため、土が乾燥しています。昼の通り雨もお湿りにはならず、土は全く乾いたままでした。畑の草刈りをしていると、ものすごい土ぼこりが巻き上がっています。



a0123836_18085911.jpg
林道沿いを歩くと、たくさんのつる植物、特にカラスウリが元気にツルを伸ばして葉を広げているようすが見られます。蕾はもう少し後の8月に、夕方開く白い花が見られるでしょう。



a0123836_18090233.jpg
セミの鳴き声が聞こえるようになりました。ニイニイゼミがたくさん羽化して鳴いているもようです。草地からは、昆虫の鳴き声も聞こえてくるようになりました。
「ジィー、ジィー」。虫の鳴き声が今年は少し早いような気がします。
湿性生態園のオギには、大きくなったヒメギスがついていました。

植物は育ち、昆虫たちもますます元気になってきました。

ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-07-04 18:11 | いきもの

7月になりました。


7月1日、晴れ。午前9時の気温は28.6℃、今朝の最低気温は25.6℃でした。
最高気温は、昨日と同様、30.5℃となりました。


a0123836_17305644.jpg
熱帯夜でした。朝から気温はぐんぐん上がります。
「トッキョキョカキョク」の声がよく聞こえてきます。このホトトギスの声、朝と夕にはよく聞こえます。最も気温が上がる昼下がりにはさすがに暑いのでしょうか
、小休止しているもように感じられます。
今日も暑い中、ザリガニ釣りの家族連れの方がたくさん見えました。
奥の大きなネムノキの花色は、晴れ続きで早くも少し花色が移ろい始めています。




a0123836_17305380.jpg
小さなネムノキでは、青空をバックに今が盛りと、濃い目のピンク色の花色がたくさん目につきます。




a0123836_17305035.jpg
細い毛のような花が開ききる前の蕾状態の方が花色は濃く見えます。
1日の観察で花が開いていく様子が撮影できます。
(夏休みの自由研究には、間に合うでしょうか?)




a0123836_17304510.jpg
午後4時をまわると吹く風が、日陰では少し涼しくなってきます。
ハスの花は、午後になると開ききってしまったり、明る過ぎる太陽光で目立たなくなります。




a0123836_17304716.jpg
それでも蕾はここ数日、毎日60以上は数えることができます。




a0123836_17304185.jpg
トンボたちが元気です。特にシオカラトンボたちがハス田にも、湿性生態園にも今一番よく姿を観察することができます。オスは水色。



a0123836_17303778.jpg
メスは、ワラの色で別名ムギワラトンボといわれています。



晴れマークが続いていましたが、夕方発表の天気予報が少し変わりました。曇と雨のマークが4日後くらいに出てきました。すこし先なのでまだわかりませんが、、。
ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-07-01 17:33 | しょくぶつ

田に現れる生きものたち

6月30日(土)、午前9時の気温28.8℃、今日の最高気温30.5℃、快晴。外に一歩出るだけで溶けそうな天気です。昨日の衝撃的な梅雨明けは、体と精神に堪えます(汗)。「えーもう梅雨開けっちゃったの?」という巷の声もちらほら。皆さん思っていることは同じですね。

a0123836_14242544.jpg
今日も田んぼのようすから。海で涼むのもよいですが、波立つ海のような田の眺めも夏ならではの風物詩といえますね。


a0123836_14242919.jpg
おとといから、中干しを始めたセンターの田んぼ。中干しとは田んぼから水をすべて抜いて乾燥させる田んぼ作業での工程の一つ。イネの根に酸素を供給するとともに、肥料の吸収を促進させ稲穂をしっかりさせるために行われます。

a0123836_14243481.jpg
中干しが始まると、田んぼを訪れた生きものたちの足跡が観察できるようになります。これはカメの足跡?


a0123836_15095769.jpg
これはアライグマでしょうか?



a0123836_14244148.jpg
この二つに割れた足跡はイノシシ?かな?



a0123836_14244548.jpg
ネムノキは南国ムード満点!あれ里山ムードでしたね。



a0123836_14244969.jpg
オニグルミの果実が落ち始めました。二年前にオニグルミの木の下で観察できた二ホンリスの姿。今年もまだ観察できていません。きっとひっそりと人間のほうが観察されていたりして…。


a0123836_14245369.jpg
ガマズミの果実も、少しづつ膨らんできました。


a0123836_14245637.jpg
クリのイガは、まだ柔らかいです。


a0123836_14250040.jpg
ハス田ではトンボの数が増えたようです。



a0123836_14250399.jpg
今日も朝一番にハスの花の撮影。ハスの開花とセミの鳴き声。

夏を彩る風景です。


夏を満喫できるセンターへぜひ遊びに来てくださいね。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-06-30 17:25 | センターこぼれ話

梅雨明け、夏の到来

6月29日(金)、午前9時の気温28.6℃、今日の最高気温30.3℃、晴れ。朝から真っ青な青空が広がりました。なんと本日午前11時、関東甲信地方の梅雨が明けた模様と発表されました。去年より7日、平年よりは22日も早い梅雨明け何だそうです。暑いわけです。


a0123836_13421571.jpg
真っ青な空に里山の緑は、私たちをノスタルジックな気持ちにさせてくれます。




a0123836_13421966.jpg
ハス田の様子。ハスの葉の緑も青空に映えます。



a0123836_13422386.jpg
カラスザンショウは、多くのつぼみが目立ち始めました。冬の時期の葉がすべて落ちてしまったカラスザンショウを思い出すと、季節の変り目にはちゃんと葉を広げ、花を咲かせる生き物の生命力には感心します。


a0123836_13422620.jpg
センダンのようす。枝先にはコロッとした果実が観察できるようになりました。この写真は遥か頭上2mほどの高さになりた果実を撮影。紫の花の後に、たくさんの果実を毎年付けます。

a0123836_13423054.jpg
雑木林では、なんとニイニイゼミの抜け殻を発見。田んぼの西側からはセミの鳴き声が聞こえます。何のセミの鳴き声だかわかると良いのですが…。夏の到来を告げる「音」ですね。



a0123836_13423420.jpg
スダジイの果実も観察できました。殻斗が目立ち始めました。どんどん大きくなり、ブナ科の果実の総称でもある「ドングリ」になります。



a0123836_13423810.jpg
タマアジサイは、つぼみをキレイな球形にして開花の準備。淡い紫色の花を咲かせるのはいつでしょうか?


a0123836_13424152.jpg
イスミスズカケのようす。満開のピークは過ぎたでしょうか?

でも鮮やかな紫色の花は、何回見てもすばらしいく感心してしまいます。
ぜひ見に来てくださいね。


お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-06-29 17:25 | センターこぼれ話

夏にむかって

6月28日(木)、今日の最高気温31.3℃、暑い(汗)。体にこたえますね。
外を少し歩いただけでも肌がジリジリ。

a0123836_14570137.jpg
万木堰のようす。風が強かったため、万木堰の水面に風の吹きつけるようすがくっきりとみえます。


a0123836_14570858.jpg
田んぼの稲も風に吹かれて波が立っているようです。この風になびく稲は私にとっては夏の到来。幼いころには青々とした田んぼを見ると「もうそろそろ夏休みだな」と思ったことを今となって思い出します。いすみ市出身の私ですが、幼いころから自然に囲まれて生きていると、さまざまな生きものから季節の変り目を教えられていたんだなとこの歳になって気づきました。




a0123836_14573907.jpg
これはミゾソバの葉でしょうか?湿性生態園の木製デッキにの近くに多く見られます。まだまだ花は咲きませんが、葉が特徴的な形をしています。ピンク色のかわいい花が咲きます。



a0123836_14575831.jpg
コシアキトンボも数が増えてきました。胴の部分が白く空いているから「腰空き」トンボなんっだって。
a0123836_14580410.jpg
ムラサキカタバミが湿性生態園の木製デッキ入り口に多く観察できました。いつの間に咲いたのでしょう?しかしこの花は南米原産。江戸時代末期に園芸用の植物として日本に持ち込まれました。美しいピンク色の花とハート型のかわいい花ですが、気温の高い沖縄では旺盛に生育し問題になっているそうです。(散歩が楽しくなる雑草手帳/東京書籍)

a0123836_14581004.jpg
今日もハスの花は優雅に咲いています。


外は暑いですが、植物から涼をもらいに来ませんか?

お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-06-28 17:25 | センターこぼれ話

青空が広がりました

6月24日(日)、午前9時の気温20.8℃、今朝の最低気温18.4℃、雨のち晴れ。朝方は一時強く雨が降りつけましたが、午後にはきれいな青空も広がった時間がありました。


a0123836_13511230.jpg
田んぼのようす。青い空に緑の田んぼ。まさに夏の里山風景ですね。




a0123836_13511874.jpg
ハス田は、今日も多くの花を咲かせています。午後になり空が晴れ渡ったころ、カメラを持ったお客様が、数名来館されました。青い空に淡いハスのピンク色は映えることでしょう。



a0123836_13363952.jpg
そのハス田の近くには、ヤナギハナガサが観察できます。茎の先に花序をだし、筒状の赤紫色の花を多数つけます。まるでハナガサを連想させるような花序のスタイル。しかし南アメリカ原産の帰化植物なんです(街でよく見かける雑草や野草のくらしが分かる本/秀和システム)




a0123836_13381548.jpg
センター建屋近くでは、最近スズメが観察できるようになりました。少し前まではあまり観察できなかったような…。スズメは全体的に褐色に見えますが、よく見ると背中には黒いたてのすじがあり、翼には白い帯が2本入っています。思ったより複雑な模様の鳥です。お腹は白っぽい色をしています。褐色の頭と、白い顔にあるほくろのような黒い斑点もスズメの特長。くちばしとのどは黒く尾の両脇は薄い褐色です。最近スズメの数が減っているという話も聞きますが、なぜ少なくなってきたのでしょうか?(スズメのなかまたち/あすなろ書房)




a0123836_13374758.jpg
コウゾの果実には、ハムシの仲間がぴったりとくっついています。他の虫もくっついていますね。この時期のごちそうなのでしょうか?



a0123836_13375352.jpg
デイキャンプ場では、ミカンの果実がみるみる成長。直径3㎝ほどの大きさになりました。



a0123836_13375894.jpg
クリの木のようす。オバナは完全に落ち、メバナがクリのイガの形になってきました。あんなに小さかったのに…。



a0123836_13380980.jpg
カキの果実も、すっかり形が出来ています。




a0123836_13383767.jpg
ムラサキシキブも花の時期を過ぎ、果実が観察できるようになりました。きれいな紫色に変わるのはいつごろからでしょうか?



a0123836_13390154.jpg
今日も鮮やかにイスミスズカケが咲いています。



a0123836_13391050.jpg
今が見頃です。


どうぞセンターへお越しください。

お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-06-24 17:25 | センターこぼれ話

夏に向かって

6月22日(金)、午前9時の気温22.4℃、今朝の最低気温16.7℃、曇。朝方は冷えますが昼間はムシムシ。梅雨ならではですね。一日中センター上空は雲に覆われた一日となりました。


a0123836_11342307.jpg
田んぼのようす。イネの緑がずいぶん濃くなってきました。青い空に、濃い緑色の稲が風になびく夏の風景が見れるのももうすぐですね。



a0123836_11342733.jpg
今朝も、ハスの花はしっとりと梅雨空に向かって咲いています。



a0123836_11343049.jpg
エノキのようす。果実が丸々と大きくなり葉より果実のほうが目立つようになりました。今年の夏もタマムシの成虫がエノキの木で観察できるかな?



a0123836_11343328.jpg
おや?クワの木の葉にテントウムシの幼虫のような虫を発見。クワの葉が、多く茂りだす頃から多く観察できていました。何テントウムシになるのでしょうか?成虫になるまで観察できるといいな。


a0123836_11344227.jpg
センター建屋では、有志の方々がコケ玉作りのため、和室、工作室の縁側を利用されました。皆さん毎年センターを利用されて活動されており、植物にもとても詳しい方々ばかりです。コケ玉作りもお手の物。皆さん楽しそうに自分の作品を作っていました。



a0123836_11381165.jpg
センター分としていただいたコケ玉!毎回利用していただくたびに、作品をいただいてます。いつもセンターを利用していただきましてありがとうございます。事務所入り口に展示してありますので、皆さん見に来てくださいね。


a0123836_11381806.jpg
林道ではタマアジサイが、大きなつぼみをつけ始めました。ガクアジサイや、セイヨウアジサイよりも遅く咲きます。派手さはありませんが咲くその姿は風情があります。


a0123836_11382303.jpg
イスミスズカケのようす。鮮やかな紫色が曇り空でドンヨリした私たちの気持ちをすっきりと晴らしてくれるようです。小さいながらも力づよく咲く花に勇気をもらいます。

夏に向かって、さまざまな植物たちが花を咲かせ実を付けます。

どうぞセンターへお越しください。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-06-22 17:25 | センターこぼれ話