千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:季節の生き物 ( 1120 ) タグの人気記事

里山の鳥の観察

1月20日、曇のち晴れ、のち曇。午前9時の気温は3.8℃、今朝の最低気温は0.1℃でした。今日は大寒。朝方は寒く、雲が多かった空ですが、10時過ぎころからは青空が見えて、午後には生ぬるい風が吹いていました。夕方、今日の最高気温を見ると、何と17.8℃を記録していました。大寒らしからぬ、不思議な天候です。



今日は、行事「里山の鳥の観察」です。朝八時半集合、お昼までの予定で、当センターから万木城址、周辺の集落の中を歩いてぐるっと一周する野鳥観察会です。朝早くからの方が鳥がたくさん見られるので8:30集合スタートです。



a0123836_16331414.jpg
今日の予定、歩くルート、観察道具の貸出し説明の後、駐車場へ出て、まずは双眼鏡の練習です。
フィールドスコープを持つ人は、その操作も練習です。
ヒヨドリの声がしています。林道を歩くと、ジジジッと、アオジの声がしてきます。



a0123836_16403291.jpg
少し歩いて万木堰にて、観察です。すぐ近くの水面には鳥の姿は見えませんでした。堰の奥の葉を落として水面に張り出した枝の下に数羽の野鳥が水に浮かんでいました。
水面から潜って姿を消したのは、カイツブリ。



a0123836_17303199.jpg
双眼鏡、フィールドスコープをのぞくと、樹の枝の下に見えたのは、ハシビロガモ、キンクロハジロでした。


a0123836_16331761.jpg
小さなお子さんも一生懸命に観察しています。


a0123836_16332011.jpg
林道を歩く道すがら、メジロ、シジュウカラの声が聞こえてきます。
湿性生態園につくと、ヤナギ水没林を過ぎたところで、講師が林の中に少し珍しい野鳥がいるのを発見しました。




a0123836_17285272.jpg
ゴイサギの幼鳥でした。



a0123836_17285640.jpg
体が杉の幹と保護色のようになって、なかなかパッと見では見つけにくい姿です。
湿性生態園では、ハシブトガラス、ヤマガラ、コゲラなどの声や姿が確認できました。林道途中では、木の中にシメの姿も確認しました。




a0123836_16554461.jpg
林道を歩き、近くのお寺の奥の谷にある大階段を上ります。この登り、なかなか、息が切れます。はぁはぁ、、、。
昨年の風台風で倒木が一段と増えています。




a0123836_16332317.jpg
山の上の広場に出ると、展望台が見えます。
ここで少し万木城についての歴史話を行ないました。戦国時代の土岐氏の山城で、地形を利用した敵の侵入を阻むいろいろな仕掛けがありました。



a0123836_17320647.jpg
万木城の展望台からは、房総丘陵が一望できます。冬の空気が澄んだ日には富士山も見えます。残念ながら今日は見えませんでした。東方には太平洋が望めます。



a0123836_17323740.jpg
丘陵を降りてしばらく進んで、田んぼに囲まれた集落の中を歩きます。大きなクロガネモチにはたくさんの実がついており、




a0123836_17324252.jpg
実をついばむツグミがいました。今年はなぜかツグミの姿を見かける機会が例年よりも少ないようです。
モズも庭木や電線にいました。オスメスともに観察できました。



a0123836_17332594.jpg
夷隅川を望むポイントに来ました。
遥か向こうには、マガモの姿が見えました。





a0123836_17332814.jpg
やや近くには、コガモたちがたくさんいます。さらに近くに、水面を横切るオオバンの姿が見えました。黒い体に額だけが白いモノトーンの水鳥です。



a0123836_17333250.jpg
最後に当センター進入路に戻ってくると、田んぼの中に生きものをさがして土をつついている大きめの鳥がいました。アオサギです。冬場はエサが少ないため、えさを見つけられず死んでしまう若鳥も少なくないといいます。



図書室に戻り、今日出合った野鳥の名前を再確認しました。リストを手に「鳥合わせ」です。本日は、全部で27種の野鳥を確認できました。今年は例年よりも少ない種数でした。
2月2日には、水辺の鳥の観察があります。参加申込受付中です。


ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2019-01-20 17:40 | 行事報告

冬の探し物

1月16日(水)、午前9時の気温7.6℃、今朝の最低気温-1.6℃、快晴。今朝の寒さは少し和らいだようです。この時期、起きる時間はいつも寒さとの戦いですが、今朝はすんなり起きることが出来ました。でも寒さとの戦いはまだまだ続きます。

a0123836_14243590.jpg
万木堰のようす。今日は前述の通り暖かかったので、じっくりゆっくり自然観察が出来ました。冬のこの時期に観察できるものを探しました。





a0123836_14252086.jpg
ノササゲの果実のようす。果実が熟して種子をはじいた直後に観察したときには、種子がすぐに落ちてしまいそうでしたが、結構しっかりくっついていたんですね。こんな寒い時期までちゃんと形を保っていたのですね。





a0123836_14252815.jpg
アオキの雄株でしょうか?花を咲かせる準備をしていました。

a0123836_14253267.jpg
アメリカイヌホウズキの果実です。熟して黒くなり、光沢があります。在来種のイヌホウズキの果実には光沢はありませんが、外来種のアメリカイヌホウズキの果実には光沢があります。ツヤツヤしていてきれいですが、毒があるそうです。食べないでくださいね。


a0123836_14263811.jpg
カラスザンショウの幹のようす。葉痕が笑った女の子のように見えます。愛嬌たっぷりですね。

a0123836_14283346.jpg
竹林の近くでは、メジロが撮影できました。細かな動きをしてなかなか撮影させてくれませんでしたが、ちょうど顔をのぞかせたタイミングで撮影できました。


a0123836_14283766.jpg
「コンコンコンコン」と聞こえてきました。おなじみ、コゲラを観察。くちばしで木の幹をつつき、樹皮の下や幹の隙間から昆虫をおびきよせて捕まえるそうです。あんな小さな体でコンコンと木の幹をつついて頭は割れないのでしょうか?きれいなシマシマもバッチリ撮れました。


a0123836_14453801.jpg
シジュウカラも観察できましたが、うまく撮影できませんでした。撮影しようとするとちょんちょん動いてじっとしていません。飛び立つ様子が撮影できました。

もう少しカメラの腕も上げなきゃなー。

冬の探し物

探せばいっぱい出てきます。

一緒に探しませんか?

お待ちしています。


by isumi-sato | 2019-01-16 16:55

氷上のダンス


1月12日(土)、午前9時の気温5.4℃、今朝の最低気温0.8℃、曇。午前10時頃には冷たい雨が短時間降りました。その後も降ったりやんだりを繰り返す空模様。太陽も顔を出さず寒~い一日となりました。

a0123836_14334338.jpg
中庭のエノキの木を撮影。人間の体内で枝分かれした毛細血管のようです。


a0123836_14335106.jpg
チカラシバのようす。何とか穂をつけていますが、寒さに耐えて耐えて…疲れ切っているように見えます。


a0123836_14335407.jpg
畑の土のようす。今日は霜柱は観察できませんが、霜柱の痕跡だけが残っていました。


a0123836_14335716.jpg
寒さはこれからが本番ですが、ナバナが黄色く可憐に咲き始めました。生き物たちがいきいきと活動し始める春までのわずかな希望のようにも見えます。春よ早く来い。

a0123836_14340196.jpg
朝の万木堰のようす。中央部分が凍っているようです。よく見ると二匹の鳥が氷の上をちょこまかちょこまか動き回っていました。


a0123836_14340509.jpg
セグロセキレイのようです。脚をこまめに動かし一生懸命歩いています。水面にはその姿が鏡のように写っています。そのうち「ス~」とスケートのように滑り出すのではないかと見ていて、しばし楽しい時間が過ぎました。まさに氷上のダンスです。動画はこちら。日本の四季が作り出す偶然。自然って素晴らしい。そう思ってしまいます。

皆さんも見に来ませんか?

お待ちしています。


by isumi-sato | 2019-01-12 16:55 | センターこぼれ話

冬の樹木。その枝先

1月11日、晴れ。午前9時の気温は6.8℃、今朝の最低気温はマイナス2.7℃でした。


a0123836_16344183.jpg
朝の北側の空は、青空が澄み渡り、遠くの丘陵と空の境界は輝くように光ってみえました。



a0123836_16344613.jpg
一方、南の空には、丘陵と空の境界には高積雲、高い位置には層状に広がる巻層雲が広がっていましたが、日が昇るにつれて雲がなくなっていきました。




a0123836_16344923.jpg
きのうの朝、今朝と零下4℃台、零下2℃台と冷え込みました。当センター敷地中央を流れる万木堰からの排水路の水面にも薄く氷が張っています。




a0123836_16345206.jpg
その万木堰は、、、。というと、ほぼ全面に氷が張っていました。
今日は生きものの姿はほとんど見えませんでした。遠くからピリピリピリとカイツブリの声だけが響いてきます。
今日は昼を過ぎても水面は半分以上凍ったままでした。




a0123836_16345566.jpg
堰の近くの急な斜面に25年くらいして自生してできた林があります。今は千葉県夷隅において自然に生えてくる先駆植物の林になってきています。
そんな日が当たった冬の林の樹木を観察してみると、、。



a0123836_16350958.jpg
枝先にまるで根っこのような細いヒゲをぶら下げているように見える樹木があります。ヌルデです。



a0123836_16351348.jpg
つぶつぶの実をたくさんつけている樹木があります。この実にはロウ物質が多く含まれているといいます。冬場の鳥たちの胃袋を満たす食料にもなっている、ハゼノキです。




a0123836_16351606.jpg
枝先に赤紫色の丸い小さな実がポチポチついて見える樹があります。
この実はあまり鳥たちには食べられないようです。イヌビワです。




a0123836_16363856.jpg
丸くて少し堅そうなコマの形をした小さな実をたくさんつけている樹がありました。
四月下旬ころに白い花をたくさんつけていた、ウツギです。この実も鳥たちにはあまり人気はないようです。




a0123836_16364363.jpg
さらに青空をバックに、木のてっぺんを見てみると、葉の芽を準備しているようすがわかります。これは、コナラの樹の先です。




a0123836_16364604.jpg
また、冬場に上の方の枝先にいろいろぶら下げている樹も見えます。湿ったところに生えているハンノキです。先端の上方に雄花のあとが、その下に丸く雌花のあとの堅果が見えています。





a0123836_16365013.jpg
日当たりのよいところの葉っぱは、日に当たって寒い冬には明るく輝いてみえます。
常緑の葉っぱで輝いていて見えたのは、アカガシ。全縁で葉のフチにギザギザが見えません。葉の先の方がすっと細くなっています。




a0123836_16365963.jpg
目の高さに見えて、明るく輝いていた大きな葉は、、、。

高木ではありません。アオキでした。先端に蕾が待機中です。




a0123836_16365671.jpg
さらに斜面全体に生えて輝いていたのは、シダ植物たちです。





a0123836_16370219.jpg
歩いていると人の姿を見て、常緑の木の根元近くの枝の中に野鳥が逃げ込んでこちらをうかがっていました。枝のすきまからシロハラ君の姿を撮影できました。



冬の散策もいろいろ面白い発見があります。
ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2019-01-11 16:59 | しょくぶつ

冬の野鳥たち

1月8日、曇のち晴れ。午前9時の気温は1.2℃、今朝の最低気温はマイナス1.6℃でした。学校の冬休みも終わり、新学期がスタートしたようです。
冬らしくなりました。しかしすでに冬至を過ぎているため、夜明け、日の入りは少しずつ明るい時間が延びてきているように感じられます。


a0123836_16335015.jpg
堰の水面には、氷が張っています。今日は北側の半分が凍り、南側の半分には水面が広がっていました。北風の吹く方がよく冷えるためか、また水深の深さの影響もあるのでしょうか? でも午後には氷は融けて、いつもの水面になりました。



a0123836_16335517.jpg
正月も終わり。当センターではきのうの七日は休館日だったので、玄関のお飾り、門松を一日過ぎて今朝かたづけました。



a0123836_16335857.jpg
気温が低く冷え込んだ割には、小水路には氷はありませんでした。




a0123836_16340180.jpg
しばらく雨が降っていないせいでもあるのでしょうか?畑の霜は多く見られません。
朝の日陰部分にわずかにありました。2~4cmくらいの長さです。



a0123836_16341312.jpg
水鳥たちの姿は見えませんでしたが、さきほどの堰の氷の上にはちょこまかと動くものが見えました。



a0123836_16342314.jpg
セグロセキレイ(セキレイ科)です。ちょみまかと動いては、何かをついばみ、またちょこまかと動いてはを繰り返しています。







a0123836_16343463.jpg
氷の上にえさになる何かがあるのでしょうか?
ハムシか何か、小さな昆虫が氷の上に落ちているのでしょうか?




a0123836_16344461.jpg
林道の路肩の草地にもちょこまかと動く小鳥がいます。
この時期によく見られるアオジです(スズメ目ホオジロ科)。林の中から飛んできて地面を歩いてつついています。こちらは主に、イネ科植物の種などをついばんでいるようです。





a0123836_16345357.jpg
駐車場入口前のヤブの斜面の中にもなにやら動くものがいました。
しばらくじっとして、みていると、、、。






a0123836_16345774.jpg
ジョウビタキ(スズメ目ヒタキ科)です。メスのようです。
ジョウビタキは、人を恐れる様子はないようで、むしろ適度な距離を保ちつつ何をしているのか関心を持って人を観察しているように感じます。
つぶらな瞳がカワイイですね。




a0123836_16350397.jpg
そしてしばらくすると、別の野鳥が飛んできてヤブの枝にとまりました。






a0123836_16350741.jpg
アカハラでした(スズメ目ヒタキ科)。なかなか味のある顔つきをしています。





a0123836_16351072.jpg
当センター敷地北側に民有地の田んぼが広がっています。
その田んぼのまん中を通る電線、電柱がありますが、たまに野鳥が来て停まっていることがあります。カラスはいつもいますが、、、。




a0123836_16351488.jpg
きょうは、、。と、見てみると、、何かいましたよ。
まん中の杉木立、6、7本の手前の電線です。






a0123836_16351792.jpg
小さめの猛禽、ハトより少し大きいくらいの大きさ、ハヤブサ科のチョウゲンボウ (1/13訂正)
カラスくらいの大きさ、タカ科のノスリでした。
田んぼの中のネズミや他の鳥などをねらっているようです。



寒さ本番の季節になってきました。同時に日本に渡って冬を越す野鳥たちがたくさん観察できる季節です。双眼鏡などで鳥をのぞいてみてはいかがですか?



ご来館お待ちしております。

by isumi-sato | 2019-01-08 16:59 | いきもの

はじめて出合った野鳥がいました。

1月5日。新年初開館です。今年もどうぞよろしくよろしくお願いいたします。

快晴。午前9時の気温は5.4℃、今朝の最低気温は0.8℃でした。
昨日の方が冷え込んで、午前9時の気温は0.9℃、最低気温は-4.0℃でした。
今日は日中暖かくなり、午後は南寄りの風が吹き、気温があがって当センター観測で最高気温は16.2℃を記録しました。一転してあすは、一気に冷え込むと予報が出ています。


a0123836_17384689.jpg
万木堰に出ると、朝の空気は澄みきっています。日を浴びて薄氷が溶けていきます。


a0123836_17385029.jpg
マガモが二組、対岸を泳いで行きました。



a0123836_17385811.jpg
雑木林は落葉して陽が地表までさして、明るい林です。奥の実をつけた木の上に野鳥がやって来ています。



a0123836_17390209.jpg
センダンの実にいるのは、ヒヨドリたちでした。食べ物が少なくなってきてついにセンダンの実を食べ始めています。




a0123836_17385435.jpg
水路沿いのひなたでは、八重咲きのスイセンが重みで花を下に垂れています。


a0123836_17390619.jpg
畑を通ると、ウメの蕾が丸く膨らんできていました。



a0123836_17390910.jpg
奥の湿性生態園へと向かう途中、エノキの樹にフジがたくさんからまっています。
フジのさやにとまってつついているのは、シジュウカラでした。
硬くて大きなフジの種を食べているのでしょうか? さやの中に何かの昆虫を見つけて食べている可能性のほうが大きいでしょうか?



a0123836_17391694.jpg
野鳥観察塀の近くに大きなコナラがあります。ここにもちょこちょこ動く野鳥が幹に見えました。





a0123836_17391811.jpg
拡大すると、木の皮のすきまをつついています。どうやらすきまに昆虫か何かを見つけてつついているようです。鳥は、ご存知メジロです。
メジロは、毎日元気に飛びまわり、日当たりのよい林や花をつけたツバキなどから、明るい鳴き声がよく聞こえてきます。




a0123836_17392408.jpg
湿性生態園に到着してデッキを歩いていると、ハンノキの根元からハトよりも大きなサイズの野鳥が飛び立ちました。



a0123836_17392645.jpg
奥の林の倒木のスギの幹に、三秒くらいの間とまり、液体状の白い糞を落とした後、さらに林の奥へとかくれていきました。ササゴイ ゴイサギ (1/13修正)のようです。幼鳥よりは大きくなった若鳥 幼鳥 のようです。
ササゴイ ゴイサギ は、初撮影でした。


湿性生態園へは、建物から500mほどの距離です。30分から50分くらいで往復できます。まだ訪れたことのない方は、ぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。
ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2019-01-05 17:46 | いきもの

空気の澄んだ素晴らしい朝

12月13日(木)、午前9時の気温5.8℃、今朝の最低気温1.1℃、晴れ。今朝は随分冷え込みました。昨日の方が雨が降っていたので寒かった気がしますが、今日のほうが最低気温が低くなりました。だんだんと冬らしくなってきましたね。


a0123836_14054835.jpg
今朝のようす。雲は多めですが、空気の澄んだ素晴らしい朝を迎えました。雲がゆっくりと西から東へ流れていきます。空を眺めているだけでも、忙しい日常生活を忘れ、頭を空っぽにすることが出来ます。


a0123836_14055263.jpg
湿性生態園のようす。柔らかな木漏れ日がデッキに降り注ぎます。鳥のさえずりがあまり聞こえないのが残念です。


a0123836_14055669.jpg
ハンノキのようす。少し前までは目立たなかったオバナの穂が目立ち始めました。中央にある茶色い球形のものは果実です。


a0123836_14060044.jpg
風は強くないものの、スギの木は「キューキュー」と幹がこすりあう音がします。見上げると一本のスギの木だけにツルのような植物が巻きついています。


a0123836_14060438.jpg
よく見ると、キヅタのようです。最近もブログに取り上げたばかりです。よく見ると果実がまだ若いようです。鮮やかな黄緑色をしています。リースの飾りにしても良いかもしれません。



a0123836_14060889.jpg
デイキャンプ場では、ノササゲの果実がたくさん観察できました。湿性生態園へ続く林道ではよく観察できましたが、デイキャンプ場にもあったことは新発見です。種がはじけ出ています。


a0123836_14061263.jpg
花でも咲いているのかな?とよく見るとモズのはやにえのようです。モズの姿は観察できていませんが、この様な光景に出合えるということはモズはセンター敷地内いるということです。今年は一回しかモズの姿を撮影出来ていないのがとても残念です。

姿を見せてくれないかな~と願いつつ毎日自然観察です。

じっくり観察を続けると発見がいっぱいです。

センターでお待ちしています。

by isumi-sato | 2018-12-13 16:55 | センターこぼれ話

寒い北風の吹く一日

12月8日(土)、午前9時の気温10.3℃、今朝の最低気温9.1℃、曇。朝方はぽつぽつと雨が降る時間帯もありましたが、本降りにはなりませんでした。時折強い北風が吹きました。今日の最高気温は12.6℃でした。


a0123836_15092447.jpg
万木堰のようす。やはり鳥の姿が少ないようです。去年の今頃は鳥の写真をたくさん撮影出来たのに…。悔しいなー。今年はモズの写真がまだ一回しか撮影出来ていません。


a0123836_15093697.jpg
デイキャプ上のようす。赤く色づいたコナラ。奥には黄色く色づいたエノキの木が並んでいます。ここで火をおこし、暖まりながら拾った枝にマシュマロをさして焼いて食べたり。‥‥考えただけでも素敵です。ご利用をお考えの方詳しくはこちら

a0123836_15093058.jpg
そのデイキャンプ場なあるミカンの木。アゲハチョウの卵やさなぎがないかなー?とじっくり見ていると、葉にじっと動かない状態で止まっている虫を発見。


a0123836_15231371.jpg
別の葉にもいました。カメムシの仲間でしょうか?クモヘリカメムシに似ていますが…

a0123836_15094706.jpg
ウシハコベの花のようです。ハコベ(コハコベ)に似ていますが葉の形がウシハコベの葉の方が大きく卵型をしています。他にも違いがあります。


足元の植物に目を向けてみませんか?

たのしいですよ。

お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-12-08 16:55 | センターこぼれ話

ほんとに12月?

12月5日(水)、午前9時の気温18.3℃?、最低気温16.2℃??晴れ。今日の最高気温19.3℃!!!もはや12月ではない。暖かいのはいいことだけど…。


a0123836_14400014.jpg
午後の万木堰。鳥の姿が少ないこの冬。自然観察の楽しみが少なくなってしまいました。最近はオオタカの姿が観察されていてきっとそれが原因かな?暖かいことも影響しているのかな?困ったなー


a0123836_14400823.jpg
あれ?よく見るとある鳥の姿が映っていますよ。見つけられましたか?


a0123836_14401282.jpg
アオサギのようです。高い木の上で微動だにせず。何をしているのでしょうか?正面からは白く見えるが、横、後ろからは灰色に見えます。


a0123836_14401934.jpg
湿性生態園へ続く林道から見える風景。万木堰の対岸にある木が白くなっています。去年もそんな光景がありました。きっと犯人は…


a0123836_14402254.jpg
君らの仕業でしょう?夜の間、ここを寝床にしているから。白くなっているのはウのフンのようです。


a0123836_14404078.jpg
トベラの果実が熟し種子を出し始めました。トベラの葉の特長は光沢があり、皮のような質感と厚みがあります。縁にギザギザはなく、先の丸いヘラのような長い楕円形です。乾くと外側に反り返る性質があります。果実は熟すと三つに割れ赤い種子を出し始めます。


a0123836_14404427.jpg
サルトリイバラの果実が赤く色づいてきました。特徴ある葉も一緒に撮影が出来ました。


a0123836_14404714.jpg
タテハチョウの仲間でしょうか?季節外れの暖かさに誘われたの?と思いますがタテハチョウの仲間には成虫で越冬する種もいます。翅がボロボロなのは鳥に襲われたからでしょうか?

皆さんも、この季節外れの暖かさに便乗し、センターで自然観察などいかがでしょうか?

散歩がてらにお越しください。

お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-12-05 16:55 | センターこぼれ話

はや、11月も最終日 / 野鳥たち

11月30日、晴れ。午前9時の気温は12.0℃、今朝の最低気温は7.1℃でした。
日中はよく晴れて予報よりも気温が上がったようです。今日の最高気温は16.6℃になりました。




a0123836_17020649.jpg
万木堰を取り囲む木々は、秋らしい装いを深めています。今年はまだ、明日から師走とは思えない程の秋らしい景色です。




a0123836_17021265.jpg
堰の奥の水面には、マガモたちが並んで泳いでいました。



a0123836_17022286.jpg
少しズームアップ。そして取水口の近くには、光る点のように青い色が見えました。





a0123836_17023047.jpg
さらにズームアップ。カワセミは、一直線に水面に平行に飛んでいきます。
キッ、キリッ、と、鋭く高く短い声が水面に響いたら、カワセミの声です。
今日は日なたぼっこをしつつ、エサさがしもしているようです。





a0123836_17021659.jpg
林道を進むと、木々の間から見える水面の倒木には、若そうなウが一羽。





a0123836_17022675.jpg
さらに横になった倒木には、6.7羽が一列に並んで、羽をバタつかせて虫干しのようすです。





a0123836_17023565.jpg
湿性生態園近くの林道沿いには、陽を浴びて雑木が明るく見えます。




a0123836_17061410.jpg
5月に白い花をたくさんつけたウツギは、冬の間は実をたくさんつけています。
小さなコマのように見える実です。



a0123836_17061724.jpg
夏の終わりに白い花を広げていたツル植物、センニンソウは、センニンのようなヒゲをたくわえて今は実をつけ始めました。





a0123836_17062021.jpg
明るい雑木の中に、野鳥の姿が見えました。
シジュウカラ、エナガ、メジロたちが、ツピーツピー、キッキッ、チィチィ、といろいろな鳴き声を披露しつつ、混群で木々の枝の中を渡っていきます。
少し離れた場所では単独で動く野鳥が撮影できました。モズです。メスのようです。



a0123836_17062781.jpg
堰からの水が流れる水路沿いのスイセンが早くも花をつけ始めています。

ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-11-30 17:10 | いきもの