人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:季節の植物 ( 1095 ) タグの人気記事

台風が来そうです

9月8日(日)晴れ。午前9時の気温は29.8℃、湿度は82%、最高気温は31.4℃でした。台風が…「来るきっと来る」…そんな逃れられない運命に、当センターも直面しています!



a0123836_15292151.jpg
(画像:気象庁)
「自分の命、大切な人の命を守るために、風が強まる前に暴風に備え、市町村の避難勧告に従って、早め早めの避難、安全確保をお願いします。」by気象庁。





a0123836_15205235.jpg
嵐の前の静けさ…8日14:00頃の空模様です。あたりにはセミの声が響きます。ちょっと、自然観察しちゃいました!





a0123836_15205717.jpg
いたいた♪ アブラゼミが「ジリジリ…」と鳴いています。なかまもつられて大合唱です。セミが鳴くのは、メスを呼ぶためと言われています。メスは、産卵管を木の中にさしこんで、卵を産みます。卵は、次の年の7月ごろかえります。そこから幼虫は、6年間もの間、土の中で暮らします。





a0123836_15220848.jpg
畑では職員が、汗だくになりながら作業をしています。草取りです。手作業で一つ一つ取り除いていきます。そしてようやく…





a0123836_15221364.jpg
キレイになりました(#^.^#)。秋の種まき準備です。雑草を取り除いてから、耕うんして、ようやく畑の準備が整います。





a0123836_15223530.jpg
秋の雑木林では、スズメバチのなかまが目立つようになってきました。こちらは、モンスズメバチの集団です。樹液によくやってくるハチです。





a0123836_15224083.jpg
スズメバチのなかまは、強力なあごで樹皮をかじります。この行動が、樹液を出すのに一役買っているんだとか。自分の食い扶持は、自分でなんとかする!見上げた昆虫です。





a0123836_15224571.jpg
そればかりか、他の昆虫にも分けている?サトキマダラヒカゲも、ちゃっかり樹液酒場で「ごっつあん」です。でも、スズメバチは毒があるから気を付けましょうね。






a0123836_15234838.jpg
草むらの中では、秋ならではのある花が見ごろを迎えています。





a0123836_15235980.jpg
ナンバンギセルです。ススキなどの根に寄生する植物で、自分では光合成を行いません。寄生する植物の根から、栄養分を吸収します。





a0123836_15240507.jpg
キセルのような形をした花をつけることから、ナンバンギセルと名付けられたそうです。きれいですね♪





a0123836_15241410.jpg
だんだん空が、雲に覆われていました…

台風はどうなるのでしょう。朝方、パラパラっと小雨が、でもそのあとはお日様も顔をだすお天気。晴れたり曇ったり。
台風15号の名前は「ファクサイ(Faxai)」、ラオスが提案した女性の名前だそうです。

ところで、車のヘッドライトの点灯はどうしていますか?
早めの点灯を心がけていますが、いつまでもヘッドライトをつけない人がいます。
暗くないのかな?

そこで、よく言われていることですが、日の出、日の入り、日中の時間を分かりやすい(?)グラフにしてみました。
a0123836_10052323.png
上図は「海上保安庁 日月出没計算サービス」で計算した結果をエクセルに張り付け、グラフにしたものです。
2019年に限れば、おおよその時間ですけれど、日の出が一番早いのはだいたい6月15日前後で4時23分、日の入りが一番遅いのは7月1日前後で19時0分。日中が一番長いのはこの間で6月22日くらい、おおよそ14時間35分、ということになりました。
逆に日中が最も短いのは12月の21日くらいで9時間46分くらい。(計算方法により若干の誤差は出るそうですが、大勢に影響はありません。自分で計算するには、難解な天体物理学を理解しないとできないので、私はパスしました。)
いかがですか、5時間近くも差があるのには驚きですが、朝の明るくなる時間が早くなって夏を感じ、帰宅時間がだんだん暗くなって秋を感じる、のは北半球にいる私たちには当たり前の感覚ですね。

by isumi-sato | 2019-09-08 17:20 | センターこぼれ話

もや 秋の木の実 イネのコウジ玉

9月6日(金)、午前9時の気温25.3℃、今朝の最低気温23.4℃、晴れ。太陽の日ざしが秋を思わせる暖かな陽射しのように感じる一日となりました。でもまだまだ残暑は厳しいだろうなー。


a0123836_13441788.jpg
朝のようす。夜明けと早朝には、いすみ一帯にもやが立ち込めていました。


a0123836_13442029.jpg
朝のセンター北側から敷地を囲む谷と建物を見ています。モヤっているのがわかるでしょうか?





a0123836_11200873.jpg
昨日に続いて田んぼのキョウシンの稲刈りを手刈りで行いました。
昨日かったイネの束を駐車場の舗装に広げて乾燥させています。
この晴れ間が続くうちに干さないと…。天気予報は台風の影響で下り坂。



a0123836_11202280.jpg
雑木林のスダジイの果実のようす。パカッと中の果実が現れました。以前に遊びに来てくれたお客さんから聞いたのですが、このスダジイの果実をクッキー生地に練りこんで焼くと香ばしくておいしいらしいですよ。



a0123836_11202639.jpg
これはクロガネモチの果実。まだまだ黄緑。年末のリースづくりの行事が始まるころには真っ赤に熟しはじめます。



a0123836_11203194.jpg
クヌギの果実も観察できました。ずいぶん立派に大きく成りました。ライオンのたてがみのような殻斗が特徴的ですね。



a0123836_11204293.jpg
ジュズダマのようす。丸い形をした苞の中からオバナの集まりが勢いよく出ています。いつの間にこんなになったのでしょう?私たちの見ていないところで、たくさんの植物たちが実りの季節を迎え始めています。






a0123836_14302936.jpg
今日も暑い中コツコツと稲刈りを行っていた職員が見つけた米麹玉。稲の穂についていました。稲穂にどの様についているかわかるように撮影してみました。うまく伝わりますでしょうか?




a0123836_13442760.jpg
マクロで撮影した米麹玉。黄土色の粉のようなものがそうです。
これは天然の麹菌で、麹花、稲霊(いねだま)などとも呼ばれます。麹菌のほかに雑菌も含まれているようです。昔は豊作の年によくできたという話もありますが、最近ではコメの育ちがやや悪くなったり、米粒が黒くなり品質が落ちると、嫌われたりもしているようです。

皆さん探しに来てくださいね。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2019-09-06 17:25 | センターこぼれ話

秋の気配

9月5日(木)、午前9時の気温25.6℃、今朝の最低気温21.5℃、晴れ。昨日の夜はグッと涼しくなり、当分続いた寝苦しい夜とはちがう夜でしたね。このまま涼しくなればいいのですが、そう簡単にはいかないようです。


a0123836_14202610.jpg
中庭のようす。吹く風には、秋の気配が十分感じられますが、日差しはまだまだ夏。肌に刺さるような日の強さです。

a0123836_14202996.jpg
雑木林では、まだまだ多くのセミたちが鳴いています。少し前までは「まだセミが鳴かないな-。」なんて言ってたっけな~。人間って勝手だな。


a0123836_14203626.jpg
田んぼ東側にある竹林では、ガマズミの果実が目立つようになりました。もう少しすると、もっと赤い光沢のある果実に変わります。



a0123836_14204070.jpg
デイキャンプ場では、アノ花の葉だけが目立っています。センタ-の敷地内にはまだ咲いていませんが、通勤途中の道にはもう咲いている場所もあります。さて何でしょう?いすみ市内のお祭りシーズンの到来を告げる花です。


a0123836_14204525.jpg
コナラの果実が日に日に大きく成ってきていることが分かります。果実が大きくなり、ニット帽がだんだん小さくなってきました。

a0123836_14205003.jpg
イヌビワのようす。花のうが黒っぽい紫色に熟し始めました。果実のように見える「花のう」という部分。この中に花があります。果物のイチジクの仲間の特長です。イヌビワは見た目も中身も小さなイチジクのようです。(小学館の図鑑ネオポケット~植物~より)


a0123836_14205405.jpg
田んぼでは職員たちのが一生懸命お飾りに使われる稲「京都神力」を手刈りしています。この稲穂は12月のお飾り作り時に使うための藁として使われます。折れないように職員が丁寧の刈り取っています。職員の仕事はまだまだ終わりません。頑張っています。

田んぼ作業の風景は、秋の到来を感じさせてくれます。

センターへお越しください。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2019-09-05 17:25 | センターこぼれ話

ヒルムシロの花

8月23日(金)午前9時の気温27.1℃、今朝の最低気温24.4℃、雨のち曇り。昨日同様蒸し暑いけれども暑さはおさまり、過ごしやすい一日となりました。今日の最高気温は28.8℃でした。



a0123836_15574231.jpg
後一週間ほどで8月も終わりです。楽しい夏の思い出は出来ましたか?



a0123836_15574903.jpg
ハス田のようす。葉が生い茂り、花床の数がずいぶん増えました。



a0123836_15575201.jpg
花は終わりの時期ですが、今日はハスの花の蕾、6個観察できました。



a0123836_15575693.jpg
デイキャンプ場ではクリの木には立派なイガに覆われたクリの果実が観察できました。少し前までは柔らかかったイガが硬くなっていました。



a0123836_15580017.jpg
建屋南側出入口近くにあるバスタブ水槽には、毎日多くに二ホンアマガエルが寄ってきます。バスタブ水槽の中に水草の花が咲いています。何でしょう?



a0123836_15580491.jpg
ヒルムシロのようです。全国の湖沼、ため池、河川、水路、水田などに生息する浮葉植物です。


a0123836_15580875.jpg
花茎はしばしば茎より太く、長さ5㎝~9㎝。花穂2~6㎝やや密花。地味ですが存在感のある花です。(日本水草図鑑/文一総合出版より)

この時期は夏から秋にかけて生きものたちの変化が楽しめる時期でもあります。

遊びに来てね。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2019-08-23 17:25 | センターこぼれ話

暑さもひと段落です

8月20日(火)、午前9時の気温26.8℃、今朝の最低気温24.5℃、雨のち晴れ。朝9時ごろに急に降り出した雨。そのまま一日降り続くのか?と思うのもつかの間あっという間に雲が切れまぶしい太陽の光が照り付け始めました。南風がそよそよと吹き、比較的涼しく感じられる一日でしたが…百葉箱の中の温度計の最高気温は30.6℃思ったより温度が上がりました。



a0123836_15215449.jpg
万木堰のようす。水位がずいぶん下がりました。ぱらっとした雨は降りましたが、本降りの雨はここ数日間ありませんからね。でも今週は雨の予報が出ています。



a0123836_15220050.jpg
畑のようす。ワタの花が咲き始めました。濃いピンク色の花もあれば、白地にピンク色味がかった花もあります。


a0123836_15220453.jpg
スダジイの木にはびっしりと果実がなり始めました。


a0123836_15220883.jpg
マユミの果実は赤く熟し始め…


a0123836_15221258.jpg
コナラの果実も、大きいニット帽をかぶった子どものような風貌です。


a0123836_15221670.jpg
ユズの果実もいっぱい実り…

a0123836_15222193.jpg
あれ?ミカンの木には果実が一つもありません。観察していても毎年観察できる白い花が今年は一つもありませんでした。おかしいな―と思うこと数か月。花が咲かないから果実だってなりるはずありませんよね~。



a0123836_16005557.jpg
カキの果実は順調になり始めています。今年も豊作でしょうか?

実りの季節が楽しみです。

果実観察も楽しいものです。

お待ちしております。


by isumi-sato | 2019-08-20 17:25 | センターこぼれ話

一生懸命咲いてます

8月16日(金)、午前9時の気温27.9℃、今朝の最低気温27.3℃、そして今日の最高気温は27.9℃と午前9時時点が一番暑かったようです。珍しく最高気温が30℃に達しませんでした。雲が多く風が比較的強い一日でしたが、センターは涼しく今日も多くのお客様で賑わいました。


a0123836_13591987.jpg
午前中のようす。あっという間にザリガニ釣りの竿がなくなりました。ザリガニ釣り盛況です。

a0123836_13592434.jpg
中庭でも、たくさんのお客様がザリガニ釣りを楽しみました。今朝中庭近くの水路の様子を観察してみると、小さな生まれたばかりのザリガニが多く観察できました。今日もたくさんザリガニが釣れそうです。


a0123836_13593567.jpg
中庭から見えるネムノキの様子。花の数は少なくなりましたが、こんどは果実の姿が多く観察できるようになりました。まさにマメ科の樹木。さや状の果実が多くぶら下がっています。



a0123836_13593887.jpg
エノキの果実を観察すると、今までは濃い緑色の果実しか観察できませんでしたが、少しづつ熟れてオレンジ色の果実が目立つようになりました。

a0123836_13594252.jpg
万木堰近くには、センニンソウの花が見事な白い花を咲かせていました。直径2~3㎝の十字形をしていてがく片が花弁のように見え、数個のおしべがよく目立ちます。


a0123836_13594597.jpg
この花はヘクソカズラという花。可愛らしい花ですが、名前がなんとも残念。花をもむと臭いことから名づけられたようです。でもそんなに臭くないよ。


a0123836_13594814.jpg
最後はカラスザンショウの花の様子をご紹介。少し背の高い木でしたが、枝を寄せてマクロモードで撮影すると、なんとすてきな花を咲かせていることでしょう。人間がお盆休みでゆっくり休んでいる間に植物たちは華やかに咲き始めています。

センター周辺で観察できる花を愛でながら、短い夏を楽しみませんか?

お待ちしています。

by isumi-sato | 2019-08-16 17:25 | センターこぼれ話

お盆

8月12日(月)くもり。午前9時の気温は26.2℃、湿度は94%です。ときおり雨が降ったりする、変わりやすい天気でした。また、ムシムシと暑い一日となりましたι(´Д`υ)アツィー。
※明日13日は休館日となります※




a0123836_16020935.jpg
明日8月13日から16日までが、令和最初のお盆期間なんだとか。13日にお迎えして、15日が中日…16日が送り火というところが多いようです。お盆とは、「祖先の霊を祀る伝統行事」と言われています。




a0123836_16022108.jpg
一方、お盆休みは、一足先に盛り上がっているようです。ここネイチャーセンターでは連日、たくさんの親子連れで賑わっています。




a0123836_16031023.jpg
あっ!アブラゼミが死んでる…このごろ、弱ったセミをよく見かけるようになりました。成虫の命は、わずか一週間ほどと言われています。6年間もの長い間、地中で生活していたことを思うと、切ない気持ちになります。



a0123836_16040139.jpg
ところで、ウルトラマンに登場する怪獣「バルタン星人」って、セミがモデルになっているそうですよ。自称ウルトラマン博士に教えてもらいました(#^.^#)。みなさん、ご存知でした?そういえば、顔似てる~♪



 
a0123836_16082660.jpg
地面には、二ホンカナヘビの子供がいます。ヘビと名前につきますが、トカゲの仲間。昆虫やクモなどの小動物を主食にしています。




a0123836_16084324.jpg
事務所の窓をボーっと見ていると…あれっ?




a0123836_16084748.jpg
サクラの葉が、赤や黄色に色づきだしています。地面には、落葉もあります。
サクラは最も早くから葉を落とし始める樹木です。
秋が近づいているんですね~。




a0123836_16085767.jpg
「みのるほどこうべを垂れる稲穂かな」…田んぼでも、秋らしい光景になっています。まさに、稲穂のこうべが垂れています。新米が楽しみ~♪

by isumi-sato | 2019-08-12 17:30 | いきもの

立秋だそうですが、、、。暑いです。

8月8日、快晴。午前9時の気温は31.0℃、今朝の最低気温は24.6℃でした。
暦の上では「立秋」ですが、まだまだ暑い盛りです。
そして今日の最高気温は32.7℃でした。昨日の34.3℃よりは低い気温です。

a0123836_16501741.jpg
気温31℃を示した午前9時の青空です。
南寄りの弱い風が吹いています。今日は1日、1.0~2.5m/毎秒の風が吹いていました。遠く南の海上では台風9号10号、2つの台風が北上中で週末の天気が気になります。



a0123836_16502793.jpg
朝早くから来館された方、お孫さんとおばあちゃんがザリガニ釣りを楽しんでいます。


a0123836_16503122.jpg
近くのエノキにセミがジ―ジ―、と鳴いています。アブラゼミです。



a0123836_16503474.jpg
そして、抜け殻は、アズマネザザ、笹の葉にも見つけることができました。



a0123836_16503901.jpg
カラスウリの花が夜にたくさん咲き始めています。
昼には花のあとや蕾が見えます。夜はスケスケの白いレースのような花を広げています。



a0123836_16504199.jpg
つる植物のオニドコロが花を咲かせています。




a0123836_16504450.jpg
小さな花ですが、拡大してみると6枚の花びらが黄緑色をしています。
雌雄異株で、写真の柱頭が3つに分かれた一本のめしべがあるのは、雌花のようです。冬に枯れた種のあとの茶色の袋がたくさんぶら下がります。



a0123836_16515577.jpg
雑木林に入ると日陰に少し風が吹いて涼しくなります。
クヌギの木を見上げると、空も涼しく見えます。



a0123836_16520011.jpg
近くのコナラの幹にチョウが動いていました。サトキマダラヒカゲのようです。
すぐ下の割れ目には、カナブンなどの甲虫がもぐりこんでいます。



a0123836_16520431.jpg
先ほどのクヌギの幹の上のほうをよく観察すると、
幹をかじっているのでしょう、スズメバチが見つかりました。
その傷口から出る樹液をほかの昆虫たちもありがたく利用しているようです。


トンボ、チョウ、甲虫などの昆虫は夏に元気です。ほかにもたくさんの生きものが働いています。
ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2019-08-08 17:25 | いきもの

ゴツゴツしている赤い果実

8月3日(土)、午前9時の気温29.9℃、今朝の最低気温24.6℃、晴れ。今朝も朝からギラギラな天気。気温も朝9時の時点で30℃近く…今日も暑い一日となりました。


a0123836_14152109.jpg
ハス田では、数は少なくなりましたがハスの開花がまだ観察できます。暑さの中で見るハスの花は少しですが、香りと共に涼しさを与えてくれます。



a0123836_14152895.jpg
中庭のようす。写真はさわやかな風景ですが、実際外に出ると暑いこと!エノキの木の影がちょうど丸太ベンチにかかり、日陰を作ってくれています。


a0123836_14195288.jpg
大きく枝を伸ばした昆虫広場のネムの木のようす。


a0123836_14160418.jpg
カメラでズームして撮影してみると、ピンク色の花が満開を迎えています。夏を演出してくれてありがとう。


a0123836_14162405.jpg
田んぼの稲穂のようす。風になびいて波のようです。いすみ地域では、このような心洗われるれる田んぼの風景がひろがっています。もう稲刈りを始めた農家さんがいすみ市にはいらっしゃるそうで…7月31日の千葉日報にその記事が取り上げられていました。早いな~とも思いましたが、長引く梅雨の影響で今年は20日も遅い稲刈りの開始だったそうです。

a0123836_14162951.jpg
ごつごつ?ボコボコ?駐車場近くにあるコブシの木。果実が赤く色づき始めました。握りこぶしに似てるからコブシと呼ばれるようになったそうですが…こぶしに見えるかな?

毎日様々な発見があるセンターへ遊びに来ませんか?

お待ちしています。

by isumi-sato | 2019-08-03 17:25 | センターこぼれ話

7月も終わりです

7月31日(水)、午前9時の30.8℃、今朝の最低気温24.5℃、快晴。今日も朝から暑ーい!外に一歩出ただけで、灼熱の太陽に溶かされそうです。今日の最高気温33.9℃、今年の最高が出ました!! 気温を聞いただけでも汗が毛穴から出てきます。


a0123836_11553385.jpg
百葉箱では、二ホンアマガエルがお出迎え。私の気配に気が付き、振り返った時の首のしわ(笑)たまりません!!



a0123836_11553657.jpg
センター建屋のようす。中庭の緑、空の青さ。絵にかいたような景色です。この写真の屋根の上に見える丘陵の林をクローズアップしてみると…



a0123836_11554027.jpg
カラスザンショウの花が咲いている様子が観察できます。高さ6-8mの落葉高木、大きいもの15mにもなります。幹にはには不規則に並ぶ大きなトゲがあります。枝先に長さ幅とも13-20㎝の散房花序(下部の花柄ほど長く、花序の上面が平ら)を伸ばし多くの花を密生します。夏に黒いアゲハチョウがひらひらと、この樹木のまわりによく飛んでいます。


a0123836_11571866.jpg
アサザは、鮮やかな黄色を発色し咲いています。初夏に咲いた後しばらく休憩し、再び開花を始めています。


a0123836_11572479.jpg
田んぼのようす。出穂、イネの開花を終え稲穂が垂れてきました。



a0123836_11572803.jpg
建屋ではこんな光景が…工作室前の引き戸では、二ホンアマガエルの渋滞?が観察できました。毎年ここに集まりますが、獲物をとらえやすいのでしょうか?癒されます。


a0123836_11573271.jpg
マイマイカブリでしょうか?ゴソゴソと先を急いでいました。オサムシの仲間のマイマイカブリ。成虫は長くやや平たい体をもつ。カタツムリやミミズを食べます。後ろばねは退化していて飛べないそうです。飛べないから急ぎ足だったのか?

観察する度に様々な生きものたちが観察できます。暑い毎日が続きますが生き物探しに来てね。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2019-07-31 17:25 | センターこぼれ話