千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:季節の植物 ( 1005 ) タグの人気記事

冬の探し物

1月16日(水)、午前9時の気温7.6℃、今朝の最低気温-1.6℃、快晴。今朝の寒さは少し和らいだようです。この時期、起きる時間はいつも寒さとの戦いですが、今朝はすんなり起きることが出来ました。でも寒さとの戦いはまだまだ続きます。

a0123836_14243590.jpg
万木堰のようす。今日は前述の通り暖かかったので、じっくりゆっくり自然観察が出来ました。冬のこの時期に観察できるものを探しました。





a0123836_14252086.jpg
ノササゲの果実のようす。果実が熟して種子をはじいた直後に観察したときには、種子がすぐに落ちてしまいそうでしたが、結構しっかりくっついていたんですね。こんな寒い時期までちゃんと形を保っていたのですね。





a0123836_14252815.jpg
アオキの雄株でしょうか?花を咲かせる準備をしていました。

a0123836_14253267.jpg
アメリカイヌホウズキの果実です。熟して黒くなり、光沢があります。在来種のイヌホウズキの果実には光沢はありませんが、外来種のアメリカイヌホウズキの果実には光沢があります。ツヤツヤしていてきれいですが、毒があるそうです。食べないでくださいね。


a0123836_14263811.jpg
カラスザンショウの幹のようす。葉痕が笑った女の子のように見えます。愛嬌たっぷりですね。

a0123836_14283346.jpg
竹林の近くでは、メジロが撮影できました。細かな動きをしてなかなか撮影させてくれませんでしたが、ちょうど顔をのぞかせたタイミングで撮影できました。


a0123836_14283766.jpg
「コンコンコンコン」と聞こえてきました。おなじみ、コゲラを観察。くちばしで木の幹をつつき、樹皮の下や幹の隙間から昆虫をおびきよせて捕まえるそうです。あんな小さな体でコンコンと木の幹をつついて頭は割れないのでしょうか?きれいなシマシマもバッチリ撮れました。


a0123836_14453801.jpg
シジュウカラも観察できましたが、うまく撮影できませんでした。撮影しようとするとちょんちょん動いてじっとしていません。飛び立つ様子が撮影できました。

もう少しカメラの腕も上げなきゃなー。

冬の探し物

探せばいっぱい出てきます。

一緒に探しませんか?

お待ちしています。


by isumi-sato | 2019-01-16 16:55

春、み~つけた!

1月13日(日)、午前9時の気温5.9℃、今朝の最低気温4.0℃、晴れ。朝から青空の広がる一日となりました。しかし風速は4.0m/s。(午前9時の時点)西から東へ雲が流れていきます。


a0123836_14262160.jpg
田んぼのようす。冬らしい風景が見渡せます。よく「冬は何もない」と表現してしまいがちですが、自然はじっくりよく見てみるといろいろな発見が多くあります。


a0123836_14262739.jpg
今日は成人式が各地で行われたようです。アルパカが新成人を祝福した地域もあったと、お昼のニュースで聞きました。ハス田ではアルパカの顔をしたようなオニグルミの冬芽が私を出迎えてくれました。(木の種類によってこの冬芽の形も異なります。冬芽をあつかった図鑑もあります。)
成人式…私にとっては、はるか昔のことですね~。


a0123836_14263145.jpg
湿性生態園では空気が澄んでいるようです。耳を澄ますといろいろな音が聞こえます。風の音、水の音、枝の揺れる音、鳥のさえずり。五感を使っての自然観察。日常の生活から離れ、しばしの静寂を湿性生態園で満喫できます。マルバヤナギの枝先を見ると少し前よりぷっくりと膨らんでいることが分かりました。もう少し近くで見たいな~。思っていると。


a0123836_14263577.jpg
思いが通じたのか?足元に枝が落ちていました。


a0123836_14263864.jpg
じっくり見ると、結構花芽が膨らんでいるのが分かります。色も枝先と幹では違うことも観察できます。
マルバヤナギの冬芽です。


a0123836_14264161.jpg
林道では、アオキの葉にびっしりと小さい虫がじっとしていました。集団で越冬しているのでしょうか?マクロモードで撮影しましたが、うまく撮影できず。この写真が一番よく取れました。ハエの仲間のようですが…今度じっくり調べてみます。詳しい方教えてくださ~い。


a0123836_14264576.jpg
スギの木のようす。分かりにくいですが、先端が少し赤く色を変え始めています。花粉症の方にとっては見たくない風景ですね。



a0123836_14264977.jpg
足元には、オオイヌノフグリでしょうか?一輪だけ咲いていました。他にも咲いているかと思い探しましたが、やはりこの一輪だけ。そう、春はもうすぐです。しかし春になるまでの寒い時期に観察できる生きものたちを、今はじっくり観察し伝えていきたいと思います。

「今」を楽しもう。

観察しませんか?「今」を

お待ちしています。


by isumi-sato | 2019-01-13 16:55 | センターこぼれ話

氷上のダンス


1月12日(土)、午前9時の気温5.4℃、今朝の最低気温0.8℃、曇。午前10時頃には冷たい雨が短時間降りました。その後も降ったりやんだりを繰り返す空模様。太陽も顔を出さず寒~い一日となりました。

a0123836_14334338.jpg
中庭のエノキの木を撮影。人間の体内で枝分かれした毛細血管のようです。


a0123836_14335106.jpg
チカラシバのようす。何とか穂をつけていますが、寒さに耐えて耐えて…疲れ切っているように見えます。


a0123836_14335407.jpg
畑の土のようす。今日は霜柱は観察できませんが、霜柱の痕跡だけが残っていました。


a0123836_14335716.jpg
寒さはこれからが本番ですが、ナバナが黄色く可憐に咲き始めました。生き物たちがいきいきと活動し始める春までのわずかな希望のようにも見えます。春よ早く来い。

a0123836_14340196.jpg
朝の万木堰のようす。中央部分が凍っているようです。よく見ると二匹の鳥が氷の上をちょこまかちょこまか動き回っていました。


a0123836_14340509.jpg
セグロセキレイのようです。脚をこまめに動かし一生懸命歩いています。水面にはその姿が鏡のように写っています。そのうち「ス~」とスケートのように滑り出すのではないかと見ていて、しばし楽しい時間が過ぎました。まさに氷上のダンスです。動画はこちら。日本の四季が作り出す偶然。自然って素晴らしい。そう思ってしまいます。

皆さんも見に来ませんか?

お待ちしています。


by isumi-sato | 2019-01-12 16:55 | センターこぼれ話

冬の樹木。その枝先

1月11日、晴れ。午前9時の気温は6.8℃、今朝の最低気温はマイナス2.7℃でした。


a0123836_16344183.jpg
朝の北側の空は、青空が澄み渡り、遠くの丘陵と空の境界は輝くように光ってみえました。



a0123836_16344613.jpg
一方、南の空には、丘陵と空の境界には高積雲、高い位置には層状に広がる巻層雲が広がっていましたが、日が昇るにつれて雲がなくなっていきました。




a0123836_16344923.jpg
きのうの朝、今朝と零下4℃台、零下2℃台と冷え込みました。当センター敷地中央を流れる万木堰からの排水路の水面にも薄く氷が張っています。




a0123836_16345206.jpg
その万木堰は、、、。というと、ほぼ全面に氷が張っていました。
今日は生きものの姿はほとんど見えませんでした。遠くからピリピリピリとカイツブリの声だけが響いてきます。
今日は昼を過ぎても水面は半分以上凍ったままでした。




a0123836_16345566.jpg
堰の近くの急な斜面に25年くらいして自生してできた林があります。今は千葉県夷隅において自然に生えてくる先駆植物の林になってきています。
そんな日が当たった冬の林の樹木を観察してみると、、。



a0123836_16350958.jpg
枝先にまるで根っこのような細いヒゲをぶら下げているように見える樹木があります。ヌルデです。



a0123836_16351348.jpg
つぶつぶの実をたくさんつけている樹木があります。この実にはロウ物質が多く含まれているといいます。冬場の鳥たちの胃袋を満たす食料にもなっている、ハゼノキです。




a0123836_16351606.jpg
枝先に赤紫色の丸い小さな実がポチポチついて見える樹があります。
この実はあまり鳥たちには食べられないようです。イヌビワです。




a0123836_16363856.jpg
丸くて少し堅そうなコマの形をした小さな実をたくさんつけている樹がありました。
四月下旬ころに白い花をたくさんつけていた、ウツギです。この実も鳥たちにはあまり人気はないようです。




a0123836_16364363.jpg
さらに青空をバックに、木のてっぺんを見てみると、葉の芽を準備しているようすがわかります。これは、コナラの樹の先です。




a0123836_16364604.jpg
また、冬場に上の方の枝先にいろいろぶら下げている樹も見えます。湿ったところに生えているハンノキです。先端の上方に雄花のあとが、その下に丸く雌花のあとの堅果が見えています。





a0123836_16365013.jpg
日当たりのよいところの葉っぱは、日に当たって寒い冬には明るく輝いてみえます。
常緑の葉っぱで輝いていて見えたのは、アカガシ。全縁で葉のフチにギザギザが見えません。葉の先の方がすっと細くなっています。




a0123836_16365963.jpg
目の高さに見えて、明るく輝いていた大きな葉は、、、。

高木ではありません。アオキでした。先端に蕾が待機中です。




a0123836_16365671.jpg
さらに斜面全体に生えて輝いていたのは、シダ植物たちです。





a0123836_16370219.jpg
歩いていると人の姿を見て、常緑の木の根元近くの枝の中に野鳥が逃げ込んでこちらをうかがっていました。枝のすきまからシロハラ君の姿を撮影できました。



冬の散策もいろいろ面白い発見があります。
ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2019-01-11 16:59 | しょくぶつ

冬本番

1月10日(木)、午前9時の気温2.6℃、晴れ、昨日吹き荒れた強風は今日はおさまりました。しかし、体の芯から冷える寒さの一日となりました。

a0123836_14052952.jpg
朝のようす。寒いのは嫌ですが、こんな風景を見ることが出来るのはとてもよいことですね。お昼のニュースを昼食時に見ていると「放射冷却の影響で各地冷え込みました。」と耳にしました。放射冷却とは「夜になって地面が熱の放射で冷たくなること。そのため地面に接している空気も冷やされて気温が下がる現象」なんだそうです。インターネットで調べたら載っていました。毎日勉強です。


a0123836_14053808.jpg
センターの軽トラのフロントガラスが凍っていました。よく見ると結晶が見えます。ずーっと観察していたいのですが、お仕事しなきゃ。


a0123836_14054206.jpg
どこもかも凍っています。


a0123836_14054632.jpg
百葉箱の中のデジタル温度計を見ると、今朝の最低気温マイナス4.1℃!!寒いわけです。


a0123836_14054901.jpg
器にためてある水も、このとおり形のまま凍っています。


a0123836_14055254.jpg
こんなに分厚く凍っています。つい最近までのブログには「暖かい冬だな~」なんて、のんきなことをかいていましたが、やはりちゃんと季節は廻ります。冬本番に突入です。


a0123836_14055589.jpg
畑では、ウメの花が数輪開花していました。去年のこの時期はもっと早く、そして多く咲いていたような気がしますが…。やはり自然です。通年通りにはいきません。でもそこが自然の良いところでしょうか?

冬本番。寒さの中生きものたちは懸命に生きています。

観察しに来ませんか?

お待ちしています。


by isumi-sato | 2019-01-10 16:55 | センターこぼれ話

はじめて出合った野鳥がいました。

1月5日。新年初開館です。今年もどうぞよろしくよろしくお願いいたします。

快晴。午前9時の気温は5.4℃、今朝の最低気温は0.8℃でした。
昨日の方が冷え込んで、午前9時の気温は0.9℃、最低気温は-4.0℃でした。
今日は日中暖かくなり、午後は南寄りの風が吹き、気温があがって当センター観測で最高気温は16.2℃を記録しました。一転してあすは、一気に冷え込むと予報が出ています。


a0123836_17384689.jpg
万木堰に出ると、朝の空気は澄みきっています。日を浴びて薄氷が溶けていきます。


a0123836_17385029.jpg
マガモが二組、対岸を泳いで行きました。



a0123836_17385811.jpg
雑木林は落葉して陽が地表までさして、明るい林です。奥の実をつけた木の上に野鳥がやって来ています。



a0123836_17390209.jpg
センダンの実にいるのは、ヒヨドリたちでした。食べ物が少なくなってきてついにセンダンの実を食べ始めています。




a0123836_17385435.jpg
水路沿いのひなたでは、八重咲きのスイセンが重みで花を下に垂れています。


a0123836_17390619.jpg
畑を通ると、ウメの蕾が丸く膨らんできていました。



a0123836_17390910.jpg
奥の湿性生態園へと向かう途中、エノキの樹にフジがたくさんからまっています。
フジのさやにとまってつついているのは、シジュウカラでした。
硬くて大きなフジの種を食べているのでしょうか? さやの中に何かの昆虫を見つけて食べている可能性のほうが大きいでしょうか?



a0123836_17391694.jpg
野鳥観察塀の近くに大きなコナラがあります。ここにもちょこちょこ動く野鳥が幹に見えました。





a0123836_17391811.jpg
拡大すると、木の皮のすきまをつついています。どうやらすきまに昆虫か何かを見つけてつついているようです。鳥は、ご存知メジロです。
メジロは、毎日元気に飛びまわり、日当たりのよい林や花をつけたツバキなどから、明るい鳴き声がよく聞こえてきます。




a0123836_17392408.jpg
湿性生態園に到着してデッキを歩いていると、ハンノキの根元からハトよりも大きなサイズの野鳥が飛び立ちました。



a0123836_17392645.jpg
奥の林の倒木のスギの幹に、三秒くらいの間とまり、液体状の白い糞を落とした後、さらに林の奥へとかくれていきました。ササゴイ ゴイサギ (1/13修正)のようです。幼鳥よりは大きくなった若鳥 幼鳥 のようです。
ササゴイ ゴイサギ は、初撮影でした。


湿性生態園へは、建物から500mほどの距離です。30分から50分くらいで往復できます。まだ訪れたことのない方は、ぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。
ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2019-01-05 17:46 | いきもの

ワラでリースの準備

12月21日(金)、午前9時の気温4.4℃、今朝の最低気温1.6℃、快晴。今朝も穏やかな朝を迎えました。今年も残すところあと10日。余裕をもって年末を迎えたいと毎年思いますが、結局毎年バタバタと年が明けてしまいます。皆さんもそうですよね。

a0123836_14203731.jpg
昆虫広場のようす。今日の最高気温は14.4℃、あまりにも暖かいので、年末だと思えません。


a0123836_14204040.jpg
チカラシバには、霜がついていました。太陽の光を受けゆっくりと溶けていきます。


a0123836_14204348.jpg
明日行われる行事「わらでリースを作ろう」の準備。マツボックリとハスの花床(花托)にゴールドのスプレーを吹き付けました。すてきなオーナメントになるといいな。




a0123836_14205160.jpg
冷たく、うっすくなった座布団。天気がいいのですべて干しました。お昼過ぎには厚みが倍近くになっていました。あすから三日間工作室での行事が続きます。皆さんが板の間に座って寒くなってしまわないようにフワフワに仕上げておきました。


a0123836_14293572.jpg
明日の行事、ワラでリースを作ろうにて使用する材料がそろいました。用意したものはセンダン、マツボックリ、ハゼノキ、カラスウリなどの果実、ワタの実など沢山そろいました。とても楽しみですね。


参加される皆さん、時間厳守でお願いいたします。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-12-21 16:55 | センターこぼれ話

ツバキの開花

12月18日(火)、午前9時の気温6.4℃、今朝の最低気温0.4℃、快晴。太陽の日ざしをサンサンと受けながら新しい「今日」という日の始まりです。前回のブログ(16日の日曜日の内容)のような真っ白な景色の朝ではありませんでしたが、すがすがしく空気の澄んだ気持ちの良い朝を迎えました。


a0123836_15495913.jpg
中庭にあるエノキの木をバックに、太陽の光を、私の持っているカメラで「絞り優先モード」にて撮影。思ったより素敵に撮影できました。
a0123836_15500682.jpg
ツバキが開花しました。ツバキの花が咲くころはもっともっと寒い時期だったような…でも、今年も半月もありませんからね。あまりにも寒くないので12月も後半だということをすっかり忘れてしまいそうです。本当なら今はツバキの開花時期に合った寒さなんでしょうけど。

a0123836_15500928.jpg
ツバキはサザンカに似ていますが、咲き終わった花が花の形のまま落ちて散るのが特徴的です。


a0123836_15501232.jpg
昆虫広場では、ネコヤナギの銀灰色の毛に覆われた花穂が目立つようになってきました。


少しでもセンター内を歩くと様々な発見があります。

色々発見してくださいね。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-12-18 16:55 | センターこぼれ話

空気の澄んだ素晴らしい朝

12月13日(木)、午前9時の気温5.8℃、今朝の最低気温1.1℃、晴れ。今朝は随分冷え込みました。昨日の方が雨が降っていたので寒かった気がしますが、今日のほうが最低気温が低くなりました。だんだんと冬らしくなってきましたね。


a0123836_14054835.jpg
今朝のようす。雲は多めですが、空気の澄んだ素晴らしい朝を迎えました。雲がゆっくりと西から東へ流れていきます。空を眺めているだけでも、忙しい日常生活を忘れ、頭を空っぽにすることが出来ます。


a0123836_14055263.jpg
湿性生態園のようす。柔らかな木漏れ日がデッキに降り注ぎます。鳥のさえずりがあまり聞こえないのが残念です。


a0123836_14055669.jpg
ハンノキのようす。少し前までは目立たなかったオバナの穂が目立ち始めました。中央にある茶色い球形のものは果実です。


a0123836_14060044.jpg
風は強くないものの、スギの木は「キューキュー」と幹がこすりあう音がします。見上げると一本のスギの木だけにツルのような植物が巻きついています。


a0123836_14060438.jpg
よく見ると、キヅタのようです。最近もブログに取り上げたばかりです。よく見ると果実がまだ若いようです。鮮やかな黄緑色をしています。リースの飾りにしても良いかもしれません。



a0123836_14060889.jpg
デイキャンプ場では、ノササゲの果実がたくさん観察できました。湿性生態園へ続く林道ではよく観察できましたが、デイキャンプ場にもあったことは新発見です。種がはじけ出ています。


a0123836_14061263.jpg
花でも咲いているのかな?とよく見るとモズのはやにえのようです。モズの姿は観察できていませんが、この様な光景に出合えるということはモズはセンター敷地内いるということです。今年は一回しかモズの姿を撮影出来ていないのがとても残念です。

姿を見せてくれないかな~と願いつつ毎日自然観察です。

じっくり観察を続けると発見がいっぱいです。

センターでお待ちしています。

by isumi-sato | 2018-12-13 16:55 | センターこぼれ話

降り続いた雨

12月12日(水)、午前九時の気温6.8℃、今朝の最低気温4.6℃、雨。昨日の午後から降り始めた雨は今日のお昼近くまで降り続き午後には止みました。寒さや冷たい雨で、体調を崩さないよう注意したいものです。降り始めからの雨量は47㎜。今日の最高気温は9.9℃でした。



a0123836_14122214.jpg
朝のようす。冷たい雨が降っているにも関わらず、何匹かのヒヨドリの鳴き声が中庭に響きます。縄張り争いか、それとも食べ物の取り合いか?長い時間「ヒーヨヒーヨ」とけたたましい鳴き声が聞こえました。長い雨が降り続く夜など、鳥たちはどのようにして過ごしているのでしょうか?


a0123836_14122755.jpg
中庭のウメの木。小さなつぼみを多数つけていました。ウメの花の開花が、年明け最初の方のブログで話題となることが多かったような気がします。


a0123836_14125269.jpg
底冷えするセンター館内。雨が降れば余計にそう感じます。しかし、お飾りづくりの講師もつとめるセンター職員。寒さに負けず、黙々と展示用のお飾りを作成中。

a0123836_14463380.jpg
あっという間に、鳥居型お飾りの完成。素晴らしい。

a0123836_14125871.jpg
屋外では、ボケのつぼみが観察できました寒い時期に花を咲かせるボケ。

植物はちゃんと次の季節を分かっているのですね。

自然を通じて、たくさんのことを学びましょう。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-12-12 16:55 | センターこぼれ話