千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:季節の植物 ( 1020 ) タグの人気記事

いろいろな白い花々が開きました

3月19日、晴れのち曇。午前9時の気温は15.7℃、今朝の最低気温は1.5℃でした。
予報通り、午後から曇となりましたが気温は上がって、今日の最高気温は18.8となりました。


a0123836_17311324.jpg
月曜は休館でしたが、火曜日の今朝、中庭のハクモクレンは一部の花が開き始めていました。





a0123836_17311759.jpg
蕾が開き始めています。



a0123836_17312135.jpg
午前中の日ざしをあびて、お昼にはかなりの花が開きました。
夕方近くには、もうほとんどの花が開いて満開状態になりました。







a0123836_17313576.jpg
昆虫広場に、同じような白い花をつけている樹が二本あります。





a0123836_17313852.jpg
やはり花を開き始めました。
こちらは、楚々とした控えめな印象の花です。コブシです。
どちらもモクレン科ですが、白い花でも印象が結構異なります。
どちらもよいかほりがします。





a0123836_17333969.jpg
一方、当地の桜の蕾は、まだ先端の方もピンク色がのぞき始めてはいません。






a0123836_17341436.jpg
畑にある樹木の花も薄いピンク色で、楚々とした花を開き始めていました。
アンズの花です。




a0123836_17334904.jpg
田んぼでは、水が引かれてきた中で、小さな白い花が一面に咲き誇っています。





a0123836_17335340.jpg
タネツケバナです。じっくり近づいて観察すると、なかなかきれいな花です。




a0123836_17312589.jpg
今日は、実生のオニグルミから発芽した25cm程の実生苗を掘り上げて、
オニグルミの列の欠けている部分へと、植付けました。




a0123836_17312989.jpg
実がついてくれるのは、さてあと何年後になるでしょう?

ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2019-03-19 17:35 | しょくぶつ

シロバナタンポポ、アケビの花

3月17日(日)、午前9時の気温8.5℃、今朝の最低気温1.6℃、くもり時々晴れ。鳥の鳴き声が響くにぎやかな朝を迎えました。

a0123836_15045052.jpg
万木堰のようす。時々薄日が差すものの、スッキリと晴れ渡ることはない一日でした。上着を着なくても自然観察できるようにもなりました。季節はどんどん進みます。

a0123836_15045437.jpg
万木堰の対岸でも、キブシの花が満開を迎えています。



a0123836_15045762.jpg
ハス田では、水の中からブクブクと泡が出ていました。アメリカザリガニが動き始めたかな?



a0123836_15050183.jpg
湿性生態園では、トウキョウサンショウウオの卵のうが無事残っていました。ネットのあるおかげですね。ニホンアカガエルのオタマジャクシが卵のうの近くにあつまっていました。


a0123836_15050532.jpg
シロバナタンポポが観察できました。あれ?こんなに早く観察できたっけ?もっと遅かったような…。シロバナタンポポは、千葉県の分布は国内移入種(非在来種)ではないかとされています。



a0123836_15050998.jpg
今年はデッキ位置より手前にシロバナタンポポが観察できましたが、去年はこの写真のデッキ奥側で観察できたのにな…不思議?綿毛が飛んで別の場所で花が咲いたのかな?去年観察できた所にはタンポポらしき植物は見つけられませんでした。




a0123836_15051385.jpg
アケビの花でしょうか?鮮やかなワイン色。ちゃんと葉が三枚です。ミツバアケビかな?この時期は咲き始める花が多く、自然観察も発見の連続です。

皆さんもこの時期の自然観察を楽しみませんか?

お待ちしています。


by isumi-sato | 2019-03-17 16:55 | センターこぼれ話

花、葉、鳥、虫、カエルたちも元気に動き始めました。

3月15日、快晴。午前9時の気温は9.2℃、今朝の最低気温は0.8℃でした。
東北地方くらいまで寒気が南下して、朝は冷え込みました。
北よりの冷たい風が吹いていましたが、それでも日中はお日さまが当たると、ポカポカ陽気になってきました。


a0123836_17315455.jpg
中庭の上に青空が広がり、



a0123836_17315845.jpg
ハクモクレンの開花もまもなくあと数日です。今度の日曜あたりでしょうか?



a0123836_17320240.jpg
きのう水を入れ始めた田んぼは、湿ってきて土の色が黒くなってきています。
そして、動くものがいます。6つくらいは動いています。
この写真の中に三匹は写っています。




a0123836_17320561.jpg
寄ってみると、、、。写っているのは二羽のツグミです。エサを探して土の上を移動しています。




a0123836_17320976.jpg
それを少し高いところから見ているのか、他のエサを探しているのか。ジョウビタキがアジサイの苗の竹支柱の上にとまっています。



a0123836_17321462.jpg
小水路沿いのネコヤナギ、花が咲いている枝先から、新葉が展開を始めました。



a0123836_17322640.jpg
そこに花粉団子を足に付けた、セイヨウミツバチさんがやって来ています。



a0123836_17321765.jpg
小水路の中に飛び込んで泳ぎ始めた緑色の生きものは、、。




a0123836_17322004.jpg
ニホンアマガエルでした。





a0123836_17322361.jpg
緑色が増えた、オオバコが生長しているところにひらひらと体を温めにとまった蝶がいました。ムラサキシジミのようです。



a0123836_17323013.jpg
畑のナノハナは、ほぼ満開です。ここにもミツバチたちが来ています。



a0123836_17323314.jpg
渋いところでは、ヒサカキの花が開いています。独特の香りをあたりに流し始めています。

ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2019-03-15 17:36 | いきもの

いよいよ開花!

3月12日(火)、午前9時の気温12.3℃、今朝の最低気温6.4℃、今日の最高気温16.6℃、晴れ。日に日に春の気配が濃くなる今日この頃です。

a0123836_14500853.jpg
心地よいそよ風が、センターを包み込みます。すがすがしい朝を迎えました。



a0123836_14501100.jpg
ヒメオドリコソウが空に向かって背を伸ばしています。まだ寒い時期から観察ができるヒメオドリコソウ。実はヨーロッパ原産の帰化植物です。日本には明治時代に侵入しました。現在では北アメリカやアジアに広く分布しているようです。在来のオドリコソウよりも小型なため「姫」と付けられました。ヒメオドリコソウは道端などによく見られるが、オドリコソウは山野に見られるそうです。(散歩が楽しくなる雑草手帳/東京書籍より)


a0123836_14501637.jpg
昆虫広場には、気が付くとたくさんのツクシがツンツン伸びています。いつのまに…。


a0123836_14502062.jpg
ニホンアカガエルのオタマジャクシがいっせいに卵から孵り、泳ぎ始めました。早いものですね。


a0123836_14502332.jpg
ソメイヨシノのつぼみは?というとつぼみの先から黄緑色が見え始めました。今年のソメイヨシノの開花予定はというと…東京は3月21日が開花予定日のようですが、センターではその日より先に咲き始めるかな?


a0123836_14502680.jpg
ボケの花のようす。午後に撮影しました。ゆっくりと開き始めています。


a0123836_14502934.jpg
ハクモクレンの花も優雅に花びらを開き始めました。いよいよ春の到来ですね。

咲き始めたばかりのハクモクレンを鑑賞しに来ませんか?

お待ちしています。

by isumi-sato | 2019-03-12 16:55 | センターこぼれ話

ポカポカ小春日和♪

3月10日(日)晴れ。午前9時の気温は15.5℃、湿度は68%でした。朝からポカポカしてます~…小春日和です~…




a0123836_16514393.jpg
「ホーホケキョ♪」里山に、ウグイスのさえずりがこだまします。





a0123836_16520146.jpg
小春日和に誘われて、セイヨウミツバチが菜花に集まっています。花粉をいっぱい集めています。このミツバチたちが、こうして受粉を手助けしてくれるから、いろいろな作物ができるんだとか。感謝!





a0123836_16531968.jpg
その中に、オオハナアブもいます。普通種ですが、なかなか見つけにくいハナアブです。お花畑に行けば、出会えるかもしれませんね。ぜひ探してみてください。





a0123836_16533138.jpg
ありゃ?ブロッコリーの花?初めて見ました。なかなか可愛い花です。





a0123836_16533996.jpg
ナミハナアブも好きみたい。名前はアブだけど、ハエの仲間です。蜜をなめるのに適した口をもっています。





a0123836_16540605.jpg
スイバのまわりでは、コガタルリハムシが恋の季節を迎えています。成熟した雌のお腹は、大きくふくらんでいます。





a0123836_16543720.jpg
ツチイナゴを発見!寝起きなのでしょう…逃げ方がフラフラしてて、動きがぎこちないです。泣いてるの?涙を流しているような顔です。





a0123836_16544567.jpg
日本にくらすバッタ類の多くは、卵で越冬します。このツチイナゴは逆のライフスタイルで、成虫のまま越冬します。そろそろ活動を再開し、6月ごろまで成虫が見られるということです。





a0123836_16560213.jpg
やっぱ気になりますね~。わお!トウキョウサンショウウオの卵のうが増えている♪





a0123836_16561039.jpg
たわわにみのったバナナかな?どうか無事に育ってね♡

by isumi-sato | 2019-03-10 17:37 | いきもの

お知らせがあります

3月6日(水)、朝から曇り空でした。一時、パラパラと雨も降りました。今日の最高気温は14.3℃、最低気温は5.3℃。暖かかった・・?? 天気予報では昨日よりは気温が下がると言っていたように思いますが、当地では昨日の最高気温は13℃台だったので、今日のほうが風もなく過ごしやすかったようです。


暦の上では3月から春。ということでブログも春の話題ばかりですが、ここでお知らせです。
すでにセンターのWEBサイトをご覧の方はお気づきかもしれませんが、来年度行事の案内を掲載してあります。行事案内はこちらのPDFチラシを御覧ください。
紙媒体は現在、印刷中。諸般の事情でなかなか印刷に入れずにいました。
素早い人は早くも4月の行事の申込をしました。
情報収集はインターネットで、と言う時代ですね。


以下は日常から・・・
a0123836_15584855.jpg
ネコヤナギも開花したものが増えてきました。

a0123836_15584655.jpg
こちらはコブシ。モクレンと似ているかな? 花は似てますねぇ。


a0123836_15584469.jpg
ご存知、菜の花。

a0123836_15584341.jpg
そしてタンポポとスギナとオオイヌノフグリ。一応はこの1枚に入ってはいるのですが、どこにもピントが合っていないように見える。
この3つの被写体に同時にピントを合わせるのは、なかなか厳しい。あちらを立てればこちらが立たず。
使い慣れた道具でISOを上げて絞り込めばなんとかなるのでしょうが、職場のは使い方が分からないところがある。残念。

来週にはチラシ配布ができると思います。
今しばらくはネットのみで確認してください。




by isumi-sato | 2019-03-06 16:56 | おしらせ

雨―寒い、晴れ―春らしく、でもまた雨 ?

3月5日、曇りのち晴れ。午前9時の気温は10.1℃、今朝の最低気温は5.8℃でした。
朝のうちは雲が多く曇りでしたが、やがて青空が広がり、日が射して春らしい一日となりました。今日の最高気温は13.1℃でした。


当センター観測の降水量は、土曜日26.5mm、日曜日61.5mmとなり、二月の終わりから降ったりやんだりの天候が続いて、合計125mmもの雨量となりました。


a0123836_17024406.jpg
雨が少なかったので二月の下旬には万木堰の取水口の土管が八割がた露出していましたが、だいぶ水位が上がって、今日の露出は一割程度になりました。



a0123836_17024869.jpg
機械でクロヌリを行った当センターの田んぼには、水がたまっています。



a0123836_17025149.jpg
中庭のハクモクレンの蕾が日々、大きくなってきました。


a0123836_17025494.jpg
日曜日に観察会を行った湿性生態園の水たまりもだいぶ広がって大きくなっています。
今日は、新たに産卵したと思われるカエルの卵塊やトウキョウサンショウウオの卵のうは見つかりませんでした。





a0123836_17025859.jpg
日ざしが少し暖かくなると、、、
林道沿いでは、小さな青い花がたくさん開花しています。ご存知、オオイヌノフグリ。




a0123836_17030196.jpg
湿性生態園の水没ヤナギ林での水位も上がっています。人が近づくとボチャン、ボチャンと水音が響きます。




a0123836_17030430.jpg
木の根元に上って甲羅干しを始めたカメさんたちがいました。寒い日には水の中でじっとし、日がさして暖かくなると上に出て体を温めているようすです。



a0123836_17031551.jpg
さらに、林道沿いに黄色い花が複数咲き始めました。ガクのうらをのぞくと、




a0123836_17031765.jpg
突起が見えません。カントウタンポポです。この在来のタンポポは早春に時期を合わせていっせいに咲きます。しばらくカントウタンポホが咲き続けてくれることでしょう。


a0123836_17030849.jpg
ネコヤナギの花がたくさん開花を始めています。たくさんの銀色の毛の中に赤、黄色の色も目立ってきました。



a0123836_17031262.jpg
その足元、小さな水路の中では、小さな魚たちが泳ぎ始めていました。
人がのぞくと水面が揺れます。メダカたちも動き始めたようすです。
春めくと、いろいろな生きものたちが元気になってきました。

ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2019-03-05 17:10 | いきもの

あっという間に…

3月2日(土)、午前9時の気温9.4℃、今朝の最低気温2.3℃、雲一つない快晴の空。日に日に春めくセンターです。

a0123836_15002240.jpg
中庭のエノキ。今年はエノキの木の周りにてどんなストーリーが生まれるでしょうか?エノキに集まる生きものたちをたくさん観察できるといいな~。


a0123836_15002756.jpg
これはクワの木のようす。花芽がだいぶ大きくなってきました。



a0123836_15003061.jpg
クワコのマユもひとまずは厳しい冬を超えられたようです。数えると全部で7個のマユが観察できました。今年の夏は多くのクワコたちが観察できるかな?



a0123836_15003530.jpg
ボケの花のつぼみが赤みを帯び、まるまるしています。もうすぐにでも咲きそうですね。



a0123836_15003999.jpg
水田では、畦塗り作業です。作業はいつもお世話になっているY氏に委託しました。午後になると、畦塗機を装着したトラクターでY氏が華麗に登場!うっとりするほどのハンドルさばきで畦がどんどんきれいになっていきます。



a0123836_15004507.jpg
BEFORE




a0123836_15004818.jpg
AFTER




a0123836_15005256.jpg
あっという間に畦塗は終了。以前は職員が畦塗りをしていたそうですが、「三人がかりでも到底一日じゃ終わらなかったよー」と職員。「すごい器械があるんだねー」

a0123836_15005582.jpg
雨の日が多かった今週。今日は久々に晴れました。オオイヌノフグリは花びらを空に向かって大きく広げています。まるで深呼吸しているかのようです。濃い青色が目立ちます。

暖かくなってきたからでしょうか?土曜日ということもあり、家族連れのお客様が多い一日となりました。

皆さんのご来館をお待ちしております。

by isumi-sato | 2019-03-02 16:55 | センターこぼれ話

もう、ぶつからないでね

2月27日(水)、午前9時の気温7.4℃、今朝の最低気温4.6℃、昨日の最高気温11.1℃、曇。灰色の雲が一日中空を覆い、寒い一日となりました。ウグイスの鳴き声が、ずいぶんと様になってきました。

a0123836_13522353.jpg
中庭のようす。雲がドンヨリ。しかし、鳥たちの鳴き声からは春の気配を感じるようになりました。


a0123836_13523065.jpg
ケヤキの木のようす。ケヤキの芽(葉芽か?)が大きくなってきました。今年はケヤキの花の写真を撮影したいものです。

a0123836_13584368.jpg

今朝、開館準備をしていると、またツグミがコンクリートの上に横たわっていました。まるでまだ生きているかのようにきれいな状態です。先週の19日にも同じように、ほぼ同じ場所でツグミがコンクリートの上で冷たくなっていました。かわいそうに。涙が出そうになってしまいました。

a0123836_13523468.jpg

近くの窓を見ると、「やっぱり」ぶつかった跡があります。勢いよくぶつかったのでしょう。羽がまだくっついていました。どうしたら窓にぶつからないのでしょうか?「鳥の絵でも窓に貼ったらどう?」と職員の意見。なるほど!!インターネットでも調べてみました。調べてみるとガラス窓などに鳥が衝突するのを防ぐステッカーなども市販されているようです。


a0123836_13523736.jpg
インターネットで、猛禽類の鳥のシルエットを探し出し…


a0123836_13524171.jpg
窓に貼ってみました。かわいいツグミちゃん、もうぶつからないでね。


a0123836_13524550.jpg
小水路わきのネコヤナギが開花しました。グレーのシックなたたずまいから派手な黄色に大変身です。近くでネコヤナギの花をいたことがないという方、ぜひ見に来てくださいね。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2019-02-27 16:55 | センターこぼれ話

春よ来い♪早く来い♪

2月24日(日)は快晴です。午前9時の気温は4.7℃、湿度は76%でした。最低気温はマイナス1.6℃を記録するなど、肌寒い朝となりました。今日は2月最後のお休み…皆様はどのように過ごされましたか?





a0123836_14155178.jpg
日が高くなるにつれて、春を思わせるような陽気になって来ました。「春よ来い♪早く来い♪~…」さあ、春の気配を探しに行きましょう!





a0123836_14195352.jpg
うじゃうじゃ~…これですよ。早春はこうでなくちゃ♪ あちらこちらで、アカガエル類の卵塊(らんかい)を見かけるようになっています。





a0123836_14445922.jpg
ヤッホー‼ トウキョウサンショウウオも産卵開始です。こちらはバナナのような形…卵嚢(らんのう)がようやく確認できるようになっています。でも例年に比べて、ちょっと数が少ないような…





a0123836_14504092.jpg
ガッデム!自然観察していると、いい発見ばかりではありません。ニホンアカガエルの死骸に遭遇しました。おなかが大きいから、お母さんかなあ?





a0123836_14505830.jpg
ああ、今度はトウキョウサンショウウオが死んでる!近年、よく目にするようになった光景です…どちらも、体の一部が、何者かに食いちぎられています。

犯人は、ズバリ!アライグマでしょうか?





a0123836_15300075.jpg
気分を変えましょう。道脇では、かわいらしい花々が咲きだしています。こちらは、日本のタンポポです。よく見かける外来種、セイヨウタンポポとは異なります。




a0123836_16321959.jpg
日本にもとから生えているタンポポは、緑色の部分=総苞外片(そうほうがいへん)が反らないのが特徴です。千葉県では、カントウタンポポやトウカイタンポポなどが在来種で分布しています。(注:シロバナタンポポは、千葉県の分布は国内帰化(非在来種)ではないかとされています)




a0123836_15302341.jpg
そんなかわいらしい花たちが咲く道端を、ギッタンギッタンに破壊するやつがいます。草の斜面が崩れています…






a0123836_15303383.jpg
こちらのアスファルト、断面がむき出しになっていますよ。ひどい…とにかくすごい破壊力なんです。「誰がやったの?」





a0123836_15334342.jpg
「僕でーす」…二ホンイノシシちゃん、強そうな顔してますなぁ。この強力な破壊力が、いろんなところで被害をおよぼしています。





a0123836_15343071.jpg
仕方がないので捕獲です。でも…猟友会の人たちが一生懸命つかまえても、ぜんぜん減らないんだとか。はぁ~。





a0123836_15352178.jpg
近くの水田に来てみました。徐々に田植えの準備が始まっています。トラクターの走った跡=水がたまったわだちを覗くと…





a0123836_15355117.jpg
へえ~、こんなところにもあるんだ。さきほど紹介したトウキョウサンショウウオの卵のうです。バナナ状の透明なふくろにつつまれ、一方のはしは枝などに付着しています。

今だけじっくり観察できるコーナーをネイチャーセンター内に設けました。じっくり観察してみてください。









by isumi-sato | 2019-02-24 17:04 | いきもの