千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:季節の植物 ( 918 ) タグの人気記事

太東崎で海辺の自然を観察しよう

5月19日(土)、午前9時の気温24.6℃、今朝の最低気温19.1℃、曇。朝方は雨がパラパラ。しかしセンター開館時間9時頃には青空が広がりましたが、午後には再び曇りはじめ肌寒い風が吹きました。

a0123836_15274455.jpg
今日は「太東崎で海辺の自然を観察しよう」を行いました。雨の心配もしましたが、集合時間には雨は止みました。センターへ集合した後、各自車で移動し太東漁港へ向かいました。まずは地層のお話。露頭を観察しながら地層のお話です。見えている地層は上総層群の太田代層です。黒い層は砂からできていて、白い層は泥からできています。この上総層群には天然ガスが含まれていて、その地下水からはヨウ素が多く採れます。日本はヨウ素の世界シェア2位の輸出規模です。そのほとんどは千葉県で採られています。



a0123836_15275082.jpg
ハイキングコースを通り登って行くと、少し開けた土地へ到着しました。植物に興味がやはりある方が多く講師の話を近くで聞こうと皆さん一生懸命です。ここで観察した植物はマツヨイグサ、ハナヤエムグラ、ナガバギシギシ、ヤセウツボ、ツボミオオバコなどなど…です。



a0123836_15275921.jpg
ハイキングコースからの景色は最高です。今日はサーフィン大会が行われているようです。



a0123836_15280860.jpg
頂上付近でしばしの休憩。そして職員からいすみ市の器械根についてのお話。いすみ市の東方の海には水深が20~30m前後の浅い岩礁群が沖合10㎞以上先まで広がています。この広大な礒根は発見当初、ヘルメット式潜水具を使った「器械潜水」と呼ばれる方法でアワビを漁獲していたことから「器械根」と呼ばれています。ここには2mほどの海藻カジメが多く生えており、森を作ってたくさんの生物が暮らしています。このカジメの根1つに200種類もの生きものが生息しているそうです。



a0123836_15281170.jpg
休憩を終えて今度は下り坂。結構急ですね。



a0123836_15281735.jpg
急な山道を下り終わり、住宅が並ぶ道路へ出ました。「こんなところにつながっているのね」などと感心しながらも講義はどんどん続きます。この白い花はテリハノイバラ。潮風に強く海岸に多いが河原や丘陵地の林縁でもよく見られます。初夏に白い花を咲かせ、秋に赤い果実を付けます。



a0123836_15290030.jpg
これは太東崎の観察会では毎回登場するコウボウムギ。麦のような穂を付けます。弘法大師の筆にちなんで名が付いたとか。雌雄異株で、雄花の穂は黄色から茶色。雄花の穂は緑色です。




a0123836_15290434.jpg
これは有名なハマボウフウ。丈は低く、長い根を砂中にまっすぐ伸ばし夏に細かく枝分かれした穂に小さな白い花を付けます。若葉が食用になるので、採集により荒らされてしまうこともあります。






a0123836_17260680.jpg
皆さん大切にしましょうね。




a0123836_15290799.jpg
この鮮やかな紫色の花はハマエンドウ砂浜や土手、石の多い浜などに生えます。エンドウに似た草本で、春に赤紫色の蝶型花を付けます。花の色は赤紫から青紫に変化します。



a0123836_15291130.jpg
一段と目立つこのショッキングピンク色の花はハマナス。ナスと名がついていてもバラ科の植物。太東崎の観察会のフィナーレにふさわしい!



a0123836_15304427.jpg
やっぱり大トリはハマヒルガオです。一週間前に下見に来たよりも多く開花しているそうです。この花をみると「夏がやってくるなー」と思います。

あっという間の観察会でした。楽しく多くを学ぶことが出来ました。
他にも多くの植物が観察できましたが、多すぎて載せられませ~ん。

アンケートには「このような観察会があったらまた参加したいです。」「3時間かけて来たかいがありました。ありがとうございました」などうれしいお声をいただきました。

参加されなかった方も太東崎で散歩がてら自然観察などいかがでしょうか?

by isumi-sato | 2018-05-19 17:25 | 行事報告

センターの季節本番!

5月17日(木)、午前9時の気温24.6℃、昨日の最高気温26.2℃、曇。蒸し暑い一日となりました。朝方寒いなと思うことも少なくなってきていますね。

a0123836_15393883.jpg
田んぼの様子。


a0123836_15394363.jpg
おや?苗の背丈が伸びてきましたね。

a0123836_15394684.jpg
ミカンの花は白い可憐な花びらを落とし、果実を実らせる準備です。


a0123836_15395134.jpg
林道沿いで観察できるマルバウツギの花。満開を迎えようとしています。事務所の窓からも初々しい白い花が見えます。

a0123836_15395465.jpg
こんなに優雅に咲き誇っています。ハチの仲間、アブの仲間チョウの仲間などが花の周りに集まりにぎやかです。

a0123836_15395893.jpg
万木堰近くのアジサイの様子。ずいぶんつぼみをつけ始めましたね。鮮やかなブルーのアジサイの花が咲くのが楽しみです。

a0123836_15400236.jpg
お!ニョロニョロしています。これはもしかして…

a0123836_15400548.jpg
今年二度目の観察となりましたアオダイショウです。ゆっくりと舌をぺろぺろ出しながら進んでいきます。私の気配を感じた様で、素早く林道の茂みへと隠れてました。

a0123836_15400914.jpg
デイキャンプ場ではオオヒラタシデムシが死がいに集まっています。よく見ると幼虫も。そしてハエも二匹様子をうかがっています。何の死がいでしょうか?シデムシ類やニクバエ類は小動物の死体を餌とします。こうした昆虫は野外の死体を分解し土に戻す大きな役割を果たしています。(小学館の図鑑ネオポケット~昆虫~)


花が多く開花し始め、昆虫やヘビなど多くの生きものが活発に動き始めました。

さあ、センターの季節本番!皆さん遊びに来てくださいね。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-05-17 17:25 | センターこぼれ話

穏やかな初夏の一日

5月12日(土)、午前9時の気温21.7℃,今朝の最低気温10.8℃、晴れ。今朝も朝方は冷えたようです。しかし昼間は外を少し歩くだけでも汗ばみます。ここ何日かの寒暖差で、体調を崩さないようにしたいものです。

a0123836_14461850.jpg
センターの様子。新緑は少しづつ濃い緑色に変わり始め、風に吹かれて心地よく揺れています。鳥のさえずりに癒されます。
上の写真、よく見るとオレンジ色の線が見えますね。昨日、イノシシ対策で急遽展開した電柵です。これですんでほしいと願っています。電柵だらけにはしたくないので。

今日も多くの家族連れが、ザリガニ釣りをしに遊びに来てくれました。今日はこの時期ならではのセンター日和でした。



a0123836_14462264.jpg
デイキャンプ場では、ミカンの花が咲き始めました。白く凛とした花。近くによると、やはり柑橘系の果実をつけるだけあってとても良い香りがしました。


a0123836_14462411.jpg
ミカンの木の近くでは、アゲハチョウの仲間が2頭ミカンの木の周りを行ったり来たりして飛び回っています。大きいほうのアゲハチョウは翅がボロボロ。一回り小さいアゲハチョウが翅がボロボロのアゲハチョウを追いかけています。オスとメスでしょうか?観察を続けるともう一頭割り込んできました。メスの取り合いでしょうか?


a0123836_14462799.jpg
ケヤキの木の下。柔らかな日の光が降り注ぎます。


a0123836_14463066.jpg
雑木林のカヤの木の様子。新しい葉が生えていました。新しい葉は触ってみるととてもやわらかいです。一世代前の葉は、硬く先がとがっています。



a0123836_14463446.jpg
カヤの果実もなり始めました。



a0123836_14463862.jpg
湿生生態園へ続く林道。遥か上ですが(頭上2mぐらい。もっとかな?)、センダンが鮮やかな紫色のつぼみをつけ始めました。


a0123836_14464105.jpg
湿生生態園では、降り続いた雨のおかげで水位が高くなっていました。マルバヤナギの緑色がだんだんと濃くなっていることがここでも分かります。昨日のブログでも少し取り上げましたが、マルバヤナギの綿毛が種を付けてふわふわと飛ぶ光景「りゅうじょ」が今日も観察できました。あまりに不思議かつ、珍しい&素敵な光景なので「観察」というよりも「観賞」と言いたいぐらいです。昨日に引き続きの「りゅうじょ」の動画ですが、今日のほうがよく撮れました。FBにUPしました。見てくださいね。FBはこちら


a0123836_14464463.jpg
こんなに綿毛を付けているのですね。今の時期にしか見ることの出来ない光景です。


是非見に来てくださいね。


by isumi-sato | 2018-05-12 17:25 | センターこぼれ話

大型連休、いかがでしたか?

5月8日(火)、午前9時の気温13.8℃、12.9℃、雨。降り始めからの雨量37㎜。ゴールデンウィークが終わってしまった悲しみの雨かのように、しとしとと降り続く雨。大型連休のにぎわいが、ウソのように静まり返ったセンター。終わってしまい、少し寂しく思うのは私だけでしょうか?皆さんは、ゴールデンウイーク満喫されましたか?しかしこれからがセンターの季節!週末の晴れた日にはまた多くの家族連れが訪れることでしょう。

a0123836_15581038.jpg
中庭の様子。寒い一日となりました。午後4時の気温は14.0℃。午前9時から0.2℃しか上がっていません。3月下旬並みの気温でしょうか?この時期は着るものに困りますね。

a0123836_15581408.jpg
田んぼの畔では、小さい二ホンアカガエルがぴょんぴょん飛び回り、雨が降ったことを喜んでいるかのようです。私が畦の上を歩く度に数匹飛び跳ね、田んぼの中へ飛び込んでいきます。


a0123836_15581740.jpg
ハクモクレンの様子。丸い葉は見る見るうちにおおきくなり、ボコボコとした果実がだいぶ目立つようになりました。

a0123836_15582105.jpg
これは何でしょう?職員がイスミスズカケのプランターの中から見つけました。畑からカラスが運んできたのでしょうか?4月30日センターにて撮影。5月13日に開催する行事「落花生の栽培体験をしよう」で用意していたラッカセイでしょうか?見事に芽を出しました。観察すること9日間…。


a0123836_15582595.jpg
私の家でじっくり観察しながら保護?しています。葉の枚数が増え、根も少し伸びたでしょうか?小さい瓶に水を張り、立てかけて様子を見ています。今後どのように変化していくか楽しみです。

自然は不思議なことばかり。

皆さんも自然の「不思議!」を発見してみませんか?

お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-05-08 17:15 | センターこぼれ話

連休最終日。いろいろな花が咲き始めています。

5月6日、晴れ。午前9時の気温は23.0℃、今朝の最低気温は11.3℃でした。
今日の最高気温は24.7℃になりました。午後2時過ぎころから少し強い風が吹き始めました。

ゴールデンウィークも最終日。昼ころまではたくさんのみなさんが訪れてザリガニ釣りやネイチャーコレクションの色塗りなどでにぎわいました。午後からはみなさん帰宅時間になったようで、人も少なくなりました。



a0123836_17310915.jpg
4月29日に田植えをした田んぼでは、少しずつ緑色が増えているように見えます。
目ただないのですが、イネが確実に生長しているようです。




a0123836_17312436.jpg
ハスの葉っぱも生長して、水面から頭を持ち上げる葉もみられます。
オニグルミの葉が茂り、アシ原の緑色部分は茶色の枯れた部分の半分の丈になってきました。まもなく、オオヨシキリがやってきて、1日中ギョギョシギョギョシと鳴き続けることでしょう。




a0123836_17313014.jpg
中庭の草が少しのびて、シロツメクサやニワゼキショウがたくさん咲き始めました。
ニワゼキショウは小さな花ですが、花びらのつき方などよく観察するとおもしろい発見があります。




a0123836_17313936.jpg
花の色も薄いものから濃いものまで、変化が見られます。




a0123836_17314352.jpg
キショウブの中に白い花が見られました。




a0123836_17314606.jpg
色素が欠けている(アルビノ)個体のようです。




a0123836_17335028.jpg
小水路沿いに黄色い花が咲いたあと、金平糖のような丸いとげとげの実をつけている植物があります。金平糖のようなこの密度の実をつけているのは、キツネノボタンか、ケキツネノボタンです。よく観察すると、とげとげの先端が少し曲がっていること、葉のさけ方も3全裂であること、茎に毛が見られることから、(ケ)キツネノボタン(キンポウゲ科)のようです。実はキツネノボタンと、ケキツネノボタンの見分けは、中間型も多いことから難しいといいます。
よく似たタガラシは、全体に毛がないことや、そう果が楕円形で一つ一つの凸凹がもっと細かく、葉が3深裂することで区別できます。

a0123836_15113849.jpg
近くの田んぼに生えていたタガラシのそう果が写った写真を追加して掲げます。(5月9日修正)




a0123836_17315320.jpg
畑では、ジャガイモの花が咲き始めました。アンデス―インカのめざめ という原種に近い品種です。




a0123836_17363431.jpg
堰の道端にヒメコバンソウの実が風に揺れていました。




a0123836_17334439.jpg
池のほとりでは2色の花色をつけている花が咲き始めました。ニシキウツギです。
しかしよく観察すると、はじめはみな白い花色で、ピンクのものは時間が経過して色が変化してきていることに気づかされます。みなさんも観察してみてください。


ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-05-06 17:37 | しょくぶつ

植物に昆虫が訪れています

5月3日、雨のち曇。午前9時の気温は21.8℃、今朝の最低気温は18.9℃でした。
低気圧の通過に伴って、雨風ともに強いという予報が出ていました。外房では今回の雨量は24mmとそれほどたくさんにはなりませんでした。
昼前くらいから雨が上がりました。それと共にぐっと湿度が上がって93%。最高気温は24.6℃。今年もっとも蒸し暑く感じました。しかし、表にいれば時おり風が強く吹いて蒸し暑さを吹き飛ばしてくれました。

連休後半の始まりです。あと4日間ですね。



a0123836_17473472.jpg
センターの小水路では、数日前から水路沿いに黄色い花が目立つようになってきました。キショウブです。ハナショウブには黄色い花がないので観賞用に日本に持ってこられたのですが、繁殖力が旺盛な外来種で、要注意外来生物です。毎年のように抜いてはいますが、なくすことはむずかしい植物です。




a0123836_17473966.jpg
遅れること約一月後に、例年ハナショウブが咲いてくれます。梅雨の天気に似合う少しワビサビ感のある植物で、これから楽しみです。




a0123836_17474281.jpg
植物では、小さな花の蕾をつけ始めたマユミ。秋には、赤い実をぶら下げます。





a0123836_17474540.jpg
白い小さな花の集合花の蕾が目立ち始めたガマズミなどを今日は紹介します。
こちらも秋に赤い実をつけて、野鳥たちのお腹を満たしています。





連休明け少しして小学校が見学にやってこられますが、モンシロチョウや昆虫も観察したいというお話がありました。短い時間では限られた内容にならざるを得ないのですが、今日は少し昆虫を意識して巡回してきました。
軟らかい葉を展開する暖かくなったこの時期、小さな昆虫たちを発見し始めると、いたる所にいることがわかります。


a0123836_17475013.jpg
花が終わって種をつけ始めているナバナには、ナナホシテントウ。



a0123836_17475365.jpg
テントウムシの仲間では、草食のテントウムシのニジュウヤホシテントウ。
ナス科につくといいますが、林道沿いのアメリカイヌホオズキにたくさんついていました。ハムシ類もいます。アリも来ています。



a0123836_17493572.jpg
スイバの花にもハムシの仲間がいました。



シロツメクサには、たくさんの種類の昆虫が訪れています。





a0123836_17505057.jpg
マルハナバチの仲間でしょうか。そしてシジミチョウやジャノメチョウなどのいろいろな蝶たち。




a0123836_17505419.jpg
枯れた花には、ダンゴムシの仲間まで。




a0123836_17505897.jpg
アキカラマツの小さな葉には、イナゴの仲間の赤ちゃんがついていました。



a0123836_17510730.jpg
a0123836_17510448.jpg
早くも、シオカラトンボたちも姿を現わしました。オス、メスともにみられました。
まだまだ紹介しきれません。
昆虫たち、とてもたくさんの種類が活動を始めています。


ご来館お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-05-03 17:52 | いきもの

G.W.の中休み~2018~

5月2日(水)、午前9時の気温22.4℃、今朝の最低気温13.4℃、晴れのち曇り。雲の多い一日となりました。心地の良いさわやかな風がセンターを吹き抜けました。

a0123836_15114264.jpg
万木堰の様子。すばらしい風景ですね。新緑が心と体を癒してくれます。


a0123836_15115157.jpg
フジの様子。もう満開のピークは過ぎたでしょうか?今年のフジは開花が早いのでしょうか?去年この時期に来館されたお客様に「フジはまだ咲かないの?」と質問をされたことを思い出しました。去年はゴールデンウイークが終わった後に満開を迎えた記憶があります。毎年そんなにも開花時期がちがうものなのでしょうか?

a0123836_15115634.jpg
クワの木には果実がなり始めました。あっという間に葉を広げ果実を付けました。驚きです。


a0123836_15120713.jpg
ネムノキも多くの葉をつけ始めました。特徴的な葉の形、2回羽状複葉の様子がしっかり観察できます。


a0123836_15121048.jpg
ハス田の様子。あざやかな緑色のハス田へ変わりつつあります。


a0123836_15121301.jpg
林道では、マルバウツギにアゲハチョウの仲間が花から花へ優雅に舞い降りていました。じっと息をひそめ観察していると自分も自然に一部であるかのように日常生活の喧騒を忘れることが出来ます。明日からゴールデンウィークの後半が始まります。センターで自然を満喫しませんか?

お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-05-02 17:15 | センターこぼれ話

ゴールデンウイーク三日目、突然の雨

4月30日、昭和の日の振替休日。曇り時々晴れ。午前9時の気温は20.8℃、今朝の最低気温は13.1℃でした。ゴールデンウイーク二日目。通年では穏やかな休日といったところでしたが、連休の後半では荒れた天気も予想されています。
今朝の天気予報では、当地域は「日焼けや熱中症に注意ください。」と聞きましたが、雲が多くドンヨリとしたすっきりしない朝を迎えました。あれちょっと違う?


a0123836_13340870.jpg
田植え後、一日経過した田んぼのようすです。
昨日の田植え参加者の親子が、自分の植えたところを見に来られていました。
「あっ。ほとんどの苗がちゃんとまっすぐに立って植わっている!! よかったー!!」



連休前半の最後、ティキャンプ場はたくさんの人でにぎわいました。

a0123836_13094115.jpg
いすみでは、昼一時的に雨がパラつきました。その時の雨雲(tenki.jpより)。天気予報には全くなかった、細く南北につながった雨雲です。


a0123836_15184126.jpg
突然の雨、デイキャンプ場を利用されたお客さんは農機具庫の軒下に避難。「雨が降るなんて聞いてないよ~」。その後、時期天気は回復し晴れ間もあったのですが、残念ながらすぐに曇ってしまいました。


a0123836_15191625.jpg
万木堰の様子。対岸には、白い花を咲かせた樹木がだいぶ目立ちます。ミズキの花のようです。


a0123836_15192187.jpg
望遠にてのカメラ撮影。葉脈がはっきり見えます。里山や山地のやや湿ったところに生えています。葉は互生(ちなみによく似たクマノミズキは対生です)。ミズキの樹形は独特で枝を水平方向に面状に広げていくつもの階層を作るので、慣れれば遠くからでも見分けられます。春に枝を切ると、水のように樹液が出るのでこの名がつけられたそうです(葉で見分ける樹木/小学館より)。



a0123836_15193103.jpg
今日、遊びに来てくれたお友達がセンターで捕まえた昆虫を、図書室にある図鑑で調べていました。すばらしい! 観察できた昆虫は「ヒメツチハンミョウ」と「ヨコズナサシガメ」だったそうです。事務所に一声かけていただければ図書室はご利用できますよ。皆さんもセンター内で観察できた生きものを調べてみてくださいね(捕獲した生きものはちゃんと逃がしてくださいね)。
※追記:当センターの野外施設は自然観察の場所(生態園)として管理しています。学習会等の管理者が許可した場合を除き、網などの道具を使った採集はご遠慮願っていますので、ご理解・ご協力ください。



a0123836_15193626.jpg
カラムシでしょうか?虫のような名前ですが植物の名前です。茎を高く伸ばし、目立ち始めてきました。もう少しで、カラムシの葉の上にとまっている、ラミーカミキリが観察できる季節がやってきます。楽しみですね。



明日、5月1日(火)は振替の休館日です。おまちがえないように。
連休後半もご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-04-30 17:12 | センターこぼれ話

実、いろいろ

4月28日(土)、今朝の最低気温は11.6℃、朝9時では20.3℃、最高気温は21.4℃でした。ちょっと寒い朝かも。日中はちょっと風もありましたが、でも気持ちの良い一日でした。
いよいよ大型連休のスタートです。私の友人は今日から9連休、優雅ですね。私たちスタッフは連休とは無関係、平常営業中です。


a0123836_12405699.jpg
今日も朝からザリガニ釣り。護岸を再整備して足元がしっかりとしているので遊びやすいかな?


a0123836_12405300.jpg
新緑の木立の中は気持ちいいですね。なんか 初夏 という感じ。


本日はセンター内で見られる植物から「実」をいくつかご紹介。

a0123836_12404605.jpg
さて、この白い花は何でしょう。


a0123836_12404484.jpg
こんな実(種)をつけています。毎年ネタとして取り上げているので、もうお分かりですね。

a0123836_12404241.jpg
そう、大根の花と実です。観察用に数本残しておいてのですが、どうゆう理由か1本しか残っていません。折れたやつ1本は処分はしましたが、のこりは? ミステリーです。


a0123836_12404900.jpg
この花は分かりますか?


a0123836_12405114.jpg
こんな実をつけます。そう、キヌサヤエンドウです。花をたくさんつけるので、蝶が来ることを期待しているのですが、なかなか期待通りには行かないですね。


a0123836_12431001.jpg
この実はわかりますか?春先に白い花を咲かせていたアンズの実です。


a0123836_12403833.jpg
そしてこちらはスモモ。同じ時期に花を咲かせていたのですが、実はずいぶんとようすが違いますね。

a0123836_12403655.jpg
これはなんだかわかりますか。今年の花はほぼ同時期でした。そう、ソメイヨシノのサクランボです。赤く熟しているようですが、ちょっと口に含む気にはなれないです。小さな実です。


a0123836_12404074.jpg
そして本日の大トリはこの実。もうお分かりですね。焼酎に付け込んで・・なんてことはセンターではしませんから。そう、ウメの実です。たわわに実っています。

センターは自然観察の場です。畑の野菜は行事で使ったり、時には配布したりしもしますが、基本は「こんな花が咲くんだ」「こんな実の付き方をするんだ」を見てもらいたいので栽培しています。
なんで落花生というのか、なんで空豆というのか、わかると思いますよ。その時期が来たらブログのネタにしますので、皆さんも観察に来てくださいね。

明日は田植え行事、良い天気でできそうです。


by isumi-sato | 2018-04-28 17:15 | しょくぶつ

毎日違う表情です

4月24日(火)、午前9時の気温20.4℃、今朝の最低気温12.1℃、晴れ。寒くもなく、暑くもなく、自然観察にはちょうど良い一日となりました。午前中は少しの間太陽が顔を覗かせたものの、、午後にはどんよりとした曇り空となりました。

a0123836_14441577.jpg
朝撮影した、田んぼの様子。今度の日曜日はいよいよ「田植え体験をしよう」が行われます。今年も田植えを楽しむ参加者の皆さんがセンターをにぎやかに活気づけてくれることでしょう。しばしの静けさですね。気が付けばゴールデンウイークはもうすぐです。


a0123836_14442429.jpg
デイキャンプ場のクリの木の様子。おやおや?尾のようなものがヒョロヒョロと伸びてきました。花を咲かす準備ですね。


a0123836_14443118.jpg
駐車場わきにある背の高いエノキ。カメラをズームして葉の近くを撮影すると果実が観察できました。いつの間に果実をつけたのでしょう。観察する度違う表情を見せてくれる生きものたち。


a0123836_14443972.jpg
ハンショウズルが開花し始めました。花は完全に開かず垂れ下がります。


a0123836_14445894.jpg
湿性生態園へ向かう林道では、マムシグサでしょうか?葉がだいぶ大きくなり目立ちます。この写真では分かりにくいですが、茎のように見える部分にまだら模様があり、これがマムシの模様に似ていることから名づけられるようになったそうです。

a0123836_14461856.jpg
マムシグサを近くで見ると果実をつけ始めたことに気が付きます。びっしりときれい?グロテスク?

a0123836_14462357.jpg
湿性生態園では、トンボの姿も観察できました。コオニヤンマでしょうか?サラサヤンマのようです。羽化が終わった後でしょうか?コオニヤンマはサナエトンボの仲間であり、体の大きさに比べて頭が小さい。山地の谷川から低山地の川にかけて、広く発生します。成虫は川の周りの小枝や石の上などによくとまっているそうです。(自然ガイド むし/文一総合出版より)
原始的特長を多く残している小型のヤンマ。おもに丘陵地や低山地のハンノキやヤナギ類が育成する湿地林に生息します。羽化はおおむね夜半から早期に湿地のササや灌木の裏葉などに定位して行われるそうです。(日本産トンボ幼虫・成虫検索図鑑/東海大学出版会より)


じっくりと観察をしながら自然観察をすると毎日違う表情を見せてくれる生きものたち。

皆さんも自然観察しませんか?




by isumi-sato | 2018-04-25 09:45 | センターこぼれ話