千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:地域との協働 ( 22 ) タグの人気記事

農業国際会議・アイセバ(ICEBA)

7月20日(金)午前9時の気温30.3℃、晴れ。今日の最高気温32.4℃。昨日の最高気温を更新はしなかったものの、外に出るとモワッとした空気。皆さん、必要以上の外出は控えましょう。


a0123836_15002472.jpg
田んぼのようす。写真を見ただけではきれいな青空、緑の水田ですが、すごい暑さです。


a0123836_15002969.jpg
オモダカの白い花が田んぼの中で花を咲かしていました。葉は矢尻型で、先端はとがっています。これは人を花に見立て、水面より高く出ることから「面高(オモダカ)」という名が付いたそうです。地域によっては問題雑草ですが、花は白くきれいです。


a0123836_15003290.jpg
クワの木には、クワカミキリでしょうか?見にくい写真ですが…クワの枝にしっかりくっついています。名前のとおりクワやイチジクの枝をかじります。


a0123836_15003630.jpg
今日の水路は暑くてひっそりしていますが、あすから夏休み。多くの親子連れでにぎわうことでしょう。


a0123836_15003991.jpg
ハス田では、ハスが多くのつぼみを付けています。明日も多くのハスの開花が楽しめそうです。

a0123836_15005233.jpg
昆虫広場のクヌギの木では、多くの虫たちが樹液を求め飛んできているようです。
カブトムシとゴマダラチョウが姿を現わしているようです。


a0123836_15005553.jpg
カナブンの仲間とカブトムシでしょうか?お互いに頭を突っ込んで樹液の取り合いです。


a0123836_15005965.jpg
コナラの木では、果実ができ始めています。ニット帽のような殻斗が目立ち始めました。


観察すればするほど、新たな発見が毎日あります。


---------------------------------------------------------


いすみ市では、今日の7月20日、21日、22日と三日間、「第五回生物の多様性を育む農業国際会議・アイセバ(ICEBA)が開催されます。国内外で取り組まれてきた生物の多様性を育む農業の現状を整理するとともに、既存の社会システムとの融合をどのように図るべきか、手法の確立を図るための会議です。その一環としてセンターへも参加されている方々が訪れました。詳しくは、いすみ市のホームページへ



a0123836_16430985.jpg


ジオラマを使って、センター周辺のようすを職員がレクチャーします。谷津田や丘陵などセンター周辺の地形を解説後、ミヤコタナゴ、ホタル、イスミナガゴミムシ、イスミスズカケなどいすみ市特有な生きものたちと生態系などについて解説を行いました。


by isumi-sato | 2018-07-20 17:25 | センターこぼれ話

竹かご教室(応用編)二日目最終日/いすみ健康マラソン

12月4日(日)、午前9時の気温8.0℃、晴れ。温かい陽射しがセンター建屋を包みました。風もほとんどなく、お出かけ日和の日曜日となりました。

a0123836_13543755.jpg
センターでは、昨日に引き続き竹かご教室応用編が行われました。本日2日目にして最終日です。竹かご教室応用編の開始時間は10時からにも関わらず、9時前からセンターへ来て竹かごを編み始める方もいて、皆さん竹かご作りに熱心に取り組んでいる姿勢に感心してしまいます。もくもくと竹ひごを作る方。講師の方の近くで教えてもらいながら竹かごを作る方、お話ししながら楽しく竹かごを作る方。それぞれの竹かご教室の楽しみ方があるようです。

a0123836_13551374.jpg
参加者の方の竹かごです。参加者とは思えないすばらしい竹かごですね。昨日のブログで解説した網代編みですね。竹かごの立ち上がりが編みおわり、端部を差し込み、余分なヒゴを切って最後の処理をしています。

a0123836_13553416.jpg
縁巻きという工程の様子です。厚みが薄く、幅の広い竹ひごを使って縁巻きをします。この縁巻きに使う竹ヒゴを作るのがとても難しいそうです。ひとつ飛ばしで、二周巻いています。

a0123836_1356571.jpg
あっという間に完成に近い状態です。

a0123836_13571687.jpg
講師の方の解説に熱心に耳を傾けている方も多く、参加者の方の熱心さに脱帽してしまいます。

a0123836_13573847.jpg
竹かご教室が白熱教室になっている最中、センター近くの道路では多くのランナーの姿が…。今日はいすみ市教育委員会主催の「第9回いすみ健康マラソン」の2日目が開催されました。昨日は小学生・中学生・高校生の部でしたが、今日は一般の部。ハーフマラソンのコースとなっているセンター前の道路では、色とりどりのスポーツウェアーに身を包んだマラソン走者が見えました。

a0123836_1358658.jpg
スヌーピーの着ぐるみを着たランナーもいます。今日は陽射しもあり、マラソンには少し暑い陽気だったのではないでしょうか?全員完走できたのでしょうか?


話題は竹かご教室応用編に戻ります。参加者の方々の作品です。

a0123836_15381961.jpg
なんと素晴らしい!!天気にも恵まれまさに竹かご日和?の二日間でした。

今回の行事で、講師をされた方など竹かごの作品を常時センターで展示してありますので、ご興味のある方はどうぞお越しください。(販売はしておりません)

お待ちしております。





by isumi-sato | 2016-12-04 17:15 | 行事報告

さとの文化祭 2日目

11月20日(日)、昨日と違って、今朝は朝から快晴、ただちょっと霧もようでした。
今朝9時の気温は12.6℃、昨日の降り始めからの一雨降水量は26.5mmでした。

さとの文化祭は2日目。20回目ということで文化祭も成人式を迎えています。
ちょっと寂しいのは、ここ数年、学校の統廃合が進んだことで、参加小学校も25校から21校となりました。それでも夷隅郡市のすべての小学校が参加していただいているのは、主催者としてはうれしいことです。

今日は天気も良く、朝から人出があります。

a0123836_14482679.jpg

駐車場は大盛況。里山ハイキングのグループが集合場所として当センターを利用されたので、午前中はちょっとしたパニックでしたが、午後はゆとりもできました。

a0123836_13493992.jpg
誰の絵が展示されていたのかな。自分の? 友達の?

a0123836_13494624.jpg
どこから来られて見学されているのか、記帳をお願いしているのですが。。。。なかなか書いてもらえません。ご記帳、ありがとうございます。


ご来園の方は、作品を見学された後は管内見学や中庭へ出て、散策などを楽しんでいます。中庭や昆虫広場では、歩くたびにバッタやチョウが飛んでいきます。
a0123836_13524179.jpg
ウォーリーを探せ、ではなくバッタを探せ。ちょっと見、気が付きませんよね。

a0123836_13524457.jpg
ここに隠れていました。枯葉の色とそっくりですね。

だいぶ少なくなったセイタカアワダチソウには
a0123836_1445754.jpg
ハナアブの仲間が吸蜜に来ています。

a0123836_13533484.jpg

a0123836_1353278.jpg
晩秋の趣も出てきたセンター。雑木林や周りの山の木々も色づいています。
陽を浴びたススキやオギの穂もきれいです。

a0123836_13531353.jpg
ベンチにお弁当をいれたカバンを残して子供の世話を始めたご両親。人が離れたのを見計らってカラスがカバンにいたずらを始めました。職員が気が付いたので持ち主に注意を。
レジ袋ごと持ち去る猛者がラスもいます。注意してくださいね。


a0123836_13514261.jpg
あいかわらず、雨上がりは掘りやすいようです。今のところ対策は無し。頭が痛いです。

文化祭期間中でも日常メンテナンスは手を抜けません。
a0123836_13533669.jpg
こちらでは槇塀のお手入れ中。通称バリカンで揃えています。これも時期があり、春先と年2回は必要。いまはちょっと揃える程度ですけれど、これも時間のかかる作業です。




by isumi-sato | 2016-11-20 17:04 | おしらせ

大掃除に門松作り

12月22日(木)、午前9時の気温6.0℃、暖かいクリスマス・イブです。

a0123836_135397.jpg
朝方は雨が降っていましたが、午後には、柔らかな日差しが差し込んできました。

a0123836_13194989.jpg
昨日行った「米作り6・おかざりを作ろうB」に参加された方から、珍しいシマダイダイを頂きました。縦縞が特長的です。中国原産の外来種のようです。別名はチキュウカン(地球柑)と呼ばれ観賞用です。地球に似てるからですかね?



ところで、世間はクリスマスモードですが、センターは門松作りです。


a0123836_1733793.jpg
大きめの缶にワラを巻いて行きます。これが土台となります。

a0123836_1735596.jpg
立たせて、ワラの下の部分を折り、丸くカットしていきます。

a0123836_1741011.jpg
ワラの上の部分は折らずにカットしていきます。

a0123836_1743197.jpg
黒いシュロ縄を使い、留めます。

a0123836_1744881.jpg
次に竹を斜めに切る。

a0123836_1751130.jpg
三本の竹がずれないように針金で留めて行きます。

a0123836_1752599.jpg
作っておいた土台に砂を入れて行きます。

a0123836_1753969.jpg
熊笹と赤い実の付いた千両を刺し完成しました。赤い実をつける植物の中でも千両は上の方に実がなり、縁起が良いので門松に使うそうです。


センター入口に展示しておりますので、見に来てください。
by isumi-sato | 2015-12-24 13:27 | 作業風景

マラソン日和になりました。

12月6日(日)、午前9時の気温6.0℃、今朝の最低気温は1.5℃、明け方は冷えましたが、青空が広がり日が差すと、この時期としては過ごしやすい朝となりました。

a0123836_15364688.jpg
青い画用紙で、一気に筆で雲を描いたかのような見事な雲。今朝の初冬の空です。巻雲とすじ雲が混ざったような雲でした。


a0123836_16515489.jpg
日当たりがとても良かったので、センターにある五十数枚の座布団を中庭に干しました。冬本番になると使用する機会が増えるので、天気がいい時を狙っていました。これからの季節、工作室でのイベントには座布団を使う機会が増えます。板の間の作業には、冷えるので座布団やむしろが活躍します。


a0123836_1538973.jpg
いすみ市では昨日、今日と「第8回いすみ健康マラソン」が行われました。天気にも恵まれ、まさに「マラソン日和」となりました。先頭集団の様子をカメラに納めました。白バイが2台先導し、本格的です。一日目は小中学生の部、二日目の今日は、一般の部が行われ、この大会は総勢5,132人が参加があったと聞きました。遠方からは北海道から2人、沖縄から1人の参加があったそうです。センター進入路ではマラソン大会ハーフマラソンコースになったため、2時間40分の交通規制があり、マラソン専用通路となりました。


a0123836_15594812.jpg
見てください!このランナーの数。いすみ市にいるとは思えない光景です。ランナーウェアーも色とりどりで、サンタクロース、動物の着ぐるみ、更にはボウリングのピンの着ぐるみを着て走っている人もいました。

皆さん頑張って完走したんでしょうか?気になりますね。
来年も応援しますよ。
by isumi-sato | 2015-12-06 16:04 | 地域との協働

久しぶりの秋空のもと・・

11月11日、朝九時の気温は13.2℃。昨日よりは冷え込みました。
でも、昨日のブログで書いた「秋空がほしい」がかないました。

a0123836_14145296.jpg

a0123836_14144416.jpg
久しぶりの青空とセンダンの実、そして色づいたハゼノキ。秋を実感しますね。でも、そろそろ冬の声も聞こえてきそうです。

この良い天気の中、ちょっと遠い学校がセンターを訪れてくれました。

a0123836_14145726.jpg
中庭に集合してご挨拶。

この後、まずは館内を見ていただきました。
a0123836_1415092.jpg
昔の農機具の説明を聞いたり、

a0123836_1415381.jpg
ジオラマの前でセンター周辺の地形や、夷隅川の水源はどのあたりだ?、北とは? といったお話。

a0123836_1415717.jpg
センター周辺で見ることができる獣たちのお話。

その後、2班で竹鉄砲つくりと自然探検ゲームを交互で体験してもらいました。

まずは竹鉄砲。
a0123836_1415117.jpg
材料は準備してあります。竹を切るという作業を経験したのち、水にぬらした新聞紙を詰めて発射。
良い音を鳴らしているのは誰だろう? 小学生4年生で「空気や水のせいしつ」を学習するので、竹でっぽうは空気の圧縮を理解して遊ぶ、良い学習機会でもありますね。

自然探検ゲームでは、
a0123836_14151656.jpg

a0123836_14152438.jpg
センターのあちこちに問題をだしてあるので、地図でその場所を探し答えを書いていきます。
湿性生態園やハス田など、ぐるっと回って約1時間。

a0123836_14153598.jpg
最後は答えの解説。
分かったかな?地図で自分の場所を確認し、目的地を探す、ということができないと、なかなか大変です。

a0123836_14152993.jpg
お昼は日向でお弁当。ちょっと風があっので寒くなかったかな?

元気に次の学習場所へ移動していきました。

------------------------------
さとの文化祭の準備は佳境に入りました。
今日は
a0123836_1448105.jpg

a0123836_14481470.jpg
画を展示用のケースに入れ、名札も入れていきます。作業をしていて「今年は暖かいなぁ」という感想が漏れます。
過年、板の間の作業で足が冷たくなった記憶があるのですが、ことしはOK。
暖冬?温暖化?どっちだ?ちょっと気になりますね。
by isumi-sato | 2015-11-11 16:49 | グループ・学校利用

竹かご教室(入門編)四日目、最終日

11月1日(日)、午前9時の気温10℃、昨日の午前9時の気温との差は5.2℃、今朝の最低気温は5.0℃。寒いはずです。今日から11月がはじまります。これから本格的な寒さがはじまります。


a0123836_14225295.jpg
昨日の曇りがちな天気とは一変、朝方は冷えましたが、風も無く、昼間は太陽が心地良い一日となりました。進み具合には個人差がありましたが、皆さん一生懸命、黙々と竹かご作りに集中していました。

a0123836_16343559.jpg
こちらは六つ目かごの作成中。ゆっくり自分のペースで進めていました。六つ目かごが一番難しいという講師もいます。竹ひごはツルツルすべるので、六角形の網目をきれいに編んでいくことが難しいようです。

a0123836_16361695.jpg
こちらはいかだ底かごを作成中。じっくり丁寧につくっていました。

a0123836_1427236.jpg
こちらの方は背負いかごを半分近くまで作りましたが、材料が無くなってしまったという事で完成は後日になってしまいました。完成が見たかったですね。それでも今日一日で、六つ目かごを二つも作っていました。素晴らしい!!もう上級者ですね。


a0123836_165686.jpg
最後はアンケート記入後、皆さんの作品を並べて品評会。難しかったという声も聞こえましたが、一番のコツは根気よく続けることのようです。

来年もぜひ参加して下さいね。
by isumi-sato | 2015-11-01 17:26 | 行事報告

籾摺り作業終了しました!!

9月11日(金)、午前9時の気温22.0℃、降り続いた雨も止み、午後には晴れ間がのぞきました。


a0123836_15522786.jpg
9月5日に行われた「米作り2・稲刈り体験をしよう」で皆さんが刈り取った稲は、刈りとった当日に近所の乾燥機をお持ちの方に家に持って行き、乾燥させてありました。6日経った本日、籾摺り機にかけました。乾燥機から、直接籾摺り機へ米が入る構造になっているので、籾摺りも短時間で終了いたしました。


a0123836_15524390.jpg
左側が籾摺り機、右側が自動計りです。乾燥させた米は籾摺り機の右側の細いパイプから落ちてきて中に入り、左側の太いパイプからもみ殻が外へ出て行きます。米は自動的に振り分けられ、下にあるマスには未熟米が入り、良い米は自動計りに入って行きます。

a0123836_1655481.jpg
これは品質を見る作業です。白い皿では、虫食い、変色などが無いか、黒い皿では胴割れ(ひび)などが入っていないかをチェックしています。今年も良い出来のようです。

a0123836_1684965.jpg
籾摺り機から出た籾殻が外へ排出されている様子です。


a0123836_1610615.jpg
この籾殻も9月27日(日)に行う「いも掘り・焼き芋にチャレンジ」で使うので大事に持って帰ります。

a0123836_16172666.jpg
皆さんの元に届くのはいつごろになるかなー?楽しみにセンターからのご連絡をお待ちくださいね!!
by isumi-sato | 2015-09-11 15:24

里山の文化、海の文化

8月27日(木)、午前9時の気温23.0℃、朝から灰色の雲が空を覆っていました。蒸し暑さは残りますが、あの強烈な猛暑は何処へ行ってしまったのでしょうか。すっかり秋らしくなってしまいましたね。


やられました。昨晩から今朝にかけての出来事です。
a0123836_13411757.jpg
しかし、何を好んで土嚢をひっくり返すのか。


a0123836_13412864.jpg
土嚢をわざわざ破いたようにも見えます。おいしいものがある、という臭いをかぎ分けたのでしょうか。彼らは嗅覚が非常に優れており、犬なみと考えられているそうです。
斜面の下にも土嚢を蹴落とされており、後かたずけをどうしようか思案中です。


堰の水位がまた少し上がりました。
a0123836_13414099.jpg
先日の写真と比べていただければお気づきになれると思います。でも10㎝とは上がっていないようですね。
しかし、60mmの降水でもこの程度、ということならば、結構山の土は乾いていたということでしょうか。


a0123836_13593453.jpg
センターの縁側では8月19日に刈り取り、オダ掛けをしたキョウシンが、だいぶ退色してきました。刈り取ってすぐの香りとは、また違った香りがします。独特な表現しがたい心地よい香りがたちこめています。

a0123836_14526.jpg
センターの稲も重みで頭(コウベ)を垂れています。新米の季節が近づいてきましたね。

お米だけでなくいすみ市は漁業も有名です。

今日は「さとのかぜ」の取材の依頼の為、ある漁師さんのお宅を訪ねました。センターには古い農機具が展示してありますが、漁師さんの使っている機具など、ふだん見ることのできない機具を見せていただいて、説明もしていただきました。

a0123836_14141680.jpg
これは破れた網をを縫い直す糸です。竹で作られた編み針に巻かれています。昔と違って様々な色の糸が増えてきたそうです。「捕る魚の種類によって色を変えるんですか?」と尋ねてみましたが、そういったことはないそうで、あくまでも自分の好みの色の糸を持っているそうです。編み針の大きさは網の目の大きさによって変えて縫っていくそうです。イワシの網を縫い直すときはもっと小さな編み針を使うそうです。一番右にあるのは網きり包丁で、糸を切る時に使います。

a0123836_14302826.jpg
正式名称はないとおっしゃっていましたが、編み針に糸を巻くときに使うもので、「糸巻器」と呼んでいるそうです。

a0123836_1432252.jpg
このように巻いて行きます。暇を見つけると、いつでも糸を巻く作業をされているそうです。お忙しいのですね!!

a0123836_14344143.jpg
新品の網も見せてもらいました。色もさまざまですが、これらは主にイセエビ漁で使われる網だそうです。

a0123836_1436313.jpg
これは浮きと重りを付けた網です。実際に使うときは、上に浮きを付け下(裾)の方には重りをつけるそうです。

たくさん教えていただきました。ありがとうございます。

いすみには多様な食文化があります。それに伴い道具ができ、生活が営われています。
by isumi-sato | 2015-08-27 13:49 | 地域との協働

予想通りには育ってくれない。

昨日、今日と2日晴れが続きました。
畑の話題を2つお届けします。


まずは昨日、和綿の間引きを行いました。
種を蒔く際は予め多目に蒔き、本葉が出た頃合いで良い株だけ残し、他を間引きます。
センターの畑ではちと厄介な存在が居ますので、普通より多目に種を蒔きました。
その結果・・・
a0123836_17122794.jpg

まぁ、皆すくすくと育ってしまって、綿の茂みができてしまいました。
これをチマチマ抜いたり、切ったりしながら第一回目の間引きを終了しました。
a0123836_17132334.jpg

もう一度間引く予定です。
しかし、こんなに間引くなら最初からもっと少なく蒔けば良いのでは?と、この写真を見た方はお思いでしょうが、これには最初に触れた畑の厄介な存在に理由があります。

こことは別のウネは、間引く前からこのような状態です。
a0123836_1717332.jpg

この状態が間引く前なのですよ。
同じように種を蒔いたのに、ほとんど芽が無くなっています。
厄介者の名前はヨトウムシ(ヨウトウガの仲間の幼虫)・・・夜な夜な地中から地際ギリギリの茎を噛み切り、地中に引き込んで食べるという極悪非道なことをやってのけます。
毎年のようにと言いますか、何か種を蒔けばだいたい奴らは現れますので、予め多目に蒔いていたわけです。

しかし、全く現れないで芽が茂ってしまうところもあれば、防ぎきれずに芽が無くなってしまうところもある。
こちらの予想通りにはならないものです。


今日は、紅花の花びらを採集しました。
a0123836_17243487.jpg

紅花もひとつ咲いたと思ったら、一斉に咲いたと感じるように花が咲きました。
花びらを利用する場合、生でも乾燥でも黄色い花を使わなければなりません。
何に使おうかな?今日も忙しい~なんて、ぼやぼやしている内に花が赤くなってしまいました。
そこで今日えいやっと、花びらを採集しました。

ところで、紅花もこちらの予想外の育ち方をして、自由奔放に育って(育てて)しまいました。
a0123836_17321832.jpg

あまり引きでお見せできませんが、株が倒れちゃって倒れちゃって・・・
丈が大きくなり過ぎたのと、伸びた時に紐を張らなかったので、こんな状態です。

紅花には花の写真をよく見て頂くと分かるのですが、葉やガクにトゲがあります。
このトゲの鋭さは、服の上からもザクザク刺さるぐらいで、大変痛いです。
このように奔放に茎が伸びてしまったせいで、右の花を摘もうとしたら左の花がまさかの背中に刺さって飛び上がるほど痛い!なんて目に何度もあいました。

紅花摘みの服装を少し軽く見ていたと反省し(カッパぐらい着れば良かった)、トゲが刺さらない範囲の花を採集しました。
a0123836_1741712.jpg

(採集した量はもっとありますよ)
紅花摘みで、作物は同じ背丈に育てるとか、真っ直ぐなるように育てるとか、見た目にこだわるのも大きな意味があるのだと体感しました。
摘んだ花は天日乾燥。
資料には「当日中に乾燥させる」と、書いてありましたが、今日中には乾燥しきれませんでした。あれれ。

今年初めて栽培した作物なので、今年の反省をしっかり活かして来年は美しい紅花畑をご紹介できる・・・はずです。


土砂崩れの片づけも2日目。
道を塞いでいた倒木も土砂も一応は片付きました。
a0123836_17494474.jpg

後はもう少し整地して整備完了となるそうです。大変助かります。
今日もチェーンソーと重機の音が響いてました。
もうしばらく通行止めは続きますのでよろしくお願い致します。
by isumi-sato | 2014-06-20 17:50 |