千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:作業風景 ( 139 ) タグの人気記事

さとの文化祭撤去作業/イノシシ対策

11月27日(火)、午前9時の気温11.9℃、今朝の最低気温4.3℃、曇のち晴れ。いすみで明け方近くから雨が降り出しました。雨量は14㎜。結構な量降りました。朝方は冷えましたが、日中は作業をしていると汗ばむほどの陽気となりました。今日の最高気温は18.3℃でした。
a0123836_15201536.jpg
今日は職員が全員出勤し、8日間開催したさとの文化祭の撤収作業を行いました。


a0123836_15201802.jpg
特に気を付けなければならないことは、近隣の小学校の児童さんから出品いただいた作品を間違いなく児童さんのお手元にお返しする事。特に絵画は、302枚ある絵画を展示用シートから外し各学校ごとに集め直し、学校の先生が持ってきた時と同じ状態にしてお返しします。間違えたら大変!職員6人でもくもくと作業を進めお昼近くには撤収作業はほぼ終了しました。
a0123836_15201091.jpg
午後のようす。太陽が出て青空が広がりました。
大きな仕事が終わったからでしょうか?それとも達成感でしょうか?世界がきらきら輝いて見えました。

a0123836_15203686.jpg
しかし、それだけでは終わらないのがセンターの仕事。草刈機の音がセンター敷地内に響き渡りました。敷地内西側の草刈のようす。


a0123836_15203930.jpg
草刈りをした後は、イノシシ対策として電気柵の設置範囲を広げる作業を行いました。ここ何ヶ月か、イノシシの整地?(地面の掘り返し)被害がセンター敷地内で多く、職員は頭を抱えています。以前からも電気柵を設置し、イノシシ対策は行ってきましたが今年は特に被害が多いです。こちらは西側の電気柵設置のようすです。

a0123836_15204348.jpg
東側の山裾、デイキャンプ場でも被害がひどいので、電気柵の設置範囲を広げました。設置の時にも職員の間で話し合い。「どこから入ってくるかな?」「水路は通らないでしょ!」「でもわかんねーよ」。水路を飛び越えている跡は見られます。試行錯誤の電気柵設置。人間とイノシシの知恵比べです。結果はいかに!


a0123836_15204748.jpg
昆虫広場では、コブシの果実が種子をすべて落とした状態で枝先にぶら下がっています。自然が作り出す造形美です。

さとの文化祭も無事終了し、来月は年末の行事が目白押し!

お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-11-27 16:55 | センターこぼれ話

暴れる秋?

11月10日(土)はれ。今日9時の気温は17.5℃、湿度は95%です。お日様が顔を出すと、ぽかぽか汗ばむ陽気…立冬を迎えたのに、変な気候ですね~。




a0123836_16511482.jpg
梅の花❓




a0123836_16522556.jpg
新緑❓ 地球が怒って暴れているのでしょうか?




a0123836_16535174.jpg
あーーー(*_*; こっちでも暴れてるーーー‼




a0123836_16545688.jpg
今日もイノシシが大暴れしています。 もうめちゃくちゃ…




a0123836_16555697.jpg
スタッフが直していきます。




a0123836_16562724.jpg
日課になってきたなぁ。この作業…




a0123836_16570533.jpg
こうなりゃ「戦じゃ戦じゃ!」 人間vs猪のガチンコ対決です。




a0123836_16582107.jpg
万里の長城のように、ぐるっと貧弱なひもで対抗です。 頼りないなぁ…




a0123836_17021884.jpg
そんな中、新しい仲間が加わりました。 オオセンチコガネくんです。




a0123836_17022691.jpg
とても美しく、多彩な色彩をもつオオセンチコガネ。見に来て下さいね(^^♪

by isumi-sato | 2018-11-10 17:04 | センターこぼれ話

実りの秋♪ 食品ロスを減らそう!

10月7日(日)はれ。午前9時の気温は28.2℃、湿度は85%です。日中の最高気温は、なんと32.2℃📈 10月なのに…真夏日となりましたι(´Д`υ)アツィー





a0123836_15275884.jpg
そんな炎天下?のもと、待ちに待った「落花生」の収穫イベントが行われました。





a0123836_15294053.jpg
「どうですか~?」…「あれ~?」「ちょっと小さいかな~?」「なかなか見つからないな~」…去年よりやや不作のようです。





a0123836_15292228.jpg
とはいえ、苦労してできた落花生の収穫…楽しんでいただいているようです。





a0123836_15303966.jpg
ワクワクしながら種を植え、猛暑の中での雑草取り、そして今日の収穫を迎えました。





a0123836_15305814.jpg
「あったー!」「なんか宝探しみたい♪」…ほっ( ̄▽ ̄;) 年ごとに違う畑で、それぞれの楽しみを見つけてくれたようです。





a0123836_15310717.jpg
赤とんぼの仲間が、そんなヒトたちを横目に、秋空を飛び回っています。真っ赤ですね~





a0123836_15315152.jpg
わお!バケツ一杯とれた家族がありました。ブラボー😁





a0123836_15321804.jpg
落花生を茹でてみました。収穫したての“生(なま)落花生”を、その場で食べてみましょう。





a0123836_15325489.jpg
見てください!この新鮮な色合い。苦労した人の特権ですね。「いただきまーす」





a0123836_15330584.jpg
「おいしい!」「甘ーい!」「茹でもいいけど、煎ってみるのも楽しみ♪」「おうちでは塩味に挑戦してみよう」…いろいろな感想がありました。





a0123836_15344086.jpg
お疲れ様でした!食べるまで大変でしたね。お口に入るまで、多くの手間がかかることを体験できました。
またのご参加をお待ちしています。





a0123836_15350737.jpg
一方こちらでは、お米の選別作業が行われています。選別しているのは、お米とゴミです。これは、唐箕(とうみ)という穀物とゴミをより分ける機械です。数百年前から使われている農機具です。





a0123836_15351606.jpg
お米は、食べられる状態にするまで、とても多くの工程があります。この選別は、もみすり前の大事な作業で、混ざった草や空の籾を取り除きます。





a0123836_15362001.jpg
原理は、風の力を使います。中にある扇風機のような風車をまわし、軽いゴミは左から風の力で排出、重い穀物は下へ落ちます。スゲー!





a0123836_15362755.jpg
見る角度を変えます。重たいお米は左右へ落ちる一方、軽いゴミは手前に落ちています。考えた人は頭がいい!中国から17世紀ごろ日本に伝来したそうです。少し前まで、日本の農家で普通に使われていた農具です。





a0123836_15363106.jpg
見てください!この驚きのパワー。よく選別されていますね。





a0123836_15370106.jpg
ゴミもたくさん出ました…こんなでるの?って感じましたよ。作業も本当に大変です。「手間暇かけて」とか「丹精込めてつくった」とかよく耳にします。わかりますよ!




a0123836_15371097.jpg
「ぜったいに食べ残しはやめよう」と心に誓いました。また、買いすぎない・腐らせない・賞味期限をチェック…などをして「食品ロス」を減らそうと思いました。






by isumi-sato | 2018-10-07 17:04 | 行事報告

台風24号が接近!~すでに館内浸水~

9月30日(日)くもり。午前9時の気温は21.4℃、湿度は95%です。台風24号による被害が、あちらこちらで発生ているようですね。心痛みます。朝の七時には、屋久島の南西あたりに台風はいます。これからぐっとスピードを上げて四国、大阪、中部、新潟、東北へと本州を縦断するコースの予報が出ています。ここ千葉県では、今晩の遅い時間に最接近するそうです。できるだけ被害が小さくなりますよに!




a0123836_13475171.jpg
未明から朝方にかけて、大雨が降りました。ここ千葉県いすみ市では今朝、大雨警報と洪水警報が発表されました。川の水が、ところどころで氾濫しています。





a0123836_13490438.jpg
いつものように出勤すると、「床がピカピカにきれいだなぁ☆」と感じました。しかし…





a0123836_13490905.jpg
ジャバジャバ足音が、館内に響きます…「まじ卍?」「これ水?」。けっこうな水たまりができているじゃあありませんか‼





a0123836_13492454.jpg
あわてふためき雨量計を見ると…111mm⁉ 午前3時から9時の間に、集中的に降ったようです。この記録用紙の見方は、横線のときは雨量ゼロ、縦線が降っていることを表しています。縦の線がビンビンしているのは、ガンガン雨が降ったことを表しています。



a0123836_16110863.jpg
いつも紹介している万木堰の水位は、かなり上がりました。




a0123836_16111362.jpg
堰のオーバーフロー部、コンクリート管は完全に水面の下になりました。管上部のコンクリート構造物天端から15cmくらい下にまで水位が上昇しています。


a0123836_13493691.jpg
復旧開始です。安全に問題はなかったので、館内は開館します。お客さんの邪魔にならないよう、浸水した水を外へ排出していきます。





a0123836_13494173.jpg
ジャバ―…水が外へと流れていきます。「水だけだからまだいいよね」「これに泥が加わったら大変だよ」と職員がつぶやきながら、復旧作業は続きます。






a0123836_13494487.jpg
「暑いι(´Д`υ)アツィー」南からの湿った空気が流れ込んでいるのでしょうか?汗をかきながらの作業です。
記録をたどると、昨年も9月28日のブログに同様な館内浸水の記事がありました。


これから台風本体がやってきます!皆さま、くれぐれもお気を付けください。

by isumi-sato | 2018-09-30 17:15 | 作業風景

曇り。秋の一日

9月22日、曇一時晴れ。午前9時の気温は24.8℃、今朝の最低気温は19.3℃でした。
予報では、今日は昼ごろ一時的に雨が降り曇りがちな一日となっています。


a0123836_17201437.jpg
朝方少しの間、薄日がさした頃合いを見て駐車場の舗装にむしろを広げて、先日脱穀したもち米のモミを広げて乾燥をしています。


a0123836_17202115.jpg
しかし、北の方の黒い雲は近づいてくるので、二時間余りでかたづけることにしました。それでもずいぶんとモミの手触りは乾いて軽くなりました。
昭和30、40年代まではこのむしろに広げて干す光景は一般的で、こどもにも天地返しなどの仕事の手伝いがよく与えられていたそうです。




a0123836_17202525.jpg
小雨が降り続いた後の空気は湿度が高く、朝の飼育水槽の外側には水滴がたくさんついていました。




a0123836_17203222.jpg
センター内雑木林を歩くと足元には、クヌギのドングリが落ちていました。




a0123836_17202898.jpg
林道を歩くと、カラスウリの葉色が変化して秋を感じさせてくれます。




a0123836_17203673.jpg
カラスウリの実も発見しました。まだスイカのように縞模様が入って緑色をしています。
オレンジ色のカラスウリらしい実になるには、もう少し時間がかかりそうです。



a0123836_17203903.jpg
湿性生態園のデッキ沿いに、これよりも五分の一以上も小さな直径10mm程のツル植物の丸い実がありました。スズメウリです。こちらはやがて、白い色の実になります。




a0123836_17220030.jpg
湿性生態園ヤナギ林の根元の水位が上がりました。根がだいぶ隠れて、ヤナギ水没林と呼ぶにふさわしく戻りました。降り続いた雨で、周囲の山からジワジワと水の流入が続いているもようです。



a0123836_17220894.jpg
ヌスビトハギの花と実も観察できました。



a0123836_17221259.jpg
畑では、ワタの実がはじけ始めました。白いやわらかなものが膨らんで開いています。



a0123836_17221674.jpg
堰の水位は、土管の下四分の一くらいになりました。
長い間水位が低い状態が続いていたので、水が少したまると、少しほっとします。



a0123836_17222186.jpg
モズの鳴き声が聞こえてきます。
電線ですが、停まっている姿を撮影できました。

秋の散策に、ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-09-22 17:23 | しょくぶつ

雨ニモマケズ 風ニモマケズ…

9月8日(土)はれ。午前9時の気温は28.2℃、湿度は81%でした。本日の最高気温は、29.9℃。30℃を下回っているとはいえ、まだまだ暑いですね~。





a0123836_14271955.jpg
田んぼでは稲刈りが終わり、稲を干しています。竹などで柱をつくり、束ねた稲などを天日干しする様子は、千葉県では「おだがけ」と呼んでします。



a0123836_14273620.jpg
いい天気🌞 稲刈りの時期は、お祭りの季節でもあり、あちらこちらで祭りの準備が行われいます。




a0123836_14282161.jpg
秋の空。風が強いです!風速計のプロペラが、ぐるぐる勢いよく回っています。写真だと無風ですね~…撮影失敗。実際は、エアレース並みの動きだったんです。




a0123836_14284594.jpg
あああ!また、倒れてる…今日は、風が強くて、何度も何度も直しているんですよ~。




a0123836_14285728.jpg
まさに、「雨ニモマケズ風ニモマケズ…」ノ心境デス。何度でも何度でも直す…「サウイフモノニ ワタシハナリタイ」




a0123836_14293790.jpg
「斧を直したいんです」というお客さんが来館されました。根元からポッキリ折れています。




a0123836_14294326.jpg
「じつはこちらのブログを見てきたんです」わお!リアル見ている人に出会えて嬉しいです。




a0123836_14341958.jpg
聞くと、数年前に書かれた記事を読んでくれたんだとか…そこには、斧を直している様子が紹介されていました。斧も渋いが、火鉢もいいですね~♪




a0123836_14350754.jpg
放っておけないスタッフが、修理の手助けをします。これが思いのほか重労働に…斧と柄が外れないよう、丈夫な材木でできているうえに、ガッツリ固定されていていて、外すのが大変でした。




a0123836_16210144.jpg
直るといいですね。
僕は、斧ってまじまじと見るの初めてです。斧っていうと、イソップ童話の「金の斧銀の斧」ぐらいしか思い浮かばないのですが…今なお使う道具なんですよね。




a0123836_16211363.jpg
ここネイチャーセンターでは、昔から使われている道具がいろいろ展示されています。ご興味がある方、ぜひ見学にきてくださいね!






by isumi-sato | 2018-09-08 17:00 | 田んぼ

稲刈りの準備着々と…

8月30日(木)、午前9時の気温29.9℃、今朝の最低気温23.4℃、晴れ。今日の最高気温33.3℃、蒸し暑い一日となりました。しかし建屋内の和室で作業していると、心地よい南風が館内に入ってきました。少し前まではこんな心地よい風は館内に入ってこなかったのに…季節は確実に進んでいることが分かります。

a0123836_14301131.jpg
田んぼのようす。「早く稲刈りしてください!」と言わんばかりに頭を垂れているようです。


a0123836_14583101.jpg
建屋軒下では、おだかけの準備。


a0123836_15004371.jpg
あさっての、稲刈り行事のため、コンバインが入れるようコシヒカリの田んぼの四隅を刈る作業を行いました。



a0123836_14591071.jpg
午前中には、四隅を刈り取る作業が終わりました。準備は着々と進みます。あとは、当日が良い天気であることを祈るばかりです。



a0123836_15010755.jpg
デイキャンプ場では、二ホントカゲの幼体でしょうか?しっぽの分部がまだ青いです。夏真っ盛りの時期は、姿を現さなかったニホントカゲ。きっと涼しいところに隠れていたのでしょう。



a0123836_15010335.jpg
カラスウリの葉が穴だらけ!!犯人はウリハムシですね。この時期センター敷地内でもよく観察されるハムシの仲間です。


a0123836_15011226.jpg

昆虫広場では、ツルマメの花でしょうか?薄紫色の小さい花がずいぶん目立つようになりました。観察を続けると毎日発見です。

皆さんもセンターで毎日発見しませんか?

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-08-30 17:25 | 田んぼ

稲刈り体験、行事の準備-その2

8月28日、うす曇。午前9時の気温は26.8℃、今朝の最低気温は24.6℃でした。
数日前の猛烈な暑さから少し和らいできました。が、昨夜も今朝もまだ蒸し暑い空気が充満しています。今日は、日ざしがない分涼しいかと思いきや、風が吹かず、外の作業では、汗が汗がたくさん流れ続けます。予報では、午後に落ちてくるはずだった雨も降らずじまいでした。
本日の最高気温は、30.7℃でした。


a0123836_16030774.jpg
通勤途中の道路わきの田んぼです。当センターの位置するいすみでは、ここ数日で稲刈りがピークの状態となりました。
猛暑の中、手刈り作業では熱中症は必死、倒れるくらいの疲労になります。機械刈りでも大変な暑さで大変です。でも、年に一度の稲刈りは、まわりの田んぼで着々と進んでいます。




a0123836_16305262.jpg
「ひひひひ…🧟‍♂️」不気味な声が聞こえてきそうです。おぞましいほどのたくさんの刃物…な~ぜ~?




a0123836_16405731.jpg
ほっ…稲刈りに使うカマでしたか。今日も、9月1日に行われる『稲刈り体験をしよう』の準備作業がつづいています。




a0123836_16450901.jpg
農業機械が通る道をつくっています。コンバインが作業できるように、一部分だけ稲刈りをしているところです。




a0123836_16503898.jpg
刈取った稲は、このように縛ります。こうすると、運んだり干したりするのに都合がいいんですね。




a0123836_16531045.jpg
しばるヒモも、わらが使われているんですね。う~ん、無駄がない!しばり方は、3本ほどのわらを「こうして、あーして…」参加者の皆様、大丈夫です。当日、詳しく説明しますよ(#^.^#)




a0123836_16582774.jpg
つぎつぎに、刈取った束ができあがっていきます。こちらは、お飾りに使う稲わら“京都神力(きょうとしんりき)”という品種です。背が高いのが特徴です。




a0123836_17132086.jpg
刈取った中に、カヤネズミの巣がありました。中に子供がいるかもしれませんね。
こうなっても、そっとしておくのが良いそうです。親が別の場所に新しい巣をつくって、子供を運び出しにくるんだとか。いじったりしないで、そっと見守ることにします。




a0123836_17200210.jpg
道ができました。ちゃくちゃくと準備が進んでいきます。参加者の皆さん!おいしいお米ができていますよ~♪




a0123836_17215900.jpg
美味しいと言えば、実りの秋。クリの木では、栗が姿を現してきましたね~♪




a0123836_17241730.jpg
こんな立派な栗もありました!おいしそうです。




a0123836_17253976.jpg
美味しいと思うのは、人間だけじゃなさそうです。そこらじゅう穴があいています。虫食いです。




a0123836_17284454.jpg
クリミガという蛾の幼虫でしょうか?たくさんいます。このほかに、クリシギゾウムシという甲虫の幼虫も、栗を食べるそうです。
いきものみんなで、実りの秋を楽しみたいですね。







by isumi-sato | 2018-08-28 17:32 | センターこぼれ話

35℃越え!光化学スモッグ注意報?

8月26日(日)はれ🌞午前9時の気温は31.8℃…すでに30℃を超えています。この後、どうなっちゃうんでしょう? 不安は的中し、猛暑を満喫です( ̄▽ ̄;)。しかも、聞きなれない注意報が発令されちゃいました!





a0123836_14470759.jpg
35.6℃🌡…今日の最高気温です。ここでの気象観測で35℃を超えるのって、すごく珍しいんです。そしてこの夏、最高気温の記録更新です。




a0123836_15040518.jpg
突然、いすみ市の防災無線で「光化学スモッグ注意報が発令されました」と呼びかけがありました。これまた珍しい!記録がある平成24年以降では、初めてのことみたいですよ。目がチカチカするなどの健康被害があるようなので、気を付けましょうね。




a0123836_15170240.jpg
田んぼでは、赤とんぼの仲間『ノシメトンボ』が産卵の季節を迎えています。いままさに“連結打空産卵(れんけつだくうさんらん)”の真っ最中。オスとメスが連結しながら、空中でちょんちょんとお腹を動かして卵をばらまきます。




a0123836_15250182.jpg
落ちた先は、田んぼと言っても水がありません。稲刈りの季節は、田んぼに水が無いのですが…このノシメトンボは大丈夫なんです。




a0123836_15281909.jpg
卵のまま、春を待つようです。カラカラに乾燥していても耐えられる卵で越冬し、春先、田んぼに水が引き込まれてからヤゴになるんだとか。田んぼの水事情に合わせられるトンボなんですね。




a0123836_15422916.jpg
近くの木では、交尾しているカップルを発見です。赤い体色をしているのがオスで、下がメスです。精子の受け渡しを行っているのでしょうか?ずいぶん長いこと、このままでした。




a0123836_15475279.jpg
田んぼのあぜ道では、ショウリョウバッタが交尾しています。オスとメス2匹いるのですが、わかります?日本最大のバッタと言われていますが、それはメスだけの話。ヒント…オスのほうが小さいです。




a0123836_15585170.jpg
もうひとつクイズ?これはなんでしょう。
ハスの花が終わって、種があちらこちらで見られるようになりました。そんなハス田をいま、狙っているやつがいます。




a0123836_16042831.jpg
こいつ!こいつがハスを食べにくるんです。そう、イノシシ…強敵なんですよ。




a0123836_16054218.jpg
イノシシからハスを守るには、白いヒモが効果的なようです。頼りないけど…でも、イノシシはあ―見えて相当ビビリみたいですよ。




a0123836_16083589.jpg
でも肝心の白いヒモは、このとおり「しょうがぬけちゃって…」って意味わかります?この辺の人は、よく使う言葉なんです。
辞書にも載ってる!「しょうがぬける【性が抜ける】本来の性質・形などが失われる。(三省堂 大辞林第3版)」ふ~ん、とにかく修理です。




a0123836_16152648.jpg
草刈って、ヒモの張替えを行いました。あっぢ~ι(´Д`υ)アツィー




a0123836_16185017.jpg
きれいにできました!新しいのは、なんでも気持ちいいですね。どうかイノシシが来ませんように!




a0123836_16201132.jpg
そして来年も、きれいなハスの花が咲きますように!

by isumi-sato | 2018-08-26 17:15 | いきもの

もういくつ寝ると~♪稲刈りだ~♪

8月22日(水)はれ。今日も暑いですね~( ̄▽ ̄;) 午前11時には、気温が32℃を超えました!湿度は75%です。まだまだ真夏日が続きます。




a0123836_13435364.jpg
でも…気温は高いのですが、景色は秋っぽくなってきました。黄金色した田んぼが、ビューティフル☆




a0123836_13451092.jpg
見てください!「実るほど頭を垂れる稲穂かな」って感じです♪ 今年は期待が膨らみますね~。
稲刈り体験の皆さん!9月1日お待ちしています。




a0123836_13452273.jpg
皆さんに植えていいただいた苗が、見事に立派な稲になりました。感動です!(写真:田植えの様子4月29日)




a0123836_13453444.jpg
稲刈りが近づき、その準備作業で忙しくなってきました。こちらは、『おだがけ』に使う竹を準備しているところです。




a0123836_13455687.jpg
『おだがけ』ってご存知ですか?僕は、最近知りました。こんな風に、刈った稲を干すために竹で作る道具なんです。お米を作るために欠かせない工程なんだとか。




a0123836_13460178.jpg
材料もけっこう必要なんです。蚊がブンブン飛ぶ蒸し暑い竹林で、職員が汗だくになってとってきました( ̄▽ ̄;)。竹取りって、昔ばなしじゃありませんよ。




a0123836_13461752.jpg
田んぼでは、稲の合間によくお札を見かけます。「惡虫殲滅…」と書かれていますね。お米が育つまでにきっと、自然と農家さんとのいろいろなドラマがあるのでしょうね。




a0123836_13462204.jpg
ぶらぶら畦を歩いていると、あるひとつのドラマを発見です。ナガコガネグモとショウリョウバッタでしょうか?
さまざまなノンフィクションドラマを観察しに来てください。オモシロイですよ!






by isumi-sato | 2018-08-22 16:55 | 田んぼ