人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:作業風景 ( 159 ) タグの人気記事

ウメの収穫。大八車。

6月18日、晴れ。午前9時の気温は23.7℃、今朝の最低気温は15.1℃でした。





a0123836_17133313.jpg
南西よりの風が少しだけ強く吹いて、雲が東から西へと流れていきます。
雲は多く、雲量は7でした。少し蒸し暑さを感じる1日です。




a0123836_17182802.jpg
昼前、梅雨の合間を見計らってウメの実の収穫を行いました。
2月に白い花を咲かせていたウメです。
枝をたたいて落としたり、手でもぎったりして収穫を行いました。




a0123836_17184415.jpg
ウメの実は、ふくよかに緑色をしています。ものによって少し赤い模様が出てきているものや色が少し黄色く熟してきたものが見られます。





a0123836_17134441.jpg
かごの中に実を入れてしばらく置いておいただけで、館内にウメのかおりがしてきました。




a0123836_17134969.jpg
田んぼの水を落とし始めました。中干しを始めます。

水が少なくなった泥の上には、生きものたちの足あとがしっかり残っています。
この歩幅と形は、カメの歩いた跡。クサガメでしょうか?




a0123836_17135477.jpg
別の足跡。指が長く指先までしっかり見えて、はっきり5本の指が残っています。
間違いなく、アライグマ君です。人のいない時間帯や夜中にいろいろな生きものたちが動き回っています。




近隣の方から、納屋を壊して整理した時に出てきたもの、古い大八車を展示してみませんかという連絡をいただきました。
展示できるものか見に行って、いただいてきました。

a0123836_17140708.jpg
台と車輪がはずしてあっので、車軸に車輪をはめ込んでみました。
バランスがうまく取れていて、軽く動きました。
建物の軒下をかたづけて、しばらくの間展示してみようということになりました。
台の下側には紐をかける木製のフックが、台の横には荷抑え用の間柱を立てる金具がついています。




a0123836_17135726.jpg
今日のハスのようすです。日曜よりほんの少し大きくなったようです。
数は日曜と同じくらいです。




a0123836_17140149.jpg
日の当たったハスの葉の中心にべったりとくっついている生きものがいました。





a0123836_17140369.jpg
日が当たってそこは暑いのではないかと思いますが、ニホンアマガエル君はじっとしています。
梅雨の合間の全身浴なのでしょうか?汗は出きっているみたい。


ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2019-06-18 17:28 | センターこぼれ話

どんよりとしたお天気の一日でした

6月5日(水)、お天気は一日中曇り、雨は降りませんでした。
今朝の気温は23.4℃、最低気温は16.6℃。湿度は高く70~80%。なんとなく蒸し暑い感じ。


a0123836_16522602.jpg
小水路沿いでは、次々にハナショウブが開き始めています。

ウイークデーでこんな天気なので、お客様の出入りは今一歩。こんな日は各種作業です。
a0123836_16530409.jpg
まずは草刈り。デイキャンプ場や中庭です。

a0123836_16531184.jpg
この時期の草はすぐに伸びてしまうので、草刈りは欠かせません。


a0123836_16531764.jpg
草刈り後。シロツメクサなど、丈を短かめに刈りました。
ただ、雨が少ないせいで土が乾いています。結構な砂埃がまいあがります。この少雨傾向、四国では減圧給水が始まったところもあるようですね。
首都圏の水がめは今のところ平年並みで推移しているようです。

そして、イスミスズカケのお手入れも行いました。
a0123836_14375798.jpg
水やり。
同じように手をかけているのに、枯れてしまったもの、雑草に負けたもの、よく育ったものなど、いろいろです。
何が生育条件の違いなのか。風当たり、水分条件、温度、日照・日陰・・・・狭い範囲のなかで結構生育に違いが出るのは不思議ですね。


a0123836_14375819.jpg
こちらはよく育っています。



a0123836_17063458.jpg
昨年の枯れた茎や葉を丁寧に取り除いています。
まあ、根気がいる作業ではあります。


a0123836_14380452.jpg
注意してみると葉の付け根に小さなコブがあります。
これが花芽。もうすぐ紫色の可憐な花を目にすることができるようになりますね。



こちらは湿性生態園。
a0123836_14375524.jpg
相変わらず元気に動き回っていますね、猪ちゃんが・・・・。
やれやれ、です。



by isumi-sato | 2019-06-05 17:20 | 作業風景

激しい雨

5月21日(火)雨☂☂☂ 午前9時の気温は20.7℃、湿度はほぼ100%です。数日前に屋久島で降った強い雨雲がやってきました。今日は朝からザアザア降りの雨…館内に雨音が響きます。



a0123836_13264654.jpg
(画像:気象庁)
広い範囲で大雨が降っています。ここネイチャーセンターでは、9時から13時までの4時間に、累積雨量が28mmに達しています。




a0123836_13362270.jpg
風も強い!田んぼの苗は、強い風に揺れています。13時ごろの最大風速は10メートルを超えました。




a0123836_13391070.jpg
千葉県では、これから更に風雨が激しくなる予報です。稲ちゃん、がんばれ!




a0123836_13440222.jpg
今日は、近隣の小学生が校外学習で訪れる予定でした。しかし、このバッドコンディションじゃあタマラナイ…
延期になりました。



a0123836_13472262.jpg
ポチャーン…「あれ?」…館内で雨漏りが発生しました。




a0123836_13505091.jpg
人間vs豪雨…はげしい戦いの幕開けです。こんな光景は今日、いたるところで起こっているんでしょうね!?。
ホモ・サピエンスがんばれ!




a0123836_13553443.jpg
そんな時、かれんな花が心を安らかにしてくれます。ザアザア降りの中に咲く、一輪のアサザ。アザース!




a0123836_14055846.jpg
セイタカアワダチソウの葉の下では、ヒメウラナミジャノメが雨宿りをしています。よく見かける、蛇の目模様のあるタテハチョウの仲間です。(タテハチョウ科の中に、タテハチョウ亜科、ジャノメチョウ亜科、○○亜科と細分類があります。)





a0123836_14091303.jpg
カメムシの仲間も、雨宿りをしながら恋の季節をおう歌しています。カメムシって臭いですよね~( ̄▽ ̄;) 敵の攻撃を受けたときに、匂いを発するんだとか。匂いで身を守っているんですね。




a0123836_14214945.jpg
他にも、たくさんの昆虫が雨宿りをしていました。今日から「小満(しょうまん)」という季節が始ります。陽気が良くなり、すべての命が天地に満ち始めるころをさす季節なんだそうですよ。




a0123836_14254485.jpg
先日、お天気の良い日に、当センターにて絵画を楽しむ女性に出会いました。
a0123836_14270266.jpg
里山ではいま、若葉が萌えています。さまざまな緑色が交錯する風景を、一つ一つ大事に表現していました。




a0123836_14283910.jpg
絵具は意外にも、緑色系だけではありませんでした。聞くと、「大胆で以外な色合いが合うのよ」とおっしゃっていました。




a0123836_14333380.jpg
いろいろな楽しみ方があるんですね(#^.^#) 雨があがったら、出かけてみませんか?お待ちしております。











by isumi-sato | 2019-05-21 17:30 | いきもの

今日は草刈り日

5月15日(水)、今朝の最低気温は14.9℃、だんだん暖かな朝になってきましたね。
朝の気象観測を行うときには、オオヨシキリの賑やかな鳴き声が迎えてくれる季節になりました。しかし・・・騒がしい鳥ですね。大きな口をあけてなく姿は、愛嬌があるといえばそうなのですけど。昨日の写真ではよくわからなかったかな。

今週は小学生がたくさん来る週なので、事前に草刈りです。
a0123836_14280989.jpg
中庭とハス田の周り、枕木木道を手入れしました。綺麗さっぱりしたいところですが、少しは花を残しておこうということで、中庭などは部分刈りです。
ザリガニ釣りをする水路の犬走り部分も、クローバーを部分的に残しました。ここも綺麗に皆伐して良いのですが、土ばかりではなく少しは草があったほうがいいかな?というレベルで残っています。



こちらはハスの若葉。
a0123836_14280700.jpg
これは今年頂いたもの。品種名を忘れてしまいました。もう一度、教えてもらわないと・・・。
中庭の鉢に田んぼの土を入れ、そこにハスの根(いわゆる蓮根の一節)を埋めてみました。目が出ず、どうしたんだろうか・・・と、心配していたら、ハス田の葉の出現にちょっと遅れて、こちらも葉が出てきました。
ハスにとっては狭い鉢なのですが、今年ちゃんと開花したらハス田に移してやろうと考えています。また、結実したら種も発芽させてみようかな。
どんな花が咲くか、楽しみです。



こちらはブルーベリーの木
a0123836_14280451.jpg
これもいただき物。数年前に苗木を譲り受けたのですが、花も実もつかず、1本ではダメなのかな?? と思っていました。
そうしたら、今年は花も咲き、ご覧のように結実しました。
味見ができるくらい育ってくれるか、ちょっと心配しながら見守っています。

日本もいよいよ梅雨のシーズン。南西諸島方面で梅雨入り。関東は平年通りならば来月中旬。そしてホタルのシーズンへ。
ラジオでは今年はホタルの飛翔が2週間も早いところがあるようです。今年のセンターはどうかな?草刈りエリアも注意しないといけないですね。

梅雨入り前に自然観察へ出かけませんか。
ご自宅周辺の身近な自然もいいものですよ。余裕があればセンターへお越しください。

by isumi-sato | 2019-05-15 17:18 | センターこぼれ話

落花生準備/ハス田デッキ補修

5月10日(金)、午前9時の気温23.8℃、今朝の最低気温10.8℃、快晴。天気予報では「東京は夏日になる予報です」と聞きました。「今日は暑くなるぞ~」と自分に言い聞かせ出勤。屋内の事務仕事が多い私ですが、なぜか気合が入ります。午後3時ごろ今日の最高気温を百葉箱へ見に行ったら24.6℃でした。思ったより気温は上がりませんでした。

a0123836_14410340.jpg
中庭のようす。明日は土曜日。また多くの家族ずれの皆さんがセンターを満喫されることでしょう。


a0123836_14410858.jpg
モチ田の水が少なくなり急きょ水を入れました。5月1日、2日にまとまった雨が降りましたが、もう水位が低くなるほど乾燥していたのですね。


a0123836_15190827.jpg
畑では明日開催の行事「落花生の栽培体験をしよう」のため職員が準備に追われていました。参加者の定員は8家族。その8世帯分の畝を区画しました。

a0123836_14411511.jpg
ホタルの観察できる水路近くでいっせいに咲き始めたハルジオン。毎年この時期この場所に密集して咲いています。他の場所はポツポツと離れて咲いていますがこの場所だけこの状態。なんででしょうね?もしかしてヒメジオンじゃないよね?と思い確認。茎は空洞で、葉は茎を抱いています。間違いなくハルジオンです。ちなみにヒメジオンの花期は6月~10月。ハルジオンより遅く咲き、花のピンク色は薄く、茎の中は詰まっていて葉は茎を抱いていません。

a0123836_14411839.jpg
クワの木のようす、赤い実が観察でき始めました。このクワの実で作ったジャムは美味しいそうです。作ったことはありませんが…

a0123836_14443716.jpg
今日はハス田のデッキの補修作業を職員が行いました。一部踏み抜きがあり、通行止めにしてあり危険なため、早めの修繕に努めました。ぶかぶかと板が浮かんでしまっている箇所のビスを抜こうとしてもなかなか抜けません。やっとの思いで抜けて板を剥がそうとすると板がバリバリになりながら剥がれていきます。ひどいものです。

a0123836_14514091.jpg
修繕後のようす。さすがセンター職員!!見事に修繕されました。他の箇所も板が浮いてしまったりと修繕を必要とする箇所が多数あります。センター職員が工務店の職員に変わります(笑)
a0123836_14414603.jpg
中庭の水路近くでは、ミゾソバの葉が茂りまじめました。あっという間に暑い夏が来るのでしょうね。
ピンク色したかわいい花が観察できる日を楽しみにしています。

センターの季節が到来します。

みなさん、遊びに来てくださいね。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2019-05-10 17:25 | センターこぼれ話

田んぼの水がひろがります

4月11日、晴れ。午前9時の気温は10.3℃、今朝の最低気温は5.3℃でした。
冬に逆戻りして冷たい雨が降った昨日から一転、今日は晴れて日差しがそそぎます。
日なたでは暖かいのですが、北寄りの風が強く吹く一日になりました。
今日の最高気温は、16.0℃でした。


a0123836_15355693.jpg
大原漁港の風景。5月の磯の観察会の事務手続き準備のため、漁協に行ってきました。朝の漁、一仕事終えた漁船が港に係留されています。大原漁港の上には、小さな雲がたくさん強い風に流れていきます。
遠くの丘陵の林にも常緑樹の新葉の色が見えます。




a0123836_15360066.jpg
漁港の一角には、冬の最盛期を終えたタコ漁の道具がきれいに積まれています。
最近使われているのは、四角いタコツボです。




a0123836_15360409.jpg
往復の道すがら、たんぼの景色を撮影してきました。
耕地整理の済んだ田んぼは、一枚が大きく、水面が遠くまで広がります。
一枚の田んぼは、おおむねタテ100M、ヨコ30~100Mの大きさに作り直されています。



a0123836_15360937.jpg
ちょうどローカル線、いすみ鉄道の黄色い車両が田んぼの向こうを通りました。
線路沿いに菜の花が咲いて、車両も黄色い菜の花色です。
路線沿い、サクラの花が咲いているところは、例年、絶好の撮影ポイントになっています。


a0123836_15361205.jpg
別の田んぼの奥には、山すそにサクラの花がつながっています。




a0123836_15362093.jpg
日曜日に紹介した、万木の展望台にも再び行ってきました。
ちなみに展望台は、16世紀終わりまであった土岐氏の山城にちなんではいますが、
その形は不明で、江戸時代のお城風の形になっています。
ソメイヨシノが強い風で散り始めています。



a0123836_15362353.jpg
展望できる景色は、房総丘陵と平地に広がる田んぼです。その田んぼのほとんどになみなみと水か入って、田植えの準備が進んでいます。
手前のスギの列は、夷隅川沿いに植えられており、スギの列の形が川の形を示しています。



a0123836_15375286.jpg
展望台の足もとには、オオムラサキツツジが一面に植えられて、もう大きく育って人の背丈をこえています。
早咲きの花を一カ所発見できました。花の見ごろは連休のころです…




a0123836_15375645.jpg
ツツジのすきまから日が射している地面、コケの上の一角にスミレがかたまって咲いていました。タチツボスミレでしょうか。
この時期、日当たりのよいところ、思わぬところにスミレの花を発見することがあります。
散策して、スミレの小さな群落を見つけてみませんか…
ご来館お待ちしております。

by isumi-sato | 2019-04-11 17:20 | 田んぼ

春は忙し

4月4日(木)、午前9時の気温10.2℃、今朝の最低気温0.1℃、快晴。北風は冷たいものの、昨日ほど強くはなく、屋外でも日が当たる場所ではぬくぬくと日向ぼっこができる陽気となりました。このまま温かくなるといいのですが…。

a0123836_13163589.jpg
中庭のハクモクレンの様子。おや?とげとげのある黄緑色したものが目立ってきました。これが果実となりそして黒くなってポロっと地面に落ちます。落ちた黒い果実からはあんなに可憐で芳香たる花を咲かせていたなんて想像がつかないような色・形になります。



a0123836_13164285.jpg
その北側にあるシダレウメの木にはシジュウカラが「おはよう」って声をかけてくれているようなさえずりが聞こえ始めました。ここ最近は2羽でじゃれ合いながら木から木へ移る姿がよく観察できます。恋の季節でしょうか?新居は決まったのかな?センターはいい物件がそろっていますよ。


a0123836_13164593.jpg
今日は3月31日に行った行事「一年を通してコメ作りを体験しよう」の二日目。行事名の通り、一年間の田んぼ作業を体験します。今日は畦塗りと畦シートの作業です。腰などを傷めないように準備体操を行いました。


a0123836_13164942.jpg
まずは畦塗りの作業から。畦近くの土を水の中からクワですくい上げ畦にのせクワで形を整えていきます。職員はテンポよく畦をクワで作っていきます。



a0123836_13165420.jpg
参加者の方は手取り足取り教わりました。「足が田んぼの泥に取られてうまく動けない」などの声も聞こえました。やはり田んぼの仕事って大変なんですね。



a0123836_13165824.jpg
次は畦シートを張る作業です。畦シートは畦に穴があかないように防ぐためのものです。専用の道具を使ってシートを埋めやすくする「すじ」を付けます。そのすじに沿って畦シートを挿し込んでいきます。


a0123836_13170233.jpg
それだけでは畦シートが風で飛ばされたりしてしまうので、写真ほどの長さの竹を挿して畦シートを押さえます。

a0123836_13171694.jpg
最後はその上に泥をかぶせていきます。作業は午前中で終わりましたが、結構な仕事量だったと思います。参加者の皆様、午後はゆっくり休んでくださいね。


a0123836_13172155.jpg
お昼ごろのようす。近隣の学童クラブさんでしょうか?お弁当を持ってセンターでお花見です。4月に入りセンターはお客さんが一気に増えてきました。ありがたいな~。

センターの季節となりました。

皆さんお待ちしています。

by isumi-sato | 2019-04-04 17:25 | センターこぼれ話

巡る季節に感謝!

3月20日(水)、午前9時の気温16.0℃、今朝の最低気温7.4℃、今日の最高気温19.1℃。屋外で体を動かすと汗ばむほどの陽気です。まさに春の到来。当たり前に季節は廻りますが、震災や災害が多い昨今。普通に、そしていつも通りの季節が廻り生活ができることに感謝しなければいけません。

a0123836_13533472.jpg
中庭のエノキの木に鳥の巣箱を設置しました。合計4ヵ所新しい巣箱を設置。どんな鳥たちが引っ越して来てくれるのでしょう。


a0123836_13534026.jpg
職員が二人が水路を見つめひと休み。何をしているのでしょう。



a0123836_13534526.jpg
キショウブの除去をしました。見てくださいこの根っこ!!毎年抜いても抜いても出てきます。「しつこい奴だのー」


a0123836_13534883.jpg
おや?土の中からなつかしい後ろ姿が…


a0123836_13535117.jpg
今年に初めて観察できた二ホンアマガエル。数匹土の中から出てきました。まだ背中がガリガリ、シワシワです。今年もいろんなところに出没し私たちを楽しませてくれることでしょう。



a0123836_13535499.jpg
桜の花のようす。つぼみはピンク色でもう咲く準備はOK!?だけどここからが長いんだな~。早く咲かないかな。

a0123836_16405536.jpg
林道では、ヤマザクラでしょうか?5~6輪開花しました。いよいよ春本番。


a0123836_13535834.jpg
ハクモクレンが、見事に満開を迎えました。近づくと濃厚な良い香りが漂います。



a0123836_13540182.jpg
そんな香りに誘われて、さまざまな生きものたちが集まってきました。翅の音がセンターをにぎやかにしてくれます。


さまざまな生きものが動き出す時期。ぜひ遊びに来てくださいね。

by isumi-sato | 2019-03-21 09:07 | センターこぼれ話

田んぼ準備着々と…

3月14日(木)午前9時の気温8.5℃、今朝の最低気温0.1℃。何日かぶりに寒い朝を迎えました。今朝起きてみると自宅の屋根にはうっすらと霜が降りていました。。

a0123836_13503340.jpg
真っ白でふわふわとした雲が青空にふわふわ浮いています。暖かな日差しは降り注ぎましたが、風は冷たい一日となりました。
a0123836_13503797.jpg
おや?スギナがツクシよりも生長し始めました。



a0123836_13504021.jpg
キブシの花も少しづつ開き始めました。なんと趣のある風景でしょうか。


a0123836_13271430.jpg
ここはどこ?そうここはトンボの沼。鳥の声が響き渡ります。平成31年度の年間行事案内配布にため訪れました。

a0123836_13275609.jpg
館内を見ると、トンボ沼や周辺で撮影された写真がずらりと並んでいます。



a0123836_13272905.jpg
壁にもびっしりと


a0123836_13280054.jpg
カモの仲間やコハクチョウの写真も展示されていました。少し前まではトンボの沼でもコハクチョウが観察できたそうです。



a0123836_13265914.jpg
トンボ沼周辺の田んぼのようす。水の入った田んぼがだんだん増えてきましたね。



センターでは…
a0123836_14225671.jpg

他の田んぼに負けず、センターも田んぼの準備開始です。午前中には、モチ田周りの電柵撤去と移設を行いました




a0123836_15170366.jpg
午後からは、水路の水を田んぼに送るため、ホースを設置しました。


a0123836_15171108.jpg
水路から田んぼにホースを渡し…


a0123836_15171695.jpg
見事開通!!


a0123836_15172177.jpg
田んぼにあった轍(畦塗りを依頼したときについたのコンバインの車輪の跡)にはアカガエルの卵塊が観察できました。こんなところにも産み付けてあるのですね。


a0123836_15172852.jpg
ホースを設置するためにシャベルで掘り返した水路の泥の中に、シジミの仲間が入っていました。このまま放置しては死んでしまうので、すぐに水路の中に戻しました。

a0123836_15174282.jpg
最後は畦の崩れた部分数か所を補修しました。


春の気配と共に田んぼの準備が着々と進んでおります。

来年度の行事も楽しみにしていてくださいね。来年度の行事内容についてはこちら

お待ちしています。






by isumi-sato | 2019-03-14 16:55 | 田んぼ

二・二六事件~どうぶつ編~

2月26日(火曜日)の天気は、くもり時々雨です。午前9時の気温は11.0℃、湿度は68%でした。今日は、歴史的事件のあった日ですね。そのころの日本は、とても経済的に厳しい時代だったそうです。




a0123836_15202569.jpg
雨が降っていても、それほど寒さを感じません。ああ、居ても立っても居られない!気になるあの子へ会いに行こう。





a0123836_15232616.jpg
気になるあの子とは、トウキョウサンショウウオ…もうすぐ観察会があるから、気になっちゃって(#^.^#)





a0123836_15234167.jpg
嗚呼(*´Д`*) トウキョウサンショウウオの卵が…何者かに襲われている!





a0123836_15234886.jpg
二日前は、バナナみたいな卵のうがたくさんあったのにープンプン。(2月24日撮影)





a0123836_15235624.jpg
アライグマの侵入を防ぐネットの中にも、無数の足跡と無残な死体が…もう怒ったぞ‼





a0123836_15244162.jpg

というわけで、産卵する水辺をすっぽり覆うことにしました。外来種の襲撃は、ほんとうに厄介です。そして今回は、「防護ネットは観察しにくそう…」という声にお応えして…





a0123836_15244939.jpg
ジャーン!すぐに観察できるスーパー防護ネット改良版をご提供します。安心して観察会に来てください。それまでにサンショウウオの卵が復活してくれればイイなぁ(祈)





a0123836_15252286.jpg
あっ!アメンボの仲間を発見。ちらほら虫が出てきました。





a0123836_15260440.jpg
おっと危ない。オオゲジを踏みそうになりました。まだ寝起きなのでしょう…動きが鈍いです。それにしても、見た目が怖い…





a0123836_15260854.jpg
このオオゲジ、足が30本もあるんだとか。弱い毒をもつことで知られていますが、人間を襲うことは無いようです。それどころか、害虫を捕食してくれる益虫と言われています。





a0123836_15262862.jpg
館内では、「のぞいてみようコーナー」が新設されました。いまは、アカガエル類の卵塊(らんかい)やトウキョウサンショウウオの卵のうが展示されています。





a0123836_15263508.jpg
日々成長する卵たち…その様子を間近でじっくり観察できます。これは、アカガエル類の卵の数々…いつオタマジャクシになるでしょうか?





a0123836_15264008.jpg
こちらは、トウキョウサンショウウオの卵のう。バナナのような形がカワイらしいですよ。ぜひ、遊びに来てくださいね♡

by isumi-sato | 2019-02-26 17:00 | いきもの