人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:体験イベント ( 309 ) タグの人気記事

里山の鳥の観察会

1月26日(日)雨。午前9時の気温は4.1℃、湿度は74%です。大寒らしく寒いですね~…明日は、雪が降るかも?なんて予報ですよ。ブルブル…



里山の鳥の観察会_a0123836_13282012.jpg
昨日のピンポイント天気予報では、朝のうちは曇で昼頃から雨が落ちる、所によっては雨という微妙な予想でした。
参加申込みの皆さんも楽しみにされているようですので、もし雨が降ったならば、集まった人向けに室内で鳥の話、鳥の声などの話をしつつ空の様子を見ようと、行事中止のアナウンスは出さずにいました。先週の草木染の行事も雨で中止、連続して雨による中止も避けたいですし、、。
ところが昨夜の予報から雨は明方から降る予報に変わり、今日は、朝から冷たい雨が降ってしまいました。





里山の鳥の観察会_a0123836_13282546.jpg
「里山の鳥の観察」という野鳥観察会が行われる日だったのに…。
「雨天中止」で募集した行事にもかかわらず、申込みの皆さん集合して下さいました。雨の中、ありがとうございます!
そこで図書室に集まりました。





里山の鳥の観察会_a0123836_13283043.jpg
雨でもウレシイ(#^.^#)。千葉県野鳥の会の講師の方が、鳥についての最新情報を楽しく解説してくれました。





里山の鳥の観察会_a0123836_13283451.jpg
解説していただいた内容を一部ご紹介しますね。



里山の鳥の観察会_a0123836_13324269.jpg
まずは、入門者におすすめの水鳥観察から。冬の時期は、カモ類がたくさん見られます。もっとも数が多いのがマガモ。オスは、緑の頭が美しいですね(写真手前はメス)。カモ料理もおいしいです。昔はマガモを食べたそうですが、いまのカモ肉は合鴨(マガモとアヒルの交雑種)が主流です。カモ類には翼鏡(よくきょう)という美しく目立つ羽があります。この翼は飛ぶときに見られ、天敵から逃げるときに相手を驚かすための羽と考えられています。




里山の鳥の観察会_a0123836_13323471.jpg
こちらは、秋から見られるモズです。漢字で書くと「百舌鳥」=これでモズと読むから日本語はスゴイ。この字の通り、他の鳥の鳴き声をよく真似ます。レパートリーが多いほどモテモテになるというから、オスたちは気合十分です。繁殖は1~2月と早く、藪の中にもじゃもじゃの巣をつくって子育てをします。暖かくなると高原へ移動し、2回目の子育てを行うそうです。でも、この“高原モズ”は研究が遅れていて、謎のベールに包まれているんだとか。身近な鳥でも、わからないことがあるんですね。




里山の鳥の観察会_a0123836_13304746.jpg
身近といえばカラス。あの真っ黒カラスは、2種類いるって知ってました?くちばしの太さが違うだけで、姿や形はほぼ一緒。でも鳴き方が違うんです。ハシブトガラスは「カーカー」。でも、「わんわん」とか「かわかわ」とかヒトの話し声もまねるから驚きです。「からす~♪なぜ鳴く~♪」の童謡のモデルはハシブトガラスです。もう一方のカラスは、ハシボソガラス。「がーがー」と鳴きます。ものまねはやりませんが、クルミや貝がらを道路に落として食べるのは、こちらのカラスです。




里山の鳥の観察会_a0123836_15243781.jpg
食べてますね~。キジバトを襲ったスクープ写真です。こちらの鳥は、オオタカ。かっこいい姿にうっとりします。オオタカは、鷹狩りによく使われる猛禽類です。オオタカが現れた水辺では、水鳥が一斉に姿を消すと言われています。
まだまだ興味深い解説は続くのですが…書ききれないので、ここらで筆をおきますね。ゴメンナサイ。




里山の鳥の観察会_a0123836_13283929.jpg
あ―楽しかった♪雨で観察はできなかったけど、お客さん喜んでくれたようです。
2月9日(日)8:30~「水辺の鳥の観察」が行われます。まだ参加者を募集中です。ふるってご参加ください。お電話お待ちしております(#^.^#)。


by isumi-sato | 2020-01-26 17:00 | 行事報告

ススキでミニほうきを作ろう

1月12日(日)、午前9時の気温5.8℃、今朝の最低気温2.4℃、曇。朝から日が出ず寒い一日となりました。でも氷ははっていませんでしたから、寒さはまだまだこれからが本番なのでしょう。

ススキでミニほうきを作ろう_a0123836_14501078.jpg
今日は年が明けて最初の行事「ススキでミニほうきを作ろう」を行いました。他の行事に参加していただいている方々も多く、新年のごあいさつも出来ました。皆さま、今年もセンターをよろしくお願いいたします。まずは講師からごあいさつ。そしてオギとススキの簡単な違いの解説後、昆虫広場へ移動しました。オギとススキの違いは、オギは一本立ちで小穂は銀色です。ススキは株立ちで、小穂には折れ曲がったノギがあるのが特徴です。

ススキでミニほうきを作ろう_a0123836_14501803.jpg
大人10人、子ども2人の参加。ススキとオギ、100本を目標に皆さんモクモクと採集を続けます。

ススキでミニほうきを作ろう_a0123836_15083878.jpg
「でも、100本って結構あるよ~」どこからか声が聞こえました。


ススキでミニほうきを作ろう_a0123836_09172787.jpg
採集したススキ・オギの綿毛(小穂)、余分な葉を外で取り除きます。今年は綿毛がなかなか取れず、皆さん綿毛をとるのに苦労されていました。


ススキでミニほうきを作ろう_a0123836_14502712.jpg
がんばって100本採集したススキ、オギを持って室内へ戻り、ほうき作りに取り掛かります。職員が丁寧に油抜きをしたホテイチクを配りました。このホテイチクが柄の部分になります。

ススキでミニほうきを作ろう_a0123836_14503107.jpg
ホテイチク(以下、竹)に綿毛を取り除いたススキやオギ(以下、穂)を竹に差し込んでいきます。竹の節の長さに合わせて長さを調整してカットします。

ススキでミニほうきを作ろう_a0123836_14550884.jpg
竹に差し込んだ穂のまわりに、新たにべつの穂をまいていきます。きれいに仕上げるには、竹が見えないように隙間なく穂を巻き付けていくのがポイントです。

ススキでミニほうきを作ろう_a0123836_14503595.jpg
そして取れないように、ヒモやリボンで頑丈に止めていきます。この巻き付ける工程が少し難しく、うまくまかないとすぐにヒモがゆるんできてしまいます。巻き始めがポイントです。写真のようにヒモ(リボン)を折って下から上に向かってぐるぐると巻いていきます。お好みの幅に好みの色のヒモ(リボン)を巻き付けてしっかり止めていきます。最後はこの折り曲げた輪の分部に、下から上へ巻き付けたヒモ(リボン)を折り曲げた輪に通し両端を引っ張って結びます。最後このように仕上げると、結び目の分部がヒモ(リボン)隠れてきれいに仕上がります。


ススキでミニほうきを作ろう_a0123836_14504084.jpg
2、3か所ヒモ(リボン)で止めたら、巻き付けた穂の余分な茎の部分を斜めに切っていきます。


ススキでミニほうきを作ろう_a0123836_14504490.jpg
完成!しました。完成した後の達成感はたまりません。オリジナルのマイほうきが出来ました。皆さん真剣に講師の解説を聞き熱心にメモを取っている方もいらっしゃいました。


ススキでミニほうきを作ろう_a0123836_14505371.jpg
最後は記念撮影。皆さんほうき作りを楽しんでくれたようです。アンケートには「楽しかった」「丁寧に教えていただけた」「身近な物から作れることが分かって楽しかった」「竹の自然な形を生かしたほうきになり、たくさん使っていきたいです。」など。

ご参加ありがとうございました。


by isumi-sato | 2020-01-12 16:48 | 行事報告

おかざりを作ろうB-輪飾り

12月22日、曇のち雨。午前9時の気温は6.8℃、今朝の最低気温は5.1℃でした。
今日は冬至。一年で最も日が短い一日です。
ユズ湯に入り、かぼちゃを食べて健康を祈願する風習があるといいます。



昨日に引き続いてお飾りづくり行事の3回目「おかざりを作ろうB-輪飾り」を行いました。




おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271141.jpg
あいさつの後、作り方の概略を説明します。
細かい部分は、その都度説明します。また、近くにいるベテランの参加者にも協力していただきながらの進行です。





おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271140.jpg
まず、材料のワラの「わらスグリ」です。輪飾りは、しめ縄部分に15×3の45本と、
前垂れ部分に11×3×3で99本、合計144本のワラを使います。





おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271131.jpg
中庭でワラの汚れた部分のはかま取りです。



おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271155.jpg
工作室に戻って、さらに一本一本ワラの元の部分を切り、はかまを取ってきれいな材料にします。各パーツに必要な本数を小分けにして束にします。霧を吹いて編む部分だけをわら打ち機でつぶして柔らかくします。前垂れのまっすぐに見せる部分はつぶさないように注意します。




おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271144.jpg
続いて輪になるしめ縄づくりです。神様への非日常、左ないの縄をないます。次になった縄の谷部分に、よりをかけつつワラを入れこんで編んでいきます。




おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271178.jpg
二、三人で協力して行うとやりやすいです。端部をしばります。
しめ縄の形を整え、バリを取り除きます。



おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271147.jpg
前垂れになる部分の上部を三つ編みをします。
これを3つ作ります。




おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271220.jpg
これらのパーツを組み合わせます。
しめ縄で作る輪の大きさを決めて真正面下に三つ編みのパーツのひとつを差し込みます。
さらにその左右に残り2つの三つ編みのパーツを差し込みます。




おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271299.jpg
三つ編みの上部を組み合わせて、輪の裏側をしばって固定します。
てっぺんのワラを切りそろえて完成です。





おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14322102.jpg
ユズリハ、ウラジロ、ダイダイ、御幣(ごへい)を飾り付けます。
玄関への飾りつけは、大みそかだと一夜飾りになるので、それを避けた日に行います。
松の内が明ける7日におかざりを外します。






おかざりを作ろうB-輪飾り_a0123836_14271152.jpg
みなさんで記念写真。完成しました。
よいお年をお迎えください。






by isumi-sato | 2019-12-22 17:00 | 行事報告

おかざりを作ろうA-鳥居形

2月21日、雨のち曇り。午前9時の気温は8.8℃、今朝の最低気温は6.9℃でした。
早朝は雨が降っていましたが、朝にはやんで曇の一日でした。

今日は年末最後の行事、三回行うおかざりづくりの第1回、午前中は「おかざりを作ろうA-鳥居形」と午後には第2回「おかざりを作ろうB-輪飾り」でした。

今日のブログは「おかざりを作ろうA-鳥居形」について報告します。

おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241428.jpg
集合の後、作り方の説明です。鳥居形はいすみ地域の伝統的な形の正月お飾りです。


おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241420.jpg
材料になるわらは、品種は京都神力というもので丈が長いわらです。
暑い夏に乾燥して作ったわらで、青い色を残すことができました。
まずは必要な本数を「わらスグリ」といって、根元のはかま、汚れていたり短い部分を取り除きます。



おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241453.jpg
室内に戻って、はかま取り、さらにきれいなわらの材料にしていきます。
横の部分は40本、縦の部分は132本を用意します。


おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241446.jpg
縦にするわらの一部、芯に巻き付ける部分だけに霧を吹いてワラ打ち機で柔らかくします。
芯にするわらに11本のわら6組を左右対称に、計12組分を巻き付けていきます。



おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241438.jpg
よく締めることが大切です。



おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241463.jpg
みなさん一生懸命作業しています。



おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241450.jpg
完成形です。




おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241392.jpg
ダイダイ、ユズリハ、ウラジロを飾りにつけます。



おかざりを作ろうA-鳥居形_a0123836_17241484.jpg
パチリ。みなさんで完成を喜びました。
よいお年をお迎えください。
明日は、輪かざりを取り上げます。


by isumi-sato | 2019-12-21 17:26 | 行事報告

米作り4・もちつきをしよう


12月14日(土)、午前9時の気温7.7℃、今朝の最低気温7.6℃、今日の最高気温17.8℃???今日って12月ですよね。暖かすぎる。11月上旬の暖かさ。あと半月で年明けですよ。


米作り4・もちつきをしよう_a0123836_15231707.jpg
所長のあいさつから始まり、担当者から諸注意を伝えてもちつきの始まりです。参加者は大人16人、子供11人他、ボランティアさんのご協力も得て始まり始まり


米作り4・もちつきをしよう_a0123836_15243057.jpg
昨日のうちに、もち米をといで一晩浸水。今日はざるで水を切り、一臼二升分のもち米を量ってセイロでふかします。ふかしあがったら臼に移して「もちつき」が始まります。まず米粒が見えなくなるまでよくこねてつぶしたあと、つき始めます。お子さんも一生懸命杵を振ります。



米作り4・もちつきをしよう_a0123836_15284898.jpg
大人たちももちろん頑張ります。今日ついたもちは28臼。職員も参加者もボランティアさんも大変でした。でも皆さんがんばってくれました。

米作り4・もちつきをしよう_a0123836_15243955.jpg
もちをつきおわったら、餅袋に入れ伸ばし、棒で伸ばし平らにしていきます。


米作り4・もちつきをしよう_a0123836_15244571.jpg
きれいでピカピカ。モチモチしたおいしいおもちが出来ましたよ。一生懸命もちつきをした後は楽しみなお昼の時間です。きな粉、あんこ、大根おろしをで、つきたてのもちにからめておいしくいただきます。


米作り4・もちつきをしよう_a0123836_15303885.jpg
参加者の方に作っていただいた味噌汁もありました。おもちつきが終わったらデイキャンプ場にてお昼タイム。もちつき楽しく出来たかな?


アンケートには、「つきたてのモチを食べる幸せを存分に楽しんだ」「参加者みんなで協力して行えたこと、大人も子供も楽しめた」「子どもの笑顔をたくさん見れた」「他ではできない経験できてとても楽しかった。来てよかったと思う」など皆さんおもちつきを十分楽しんでいただけたようです。参加者の皆さん。ボランティアの方々。本当にありがとうございました。

今後もご参加くださいね。

お待ちしております。




by isumi-sato | 2019-12-14 16:55 | 行事報告

もちつき準備

12月13日、曇り。午前9時の気温は7.7℃、今朝の最低気温は6.1℃でした。今日の最高気温は9.9℃でした。



もちつき準備_a0123836_16573654.jpg
天気予報では千葉や東京までは冷たい空気が下がってこないと言っていたようですが、気温は上がらず昼前から冷たい空気が流れて来ました。今日の最高気温は昨日の最高気温よりも10℃近く低い気温です。


もちつき準備_a0123836_16573799.jpg
今日は明日の行事「もちつきをしよう」の準備を行いました。
まずは明日使用する道具をチェックし用意しました。
うすやきね、ホームかまど、釜、蒸し器、テーブル、バケツ、薪など。
さらについた餅を食べるためのいろいろな道具類です。



もちつき準備_a0123836_16573852.jpg
もち米を研いで、



もちつき準備_a0123836_16573877.jpg
臼を洗って熱湯消毒、



もちつき準備_a0123836_16573805.jpg
汁物用の野菜を畑から取ってきて



もちつき準備_a0123836_16591133.jpg
サトイモの皮をむいて



もちつき準備_a0123836_16574553.jpg
洗いました。




もちつき準備_a0123836_16574561.jpg
三つの臼を使うので、足元に古いむしろを広げてスペースを確保。
残りは、明日の朝準備です。


もちつき準備_a0123836_16574527.jpg
明日は今日よりも気温が上がるようです。
参加の皆さん、頭巾や食器、箸をお忘れなく。
夕方は早くから暗くなります。エノキのシルエット、向こうの空は冬の寒空です。






by isumi-sato | 2019-12-13 17:05 | センターこぼれ話

米作り3・ワラでリースを作ろう


12月7日(土)、午前9時の気温6.0℃、今朝の最低気温5.0℃、雨。朝から冷たい雨が降る一日でした。
米作り3・ワラでリースを作ろう_a0123836_15361951.jpg
寒い一日の始まりでしたが、今日は12月最初の行事「米作り3・ワラでリースを作ろう」を行いました。講師を招いての行事です。電気ストーブをつけ、囲炉裏に火を入れても寒い寒い。でもおしゃべりとやる気で寒さなんて吹き飛びます。

米作り3・ワラでリースを作ろう_a0123836_15362869.jpg
まずは、土台となるリースづくりから始めます。細い竹ひごを絡めながら輪にしていきます。


米作り3・ワラでリースを作ろう_a0123836_15363362.jpg
そのヒゴに、センター職員が藁ない機で作った中縄をバランスよく巻き付けます。


米作り3・ワラでリースを作ろう_a0123836_15545096.jpg
次に、リースにつけるオーナメント作り。マツボックリに約1.5㎝ほどの正方形にカットした赤と緑色の正方形のフェルトを楊枝を使って飾り付けをします。フェルトをくっるっと丸め木工ボンドで接着していきます。


米作り3・ワラでリースを作ろう_a0123836_15363835.jpg
お子様たちも一生懸命講師にお教わりながらリースづくりに夢中になっています。


米作り3・ワラでリースを作ろう_a0123836_15364306.jpg
完成品がこちら。(私の作品でスイマセン)クリスマスらしいマツボックリに大変身。

米作り3・ワラでリースを作ろう_a0123836_15364795.jpg
次に、ミニ門松づくりです。センター職員が丁寧にわらスグリをしてくれた立派なワラ使うのがもったいなーい。というお声をいただきました。


米作り3・ワラでリースを作ろう_a0123836_15365102.jpg
門松用として用意した竹筒を、使って同じ長さにワラをそろえて切っていきます。



米作り3・ワラでリースを作ろう_a0123836_15365649.jpg
そのわらをまとめて…
米作り3・ワラでリースを作ろう_a0123836_15380612.jpg
金色のミズヒキで縛ると。見事なミニ門松の完成です。


米作り3・ワラでリースを作ろう_a0123836_15381415.jpg
皆さんの作品。竹筒を使って門松づくりをされた方もいました。ちょっとした工夫で、一気に正月気分です。


米作り3・ワラでリースを作ろう_a0123836_15381892.jpg
参加者が作ったリースを並べ品評会です。


米作り3・ワラでリースを作ろう_a0123836_15382392.jpg
最後は全員でさ新撮影です。今年度のワラでリースは開催時期を二週間ほど早めての開催でした。クリスマスまで、リースを長く楽しめます。アンケートには「すてきなリースが出来ました。自然の物で作ったので良い風合いになりました。」や「リースだけでなくいろいろな物が作れた」などの意見をいただきました。

来年も素敵なクリスマスリースが出来ると良いな。

お待ちしています。



by isumi-sato | 2019-12-07 16:55 | 行事報告

立冬 /小学生の自然観察とはっぱアート

11月8日、晴れ。午前9時の気温は15.1℃、今朝の最低気温は10.8℃でした。
今日は立冬。
近隣の小学一年生たちが秋の体験学習に来館されました。
立冬 /小学生の自然観察とはっぱアート_a0123836_17134769.jpg
二つのグループに分かれて、午前は「はっぱアート」「秋の自然観察」二つのメニューを交互に入れ替わりで行いました。
午後は、「館内見学」と「竹とんぼ飛ばし」を行いました。


立冬 /小学生の自然観察とはっぱアート_a0123836_17134795.jpg
「はっぱアート」では、そのやり方を説明。はっぱ集めの後、葉っぱにちょっとした加工をしておさかなに見立てます。海の中のようすをイメージし、大きな紙の上に魚の泳ぐ様子をできた葉っぱの魚で表現していきます。

魚は同じ種類のものがグループで泳いでいることや、泳ぐ方向も種類ごとに異なることなどを考えて、共同でアート作品を作ります。

まず、作品のタイトルをみんなで考えました。いろいろな案を話し合って一つに
まとめました。今日のタイトルは、「みんなのうみ」と「さかなワールド」となりました。



立冬 /小学生の自然観察とはっぱアート_a0123836_17134870.jpg
はさみで小さな三角の切れ込みを作り口に見立てます。



立冬 /小学生の自然観察とはっぱアート_a0123836_17134800.jpg
次いでポンチで丸く穴をあけて目を作ります。それぞれ大きさや位置を変えると表情も変わります。



立冬 /小学生の自然観察とはっぱアート_a0123836_17140483.jpg
作った魚を大きな紙の上に仮置きしてみんなでデザインを検討します。
デザイン修正をしつつ、両面テープで葉っぱの魚を紙へと貼り付けました。



立冬 /小学生の自然観察とはっぱアート_a0123836_17140433.jpg
はっぱからたくさんの魚ができ、にぎやかな海の中のようすを表現できました。




立冬 /小学生の自然観察とはっぱアート_a0123836_17140452.jpg
完成ー!!




立冬 /小学生の自然観察とはっぱアート_a0123836_16215865.jpg
もう一つのメニューは、秋の自然観察を行いました。





立冬 /小学生の自然観察とはっぱアート_a0123836_16221436.jpg
「つかまえた~!」オオカマキリもこの通り…ゲッツ!すぐ近くで、カマキリの卵も観察できました♪





立冬 /小学生の自然観察とはっぱアート_a0123836_16223860.jpg
オンブバッタやコバネイナゴ、クルマバッタ、ツチイナゴなど…バッタのなかまも、たくさん捕まえることができました。





立冬 /小学生の自然観察とはっぱアート_a0123836_16224229.jpg
みんな虫捕り上手だね。ほかにも、赤とんぼのナツアカネやナナホシテントウムシ、カエルのなかまを捕まえた子もいました。





立冬 /小学生の自然観察とはっぱアート_a0123836_16230193.jpg
次は自然ゲームです。一人が目隠しをして、もう一人がある植物の匂いを嗅がせる…




立冬 /小学生の自然観察とはっぱアート_a0123836_16230661.jpg
「なに?」「くっせー!」「このネギっぽい匂い好きかも」…いろいろな反応がありました。アップルミントやノビルの香りを堪能しましたね。このほか、オオバコなどを使って草相撲を楽しみました♪


昼食の後、午後は館内の展示物を使って少しお勉強。おひつなどの昔の生活道具やわら縄をなう道具、昔の黒電話やその使い方、野生動物のはく製、天然記念物のミヤコタナゴなどを見学しました。


立冬 /小学生の自然観察とはっぱアート_a0123836_16231644.jpg
立冬 /小学生の自然観察とはっぱアート_a0123836_16232015.jpg
また、中庭で竹とんぼ飛ばしの修行を行いました。
楽しんでもらえたかな~(#^.^#)?また来てね♪

by isumi-sato | 2019-11-08 17:30 | グループ・学校利用

竹かご教室-4日目最終日

11月4日、晴れ。午前9時の気温は16.9℃、今朝の最低気温は15.8℃でした。
今日は昨日の雨から一転、秋晴れの空が広がりました。


竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16575042.jpg
竹かご教室も4日目、最終日です。
青空の下、中庭で講師をまん中にして作業が始まりました。



竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16575639.jpg
初参加の皆さんは、六つ目かごを完成すべく一生懸命にかごを編んでいます。


竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16580192.jpg
スタートは、2本のひごが、60度回転した三方向のひご6本が組み合わさる所からです。そのまん中に六角形が見えます。
網足してさらにひごが増えていきます。

基本の六つ目かごですが、三本のひごが交互交互に組んで編まれて行く単純な構造なのですが、いざやってみるとあれっ? 少し進むと頭を悩ませてしまいます。



竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16581303.jpg
底から立ち上がる所までくると、一つのヤマを越えたことになります。

それでも立ち上がりを編んでいくとやはり?????
一つ一つの目が交互になっていればよいのですが、たまにおかしな目があると
後々で修正、やり直しをしなければならなくなってしまいます。





竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16580875.jpg
最後にふち巻きをして


竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16580868.jpg
完成です。



経験者の方々は、思い思いにいろいろなかごの制作に励んでいられます。



竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16581304.jpg
四ツ目網みで大きなものを編んでいる方。






竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16582215.jpg
四ツ目で丸くきれいなざるを作っておられる方。




竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16582754.jpg
さらに複雑な八目編みを製作する方。





竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16582508.jpg
いかだ底で高さのある作品を作っておられる方。




竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16583044.jpg
手提げのかごがきれいに完成間近の方。





竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16583478.jpg
目の細かい網代編みでお弁当入れを作っておられる方。




竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16583894.jpg
同じく網代編みで小物入れを作り、取っての作り方を考えている方。
少しずつチャレンジの幅を上げて、いろいなタイプのかごができてきていました。
素晴らしい!!!
手先をたくさん使うので竹かご作りは脳にも良いらしいです。 



竹かご教室-4日目最終日_a0123836_16584033.jpg
午後3時半にはみなさん、六つ目かごやそれぞれの作品を持って「できたぞー!!」
竹かごづくりはまだまだ奥が深くて、一生楽しめそうです。
楽しかった。もっと練習して上手になりたいと、たくさんの感想をいただきました。
文化の秋らしい、素晴らしい時間が過ぎていきました。
来年のご参加もおまちしております。



by isumi-sato | 2019-11-04 17:04 | 行事報告

芸術の秋

11月2日(土)快晴☀。午前九時の気温は17.0℃、湿度は61%です。明日は“文化の日”、うれしい祝日ですね~♨。全国各地で、さまざまな文化イベントが開催されることでしょう。ここ「いすみ環境と文化のさとセンター」でも、体験型の文化イベントが開催されています。




芸術の秋_a0123836_16233758.jpg
今日は朝から、さわやかな秋空につつまれています♪





芸術の秋_a0123836_17282197.jpg
あたたかな日差しのもと、「竹かご教室(入門)-3日目-」が行われました。





芸術の秋_a0123836_16242284.jpg
まず、竹を…「どりゃーー!」っと一刀両断にします。なたを使った作業です。みなさん、細心の注意を払いながら、作業にあたっていました。





芸術の秋_a0123836_16242670.jpg
さらに竹を細くしていきます。簡単そうにみえますが、この作業が一番たいへんなんです。そう、この作業で…





芸術の秋_a0123836_16243520.jpg
竹かごの材料、「竹ひご」を作ります。それも、同じ大きさの物を大量に…この細かさですよ💦。この写真は、参加者が青い部分(=竹ひごになる部分)を慎重に切り出しているところです。その厚さは、なんと1㎜ほど…(◎_◎;)。




芸術の秋_a0123836_16244790.jpg
その昔、竹職人というプロ集団がいたそうです。弟子入りし、厳しい修行の末、ようやくできるようになる技だったんだとか。それをわずか4日でやろうってんだから、そりゃ大変だ!講師の方も、一生懸命に技を伝授していきます。





芸術の秋_a0123836_16245116.jpg
竹ひごができたらまず、竹かごの底を平面に編んでいきます。もちろん編み方にも、高度な技がちりばめられています。





芸術の秋_a0123836_16245828.jpg
えいっ!(^^)!。あぁ~!なんとなく竹かごっぽい形じゃありませんかぁ。もう一日あるので、今日はこの辺でしまいましょう。お疲れ様でした♪




芸術の秋_a0123836_16502528.jpg
晴れわたる秋空に、たくさん赤とんぼが舞っています。





芸術の秋_a0123836_16503585.jpg
こちらはアキアカネでしょうか。赤とんぼを代表するトンボです。近年、急激に数を減らしているんだとか…心配です。





芸術の秋_a0123836_16504257.jpg
にらんでる…昆虫たちが怒っているように見えます。オオカマキリのおなかが、ずいぶん大きくなりました。もうすぐ産卵なのでしょう。
いま、秋の自然観察がオモシロイ!遊びに来てください(^^♪

by isumi-sato | 2019-11-02 17:30 | 行事報告