千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ハスの花 ( 33 ) タグの人気記事

千葉県民の日 いかがお過ごしですか?

6月15日(金)は千葉県民の日です。明治6年の6月15日に木更津県と印旛県が合併して、千葉県が誕生たそうです。しかも、千葉県の公立学校は休み!千葉県民の一部の人も休日なんだとか。今日は、各地でイベントが開催されたり、観光施設の割引サービスなんかもあったりと…千葉県民にとって、とてもラッキーな一日です。



a0123836_1532287.jpg
でも、雨☂…カエルは、この通り喜んでいますが。
6月15日(金)午前9時の気温は22.4℃、湿度は92%でした。



a0123836_16543620.jpg
ここのネイチャーセンターは、千葉県民の日でなくてもエブリデー無料です。しかも、自然観察したら楽しい場所。さっそく、出かけてみましょう!



a0123836_15354213.jpg
光沢が美しいですねぇ☆ヒメコガネの金属光沢は、緑・銅・青・藍色など、個体によって色が異なるようです。



a0123836_15411686.jpg
ナミテントウの四紋型でしょうか?「並み一丁」ってな感じで普通種ですが、周りの風景を反射するほどキレイ☆カメラマンが映り込むほどです。ナミテントウは様々な模様があることで知られていますが、遺伝子のほかに、気温も模様に関係があるようです。



a0123836_15471565.jpg
多くの昆虫も、オスとメスの遺伝子が子供たちへと引き継がれていきます。親と同じ姿が生まれ、教わらないのに同じ行動をする…小さな虫なれど、神秘的です.



a0123836_15493538.jpg
雨の季節ならではの光景に出会いました。「まるで自然の宝石箱や~」目にまぶしい美しさです。



a0123836_15503041.jpg
アジサイの花に、ベニシジミが紛れています。どっちもキレイ!



a0123836_1553182.jpg
でもやっぱり、今の一押しはハスの花ではないでしょうか?うっとり…まだ咲き始めなので、見ごろはもう少し先になりそうです。



a0123836_155414100.jpg
ホタルブクロの花も可憐ですね♪ 名前の由来は諸説あるようですが、「ホタルを捕まえて花の中に入れてた」という説があります。



a0123836_1613050.jpg
どれ中を覗き込むと、なるほどホタルが入る大きさです。蛍を入れたら、どんな花になるのか興味深々です。どなたか実践した方います?



a0123836_16524376.jpg
あ~、楽しかった♪ 雨の中でも、気軽に観察できました。ぜひ、自然散策しに来てください。お待ちしています!
by isumi-sato | 2018-06-15 16:48 | いきもの

夏の星座観察

7月31日、午前9時の気温は26.5℃で雨模様、でもその後は青空が広がりました。
今日は夜、行事「夏の星座観察」です。昨夜は万天の星、でも天気予報では雨模様。さてどうなるかと不安は大きくなるばかり。

------------------------------------------------------

a0123836_205484.jpg
ハスの花は、花を散らして「ハスの実」の姿となった数がたくさん増えてきました。


a0123836_20534290.jpg
それでもまだたくさんの花が咲き続けています。お盆のころまでは、ハスの花が観賞できることでしょう。

------------------------------------------------------


昼過ぎには一時雨が降った後、曇り空が広がりました。


夕方の集合時間には残念ですが、連絡なしのキャンセルが2組発生(これが一番困るのですが、無くなりません)。キャンセル待ちの人もいるので、ぜひ連絡が欲しいのですが・・。


開始時間になり、まずは図書室でプロジェクターを使って星の勉強をしました。


a0123836_2102092.jpg
銀河系の話や木星、火星、土星の話、天の川、そして七夕のお話から夏の大三角形(デネブ、ベガ、アルタイル)へと話が進んでいきます。
途中途中で空の様子を確認するのですが、空模様は思わしくありません。

7時半になりみんなで外へ出て夜空を見上げ・・・
この辺に夏の大三角形があり、といったお話を聞きながら、ただただ残念の思いが募るばかりでした。
そうしたら突然、雲に切れ間ができ、夏の大三角形や火星を目視することができました。

残念ながら望遠鏡で捕らえる時間がないほど、雲の動きが速かったのですが、とりあえずは本物の星を見ることができました。みんなで空を見上げて本物の星を探すということがなかなか大切な時間でした。

最後に図書室に戻って、8月の星空の話題です。
・火星とアンタレスが大接近という話題。宵のころ南の空で、8月24日にもっとも接近して、近くには土星も見えています。
・8月6日の夕方、西の低空で細い月と木星が接近して見えます。
・また、8月12日の夕方から深夜、月と土星が接近して見えます。
・2016年のペルセウス座流星群は、8月12日午後9時ころ極大と予想されています。しかし、放射点が高くなる12日深夜から13日未明が一番の見ごろになるということです。

さらに、雨(曇天)プログラム用に用意してあった、「手のりブーメラン」の作り方を説明して終わりにしました。


実際に撮影した映像も見せてもらえて、星のことがよくわかった。曇空の中でも本物の星が少しだったが見ることができた。スライドショーだけでなく、外で星を見られた。子どもと一緒に夜空を見上げて楽しかった。わかりやすく新しい知識が増えた。空が晴れていなくて少し残念でした。などの感想をいただきました。

晴れた日には、夜空を見上げてみましょう。
次は冬の星座観察を予定しています。夏よりは晴れるチャンスも多いので、今度こそはは、と七夕(8月9日が旧暦での本当の七夕)の星に祈ることにしましょう。
by isumi-sato | 2016-07-31 21:18 | 行事報告

雲の合間に「昆虫観察」へ行こう!

6月29日(水)、午前9時の気温20.2℃、天気は、雨のち曇りでした。湿度が95%と高く、一日中ジメジメしていました。



a0123836_1651778.jpg
センターの蓮の花は、次から次へと開花しています。とてもキレイです。ぜひ見に来てください!



a0123836_16153223.jpg
夏ですね~。樹液が出ている木では、オオスズメバチとカナブンが陣取り合戦をしています。



a0123836_1619290.jpg
ヒカゲチョウが木陰で休んでいます。目玉模様がいっぱい。ジャノメチョウ類は、雑木林などに多く暮らしていて、樹液や果樹などにやってきます。



a0123836_1629750.jpg
これも、ジャノメチョウの仲間でしょうか?葉っぱみたいな翅(はね)ですね~。



a0123836_1641332.jpg
原っぱに行くと、いたいた。ゾウムシの仲間です。ゾウムシ類は、日本だけでも600種もいるそうです。頭の先が細長く伸びていて、まるでゾウの鼻のようです。



a0123836_16461389.jpg
細長い頭は、植物に産卵する穴をあけるのに役立つそうです。ところでこいつ、羊のショーン?みたい。これは、オジロアシナガゾウムシといって、鳥のふんに擬態しているそうです。たしかに似ている。



a0123836_16535549.jpg
原っぱといえばカマキリ。でも今は、まだこんなに小さいです。



a0123836_16574655.jpg
一方、ヒメギスは立派な成虫になっていました。もうすでに、恋の季節を迎えているようです。



a0123836_16592989.jpg
葉っぱを食いまくっている甲虫がいます。ニジュウヤホシテントウです。ジャガイモなどの害虫として、人間に恐れられています。



a0123836_1744178.jpg
梅雨空が続く、ここいすみ環境と文化のさとセンターですが、自然観察には最適の季節となってきました。ぜひ、遊びに来てください。


by isumi-sato | 2016-06-29 17:24 | いきもの

今日はいすみ楊枝のご紹介

6月19日の日曜日です。
本日の最低気温は17℃、朝9時は晴れで日射しもあり気温は22℃、でもその後は雲が広がりました。
昨日は各地で暑かったようですねぇ。千葉県内でも市原市牛久で33℃を超えていたようです。センターでも気温は28℃まであがりました。事務室内は夏暑く、冬寒い、事務仕事にはあまり向いていないようです。で、巡視にお出かけです。風はありますが、歩けば汗ばみます。


まずはセンターで見ることのできるイスミスズカケ。
a0123836_1123579.jpg
花が開いています。今年もたくさん咲いて、長く楽しめそうですよ。


a0123836_13542612.jpg
こちらはセンターのハス田。去年、一昨年とイノシシに侵入され、無残な状況で花も例年の1/10くらいしか咲きませんでした。今年はご覧のように葉は順調に生育しています。

a0123836_1354313.jpg
花芽もご覧のとおり。ざっと一回りしても10個以上は目につきます。
過去7年ほどさかのぼれば、最初の開花は6月の16日~29日。2週間ほどの開きはありますが、今年もそろそろですね。
ただひたすら、イノシシ君が荒らさないことを願うばかりです。


今日は月1回の「いすみ楊枝」の集まりがありました。朝、幹事の方に「今日のテーマは?」と尋ねたところ、「今日は自由です」とのご返事。色々なものを作っているところをご紹介しましょう。

a0123836_1124694.jpg
まずは「お箸」。当然、製作途中の作品です。

a0123836_11241335.jpg
こちらは花器を作成中。

a0123836_11241977.jpg
こちらはクロモジで楊枝の作成中。なんでも「ちゃんとした楊枝を作るには適していない部材を、ただ捨てるのはもったいない」ということです。で、用途は・・とお聞きしたところ、「実はタコヤキを食べるのに最適」とのお答え。普通の竹串より引っかかりは良さそうでした。

a0123836_11242448.jpg
この煤竹(すすだけ)を使って何を作成するのかは聞きませんでしたが、最近は囲炉裏が身近にはないので材料の入手も大変でしょうね。

a0123836_11243340.jpg
こちらも花器を作成中。根元の部分を成形中でした。

a0123836_11243975.jpg
こちらは茶杓の作成中。どうやら専用の定規に当てて長さをチェックされているようです。

a0123836_1125111.jpg
1輪挿、これも花器ですね。

a0123836_112527.jpg
竹に穴をあけています。こちらも花器。しかし、竹の表面は刃が滑りやすいと思うので、慎重な作業が求められますね。

a0123836_1125167.jpg
こちらは花器の仕上げ中。竹の表面を竹でこすって、汚れを落とすとともにつやを出しているのだそうです。

a0123836_11252298.jpg
こちらも花器でしょうか。竹のフシを抜いていたのですが、「ああ、虫食いだ」と。その後どうされたかは、フォローしませんでした。

a0123836_11252965.jpg
こちらの方は途中から刃物を研ぎだしました。思うように切れなかったのでしょうか。でも、本日の作品はどうなるのかなぁ・・


写真が無いのは残念でしょうがないのですが、実は昨日、本日とアオダイショウを確認しました。
ここ数年、センター職員がアオダイショウを確認したといった話題は出ていないと思います。少なくとも私は視認していませんでした。

で、本日は彼(彼女?)にご来館いただきました。かなりの来館者(10人以上)に観察していただきました。ただし・・・
実はセンターでは、いま、ネズミに悩まされています。ネズミトリを仕掛けてあるのですが、その粘着シートになんとアオダイショウ君が触れ、ネバネバを頭にまとい、そしてそのネバネバで床に貼りついて動けなくなってしまっていたのです。
引きはがすのにそれなりの力で引っ張てやらなければいけませんでした。ケガをしたかもしれません。でも、多分、軽症でしょう。なぜなら逃がしてやった後に写真を撮ろうと出直したら、すでに姿がなかったので。

昔から農家では、アオダイショウは家ネズミを食べてくれるので大事にしなさい、と言われていました。きっと、センターがネズミで悩まされていることを漏れ聞いて来てくれたのでしょう。
ちなみにセンターではアオダイショウの抜け殻(およそ2.2m)をご覧いただけます。今回の個体は1.5mくらいだったので、まだ若い個体なのかもしれませんね。これに懲りずに、また来てほしいものなのですが・・・




by isumi-sato | 2016-06-19 17:14 | センターこぼれ話

夏、真っ盛り!!

8月1日(土)、朝9時の気温30.0℃、最高気温は33.0にもなりました。どこに行っても暑い・・・・暑い。暑いしか言葉が出ません。


a0123836_16143799.jpg
ハス田でザリガニ釣りをされたお客さんがいらっしゃいましたが、暑すぎてザリガニはあまり釣れなかったと、おっしゃってました。毎年遊びに来てくださっているそうです。ありがとうございます。


a0123836_16184090.jpg
「ハスの観賞週間」では、あまり花が咲かず来年に期待しようと思っていましたが、最近になって花芽が増えてきました。数えて見ると今日は50個近い花芽が確認できたので、これからが見ごろのようです。少し見ごろがずれてしまいましたね・・・・・


a0123836_16263240.jpg
ハス田の隣の竹林の奥の泥沼では、イノシシが荒らした痕をみつけました。三か所程大きく掘った跡がありました。食べ物を探し回って荒らしているのでしょう。最近、センターの中では大きな被害が出ていません。田んぼの電柵が効いているのかな。イノシシの代わりの、先日は畑の中をキョンが走り回っていた、なんて話が聞こえてきます。どちらにしても頭の痛い問題です。


a0123836_16232152.jpg
田んぼの脇にあるマルバヤナギの幹では、アブラゼミが暑さに拍車をかけています。 「ジージリジリジリ」 茶色い羽が特徴で、油がはねる音のように鳴くのでアブラゼミと呼ばれています。確かに盛夏の「音」ですね。


a0123836_16404939.jpg
畑ではオクラの花が咲きました。オクラの実の形もできてきました。収穫が楽しみですね。
by isumi-sato | 2015-08-01 17:04 | センターこぼれ話

雨、雨、雨で困ります

7月5日(日)、午前9時の気温18、0℃、毎日雨が続きますね。今日は朝からハス田ではウシガエルが鳴いていました。また増えてしまったのでしょうか?困ったものです。卵をあんなに駆除したのに・・・・

a0123836_1553586.jpg
「グエーグエー」とハス田に鳴り響きます。写真を取りに行こうと近づくと「キョッ」と鳴いてハス田に飛び込みます。その音に逆に何回も驚かされてしまいます。

a0123836_15571298.jpg
降り続く雨で花芽も花も雨水が入ってしまったのでしょうか、傾いていました。


a0123836_15593295.jpg
ハス田の隣ではオニグルミが大きな実をつけています。木(材)は家具に使われていたり銃床に使われたりしているようです。クルミの食べている部分は、硬い実の中、梅干しで言うとウメボシの種の中の部分を食べています。

a0123836_15591521.jpg
田んぼの脇の水路では降り続く雨の影響で水位が上がっています。水の勢いも早いです。


a0123836_1635013.jpg
来館していただいたお客さんに雨の日でも楽しんでもらおうと工作室でミニ学習会『紙すき体験」を行い、牛乳パックからとったパルプを使ってハガキを作りました。5名の参加がありました。7月2日に校外学習で来てくれたお子さんも、今度は家族皆さんで遊びに来てくれました。とてもうれしいです。

a0123836_1610498.jpg
学校で来てくれた時は時間が短く、白いハガキしか作れなかったけど今日はゆっくり作ることができました。ガクアジサイ、クローバ、折り紙をちりばめて完成です。この時期にしか作ることのできないハガキです。楽しんでいただけましたか?また土曜日か日曜日に行いますので、楽しみにしていてくださいね。

雨でも楽しいセンターにぜひ遊びに来てくださいね
by isumi-sato | 2015-07-05 16:18 | センターこぼれ話

やっと会えました

6月30日(火)、午前9時の気温21℃、朝から曇っていて、梅雨時なのにさらっとしていて、風も爽やかです。

a0123836_13385797.jpg
田んぼでは「ネムノキ」のピンク色の長いおしべが、鮮やかです。センターの前と後ろの出入り口からは7か所「ネムノキ」確認できますが、その各樹のピンク色は微妙に異なっています。

a0123836_13515324.jpg
ハス田では、瑞光蓮(ズイコウレン)という種類の蓮の花が咲いていました。白い花びらですが、フチはピンク色をしています。ハス田全体の花芽は15個、開花した花芽が7個確認できました。明日から7月です。これからどんどん咲いていくのでしょう。

a0123836_14123978.jpg
センター内の水槽では、カブトムシの幼虫を育てていましたが、なかなか成虫が現れず心配していました。


a0123836_1462547.jpg
今日も気にかけて水槽を見てみると穴があいていました!!穴を中を覗いてみると茶色いツノが見えました。もしかして・・・・・


a0123836_1414275.jpg
やっと会えましたカブトムシ君!!会いたかったよ!成虫になったばかりなので身体の茶色がみずみずしいです。7月中旬から学校は夏休みに入りますね。みなさん会いに来てください。
by isumi-sato | 2015-06-30 13:57 | いきもの

サフランの球根で飾り物を作ろう

6月28日(日)、午前9時の気温22.5℃、空の青さと雲の白さがちょうどよく清々しい朝になりました。


a0123836_1419483.jpg
ハス田では、開花したハスの花が6個、大きい花芽が12個木道から確認できました。朝見るたびに増えています。「ハスの観賞週間」7月14日~20日が楽しみですね。

a0123836_14231592.jpg
センター工作室では講師を招いて「サフランの球根で飾り物を作ろう」の行事を行いました。大人7名の参加がありました。


a0123836_1446552.jpg
サフランの花が咲いている時の写真です。土や水が無いところでも花を咲かせる不思議な花です。南欧が原産地なので、雨の降らない夏は休眠状態になる植物です。雨の降る冬には活動的になります。昔から花の中央にある、赤いめしべは鎮静、鎮痛など多くの薬効があると言われ、講師の方からは「ボケ防止に大変効果がある」と言う事や、健康に良いので毎日の食事にとりいれるとことを進められました
ヨーグルトに赤いめしべを入れたり、パン付けたマヨネーズに赤いおしべを入れ試食もいたしました。

a0123836_14332510.jpg
その後、飾り物つくりが始まりました。「みどりもち」という古代米のわらを使って、ワラのちょうど中央から縛りその中央からワラを折り返し、船の形をイメージして、わらの形を整えていきます。参加者の皆さんはワラの縛り方に苦労されていました。

a0123836_14574686.jpg
わらの形ができてきたら、サフランの球根を大きい順に5個入れて出てしまわないように上からワラで左右交互に交差させて縛って行きます。慣れない作業なので何回も講師に尋ねて一生懸命作っておられました。


a0123836_1544194.jpg
参加された方の作品です。
苦労されて作ったので、花が咲くのが楽しみですね。

次回の行事は7月18日(土)の「海辺の植物観察」です。太東海浜植物群落の植物観察を行います。申込お待ちしております。
by isumi-sato | 2015-06-28 16:29 | 行事報告

ハスの花が咲きました。

6月16日(火)、午前9時の気温20.2℃、朝からどんよりとしてはっきりしない天気と言うか、梅雨らしい空模様というか・・・

a0123836_13302876.jpg
田んぼの様子です。雨の日も見方を変えればまた違って見えます。雨の波紋がきれいです。傘をさしてセンターを朝から歩いていると・・・

a0123836_14264291.jpg
遠くから雨のハス田デッキのすぐわきに、はっきりとした明るい桃色系の色が見えました。ハスの花が一輪咲いています。今年初めてのハスの開花です。なんて神々しいのでしょう。思わず手を合わせてしまいそうです。朝からこんなにきれいな花が見られるなんて。

a0123836_14271518.jpg
薄いピンクでほんとに自然が作り出す色彩の鮮やかさに、驚いてしまいます。ハスの花は、早朝開いて昼ころには閉じてしまいます。
花びらの閉じ方がゆるくなって、3日目から4日目には散ってしまいます。花を見るのによい時間帯は、早朝から、午前中がお勧めです。

a0123836_14282532.jpg
近くで見ると手で触れると溶けてしまそうな繊細な色合いをしています。
過去7年間のセンターの記録のなかで、最も早かったのは6月20日でした。それから比べると4日早いことになります。
ホタルもおよそ1週間、早かったもようですので、センターの生物暦は例年より1週間は進んでいる・・・??
でも、サクラやウメの開花は例年並みでしたから、4月から5月にかけての気温が高かった影響なのかな。
梅雨入りも平年並みでしたしね。



a0123836_14382470.jpg
センター内では、自主保育グループの皆さんが和室・工作室を利用されました。外遊びをしていましたが、雨が落ちてきたので急きょセンターへと来られました。

a0123836_14391466.jpg
センター内を散歩しながら葉っぱや木の実を拾い、小麦粉に赤や黄色い食紅と拾ってきた葉っぱや実を混ぜて、手作り粘土を使って遊んでいました。

雨の日も楽しいセンターに皆さん遊びに来てくださいね。

以下、嫌いな人もいるので・・・ちょっとスペース空けますね。

  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓



センターの南側、堰で優雅に泳いでいました。
a0123836_16281548.jpg
シマヘビでしょうか。
体長はゆうに1.5mを超えています。

これくらいあると子ウサギくらいは、獲物になってしまうかな?

a0123836_17134132.jpg
ご近所の方が蛇にぐるぐる巻きにされ今にも食べられてしまいそうな子ウサギを助け出してくれました。アオダイショウだったようです。まだ怖がって震えていました。
かわいそうですが、自然に返すのが一番と考え、助けた場所に戻しました。
by isumi-sato | 2015-06-16 17:42 | センターこぼれ話

梅雨の中休み

6月10日、午前9時の気温22.0℃、朝からそよそよと心地よい風がセンター内を通りぬけました。

a0123836_149213.jpg
日陰はここちよいのですが、日なたはとても暑いです。

a0123836_1410319.jpg
草刈も大変です。終わったと思ったらあっと言う間にのびてしまいます。

a0123836_14122232.jpg
センターに素敵なお客さんがいらっしゃいました。イスミスズカケをスケッチしに来館されたようです。細かく良く観察されていました。

a0123836_14144211.jpg
見てください。この素晴らしいイスミスズカケを!!葉の形、蔓の垂れ具合、色などとても鮮明に、正確に描かれていました。今はまだ花芽が出たばかりですが、あと1週間ぐらいでしょうか?花が咲いたらまたスケッチしにいらして下さい。お待ちしています。

a0123836_1629251.jpg
ハス田では、ウシガエルの卵が大量に産み付けられているのを発見しすぐに処分いたしました。

a0123836_16313036.jpg
取っても取っても、いっぱい出てきます。全部で三か所に大きい塊が見つかりました。もうないかと確認していると・・・・

a0123836_16344411.jpg
大きい葉っぱの陰にチョコンと立っていました。

a0123836_1638469.jpg
ハスの花芽です。ほんのりとピンク色をしたきれいなつぼみがみえました。ハス田の一部は今年もイノシシに荒らされ心配ですが、ちゃんと花芽を出してくれました。7月14(火)~20日(月)の「ハス観賞週間」には多くのハスの花が見られるといいですね。

お待ちしています。
by isumi-sato | 2015-06-10 16:52 | センターこぼれ話