千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:グループ・学校利用 ( 193 ) タグの人気記事

新たな発見はありましたか?

8月5日(日)午前9時の気温30.9、晴れ、今日の最高気温33.9℃今日もホットです(泣)。いつになったらこの暑さは落ち着くのでしょうか?早く来い!秋よ来い!

暑さも厳しい夏休み真っただ中ですが、近隣地区の子ども会の皆さんがセンターを利用してくれました。行う行事は水路の生きもの観察と紙すき体験です。女子チーム、男子チームに分かれ体験学習を行いました。

a0123836_14485538.jpg
まずは水路の生きもの観察、通称「水路のガサガサ」のようすから。観察する水路に集まり、タモ網の使いかた、諸注意などを伝えました。どんな生きものが観察できるかな?


a0123836_14490239.jpg
男の子チームは、始めは少し恐る恐る水の中に入りましたが、いろいろな生きものたちが捕まり始めると元気もいっぱい。
水路の中は涼しいので、なかなか水からあがらなくなったくらいです。


a0123836_14490740.jpg
観察できた生きものは、モツゴ、ドジョウ、ヨシノボリ類(クロダハゼ)、メダカ、スジエビ、テナガエビ、タイリクバラタナゴ、アメリカザリガニなど。水生昆虫ではマツモムシ、シマアメンボ、ヘビトンボ、など。シジミ、タニシ類、カワニナなどの貝類もたくさん見つかりました。ヘビトンボの姿を初めてみる子どもたちも多く、たくさんの足に見える呼吸のための突起など少し変わった姿が印象に残ったようです。いろいろな種類の生きものたちが水路の中に住んでいることも思い出に残ったようです。


a0123836_14491273.jpg
女子チームも頑張りました。男子チームと同じような種類の生き物がつかまりました。
机の上のバット、透明ケースに入れてじっくりと水辺の生き物を観察しました。
タイリクバラタナゴの赤い色が入ったオスの体が印象に残ったようです。
最後は、生きものたちを水路に返して「ありがとう」。


a0123836_14491795.jpg
こちらは、紙すき体験のようす。パルプを紙漉き作成セットに流し込み、押し花や、葉を漉き込み自分だけのオリジナルはがきを作ります。「さて、このパルプ何からできているでしょう?」の問いに「お米」「トイレットペーパー」ブッブー×。三年生のお友達は「牛乳パック」と答えてくれました。ほんとはみんな知っていたんでしょう(笑)


a0123836_14492027.jpg
紙すきに漉き込む材料は子ども会の保護者の方が持ってきてくれました。アジサイの押し花や、モミジの葉、ヨモギ?の葉など沢山持ってきてくれました。何を漉き込むか迷ってしまいますね。



a0123836_14492498.jpg
完成したはがき。押し花の鮮やかな色が残り素敵なハガキになりました。よい思い出になりましたか?


a0123836_14492833.jpg
最後は記念撮影を行い、工作室でお楽しみ会を行ったようです。夏休み満喫してますか?


でも宿題も頑張らないとね。

いすみの自然から、新たな発見が出来ましたか?


また遊びに来てくださいね。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-08-05 17:25 | グループ・学校利用

職場体験2日目


8月2日、快晴。午前9時の気温は31.2℃、今朝の最低気温は22.7℃でした。
今日も暑い熱い!! 昼過ぎには百葉箱の中の観測値で33.9℃と、今年の最高気温が観測されました。




a0123836_16403719.jpg
今日は昨日に続いて、地元中学生2年生の職場体験2日目です。



a0123836_15460691.jpg
イスミスズカケの遺伝子保全施設についての管理を体験しました。
具体的には、プランター内に生えてくる雑草など他の種の抜き取り、施設内の除草、水やりなどの作業を行いました。



a0123836_16390747.jpg

水槽のそうじにも挑戦です。きれいな水に交換する作業や、ガラスについたコケを落とす清掃を行いました。ていねいにメンテナンスをしてくれたので、お魚さんが喜んでいます♪ ありがとう!






a0123836_16391767.jpg

板の間では、雑巾がけが行われています。学校や部活で慣れているのでしょう。見てください!The日本の風景…力強く、素早く、床が磨かれていきます☆





a0123836_16390270.jpg

網戸に水をかけると、汚れが落ちる落ちる…すっかりキレイになって、気持ちいい部屋に生まれ変わりました。





a0123836_16391070.jpg
まだまだ仕事は続きます。事務仕事もあるんですね~。来館者のスタンプカード作りや、紙すき体験のための牛乳パックのビニール被覆はがし…などなど、仕事って尽きるところを知りません。



午後からは、昨日に続いて敷地を巡回。いろいろな生きものたちに出会いました♪
いよいよブログづくりに挑戦です。

以下、生徒たちが自由に、写真や文章の作成を手がけました。


-----------------------------------------------------------------------------



a0123836_16592216.jpg
これは、ナツミカンのようです。
葉を取って、ちぎってみると、さわやかでさっぱりした香りがします。
夏の暑さを吹き飛ばしてくれそうです!
黄色くなったら食べたいな~~



a0123836_16593780.jpg
昆虫広場を歩いていると不思議な形をしている実がついている木がありました。
これはコブシといって実が人の握りこぶしのような形をしていることからつけられられました。
三月から四月の春に白い花をさかせます。



a0123836_17005995.jpg
こうやって見ると人のこぶしにそっくりΣ(・ω・ノ)ノ!



a0123836_15574959.jpg
湿性生態園で赤いコケを見つけました。
このコケは『アカミゴケ』と言います。



a0123836_15575350.jpg
赤い花のようなものは『モンローリップ』と呼ばれているそうです。
少し不気味にも見えますが、よく見ると面白い形をしています。
ネイチャーセンターに来た際には見てみてください!!





a0123836_15575841.jpg
デイキャンプ場のナツミカンの木にアゲハチョウの卵がありました。
調べてみると、ナミアゲハの卵でした。
自然界ではほとんど食べられられ、羽化することが無いので羽化してほしいです。


2日間、あっという間でしたが、いろいろな仕事の体験、行事準備の大変さ、センター周辺の自然の豊かさを再認識することができたもようでした。



観察する人の目によってさまざまな発見があります。
ご来館お待ちしております。







by isumi-sato | 2018-08-02 17:26 | センターこぼれ話

職場体験一日目


8月1日、快晴。午前9時の気温は31.1℃、今朝の最低気温は27.4℃でした。
天気予報では、今日も危険な暑さなので注意してくださいと呼びかけています。


a0123836_13065810.jpg
今年は火星が大接近の年だそうです。7月31日と8月01日の夜9時前ころに火星がとてもよく見えるそうです。昨夜の職員の家の近くから撮影した火星です。


夏休みに近隣の中学生が職場体験として、2日間仕事体験にやってこられました。
開館準備、掃除、植物への水やりなどを行った後、気象観測を行っています。
a0123836_16402491.jpg
風向風速、百葉箱をのぞいて気温(乾球・湿球)、気圧、湿度などを読み取りました。
空を見て今日の天候、雲量、雲のようすなども観測しました。



a0123836_16410970.jpg
畑作業体験として、サツマイモのツル返しを行いました。


a0123836_16410394.jpg
その後、ミニトマト、ピーマン、ナス、キュウリなど収穫体験を行いました。
ピーマンにはたくさんのカメムシがついていたので、水を入れたバケツの中にカメムシを振り払って落としました。


a0123836_16405232.jpg
田んぼを見て解説もしてもらっています。


a0123836_16405742.jpg
休憩をはさんで、夏スペシャルメニューとして竹馬つくり準備をしてもらいました。その前に竹馬乗りを体験してもらいましたが、今どきの中学生は竹馬乗りの体験したことがないようで、竹馬乗りには少し悪戦苦闘していました。
伐採してきた竹馬用の竹を洗いました。


巡回をしつつ、今日のブログの話題も集めました。
以下が、職場体験4名のブログ文です。

------------------------------------------------------



a0123836_15540995.jpg
湿性生態園を巡回しました。堰の水が引いて地面が露出しています。
こんなところに動物が歩いた足跡が!?
よく見るとヒズメの跡があります。どうやらイノシシの足跡のようですね。
イノシシのほうが人間を警戒しているので、手をたたいたりして、存在を先に知らせるとあまりよってこないかもしれません。



a0123836_15541610.jpg
林道を歩いていると、ゆらゆら揺れる木の上で一休みしているシオカラトンボ
おなかの色が上の部分が白く、下の部分が黒いのが特徴的です。
羽の模様には、上側の隅に小さな黒い点があります。
トンボといえばシオカラトンボというくらい日本では
とてもポピュラーなトンボです。


a0123836_15542056.jpg
キラキラ光る眼とにらめっこ(∩´∀`)∩


a0123836_15542786.jpg
これは何でしょう?。
よく見ると、葉は、楕円形で両端がとがっています。
これはマメガキといいます。
柿は秋のイメージがありますが、8月にはもう実ができているのですね。



a0123836_16012867.jpg
歩いていると、足にチョウがとまった。
名前はウラギンシジミ。羽の下側と上側の色がまるで違います。下は銀色で、上は赤茶色です。
ウラギンシジミという名前は初めて聞いた。
僕の足に10分以上もいるけれど、
いいものでもついてるの? 汗とか塩分を補給しているのかな?





a0123836_16013395.jpg
ハスの花を見て回っていたら、花びらにハナグモがいた。
ハナグモは花びらの中に入って、花粉を運んでいる。
ずっと見ていると休んでいるようにも見える。


いろいろな里山の生きものに出会うことができます。
ご来館お待ちしております。




by isumi-sato | 2018-08-01 17:07 | センターこぼれ話

ここは天国/出穂

7月13日(金)、午前9時の気温28.9℃、今日の最高気温32.2℃、晴れ。朝から日差しがギラギラ。夏真っ盛りな朝の始まりです。


そんな暑い朝ですが、近隣の小学生1.2年生8人のお友達がセンターで校外学習です。今日う行う内容は、館内説明・竹とんぼ作り・自然観察・ザリガニ釣りです。いろんな体験ができますね。

a0123836_14434550.jpg
まずは館内のジオラマを使って、センター周辺のようすを解説。丘陵や田んぼ、ため池等…みんなが住んでいる地域に少し似ていませんか?その後、水槽展示している生きものの解説(ミヤコタナゴ、ゲンゴロウ、サワガニ、トウキョウサンショウウオなど)を行いました。。


a0123836_14435575.jpg
次は竹とんぼ作りに挑戦。キリを使って竹とんぼの羽の真ん中に穴を開けていきます。初めて使う道具ですが、うまく穴が開いたかな?その後サンダーで羽を削り、ランプであぶってひねりを加えます。


a0123836_14471086.jpg
柄の部分を取り付けて、接着すれば完成。みんなで竹とんぼ飛ばし大会が始まりました。みんな上手に飛ばせたかな?


a0123836_14473518.jpg
その次は自然観察です。イスミスズカケの解説後、昆虫広場脇の水路で観察。メダカ、ドジョウ、クモ、アメリカザリガニなど生きものがすぐ見つかりました。ザリガニが日本に導入された経緯なども解説しました。ネコヤナギ、ネムノキ、ツバキなどの解説していたらお友達がセミの抜け殻を見つけました。「泥が付いてる」「小さい!」などの発見が次々飛び交います。今日拾った宝物ですね。


a0123836_15272461.jpg
畑ではいきなりのクイズ「この黄色い花の咲いた植物は何でしょう?千葉県の特産物で、「ら」が付く食べ物だよ」みんな考えた結果「らっきょう?」との回答。あれ?ラッカセイですよ。



a0123836_14474045.jpg
ハス田では、木道デッキに足を踏み入れた瞬間「いい匂い~」との歓声が沸きました。すっきりとして何とも言えない香りです。花もつぼみも葉っぱも大きい「葉っぱのほうが校長先生の手より大きい」かわいい意見ですね。


a0123836_14475539.jpg
お昼を食べた後は、楽しみにしていたザリガニ釣りです。「早くやりたいよ~」。竿の持ち方、ザリガニ釣りの釣り方などを解説しました。網でとったことはあるけど、竿でザリガニを釣ったことはみんな初めてだそうです。30分の間になんと11人で53匹!これだけつれれば楽しいですね。


a0123836_14480223.jpg
釣り終わって水路に放す前にはオスとメスの区別の仕方を解説しました。いくつかある中の一つですが、腹の分部を見て区別します。オスは腹肢が変化し前方に伸びて交接器となっていて、メスには交接器がない。その代わり卵を抱えるための小さい腹肢がたくさんあります。その違いで区別してもらいました。みんなわかった?

帰りがけに、一人のお友達が「ここは天国だね!」といってくれました。うれしいなあ。そんなことを言ってくれるなんて。将来有望ですね。

a0123836_14480795.jpg
田んぼでは、稲の花が咲いていました。昨日のブログでは出穂が見られるのは来週ぐらいではないか‥と書きましたが、スイマセン。花まで咲いていました。


a0123836_15523489.jpg
職員が、稲を切って中身を見てみると、淡い緑色の小さい穂がきれいになりていました。自然の力はスバラシイ!豊年を願いましょう!田植え体験に参加された方、稲刈りが楽しみですね。

毎日発見がいっぱいのセンターです。

ぜひお越しください。お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-07-13 17:26 | グループ・学校利用

小暑のなかで地元学

7月11日(水)の天気は晴れです。午前9時の気温は、早くも30.0℃に到達!小暑の季節らしく、本格的な夏日になりそうです。



a0123836_13341158.jpg

そんな中、こよなく「地元学」を愛する一行が、ここ千葉県いすみ市を訪れてくれました。



a0123836_13373260.jpg

「地元学」ってなんだろう?検索すると、たくさん出ていますね~。



a0123836_13472840.jpg

あるHPには、「足元にあるものを確認し、その意味を知る。…そこから地域のこれからが示されていく…」う~ん、奥の深い学問のようです。



a0123836_1349977.jpg

イスミスズカケの花を見ています。さすがお目が高い!ここいすみ市だけに咲く花なんですよ~♪



a0123836_13511177.jpg

草の茎を使って、ドジョウを捕まえようとする人がいます。「おしい!」あと少しのところで逃げられてしまいました。すごい技に驚きです。



a0123836_14191020.jpg

雑木林や湿地、水田、水路、堰など、多様な里の自然を散策しました。そこで、いろいろな植物や動物に出会えました。



a0123836_14215986.jpg

また遊びに来てください!夏の自然観察は、盛り上がりますよ~☀
by isumi-sato | 2018-07-11 16:16 | グループ・学校利用

Gracias(グラシアス)!

7月8日(日)晴れ。午前9時の気温は27.8℃、湿度は78%でした。太陽が朝からギラギラ照っています。




a0123836_177575.jpg

そんな中、太陽と情熱の地メキシコから、学生たちがネイチャーセンターを訪れてくれました。



a0123836_1713323.jpg

目的は、ここ夷隅地域の水環境を学ぶため。
どこにでもあるため池は、田んぼに水を送るための、先人たちの工夫だったんですね~。



a0123836_17164244.jpg

なんでも、この辺は川が遠かったりして、なかなか水田に水を入れられなかったそうです。川に近い場所でも、川が低いところを流れているため、なかなか川を利用できなかったんだとか。



a0123836_1720407.jpg

そこで、各所にため池がつくられたそうですよ。うーん、僕も勉強になる♪ お米をつくるには、たくさんの水が必要なんです。稲一株あたり20リットルの水がないと、お米ができないって…驚きです。



a0123836_17262071.jpg

水田へ流れる水路で、生きもの観察をしました。「かわいい~♡」



a0123836_17273353.jpg

ドジョウや川エビ、貝類などを見て、感激している様子でした。



a0123836_17284178.jpg

「日本の緑は、とてもキレイ!」「この美しい景色は好きだ!」とても流ちょうな日本語で、日本をほめていただきました。



a0123836_17304644.jpg

「キョンかわいい」と、すでにキョンに出会っているようです。



a0123836_17321460.jpg

ハスの花も美しく咲いています。豊かな水にも関心していました。



a0123836_17352923.jpg

グラシアス(ありがとう)!メキシコのお土産をいただきました。



a0123836_1736420.jpg

メキシコの工芸品やお菓子のプレゼントです。チャオ(またね)!
by isumi-sato | 2018-07-08 17:50 | グループ・学校利用

ハスの花、開花しました。

6月12日(火)、午前9時の気温19.3℃、今朝の最低気温18.6℃、曇のち晴れ。週末にかけて日本に接近した台風5号。各地大きな被害はなかったようです。台風5号の接近により降った雨は、降り始めから53㎜。昨日は、いすみ市内の小中学校は台風接近のため休校になった学校が多かったようです。

a0123836_14264241.jpg
ハスの花が開花しました。もうそろそろかとは思っていましたが…。淡いピンク色が、夏の始まりを静かに告げているようです。


a0123836_14265054.jpg
今日は近隣の小学3年生が校外学習に来てくれました。自然観察を二班に分かれて行いました。イスミスズカケを観察した後は、センター建屋内のジオラマを使いセンター周辺のようすを解説。その後は屋外で田んぼの生きもの観察。アメンボの仲間、クモの仲間、ニホンアマガエル、ニホンアカガエル、イトトンボの仲間などを観察。


a0123836_14265582.jpg
そしてこの鳥。オオヨシキリの観察もできました。はじめは「この鳴き声なあに?」「カエル?」よく耳を澄ましていると遠くに姿を発見。みんな目がいいようで「いたいた。」と指をさします。「鳥だったのか~」しっかりヨシにつかまって鳴いているところを撮影できました。



a0123836_14270151.jpg
ハス田では、今日開花したハスの花を観賞。きれいなピンク色。ハスの名の由来などを解説しました。



a0123836_14270506.jpg
ハス田の木製デッキの上を歩き進むと、まだオタマジャクシであった名残のあるしっぽのついたニホンアマガエルがぴょんぴょん三匹現れました。このような状態のカエルを見たのは初めてのようでみんな大騒ぎです。

a0123836_14271054.jpg
デイキャンプ場では、クリのオバナ、メバナのようす。カキの果実、ミカンの果実、ユズの果実そしてオオムラサキの花を観察しました。その後雑木林では、クヌギ、コナラ、マテバシイ、などの観察。万木堰では、堰の水の使われ方などを解説しました。

a0123836_14271445.jpg
最後は畑。ワタの花や、落花生の葉の様子。ナス、ミニトマト、最後はダイコンの花。「ダイコンってこんな花が咲くんだー知らなかった」

身近な自然から学ぶことが出来ましたか?一つでもいいので生きものの名前を覚えてくれたかな?

たくさん覚えなくてもいいので、一つは覚えてくださいね。

今度はお父さん、お母さんと一緒に遊びに来てね。お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-06-12 17:25 | グループ・学校利用

梅雨入り

6月6日(水)、午前9時の気温21.8℃、今朝の最低気温19.9℃、夜寝るときは蒸し暑くて寝苦しく、朝方は冷えるので寒さで覚めてしまう今日この頃です。皆さんはいかがですか?体調崩していませんか?今日気象庁は、梅雨前線の北上に伴い関東甲信、東海、近畿地方の梅雨入りを発表しました。平年が6月8日ですから、ほぼ平年並みということになりますね。



a0123836_16403365.jpg
今日は、近隣保育園のお友達32人がセンターへ遠足?に来てくれました。昨日の天気とは正反対の大雨。雨が降るとは聞いていましたが、ここまで本降りとは…実施内容は館内見学班ととザリガニ釣り班に分かれて行いました。でも雨足が強くなり、急きょザリガニ釣りを自然観察に変更しました。

この写真は館内見学班、でも少し外に出てハス田の様子、田んぼの様子なども観察しました。ハス田では、ハスの葉に雨滴がたまって転がるようすを楽しみました。ハスのつぼみも探しました。



a0123836_15131216.jpg
田んぼでは、イネの根元をよく見てみました。ちょうど今が盛りのイトトンボの羽化を観察しました。
ほとんどのイネにイトトンボがついていました。





a0123836_15132283.jpg
自然観察班はセンター建屋からデイキャンプ場へ移動し、秋に食べる食材、クリの花のようすや若い果実を付けたカキの木のようすなどを観察しました。身近な雑草のシロツメクサがデイキャンプ場で多く咲いていたので名の由来のお話をしました。「昔オランダからガラス製品を持ち込むときに、割れないように緩衝材として詰められていたことから「詰め草」と呼ばれるようになった」と話すと保育園の先生方が「知らなかった~」と嬉しい反応。どうぞまわりの方々にも自慢げに言ってインテリぶりを発揮してください。



a0123836_15131766.jpg
畑へ移動しワタの花、ダイコンの花、落花生の新芽のようすを観察。解説しましたが、みんなカサをもって歩くのが精いっぱいのようです。最後までよく頑張りました。



a0123836_15132505.jpg
ハスの葉の様子。雨が降り、雨水のダンスが見られるようになりました。まさに「梅雨入り」


a0123836_15132959.jpg
オニグルミの果実が見事に大きくなり、重さで枝がしなるほどになりました。


a0123836_15134298.jpg
ガマズミのようす。花が終わり、果実が観察できるようになりました。ガマズミの果実が赤く色づくのはいつ頃かな?


a0123836_15143174.jpg
とうとう咲きました。ネムノキの花。ピンク色はまだ薄いですが、三輪ほど確認できました。
夏に向かってさまざまな生きものが動き始めました。ネムノキの花が満開になる夏はもうすぐそこですね。

センターの季節が続きます。

どうぞお越しください。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-06-06 17:25 | センターこぼれ話

根気強さが大事です/ 自然観察

5月25日(金)、午前9時の気温24.6℃、今朝の最低気温14.5℃、晴れ。朝から強い陽射しが照り付けました。今日も校外学習日和です。センターでは校外学習の受け入れが現在ピークを迎えています。今日も朝9:30~14:30まで近隣の小学二年生が校外学習としてセンターを訪れました。ザリガニ釣り、自然観察(植物班)、自然観察(生きもの班)に分かれての学習です。


a0123836_15453267.jpg
まずはザリガニ釣りの様子。やったー晴れた!ザリガニ釣りだーといわんばかりの表情の児童たち。ザリガニ釣りの前にはアメリカザリガニについてのお話をしました。アメリカザリガニってウシガエルと共にウシガエルのエサとして日本に持ち込まれたって知ってた?

a0123836_15453809.jpg
ザリガニ釣りについての諸注意(竿を他人に当たらないように立てて持つ、ふざけない、走らないなど)を伝えて、さあザリガニ釣り開始。二人ペアになってのザリガニ釣りですが…見てください。このチームワーク。一人が吊り上げもう一人がバケツをもってスタンバイ。ここまで一生懸命にザリガニ釣りをしてくれたお友達は初めてです。

a0123836_15454411.jpg
捕まえた後はザリガニを観察してから水路へ逃がします。オスとメスの見分け方の一つを解説しました。ザリガニの腹面を見てもらいます。オスは腹肢が変化し前方に伸びた交接器がありますがメスにはありません。その代わりメスには卵を抱えるため、交接器より小さい腹肢が多くあるのが特長です。オスとメスの腹面の違いが分かりやすく写されたA3パウチの写真を見せて解説しました。みんなの釣ったザリガニはオスだった?メスだった?





植物(やいきものを主なテーマにした)班では、
ジオラマ模型のまわりでセンターの位置や周辺の地形、丘陵、田んぼ、まち、夷隅川、海の位置などを俯瞰しました。
次にホタルの展示模型を使って、今光り始めているゲンジホタルの観察と解説です。
光る模型を見てオスとメスの違いを発見しました。

a0123836_16590991.jpg
いよいよ外に出て、次々と移動しながら自然観察です。玄関前ハクモクレンの花のあとや葉っぱを観察した後、耳を澄まして聞こえてくる野鳥の鳴き声の種類を数えてみました。その中でもアシハラの方から最も大きな声で長く鳴いている野鳥をみつけてみました。「ギョギョシ、ギョギョシ、ケシケシケシケシ、、」みなさんオオヨシキリの姿を見つけることができました。
ハス田に行ってハスの葉を観察。食材になるレンコンも思い出しました。そこにいる生きものたちも観察しました。



a0123836_16590671.jpg
田んぼにいってイネを観察しつつ、田んぼにいる生きものをさがしました。
イネの根元をよく見ると、、。今はヤゴが羽化する季節です。はじめは見つかりませんでしたが、



a0123836_16590276.jpg
たくさんのイトトンボが羽化していてイネの根元にぶら下がっている姿を見つけることができました。羽化したばかりのイトトンボ(オオアオイトトンボ)たちは近くの樹木や人間の体にも停まってきます。田んぼにいるまだ尾のついたカエル、ドショウ、アメンボ、クモ、小さな巻貝なども見つけました。



a0123836_16585801.jpg
ディキャンプ場では、今盛んに花を咲かせている樹木を観察しました。秋に実のなる木、食べたことがある実は何でしょう? 足元を見て古い落ちた実のイガイガのようすからクリの木とわかりました。雄花のようすやそこに集まる昆虫たちも観察できました。
すぐ隣にも秋に実のなる木がありました。花のあとに実が生長を始めているようすも観察しました。カキノキです。

ホタルの水路では、ホタルの生息環境や水路の中にいるホタルのエサとなるカワニナを観察しました。
さらに雑木林では、コナラ、クヌギ、クリなど代表的に樹木を観察しました。
あっという間の1時間が過ぎました。



a0123836_17295077.jpg
自然観察(生きもの班)では昆虫採集にも挑戦しました。「つかまえたー」元気な声が響きます。



a0123836_17300273.jpg
でも上手な子もいます。手慣れた手つきで、次々ゲッツ!



a0123836_17301035.jpg
バッタやチョウ、テントウムシなど、たくさんの昆虫を捕まえて観察しました。
(※職員と一緒の観察会以外での昆虫採集は禁止されています。ご注意ください。)



a0123836_17301730.jpg
今日は毎年利用されているグループでこの時期に寄せ植えを作っている方々も、来館して活動されました。
涼しげな作品にうっとり。
皆様もぜひ、遊びに来てくださいね~


by isumi-sato | 2018-05-25 17:35 | グループ・学校利用

雨でもへっちゃら

5月23日(水)、午前9時の気温20.4℃、今朝の最低気温12.6℃、曇のち雨。雲の多い朝を迎えました。出勤時間時にはグレーのどんよりした厚い雲が空を覆い、9時半ごろには「ポツン、ポツン」と雨。まいったな~。

何でまいったかというと…今日は近隣の小学生47人の児童さんがセンターで校外学習です。自然観察や、ザリガニ釣りなど屋外の学習があるからです。雨プログラムも小学校の先生方は考えてくださったのですが、晴れプログラムを決行。雨がひどくならないと良いのですが…。自然観察、ザリガニ釣り、竹とんぼ作りを三班に分かれて学習します。
a0123836_15142334.jpg
自然観察の様子。まずは館内からスタート。衛星写真でセンターの位置、学校の位置を確認。センターのジオラマを使って丘陵、田んぼのひろがっているようす、夷隅川の蛇行しているようすを解説。さらにイスミスズカケの観察。2009年に発見された新種そして地域固有種であることを説明しました。その後は外を歩いて水路の生きものの観察。メダカ、ドジョウ、アメンボ、カエル、クモ、トンボなどを観察。植物ではキツネノボタン、キショウブ、マルバヤナギ、ハコネウツギなどを見ました。ハコネウツギの花の色は2色だけど、どうしてそうなったー? 雑木林ではコナラ、クヌギ、クリそれぞれの特徴を見つけてみました。


a0123836_17013139.jpg
畑では、ダイコン(白い花と実)、電気柵の話、サトイモの葉、ワタの実、ナノハナ、ナス、ミニトマト、ソラマメ、インゲン、ジャガイモの花、コムギの茶色い実などを観察。堰では水面を眺め野鳥を探しました。水路を見ながらホタルの成虫と幼虫の姿を紹介。最後は今大声でしきりに鳴いているオオヨシキリの姿を見つけます。見つけられたかな?


a0123836_15144475.jpg
こちらは竹とんぼ作りの様子。みんな仲良く机に並んで、竹とんぼの羽の部分にヤスリをかけています。ヤスリをかけることなんてめったにないもんね。上手にできたかな?そのほかには器械で竹を削ったり、アルコールランプで羽の分部に熱を加えてひねりを入れたりと、みんなやったことないことでも一生懸命。


a0123836_15144832.jpg
出来上がったら早速飛ばしました。飛ばし方も上手です。名前を書いてマイ竹とんぼの出来上がり。



a0123836_15145255.jpg
最後はザリガニ釣りのようす。せっかくザリガニを釣るのですから問題です。「なぜアメリカザリガニは日本にいるの?」と質問しました。「アメリカから渡ってきた」「保護するために日本に持ってきた」んー。「食べるために持ってきた」近づいてきました。「ウシガエルのエサにするために日本に持ちこまれたんですよ」と伝えると…「知らなかった、そうだったんだー」身近な生きものですが、そんな歴史があったなんてびっくりだよね。釣り方のコツ、注意事項を伝えいざザリガニ釣りです。釣り糸を垂らし早速「釣れない-」「全然いない」そんなことをいうのはまだ早い。結局ザリガニ釣りは「根気」ですよ。


a0123836_15145624.jpg
釣ったら早速観察です。オスとメスの腹部の違いをA3に拡大した写真を見せて解説。「オスだった」「メスしかいない-」みんな覚えたかな?

a0123836_15145926.jpg
午後からのザリガニ釣り班の様子。雨脚が強くなりました。「みんな雨が降っているけど大丈夫?」「やる、絶対にやる」雨が降っていてもへっちゃらです。楽しみにしてたもんね。雨の中でも集中してザリガニ釣りが出来ました。みんな風邪ひかないでね。


楽しく学習できましたか?今度はお父さんお母さんと一緒に遊びに来てね。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-05-23 17:25 | センターこぼれ話