千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

倒木処理っておもしろい(#^.^#)

1月9日(水)…今日も快晴です☀ 午前9時の気温は4.8℃、湿度は60%でした。ここのところ、ずーっと晴れてて、空気がやや乾燥しています。




a0123836_15104398.jpg
そして、北風ピューピュー…冷たい北風が強いですね~。寒っ!





a0123836_15105403.jpg
こちらの風速計では、最大風速14mを記録しています。強風です!




a0123836_15173044.jpg
(H30年9月30日撮影)
ですが、この程度の風で驚いていはいられません。皆さんおぼえていますか?H30年9月30日の台風24号…





a0123836_15181215.jpg
(H30年9月30日撮影)
大雨と強風で、各地で被害が相次ぎましたよね。こちらの施設でも、浸水被害にあいました。ジャブジャブ…





a0123836_15181718.jpg
(H30年9月30日撮影)
その復旧作業を思い出します。たいへんだったな~…





a0123836_15215076.jpg
しかし、まだ終わっていなかったのです。あの台風で、ポッキリ大木が折れたままです。デーンと倒れたままで、とてもジャマ!





a0123836_15304517.jpg
根元から倒れています。幹の直径が60㎝はあるでしょうか?こいつは手ごわそうです。





a0123836_15341978.jpg
バリバリバリ…チェーンソーのエンジン音が山にこだまします。




a0123836_15325500.jpg
切っても切っても同じ年輪模様!まるで金太郎飴を切っているようです。楽しい♪





a0123836_15361043.jpg
金太郎飴、いえいえ大木がこんな小さくなっちゃいました。





a0123836_15364384.jpg
こんな倒木が…あっという間に…





a0123836_15372927.jpg
あ~、スッキリした♪ とても気持ちのいい景色が復活です。
本年もぜひ、たくさん遊びに来てくださいね!






# by isumi-sato | 2019-01-09 17:00 | 作業風景

冬の野鳥たち

1月8日、曇のち晴れ。午前9時の気温は1.2℃、今朝の最低気温はマイナス1.6℃でした。学校の冬休みも終わり、新学期がスタートしたようです。
冬らしくなりました。しかしすでに冬至を過ぎているため、夜明け、日の入りは少しずつ明るい時間が延びてきているように感じられます。


a0123836_16335015.jpg
堰の水面には、氷が張っています。今日は北側の半分が凍り、南側の半分には水面が広がっていました。北風の吹く方がよく冷えるためか、また水深の深さの影響もあるのでしょうか? でも午後には氷は融けて、いつもの水面になりました。



a0123836_16335517.jpg
正月も終わり。当センターではきのうの七日は休館日だったので、玄関のお飾り、門松を一日過ぎて今朝かたづけました。



a0123836_16335857.jpg
気温が低く冷え込んだ割には、小水路には氷はありませんでした。




a0123836_16340180.jpg
しばらく雨が降っていないせいでもあるのでしょうか?畑の霜は多く見られません。
朝の日陰部分にわずかにありました。2~4cmくらいの長さです。



a0123836_16341312.jpg
水鳥たちの姿は見えませんでしたが、さきほどの堰の氷の上にはちょこまかと動くものが見えました。



a0123836_16342314.jpg
セグロセキレイ(セキレイ科)です。ちょみまかと動いては、何かをついばみ、またちょこまかと動いてはを繰り返しています。







a0123836_16343463.jpg
氷の上にえさになる何かがあるのでしょうか?
ハムシか何か、小さな昆虫が氷の上に落ちているのでしょうか?




a0123836_16344461.jpg
林道の路肩の草地にもちょこまかと動く小鳥がいます。
この時期によく見られるアオジです(スズメ目ホオジロ科)。林の中から飛んできて地面を歩いてつついています。こちらは主に、イネ科植物の種などをついばんでいるようです。





a0123836_16345357.jpg
駐車場入口前のヤブの斜面の中にもなにやら動くものがいました。
しばらくじっとして、みていると、、、。






a0123836_16345774.jpg
ジョウビタキ(スズメ目ヒタキ科)です。メスのようです。
ジョウビタキは、人を恐れる様子はないようで、むしろ適度な距離を保ちつつ何をしているのか関心を持って人を観察しているように感じます。
つぶらな瞳がカワイイですね。




a0123836_16350397.jpg
そしてしばらくすると、別の野鳥が飛んできてヤブの枝にとまりました。






a0123836_16350741.jpg
アカハラでした(スズメ目ヒタキ科)。なかなか味のある顔つきをしています。





a0123836_16351072.jpg
当センター敷地北側に民有地の田んぼが広がっています。
その田んぼのまん中を通る電線、電柱がありますが、たまに野鳥が来て停まっていることがあります。カラスはいつもいますが、、、。




a0123836_16351488.jpg
きょうは、、。と、見てみると、、何かいましたよ。
まん中の杉木立、6、7本の手前の電線です。






a0123836_16351792.jpg
小さめの猛禽、ハトより少し大きいくらいの大きさ、ハヤブサ科のチョウゲンボウ (1/13訂正)
カラスくらいの大きさ、タカ科のノスリでした。
田んぼの中のネズミや他の鳥などをねらっているようです。



寒さ本番の季節になってきました。同時に日本に渡って冬を越す野鳥たちがたくさん観察できる季節です。双眼鏡などで鳥をのぞいてみてはいかがですか?



ご来館お待ちしております。

# by isumi-sato | 2019-01-08 16:59 | いきもの

冬の楽しみ

1月6日(日)、午前9時の気温4.3℃、今朝の最低気温3.4℃、曇。雲が多く寒い一日となりました。

a0123836_15211915.jpg
昆虫広場のようす。いつもと変わらない風景ですが、変わらないところがセンターの良いところです。
a0123836_15212245.jpg
寒さの本番はこれから、このアオキの赤い果実を観察するとそう思います。



a0123836_15212939.jpg
センニンソウでしょうか?果実から出た白いひげのような毛?がまさに「仙人」のようです。
a0123836_15214119.jpg
この写真は1月1日にいすみ市内で撮影しました。(センター以外の写真でスイマセン。)この写真は大原の貝須賀地区で撮影。ジョウビタキのオスでしょうか?胸から腹にかけてきれいな橙色なんですね。
a0123836_15251548.jpg
この写真も同日いすみ市内で撮影。大原小学校付近で撮影しました。こちらはジョウビタキのメスでしょうか?尾の付け根部分がオレンジ色ですが、オスとは色合いなどだいぶ違います。

寒さの厳しい日がこれから続きます。そんな中でも生きものたちは必死に生きています。その姿を観察し、皆さんに伝え続けたいと思います。

皆さんも必死に生きる生きものたちを観察しに来ませんか?

お待ちしています。

# by isumi-sato | 2019-01-06 16:55 | センターこぼれ話

はじめて出合った野鳥がいました。

1月5日。新年初開館です。今年もどうぞよろしくよろしくお願いいたします。

快晴。午前9時の気温は5.4℃、今朝の最低気温は0.8℃でした。
昨日の方が冷え込んで、午前9時の気温は0.9℃、最低気温は-4.0℃でした。
今日は日中暖かくなり、午後は南寄りの風が吹き、気温があがって当センター観測で最高気温は16.2℃を記録しました。一転してあすは、一気に冷え込むと予報が出ています。


a0123836_17384689.jpg
万木堰に出ると、朝の空気は澄みきっています。日を浴びて薄氷が溶けていきます。


a0123836_17385029.jpg
マガモが二組、対岸を泳いで行きました。



a0123836_17385811.jpg
雑木林は落葉して陽が地表までさして、明るい林です。奥の実をつけた木の上に野鳥がやって来ています。



a0123836_17390209.jpg
センダンの実にいるのは、ヒヨドリたちでした。食べ物が少なくなってきてついにセンダンの実を食べ始めています。




a0123836_17385435.jpg
水路沿いのひなたでは、八重咲きのスイセンが重みで花を下に垂れています。


a0123836_17390619.jpg
畑を通ると、ウメの蕾が丸く膨らんできていました。



a0123836_17390910.jpg
奥の湿性生態園へと向かう途中、エノキの樹にフジがたくさんからまっています。
フジのさやにとまってつついているのは、シジュウカラでした。
硬くて大きなフジの種を食べているのでしょうか? さやの中に何かの昆虫を見つけて食べている可能性のほうが大きいでしょうか?



a0123836_17391694.jpg
野鳥観察塀の近くに大きなコナラがあります。ここにもちょこちょこ動く野鳥が幹に見えました。





a0123836_17391811.jpg
拡大すると、木の皮のすきまをつついています。どうやらすきまに昆虫か何かを見つけてつついているようです。鳥は、ご存知メジロです。
メジロは、毎日元気に飛びまわり、日当たりのよい林や花をつけたツバキなどから、明るい鳴き声がよく聞こえてきます。




a0123836_17392408.jpg
湿性生態園に到着してデッキを歩いていると、ハンノキの根元からハトよりも大きなサイズの野鳥が飛び立ちました。



a0123836_17392645.jpg
奥の林の倒木のスギの幹に、三秒くらいの間とまり、液体状の白い糞を落とした後、さらに林の奥へとかくれていきました。ササゴイ ゴイサギ (1/13修正)のようです。幼鳥よりは大きくなった若鳥 幼鳥 のようです。
ササゴイ ゴイサギ は、初撮影でした。


湿性生態園へは、建物から500mほどの距離です。30分から50分くらいで往復できます。まだ訪れたことのない方は、ぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。
ご来館お待ちしております。


# by isumi-sato | 2019-01-05 17:46 | いきもの

あけましておめでとうございます

a0123836_13065223.jpg
今年は亥(いのしし)年。年賀状はセンター近傍で撮影した(ニホン)イノシシです。
千葉県では一旦絶滅したと思われていたのですが、昭和から平成にかけて狩猟用として移入されたようです。平成に入って、生物調査で確認した轢死体がイノシシかどうかで行政の担当者と意見を交わした記憶があります。

現在、イノシシは当地域では有害獣の筆頭。
センターでもあまりの被害の拡大に、昨年はかなりの範囲を電柵で囲わなければならない事態に陥りました。

一方、ニュースの世界では昨年、調整地に落ちたイノシシを救う場面が流れていました。
人と野生動物との関わりは、立場によって大きく異なります。思いもさまざまでしょう。

写真に収めたイノシシは、「かわいい」部類に入るでしょうか。
個体の大きさから、まだ成獣とは言えないレベルのようです。

一方、こちらはいかがでしょうか。
a0123836_13194198.jpg
フォトトラップによる写真、個人的にはこちらのほうが迫力があって良い気がするのですが、年賀状にはふさわしくないという意見も多く、上になりました。
こちらは明らかに成獣で、こんなのには出くわしたくはない、と思わせるレベルですね。

イノシシを家畜化したものがブタ、日頃から食卓にのぼりますが、オリジナルであるイノシシ肉もなかなかの美味。ジビエ料理の代表的な食材ですね。
最近では肉の流通量も増えているようですので、機会があれば是非チャレンジしてみてください。


センターは1月5日から開館いたします。

今年も皆さんのお越しを心からお待ちしております。





# by isumi-sato | 2019-01-01 00:01 | おしらせ

年末年始 休館のお知らせ

年末年始は12月28日(金)から1月4日(金)まで休館です。
a0123836_16362913.gif
よろしくお願いいたします。
記事は下へスクロールしてください。

# by isumi-sato | 2018-12-31 23:59 | おしらせ

12月27日。今年もお世話になりました。

12月27日、晴れのち快晴。午前9時の気温は4.9℃、今朝の最低気温は3.1℃でした。
あすから年末に向けて冷え込む寒気がやってくる予報です。
朝は雲が少しありましたが、昼前には快晴の青空が広がりました。今日の最高気温は13.6℃と例年よりも少し暖かいくらいの気温になりました。



a0123836_16463931.jpg
朝の建物わき。モグラ塚がたくさん見えます。
地下では、冬季の少ない食べ物を探してモグラが一生懸命トンネルを掘っているもようです。




a0123836_16465002.jpg
ホタルの水路わきでは、スイセンがたくさん花をつけています。




a0123836_16465661.jpg
スダジイの木の根元に、赤い実が見えます。マンリョウです。野鳥が実を食べ、タネが運ばれてここに発芽したようです。




a0123836_16470195.jpg
さらに丸々とした赤い実がたくさんついているのは、アオキです。実がついているのは雌株です。



a0123836_16470509.jpg
冬らしく、畑の通路足元にはたくさんのロゼット、冬越しの植物が地際に葉を広げている姿が見えます。




a0123836_16483139.jpg
万木堰では、コガモにくわえて




a0123836_16483595.jpg
トモエガモのメスでしょうか。今年初観察です。




a0123836_16484023.jpg
人の姿が近づいて、地面から飛び立って林道沿いのソメイヨシノの枝の中にかくれたのは、アオジです。




今年は本日が最終の開館日です。
今年もお世話になりました。年末年始の休館日は12月28日から1月4日までです。


a0123836_16471090.jpg
農機具庫扉の上に、夷隅地方でよく使われている鳥居形のおかざりを設置しました。




a0123836_16471758.jpg
玄関扉の中央には、輪飾り形のおかざりを設置しました。例年通り出入口両袖には、門松があります。


a0123836_16471485.jpg
本年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。新年は1月5日から開館しています。
ご来館お待ちしております。




# by isumi-sato | 2018-12-27 16:59 | いきもの

大そうじ

12月26日(水)、午前9時の気温3.7℃、今朝の最低気温0.4℃、曇。クリスマスも終わり年末ムードがさらに漂い始めました。

a0123836_16313311.jpg
センターも明日で今年の業務を終えます。一年間お世話になったセンター建屋を職員全員で掃除しました。


a0123836_16313667.jpg
知識の林のガラスもきれいに拭きました。


a0123836_16314456.jpg
センターの車も洗いました。センター敷地内以外で行う行事の時に利用するADバン。今年もいろいろ私たちをのせていってくれました。軽トラはセンターにはなくてはならない存在です。

一年間がんばってくれました。ありがとう。来年もよろしくね。

# by isumi-sato | 2018-12-26 17:05 | センターこぼれ話

おかざりを作ろう(輪飾り)


12月24日(月)、午前9時の気温7.6℃、今朝の最低気温4.5℃、曇り。今朝も比較的暖かな朝を迎えました。
a0123836_15290678.jpg
今日はクリスマスですが、センターでは今年最後の行事「お飾りを作ろうB―2回目」を行いました。開始時間より30分も早く来館された参加者の方もいらっしゃいました。皆さん熱心です。まずは中庭でわらスグリを行いました。


a0123836_15291414.jpg
ひとつかみの量のワラをもって工作室へ。植木バサミを使ってハカマ取りを行いました。写真のように節の上分部をカットすると…


a0123836_15291799.jpg
かぶさっていた古いワラが取れ、中から光り輝くワラが現れます。一本ずつ行うので、「修行」のようです。精神が鍛えられるようです。輪の分部に使うしめ縄用のワラを45本(15本のワラの束を3束)、前垂れの分部に使うワラを99本(11本のワラの束を9束)のワラをハカマ取りします。


a0123836_15293580.jpg
前垂れ、しめ縄、それぞれ編む部分に霧を吹いてからわらつぶし機にかけて軟らかくします。

a0123836_16085320.jpg
しめ縄の作り方。まず2本の縄ないを行います。
3本目は、2本の縄の谷間に沿って入れ込んでいきます。



a0123836_15301189.jpg
完成しました。講師や職員、何回もこの行事に参加されて詳しい方に助けてもらいながら何とかしめ縄が出来ました。


a0123836_15301757.jpg
前垂れ部分は、11本のワラの束を3束まとめ三つ編みに編んでいきます。
a0123836_15302153.jpg
三つ編みは何とか一人でできましたが…これが精いっぱいです。
a0123836_15302559.jpg
三つ編みの前垂れ3本としめ縄ができました。

a0123836_16170298.jpg
次にしめ縄をこの様に丸めて中心を決めます。下の部分を中心とします。

a0123836_15303832.jpg
その中心部分に、前垂れ三本を差し込んでいきます。


a0123836_15305457.jpg
前垂れの上の部分をこの写真ようにまとめます。


a0123836_15310335.jpg
輪の分部の先端ははこのように脇に止めておきます。前垂れの分部の上の方はばらつきがあるのできれいにカットし、トサカのように広げ整えます。


a0123836_15310997.jpg
最後に、ウラジロ、ユズリハ、ダイダイ、御幣のつけ方を説明。
飾るのは一夜飾りをさけます。


a0123836_15311387.jpg
完成しました。私が作ったので少しかっこ悪いですが、完成した時の達成感は半端ない!お飾りを飾るのが楽しみになってきました。



a0123836_16304670.jpg
最後は全員で記念撮影。参加された皆さんも達成感は感じられたはず!アンケートには「ていねいに指導してくれた」「お正月のお飾りが出来て、実用的でよかった」「手順がわかりやすかった」などの感想を頂きました。

参加された皆さんありがとうございます。

良い年末年始をお送りください。

# by isumi-sato | 2018-12-24 16:55 | 行事報告

おかざりを作ろう-鳥居形編

12月23日、曇。午前9時の気温は9.4℃、今朝の最低気温は6.4℃でした。
昨日の午後からの降水量は、12mm。夜間、雲が多かったため、あまり冷え込まない朝でした。




a0123836_17000827.jpg
午前中は、行事 おかざりを作ろう(鳥居形編)を行いました。
午後は、おかざりを作ろう(輪飾り編)の一回目を行いました。
明日も午前中に輪飾り編の二回目を行いますので今日のブログは、鳥居形を取り上げます。



a0123836_17075854.jpg
はじめにあいさつと概要の説明です。今日作る鳥居形は夷隅地域で昔から最もポピュラーな形のお飾りです。

a0123836_17001437.jpg
中庭に出て材料のわら―京都神力という品種で丈が長い特徴あり―のわらスグリを始めました。



a0123836_17001886.jpg
ひとつかみの量のわらを縦にもって降り、また手串でわらの外側の余分なハカマを取り除きます。必要な本数のわらスグリをざっと行います。今日作る鳥居形では211本余りを使います。

室内に戻って、さらに一本ずつわらの根元部分、お飾りの下がりの先端になる部分を長さをそろえつつ、汚れたはかま取りを行います。




a0123836_17002221.jpg
50から60本くらいのわらを50cmくらいの長さに切って芯になる部分を作ります。この時本数の半分を互い違いにして太さが均等になるようにします。




a0123836_17002751.jpg
芯に垂れ下がる部分を11本×12組に小分けします。
霧を吹いて、巻き付ける部分だけをわらつぶし機にかけて柔らかくします。



a0123836_17003265.jpg
芯に一組ずつ巻き付けていきます。右6組、左6組、左右対称になるように、またしっかりとたるみがないように巻き付けていきます。




a0123836_17003704.jpg
中央部、端部を細いひもで仮に縛ります。その後、細いわら紐でしばります



a0123836_17004399.jpg
飾り付けのウラジロ、ユズリハ、ダイダイのつけ方を説明しました。



a0123836_17004791.jpg
出来上がり。皆さん上手にできました。
飾り付ける日は、一日飾りや九(苦)の日を避けます。
でも、29は、ふく(福)という人もいるとか。


早くも、よいお年をというあいさつが聞かれました。
今年も残り八日となりました。
明日は、輪飾り編です。


# by isumi-sato | 2018-12-23 17:12 | 行事報告

米作り4・わらでリースを作ろう

12月22日(土)、午前9時の気温10.8℃。今朝の最低気温4.4℃、曇りのち雨。この時期としては暖かい朝を迎えました。午前10時ごろにはぽつぽつと雨が降り出し、午後には本降りとなりました。

a0123836_15570842.jpg
今日は講師を招いて「米作り4・ワラでリースを作ろう」の行事を行いました。大人12名、子ども3名の参加がありました。


a0123836_15571203.jpg
まずは、リースの芯となる竹ひごを丸め輪を作っていきます。


a0123836_15571564.jpg
次に、竹ひごに巻いてゆく太縄を、リース円周の長きさの3倍ほど用意します。竹ひごに太縄をぐるぐる巻き付けます。このリースに様々なリース飾りを付けていきます。


a0123836_15571887.jpg
毎年ワラでリースの講師をお願いしているOさん。今年も素敵なリース飾りの作り方を教えてくれました。赤いフェルトを小さく切って…さあ、どんなリース飾りが出来るかな?楽しみですね。


a0123836_15572189.jpg
フェルトを1㎝×1㎝ほどの大きさに細かく切っていきます。




a0123836_15572573.jpg
楊枝を使って、写真のようにくるっと丸めていきます。フェルトの角と楊枝の先を合わせて丸める感じです。うまく伝わりましたでしょうか?




a0123836_15572989.jpg
その丸めたフェルトをマツボックリに押し込むように詰めていきます。
すてきなマツボックリのリース飾りが出来ました。簡単で素朴で、しかし素敵で存在感がありますね。




a0123836_15573838.jpg
そのほかには、センター敷地内で採集した果実などをリースにつけ飾り付け。
みんな真剣です。
a0123836_15574102.jpg
ゴヨウマツは講師のOさんが持ってきてくれました。ゴージャス。




a0123836_15574804.jpg
皆さんの作品の品評会。それぞれに個性があり、この時期にピッタリなリースが出来ました。アンケートには、「リースの輪から作成できて楽しかった。」「説明がわかりやすく、作業がしやすかった。」「いすみの自然の物を使ってリースを作れてとても楽しかった」など、うれしい意見をいただきました。


来年もご参加お待ちしております。

明日、明後日は今年最後の行事が続き、センター職員は大忙しです。

年末に向けてラストスパート。

明日参加される皆さん、時間厳守でお願いいたします。


# by isumi-sato | 2018-12-22 16:57 | 行事報告

ワラでリースの準備

12月21日(金)、午前9時の気温4.4℃、今朝の最低気温1.6℃、快晴。今朝も穏やかな朝を迎えました。今年も残すところあと10日。余裕をもって年末を迎えたいと毎年思いますが、結局毎年バタバタと年が明けてしまいます。皆さんもそうですよね。

a0123836_14203731.jpg
昆虫広場のようす。今日の最高気温は14.4℃、あまりにも暖かいので、年末だと思えません。


a0123836_14204040.jpg
チカラシバには、霜がついていました。太陽の光を受けゆっくりと溶けていきます。


a0123836_14204348.jpg
明日行われる行事「わらでリースを作ろう」の準備。マツボックリとハスの花床(花托)にゴールドのスプレーを吹き付けました。すてきなオーナメントになるといいな。




a0123836_14205160.jpg
冷たく、うっすくなった座布団。天気がいいのですべて干しました。お昼過ぎには厚みが倍近くになっていました。あすから三日間工作室での行事が続きます。皆さんが板の間に座って寒くなってしまわないようにフワフワに仕上げておきました。


a0123836_14293572.jpg
明日の行事、ワラでリースを作ろうにて使用する材料がそろいました。用意したものはセンダン、マツボックリ、ハゼノキ、カラスウリなどの果実、ワタの実など沢山そろいました。とても楽しみですね。


参加される皆さん、時間厳守でお願いいたします。

お待ちしています。

# by isumi-sato | 2018-12-21 16:55 | センターこぼれ話

ソラマメ、サヤエンドウ、コガモ、メジロ

12月20日、晴れ。午前9時の気温は6.2℃、今朝の最低気温は3.1℃でした。
この三日間は、例年よりも朝の冷え込みも少し緩み、日中の最高気温は13℃台と、昼間は11月上旬くらいの温度が続いています。

a0123836_16544880.jpg
今日は朝は雲が多めでしたが、やがて青空が広がりました。




a0123836_16550099.jpg
朝の枕木の道、足元のアジサイは、二年前にさし穂から移植されて30cmくらいに成長したものですが、先週末の冷え込みで葉っぱが赤茶色に変色しています。
午後の三時くらいからは雲が広がって夕暮れがいっそう早くなってしまいました。



a0123836_16550596.jpg
日の当たり始めた畑では、ソラマメの苗が順調に育ち始めています。現在8cmくらい。


a0123836_16551317.jpg
また、春に実をつけるサヤエンドウも冬の間に根を張って寒さを乗り越える作物ですが、現在やはり8cmくらいの苗になっています。昨年はノウサギの食害に二回もあってしまったため、防虫ネットをトンネルにかけて守っています。そのトンネルの中の苗の根元に、支柱と寒さ除けとして昨日切った竹の小枝をさしました。



a0123836_16551846.jpg
雑木林のエノキは葉を落として枝だけになりました。その中に黄緑色の葉っぱのようなものが見えています。



a0123836_16552293.jpg
よく見ると、枝先にぶら下がった昆虫です。毎年観察できるウスタビガのまゆがふたつ青空をバックに微風に揺れていました。




a0123836_16552649.jpg
堰の水面に、今日は水鳥たちの姿が見えました。人が近づくといっせいに対岸へと向かい逃げていきます。




a0123836_16552961.jpg
日陰になっている対岸に近づくとまたかたまって寄り添うように泳いでいます。
コガモです。ほぼハトと同じ大きさで、カモの仲間では最小の大きさの水鳥です。
近くの夷隅川にはたくさんいますが、今年はオオタカの出現がこの堰付近では多いためか、姿をあまり見なくなっていました。今日は久しぶりの再会です。




a0123836_16553338.jpg
雑木林に戻ると、キョキョキョと歌うような声で、忙しく動き回る緑色の小鳥たちがいました。
メジロです。ツバキの花に顔を突っ込んで吸蜜しています。
よく見ると花びらにつかまっています。




a0123836_16553623.jpg
冬でも華やかな赤い実が目立つ樹木があります。
クロガネモチです。メスの木にだけ赤い実がつきます。


お時間のある時に散策はいかがでしょうか。
ご来館お待ちしております。




# by isumi-sato | 2018-12-20 16:58 | いきもの

大忙しの年末です

12月19日(水)、午前9時の気温3.2℃、今朝の最低気温0.9℃、快晴。朝出勤するとセンターは白い世界。氷は張っていなかったものの、霜が降り随分と冷え込みました。近隣の小学校は今週末には冬休みに入ります。しかし、インフルエンザで学級閉鎖になる学校もあるようです。皆さん手洗い・うがいは徹底し、出来れば人混みにはいかないようにしましょう。

a0123836_16234071.jpg
朝の草には霜が降りて 冬の造形美が観察できました。


a0123836_13534648.jpg
午後のようす。雲一つなかった空には白い雲がふわふわと浮かび始め穏やかな午後を演出してくれます。今年も残りあと12日となりました。今年もあっという間に年末となってしまいました。

年末といったらセンターは、もちつき、リース作り、お飾りづくりとイベント盛りだくさん!職員も大忙しです。そして年末に行う大切なお仕事というとこれを忘れてはなりません。何でしょうか?






a0123836_16290297.jpg
竹を使って作るものです。職員三人で竹取りへ。竹を伐り出す作業だけで体が十分あたたまります。
枝を払って、軽トラに積み込み運搬して、竹をきれいに洗って、、、。







a0123836_16235094.jpg
竹のきれいな面を正面にして、節をどのように取り込むか考えつつ、まっすぐきれいにバリのでないように斜めに切って…。



a0123836_16235407.jpg
長さと組み合わせのバランスを考えつつ、、、。


a0123836_16235947.jpg
土台となる大きめの缶に、ワラを巻きます。ワラの下の部分は折り、丸くカットします。


a0123836_13535275.jpg
ワラの上の部分も折らずにカットします。そして黒いシュロ縄を使いとめます。結び方は垣根などでよく使われる「男結び」です。ずれないように針金で固定した三本の竹を缶の中に立てた状態で砂を入れていきます。



台の中に、葉がついたマツの小枝、クマザサ、そして紅一点、実がついたナンテンの枝を差し込みました。


a0123836_16240520.jpg
完成しました。答えは、、、、               そう門松。

やはり年末のセンター玄関には立派な門松がなくっちゃね。

センター職員三人がかりで立派な門松が完成しました。

どうぞ見に来てくださいね。

お待ちしています。



# by isumi-sato | 2018-12-19 16:55 | センターこぼれ話

ツバキの開花

12月18日(火)、午前9時の気温6.4℃、今朝の最低気温0.4℃、快晴。太陽の日ざしをサンサンと受けながら新しい「今日」という日の始まりです。前回のブログ(16日の日曜日の内容)のような真っ白な景色の朝ではありませんでしたが、すがすがしく空気の澄んだ気持ちの良い朝を迎えました。


a0123836_15495913.jpg
中庭にあるエノキの木をバックに、太陽の光を、私の持っているカメラで「絞り優先モード」にて撮影。思ったより素敵に撮影できました。
a0123836_15500682.jpg
ツバキが開花しました。ツバキの花が咲くころはもっともっと寒い時期だったような…でも、今年も半月もありませんからね。あまりにも寒くないので12月も後半だということをすっかり忘れてしまいそうです。本当なら今はツバキの開花時期に合った寒さなんでしょうけど。

a0123836_15500928.jpg
ツバキはサザンカに似ていますが、咲き終わった花が花の形のまま落ちて散るのが特徴的です。


a0123836_15501232.jpg
昆虫広場では、ネコヤナギの銀灰色の毛に覆われた花穂が目立つようになってきました。


少しでもセンター内を歩くと様々な発見があります。

色々発見してくださいね。

お待ちしています。


# by isumi-sato | 2018-12-18 16:55 | センターこぼれ話

早起きは三文の徳?

12月16日(日)はれ。午前9時の気温は、なんと0.3℃!…最低気温は1.4℃と凍てつくような寒さです。布団から出たくない気温ですが、ちょっと早起きして自然散策してみましょう。




a0123836_09451779.jpg
真っ白な景色…雪が降ったような光景になっています。これは期待できるぞ(#^.^#)





a0123836_09453763.jpg
わお!初氷を発見です。水平な水面に凹凸ができています。一期一会…自然の造形美ですね。





a0123836_09454346.jpg
そんな造形美をかち割ってみました。えい!けっこう厚く、ずっしりとしています。しかも、つめたい…手がかじかみそうです。





a0123836_09481458.jpg
あっ!水の中がよく見える♪ いつもは水面が反射するから、水中って見ずらいですよね。でも氷がはると観察しやすくなります。氷が水中眼鏡の役割をはたすのでしょうか?





a0123836_09490403.jpg
畑も真っ白です☆ 昨日より白く見えます。昨日は餅つきイベントだったなぁ…楽しかったなぁ…おいしかったなぁ…
奥の畝3列が大根です。旬の大根は霜が降りてもシャキッと元気です。手前の2列はジャガイモです。3日前までは葉っぱがピンとしていましたが、この2日の低い気温で葉っぱはしなだれました。





a0123836_09495254.jpg
ほうれん草も凍っています。シャキッとして、これまた美味しそうです。収穫がたのしみ♪





a0123836_09492579.jpg
霜柱が昨日より大きいです。ブルブル…





a0123836_09494628.jpg
いまの気持ちを表すと…こんな感じです。霜がメモ帳になって便利です。消えちゃうけど( ̄▽ ̄;)





a0123836_09521665.jpg
あーおもしろい!日向の部分だけ、きれいに霜が消えています。





a0123836_09523355.jpg
ヒトがずっと立っていれば、ヒトの模様ができるのでしょう。やらないけど…





a0123836_09524970.jpg
突然ですがクイズです。この模様は、なんでしょうか?
①イカ②百葉箱③高床式住居





a0123836_09525497.jpg
答え:②百葉箱  こちらがその百葉箱です。いろいろな気象観測の機器が入っています。毎日の気温は、こちらの観測機器で計測しています。暑い日も寒い日も、ずーっとこれからも続きます…





a0123836_09525850.jpg
どんどん霜が解けてきました。寒い日の朝、とても貴重な自然観察ができました。「早起きは三文の徳」って気分です。皆さんも冬の朝を楽しんでみてはいかがでしょうか。


# by isumi-sato | 2018-12-16 17:00 | センターこぼれ話

餅つき

12月15日、朝から快晴。でも最低気温はー1.4℃。あちこち凍りついているかと思いきや・・湿度が低いせいか、デイキャンプ場はぬかるんでいません。




a0123836_15230945.jpg
朝日をあび、地面が白く輝いています☆ もしや…




a0123836_15231660.jpg
あー!霜が降りてる。初霜ですね~。寒いわけです。そしていよいよ…




a0123836_16301928.jpg
今日はセンターの3大行事(田植え、稲刈りにならぶ)餅つきの日です。





a0123836_10005864.jpg
いい天気です。雨に振られた年もありますが、今日は餅つき日和です。




a0123836_10005731.jpg
職員はいつもより早く出勤し、準備にあたりました。臼を配置し、手水用のバケツも。





a0123836_10005739.jpg
もち米をむすせいろの準備、お湯沸かし…などなど朝から忙しそう。





a0123836_10005899.jpg
こちらでは色々と使うお湯を沸かしています。




a0123836_12142352.jpg
参加者やスタッフが使う、手袋、塩素系除菌水、マスク(大、小)。

準備万端でスタートしました。




a0123836_16401419.jpg
餅つきが始ったぜ!





a0123836_16402188.jpg
父ちゃんにまかせろ!





a0123836_16402716.jpg
僕だってがんばるぞ!





a0123836_16403238.jpg
みんなで力をあわせて、わっしょいわっしょい!





a0123836_16405590.jpg
つきたてお餅をのばしすよ~





a0123836_16414940.jpg
できた!うまそ~


a0123836_14535334.jpg
昼食用のお餅はもちつき機が参戦。



a0123836_16415553.jpg
いんすたばえ?





a0123836_16421720.jpg
味噌汁もありますよ~。ボランティアの方、参加者の皆さんとみんなで作った味噌汁です。





a0123836_16422208.jpg
とれたて野菜がどっさり!あったまるわぁ♨冷えた体にしみわたります。





a0123836_16423655.jpg
みんなで力をあわせてついたお餅の味は最高。おいしいね。アンケートには「家族できねとうすを使ってももちつきを体験できたことがよかった。」「皆さんが楽しそうにこのイベントに参加されていた様子がとても良かった。」「子どもたちのためにも出来るだけ続けていただきたいと思います。との意見をいただきました。

参加者の皆さん、ボランティアの皆さんご参加、ご協力ありがとうございます。

皆さんあってのセンターです。

来年も、ご参加くださいね。

お待ちしております。



# by isumi-sato | 2018-12-15 17:15 | 行事報告

もちつき準備


12月14日(金)、午前9時の気温7.6℃、今朝の最低気温1.6℃快晴。雲一つない青空の広がる朝を迎えました。

a0123836_15275614.jpg
屋根には霜が降り、白くなっていました。いつもだったらバケツなどに氷が張っていてもおかしくない時期ですね。



a0123836_15275933.jpg
明日のもちつき行事の準備のため、朝から職員が畑作業です。



a0123836_15280278.jpg
参加者の皆さんと作るお味噌汁に入れるサトイモを掘りました。



a0123836_15280597.jpg
もう一つ味噌汁に入れる具材も収穫しました。これは何でしょう?


a0123836_15280816.jpg
白くてきれいなダイコンです。きっと美味しいことでしょう。



a0123836_15281294.jpg
午後には、もち米を洗いました。外での水仕事は寒くて大変です。今年の冬は寒くないといっても、冬場の外での水仕事はやはり体の芯から冷えてきます。


a0123836_15281642.jpg
ボランティアの方も参加し、今朝、収穫したサトイモの皮むきをしています。もちつきの準備がほぼ終了いたしました。皆さんお疲れさまです。後は明日を待つばかり。


a0123836_15282022.jpg
もちつきに参加される皆さん、時間厳守でお願いいたします。そして率先して「もちつき」してくださいね。みんなで協力して行う行事ですからね。


明日の天気は晴れるという予報です。一安心。どうぞよろしくお願いいたします。

# by isumi-sato | 2018-12-14 16:55 | センターこぼれ話

空気の澄んだ素晴らしい朝

12月13日(木)、午前9時の気温5.8℃、今朝の最低気温1.1℃、晴れ。今朝は随分冷え込みました。昨日の方が雨が降っていたので寒かった気がしますが、今日のほうが最低気温が低くなりました。だんだんと冬らしくなってきましたね。


a0123836_14054835.jpg
今朝のようす。雲は多めですが、空気の澄んだ素晴らしい朝を迎えました。雲がゆっくりと西から東へ流れていきます。空を眺めているだけでも、忙しい日常生活を忘れ、頭を空っぽにすることが出来ます。


a0123836_14055263.jpg
湿性生態園のようす。柔らかな木漏れ日がデッキに降り注ぎます。鳥のさえずりがあまり聞こえないのが残念です。


a0123836_14055669.jpg
ハンノキのようす。少し前までは目立たなかったオバナの穂が目立ち始めました。中央にある茶色い球形のものは果実です。


a0123836_14060044.jpg
風は強くないものの、スギの木は「キューキュー」と幹がこすりあう音がします。見上げると一本のスギの木だけにツルのような植物が巻きついています。


a0123836_14060438.jpg
よく見ると、キヅタのようです。最近もブログに取り上げたばかりです。よく見ると果実がまだ若いようです。鮮やかな黄緑色をしています。リースの飾りにしても良いかもしれません。



a0123836_14060889.jpg
デイキャンプ場では、ノササゲの果実がたくさん観察できました。湿性生態園へ続く林道ではよく観察できましたが、デイキャンプ場にもあったことは新発見です。種がはじけ出ています。


a0123836_14061263.jpg
花でも咲いているのかな?とよく見るとモズのはやにえのようです。モズの姿は観察できていませんが、この様な光景に出合えるということはモズはセンター敷地内いるということです。今年は一回しかモズの姿を撮影出来ていないのがとても残念です。

姿を見せてくれないかな~と願いつつ毎日自然観察です。

じっくり観察を続けると発見がいっぱいです。

センターでお待ちしています。

# by isumi-sato | 2018-12-13 16:55 | センターこぼれ話

降り続いた雨

12月12日(水)、午前九時の気温6.8℃、今朝の最低気温4.6℃、雨。昨日の午後から降り始めた雨は今日のお昼近くまで降り続き午後には止みました。寒さや冷たい雨で、体調を崩さないよう注意したいものです。降り始めからの雨量は47㎜。今日の最高気温は9.9℃でした。



a0123836_14122214.jpg
朝のようす。冷たい雨が降っているにも関わらず、何匹かのヒヨドリの鳴き声が中庭に響きます。縄張り争いか、それとも食べ物の取り合いか?長い時間「ヒーヨヒーヨ」とけたたましい鳴き声が聞こえました。長い雨が降り続く夜など、鳥たちはどのようにして過ごしているのでしょうか?


a0123836_14122755.jpg
中庭のウメの木。小さなつぼみを多数つけていました。ウメの花の開花が、年明け最初の方のブログで話題となることが多かったような気がします。


a0123836_14125269.jpg
底冷えするセンター館内。雨が降れば余計にそう感じます。しかし、お飾りづくりの講師もつとめるセンター職員。寒さに負けず、黙々と展示用のお飾りを作成中。

a0123836_14463380.jpg
あっという間に、鳥居型お飾りの完成。素晴らしい。

a0123836_14125871.jpg
屋外では、ボケのつぼみが観察できました寒い時期に花を咲かせるボケ。

植物はちゃんと次の季節を分かっているのですね。

自然を通じて、たくさんのことを学びましょう。

お待ちしています。


# by isumi-sato | 2018-12-12 16:55 | センターこぼれ話

やっと年末らしく/狂い咲き?

12月11日(火)、午前9時の気温7.6℃、曇。雲が多く、北風の寒い朝を迎えました。やっと年末らしくなってきました。


a0123836_13492771.jpg
今日は車の窓が凍るほどの寒さになりました。車内温度はちょうど零度だったという職員の車の写真です。(ここのブログには珍しく人工物の写真でスタートですが…) 今朝は随分冷え込みましたね。今朝の最低気温3.3℃。もっと寒かった気がしますが…センター観測値ではこの冬一番の冷え込みとなりました。寒くて布団から出てくるのに一苦労でした。

a0123836_13402766.jpg
中庭のようす。昼時にぱらっと雨が降りましたが、すぐに止みました。太陽は顔を出さず、雲の多い一日となりました。


a0123836_13421463.jpg
田んぼ近くに竹林では、マンリョウの赤い実がよく目立つようになりました。この植物に似たセンリョウという植物もありますが、マンリョウは葉の下に果実を付け、センリョウは葉より上の果実をつけることで区別がつきます。他にも違うところがあるかと思いますが、一番わかりやすい違いです。


a0123836_13422255.jpg
キヅタでしょうか?果実が少しづつ黒くなり始めました。センター敷地内で多く観察できます。太いツルで高い木や岩をよじ登ります。葉は常緑で厚みがあります。



a0123836_13423090.jpg
畑近くには、ホトケノザが観察できました。センターでの花の時期は3月の終わりぐらいからだったと思いますが花を咲かせています。花期には段々についた葉のわき部分に唇形の筒の長い赤紫色の花を多数つけます。筒の長さは約2㎝程度で引っ張ると外れ花冠の基部を吸うと甘い蜜の味がします(街でよく見かける雑草や野草のくらしがわかる本/秀和システム)。私が小学生の頃、学校帰りにホトケノザの蜜を吸いながら下校した思い出があります。


a0123836_13423553.jpg
ヒメオドリコソウも観察できました。あれ?今何月でしたっけ?私の持っている図鑑では花の時期が4月から5月と書いてありましたが、今は12月。センターでは3月終わりごろの寒い時期に咲き始めますが、12月に咲いているなんて…なんか中途半端です。狂い咲きでしょうか?

いつもと違う今年の冬

今年だけの自然観察をしませんか?

お待ちしています。


# by isumi-sato | 2018-12-11 16:55 | センターこぼれ話

今日は寒かったですねぇ

12月9日(日)くもり。午前9時の気温は7.6℃、湿度は57%でした。午後になってもあまり気温は上がらず、15:00時点で8.4℃です。日中でも気温が10℃に届きませんね~。寒い…ぶるぶる…




a0123836_15512316.jpg
さとの風景も、すっかり冬ですね~。青々していた景色は、すっかり枯葉色に変わりました。





a0123836_15560841.jpg
突然ですが、恒例の「○○を探せ!」クイズです。おさかなくんがいます。どこでしょうか?





a0123836_15561482.jpg
これは難しい!二匹いますよ。 つづいて第二問:なんの魚でしょうか?





a0123836_15563122.jpg
正解はドジョウです。顔をのぞかせています。体は雪の中?に埋まっているように見えます。この白い粒は、小さなガラス玉なんです。





a0123836_15563481.jpg
泥鰌(ドジョウ)は泥が大好き♡ よく潜ります。泥の中にいる様子を観察できるよう、泥の代わりにガラスビーズを入れてみました。




a0123836_16222505.jpg
上から見ると、うっすら体を見ることができます。柳川などでもおなじみのドジョウですが、じっくり観察したことなかったなぁ。こんな格好で生活していたんですね。





a0123836_15571154.jpg
索餌中…泥を口から入れて、エラから出す。ドジョウは、このようにしてエサを探し出しているそうです。ガラスビーズがエラから勢いよく飛び出しています。わかります?こうした行動も観察できました(^^♪





a0123836_15594460.jpg
キショウブ

水辺に生育して黄色の美しい花を咲かせる植物なので、よくビオトープに植えられていることも多く、ここいすみのセンターでも水路に繁茂しています。残っているドキュメントをチェックする限りでは、センターオープン時に植栽した植物ではなさそうですが、花ショウブと間違えて過去に植えたのか、誰かが種を持ってきて植えたのか、とにかく春先に黄色の花をつけてきれいなことはきれいです。。
でも・・・日本の侵略的外来種ワースト100の指定種で、外来生物法で要注意外来生物にも指定されています。繁殖力が強く、根がなんとも言えない形状、簡単に引っこ抜け無い厄介者なんです。
過去に何回も、人力で駆除に取り組みましたが、1年経つと????どこをやったっけ、という状態。腰を痛める人続出の難作業です。

そこで、今回はちょっと強力な武器で水路のキショウブ除去にあたりました。
a0123836_14090343.jpg
ウイーン…ロボットです。ガンダム?に乗って、キショウブをやっつけます!「ぜんぜん腰が痛くない♪」スタッフが微笑んでいます。





a0123836_16002057.jpg
根深いやつですね~。スイカぐらいの根っこが、地中深くまで食い込んでいます。こいつは食えないやつ…




a0123836_16442269.jpg
ようやく水路が見えてきました。先ほどのドジョウやメダカなどの魚たちは、明るい水路を好みます。エサとなるプランクトンなどが、多くいるからです。
さて、来春はその成果が出ていると思いますが、将来に渡ってどうなるかは経過観察が必要ですね。





# by isumi-sato | 2018-12-09 17:08 | センターこぼれ話

寒い北風の吹く一日

12月8日(土)、午前9時の気温10.3℃、今朝の最低気温9.1℃、曇。朝方はぽつぽつと雨が降る時間帯もありましたが、本降りにはなりませんでした。時折強い北風が吹きました。今日の最高気温は12.6℃でした。


a0123836_15092447.jpg
万木堰のようす。やはり鳥の姿が少ないようです。去年の今頃は鳥の写真をたくさん撮影出来たのに…。悔しいなー。今年はモズの写真がまだ一回しか撮影出来ていません。


a0123836_15093697.jpg
デイキャプ上のようす。赤く色づいたコナラ。奥には黄色く色づいたエノキの木が並んでいます。ここで火をおこし、暖まりながら拾った枝にマシュマロをさして焼いて食べたり。‥‥考えただけでも素敵です。ご利用をお考えの方詳しくはこちら

a0123836_15093058.jpg
そのデイキャンプ場なあるミカンの木。アゲハチョウの卵やさなぎがないかなー?とじっくり見ていると、葉にじっと動かない状態で止まっている虫を発見。


a0123836_15231371.jpg
別の葉にもいました。カメムシの仲間でしょうか?クモヘリカメムシに似ていますが…

a0123836_15094706.jpg
ウシハコベの花のようです。ハコベ(コハコベ)に似ていますが葉の形がウシハコベの葉の方が大きく卵型をしています。他にも違いがあります。


足元の植物に目を向けてみませんか?

たのしいですよ。

お待ちしております。

# by isumi-sato | 2018-12-08 16:55 | センターこぼれ話

大雪(たいせつ)なあなたへ…

12月7日(金)くもり。午前9時の気温は12.3℃、湿度は94%です。今日から大雪(たいせつ)という季節みたいだけど…ポカポカ暖かいですね~♨


a0123836_14040344.jpg
日中の気温は、16.6℃あります。ちょっと暑いなぁ…上着を脱ぎたくなる温度です。




a0123836_14043611.jpg
あれ~、たんぽぽ? こちらのセイヨウタンポポは、真冬でも花を咲かせるんだそうです。寒さに耐えるためか、茎は短く地表すれすれで開花しています。




a0123836_13330151.jpg
オオセンチコガネも、まだまだ活動しています。糞虫の仲間で、うんちが大好き! 名前の「センチ」は、便所をさす語の雪隠(せっちん)からついたといわれ、糞に集まる習性をもちます。当センターで飼育展示しています。





a0123836_13332005.jpg
せっちんとは裏腹に、その姿はとても美しいです。見てください!なんと、金属光沢のある美しい体色でしょう!森の宝石なんて表現する人もいるようです。





a0123836_15495041.jpg
こちらの個体は金赤色ですが、ほかにも緑色・藍色・紫色・銅色などなど…地域によって体色が大分違うみたいです。




a0123836_13340263.jpg
オオセンチコガネにすごく似た虫がいます。その名もセンチコガネ。近縁種です。違いは顔…逆三角形なのがオオセンチコガネです(こちらの写真)。丸顔がセンチコガネです。同じ場所にいるし、小さいし…見分けるのが大変なんですワ(;^ω^)
(オオセンチコガネ19mm、センチコガネ17mmだそうです。「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」南方新社)



a0123836_13335879.jpg
背面だけでなく下面も輝いています☆彡 オー!ビューティフル♪ 金属の鎧をまとっているみたい。こんなに美しく人気のある虫ですが、千葉県では絶滅が心配されています。





a0123836_14052428.jpg
見上げればタコノアシが風に揺れています。濃い赤色に変色し、「ああ、やっぱり大雪の季節を迎えたんだな」と冬の訪れを感じました。こちらのタコノアシも、全国的に減少していて、絶滅が心配されています。二つとない生きものたち…たいせつに見守りたいですね。

# by isumi-sato | 2018-12-07 16:45 | いきもの

雨の日には

12月6日(木)、午前9時の気温10.9℃、今朝の最低気温10.9℃、雨。気温を見ると気温がだんだん下がってきていることが分かります。昨日は暖かかったですからね。今日の最高気温は11.4℃。昨日の最高気温は24.8℃。13.4℃も最高気温が昨日より低いことが分かります。こんな温度差では体がおかしくなってしまいます。

a0123836_15494032.jpg
午前中のようす。昆虫広場に雨が降りつけます。温度が低くなったと言っても通年の寒さに比べたらまだまだ暖かいほうですね。


a0123836_15494763.jpg
こんな雨の日は外仕事の代わりに屋内でできる作業。12月は毎年恒例の人気行事「おかざりをつくろう」の開催月。そのお飾り作りに使うワラの「はかまどり」の作業。行事がスムーズに進むよう、講師を務める職員が下準備をしています。


a0123836_15495089.jpg
ハゼノキでしょうか?葉が赤く目立っています。葉の赤みは少し落ち着いたようですが…。きれいだといって触ると、肌の弱い方はかぶれたりする恐れがあります。気を付けてくださいね。

a0123836_15495482.jpg
ツバキのつぼみが観察できるようになりました。やはりツバキのつぼみを見ると寒ーい冬の到来をイメージしますが寒くないので実感がわきませんが…ツバキの花を吸蜜するヒヨドリの姿が観察できるのはもうすぐです。

一緒に観察しませんか?

お待ちしております。

# by isumi-sato | 2018-12-06 16:55 | センターこぼれ話

ほんとに12月?

12月5日(水)、午前9時の気温18.3℃?、最低気温16.2℃??晴れ。今日の最高気温19.3℃!!!もはや12月ではない。暖かいのはいいことだけど…。


a0123836_14400014.jpg
午後の万木堰。鳥の姿が少ないこの冬。自然観察の楽しみが少なくなってしまいました。最近はオオタカの姿が観察されていてきっとそれが原因かな?暖かいことも影響しているのかな?困ったなー


a0123836_14400823.jpg
あれ?よく見るとある鳥の姿が映っていますよ。見つけられましたか?


a0123836_14401282.jpg
アオサギのようです。高い木の上で微動だにせず。何をしているのでしょうか?正面からは白く見えるが、横、後ろからは灰色に見えます。


a0123836_14401934.jpg
湿性生態園へ続く林道から見える風景。万木堰の対岸にある木が白くなっています。去年もそんな光景がありました。きっと犯人は…


a0123836_14402254.jpg
君らの仕業でしょう?夜の間、ここを寝床にしているから。白くなっているのはウのフンのようです。


a0123836_14404078.jpg
トベラの果実が熟し種子を出し始めました。トベラの葉の特長は光沢があり、皮のような質感と厚みがあります。縁にギザギザはなく、先の丸いヘラのような長い楕円形です。乾くと外側に反り返る性質があります。果実は熟すと三つに割れ赤い種子を出し始めます。


a0123836_14404427.jpg
サルトリイバラの果実が赤く色づいてきました。特徴ある葉も一緒に撮影が出来ました。


a0123836_14404714.jpg
タテハチョウの仲間でしょうか?季節外れの暖かさに誘われたの?と思いますがタテハチョウの仲間には成虫で越冬する種もいます。翅がボロボロなのは鳥に襲われたからでしょうか?

皆さんも、この季節外れの暖かさに便乗し、センターで自然観察などいかがでしょうか?

散歩がてらにお越しください。

お待ちしております。

# by isumi-sato | 2018-12-05 16:55 | センターこぼれ話

霧の中のセンター/今何月?

12月4日(火)、午前九時の気温16.5℃、今朝の最低気温8.5℃、一面濃い霧に覆われた朝を迎えました。出勤時も100m先は見えないほど濃い霧でした。ライトをつけて事故のないようゆっくりと車を走らせました。


a0123836_14172780.jpg
センターのようす。こんな濃い霧に覆われたセンターは久しぶりです。



a0123836_14173111.jpg
田んぼにも霧がかかっていました。


a0123836_14173587.jpg
中庭も…田んぼが見えないくらいです。


a0123836_14173892.jpg
正面入り口の引き戸のガラス窓が曇っています。午前9時の事務所内の温度は15℃。屋外よりも1℃室内の方が低い気温です。


a0123836_14174192.jpg
ガラスは外側に水滴をつけ曇っています。年に一回はセンターで起こる現象。建屋の中の方が外より寒いから起こるのでしょう。


a0123836_14174729.jpg
そんなことはお構いなのようす。今日もアカハライモリはうっとりとした目でどこかにテレパシーを送っているようです。私が近寄ると薄眼を開けますが、「なんだあんたか」ともいわんばかりに首をそらせ目をつぶります。まるでセンターの主(ぬし)であるかのように。


a0123836_14175262.jpg
この写真は、午前11時45分ごろ撮影しました。あの濃い霧はどこへ行ったのでしょうか?まぼろし~?すっきりと晴れ渡りました。11時40分の事務所内の室温は20.6℃、百葉箱の温度は24.2℃、ずいぶん違います。部屋の中のほうが寒いんです。外の気温は夏日に近いぐらいになりました。今って何月?


a0123836_14175666.jpg
田んぼのようす。あれ違う場所?霧がかかっていた風景とはずいぶん違います。



a0123836_14180565.jpg
雲が南西から北東に勢いよく流れていくのが分かります。


a0123836_14180890.jpg
堰のようす。ゆったりとした時間が流れていきます。


a0123836_14181152.jpg
万木堰の前のアジサイには多くのカラスウリが観察できました。去年はこんなに多くなりてなかったのにな。


a0123836_14181424.jpg
雑木林を歩くと、足元にカサカサと走る生きものが…カナヘビのようすで。暖かさに誘われて出てきたのでしょうか?暖かい時期に観察できるカナヘビ。まさか勘違いして外へ出てきてしまったわけではないと良いのですが…



今年の冬はこのまま暖かいのでしょうか?それともこれから寒くなるのでしょうか?
どうなりますでしょうか?

今の季節を楽しみましょう。

お待ちしています。

# by isumi-sato | 2018-12-04 16:55 | センターこぼれ話

紅葉、進む/いすみ健康マラソン

12月2日(日)、午前9時の気温9.9℃、今朝の最低気温6.4℃、快晴。朝方広がった青空は、午後には雲がかかり風も冷たく、やっと12月を思わせるような寒さがすこしやってきた気がします。しかし今週半ばはまた温かくなるという予報です。


a0123836_15504424.jpg
昆虫広場は日に日に紅葉が広がっています。でも今年は塩害のせいなのか、ススキやオギの穂が少なく毎年のセンターの風景とは少し違っています。なんで少ないのかな?

a0123836_15505149.jpg
田んぼ近くの山裾の風景も、紅葉が進み鮮やかです。



a0123836_16552328.jpg
いすみ市では、いすみ健康マラソン(増田明美杯)が行われました。
11:30ころ先導バイクの後に、トップランナーが独走して走っていきました。



a0123836_16553074.jpg
センター進入路はコースになっているため、10:50分~13:20分まで交通規制がかかりました。
トップランナーに遅れること約25分後、田んぼの景色の中をたくさんのランナーが走っていきます。



a0123836_15505428.jpg
ボウリングのピンの姿の仮装した人が走っています。今年は去年に比べて仮装して走っている人が少なかったような…毎年どんな仮装で走るのかたのしみにしていたので。


a0123836_15505866.jpg
午後の曇り空。だんだんと冬の風景が濃くなりつつあります。


a0123836_15510375.jpg
ヒメジオンでしょうか?よく見るとこの時期に多く咲いていることに気が付きます。この花によく似たハルジオンという同じキク科の花がありますが、ヒメジオンの方が開花時期が遅く私の持っている図鑑では開花時期は6月から10月と書いてあります。でも今は12月。暖かさのせいでしょうか?今の時期多く観察できます。

このように毎年、温かかったり寒かったりで植物も様子が違います。


a0123836_15510667.jpg
田んぼを見ると赤みを帯びた植物がたくさんあることに気が付きます。イボクサでしょうか?名前はイマイチですが…花はピンク色をしていて名前からは想像できないほどかわいらしい花です。名の由来はイボクサの葉の汁をつけるとイボが取れるといわれたことが名の由来です。ほんとかな?どなたか試してみてください。

日々自然に目を向けるとたくさんの発見が待っています。


自然観察、楽しみませんか?お待ちしています。


# by isumi-sato | 2018-12-02 16:59 | センターこぼれ話

第11回いすみ健康マラソンに伴う交通規制について

第11回いすみ健康マラソンに伴う交通規制について(11月28日発信)

12月2日(日)、いすみ市教育委員会主催「第11回いすみ健康マラソン2日目、センターへの進入路が、ハーフマラソンのコースとなるため10:50~13:20の間、通行止めとなります

センターへお越しの際にはご注意ください。詳しくはこちら 大会要項についてはこちら
(当センターはネイチャ-センターという記載です。地図の左下。)


この大会はマラソンランナーの増田明美さんがいすみ市生まれなので、増田明美杯として多くのランナーが集まる大会です。ランナーのみなさんへのご声援をお忘れなく。


最新のブログはこの下↓↓↓

# by isumi-sato | 2018-12-02 13:20 | おしらせ

今日から12月~ぽかぽか陽気に誘われて~

12月1日(土)快晴。午前9時の気温は10.3℃、湿度は80%です。今日から12月…「えっ⁉今年も終わり(?_?) 早やっ!」って感じですねよね~。そして、年賀状でしょ・大掃除でしょ・忘年会でしょ・クリスマスでしょ…ああ、考えるだけで忙しい気持ちになる(-_-;)




a0123836_14440998.jpg
「ちょっと待ったー!」(byアライグマの足跡)5本指の見事な足跡から、そんな声が聞こえてくるような…




a0123836_14411488.jpg
見上げれば青空、今日は快晴です☀ 出かけましょう!12月最初の自然観察へ!




a0123836_14420154.jpg
ぽかぽか陽気に誘われて、ハナアブの仲間が花に集まっています。




a0123836_14420771.jpg
アザミの花では、ミツバチのなかまを発見。働きものですなあ。




a0123836_14423996.jpg
一方、葉の裏でじーっとしている虫がいます。成虫で越冬する ツマグロオオヨコバイです。数匹の成虫が、身を寄せ合うようにしています。




a0123836_14431065.jpg
突然ですがクイズです。この写真の中に、秋を代表する虫がいます。どこでしょう?(ヒント:セミのような格好でとまっています。)




a0123836_14431400.jpg
答え:エノキの幹中央 簡単でした? アキアカネのようです。動きが鈍くなっています。変なとまり方。




a0123836_14432964.jpg
こちらのアキアカネは、落ち葉のうえで休んでいます。日向ぼっこかな?




a0123836_14435340.jpg
ツチイナゴも、成虫で越冬します。今日はとても動きが鈍く、近づいても逃げません。でかいな。




a0123836_14435668.jpg
指を使って背比べ?…立派な個体です。こんな風に観察できるのも、寒い季節ならでは(^^♪




a0123836_14424415.jpg
年越し準備しているのは、虫たちも一緒なんですね。こちら、越年とんぼ(オツネントンボ)のなかま。成虫のまま越冬する数少ないトンボです。
なにかと忙しい12月ですが、息抜きに自然観察などいかがでしょう?おもしろいですよ😊







# by isumi-sato | 2018-12-01 17:00 | いきもの