人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

10月も終わりです/さとのかぜ202号発行


10月31日(木)午前9時の気温16.2℃、今朝の最低気温12.1℃、晴れ。青空の広がる穏やかな朝でした。今日の最高気温は21.4℃。過ごしやすい1日でした。今日で10月も終わりです。後2ヶ月で今年が終わりなんて信じられない。

10月も終わりです/さとのかぜ202号発行_a0123836_14370187.jpg
中庭のようす。ススキを眺めながらゆったりベンチに腰掛ければ、優雅なひと時が味わえます。


10月も終わりです/さとのかぜ202号発行_a0123836_14370531.jpg
ベンチの前の落ち葉が、秋を演出。


10月も終わりです/さとのかぜ202号発行_a0123836_14370745.jpg
職員が、今年花を咲かせたナノハナからとった種を来年の春のために蒔きました。来年の春も満開のナノハナが観察できることでしょう。



10月も終わりです/さとのかぜ202号発行_a0123836_14371348.jpg
デイキャンプ場では、ユズの果実が多くなりています。


10月も終わりです/さとのかぜ202号発行_a0123836_14371711.jpg
ミカンの木は?というと…実が一つもありません。去年は遠くから見るだけでいっぱいの果実があったのに。



10月も終わりです/さとのかぜ202号発行_a0123836_14371998.jpg
探してみると…なりている果実はたったの5個だけでした。(写真はそのうちの2個です)年によってだいぶ違うのですね。



10月も終わりです/さとのかぜ202号発行_a0123836_14372670.jpg
ムラサキシキブのようす。見事に鮮やかな紫色に変わり始めていました。今年は色が変わり始める時期が遅いですね。


10月も終わりです/さとのかぜ202号発行_a0123836_14111624.jpg
二週間ほど前にブログに載せたヤツデ。今は…

10月も終わりです/さとのかぜ202号発行_a0123836_14373224.jpg


不思議な形に大変身。このたくさんの丸の塊は花?それとも果実?さて何でしょう。よく観察すると短時間でこんなに変化があるのですね。観察もこの変化が激しいほど楽しさがあります。

皆さんもこの時期にしか観察できないものに目を向けてたくさんの発見をして下さいね。

お待たせしました。

「さとのかぜNO,202」発行いたしました。

詳しくはこちら

どうぞご一読ください。

by isumi-sato | 2019-10-31 16:55 | センターこぼれ話

晴れました! 小学校の自然観察日和

10月30日、晴れ。午前9時の気温は15.3℃、今朝の最低気温は13.6℃でした。
今日の最高気温は22.3℃。昼間は汗ばむ陽気となりました。
雨が多い十月でしたが、久しぶりに青空の広がる一日がやってきました。
近くの小学生たちもやってきました。良い天気に恵まれてよかったね!!

晴れました! 小学校の自然観察日和_a0123836_13235847.jpg
小水路沿いに小さな白い花がたくさん咲いています。ミゾソバです。
また、赤ピンクの色の濃いものは何でしょう? 通称あかまんま、イヌタデです。
あとで虫眼鏡で観察すると、面白いですよ。




晴れました! 小学校の自然観察日和_a0123836_13240067.jpg
冬も葉っぱがついている(常緑の)大きめの葉っぱの木の下に、大きめのドングリがたくさん落ちていました。
マテバシイという木のドングリです。
「いっぱい落ちているーー!!」


晴れました! 小学校の自然観察日和_a0123836_13240317.jpg
堰にたどり着くと広い水面が広がっていました。
手すりの柱の上には、赤トンボがたくさん見えました。
「ナツアカネーー」「アキアカネーー」と子どもたちの声。
いろいろなトンボが秋になると赤くなるよ。
ちょっとむずかしいけれど、見分けるには胸の模様を細かく見て判別するんだよ。






晴れました! 小学校の自然観察日和_a0123836_13240678.jpg
雑木林に入って、再びドングリ拾いです。スダジイ、コナラ、クヌギなどの木があって、それぞれ形や帽子の違う実が落ちています。図鑑のドングリの図と比べると何の木のドングリかがわかります。上を見上げると落とし主の木があるよー。



晴れました! 小学校の自然観察日和_a0123836_14295148.jpg
可愛い帽子をかぶっているね。これはクヌギ。



晴れました! 小学校の自然観察日和_a0123836_14295449.jpg
ハス田の近くでは「何かの卵だ!」事件発生。丸っこくて小さくて白いね。でもよく見てみると…




晴れました! 小学校の自然観察日和_a0123836_14295680.jpg
真ん中に微かに穴?があいていて、やわらかい。オニフスベというキノコの仲間のようです。面白い形ですね。
キノコも秋にはよく観察されますね。



晴れました! 小学校の自然観察日和_a0123836_14295979.jpg
竹林の近くにあるヌスビトハギを観察しました。洋服にいっぱいのヌスビトハギの果実が洋服にくっついてしまったお友達は満面の笑みを浮かべ「おもしろーい」。でもね、これがヌスビトハギの陰謀なんて…気が付かないよね。



晴れました! 小学校の自然観察日和_a0123836_13240775.jpg
館内に帰ってきて、興味のある子たちは虫眼鏡でミゾソバをじっくり観察してくれました。
かわいい。きれいー。

秋を探しにセンターへ来てくれたお友達、たくさんの秋を発見できたかな?

また遊びに来てくださいね。

お待ちしています。









by isumi-sato | 2019-10-30 17:10 | グループ・学校利用

もうすぐハロウィーン / 雨の秋もよう

10月29日(火)雨。午前9時の気温は15.5℃、湿度は95%です。今日は朝から冷たい雨が降っています。そんな中、地元の団体さまが、遊びに来てくれました(#^.^#)。




もうすぐハロウィーン / 雨の秋もよう_a0123836_13314128.jpg
ハロウィーンの仮装パーティー⁈そういえば、もうすぐですね~♪スパイダーマンやシンデレラなどに着飾ったちびっ子が、館内をウロウロしています。





もうすぐハロウィーン / 雨の秋もよう_a0123836_13320614.jpg
こちらの部屋では、お手製の竹とんぼを飛ばしています。小さなおててでは難しいかなぁ?…がんばれー!





もうすぐハロウィーン / 雨の秋もよう_a0123836_13321093.jpg
「やった、飛んだー!」すぐにできるようになりました。できるようになった大きな子は、小さな子にやり方を教えています。





もうすぐハロウィーン / 雨の秋もよう_a0123836_13321724.jpg
こちらでは、“芸術の秋”を堪能中です。絵具を使って、動物に色を塗っています。就学前のいい練習になりますね。なかなか上手♪





もうすぐハロウィーン / 雨の秋もよう_a0123836_13321885.jpg
こちら「いすみ環境と文化のさとセンター」では、雨が降っても遊べます。そういえば、外の様子はどうなっているでしょう?そうだ、散策に出かけよう!


------------------------------------

もうすぐハロウィーン / 雨の秋もよう_a0123836_16522555.jpg
普通の雨降りなので万木堰の水位はそれほど変化なく、静かな水面です。
丘陵の上の樹木は一部雨雲にかすんで見えます。


もうすぐハロウィーン / 雨の秋もよう_a0123836_16523284.jpg
堰沿いのムラサキシキブです。10月は雨ばかりで日照が少ないためか、実の色も今一つはっきりしていません。




もうすぐハロウィーン / 雨の秋もよう_a0123836_16523420.jpg
雑木林内のマユミの実が開いて赤い実がのぞいています。そこに雨の水滴がさらにぶら下がっています。



もうすぐハロウィーン / 雨の秋もよう_a0123836_16523939.jpg
畑では、菊の花が開き始めました。秋ですから。


もうすぐハロウィーン / 雨の秋もよう_a0123836_16524367.jpg
雨の中、甘いツーンとする香りが漂ってきました。
ナワシログミの花が咲き始めています。

これからは晴れの日が続く予報です。秋の散策にご来館お待ちしております。








by isumi-sato | 2019-10-29 17:21 | 地域との協働

きのうの出水 / 竹かご教室一日目

10月25日、晴れ時々曇。午前9時の気温は18.2℃、今朝の最低気温は14.6℃でした。
大雨のあと、天気予報の通り暑いくらいになり、今日の最高気温は24.8℃でした。


昨日の雨の話から。
昨夜と今朝のニュースでは千葉県では再び大雨で各所で被害が出てしまったと報道しています。
きのうの午後4時ころ雨は最もどしゃ降りになりました。
4時半ころ少し雨が小やみになった状態での撮影です。


きのうの出水 / 竹かご教室一日目_a0123836_16462704.jpg
水路では水位が上がり、田んぼも水が溜まっています。



きのうの出水 / 竹かご教室一日目_a0123836_16462811.jpg
建物南の小水路があふれました。



きのうの出水 / 竹かご教室一日目_a0123836_16463338.jpg
建物南入口扉の前は一面水面が広がっています。
排水溝から水が噴き出していました。


きのうの出水 / 竹かご教室一日目_a0123836_16463594.jpg
扉から水が館内の床に入ってきています。
あわてて扉の前に角材を置いて水の侵入を食い止めました。
小やみになったのを見て水をゴムモップでかき出しました。



きのうの出水 / 竹かご教室一日目_a0123836_16463770.jpg
今朝の雨量計です。昨日の降水量は137mm。(今朝9時撮影ですが一時間遅れていました。)昨日の午前10時ころと午後3時から4時ころに大量に雨が降りました。


きのうの出水 / 竹かご教室一日目_a0123836_16464294.jpg
今朝も水をゴムモップでかき出しました。



きのうの出水 / 竹かご教室一日目_a0123836_16464069.jpg
車庫に入れておいたワラやイモも少し浸水してわずかに濡れてしまい、
けさ、乾かしました。

-------------------------------------------------------------------



きのうの出水 / 竹かご教室一日目_a0123836_16465389.jpg
朝の駐車場には青空が望めました。
来館者がたくさんいるようです。


きのうの出水 / 竹かご教室一日目_a0123836_16483367.jpg
その理由は、、。今日から人気行事のひとつ「竹かご教室」が始まりました。
あいさつと大まかな予定をお話しした後、材料の竹を伐りに出かけます。
材料にならない伐りだしてはいけない一年生の竹は、根元に皮が見えることが特徴ですと講師の説明。



きのうの出水 / 竹かご教室一日目_a0123836_16483693.jpg
竹林で竹を伐り出しました。
昨日の増水ですぐ近くまで川の水が来たようです。



きのうの出水 / 竹かご教室一日目_a0123836_16483727.jpg
帰ってきて竹を洗います。


きのうの出水 / 竹かご教室一日目_a0123836_16484198.jpg
二節分の竹を用意して、まず竹ひごづくりです。
これがはじめの難関です。
とにかく練習あるのみです。



きのうの出水 / 竹かご教室一日目_a0123836_16484504.jpg
軒先では経験者さんたちが、思い思いにいろいろな作業はじめています。
長いひごを作ったり、網かけの竹かごを引き続き作ったりしています。



きのうの出水 / 竹かご教室一日目_a0123836_16484647.jpg
初参加の皆さんは竹ひごづくりの練習で1日目が終わりました。
たくさんひごのごみが出れば、たくさん練習した証です。
残りの3日間も頑張りましょう。




by isumi-sato | 2019-10-26 17:09 | 行事報告

二年生が勉強に来ました。

10月25日、雨。午前9時の気温は20.6℃、今朝の最低気温は17.2℃でした。
いすみ地域では朝から雨。時折土砂降りの雨が降りました。


今日は予定していた通り、近隣の小学二年生が校外学習で来館されました。
雨が強くて外を歩いて自然観察をすることは難しいため、雨プログラムを組んで
当センターにて勉強をしてもらいました。
メニューは、「生きもの観察」と、「はっぱアート」でした。


はっぱアートでは、いすみの海の中を想像し、はっぱを使って魚たちのようすを大きな紙に共同で表現してもらう作品づくりを行いました。この季節の葉っぱを屋外を歩いてひろってきてもらう予定でしたが大雨の予報のため、事前に用意しておきました。



ざっといすみの器械根の説明を行ったのち、落葉常緑などいろいろなはっぱについても説明をしました。


二年生が勉強に来ました。_a0123836_15245337.jpg
はっぱを選んで、



二年生が勉強に来ました。_a0123836_15245591.jpg
はさみで作った切れ込みを口に見立て、


二年生が勉強に来ました。_a0123836_15250092.jpg
ポンチで穴をあけたところを目に見立てて魚の完成です。 


二年生が勉強に来ました。_a0123836_15245823.jpg
魚を大きな紙において仮のレイアウトです。同じ魚同士を群れにしたり、魚の流れを作ったりしてデザインをしました。


そのあと、葉っぱを紙に両面テープで固定しました。



二年生が勉強に来ました。_a0123836_17035247.jpg
楽しかった、いろいろなはっぱがあった、魚がたくさんできたと楽しんでいただけたようです。




二年生が勉強に来ました。_a0123836_16001938.jpg
自然観察も行う予定でしたが…大雨なので、あさ捕まえた生きものを観察する内容に変更しました。アメリカザリガニの体を隅々まで…じーーー(#^.^#) いろいろな発見がありました!





二年生が勉強に来ました。_a0123836_16070483.jpg
「わー!」水辺に暮らす生きものは他にも、川に暮らすエビのなかまやメダカなどの魚類、カエル類などを観察しました。





二年生が勉強に来ました。_a0123836_16065629.jpg
草むらの中に暮らしている生きもの、特に、秋によく見られるカマキリ類やバッタのなかま、チョウ類などをじっくり手に取り観察です。





二年生が勉強に来ました。_a0123836_16074185.jpg
生きものの名前や、住んでいる場所、体の特徴などについて勉強しました。大雨の中、ありがとう!今度は、天気のいい日に遊びに来てね♪




二年生が勉強に来ました。_a0123836_16081520.jpg
今日は本当によく降っています。9時から16時までの積算降水量は、なんと100㎜を超えました。川はあふれ、館内も浸水?…この続きは、明日へと続く…




by isumi-sato | 2019-10-25 17:10 | グループ・学校利用

小学四年生の自然体験学習

10月24日(木)、午前9時の気温20.4℃、今朝の最低気温14.4℃、曇。雨は降りそうで降らない、風の強い一日となりました。明日は荒天が見込まれているようです。これ以上大雨は降ってほしくないですね。今朝の最低気温も15℃を下回りました。これからどんどん寒くなると思うと少し憂鬱になってしまいます。

今日は少し遠い所にある都会の小学校から、四年生のお友達が宿泊学習の一環で竹でっぽう作りと、いすみ探検ゲームを行うためセンターを訪れました。

小学四年生の自然体験学習_a0123836_15462179.jpg
まずは、短めに館内説明です。
房総半島、当センターの位置や周辺の地形・土地利用をジオラマ模型で説明しました。いすみにだけしかない植物「イスミスズカケ」を紹介し、触れて観察してもらい、はく製を使って周辺にみられる野生動物も説明しました。天然記念物のミヤコタナゴについても生態を紹介しました。



小学四年生の自然体験学習_a0123836_12005778.jpg
いすみ探検ゲームは、設問と、答えのヒントがある場所を示した地図を渡されて、当センターの敷地の中をぐるりと歩いていろいろな発見をしてくる自然観察のゲームです。初めて来た場所を5,6人のグループに分かれて行動します。

設問は、秋の季節、当センターにふさわしい対象物を取り上げ、それがみられる現地に設置する説明やヒントを事前に準備しておきました。
今朝は、朝からバタバタと職員が現地にそれを設置をしてまわりました。
そのやり方や質問内容、地図の読み方について説明してはじまりはじまり。


小学四年生の自然体験学習_a0123836_15462782.jpg
例えば、頭上にあるアケビの実を発見してもらう問題。

小学四年生の自然体験学習_a0123836_15463152.jpg



小学四年生の自然体験学習_a0123836_15463508.jpg
畑にある白いフワフワした実を見つけて、



小学四年生の自然体験学習_a0123836_15463754.jpg
何に利用しているのかを考えてもらう問題。



小学四年生の自然体験学習_a0123836_15465339.jpg
ハス田ではクルミの木や実を見つけてもらい、それを食べた証拠や出てくる動物を考えてもらいました。



小学四年生の自然体験学習_a0123836_15464010.jpg
約500メートル離れた湿性生態園まで行って、



小学四年生の自然体験学習_a0123836_15464204.jpg
秋らしい植物の数々を観察してきてもらいました。



小学四年生の自然体験学習_a0123836_15465561.jpg
最後に中庭に戻ってきて、設問答えの説明です。
また、一周歩く中で各々が発見したり感じたりしたものやことを教えてもらいました。
オオカマキリを見つけたり、カエルを見つけたり、小さなミゾソバの花の美しさを見つけたり、おいしい空気を感じたり、幹についているたくさんのウメノキゴケを見つけたり、いろいろな野鳥の声も感じてもらえました。
盛りだくさんの自然探検ゲームを楽しんでいただけたようです。





小学四年生の自然体験学習_a0123836_12005973.jpg
竹でっぽう作りでは、最初に弾の飛ぶしかけや作り方を説明しました。



小学四年生の自然体験学習_a0123836_12011056.jpg
ノコギリを使うのは初めてでしょうか?先生やお友達の助けを受けながら竹を切ります。


小学四年生の自然体験学習_a0123836_12011329.jpg
完成した後は、弾を打ってみます。空気がうまくふさがれるように弾が作れないとポンという音と共に発射できません。




小学四年生の自然体験学習_a0123836_16092956.jpg
「ポン」という音がきれいに出たときにはみんな「気持ちいい~」や「おおーすごーいおもしろーい」の声がセンター建屋内に響きました。里山で昔ながらの遊びを満喫されたようです。お父さんやお母さんたちへのお土産話が増えたかな?


by isumi-sato | 2019-10-24 16:55 | グループ・学校利用

秋晴れの一日でした

2019年10月23日(水)、午前9時の気温は17.3℃、今朝の最低気温は12.7℃でした。ついに13℃を切って、朝方はずいぶんと冷えるようになりました。
今日の最高気温は24.8℃、作業にはちょっと暑く汗をかいてしまう気温、あとちょっとで「夏日」という一日でした。でも、湿度が低いせいなのか、部屋の中の事務作業ではすごしやすい一日でした。

秋晴れの一日でした_a0123836_14123345.jpg
今朝はご覧のように秋晴れ。雲一つない空は気持ちがいいですね。


秋晴れの一日でした_a0123836_14122518.jpg
午後には雲も少し出てはきましたが、まあ快晴に近い空。
こちらはオギの穂、後ろの葉のない木はオニグルミです。
オニグルミは2回の台風で、ほとんど実を落としてしまいました。でもリスが落ちた実を食べに来ているようです。


秋晴れの一日でした_a0123836_14122706.jpg
昨日の写真よりずいぶんと水が引きました。今朝がたはまだ水路の水深は深めでしたが、だいぶ落ち着いてきました。


秋晴れの一日でした_a0123836_14123194.jpg
あちらこちらでトンボが羽を休めています。羽をいっぱいに広げ「ひなたぼっこ」をしているように見えてしまいます。トンボたちの姿をいつまで見ることができるのでしょうか。気温がどんどんと下がって、秋ももうすぐ下旬へと進んでいきます。


秋晴れの一日でした_a0123836_14123706.jpg
今日の日差しに誘われたのかセイヨウタンポポの花がいくつか咲いていました。

この日差しも今日いっぱい。明日は曇りで夜中には雨もよう、金曜日は雨の予報。また、台風崩れの低気圧が近づく気配。
週末も曇り勝ちみたいですが、秋の花や虫たちを観察してみませんか。


by isumi-sato | 2019-10-23 17:15 | いきもの

雨、雨、雨で困ります。

10月22日(水)、午前9時の気温16.4℃、今朝の最低気温15.3℃、雨のち曇り。冬を思わせる暗さ、寒さの一日でした。即位礼正殿の儀のため祝日となった今日ですが、残念ながら秋晴れにはなりませんでした。太陽の恵みが欲しい今日この頃です。降り始めからの雨量は79.5㎜。




雨、雨、雨で困ります。_a0123836_14104532.jpg
昆虫広場のようす。セイタカアワダチソウのおかげで黄色く華やかなになりました。冬になると、暗い色一色になってしまいますからね…今のうちに華やかな昆虫広場を楽しみたいものです。



雨、雨、雨で困ります。_a0123836_14105179.jpg
水路のようす。護岸の少し下のレベルまで上がった水位。19日よりは少し低い水位です。20日、21日に下がり、今日22日に再び上昇しています。大雨ばかりで困りますね。


雨、雨、雨で困ります。_a0123836_14105900.jpg
田んぼの水路の上流にあるホタルの水路も水位が上がっています。いつも穏やかな流れの水路ですが、今日は様子が違います。
水路の生きものたちは小石の隙間に隠れて流されないようにがんばっていることでしょう。それでも流されてしまう生きものももちろんたくさんいることでしょう。生きもののみになってみると、大変だ―!!


雨、雨、雨で困ります。_a0123836_14110467.jpg
田んぼ脇の水路にある、クワノキに絡まっているのはキヅタでしょうか?花が咲いています。このキヅタは常緑で、真冬のさむーい時期にも葉が青々としています。なので、冬時期の茶色や、黒色の世界では、比較的目立ちます。



雨、雨、雨で困ります。_a0123836_14110752.jpg
おや?蛇に抜け殻を発見。こんな時期に抜け殻を見つけるなんて。


雨、雨、雨で困ります。_a0123836_14111145.jpg
ムラサキシキブのようす。鮮やかな紫色の果実がだいぶ目立つようになりました。待ってました!

雨、雨、雨で困ります。_a0123836_14112067.jpg
昆虫広場にあるタコノアシという植物。よく見ると名の通り、タコがさかさまになって足を伸ばしたように見えます。

おもしろいことにそのまんまの名前が付いた植物です。誰が見ても「タコノアシ」ですね。

雨が多く、はっきりしない天気が続く毎日ですが、センターの生きものたちは元気に成長しています。

遊びに来てね。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2019-10-22 16:55 | センターこぼれ話

曇空が続きます。では秋の実は?

10月20日、曇。午前9時の気温は21.4℃、今朝の最低気温は17.9℃でした。
雲が広がった空のため暖かい朝でした。日中気温が上がり夏日かもという予報が出ていましたが、それほどではなく今日の最高気温は23.3℃でした。
午後には少し日がさす時間もありました。



曇空が続きます。では秋の実は?_a0123836_16521489.jpg
今年の秋は、台風、雨、曇の日が多くて、すっきりした秋晴れがほしいところです。



曇空が続きます。では秋の実は?_a0123836_16521755.jpg
中庭のエノキのはっぱも台風の塩害のため、ふちから茶色に変色してきています。



曇空が続きます。では秋の実は?_a0123836_16521948.jpg
水路の水位は、昨日よりもぐっと下がりました。
暖かさにつられてザリガニ釣り目当てのお客さんも来ましたが、さすがに10月の気温ではエサの食いつきは今一つのようです。



曇空が続きます。では秋の実は?_a0123836_16522332.jpg
昆虫広場では、ススキ、オギの穂が風に揺れています。黄色いセイタカアワダチソウも風に揺られています。
ちなみにセイタカアワダチソウは昆虫が花粉を運ぶ植物のため、風で花粉はたくさん飛ばしません。
花を見て花粉が飛ぶといやがる方はご安心ください。




曇空が続きます。では秋の実は?_a0123836_16522529.jpg
ススキの茎にバッタの仲間がつかまっています。大きく育ったツチイナゴのようです。
ツチイナゴはほかのバッタは寒くなるといなくなってしまうのに対し、越冬できるバッタです。



曇空が続きます。では秋の実は?_a0123836_16522841.jpg
通路にはクリのイガがたくさん落ちています。でも中身はほとんど空です。




曇空が続きます。では秋の実は?_a0123836_16523140.jpg
雑木林の脇に生えている低木にも秋らしい実が見えるようになりました。
ぶら下がった実が割れて、赤い実がのぞき始めました。マユミです。




曇空が続きます。では秋の実は?_a0123836_16523583.jpg
また赤い実といえば、林道沿いにガマズミの実も目立ち始めました。
熟してくれば、野鳥たちの好物です。



曇空が続きます。では秋の実は?_a0123836_16523752.jpg
樹木では、頭の上に赤い葉が目立ち始めました。ハゼノキです。
よく見ると細かな茶色の実をたくさんぶら下げています。
この実も、食べ物の少なくなった真冬には野鳥たちの大切な食料になります。




曇空が続きます。では秋の実は?_a0123836_16524020.jpg
最後に小水路沿い。数珠玉、ジュズダマの実がこげ茶色になってきました。
とても固い実ですが、ひもを通して首輪を作ったり、お手玉の中身にしたりと、昔から遊びとなじみの深い植物です。
秋は少しずつ本番へと向かっています。

ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2019-10-20 17:07 | しょくぶつ

雨上がりの静かな土曜日

2019年10月19日(土)、朝9時の気温は18℃でした。
昨晩からの雨はすごかったですね。記録上(時計がちょっと怪しい)では昨夜の11時過ぎから降り始めた雨は朝7時頃まで降り続き、その累積降水量は120mmに達しました。この間8時間、記録上ではほとんど同じペースで降り続いていたようです。降水量では、先日の台風19号だけよりは多かったかも。
県内の一部では記録的短時間大雨情報が出たくらいですから。

その結果、
雨上がりの静かな土曜日_a0123836_14001302.jpg
雨上がりの静かな土曜日_a0123836_14001614.jpg
センターの中央を流れる堰の排水路は午前9時でご覧の通り。
もしかしたら一時は水路と田んぼで水面がつながっていたのでは、と思わせるほどです。草が倒れていないので、そこまでは上がらなかったもよう。

そして今夜からまた明日未明にかけて雨が降る予報。ただ、それほど多くは無いようです。
なんか、最近は週末に天気が悪くなりますね。

------------------------------
で、この週末の日曜20日には、幕張で行われるエコメッセに参加します。
SDGsの3、千葉県環境財団(指定管理者)という名前ですので覗いてみてください。
クイズに答えると缶バッチがもらえるかも。

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2016年から2030年までの国際目標です。17のグローバル目標と169のターゲットがあります。
ちなみに3は「すべての人に保健と福祉を」だそうです。
------------------------------


そして台風20号が発生していますが、これはほどなく熱低に。でも秋雨前線とあいまって、火曜から水曜にかけてまた一雨ありそうです。


秋雨前線で秋の気配を感じても仕方がないですね。
ちょっと前まで「暑い」と言っていたのに、昨晩あたりは毛布1枚では寒い、という気温の下がりっぷり。

雨上がりの静かな土曜日_a0123836_14001078.jpg
秋の景色はセイタカアワダチソウ・・・・・??

いやいや
雨上がりの静かな土曜日_a0123836_14001239.jpg
ススキでしょう。

そんなセンターですが、
雨上がりの静かな土曜日_a0123836_14001732.jpg
こちらはモクレン。

雨上がりの静かな土曜日_a0123836_14002136.jpg
こちらはコブシ。

みごとに紅葉・・ではなく、塩害で葉が枯れてしまったようです。
どちらかといえば台風15号の影響でしょうね。千葉県内では暴風で倒木が発生、電気のラインがズタズタに。
センターでは停電してしまい、ここ10年では初めての臨時休館となりました。
(台風19号では今年2回目の臨時休館でした。)

何年か前は、台風の後に塩害で停電騒ぎが起きましたが、今回は雨もそれなりに降って塩を洗い流したのでしょう。塩害に起因する電気への影響はなかったようです。でも、植物には厳しかったようですね。

今年はもう台風は来ないでしょうが、将来はもっと強いのが上陸するとの予測もあるようです。
そんな未来が本当に来るのでしょうか。


タグ:
by isumi-sato | 2019-10-19 17:15 | センターこぼれ話