人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

一年の半分オワタ

6月30日(日)雨のち曇り。午前9時の気温は25.3℃、湿度は92%でした。今日で6月が終わり…ってことは(*_*)=1年のちょうど半分が終わったってこと⁈…もう?うそ?早すぎ?何してたっけ?…これ、私の感想です。みなさまは、どのようなご感想をお持ちですか?




a0123836_14244127.jpg
そんなホモサピエンス(ヒト=生物学上の種名)の思惑に関係なく、ほかの生物は季節通りに成長しています。こちらの蓮も、だいぶん花芽が目立つようになってきました。





a0123836_14251521.jpg
きれいですね~♪ 見ごろは、「ハス観賞週間」7月9日~21日ごろを予想しています。早朝からでも見学可能です。皆様のご来館を、お待ちしております。





a0123836_14285875.jpg
こちらもキレイ☆ ガクアジサイが見ごろを迎えています。周りに装飾花(そうしょくか)がついています。中央の小さいのが花の集まり。装飾花は、花の集まりを大きく目立たせる役割をしています。




 
a0123836_15390654.jpg
午前中に降っていた雨も、午後には止みました。すると…たくさんのお友達が来てくれました。(#^.^#) 水路でザリガニ釣りを楽しんでいます。たくさん釣れました♪






a0123836_14254999.jpg
水路の横には、田んぼがあります。4月28日に田植えを行いました。下は1歳から上は70代までの体験参加者およそ50人が、手植えで一生懸命植えた稲です。





a0123836_14255684.jpg
見てください!この立派な成長ぶり。参加者のみなさん~、順調に生育していますよ~♪ 田植えから4カ月ほどたつと、いよいよ稲刈りです。稲にとっても今日で半分。明日から後半戦スタートです。稲刈りは9月1日を予定しています。





a0123836_14262647.jpg
ぶるるん…おやおや?軽トラ部隊がやってきました。





a0123836_14274810.jpg
ウイーン!…道の草刈りが始まりました。。草刈りは、田舎暮らしには欠かせない作業の一つです。やらないと、道が草に飲み込まれて通れなくなっちゃうんですよ…💦





a0123836_14275479.jpg
いすみ市で働く「地域おこし協力隊」の談話です。「移住して間もない頃、私の目に映る広大で美しい田園風景は、自然の一部のように思えました。しかし、今は違います。日々の暮らしの中で農業が身近になり、田んぼは、農家さんの絶え間ない努力で、代々守り継がれて来た尊いもの、と感じるようになりました。」(広報いすみ2019.7より)





a0123836_14280717.jpg
うんうん、ほんと共感しちゃいました!草刈り作業をしていただいている皆様に、敬礼です。/)`;ω;´)われわれスタッフも、微力ながら頑張っています。





a0123836_14295921.jpg
なんと美しい里の風景でしょうか。こうして再び、道路がよみがえりました。ここで暮らす我々も、たいへん喜んでいます。(^^♪





a0123836_14305308.jpg
草刈りで喜ぶのは、ホモサピエンスだけではないようです。きれいに草刈りした後の草むらで、アオダイショウが2匹、右へ左へゴロゴロ転がっています。





a0123836_14323367.jpg
ぎゅーって…絞め殺しているの❓ いえいえ…これは、ヘビの交尾。とても情熱的な光景でした。初めて目撃した僕は、大興奮!目が血走っていたようで、スタッフから「大丈夫❓」と心配されました。大丈夫ではありません…今も興奮中です。自然はすごい!そして、草刈りも自然保護の一つなのだと実感しました。





a0123836_14324150.jpg
皆さまも興奮しに来てください!ここには、それがあります。

by isumi-sato | 2019-06-30 17:18 | いきもの

ハスの蕾続々と


6月29日(土)、午前9時の気温20.4℃、今朝の最低気温20.3℃、雨。朝から降り続く雨。にもかかわらず、午前中にはザリガニ釣りを楽しむお客様が二組。雨の中お子さん4人で100匹ほどのザリガニを釣っていました。雨でも結構釣れるのですね。


a0123836_13465294.jpg
ハスのようす。今朝は5輪の開花が確認できました。花托の鮮やかな黄色が目を引きます。しかし後に宇宙人のような風貌にになるなんて想像もつきませんね。

a0123836_13465679.jpg
ハス田はどんどん蕾をつけ始めました。ここ数日、来館されたお客様に口頭での「ハス咲いてますか?」という質問をよく聞かれます。これからどんどん開花する花は増えていきます。また見に来てくださいね。



a0123836_13470064.jpg
田んぼ近くでホタルガが観察できました。頭だけが赤く、他の分部は黒い。その配色が、ホタルを思わせることから命名されたようです。赤い頭の分部よりも翅の白い部分の方がよく目立ちます。


a0123836_13470578.jpg
ネムノキの葉のようす。今朝も多くの植物たちが雨の魔法にかかっています。特徴的なネムノキの葉。2回羽状複葉と呼ばれる葉のつき方が特徴的です。


a0123836_13470835.jpg
ネムノキの花のようす。雨水がたくさんついています。素敵ですね~。



a0123836_13471176.jpg
カキの木のようす。果実はもうほぼカキの形をしています。赤く色付き始めるのはいつごろでしょうか?


a0123836_13471551.jpg
クリの木のようす。クリの木ももうすでにクリの果実の形をつくり出しています。特徴的なイガが目立ち始めました。

明日で、6月も終わりです。時の流れは速いものです。

生きものたちも着々と次の季節への準備を始めているようです。

そんな生き物たちの姿を見に来てくださいね。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2019-06-29 17:25 | センターこぼれ話

雨の魔法/楽しみはこれから

6月28日(金)、午前9時の気温24.4℃、今朝の最低気温23.7℃、曇のち晴れ。昨日の18時に発生した台風3号。気象協会のサイトを見ると台風3号と共に「セーパット」と書かれていました。「セーパット」は、マレーシアが用意した名前で、淡水魚の名前です。台風の名前は、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。準備された140を繰り返して使用(140番目の次は1番目に戻る)されますが、大きな災害をもたらした台風などがあると、加盟国からの要請によって、その名前を以後の台風では使用しないように別の名前に変更することがあります。詳しくはコチラ
台風の影響はなく、朝方早くには雨もやみました。降り始めからの雨量は33㎜でした。

a0123836_13425377.jpg
雨の朝には心躍らせて出勤する私。なぜかというと、雨の魔法に、生きものたちがかかっているから…。足元の植物たちも、雨水をまとい輝いています。水滴に彩られた自然はなんと素晴らしことでしょう。是非雨上がりの朝に足元の植物たちを観察してみてくださいね。きっと違う景色が見えるはずです。この写真はシロツメクサの葉のようす。魔法の世界へ迷い込んだようです。


a0123836_13425719.jpg
センター中庭のポット鉢の中にあるアサザ。今日も色鮮やかな黄色を発しながら優雅に咲いていました。千葉県の保護上重要な野生生物-千葉県レットデータブック-植物・菌類編(2009年度版)には、重要保護(B)でしたが、2017年版リストでは最重要保護(Aランク)に格上げされていました。アサザは多年生の浮葉水草。地中に横に這う根茎があり、葉は単葉で対生し水面に浮かび円形で心深形で両縁は深く重なっています…とはいっても百聞は一見に如かず。センターに見に来てくださいね。



a0123836_13430067.jpg
昨日、開花が確認できたセンターのハスの花。今日はハスの花が雨の魔法にかかり、すばらしい景色を創り上げていました。鮮やかなピンク色。自然てスバラシイ。



a0123836_13430384.jpg
ハスの葉のようす。今度は雨水がハスの葉の魔法にかかりダンスを踊っていました。

a0123836_13430705.jpg
ハスのは上ではさまざまな生きものたちが訪れ、ハスの花の時期を楽しんでいるようです。




a0123836_13431046.jpg
こちらは、センターを毎年利用して下さる方々の活動のようす。今年もコケ玉づくりを皆さんで楽しまれたようです。

a0123836_13431403.jpg
素晴らしい作品がどんどんできていきます。センターにも作品を一ついただきました。事務所窓口に飾ってありますので、見に来てくださいね。

a0123836_13432701.jpg
午後からは、スッキリ晴れ渡った青空。ムシムシしています。冷房の入った事務所からカメラを持って屋外の撮影をするとレンズが曇ってしまい、当分の間、うまく写真が撮れませんでした。6月もあと三日で終わり。クーラーが必要不可欠な季節に突入ですね。
a0123836_13433473.jpg
ハス田のようす。朝方の雨の魔法が溶けたようです。今朝の開花は三輪でした。見渡すとつぼみは10個以上あるようです。いよいよハスの花の季節。


皆さん見に来てくださいね。お待ちしております。

by isumi-sato | 2019-06-28 17:25 | センターこぼれ話

ハスの開花

6月27日(木)、午前9時の気温27.3℃、今朝の最低気温22.8℃、晴れ。朝からむし暑い一日となりました。夏の景色が色濃くなってきたことを感じるセンターです。しかし午後には雲がかかりどんよりとした空模様です。

a0123836_11341667.jpg
中庭、朝のようす。雲の形が夏を思わせます。しかし台風も近づいているようで、西から東へすごい速さで雲が流れていることが観察できました。



a0123836_11342033.jpg
田んぼのようす。こちらも緑が濃くなり始めています。




a0123836_11342361.jpg
風が吹くたびに稲が揺れています。いすみのどこの地域でも見ることのできる風景ですが、かけがえのない風景でもあります。

a0123836_11342690.jpg
ハス田へ朝向かうとやっと三輪のハスの開花が観察できました。先々週あたりから、来館されたお客様に「ハスはまだ咲きませんか?」との質問を数回受けました。待ちに待った開花です。



a0123836_11342917.jpg
おや?ハスの花で吸蜜している生物を発見。朝早く開店するレストランですね。


a0123836_11343244.jpg
イスミスズカケのようす。こちらも電話等で「花咲きましたか?」と二回ほど問い合わせを受けました。つる全体の花が咲くにはもう少し時間がかかりそうですが、花のようすは観察できます。
世界中どこを探してもいすみにしか生育しない植物「イスミスズカケ」を是非見に来てくださいね。


お待ちしております。

by isumi-sato | 2019-06-27 17:25 | センターこぼれ話

梅雨の谷間、再び。活動する生きものたち。

6月26日、晴れ。午前9時の気温は25.4℃、今朝の最低気温は17.0℃でした。
昨日に続いて雨があがって、気温も上がり蒸し暑い一日となりました。
最高気温は、28.2℃でした。



a0123836_17160184.jpg
ハスの蕾は、日々大きくなってきています。
あと二、三日のうちにはきっと開花が見られることでしょう。
今年は例年よりも少しハスの花の開花が遅れているようです。
4月、5月に少し寒い日が続いたことの影響なのでしょうか。



a0123836_17155659.jpg
万木堰の水位は高めで、土管の断面九割くらいは水面下です。
水面にたくさんの黄色い細かなものが浮かんで模様がつくられています。
犯人は? というと、樹冠を白くしているアカメガシワの花で、そこから落ちた花柄のようです。



梅雨の谷間、日がさす一日に巡回を行うと、鳥、蝶、トンボ、バッタ類などいろいろな生き物に出会うことができました。生き物たちは活発に動いているようです。



a0123836_17160701.jpg
ディキャンプ場、日当たりの良いシロツメクサの花には、ミツバチが来ています。




a0123836_17162024.jpg
同じくシロツメクサにべニシジミも張り付いています。




a0123836_17161056.jpg
花を咲かせ始めているムラサキシキブの葉には、ひらひらと来たホタルガが止まり、また飛んでいきました。




a0123836_17162498.jpg
ディキャンプ場、水路脇にある大きなエノキの木の枝に野鳥の姿が見えました。
薄い灰色、ふわふわとした羽毛ですが、何の鳥でしょうか?
巣立って独り立ちをして間もない幼鳥のようにも見えます。




a0123836_17163249.jpg
枝から降りてきて地面を歩いて食べ物を探しているようすです。
何か昆虫を捕まえたようです。




a0123836_17181919.jpg
地面を歩くちょっとおどけたような特徴のあるその歩き方を見て、セキレイの仲間とわかりました。目の周りの模様からハクセキレイのようです。
エサも増える初夏は、独り立ちした若鳥の多い季節です。しかし梅雨という雨の多い季節にも重なり、若鳥は一生懸命に生きているようです。




a0123836_17162727.jpg
日当たりの良い電気柵の電線にトンボがたくさん止まっています。
ノシメトンボです。




a0123836_17182836.jpg
あづまやの前にミントが生えています。そこには、上面が薄い青紫色、下面が白に黒の細かい模様がある小さなチョウが止まっていました。ヤマトシジミのようです。




a0123836_17183118.jpg
湿性生態園のデッキの近く、水面から突き出した木の枝に何かが止まっています。




a0123836_17183448.jpg
ウシガエルでした。残念。これは、特定外来生物です。逃げ足が速くて人が近づくと一目散にキャという声を発してボチャンと水音を出して隠れてしまいます。
そのほか、ハチやクモやいろいろな昆虫たちが植物の葉に活動していました。




a0123836_17183708.jpg
最後に、日当たりの良い林道沿いのイヌビワの葉に見つけた生きものです。
日に当たって肌が光っています。シュレーゲルアオガエルです。
カエルたちも日光浴をして体調管理を行っているようにも思えます。

いろいろな生き物に出会えます。
ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2019-06-26 17:29 | いきもの

ピンク色、オレンジ色の花

6月25日(火)、午前9時の気温21.9℃、今朝の最低気温15.8℃曇りのち晴れ。午前中は雲が多く、午後にはサンサンと太陽の日差しを受け汗ばむ陽気となりました。

a0123836_15014551.jpg
ある植物の下からの撮影。いよいよ夏らしい景色が広がり始めました。


a0123836_15015056.jpg
皆さんお分かりかと思いますが、ネムノキの下からの撮影でした。まだかまだかと待っていたネムノキの花の開花。ピンク色のカワイイ花が咲き始めました。


a0123836_15015300.jpg
万木堰のようす。穏やかな景色とは裏腹に、じりじりとした太陽の光が肌に突き刺さります。


a0123836_15020101.jpg
堰近くにあるカラスザンショウの木のようす。花を咲かす準備でしょうか?


a0123836_15020421.jpg
カラスザンショウの木の下の木陰に入ると別世界。どこを歩いても追いかけてくる陽射しからしばし解放されます。


a0123836_15020758.jpg
スダジイの枝先を見ると果実が出始めていました。観察を続けると果実の大きくなる過程が楽しめそうです。

a0123836_15021157.jpg
カヤの果実もまん丸に。果実を摘んで匂いを嗅ぐとツンとしたすっきりした香りが楽しめますよ。自然のアロマです。


a0123836_15021453.jpg
このかわいらしいオレンジの花はヤブガラシ。小さいですが存在感のある花です。さまざまな花が開花し、ますます観察しがいがあるセンターです。


観察しに来てね。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2019-06-25 17:25 | センターこぼれ話

ネジネジ、ポロポロ?

6月23日(日)、午前9時の気温21.2℃、今朝の最低気温19.7℃、曇。雨がいつ降ってもおかしくないほどのドンヨリ感が続いた一日でした。でもそのおかげで、暑くもなく、屋外で活動するにはちょうど良い一日となりました。



a0123836_10375170.jpg
中庭の百葉箱の近くには、ネジバナが鮮やかなピンク色を発しながら咲き始めました。見事なネジネジ。皆さんも見つけてみてくださいね。




a0123836_10375821.jpg
田んぼでは、今日も生き物たちの足跡がくっきり残っています。アライグマの足跡。小さい子供の手形のようです。中干しを始めてから田んぼに訪れる生きものたちの様子がよくわかります。



a0123836_10380262.jpg
今日も朝から多くのお友達がザリガニ釣りを楽しみました。一日釣っていても飽きません?





a0123836_10380544.jpg
この時期を象徴する生き物カタツムリが観察できました。アジサイの花の近くで撮影出来たら最高だったんだけどな~。



a0123836_10380986.jpg
セイダカアワダチソウのタワーマンションが今年も出現。葉の上に乗って獲物を待ち構えている二ホンアマガエル。この時期ならではの風景です。



a0123836_10381367.jpg
クワの木のようす。果実がだんだんと熟してきました。もっと黒く熟したら食べごろ。

a0123836_10381680.jpg
その熟した果実を食べに、ハラグロオオテントウがたくさんクワの木にとまっていました。ざっと数えただけでも5匹。皆さんも探してみてくださいね。テントウムシの仲間では最大のなので、見つけるときっと驚いてしまいますよ。

a0123836_10382051.jpg
雑木林を歩くとある木の下にポロポロと丸い果実が落ちていました。



a0123836_10382366.jpg
そう、ヤマモモの木です。まん丸で作り物のようなその果実は紫色に熟すと食べられますよ。ジャムや、ジュース、果樹酒にして楽しむ方もいるそうです。自然の恵みって素晴らしい。

この時期に果実をつける植物の観察等楽しんではいかがでしょうか?

お待ちしています。

by isumi-sato | 2019-06-23 17:25 | センターこぼれ話

夏至。花や実。

6月22日、曇りのち小雨。午前9時の気温は24.5℃、今朝の最低気温は20.2℃でした。朝方は気温は高めで蒸し暑さを感じました。
昼前から少し冷たい空気が入って、時おり雨が落ち午後も雨が降ったりやんだりと、つゆらしい天気になりました。今日の最高気温は、朝の24.5℃が最高気温となりました。

今日は夏至。一日の昼間の時間が最も長い日です。ということは、なんともう、明日から少しずつ昼間の時間が短くなっていくということです。早くも一年の折り返しになります。


a0123836_17324963.jpg
万木堰の水位は高めで、少しもやがかかっています。




a0123836_17325407.jpg
対岸の木々のかたまりが白く見えています。
アカメガシワの花が咲いています。それが白く見せています。
新緑の時は赤く、晩秋の落葉の時は黄色く、冬には葉を落とした枝がうす茶色に見えて季節の変化を感じられます。



a0123836_17325715.jpg
ハスの葉に雨の水滴がたまってコロコロしています。
蕾はまた少し大きくなっています。



a0123836_17330008.jpg
ムラサキシキブの花が目立つようになりました。




a0123836_17330320.jpg
大きくアップ写真。近づいてみると、薄紫と黄色の細かな花の造形がありました。



a0123836_17330538.jpg
林道沿いを歩くと丸くて赤い実が目につきました。
コウゾです。食べられる実とありますが、少し口に残るものがあるようです。
紙の原料になる低木です。



a0123836_17331144.jpg
ぶら下がっている緑色の実は、春に黄色い花をかんざしのようにたらしていたキブシの実です。




a0123836_17331435.jpg
雨の中、コナラの葉先にノシメトンボが停まっています。




a0123836_17331679.jpg
足もとに、ホタルブクロの花に水滴がついて梅雨らしさを演出しています。



a0123836_17332206.jpg
イスミスズカケの花が日々増えています。
ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2019-06-22 17:38 | しょくぶつ

ホタルもトンボも大好き!

6月21日(金)、午前9時の気温24.4℃、今朝の最低気温18.9℃、曇り時々晴れ。朝からむし暑い一日でした。朝方一時雨が降りました。


a0123836_13205312.jpg
今日も校外学習で近隣の小学三年生がセンターを訪れました。二班に分かれて自然観察と館内見学を行いました。まずは館内見学の様子から。やっぱりセンターに来たら覚えてほしいイスミスズカケの解説をしました。「イスミスズカケはいすみにしか生育していない植物です。世界中でここでしか見ることのできない花なんですよ。」昨日開花し始めた花を見て「かわいー」「小さい~」。いすみに住んでいるんだから覚えてほしいな~。



a0123836_13205680.jpg
水槽展示してあるミヤコタナゴ等の解説をしましたが、意識ははく製の方へ…イノシシやキョン、アライグマを見てみんな大騒ぎ。「あーキョンだー私キョンの鳴きまねできるー」といってあの独特な恐ろしいキョンの鳴きまねをする女の子たち。みんなそっくりです(笑)。アライグマと二ホンタヌキの特長の違い、私が以前二ホンリスをセンターで観察できた時のお話など哺乳類のお話にとても興味を持っていました。まずは興味を持つことが大事ですよね。



a0123836_13205903.jpg
学校で調べているお友達がいるということで、ホタルの模型を使ってゲンジボタルのことについても少し解説しました。センタ-建屋中央にある知識の林という展示物の中の一つ「ラブコールの木」という展示物を使ってゲンジボタル光り方を解説。この展示物のボタンを押すとゲンジボタルオスメスの発光器が光ります。
ゲンジボタルは4から7秒ほどのゆったりとした感覚で強く発光することや、オスの発光器は二節が光るのに対し、メスは一節しか光らない。メスの方が大きいなどを解説しました。
そのほかにもホタルに興味を持っているお友達の質問はとまりません「ホタルは何の仲間?」「なんで光るの?」「どこに行った見つかるの」などなど…。何とか答えられましたが、みんなそんなに質問が出るほど興味があるなんてすばらしいね。将来が楽しみです。


a0123836_13210385.jpg
おなじ知識の林の展示物の中の「ホタルのくらし」を使っても解説しました。成虫の寿命は約1週間から10日程度。
オスとメスが出合うと間もなく交尾が始まりその後メスは湿ったコケの上や朽木の表面などに産卵します。一匹のメスが産卵する卵の数は500から1000個といわれています。産後一か月後、羽化した幼虫は水(水辺・水路)に入り、カワニナ(貝)等などを食べながら成長します。
その後冬を水中で過ごし4月中旬に上陸し土に潜ってさなぎとなります。上陸をして50日後に羽化をはじめ成虫となって発光をはじめます。みんな理解出来たかな?ホタルはいすみ市の大事な財産です。みんなが大人になってもみんながホタルを観察できるような環境を守ってくださいね。お願いしますよ。


a0123836_16262602.jpg
ハス田に行って、蕾をさがしました。




a0123836_13371597.jpg
あった!! 見つけた!! 次から次に蕾が見つかりました。
ハスの花の開いた写真も紹介しました。
「根っこは食べられるものになるよ。何でしょう?」
「レンコン!!」
近くのオニグルミの木のなっているクルミの実も観察しました。



田んぼに生えているイネを見ました。いま水がなくなって土に地割れができてきています。「一度水を切って根に酸素をたくさん送ります。これをなんというのかな?」「中干し、といいます。」
さらに田んぼの生きものをさがしてみます。少し前まではイネの株もとにたくさんのヤゴが小陸して羽化していました。
地面に残った足跡から、来ていた生きものを推察してみました。
細い5本指がはっきり残っているのは、アライグマ。歩幅が狭くて2列の足あととまん中にこすったような跡が残っているのは、カメの跡。



a0123836_13371876.jpg
たくさんの鳥の声が聞こえてきます。何種類聞こえるかわかるかな?
チーチー、ホーホケキョ、カァー、ヒーヨ、トッキョキョカキョク、ゲシゲシゲシ、、。
すぐ近くで最も大きな声を出して聞こえるのは、、?。
オオヨシキリでした。

森の中に入ってみます。涼しい!! 
コナラ、クリ、クヌギの木を見くらべてみました。
足元に落ちているドングリの実の痕跡もさがしてみました。
ドングリにもいろいろな種類の樹があるんですよ。実の形や大きさ、帽子の形にもそれぞれ特徴があります。


a0123836_13371201.jpg
今咲いている大きな青い花を観察してみます。
木の名前は?? 「アジサイ!!」当たりです。でも本当はガクアジサイといいます。
外国に持っていかれて品種改良されて戻ってきた植物の方がアジサイ(セイヨウアジサイ)です。
花びらのように見えているのはガクで、本当は花びらではありません。装飾花といわれます。まん中で細かな花が開き始めていました。さらに細かくまで観察してみました。





a0123836_13370886.jpg
オシベの数を数えてみました。いろいろな数を言う声がでましたが、よく見てみるとほとんどが10本ありましたよ。
細かくまで見ると、いろいろな発見が見つかります。

あっという間に予定時間が過ぎました。
おうちの人とまた来てくたさぃねーーー。




by isumi-sato | 2019-06-21 17:25 | グループ・学校利用

大自然の中であそぼう/鮮やかな紫色

6月20日(木)、午前9時の気温22.4℃、今朝の最低気温18.3℃、曇のち晴れ。朝方は薄い霧がかかっていましたが、10時過ぎには霧は消え蒸し暑くなってきました。

a0123836_10165546.jpg
曇ってるの?晴れてるの?はっきりしない空模様。梅雨の季節ならではの天気でしょうか?


a0123836_10165803.jpg
ネムノキのようす。何回もブログに取り上げてしまっていますが、日に日につぼみが増え、今にも開花しそうですね。




a0123836_10170457.jpg
林道にて観察できるマユミの果実。四角い形をしていて特徴的。この果実は熟すと色を変えます。果実はうっすらピンク色に変わり熟すと四つに割れて中の種子が飛びたします。種子は鮮やかな赤色。かわいい果実です。

a0123836_10170775.jpg
ハス田近くのオニグルミの木のようす。果実がまん丸になってきました。オニグルミの果実は熟すとだんだん黒くなって地面に落ちます。3年前の7月には日本リスにオニグルミの木の近くで会えました。もうきっとこの時期は朝早く出没していると思います。今年はニホンリスに会えると良いな~。

a0123836_10171173.jpg
アカメガシワの花が満開を迎えています。つい最近まで赤い葉が出ているな~と思ったらあっという間に多くの花が咲き始めました。あと10日で6月も終わり。もう一年の半分が過ぎてしまいますね。時の流れは速いものです。今を大切に生きたいものです。

a0123836_10171445.jpg
先週の日曜日のようす?いえいえ昨日の水曜日の夕方に撮影しました。平日ですが、今月校外学習に来てくれたお友達や、近隣の保育園、小学校のお友達が放課後遊びに来てくれました。うれしいな。にぎやかな声が夕方近くまで響きました。学校から帰ったらゲーム?じゃなくて、大自然あふれるセンターでザリガニ釣りが最高ですよ。宿題が終わったら遊びに来てね。いつでもお待ちしてますよ。


a0123836_10171717.jpg
建屋の南側入り口近くに展示してあるイスミスズカケのプランターをじっくりみと…茎の根元から濃い紫色をしたイスミスズカケが開花していました。根元から咲き始めるのですね。イスミスズカケはいすみにしか生育していない地域固有種。世界中でここでしか見ることのできない花なんですよ。

是非見に来てくださいね。お待ちしております。

by isumi-sato | 2019-06-20 17:15 | センターこぼれ話