人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

一年を通して米作り体験~初日~

3月31日(日)晴れ☀。午前9時の気温は13.9℃、湿度は83%です。平成最後の年度末…平成30年度が幕を閉じます。そして、明日の新元号発表が楽しみですね~(#^.^#)。




a0123836_14282761.jpg
田んぼには水が入っています。そして今日から、「一年をとおしてコメ作りを体験しよう」という新企画がスタートします。田植えや稲刈りだけでは物足りないという、つわもの向けのイベントです。





a0123836_14285116.jpg
「まず、クロきりから始めます。クロきりとは…」いよいよ始まりましたよ~。参加者の皆さん、腰などに気を付けながら、よろしくお願いいたします。





a0123836_14285604.jpg
クロとは畦のことで、きりとは写真のようにきれいに畦を掘っていく作業です。ここで出た土を次は…





a0123836_14303206.jpg
コネコネ…コネコネ…とよくかき混ぜてから、掘ったところに戻していきます。





a0123836_14304507.jpg
少し固まるまで、4日ほどこのまま待ちます。4日後、この泥を畦に乗せて、整形したら「クロ塗」という作業は終了します。これは毎年行う作業で、水漏れを防ぐための大切な工程です。





a0123836_14311853.jpg
今度は、「田おこし」という作業を行います。ロータリーについている刃が、勢いよく土をかき混ぜます。機械を初めて操作する参加者には、職員がマンツーマンで教習していきます。これも、田植え前に欠かせない作業です。





a0123836_14312410.jpg
わお!レバーがいっぱい? でも、すぐに慣れたのか、順調に作業は進んでいきます。こちらも、安全運転でよろしくお願いいたします。





a0123836_14324564.jpg
一方、キャンプ場では、昔ながらの釜からいい匂いが漂っていますよ♪ なにを作っているのでしょうか?




a0123836_14393700.jpg
わあ!おいしそうなご飯です(^^♪ 昨年、ネイチャーセンターの田んぼで収穫したお米です。





a0123836_14411764.jpg
「重労働お疲れ様です!」体験作業を終えた参加者が、ぞくぞくと集まってきます。釜で炊いたおこげの入ったご飯と旬の野菜がたっぷり入った味噌汁、召し上がってください!





a0123836_14330122.jpg
「いただきまーす!」満開の桜のしたで食べるご飯は、もう最高です。疲れが吹っ飛びました。





a0123836_14331310.jpg
しかも、コーヒーつき。ほのぼのした時間が、さとを流れていきます。と思ったら…




a0123836_16224601.jpg
ザーザーぶり☂☂☂。ブラックコーヒーのように甘くない( ノД`)シクシク…「春の天気は変わりやすい」という春らしい一日でした。






by isumi-sato | 2019-03-31 17:30 | 行事予定

楽しいディキャンプ / さとのかぜNO.201号発行

3月30日、曇り一時晴れ。午前9時の気温は10.3℃、今朝の最低気温は5.5℃でした。
寒の戻りで、ここ数日は寒気が南下して朝晩、そして太陽がでないと昼間も冬の気温が続いています。
今日も午前中は、北寄りの風で気温が低い状態でした。
午後には薄日が少しだけさしましたが、最高気温は13.8℃でした。

------------------------------------------------------
◎◎ さとのかぜNo.201号を発行いたしました ◎◎
------------------------------------------------------




a0123836_16270186.jpg
田んぼの向こう、オオシマザクラの大木は満開です。





a0123836_16254104.jpg
その花の下、ディキャンプ場ではたくさんの方がバーベキューを楽しんでいます。
今日は雨は夜から降る予報に変わり、花見としてはよいタイミングになりました。



a0123836_16254646.jpg
午後から少し空が明るくなって、野鳥たちの鳴き声が聞こえてきました。
午後一番の鳴き声の主は、今日も屋根の先端で歌うセグロセキレイ君でした。




a0123836_16254950.jpg
午前中は、閉じていたタンポポの花が開いています。



a0123836_16255289.jpg
サクラ並木の桜は満開の樹が数本。薄いピンク色がつながってきました。




a0123836_16255819.jpg
満開の桜の花。




a0123836_16260214.jpg
昆虫広場のコブシの花は、盛りを過ぎて散り始めました。
その向こうに、オオシマザクラが、、。もう小さな葉が出始めています。




a0123836_16260556.jpg
散る前の花をのぞくと、、。
ハクモクレンよりもメシベの大きさは小さく、とても控えめですね。




a0123836_16260965.jpg
林のフチに、赤い新芽が目立ちました。
アカメガシワという樹木、葉の赤ちゃんが出てきました。紫外線から身を守るため、赤い色をしておりやがてもう少し大きくなると、緑色になるといわれています。




a0123836_16261391.jpg
足もとには、白い小さな花がたくさん咲いています。
ハコベの花です。この花、花びらは何枚に見えるでしょうか?
実は、5弁です。花の切れ込みが深いため、実はつながっている1枚が2枚に見えてしまうということがよく植物の本に取り上げられています。
春らしく、まわりに生きものや植物の生命力があふれてきました。
ご来館お待ちしております。




by isumi-sato | 2019-03-30 16:59 | センターこぼれ話

今年は観察できるかな?

3月29日(金)、午前9時の気温8.5℃、今朝の最低気温7.4℃、曇。朝から寒い北風が吹き、どんよりとした雲が空一面を覆いました。


a0123836_15034380.jpg
センター駐車場入り口のようす。ソメイヨシノが開花し始めると雰囲気が違います。



a0123836_15034615.jpg
駐車場からみたソメイヨシノ。5分咲きでしょうか?だんだんセンターが華やかになってきました。咲き始めはワクワクしますが、すぐに散ってしまうサクラはなんだか哀愁を感じます。でもいつまでも咲いていると飽きますよね?きっと…


a0123836_15034967.jpg
建屋の屋根のてっぺんには、セグロセキレイが気分よさそうにさえずっています。この鳴き声のように空も晴れ渡ってくれないかな~。


a0123836_15035279.jpg
湿性生態園のようす。職員が仮払機で竹の伐採です。数年前から少しづつ伐採を行っています。景観を保つため三人がかりでの行いました。地味な作業ですが、センター敷地内をきれいに維持するため職員たちは一生懸命です。



a0123836_15395964.jpg
畑では、職員がキャベツの苗を植えました。去年「モンシロチョウの幼虫を観察させてあげたい」という某小学校の先生のリクエストがあったため、センターの畑に苗を植えました。去年もキャベツの苗を植えましたが、ネットをかけて育てたので、幼虫はつかなかったそうです。今年の校外学習はモンシロチョウの幼虫が観察できるかな?

a0123836_15400433.jpg
畑脇にある堆肥置き場での出来事。


a0123836_15400739.jpg
カブトムシの幼虫でしょうか?丸々とした白い幼虫が姿を現しました。暖かくなるのはいつかな?なんて思っているとあっという間に暑い夏が訪れる事でしょう。

季節は廻る。

いすみの季節を満喫しませんか?

お待ちしています。


by isumi-sato | 2019-03-29 16:55 | センターこぼれ話

続々つぼみ、果実の名残

3月28日(木)、午前9時の気温15.8℃、今朝の最低気温13.8℃、くもり。昨日の雲一つない青空はどこへ行ってしまったのでしょうか?今日は一日中曇りの天気となりました。


a0123836_13390368.jpg
中庭のベンチからの眺め。オオシマザクラが満開を迎えているのに曇り空は非常に残念です。晴れていたら、ひなたぼっこしながらお花見ができたのにな~。


a0123836_13390792.jpg
昆虫広場にあるネムノキの上ではシジュウカラが三匹じゃれあっているのか、縄張り争いなのか?絶え間なく動き回っています。このネムノキには巣箱が設置してあります。その巣箱をめぐって何かが起きているのでしょうか?1週間ぐらい前に4つの巣箱を他の木に設置したのにな。新物件があるから仲良くしてね。しかしネムノキの巣箱が鳥たちには一番条件のいい物件なのかもしれません。

a0123836_13391093.jpg
クワの木にからみついたキヅタのようす。真冬も濃い緑色の葉をつけています。黒い果実はたわわに実って熟しています。この果実が春になり暖かくなってくるとどのように変化するのを観察したいと思います。


a0123836_13391551.jpg
これはノササゲの果実、9月後半から10月ごろに黄色い花をさかせ11月ごろには鮮やかな紫色の果実を付けます。これは果実がはじけて種子が飛び出している状態です。はじけてすぐの時期に触ってみましたが、やわらかくすぐに種子と一緒に地に落ちてしまいました。そんな種子がまだしっかりと残っていることに驚きました。



a0123836_13392427.jpg
クワの木のようす。花芽が日に日に大きくなってきました。



a0123836_13392831.jpg
田んぼのようす。オタマジャクシが優雅に泳いでいます。水面が反射してしまいうまく撮れないな(泣)




a0123836_13393449.jpg
サルトリイバラの新しい葉と花芽でしょうか?濃い黄緑色が林道で目立ちました。かわいらしい花が咲き始めるのはもうすぐでしょうか?秋ごろには真っ赤な果実をつけるつる性の植物です。丸みを帯びた葉も特徴的ですね。

この時期は、さまざまな生きものが動き出す時期です。

センターが面白い時期でもあります。

皆さん、遊びに来てね!!


by isumi-sato | 2019-03-28 16:55 | センターこぼれ話

サクラ、サクラ

3月27日(水)、午前9時の気温13.8℃、今朝の最低気温6.1℃、快晴。目に染みる青い空、鳥のさえずり。なんと素晴らしい朝でしょうか?春休みにも突入し、世間はゆったり春モードです。春はやっぱりいいものですね。のんびりと過ごしたいものです。

a0123836_14331085.jpg
デイキャンプ場のオオシマザクラが満開を迎えました。今日は平日ですが、ご年配のご夫婦、小さいお子様連れのお客様が多い一日となりました。サクラを見に来てくれたのでしょうか?


a0123836_14331398.jpg
オオシマザクラの花のようす。ソメイヨシノより白みがかった花びらですね。



a0123836_14331719.jpg
田んぼのようす。空の青さが田んぼの水に映っています。いすみでは少しづつ田んぼに水が入り、どこからともなくいすみ中でカエルの合唱が聞こえるようになりました。


a0123836_14332002.jpg
畑のウメの木のようす。花の後には丸々とした果実がなり始めました。今年もウメの実はたくさん採れるかな?



a0123836_14332462.jpg
カラスノエンドウの鮮やかな紫色の花が咲き始めました。カラスノエンドウは花の付け根に「花外蜜腺」という器官を持ち、蜜を出します。この蜜で呼び寄せられたアリは蜜腺を守るために、他の虫を追い払います。こうしてカラスノエンドウは害虫から身を守るそうです。(散歩が楽しくなる雑草手帳/東京書籍より)

a0123836_14332821.jpg
ソメイヨシノの花のようす。まだまだ満開ではありませんが、ポツポツとつぼみが開き始めめています。よく観察すると、つぼみは濃いピンクですが、開花すると白い花びらであることが分かります。虫たちも開花を喜んでいるようでブンブン花の周りを飛び回っていました。

サクラの花の咲き始めるこの時期。
センターでゆっくりじっくりお花見はいかがですか?

お待ちしています。


by isumi-sato | 2019-03-27 16:55 | センターこぼれ話

棚から牡丹餅?

3月26日(火)雨☂。午前9時の気温は10.2℃、湿度は93%でした。朝から雨が降っています。今日はお客さん少ないだろうなぁ…




a0123836_16510396.jpg
肌寒い…気温があがりませんね~。ソメイヨシノの花はまだ、ほとんどがつぼみです。桜の花を心待ちにしているのは、みなさんも同じですよね(^^♪





a0123836_16510825.jpg
それにしてもよく降ります。その時、とつぜん館内がにぎやかになりました!





a0123836_16512492.jpg
あれ~?駐車場が混んでますよ?雨の日に混むのは、ちょっと珍しい事なんです。





a0123836_16513503.jpg
たくさんの子どもとママさんが遊びに来てくれました♪ 聞くと、お花見に行こうとしてたけど、雨のため急遽ネイチャーセンターへ変更になったんだとか。こちらとしてはラッキー!棚ぼたですよ😊






a0123836_16520712.jpg
午後になると雨があがりました。待ってましたとばかりに、子供たちは外へ駆け出していきます。ぼくも外へ、自然観察へ出発です!





a0123836_16533149.jpg
いました。葉っぱの中で雨宿りでしょうか?グリーンの体色がきれいです。網をはらず、草の上などを歩き回ってえものを捕らえるクモなのでしょう。





a0123836_16533664.jpg
網をはるタイプのクモは、雨で傷ついた巣をたんねんに修理しています。こんなに目立たない網じゃ…ひっかかるのも無理ないですね。





a0123836_16534584.jpg
ヒシバッタの仲間が、ピョンピョンはねています。ひし形をしているヒシバッタ類は、個体ごとに体色が変化に富み、種類の識別がとても難しいグループです。





a0123836_16535832.jpg
成虫のまま越冬していたツチイナゴが、草むらからひょっこり顔を出しています。大きいバッタだから目立ちます。





a0123836_16515781.jpg
いよいよお花見シーズンが本格化しますね。いすみ環境と文化のさとセンターの桜も見事に咲きますよ~♪ ぜひ、昔ながらの風景に咲きほこるSAKURAをお楽しみください!

by isumi-sato | 2019-03-26 17:46 | いきもの

花、花、花、そして鳥

3月24日、快晴。午前9時の気温は9.4℃、今朝の最低気温は0.1℃でした。
きのうは寒さがもどり、小雨が降り続けて真冬のような一日でした。その冷たい空気が残って今朝の最低気温も低く、午前中は冷たい北風が吹きました。


a0123836_12282846.jpg
天候は快晴で、水の入った田んぼの上の青空。冷たい風の中ですが、暖かい日ざしが3月の下旬らしさを実感させてくれました。



a0123836_12283355.jpg
玄関脇、駐車場のハクモクレンは満開を過ぎて、花びらが地面に散りはじめています。




a0123836_12283722.jpg
花が開ききって、中のおしべめしべもよく観察できます。



a0123836_12284139.jpg
中庭のハクモクレン、おまけにセグロセキレイが雨量計に停まってくれました。




a0123836_12284955.jpg
先日ブログで取り上げた開花した桜。まだ開花したものは、20本のうちの一本です。




a0123836_12285340.jpg
駐車場入口のソメイヨシノの蕾は、桃色が濃くなり、軸も伸びてきています。




a0123836_12285971.jpg
ディキャンプ場のオオシマザクラの大木は、というと、、。
二、三箇所で花が開き始めました。




a0123836_12290656.jpg
その後ろの林の中では、キブシは花が咲いて数日たち、新しい葉が延びてきています。




a0123836_12302503.jpg
クロモジも同様に花が開くとまもなく、葉が展開し始めています。




a0123836_12303082.jpg
畑のスモモとアンズが見ごろになりました。




a0123836_12303665.jpg
スモモ




a0123836_12304139.jpg
アンズ




a0123836_12304572.jpg
その足元には、黄色いタンポホが3輪開いています。でもよく見るとこれは、セイヨウタンポホでした。
ニホンタンポポに遅れて、セイヨウタンポホも開き始めたようです。





a0123836_12304961.jpg
その他、畑では、作物の花が咲き始めています。花も観察できるようにとすぐには抜き取らないでいます。作物は、アブラナ科が多いため、黄色い花、ナノハナ、コマツナ、ブロッコリーなどが咲いています。



a0123836_12305257.jpg
ダイコンの花も一本、咲き始めました。





a0123836_12305449.jpg
人の姿を見て、田んぼの脇のヤナギの枝には、ツグミが地面から飛び立って上から田んぼをながめていました。
今年はツグミの姿が少ないといわれているようです。
日ざしの当たる今日は、野鳥たちの鳴き声がたくさん聞こえてきます。
ホケキョホケキョ、ツピーツピー、キョキョ、チッチッ、、、。
ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2019-03-24 17:05 | しょくぶつ

あいにくの雨

3月23日(土)、午前9時の気温5.4℃、今朝の最低気温5.4℃。雨。昨日から今朝にかけてどんどん気温が下がり午前9時の気温が今朝の最低気温ということのようです。今日の最高気温は6.6℃。昨日の暖かさから一変、冬の寒さに逆戻り。

a0123836_14131444.jpg
昆虫広場のようす。昨日は鳥やカエルの鳴き声が響いていましたが、今日は雨の音と時折聞こえるヒヨドリの甲高い鳴き声がやけに聞こえました。コブシの花も満開を迎えています。


a0123836_14131998.jpg
昨日お伝えしたソメイヨシノの開花。今朝は少しづつ開花している花は増えたものの、雨水を帯びながら寒そうに、そして寂しそうに咲いていました。早く本格的な春になってほしいものです。


a0123836_14132302.jpg
館内では、水槽内でアカハライモリがいつものようにお出迎え。「なによ!早く餌ちょうだいよ!」とでも言っているような睨みのきかせよう。私と目が合うとなにかしゃべりだしそうなほど顔の表情が豊かなアカハライモリ。そのうち日本語でも教えようかな。


a0123836_14132692.jpg
デイキャンプ場近くでは、フキの葉こんなに多くなってきました。寒い時期にたくさんフキノトウを探したのに…今ではこんなに塔が立ってしまっています。


a0123836_14133002.jpg
スミレの花が多く咲き始めました。万木堰近くで観察しました。スミレの花は種類が多くてむずかしいな~。



a0123836_14133543.jpg
アオキの花が開花していました。お株の花のようです。め株の花はまだ開花していないようです。お花とめ花を見比べるのも楽しいですよ。

明日は晴れるかな?

ご来館お待ちしています。


by isumi-sato | 2019-03-23 16:55 | センターこぼれ話

サクラの開花

3月22日(金)、午前9時の気温19.0℃、今朝の最低気温15.4℃、今日の最高気温20.2℃。晴れ。日に日に温かくなり、朝起きるのが楽になりましたよね。

a0123836_13252582.jpg
万木堰のようす。堰近くにあるヤマザクラが開花し始めました。まだまだ咲き始めですが、数日後には満開となるでしょう。いすみ市内の小学校は今日が終業式。サクラの開花に合わせての春休みが始まります。


a0123836_13252965.jpg
中庭のハクモクレンのようす。開花はまだかまだかと待っている時期がなつかしい。美しいものの命は短いのでしょうか?花びらがハラハラと落ち始めました。もう少しハクモクレンを楽しみかったなー。


a0123836_13253280.jpg
朝の田んぼのようす。まだ寒い時期にはあまり観察できなかったツグミですが、温かくなり田んぼに水を入れた時期ぐらいから、より多くのツグミが観察できるようになりました。観察していると、田んぼで水浴びをしているように羽をバシャバシャ。何か意味があるのでしょうか?



a0123836_13253699.jpg
2日前に新しい鳥の巣箱を4ヵ所設置しましたが、早くも見学会が行われていました。鳥が巣箱へ入ってゆく様子が観察できたのです。巣箱から顔を出している様子を撮影したかったのですが素早くて無理でした(汗)。早く入居を決めてくれるといいな。


a0123836_13253961.jpg
巣箱から出てきたのはシジュウカラでした。ジュクジュクと鳴きながら巣箱から出てきた後ネコヤナギの枝にとまりました。鳥をじっくりゆっくり観察すると楽しいものです。


a0123836_13254219.jpg
デイキャンプ場のオオシマザクラのようす今朝は5輪開花していました。



a0123836_13254555.jpg
ソメイヨシノは6輪咲いていました。4輪でなく確かに6輪でしたよ!!皆さんは週末のご予定は決まりましたか?

咲き始めたばかりのサクラの花を見に来てくださいね。


お待ちしております。

by isumi-sato | 2019-03-22 16:55 | センターこぼれ話

今年も会えました

3月21日(木)、午前9時の気温16.1℃、今朝の最低気温19.1℃、曇ときどき晴れ。今日の最高気温はなんと20.3℃。暖かくなりました。まだ3月ですけど…

a0123836_14255009.jpg
午後のセンターのようす。朝方は雲が多く、午前中に一時雨が降りました。午後には晴れたり曇ったり小雨が降ったり。夕方には強い北風が吹き始めました。青空が覗いた時に撮影した田んぼのようす。田んぼに水が入ると心がウキウキします。

a0123836_14255806.jpg
マムシグサ発見。もうそんな時期なんですね。茎にマムシに似た紫色の模様があることからこの名が付いたそうです。(小学館の図鑑ネオポケット-植物-より)でもマムシが頭を持ち上げている姿にも見えますね。近くでじっくり観察してみてくださいね。




a0123836_14263231.jpg
ケヤキムクノキの花芽が大きくなってきました。今年は花のようすを撮影してお伝えしたいものです。



a0123836_14313506.jpg
湿性生態園では、ミシシッピアカミミガメが甲羅干しをしている様子が観察できました。暖かくなってくるとその行動を多く目にするようになります。



a0123836_14314137.jpg
トウキョウサンショウウオの卵のうのようす。卵のうの中にいる幼生が少しづつ大きくなってきていることが分かります。少しの間観察を続けましたが、卵のうの中で動いていることは確認できませんでした。


a0123836_14564554.jpg
「ギーギー」という鳴き声と共に姿を現したのはコゲラ。白黒模様の小さなキツツキ。住宅地や公園などでも見られます。木の枯れた部分をつついて昆虫を食べたり巣穴を掘ったりします。



a0123836_14314563.jpg
今年もとうとう会えました。ネコハエトリグモの仲間です。ちょこちょこした動きやくりくりとした目がかわいらしいですが、ネコハエトリグモは目が前に4つ、背中側に小さい目が4つあります。合計8個!!クモの仲間の目の数は普通8個で、6または4個の種もいます。昆虫のような複眼(小さな目が集まった目)ではなくそれぞれの目が別々に働く単眼だそうです。


さまざまな生きものが動き出すこの時期。

センターへ遊びに来ませんか?

お待ちしています。




by isumi-sato | 2019-03-21 16:55 | センターこぼれ話