人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

はや、11月も最終日 / 野鳥たち

11月30日、晴れ。午前9時の気温は12.0℃、今朝の最低気温は7.1℃でした。
日中はよく晴れて予報よりも気温が上がったようです。今日の最高気温は16.6℃になりました。




a0123836_17020649.jpg
万木堰を取り囲む木々は、秋らしい装いを深めています。今年はまだ、明日から師走とは思えない程の秋らしい景色です。




a0123836_17021265.jpg
堰の奥の水面には、マガモたちが並んで泳いでいました。



a0123836_17022286.jpg
少しズームアップ。そして取水口の近くには、光る点のように青い色が見えました。





a0123836_17023047.jpg
さらにズームアップ。カワセミは、一直線に水面に平行に飛んでいきます。
キッ、キリッ、と、鋭く高く短い声が水面に響いたら、カワセミの声です。
今日は日なたぼっこをしつつ、エサさがしもしているようです。





a0123836_17021659.jpg
林道を進むと、木々の間から見える水面の倒木には、若そうなウが一羽。





a0123836_17022675.jpg
さらに横になった倒木には、6.7羽が一列に並んで、羽をバタつかせて虫干しのようすです。





a0123836_17023565.jpg
湿性生態園近くの林道沿いには、陽を浴びて雑木が明るく見えます。




a0123836_17061410.jpg
5月に白い花をたくさんつけたウツギは、冬の間は実をたくさんつけています。
小さなコマのように見える実です。



a0123836_17061724.jpg
夏の終わりに白い花を広げていたツル植物、センニンソウは、センニンのようなヒゲをたくわえて今は実をつけ始めました。





a0123836_17062021.jpg
明るい雑木の中に、野鳥の姿が見えました。
シジュウカラ、エナガ、メジロたちが、ツピーツピー、キッキッ、チィチィ、といろいろな鳴き声を披露しつつ、混群で木々の枝の中を渡っていきます。
少し離れた場所では単独で動く野鳥が撮影できました。モズです。メスのようです。



a0123836_17062781.jpg
堰からの水が流れる水路沿いのスイセンが早くも花をつけ始めています。

ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-11-30 17:10 | いきもの

赤い実いろいろ

11月29日(木)、午前9時の気温13.0℃、今朝の最低気温11.2℃、曇。昨日の日ざしたっぷりの朝とは違い、雲の多い朝を迎えました。

a0123836_13530061.jpg
デイキャンプ場のコナラの木は黄色く色を変え、センターを華やかにしてくれています。



a0123836_13540131.jpg
昨日のブログでご紹介したゲンノショウコ。今朝もう一度見に行くと、果実が熟し種子を飛ばした後のようすが観察できました。おみこしに見えるかな?

a0123836_13540641.jpg
木林にあるクロガネモチの木には、びっしりと赤い果実が実っていました。この果実を食べに毎年多くの鳥たちが現れますが。今年は鳥の姿が少ないです。どうしたのかなあ?


a0123836_13541084.jpg
そのクロガネモチの木に寄り添うように生えているマンリョウ。こちらも赤い実をつけ始めました。このマンリョウの果実を見ると今年もそろそろ終わり…。私の中では年末を連想させる植物でもあります。


a0123836_13541472.jpg
林道では、サルトリイバラの果実が赤く色づき始めました。去年はさとの文化祭の開催期間にはもう赤く色づいていた思います。暖かさのせいでしょうか?今年は本当になかなか寒くなりませんね。


a0123836_13541894.jpg
田んぼの東側の林道では、ビナンカズラの果実がみずみずしく光を帯びながらなりていました。

みんなさんもセンターでいろいろな果実を探してみませんか?

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-11-29 16:55 | センターこぼれ話

朝の風景

11月28日(木)、午前9時の気温11.1℃、今朝の最低気温7.6℃、晴れ。今朝は神秘的な霧のかかった朝を迎えました。
a0123836_13321865.jpg
センター敷地外からの撮影。田んぼの畔に生えているチカラシバは朝露をまとい、美しい朝の風景の完成です。


a0123836_13322281.jpg
アメリカセンダングサの種子のようす。なんと素晴らしい!朝だから見える光景です。


a0123836_13322607.jpg
万木堰は、青空を水面に映しだしています。


a0123836_13323036.jpg
何かブログのネタはないかな?と思っていると林道の遥か上の方に鳥の姿が見えました。一匹だけ見ると「シメかな?」。しかし群れをつくっているようです。

よく見ると…
a0123836_13323346.jpg
羽の間から黄色がくっき見えます。カワラヒワのようです。しばし観察していると、何かの気配を察したようで、勢いよく群れ全体でその場を飛び去って行きました。

もっと観察したかったなー。残念

a0123836_13324455.jpg
昨日のブログでもお伝えしましたが、ここ最近職員を悩ますイノシシ被害。対策として昨日電気柵設置範囲を広げました。まずは西側の電気柵。センター西側にある私有地の山から下りてくるイノシシが入り込まないように、電気柵を林道沿いに延長設置しました。


a0123836_13323669.jpg
雑木林から畑に続く擬木階段近くにも…。畑を一周している電気柵を延ばしました。


a0123836_13324035.jpg
そして東側の私有地の山からはイノシシがおりてくるけもの道ができています。ここにも電気柵を増設しました。設置して一晩経ちましたが今朝のようすを見ると新たな地面を荒らした痕跡はないようです。よかった!

※自動点滅器なので、明るい昼間は電気は通っていませんのでご安心を!!

a0123836_13325176.jpg
ゲンノショウコが種子を飛ばす準備をしているようです。この黒い果実が成熟すると種子を弾き飛ばします。そしてその種子を弾き飛ばした後の姿が「お神輿」を連想させることから、「ミコシグサ」という別名があります。

先日紹介していますが、場所によって種子の熟する時期がずれています。ここでも「ミコシグサ」が観察できる日が楽しみですね。

発見がいっぱいのセンターへお越しください。
お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-11-28 16:55 | センターこぼれ話

さとの文化祭撤去作業/イノシシ対策

11月27日(火)、午前9時の気温11.9℃、今朝の最低気温4.3℃、曇のち晴れ。いすみで明け方近くから雨が降り出しました。雨量は14㎜。結構な量降りました。朝方は冷えましたが、日中は作業をしていると汗ばむほどの陽気となりました。今日の最高気温は18.3℃でした。
a0123836_15201536.jpg
今日は職員が全員出勤し、8日間開催したさとの文化祭の撤収作業を行いました。


a0123836_15201802.jpg
特に気を付けなければならないことは、近隣の小学校の児童さんから出品いただいた作品を間違いなく児童さんのお手元にお返しする事。特に絵画は、302枚ある絵画を展示用シートから外し各学校ごとに集め直し、学校の先生が持ってきた時と同じ状態にしてお返しします。間違えたら大変!職員6人でもくもくと作業を進めお昼近くには撤収作業はほぼ終了しました。
a0123836_15201091.jpg
午後のようす。太陽が出て青空が広がりました。
大きな仕事が終わったからでしょうか?それとも達成感でしょうか?世界がきらきら輝いて見えました。

a0123836_15203686.jpg
しかし、それだけでは終わらないのがセンターの仕事。草刈機の音がセンター敷地内に響き渡りました。敷地内西側の草刈のようす。


a0123836_15203930.jpg
草刈りをした後は、イノシシ対策として電気柵の設置範囲を広げる作業を行いました。ここ何ヶ月か、イノシシの整地?(地面の掘り返し)被害がセンター敷地内で多く、職員は頭を抱えています。以前からも電気柵を設置し、イノシシ対策は行ってきましたが今年は特に被害が多いです。こちらは西側の電気柵設置のようすです。

a0123836_15204348.jpg
東側の山裾、デイキャンプ場でも被害がひどいので、電気柵の設置範囲を広げました。設置の時にも職員の間で話し合い。「どこから入ってくるかな?」「水路は通らないでしょ!」「でもわかんねーよ」。水路を飛び越えている跡は見られます。試行錯誤の電気柵設置。人間とイノシシの知恵比べです。結果はいかに!


a0123836_15204748.jpg
昆虫広場では、コブシの果実が種子をすべて落とした状態で枝先にぶら下がっています。自然が作り出す造形美です。

さとの文化祭も無事終了し、来月は年末の行事が目白押し!

お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-11-27 16:55 | センターこぼれ話

快晴の11月下旬、赤い葉 / さとの文化祭最終日

11月25日、快晴。午前9時の気温は10.9℃、今朝の最低気温は5.6℃でした。
冷たい空気が北にあがったようで、今日は日差しもあり最高気温は17.1℃になりました。きのうより3.7℃高い気温になりました。来週半ばまでは暖かいという予報が出ています。

さとの文化祭も開催最終日になりました。
少しの間を置きつつ、今日も鑑賞に見える方々が閉館時間まで続けていらっしゃいました。



a0123836_16535603.jpg
雑木林の木々は八割がた葉を落とし、地面には乾いた落葉と日の光が当たり明るい冬の林になりました。その上に青空が広がりました。


a0123836_16540252.jpg
天気の良い日には、林道を歩いて湿性生態園まで散策することがお勧めです。
林道の杉木立と木漏れ日。



a0123836_16540780.jpg
上を見上げるといろいろな木々の明るい葉の色が見えます。
コナラ、アカメガシワ、エノキ、ハゼノキ、キブシ、フジなど、双眼鏡をのぞいていろいろ判別してみるのも楽しいものです。




a0123836_16541052.jpg
房総には少ない、秋の赤い葉が見えます。ハゼノキです。




a0123836_16541410.jpg
さらに進むと、日を浴びてマメガキの実が目立ちます。この葉の色も少し赤みが入っています。




a0123836_16543746.jpg
万木堰からは、鳥の羽ばたく音が聞こえてきます。6、7羽のウたちが休憩し、羽を広げて天日干しをしていました。ここのウは、人に気づくとすぐに飛び立ってしまいますので、遠くから静かにこっそりと見る必要があります。



a0123836_16542230.jpg
林道沿いの日当たりのよい崖斜面には、白い花がたくさん咲いています。
ユウガギクやリュウノウギクでしょうか。




a0123836_16560646.jpg
湿性生態園では昼ころはよく日が当たっています。
オギの中で最近山から降りてきた野鳥の声がよく聞こえてきます。ツイッ、ツイッ、ツイッ。



a0123836_16562147.jpg
人の気配ですぐに斜面のスギの中に飛び立ちます。
アオジです。



a0123836_16561569.jpg
湿性生態園の最奥部、黄色い葉が輝いていました。




a0123836_16562534.jpg
日当たりに今日はオレンジ色のチョウがいました。先日紹介したタテハチョウの仲間、羽の裏はやや黒っぽくて、はっきりと小さな白い文様が見てとれました。秋型の越冬するキタテハのようです。



a0123836_16595293.jpg
そして一、二度草刈りにあったセイタカアワダチソウが50cmくらい、ひざくらいの高さで花を咲かせています。そこに黄色いチョウがとまりました。
キタキチョウのようです。これは秋型、越冬するタイプのチョウのようです。
草刈りをしたセイタカアワダチソウが、時期をずらせて花を咲かせて昆虫の食事に一役買っていることになります。


ご来館お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-11-25 17:00 | いきもの

連休中日、曇り空

11月24日(土)、午前9時の気温9.9℃、今朝の最低気温6.4℃、曇。一時的に日が差したものの、ほとんど雲に覆われた一日となりました。屋外では風が寒く感じられました。

a0123836_16181149.jpg
青空は少しのぞくものの、雲の多い一日でした。



a0123836_15142456.jpg
田んぼ近くにあるクワの木のようす。葉が見事になくなっています。夏は青々とした葉を多くつけていました。葉は落ちましたが、あるものが風に揺れながら枝先に必死にくっついていました。

a0123836_15142659.jpg
クワコのマユのようです。数えると10個ほどありました。夏の時期は葉に隠れて姿を見せませんでしたが、葉が落ちたこの時期になると多くのクワコがこの木に生息していたことが分かります。


a0123836_15142917.jpg
蓮田のようす。少し寂しい風景に変わりました。


a0123836_15143343.jpg
ハス田の近くでも、イノシシによって荒された様子が観察できます。ここ最近は毎日足跡が更新されたいます。職員が電気柵やひもを張るなどイノシシ対策に力を入れていますが、毎日センター敷地内に侵入されているようです。どうしたらいいのでしょうか?


a0123836_15143565.jpg
デイキャンプ場の山裾では、マムシグサの果実が毒々しく赤く熟していました。


a0123836_15144239.jpg
ムラサキシキブの果実のようす。通年10月ごろに鮮やかな紫色へと果実の色を変えますが、今年はなかなか鮮やかな紫色になりませんでした。11月の終わりごろの今になって見事な紫色に色を変え始めました。日照時間が影響したのでしょうか?



a0123836_15144605.jpg
アオキの果実は、少しずつ赤く色を変え始めました。


a0123836_15145493.jpg
湿性生態園へ向かう林道では、ノササゲのサヤがはじけ果実を飛ばし始めています。

a0123836_15145777.jpg
第22回さとの文化祭は明日が最終日です。近隣小学生の作品や一般の方から出品いただいた作品が見れるのは明日が最後です。ぜひ皆さんお越しください。


a0123836_15150215.jpg
そして今日は三連休の中日、ザリガニ釣りや(今の時期は寒くて隠れているようですが…)ネイチャーコレクション、展示水槽をじっくり観察されるなど、お客さんはセンターを満喫されたようです。


明日もセンターへお越しください。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-11-24 16:59 | センターこぼれ話

晩秋の三連休初日

11月23日(金)、今朝の最低気温は4.7℃。寒い朝でした。そして最高気温は14.5℃、日向にいてもやっぱり秋だなぁ、という気温でした。
今日は勤労感謝の日。世の中は3連休だそうですね。「さとの文化祭」も最後の3日間となりました。今日も多くの人が見学に来られました。

今朝の青空。
a0123836_11321093.jpg
湿性生態園から見上げた空は青かった。


a0123836_11321686.jpg
逆光の朝日があたるヤナギ林、眩しかった。


a0123836_11321336.jpg
もう、秋枯れの風景ですね。今年の紅葉は全国的に赤が寂しいとか。当地はあまり赤がありませんけど、黄色系も寝ぼけた感じでしたね(個人的な意見です)。


a0123836_11322817.jpg
文化祭を見学に来たけれど、何故かここへ向かう子供が多いことか。
シーズンピークと同じくらい、竿が出ていきました。
でも、水は冷たいし、姿を見つける事もできないと思うのは大人の考えなのかな。次から次へとチャレンジ精神旺盛な子どもたちで賑やかでした。

a0123836_11325950.jpg
こちらも。なかなかお上手でした。


畑ではルーチンの作業が欠かせません。
a0123836_11322166.jpg
こちらはサヤエンドウ(エンドウ)のポット。発芽して畑へ下ろす頃合い。


a0123836_11353265.jpg
ということで、植え付け作業をしました。ちゃんと、苗間を確保するために測って作業しているんですよ。



a0123836_11323235.jpg
こちらは先日植えたナバナ。発芽してここまで大きくなりました。


a0123836_11322579.jpg
デイキャンプ上では柑橘類の実が色づいてきました。種の名前が出てこないのは歳のせいか・・・・情けないですね。
追記 : ユズです。他にナツミカンもあります。

芸術の秋、文化祭も残り2日間です。
天気も良さそうですので、散策のついでに寄ってみてください。

-------------------------------------------
以下は筋違いですけど「今日はなんの日」で思いついたこと。

1995年の今日、Windows95の日本語版が発売されたそうです。Z80でCP/Mなんて話は、わからない人、多いでしょうね。でも、PCを長く使っていると、このOSが道具(PCを)の使い勝手を激変させたことを思い起こさせます。特にネット接続設定とコピペ作業かな。
DOS時代の64kbpsのモデムだと、テキストが1文字づつ画面に表示されていくのを目で追いかけられたんだから。それから速度は日増しに早くなり、ネットへの接続方法も簡単になりましたが、このWin95で大きく敷居が低くなったことを覚えています。
N-BASIC → CP/M → MS-DS → Win3 → Win95 → Win2000 → Win XP → Win7 → Win10 。LinuxやP-TOSなんていうのも使ったことあるけど、ニーモニックでTK-80は、流石に細かなことを思い出せない。こんなことかいているのは年寄りの証拠ですね。



by isumi-sato | 2018-11-23 17:17 | センターこぼれ話

芸術の秋、食欲の秋

11月22日(木)雨☂。午前9時の気温は12.7℃、湿度は97%です。冷たい雨が、降ったり止んだりの一日でした。




a0123836_16130101.jpg
濡れた葉が、冷たい雨を物語っています。関東地方で初氷が観測されたようです。ここ千葉県いすみ市ではいつでしょうかね~…ブルブル。





a0123836_16123594.jpg
さとの文化祭が5日目を迎えました。子どもたちの芸術作品が、ずらりと並んでいます。本当に素晴らしい作品ばかりです。


a0123836_16124549.jpg
こちらの作品タイトルは、「収穫の秋」です。おいしそう(#^.^#)





a0123836_16161162.jpg
里山でも、実りの秋を迎えています。フユイチゴが、たわわに実をつけていますよ~♪ これから、どんどん実をつけていきます。





a0123836_16162235.jpg
カラスウリも、秋の里山を散策しているとよく見かけます。食べられるのかな? 





a0123836_16163881.jpg
林の縁で、見慣れない実を見かけました。





a0123836_16164377.jpg
かわいらしい実だな~(#^.^#) ハダカホオズキという植物の実のようです。ホオズキ市でみるホオズキとは違い、実が裸だから名づけられたんだとか。





a0123836_16164652.jpg
雨だからこそ観察できる光景です。なかよく実がくっついています。





a0123836_16174054.jpg
マンリョウの実も、鮮やかに色づいています。キレイ!





a0123836_16175857.jpg
あ~、晩秋の自然観察もオモシロイですね。でも、注意も必要です。





a0123836_16214374.jpg
このような看板を見かけたらご注意を!ぜったいに罠には近づかないでくださいね。

by isumi-sato | 2018-11-22 17:06 | しょくぶつ

日が射せば、虫たちが元気

11月21日、晴れ。午前9時の気温は9.1℃、今朝の最低気温は4.6℃でした。
今朝は今年一番の冷え込みになりました。




a0123836_16494020.jpg
朝から元気に活動している生きものの痕跡があります。
モグラが地中を掘り進んで土を盛り上げた跡、たくさんのモグラ塚です。
モグラにとっては、必死にエサを探しただけのことで、地表に何が起きたかまではもちろん思いもよらぬことでしょう。




a0123836_16494588.jpg
また、今年は敷地内いたるところにイノシシの掘り跡が見られるようになってしまいました。電気柵をよけて入ってきて、そこらじゅうをえさを探して掘りまくっています。
写真はハス田の前、オニグルミの木の前の通路です。




a0123836_16494978.jpg
今朝は玄関扉の前の舗装にヤママユガの仲間が落ちて少し動いていました。
成虫の口は退化しており、何も食べないといいます。卵で越冬する蛾です。
夜間照明灯の灯りに集まってきたのでしょうか。卵を残す役割はもう終えたようすです。





a0123836_16495200.jpg
青空が広がり、久しぶりにたくさんの日が当たりました。
今日の最高気温は、18.6℃になりました。きのうより4℃以上高くなりました。





a0123836_16495632.jpg
寒くなったあとでも気温が上がると、活発に活動するのが昆虫たちです。
日が当たると植物の花もよく開くこともその一因になっています。
チョウ類、バッタ類、トンボ類がたくさん姿を現わし活動しています。
堰の堤沿いに咲くヨメナの花にもたくさんの昆虫が集まっています。
ハナアブの仲間です。




a0123836_16495948.jpg
畑の菊の花にもたくさん昆虫が集まっています。ハエやチョウも来ています。
そしてそれらをねらっているのか、クモもいます。





a0123836_16502266.jpg
雑木林の地表にも、ヒラヒラとオレンジ色のチョウが見えました。




a0123836_16520729.jpg
タテハチョウの仲間、ウラに C の模様が見えます。シータテハのようです。




a0123836_16521118.jpg
アジサイには、キタテハがいました。幼虫はカナムグラなどを食草にしているようです。列状に並んだアジサイには、夏にカナムグラやヘクソカズラのつる植物がからんでいました。





a0123836_16521513.jpg
建屋の柱、日が当たった部分には別のタテハチョウがとまりました。アザミなどの花に集まり、幼虫はカラムシ、ヤブマオなどを食草としているアカタテハのようです。今日であったタテハチョウの仲間たちは、成虫で越冬をするチョウたちです。これから天気の良い日には、出会うチャンスのあるチョウたちです。
今日はもちろんまだまだ、赤トンボたちもたくさん飛んでいました。
草原では、バッタ類、コバネイナゴなどが歩くとたくさん飛び出してきます。

ご来館お待ちしております。




by isumi-sato | 2018-11-21 17:10 | いきもの

さとの文化祭~3日目~

11月20日(火)、午前9時の気温11.3℃、今朝の最低気温9.3℃、曇ときどき晴れ。雲の多い朝を迎えました。すっきりと晴れず、風の冷たい一日でした。


a0123836_14261392.jpg
万木堰のようす。見るたびに葉の色が変わっていきます。秋が深まっていくようです。

a0123836_14262125.jpg
毎朝行っている、気象観測。百葉箱を開けると二ホンアマガエルの姿が今までは毎朝数匹観察できましたが、今日は一匹。だんだん寒くなってきていますからね。

a0123836_14262527.jpg
ハクモクレンのつぼみが、産毛を付けながら大きくなってきました。


a0123836_14262907.jpg
アメリカイヌホウズキの花が目立つようになってきました。白くてかわいらしい花が足元で観察できます。


a0123836_14263315.jpg
果実も観察できました。黒く熟すのはいつごろでしょうか?


a0123836_14264574.jpg
今日はさとの文化祭3日目。土日ほどの混雑はありませんが、お孫さんの作品を見に来られたお客様が多いような…平日は作品を静かにゆっくり鑑賞できます。工作や自由研究もじっくりご覧になれます。工作は細部までこっていて大人でも感心してしまうほどの出来栄え。自由研究は興味深い内容ばかり。道路標識や、家紋、野菜、昆虫、そして野菜を題材にして大人でも疑問に思ってしまうことを調べたようです。すばらしい。和室に正座してじっくり拝見させて頂こうと思います。

皆さんもさとの文化祭、満喫しませんか?


お待ちしています

by isumi-sato | 2018-11-20 16:55