千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

雨の日の仕事

6月16日(土)、午前9時の気温15.7℃、今朝の最低気温15.2℃、雨・雨・雨。雨ばかり、そして寒い。梅雨の時期ですからしょうがないですね。
今日の最高気温は16.7℃でした。「梅雨寒」という言葉がぴったりな一日となりました。

a0123836_11445034.jpg
中庭のようす。雨が降り続き、ひっそりとしています。早く梅雨が明けて、みんなザリガニ釣りに来てくれないかな~。


a0123836_11452974.jpg
雨が続くので館内での作業。ソラマメが完熟して固くなったので自家採種しました。
乾かしたさやから種を外しています。今年の秋にまく種です。


a0123836_14002494.jpg
こちらはナノハナ(セイヨウアブラナ)の種。ブルーシートの上に置き、踏んでサヤから種を出します。



a0123836_11453450.jpg
踏んだ後、ふるいにかけてさやの繊維や砂などを分けて種を振るい落とします。


a0123836_14002949.jpg
黄色っぽくて丸いのがナノハナの種です。1mmあるかないかの大きさです。まだサヤなどがとりきれていません。




a0123836_16222705.jpg
そしてこの作業。「風選」しています。てみの中に採集したナノハナの種をいれ、両手で押さえ、円を描くようにゆすります。そうすると種だけが真ん中に残り、不要なものが外側へ移動していきます。同時に上に投げ上げて風によって軽い大きなものを飛ばします。そして種だけを集めることが出来るのです。昔の人の知恵には脱帽です。今日もまた賢くなりました(笑)。



a0123836_11461285.jpg
林道では、サルトリイバラの葉が大きく目立ち始めました。花の時期は過ぎましたが、今度は赤い真っ赤な果実をつける準備でしょうか?


a0123836_11461602.jpg
アジサイの隣には、ヤブガラシが花を咲かせ始めました。オレンジの小さな花です。でも名前は「薮枯し」。別名「貧乏かずら」かわいい花ですが少しかわいそうな名前がついています。しかし名の通り旺盛に生育して藪を覆いつくし他の植物を枯らしてしまうことからこの名が付いたそうです。




a0123836_11451452.jpg
雨に濡れたイスミスズカケ。雨水をまとった姿も乙なものです。ぜひ見に来てくださいね。

お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-06-16 17:25 | センターこぼれ話

磯の生き物観察 は中止します!

    緊急告知


明日、6月16日(土)に予定していた「岩船で磯の生き物観察をしよう」は、天候の悪化が見込まれるため、中止とします。

気象庁発表の天気予報では(6月15日12:00~6月16日12:00の予報図)、
a0123836_13154313.jpg

観察の時間帯=明日の午前中にかけて大雨が予測されています。

風もやや強く吹く予報で、気温が低く寒いことも予想されます。参加をご希望されていた皆様には申し訳ありませんが、以上の理由から中止させていただきます。

本行事は、次年度以降も継続が予定がされております。次回のお申し込みをお待ちしております。
by isumi-sato | 2018-06-16 09:00 | おしらせ

千葉県民の日 いかがお過ごしですか?

6月15日(金)は千葉県民の日です。明治6年の6月15日に木更津県と印旛県が合併して、千葉県が誕生たそうです。しかも、千葉県の公立学校は休み!千葉県民の一部の人も休日なんだとか。今日は、各地でイベントが開催されたり、観光施設の割引サービスなんかもあったりと…千葉県民にとって、とてもラッキーな一日です。



a0123836_1532287.jpg
でも、雨☂…カエルは、この通り喜んでいますが。
6月15日(金)午前9時の気温は22.4℃、湿度は92%でした。



a0123836_16543620.jpg
ここのネイチャーセンターは、千葉県民の日でなくてもエブリデー無料です。しかも、自然観察したら楽しい場所。さっそく、出かけてみましょう!



a0123836_15354213.jpg
光沢が美しいですねぇ☆ヒメコガネの金属光沢は、緑・銅・青・藍色など、個体によって色が異なるようです。



a0123836_15411686.jpg
ナミテントウの四紋型でしょうか?「並み一丁」ってな感じで普通種ですが、周りの風景を反射するほどキレイ☆カメラマンが映り込むほどです。ナミテントウは様々な模様があることで知られていますが、遺伝子のほかに、気温も模様に関係があるようです。



a0123836_15471565.jpg
多くの昆虫も、オスとメスの遺伝子が子供たちへと引き継がれていきます。親と同じ姿が生まれ、教わらないのに同じ行動をする…小さな虫なれど、神秘的です.



a0123836_15493538.jpg
雨の季節ならではの光景に出会いました。「まるで自然の宝石箱や~」目にまぶしい美しさです。



a0123836_15503041.jpg
アジサイの花に、ベニシジミが紛れています。どっちもキレイ!



a0123836_1553182.jpg
でもやっぱり、今の一押しはハスの花ではないでしょうか?うっとり…まだ咲き始めなので、見ごろはもう少し先になりそうです。



a0123836_155414100.jpg
ホタルブクロの花も可憐ですね♪ 名前の由来は諸説あるようですが、「ホタルを捕まえて花の中に入れてた」という説があります。



a0123836_1613050.jpg
どれ中を覗き込むと、なるほどホタルが入る大きさです。蛍を入れたら、どんな花になるのか興味深々です。どなたか実践した方います?



a0123836_16524376.jpg
あ~、楽しかった♪ 雨の中でも、気軽に観察できました。ぜひ、自然散策しに来てください。お待ちしています!
by isumi-sato | 2018-06-15 16:48 | いきもの

ハスの花って大きいね


6月14日、曇。午前9時の気温は19.6℃、今朝の最低気温は17.6℃でした。
空は雲ばかりで、少し涼しさを感じる朝のスタートです。


a0123836_15035572.jpg
今朝は、農機具小屋の屋根に黒い鳥たちが、複数とまっていました。
たまに田んぼの上空をスイスイと飛び回っています。
どうやら巣立ちしたばかりのツバメ一家のようです。
親が近くに来ると、飛ぶことを覚えたばかりの子どもたちは、黄色い口を大きく開けています。



先週にひきつづき、近隣の保育園から今日は年長組さんたちがバスに乗って来館しました。
活動メニューは、自然観察とザリガニ釣りの二つを2グループに分かれて、交代して行いました。

a0123836_13483317.jpg
サリガニ釣りは、ザリガニのお話の後、竿の扱い方、釣り方のコツなどについてお話ししました。「ザリガニ釣りをしたことがある人の中でコツをお友達に教えられる人はいる?」と聞くと「石になる」「じーっと動かない」「騒がない」と模範解答が続々と出てきました。みんなすごーい。楽しみに待っていたザリガニ釣りのスタートです。

a0123836_15383634.jpg
ザリガニ釣り開始から数分。お友達のアドバイスどおり「石」のように動かなくなった園児たち。数分経ってもすぐには釣れず。しかしみんな頑張ってじっくり待ちます。そうするとザリガニが釣れ始めました。みんなスバラシイ!騒ぎもせずにふざけることもなく、いっぱいザリガニが釣れました。



a0123836_15060657.jpg
自然観察では、スタート地点でガクアジサイを観察。アジサイとの違いを見つけました。
たくさん聞こえて着る野鳥の声にも耳を傾けました。特に大きな声の主の鳴き声は「ギョギョシ、ギョギョシ。ケシケシケシー、、。」どこにいるか探しました。アシのてっぺんや、竹の枝の先のほうに声の主の姿が見つかりました。ほかに、「ホーホケキョ」のウグイス、「チョッピチリーチョ、チーツク」のホオジロ。田んぼの上空をすばやく飛んでいたり、電線や屋根にも止まっていたスズメより大きい黒い鳥のツバメなど。いろいろな鳥の声や姿を観察できました。



田んぼに向かって、その中の生きものたちを探しました。アメンボ、クモ、カエル、小さな貝。そして衣服や帽子にも飛んできて止まってくれた、イトトンボ。イネの葉っぱにたくさんのイトトンボがいることを発見できました。


a0123836_13484698.jpg
少し移動して、実をたくさんつけ始めている樹木を見つけました。黄緑色の実をブドウのように隣り合わせてぶら下げていました。ウメ! ブドウ! クリ! その実は、クルミ。オニグルミの木でした。やがて実を食べにリスが山から姿を現すことがあります。かたい殻を丈夫な歯で真っ二つにして食べます。





a0123836_13484141.jpg
ハス田で、たくさんのハスの蕾、そして今朝開いた今季2つ目の蓮の花を観察しました。「大きい――!!!」
「きれいー!!」蕾もたくさん見つかりました。水玉をはじいてコロコロと揺らしているハスの葉っぱもよく観察しました。茎の断面を見、そして根の部分はおなじみの食べ物レンコン。お弁当の歌にもなっています。



a0123836_13485183.jpg
カエルやカメ、トンボなどの生きものたちもいました。



a0123836_13490348.jpg
最後は、世界でいすみのある所にしか生えていない植物(地域固有種)、そして絶滅危惧種を観察しました。今どきの保育園生たちは、「絶滅危惧種」なんて難しい言葉も知っています。そしてそう聞くと、ワクワクしながらの観察でした。
今は、はっぱの付け根に花を咲かせています。はっぱに触ってみるとふわふわした感触を味わえました。



a0123836_13485526.jpg
そのあと、館内に展示してあるものを自由に、ぐるりと見学しました。

また、おうちの人たちと遊びに来てください。
お待ちしています。



by isumi-sato | 2018-06-14 17:25 | グループ・学校利用

ネムノキの花、コウゾの実

6月13日(水)、午前9時の気温20.3℃、今朝の最低気温18.9℃、曇のち晴れ。朝方は風が少し強めに吹きましたが、正午ごろまでには止みました。からっとした天気で過ごしやすい一日となりました。

a0123836_15130375.jpg
昆虫広場の様子。この時期、職員は草刈りに追われます。


a0123836_15130812.jpg
ハスの花の様子。今朝は開きそうなつぼみが一つ(いつ完全に咲くでしょうか?)。8割ほど開花したつぼみが1輪観察できました。しっとりと優雅なピンク色をしたハスの花は、あわただしい毎日を、一瞬忘れさせてくれます。


a0123836_15131266.jpg
田んぼ脇のネムノキは、いつの間にか多くの花を咲かせ始めました。


a0123836_15131721.jpg
アカメガシワの花のようす。近くでじっくり見るとデザインされたような繊細な形をしています。


a0123836_15132343.jpg
コウゾの果実でしょうか?赤くつやつやした果実がキラキラかがやいていました。おいしそうです。このコウゾの樹皮は繊維が強く和紙に使われているそうです。


a0123836_15132700.jpg
カラスザンショウの木です。花芽がだいぶ目立ってきました。樹皮にはトゲがボコボコしています。ミカン科の樹木で、アゲハチョウの仲間が寄ってきます。

a0123836_15133261.jpg
林道では、セイダカアワダチソウが私の背丈ぐらいになっていました。その葉の上には二ホンアカガエルが止まっていました。高層マンションに住んでいるカエルたち。葉の上で獲物を狙っているのでしょうか?


さまざまな植物が花を咲かせ、実を付けました。センターは見どころいっぱい。

ぜひ、遊びに来てくださいね。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-06-13 17:25 | センターこぼれ話

ハスの花、開花しました。

6月12日(火)、午前9時の気温19.3℃、今朝の最低気温18.6℃、曇のち晴れ。週末にかけて日本に接近した台風5号。各地大きな被害はなかったようです。台風5号の接近により降った雨は、降り始めから53㎜。昨日は、いすみ市内の小中学校は台風接近のため休校になった学校が多かったようです。

a0123836_14264241.jpg
ハスの花が開花しました。もうそろそろかとは思っていましたが…。淡いピンク色が、夏の始まりを静かに告げているようです。


a0123836_14265054.jpg
今日は近隣の小学3年生が校外学習に来てくれました。自然観察を二班に分かれて行いました。イスミスズカケを観察した後は、センター建屋内のジオラマを使いセンター周辺のようすを解説。その後は屋外で田んぼの生きもの観察。アメンボの仲間、クモの仲間、ニホンアマガエル、ニホンアカガエル、イトトンボの仲間などを観察。


a0123836_14265582.jpg
そしてこの鳥。オオヨシキリの観察もできました。はじめは「この鳴き声なあに?」「カエル?」よく耳を澄ましていると遠くに姿を発見。みんな目がいいようで「いたいた。」と指をさします。「鳥だったのか~」しっかりヨシにつかまって鳴いているところを撮影できました。



a0123836_14270151.jpg
ハス田では、今日開花したハスの花を観賞。きれいなピンク色。ハスの名の由来などを解説しました。



a0123836_14270506.jpg
ハス田の木製デッキの上を歩き進むと、まだオタマジャクシであった名残のあるしっぽのついたニホンアマガエルがぴょんぴょん三匹現れました。このような状態のカエルを見たのは初めてのようでみんな大騒ぎです。

a0123836_14271054.jpg
デイキャンプ場では、クリのオバナ、メバナのようす。カキの果実、ミカンの果実、ユズの果実そしてオオムラサキの花を観察しました。その後雑木林では、クヌギ、コナラ、マテバシイ、などの観察。万木堰では、堰の水の使われ方などを解説しました。

a0123836_14271445.jpg
最後は畑。ワタの花や、落花生の葉の様子。ナス、ミニトマト、最後はダイコンの花。「ダイコンってこんな花が咲くんだー知らなかった」

身近な自然から学ぶことが出来ましたか?一つでもいいので生きものの名前を覚えてくれたかな?

たくさん覚えなくてもいいので、一つは覚えてくださいね。

今度はお父さん、お母さんと一緒に遊びに来てね。お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-06-12 17:25 | グループ・学校利用

イスミスズカケに癒されます

6月10日(日)、午前9時の気温20.4℃、昨日の最高気温29.1℃、真夏日とはならず。おしい!しかし今日の最高気温は21.8℃、ずいぶんちがうものですね。今日、明日と台風が近づいているため天気は下り坂です。


a0123836_13570838.jpg
8日に開花が確認できたイスミスズカケのようす。今朝は少しづつですが開花したイスミスズカケが増え始めました。鮮やかな紫色に癒されます。
a0123836_13571483.jpg
田んぼのようす。苗の緑色が、一層濃くなってきました。

a0123836_13572094.jpg

クリの木のようす。オバナは茶色く色を替えながら地面に落ち、その代わりにメバナが段々と大きくなり目立ち始めました。



a0123836_13572552.jpg
アカメガシワの花が咲き始めました。花びらのない小さな花を多数咲かせています。


a0123836_13572928.jpg
万木堰の対岸、山裾の一部にもアカメガシワの花が一斉に咲いている様子が観察できます。アカメガシワの葉と種子は染料に、樹皮は健胃薬に使われるそうです。(よくわかる樹木大図鑑/永岡書店より)


a0123836_13573364.jpg
ホタルガが、ひらひらと優雅に舞っているのが観察できました。その名の通りホタルのよう配色をしたガのですね。でも、もちろん光りませんよ。年に二回発生するガです。


a0123836_13573734.jpg
ミカンの木のようす。白い花を咲かせ、花びらを落とした後は小さな果実の赤ちゃんが観察できましたが、どんどん果実が大きくなり始めました。もう立派なミカンのようですが、直径は2~3㎝ほどの大きさです。


a0123836_13574213.jpg
湿性生態園では、襲われたのであろうクサガメの甲羅だけが木製デッキの上に残されていました。残酷!誰の仕業でしょうか?しかし、きれいに甲羅だけ残っています。器用な食べ方をするのですね。
a0123836_13574635.jpg
ハス田では、ハスのつぼみがだいぶふくらみ始めました。開花はいつか?楽しみですね。

花、果実、昆虫など、身近な生きものたちの変化が楽しめるセンターへ遊びに来てくださいね。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-06-10 17:25 | センターこぼれ話

イスミスズカケ開花/君の学校にもあるんだよ

6月8日(金)、午前9時の気温24.5℃、今朝の最低気温17.1℃、朝方は夏を思わせる入道雲のような雲がセンター上空を覆いました。そのあとはグレーの雲がモクモク出現。パラパラと小雨が降る時間帯もありました。

今日は近隣の小学1.2年生が校外学習の為センターを訪れました。30分交替でザリガニ釣り、水路の観察、自然観察、館内案内を4班に分かれて行いました。ハードスケジュールです。
a0123836_15533312.jpg
まずはザリガニ釣りのようす。はじめに外来種のお話を少しした後、竿の持ち方をの伝えました。「竿の真ん中をもって立ててくださいね。」ザリガニはたくさん釣れました。



a0123836_15534577.jpg
今度は水路観察のようす。はじめは中庭脇にある水路で観察。小さい網をもって水路の生きものを捕まえてました。観察できたのは、メダカ、ドジョウ、アメリカザリガニ、貝類、クモの仲間、アメンボの仲間、カワエビの仲間など。しかし、生きものを捕まえるのに夢中で長靴がドロドロ。洋服までドロドロにしてしまう子が続出したため、急きょ、後半2班の水路観察は場所を移動しゲンジボタルの生息する水路で水路観察となりました。




a0123836_15535201.jpg
ゲンジボタルの生息する水路では、タニシ類やカワニナ、サワガニなどが観察できました。

a0123836_16195635.jpg
これはゲンジボタルの昼間のようす。夜のホタルも良いですが、昼間のホタルも観察するのも面白いですね。みんなゲンジボタルの昼間のようすを観察できました。





a0123836_15543842.jpg
そして自然観察のようす。田んぼではイネの根元でイトトンボの羽化を観察。ハス田に向かいオニグルミ果実を見ながら二ホンリスのお話。ハス田ではハスのつぼみが膨らみ始めたので、ハスの花が開花したようすを撮影したA3パウチサイズの写真を見せて解説。






a0123836_15540034.jpg
その後雑木林で、コナラ、クヌギなどの樹木の観察。畑へ移動しダイコンの花・種、ワタの花そして他の作物も観察しました。最後は万木堰へ。「この万木堰の水は何に使われるのかな?」



a0123836_15545072.jpg
館内見学のようす。センター中央にあるジオラマを使ってみんなが通っている小学校の位置を確認。バスに乗ってどのようなルートでセンターへ到着したか確認です。自分の家も見つけられました。「オレの家ここだよ~」みんなうれしそうです。そして田んぼ、丘陵、夷隅川、ため池のお話をしました。その後はセンター建屋南側出口に展示してあるイスミスズカケの解説。
「学校にもあって昨日花が咲いてた」という子もいれば、「そんなの知らない」という子も…ずいぶん見えてるものが違うんですね。今日解説したイスミスズカケを忘れないようにメモを取ってもらいました。学校に帰ったら学校のイスミスズカケも観察してみてね。

a0123836_15545554.jpg
最後はミヤコタナゴの解説です。ミヤコタナゴも学校でも飼育しているようで…やはり知らないお友達とよく観察しているお友達がいます。せっかく展示しているのだからじっくり観察してくださいね。オスとメスの違い、卵の産みつけ場所、数が減ってきてしまった理由などを話しました。希少な生きものを知ってみんなで大切にしましょうね。みんなのしおりを見ると観察したものがずらりと書かれていました。感心感心。みんな頑張りました。


a0123836_15545964.jpg
センターのイスミスズカケ。根元に近いツルの分部を見ると…咲いてます。紫色の鮮やかな花が。とうとう開花いたしました。皆さん見に来てくださいね。


by isumi-sato | 2018-06-08 17:25

梅雨の晴れ間の花々

6月7日、曇りのち晴れ。午前9時の気温は20.8℃、今朝の最低気温は18.1℃、湿度92%でした。日中は、雨が上がって晴れると蒸し暑くなりました。
今回の降水量は当センター計測値で25mmでした。



a0123836_16204960.jpg
田んぼのイネは順調に生育しています。少し離れて写真を撮ると全面緑色で、水面が写真に写らなくなりました。



a0123836_16205375.jpg
イネの根元には、毎日、ほぼ3株に1株くらいの密度でアオイトトンボの羽化が観察できます。[イネの株数×1/3×10日間 ] と、考えただけでもものすごい数のイトトンボが誕生していることになります。




a0123836_16205702.jpg
畑作業は、晴れ間に小麦を刈りました。田んぼ前の建屋軒下にぶら下げて乾燥をはじめました。




a0123836_16210051.jpg
また中庭では、ソラマメを干して来年用の種を作っています。
サヤのまま干していると黒くなります。よく乾かしてサヤの中の豆(薄茶色)を取り、
風通しの良い冷暗所で保存しておきます。






a0123836_16210334.jpg
ハス田では、一面ハスの葉で覆われ始めました。





a0123836_16210578.jpg
ここ数日、ハスの花の開くのはいつでしょうか? と、問い合わせがあります。
例年6月下旬、20日過ぎころに開花しているのですが、ここ数年は数日早まっています。今年は6月後半に咲きだすかもしれません。今日の蕾はこんな具合です。まだ細長いのですが、4cmくらいに育っています。
開花情報はこのブログでも、随時お伝えいたします。




a0123836_16210850.jpg
この小さな花は何か、わかるでしょうか? 紫色の細かく小さな花ですが、今たくさん蕾が開いて咲き始めています。少しひいて、葉と共に写っていればわかる方も増えるでしょうか?






a0123836_16211154.jpg
先日も紹介した、ムラサキシキブの花です。晴れて光がたくさんあたる日の方が、花の開花も進むようです。







a0123836_16231650.jpg
同じく大きな樹木の細かい花が白く咲いています。
クマノミズキの花です。葉は対生で生えています。ちなみにミズキの葉は互生。




a0123836_16232210.jpg
雨で水がたまった堰沿いのアジサイは、すっかり色をつけて、咲き始めの花が並びました。




a0123836_16232545.jpg
一方駐車場の角、田んぼへの入口近くのガクアジサイは、フチの装飾花が開いて色をつけ始めました。




a0123836_16232806.jpg
いすみの地域固有種、イスミスズカケの蕾は少しずつ大きく育っています。
こちらも開花が楽しみです。


ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-06-07 17:05 | しょくぶつ

梅雨入り

6月6日(水)、午前9時の気温21.8℃、今朝の最低気温19.9℃、夜寝るときは蒸し暑くて寝苦しく、朝方は冷えるので寒さで覚めてしまう今日この頃です。皆さんはいかがですか?体調崩していませんか?今日気象庁は、梅雨前線の北上に伴い関東甲信、東海、近畿地方の梅雨入りを発表しました。平年が6月8日ですから、ほぼ平年並みということになりますね。



a0123836_16403365.jpg
今日は、近隣保育園のお友達32人がセンターへ遠足?に来てくれました。昨日の天気とは正反対の大雨。雨が降るとは聞いていましたが、ここまで本降りとは…実施内容は館内見学班ととザリガニ釣り班に分かれて行いました。でも雨足が強くなり、急きょザリガニ釣りを自然観察に変更しました。

この写真は館内見学班、でも少し外に出てハス田の様子、田んぼの様子なども観察しました。ハス田では、ハスの葉に雨滴がたまって転がるようすを楽しみました。ハスのつぼみも探しました。



a0123836_15131216.jpg
田んぼでは、イネの根元をよく見てみました。ちょうど今が盛りのイトトンボの羽化を観察しました。
ほとんどのイネにイトトンボがついていました。





a0123836_15132283.jpg
自然観察班はセンター建屋からデイキャンプ場へ移動し、秋に食べる食材、クリの花のようすや若い果実を付けたカキの木のようすなどを観察しました。身近な雑草のシロツメクサがデイキャンプ場で多く咲いていたので名の由来のお話をしました。「昔オランダからガラス製品を持ち込むときに、割れないように緩衝材として詰められていたことから「詰め草」と呼ばれるようになった」と話すと保育園の先生方が「知らなかった~」と嬉しい反応。どうぞまわりの方々にも自慢げに言ってインテリぶりを発揮してください。



a0123836_15131766.jpg
畑へ移動しワタの花、ダイコンの花、落花生の新芽のようすを観察。解説しましたが、みんなカサをもって歩くのが精いっぱいのようです。最後までよく頑張りました。



a0123836_15132505.jpg
ハスの葉の様子。雨が降り、雨水のダンスが見られるようになりました。まさに「梅雨入り」


a0123836_15132959.jpg
オニグルミの果実が見事に大きくなり、重さで枝がしなるほどになりました。


a0123836_15134298.jpg
ガマズミのようす。花が終わり、果実が観察できるようになりました。ガマズミの果実が赤く色づくのはいつ頃かな?


a0123836_15143174.jpg
とうとう咲きました。ネムノキの花。ピンク色はまだ薄いですが、三輪ほど確認できました。
夏に向かってさまざまな生きものが動き始めました。ネムノキの花が満開になる夏はもうすぐそこですね。

センターの季節が続きます。

どうぞお越しください。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-06-06 17:25 | センターこぼれ話