千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

もうすぐですね

5月31日(木)、午前9時の気温20.6℃、今朝の最低気温16.2℃、曇。どんよりとした雲が広がり、午後には本格的な雨が降り始めました。今日で5月も終わり。梅雨のはしりでしょうか?

a0123836_14513026.jpg
午後の様子。写真では分かりづらいですが、しとしとと穏やかに心洗われるような雨です。雨が土と交じり心地よい匂いがします。


a0123836_14514360.jpg
林道ではホタルブクロが花を咲かせ始めました。やはりホタルの出現時期にちゃんと花を咲かせるのですね。


a0123836_14513802.jpg
足元にはヤマカガシが観察できました。あまり大きくなく20㎝ぐらいです。鮮やかなオレンジ色が草むらの中では目立ちます。カエルやオタマジャクシを食べるそうです。


a0123836_14514986.jpg
雨滴をまとったハナショウブ(園芸種)。原酒のノハナショウブは日本、朝鮮半島、中国東北部、シベリアなどに分布します。ハナショウブは紫、藍、薄紅、白、などの花色を持ち、花の模様は絞りや網目などさまざまです。(家庭の園芸百貨/主婦と生活社より)


a0123836_14515346.jpg
イスミスズカケのようす。おっ。つぼみが目立ってきました。ほんのりと紫色になっています。イスミスズカケの開花はいつかな?まもなくです。楽しみですね。


季節に応じたさまざまな植物のようすが楽しめるこの時期。センターへ遊びに来ませんか?お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-05-31 17:25 | センターこぼれ話

葉っぱと虫の情事♡

5月30日(水)。午前9時の気温は22.5℃、湿度は89%でした。とても蒸し暑い一日です。草刈りをしていたスタッフは、汗べったり(;^ω^)。いよいよ梅雨の季節がやってきますね~。



a0123836_1623920.jpg
ところで皆様は、ホタル鑑賞に行かれたでしょうか?産地のあちらこちらでは、見ごろを迎えているようです。



a0123836_15102210.jpg
日中は水辺の近くで、こんな風に休んでいます。ゲンジボタルは日没から1時間ほどしたころ、発光し始めます。同時に明滅することが多く、その光景は神秘的です。



a0123836_15131575.jpg
あっ!ここにもいた。明滅の間隔は地域によって違うようで、東日本は4秒間隔、西日本のものは2秒、中部地方では3秒といわれています。



a0123836_1521322.jpg
それにしても、よく葉っぱから落ちないでいられますね。足の構造に秘密が隠されているそうです。ちょっと難しいので、興味があったら調べてみてください。



a0123836_15441618.jpg
ここにも、葉っぱの裏側でなにやら活動している虫がいます。


a0123836_15451499.jpg
ゴマダラオトシブミです。クリやコナラなどの木に集まります。


a0123836_15464812.jpg
葉っぱをくるくる巻いて、中に卵を産むそうです。


a0123836_15475119.jpg
ムネアカオオアリも、植物の上をスイスイ上ります。



a0123836_15501556.jpg
カタツムリも葉っぱをおいしそうに食べています。



a0123836_15514514.jpg
多くの昆虫にとって、葉っぱの存在は欠かせないもののようです。エサキモンキツノカメムシのハートは熱烈な模様ですね~♡このカメムシは、ミズキなどの葉裏に卵を産み、抱えるようにして親が保護する習性があるようです。


ホタル観賞ついでに、ほかの生きものを観察してみてはいかがでしょうか?
by isumi-sato | 2018-05-30 16:35 | いきもの

蒸し暑くなりました

5月29日(火)、今朝の最低気温は14.7℃、9時にはすでに24.5℃となりましたが、最高気温は26℃でした。お日様は殆ど出てこない曇りがちの一日でしたが、蒸し暑いこと。そろそろエアコンの季節でしょうか。

事務室のドアや窓を開けておくと綿毛が入ってきます。

a0123836_14382192.jpg
その発生源は・・といえば、この時期はこれが一番多いでしょうね。
ご存知チガヤです。センターの昆虫広場にもいくらかこのようにまとまっていますが、草刈りの時期によっては極端に少ない年もあります。コントロールは難しいですね。
そおいえば、今年はネジバナが少なかったようです。


a0123836_14381973.jpg
畑ではこの花が目立ちました。
紫色のこの花は、概ね下向きに咲いています。で、カメラを下において上向きでパシャ。
オートフォーカスは便利ですね。
もちろん、ナスの花です。


a0123836_14381732.jpg
こちらはセンター南側の堰の土手にあるアジサイ。
だいぶ色づいてきました。この花が色づくと、いよいよ梅雨時の到来ですね。
今週半ばには梅雨の走り、来週は晴れ間もあるようなので、梅雨入りは再来週になるのでしょうか。
梅雨入り平年日は、南関東ではたしか6月8日だったかと。


a0123836_14381532.jpg
湿性生態園では草刈りしたあとを狙って、やってくれていました。
だいぶラッセル痕がひろがっています。まあ、しょうがないか。とは言いつつも、野生動物との共生には厳しいものがあります。
もちろん、イノシシの荒らした跡ですよ。


a0123836_14381327.jpg
デイキャンプ上ではクリの花が満開です。
いま、家の庭先や山の斜面など、結構目立ちますね。
秋に実がなり地面に落ちると、それを目当てにやはりイノシシなどが出てきます。


a0123836_14381170.jpg
こちらは梅の実、いえいえ、オニグルミです。
これを食べにリスが出てきます。秋にはきれいに割ったくるみの殻が観察できますし、運が良ければベンチで食事中の彼らを見ることができるかも。ただ、朝8時30分くらいまでかな。


a0123836_14380929.jpg
オニグルミの木陰にベンチがあります。蒸し暑い中、そこに座っていると気持ち良い風に吹かれて汗も引っ込みます。ハスはまだ葉を広げている最中。花芽が出るまではあと10日か2週間位かな。
この時期はハス田にウシガエルが産卵します。見つけると網ですくって処分。
そんな季節になりました。




by isumi-sato | 2018-05-29 17:15 | しょくぶつ

ホタルの季節が来ましたね~(#^.^#)

5月27日(日)…5月最後の休日です。午前9時の気温は19.2℃、湿度は81%でした。夜には、『センター内小川でのホタル観察』というイベントが行われました。キレイでしたね~♪



a0123836_1342026.jpg
イベントが行われる朝、生息地の様子を見に行きました。こんな小川に暮らしています。



a0123836_1212933.jpg
おー!いました。葉っぱの裏側で休んでいます。寝顔をそ~っと撮影…パシャ! ホタルは、月明かりがなく、風のない蒸し暑い日にたくさん発光して飛びます。ホタルの観察には、そんな日を狙うとたくさんのホタルが見られます。



a0123836_13261615.jpg
他の水辺もパトロールしてみましょう。まずは田んぼです。



a0123836_13271251.jpg
アオイトトンボ類があっちこっち、イネの根元で羽化しています。今頃がイトトンボの羽化シーズンです。トンボたちも、田んぼの環境を利用しているんですね。



a0123836_13282610.jpg
さらにノシメトンボでしょうか?羽化したての翅は、模様が薄いんですね。翅脈(しみゃく)に体液を入れながら、折りたたまれていた翅を展開させていきます。キラキラきれい♪



a0123836_1331684.jpg
シオカラトンボが、単独打水産卵(たんどくだすいさんらん:オスと連結しないで水面を叩き打つように産卵)しています。オスがメスにぴったり寄り添っています。(オスは水色、メスは明るい茶色(むぎわらとんぼと呼ばれています)) 仲良し夫婦ですね~♪トンボは、種類によっていろいろな産卵様式があるようです。



a0123836_1333498.jpg
さらに湿性生態園山すその水路です。トウキョウサンショウウオの幼生がいました。どこにいるかわかります?よーく見ると、エラがついてます。もう足もしっかりと生えています。成長するとエラが体の中に入ってなくなり、肺で呼吸するようになって陸上で暮らすようになるそうです。



a0123836_1443078.jpg
湿性生態園デッキ沿いの草むらにも一見、ホタルに似た昆虫がいました。でもこちらは、裏返しにすると飛びはねるコメツキムシの仲間でした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここからは、ホタル観察のようすです。
閉館時間の16時30分を過ぎて、19時15分から行事「センター内小川でのホタル観察」を行いました。

a0123836_20112028.jpg
集合してあいさつののち、まずは明るいうちに観察場所を下見に出かけました。


a0123836_20243065.jpg
樹木や石組みがあったり、水路際の斜面はどの辺まで行ってもよいのか、前もって観察場所のようすを頭にいれておきます。この時、4匹ほど確認できました。今後に期待です。


a0123836_20112420.jpg
展示模型を使って、ホタルの成体でオスメスの特徴、生息環境や一生の暮らしについて解説しました。


a0123836_20112874.jpg
続いて図書室でヘイケボタルの一生についてビデオを見て学習です。その後、ホタルの餌となるカワニナの写真や、ゲンジボタルの成体と幼虫の写真を見て解説しました。

そうこうするうちに暗くなりました。さあ、ホタルの発生する水路の際へと出発です。
a0123836_20243692.jpg
今年も水路の上空、樹林の中をホタルの光が明滅して飛んでいます。
静かな暗闇で、ゆっくりと発光するホタル観賞ができました。
ゆったりとした時の流れを感じていただけたようです。

ホタルが想像以上にいてきれいだった。ホタルをゆっくり見られた。解説を聞いて知識を得た後、本物を見られてよかった。とてもぜいたくな時間だった、などの感想をいただきました。







by isumi-sato | 2018-05-27 20:40 | 行事報告

初夏のいろいろ

5月26日、曇。午前9時の気温は22.4℃、今朝の最低気温は16.2℃でした。
空気の中の水分が高くなってきました。湿度は83%で、気温が上がると少し汗ばみ、蒸し暑さを思い出す季節になりました。
ということで、夜になればここいすみでは、ゲンジボタルが光って飛び始めています。

一週間ほど前から、「トッキョキョカキョク」と鳴く野鳥の声が聞こえるようになりました。夜中にも聞こえます。今朝も当センター山の谷間にその鳴き声が響いています。同時に「ホーホケキョ」の声もよく聞こえてきます。ご存知、ホトトギスとウグイスです。ホトトギスはウグイスの巣に産卵して子育てまでさせてしまうことで有名です。両者の鳴き声がよく聞こえるということは、産卵するタイミングが同じ時期にぴったりと重なっているということなのでしょう。



a0123836_17432096.jpg
今日の万木堰の上空は曇り空です。堰の水位は中ぐらいです。




a0123836_17432404.jpg
対岸の山を見ていると緑色の中、上の方に白い色が広がっている場所に気がつきました。



a0123836_17432753.jpg
ズームアップすると、白い花が咲いているようです。どうやらつる植物のテイカカズラの花が杉の木に巻き付いて咲いているようです。なんと高さは16mくらいはあります。テイカカズラはキョウチクトウ科のつる植物ですが、図鑑には「他物によじ登って高く伸びる」とあります。他にも同じくらいの高さにこの白い花が咲いている場所がありました。上る高さに驚かされます。




a0123836_17433052.jpg
他にも、植物が初夏の姿を見せています。ハゼノキは、花をたくさんつけています。やがてたくさんの実が姿を現わすことでしょう。




a0123836_17433365.jpg
カラムシが大きくなりました。そして葉には、いましたいました。ラミーカミキリが姿を現わしました。



a0123836_17433656.jpg
チョウたちもヒラヒラとたくさん姿を見せてくれるようになりました。
ベニシジミがヒメジョオンの花にとまっています。羽の表と裏の色が違うので観察するとおもしろいチョウです。おもては春型でオレンジ色と黒の模様。裏は春型でオレンジ色に白っぽい銀色をしています。チョウの羽を表から裏から観察するとおもしろいですよ。双眼鏡やカメラがあると便利です。



a0123836_17434581.jpg
万木堰沿いのアジサイが少しずつうす紫色に色付き始めました。


初夏の自然、まだまだ見どころたくさん発見できます。
ご来館お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-05-26 17:45 | いきもの

根気強さが大事です/ 自然観察

5月25日(金)、午前9時の気温24.6℃、今朝の最低気温14.5℃、晴れ。朝から強い陽射しが照り付けました。今日も校外学習日和です。センターでは校外学習の受け入れが現在ピークを迎えています。今日も朝9:30~14:30まで近隣の小学二年生が校外学習としてセンターを訪れました。ザリガニ釣り、自然観察(植物班)、自然観察(生きもの班)に分かれての学習です。


a0123836_15453267.jpg
まずはザリガニ釣りの様子。やったー晴れた!ザリガニ釣りだーといわんばかりの表情の児童たち。ザリガニ釣りの前にはアメリカザリガニについてのお話をしました。アメリカザリガニってウシガエルと共にウシガエルのエサとして日本に持ち込まれたって知ってた?

a0123836_15453809.jpg
ザリガニ釣りについての諸注意(竿を他人に当たらないように立てて持つ、ふざけない、走らないなど)を伝えて、さあザリガニ釣り開始。二人ペアになってのザリガニ釣りですが…見てください。このチームワーク。一人が吊り上げもう一人がバケツをもってスタンバイ。ここまで一生懸命にザリガニ釣りをしてくれたお友達は初めてです。

a0123836_15454411.jpg
捕まえた後はザリガニを観察してから水路へ逃がします。オスとメスの見分け方の一つを解説しました。ザリガニの腹面を見てもらいます。オスは腹肢が変化し前方に伸びた交接器がありますがメスにはありません。その代わりメスには卵を抱えるため、交接器より小さい腹肢が多くあるのが特長です。オスとメスの腹面の違いが分かりやすく写されたA3パウチの写真を見せて解説しました。みんなの釣ったザリガニはオスだった?メスだった?





植物(やいきものを主なテーマにした)班では、
ジオラマ模型のまわりでセンターの位置や周辺の地形、丘陵、田んぼ、まち、夷隅川、海の位置などを俯瞰しました。
次にホタルの展示模型を使って、今光り始めているゲンジホタルの観察と解説です。
光る模型を見てオスとメスの違いを発見しました。

a0123836_16590991.jpg
いよいよ外に出て、次々と移動しながら自然観察です。玄関前ハクモクレンの花のあとや葉っぱを観察した後、耳を澄まして聞こえてくる野鳥の鳴き声の種類を数えてみました。その中でもアシハラの方から最も大きな声で長く鳴いている野鳥をみつけてみました。「ギョギョシ、ギョギョシ、ケシケシケシケシ、、」みなさんオオヨシキリの姿を見つけることができました。
ハス田に行ってハスの葉を観察。食材になるレンコンも思い出しました。そこにいる生きものたちも観察しました。



a0123836_16590671.jpg
田んぼにいってイネを観察しつつ、田んぼにいる生きものをさがしました。
イネの根元をよく見ると、、。今はヤゴが羽化する季節です。はじめは見つかりませんでしたが、



a0123836_16590276.jpg
たくさんのイトトンボが羽化していてイネの根元にぶら下がっている姿を見つけることができました。羽化したばかりのイトトンボ(オオアオイトトンボ)たちは近くの樹木や人間の体にも停まってきます。田んぼにいるまだ尾のついたカエル、ドショウ、アメンボ、クモ、小さな巻貝なども見つけました。



a0123836_16585801.jpg
ディキャンプ場では、今盛んに花を咲かせている樹木を観察しました。秋に実のなる木、食べたことがある実は何でしょう? 足元を見て古い落ちた実のイガイガのようすからクリの木とわかりました。雄花のようすやそこに集まる昆虫たちも観察できました。
すぐ隣にも秋に実のなる木がありました。花のあとに実が生長を始めているようすも観察しました。カキノキです。

ホタルの水路では、ホタルの生息環境や水路の中にいるホタルのエサとなるカワニナを観察しました。
さらに雑木林では、コナラ、クヌギ、クリなど代表的に樹木を観察しました。
あっという間の1時間が過ぎました。



a0123836_17295077.jpg
自然観察(生きもの班)では昆虫採集にも挑戦しました。「つかまえたー」元気な声が響きます。



a0123836_17300273.jpg
でも上手な子もいます。手慣れた手つきで、次々ゲッツ!



a0123836_17301035.jpg
バッタやチョウ、テントウムシなど、たくさんの昆虫を捕まえて観察しました。
(※職員と一緒の観察会以外での昆虫採集は禁止されています。ご注意ください。)



a0123836_17301730.jpg
今日は毎年利用されているグループでこの時期に寄せ植えを作っている方々も、来館して活動されました。
涼しげな作品にうっとり。
皆様もぜひ、遊びに来てくださいね~


by isumi-sato | 2018-05-25 17:35 | グループ・学校利用

落ちた・・・

5月24日(木)、快晴ですね。
今朝の最低気温は17.4℃、午前9時には21℃。なにか急に暖かくなってきましたね。

a0123836_16580016.jpg
今朝のセンター南側の空。気持ちがいいです。

で・・・
ごめんなさい。今日は人手不足で忙しく、ブログはお休みさせていただきます。
 m(_ _)m



by isumi-sato | 2018-05-24 17:35 | センターこぼれ話

雨でもへっちゃら

5月23日(水)、午前9時の気温20.4℃、今朝の最低気温12.6℃、曇のち雨。雲の多い朝を迎えました。出勤時間時にはグレーのどんよりした厚い雲が空を覆い、9時半ごろには「ポツン、ポツン」と雨。まいったな~。

何でまいったかというと…今日は近隣の小学生47人の児童さんがセンターで校外学習です。自然観察や、ザリガニ釣りなど屋外の学習があるからです。雨プログラムも小学校の先生方は考えてくださったのですが、晴れプログラムを決行。雨がひどくならないと良いのですが…。自然観察、ザリガニ釣り、竹とんぼ作りを三班に分かれて学習します。
a0123836_15142334.jpg
自然観察の様子。まずは館内からスタート。衛星写真でセンターの位置、学校の位置を確認。センターのジオラマを使って丘陵、田んぼのひろがっているようす、夷隅川の蛇行しているようすを解説。さらにイスミスズカケの観察。2009年に発見された新種そして地域固有種であることを説明しました。その後は外を歩いて水路の生きものの観察。メダカ、ドジョウ、アメンボ、カエル、クモ、トンボなどを観察。植物ではキツネノボタン、キショウブ、マルバヤナギ、ハコネウツギなどを見ました。ハコネウツギの花の色は2色だけど、どうしてそうなったー? 雑木林ではコナラ、クヌギ、クリそれぞれの特徴を見つけてみました。


a0123836_17013139.jpg
畑では、ダイコン(白い花と実)、電気柵の話、サトイモの葉、ワタの実、ナノハナ、ナス、ミニトマト、ソラマメ、インゲン、ジャガイモの花、コムギの茶色い実などを観察。堰では水面を眺め野鳥を探しました。水路を見ながらホタルの成虫と幼虫の姿を紹介。最後は今大声でしきりに鳴いているオオヨシキリの姿を見つけます。見つけられたかな?


a0123836_15144475.jpg
こちらは竹とんぼ作りの様子。みんな仲良く机に並んで、竹とんぼの羽の部分にヤスリをかけています。ヤスリをかけることなんてめったにないもんね。上手にできたかな?そのほかには器械で竹を削ったり、アルコールランプで羽の分部に熱を加えてひねりを入れたりと、みんなやったことないことでも一生懸命。


a0123836_15144832.jpg
出来上がったら早速飛ばしました。飛ばし方も上手です。名前を書いてマイ竹とんぼの出来上がり。



a0123836_15145255.jpg
最後はザリガニ釣りのようす。せっかくザリガニを釣るのですから問題です。「なぜアメリカザリガニは日本にいるの?」と質問しました。「アメリカから渡ってきた」「保護するために日本に持ってきた」んー。「食べるために持ってきた」近づいてきました。「ウシガエルのエサにするために日本に持ちこまれたんですよ」と伝えると…「知らなかった、そうだったんだー」身近な生きものですが、そんな歴史があったなんてびっくりだよね。釣り方のコツ、注意事項を伝えいざザリガニ釣りです。釣り糸を垂らし早速「釣れない-」「全然いない」そんなことをいうのはまだ早い。結局ザリガニ釣りは「根気」ですよ。


a0123836_15145624.jpg
釣ったら早速観察です。オスとメスの腹部の違いをA3に拡大した写真を見せて解説。「オスだった」「メスしかいない-」みんな覚えたかな?

a0123836_15145926.jpg
午後からのザリガニ釣り班の様子。雨脚が強くなりました。「みんな雨が降っているけど大丈夫?」「やる、絶対にやる」雨が降っていてもへっちゃらです。楽しみにしてたもんね。雨の中でも集中してザリガニ釣りが出来ました。みんな風邪ひかないでね。


楽しく学習できましたか?今度はお父さんお母さんと一緒に遊びに来てね。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-05-23 17:25 | センターこぼれ話

小さなお客さん

5月22日(水)、午前9時の気温22.6℃、今朝の最低気温12.0℃、快晴。すがすがしい青空が広がりました。心地よい太陽の光が降り注ぎ、さわやかな朝を迎えました。


a0123836_10445571.jpg
今日はかわいいお客様が、バス3台でセンターへ遊びに来てくれました。とてもたくさんのお客様の声で一気にセンターがにぎやかになりました。


a0123836_10445882.jpg
こちらは年長さんのグループ。年長さんは職員と一緒に自然観察です。隣のお友達と手をつないで仲良く歩いてくれました。なにか発見できるかな?



a0123836_14585224.jpg
まずはハス田を歩きます。まず目に飛び込んできたのはオニグルミのメバナの様子。長く垂れ下がっていたオバナは少なくなり。今度は果実となるメバナがぷっくりと膨らんできました。オニグルミを観察した後はハス田の木製デッキを歩いてハスの葉の観察。茎を伸ばした大きなハスの葉の上にたまった水たまり。葉を手で動かすと水滴のダンスが観察できます。「すごーいクルクル回ってるー」


a0123836_14575892.jpg
今度は田んぼで観察。「アメンボがいるー」「オタマジャクシ-」「しっぽの生えたカエルだー」「トンボもとんでる」様々な声が聞こえます。近くで田んぼを観察することも少ないと思います。今日はじっくり観察です。


a0123836_14582765.jpg
デイキャンプ場へ移動してクリの木の観察です。ヒョロヒョロ伸びたオバナをよく見ると…



a0123836_14583271.jpg
おおー咲いています。まだあの独特な臭いはしませんけど…。


a0123836_10445286.jpg
こちらは年中・年少さんチーム。保育園の先生方と一緒にセンターの外でお散歩です。水路でメダカをみたり、館内のはく製をみたり。楽しんでいただけましたでしょうか?



a0123836_14590457.jpg
「この白い花なーに」。ドクダミがだいぶ増えました。白い花びらのようなものはじつは葉が変化したもの。花の中央部の柱の分部に花が集まって咲いており、葉が花びらの代わりをして昆虫を引き寄せます。


a0123836_14151954.jpg
グループごとに館内も見学。ジオラマを見ながら、僕のうちはこのへん、先生のうちはここにはないのよ、などの声が聞こえてきます。



今日来てくれたかわいいお客様。自分だけの発見はありましたか?
今日は駆け足での見学でした。今度はお父さんお母さんと一緒に遊びに来てくださいね。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-05-22 17:25 | グループ・学校利用

今日は日曜日

5月20日(日)、午前9時の気温は15.2℃、くもり、涼しい朝です。今朝の最低気温は11.5℃を記録、どちらかといえば冷え込みすぎ・・・と感じてしまったのは私だけでしょうか。風も結構強く吹いていました。


a0123836_14491982.jpg
午前中は雲も出ていて風もあり、涼しいなぁ~と思っていたのですが、午後からはお日さまも顔を出し、気がついけば風もなく、行楽日和の天気となりました。



a0123836_14491632.jpg
センターでは、午前中ザリガニ釣りに来た子どもたちは「ぼうず」でしたが、午後スタート組はそこそこの成果を挙げていましたよ。
小さなお子さんが多かったので、写真の水路で挑戦していた人が多かったのですが、写真右手奥の池でもそこそこ釣れます。もちろん中央の水路が一番釣れそうなのですが、水面までの距離がちょっとありますかな。


職員は、といえば今日は畑でトマトの支柱立てを行いました。
a0123836_15293128.jpg
これはミニトマトです。ツルが成長していくので、絡みつく場所がないとうまくないので支柱を立ててやります。成長してうまく実をつければ良いのですが、なかなか気難しいようで、担当職員は「全くの期待ハズレの年もある」と言っていました。


a0123836_15293384.jpg
今は順調のようですね。


いっぽう、こちらは・・??
a0123836_15412831.jpg
マルチの穴から葉を出しているのはラッカセイ。
先週13日の行事で、一粒づつ埋めた種が発芽していました。このまま10月まで順調に育つでしょうか。
去年はこのあとウサギくんが食事に来たようで、結構な被害が出てしまいました。
ほかにも雑草に負けた畝もありました。参加したグループは当日のガイダンスで説明したように、雑草取りをお願いしますね。



こちらは昨年11月24日に種まきしたムギ。
a0123836_15412591.jpg
色づいてきました。
いわゆる「麦秋」が近づいています。秋という文字がありますが、ムギにとっての「みのりの秋」。流行っている俳句では、夏(初夏?)の季語になるのかな。収穫が終わると梅雨。



a0123836_14491456.jpg
そうそう、今日はセンター恒例の「一家族一袋」を実施しました。今回はタマネギ。
全くの不意打ち配布、明日実施などという事前アナウンスは決してしません。
畑のご機嫌(これが一番)とお天気(これが二番)と職員の手のあき具合が合致したとき(これが三番)に実施していますので、運が良ければこの場面に出会えます。三番目の条件が一番厳しいかな。
今日は朝10時にスタートしたのですが、わずか1時間半で予定数に達してしまいました。お昼とか夕方スタートするときもありますよ。
大幅に残ってしまう時もあるのですが、今日はきれいにもらわれていきました。良かった、良かった。


あと3週間もすると梅雨入りの時期を迎えます。
いまが散策にはいい季節、ご来園をお待ちしております。



by isumi-sato | 2018-05-20 17:21 |