人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

たのしい自然観察!

7月30(日)、午前9時の気温は24.8℃。くもり空の今日も、モワッと湿度の高い朝です。


a0123836_17093075.jpg
あれ~?おもしろい木があるよ。


a0123836_17133533.jpg
こっちには、へんてこりんな葉っぱ!


a0123836_17174501.jpg
今日は、おもしろ自然観察会が行われました。


a0123836_17193351.jpg
「採れた!」普段はできない昆虫採集です。


a0123836_17220439.jpg
たくさん捕まえたね♪


a0123836_17250373.jpg
森林インストラクターの先生方が、いろいろな自然あそびを教えてくれます。


a0123836_17273832.jpg
そればかりではありません。カナヘビも素手で捕まえる、すご腕の先生たちです。



a0123836_17313251.jpg
とにかく自然の中では、いろんな遊びができるんだなぁと思いました。


a0123836_17332507.jpg
水鉄砲!とても楽しそう♪


a0123836_17302033.jpg
お部屋の中では、なにやら工作しています。


a0123836_17351029.jpg
いろいろな草花を使っているね。


a0123836_17355807.jpg
わお!素敵なお皿ができました。


a0123836_17373505.jpg
夏休み本番です。生きものたちが待ってます!ぜひぜひ自然あそびに来てくださいね~



by isumi-sato | 2017-07-30 17:46 | グループ・学校利用

夏の星座観察

7月29日(土)、午前9時の気温26.6℃、晴れ。いすみ地域では早朝1㎜程雨が降りました。その雨の影響なのか?モワッと湿度の高い朝を迎えました。

a0123836_16343360.jpg
今日は毎年人気行事である「夏の星座観察」を行います。天気は下り坂。観察会の時だけ雲がなくなるといいんだけどな~。そんな都合よくいかないよね(笑)。朝方は雲が多めでした。写真は午後4時ごろのようす。朝方よりも青空が広がっています。このまま晴れてくれるといいのですが…



a0123836_11391411.jpg
昆虫広場では、小さなクモの仲間を発見!シロオビトリノフンダマシのようです。小さくて見過ごしそうですが、観察できました。センターの図書室にある「原色日本クモ類図鑑」によると、トリノフンダマシ類は「昼間は脚をちぢめて葉うらの静止し、日没後ほぼ同心円状の目の荒い水平円網を張るが、夜明け前には網をたたむ。山麓から山の中腹にかけて広葉樹やススキの間に多い」と書かれていました。だからいつも私が観察する時には葉の裏でおとなしくしているのね。

a0123836_11412384.jpg
7月21日のブログに取り上げたましたが、その時に観察したニイニイゼミの抜け殻がたくさんエノキの木にくっついたいた木をもう一度見に行ってみると、木の根元にたくさん落ちていました。抜け殻は分解され土に戻り、また地中で暮らすセミの幼虫の栄養素となるのですね。すばらしい自然界のサイクルですね。


a0123836_11415460.jpg
ニイニイゼミは木の下の方で羽化するようですが、アブラゼミなどは木の上の方、葉まで登って羽化するのでしょうか?この写真の抜け殻はアブラゼミの抜け殻でした。虫眼鏡で細かく見ると、触覚の第三節が長く毛がたくさん生えていました。セミの抜け殻の違いを調べるのも楽しいですね。


a0123836_11421421.jpg
ヤブガラシの蜜を求めてとまっているのはマメコガネでしょうか?センターの畑にも多くいます。マメコガネは入りいろいろな植物の葉を食べます。



a0123836_11423753.jpg
ハス田では、次々とハスが開花しています。朝早くからハスの写真撮影するために多くの方が訪れていました。朝方の一雨で水滴を帯びました。良い写真が撮れそうですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここからは今日の行事「夏の星座観察」のようす。毎年人気の行事です。
講師を招いての行事です。まずは図書室で、講義を受けました。プラネタリウムソフトを使用し、今年の夏の空の様子をスクリーンに写し出しシミュレーションして解説してくれました。まずは土星のお話。土星は南の空のやや低いところに見える星で、2017年の土星は「へびつかい座」の足元に位置しており、へびつかい座の南にある「さそり座」の赤い1等星アンタレスと少し離れて見えるなどの解説を画像と共に解説していただきました。

講義を聞いて30分。空の様子はどうかな?参加者全員で屋外へ。うっすらと月は見えるものの星は見えません。残念です。


a0123836_20373028.jpg
でも、空を眺め星座(星)がどこの位置にあるのかレーザーポインタ-を使って解説してくれました。天の川は南の空から北の空にかけてあるようです。でも実際は人工的な明かりや、様々な光で天の川はよく見えないんだそうです。


その後図書室に戻り、もう一度星座の解説。その後は、この夏に観察のできる8月8日の部分月食や8月12日、13日に見ることのできるペルセウス座流星群などの解説もしていただきました。


曇り空で星が見えず残念ではありますが、興味深いお話を楽しく、面白く教えていただきました。



これからは星空をただ眺めるだけでなく、どの方向にこの時期どんな星が見られるかを意識して観察したいと思います。




by isumi-sato | 2017-07-29 21:27 | 行事報告

食欲旺盛です。

7月28日(金)、午前9時の気温24.6℃、晴れ。朝方は雲の多い天気でしたが、午後からは強い陽射しが降り注ぎました。
a0123836_14462383.jpg
デイキャンプ場からの撮影。積乱雲でしょうか?低い空から上に伸びるように見えます。雲は空気中の水蒸気がちりにたくさんついて小さな水滴や、氷の粒となって浮かんでいるものだそうです。


a0123836_14471863.jpg
5月に鮮やかな紫色の花を咲かせ、私たちを楽しませてくれたフジがさや状の果実をつけ始めました。


a0123836_14474998.jpg
マテバシイも果実をつけ始めました。まだまだ薄い黄緑色ですが、形はしっかりどんぐりの形をしていますね。





a0123836_14481832.jpg
湿性生態園へ向かう林道。ミツバの茎を一生懸命に食べているのは、キアゲハの幼虫でしょうか?鮮やかなシマ模様。二匹観察できました。



a0123836_14525436.jpg
今日もニジュウヤホシテントウは食欲旺盛!アメリカイヌホウズキの葉をモリモリ食べています。


a0123836_14531856.jpg
見てくださいこの穴だらけの葉を!成虫も幼虫もジャガイモやナス科の植物の葉を食べるそうです。畑には来てほしくない虫ですね。



a0123836_14534958.jpg
昨日はカナヘビ、今日はニホントカゲが観察できました。まだ幼いトカゲなのかしっぽの部分がまだ青いですね。カナヘビよりも光沢があります。



1時間ほど観察するだけで毎日違う生きものたちの観察ができます。



by isumi-sato | 2017-07-28 17:30 | センターこぼれ話

夏の暑さは中休み

7月27日(木)、午前9時の気温22.6℃、雨のち曇り。半袖でいると少し肌寒いくらいの一日でした。夏の暑さも中休みでしょうか?

a0123836_15283851.jpg
万木堰のようす。水位は相変わらず低いまま。降り始めからの雨量は、7.2㎜。21日ぶりの恵みの雨ではありますが、もう少し恵みが欲しいところです。


a0123836_15285944.jpg
畑では、ニホンノウサギの足跡でしょうか?ぽつぽつと見られます。何を狙っているのかな?




a0123836_15292752.jpg
黄色くて小さい生きものがニョキニョキ。何だミニオンズか?いえいえ違います。
ツノマタタケというキノコの仲間のようです。湿生生態園へ向かう林道にあるハイドで観察できました。きちんと整列しています。キノコではありますが、食用には向かないそうです。


a0123836_15295654.jpg
湿性生態園では二ホンカナヘビがお出迎え。長いしっぽですね。カナヘビってヘビなの?トカゲなの?答えはトカゲ。愛らしい姿です。


a0123836_15302211.jpg
雑木林では、オスグロトモエでしょうか?目が二つあるような模様。見つめられているようです。食草はネムノキだそうです。



a0123836_15312041.jpg
オニドコロの花のようです。ハート形の葉をつけるつる性の植物。白い花を咲かせ始めました。先週は全く観察できなかったのに。急に目立ち始めました。




a0123836_15314214.jpg
待ちに待ったタマアジサイの開花です。淡い薄紫色の花が涼を呼びます。ヒグラシの鳴き声も林道に響き、視覚と聴覚の両方から涼しさを味わうことが出来ました。




毎日違う表情を見せるセンターへ


自然観察に来ませんか?


お待ちしています。


by isumi-sato | 2017-07-27 17:15 | センターこぼれ話

雨の日は・・

7月26日、午前9時の気温は25℃。雨・・・です。
実に久しぶりではありませんか。この雨でホット一息、というところもあれば、もう勘弁、という地域もあるでしょう。
雨は本当に気ままで困ります。降ったら降ったで、降らなければ降らないで、どちらにしても困ります。これも気候変動のなせる結果なのか、と思うと頭が痛いですね。

a0123836_14381645.jpg
バスタブ水槽に雨粒が落ち、オーバーフロー直前。

中庭の日差し除けに作った棚の
a0123836_14373484.jpg
ヘチマの花がきれいに咲いています。雨で黄色も鮮やか。

a0123836_14373225.jpg
アサガオにも水滴がついています。

その中庭に何か異物が・・
a0123836_14372496.jpg
a0123836_14372845.jpg
あらら・・ウサギ君の落とし物か。昨日は無かったので、今朝か。
しばらくこのままにしておきます。観察して大きさや質感を確認されてはいかがですか。
昆虫広場にはイノシシ君の落とし物もありますので、比較しやすいですよ。

雨は朝8時くらいから降り始め、お昼にはいったん止んだのですが、14時半くらいからまた降り始め、でも気象庁にも国交省のレーダーにも雨雲はなく・・。雨が止んだのでザリガニ釣りに来た子供たちも、恨めし顔でネイチャーコレクションに挑戦。そして雨の中、ザリガニ釣りに戻っていきました。風邪ひくなよ。傘を差しながら見ているお母さん、ご苦労様。

職員は雨の時用の仕事を。
a0123836_14373667.jpg
エコメッセに向けた缶バッチつくりです。
一応、センターも参加予定(環境財団として)。

そしてセンターにちょっとアクセントを。
a0123836_15024624.jpg
正面入り口の右手に置きました。
センターで草木染などの講師をしていただいている方からケイトウの花、各種、いただきました。彼女も分けていただいたそうですので、そのおすそ分け、かな。
センターには無い花です。ちょっとだけ華やかさの演出です。

15時時点で降り始めから5㎜の降水量を記録。そして気温は朝から下がる一方です。涼しいなぁ、と感じるほど。
センターの畑や水田も、これで一息という一日です。



by isumi-sato | 2017-07-26 16:38 | センターこぼれ話

毎日更新しています。

7月25日(火)、午前9時の気温28.2℃、晴れ。いすみ地域は朝方は比較的涼しい朝を迎えましたが、やはり正午にかけてだんだんと蒸し暑くなってきました。
a0123836_15310805.jpg
今日は近隣の小学校の先生方の研修会をセンターで行いました。紙てっぽう作りと、紙漉き体験をセンター職員が講師となり行いました。まずは紙てっぽう作りのようす。材料はセンターで用意しました。紙てっぽうのことは昔からしってはいるけれど、実際に作ったことはないという先生方がほとんどでした。



a0123836_15321318.jpg
まずは竹(女竹30㎝)を竹用のこぎりで切っていきます。紙てっぽうの持ち手のなる竹筒の太いほうを端から5㎝~7㎝位(自分の手の大きさに合わせて)切っていきます。弾を突く芯棒も弾を詰める竹筒より1㎝短く切ります。



a0123836_15323328.jpg
水で濡らした新聞紙で弾を作り、一発目の弾を竹筒の先端へ送り込みます。そして次の弾を勢いよく突くと「パン」という気持ちの良い音が出ます。音が出ると先生方も童心に戻ったように楽しんでいました。「パン」という音がするたび「おお~」という声が工作室に響きました。


a0123836_15331616.jpg
こちらは紙漉き体験のようす。紙漉セットに紙パルプを流し込みはがきを作ります。センター中庭で、はがきに漉き込んでみたい植物の花や葉を取ってきてもらいました。ガクアジサイや、クワの葉、センター職員がグリーンカーテンとして育てているアサガオ、ヘチマの花や葉なども漉き込んでハガキを作りました。





a0123836_15340333.jpg
これは、ヘチマの花と葉を漉き込んで作った完成したはがき。素晴らしい!売れそうですね。








a0123836_15355936.jpg
昆虫広場では、イノシシによって掘り返された跡が日に日に更新されています。すごいことになっています。





a0123836_15385055.jpg
これはイノシシのフンでしょうか?以外に小さいフンをするのですね。


a0123836_15391129.jpg
エノキの木の実もオレンジ色に熟してきました。かじってみると結構おいしいんですよ。


a0123836_15394059.jpg
ハスの鑑賞週間は終了いたしましたが、たくさんのつぼみをつけています。まだまだハスの開花が楽しめそうです。





どうぞお越しください。


お待ちしております。


by isumi-sato | 2017-07-25 17:15 | グループ・学校利用

「夜の生きものたち」追加話

7月23日、曇。午前九時の気温は27.2℃、今朝の最低気温は24.8℃でした。
雲が多く、ここ数日の朝から気温がどんどん上がっていく陽気から、今日は解放されました。最高気温も28℃台となりました。
いすみでは、今日こそ雨が降るかなと期待されましたが、午後三時過ぎに一瞬ぱらっとしましたが、ほんの一瞬だけの出来事でした。

a0123836_17361855.jpg
万木堰は、水位がどんどん下がっています。



a0123836_17364041.jpg
堰の堤沿いのアジサイも盛りを過ぎたことと、雨が降らないことが重なって、ドライフラワーのようになっています。



a0123836_17370114.jpg
水面の真ん中に、小さな浮遊物がありました。
拡大すると、カメの顔がありました。首元が赤いので残念ながら外来種のミシシッピアカミミガメです。でも、この堰にはクサガメも同じくらい見かけることができます。(クサガメも外来種扱いになったのでしたっけ?)




さて、昨夜の「夏の夜の生きものたち」夜の観察会行事は、昨年は雨のため中止となったのできのうが初めての開催でした。職員にとっても、新しい発見が多々ありました。


カラスウリの夕方の写真です。



a0123836_17372227.jpg
18:15ころは、蕾の状態ですか゜、




a0123836_17372707.jpg
5分後には、ゆるゆるとつぼみが開き始めてきました。




a0123836_17373473.jpg
19:07の写真です。花が開いています。カラスウリは、意外と明るい時間から開き始めているようです。18時過ぎから夏休みの観察にいかがでしょうか?



a0123836_17374185.jpg
コナラの樹の小枝に、生き生きとしたシュレーゲルアオガエルの顔を見ることができました。幹にいる昆虫をねらっているところのようです。



7歳の小さな男の子が昨夜、コナラの葉の裏にいた昆虫を見つけてくれました。
a0123836_17374608.jpg
「ナナフシ」のようです。まだ、若い個体のようで、全身緑色で大きさも50~60mmくらいでした。樹上生活をし、ほとんどが夜行性と図鑑にも表記されています。




最後に涼しげな白い花を紹介いたします。




a0123836_17375130.jpg
今年初めて育てているナタマメの花です。

ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2017-07-23 17:39 | 行事報告

夏の夜の生き物たち


7月22日(土)、午前9時の気温29.8℃、晴れ。今日は夏休みに入って最初の週末。朝から夏の日ざしが照り付けます。
みなさんはどこにおでかけしますか?

a0123836_20273180.jpg
センターでは、夏休みにふさわしい行事「夏の夜の生き物たち」を行いました。受付日当日で定員いっぱいになった人気行事でした。まずは建物入口前に集合し、薄暗いいうちにセンター敷地内の下見と夜の花の観察をかねて一周です。夜に咲く花は夕暮れまえから観察できます。


a0123836_20282844.jpg
カラスウリの花がレースのような花を広げています。夜にしか見ることのできない光景です。なんで夜咲くのかって?夜に蜜を求めてくるスズメガの仲間を誘うそうです。畑のまわりでマツヨイグサが開花しているようすも観察しました。


a0123836_20285395.jpg
ざっと一周した後、図書室で職員がスクリーンを使って写真を見ました。過去センターで撮影できた夏の夜の様々な生き物たちと、解説を簡単に行いました。夜になるといろいろな生きものがセンターを訪れているのですね。でも夜は危険も伴います。暗いので足元に注意して観察するなど参加者に伝えました。

a0123836_20292175.jpg
暗くなって、さて、これからが本番。夜に活動する生きものたちがたくさん観察できるかな?職員があらかじめ仕掛けておいた白いシーツを電灯の下に釣り下げた罠。ライトトラップです。見る見るうちに様々な虫たちが集まってきました。観察していると、シーツによじ登っていたアブラゼミの幼虫が背中を割って羽化し始めました。皆さん大興奮。「初めて見た-」と感動の一言。ずいぶん早く羽化が始まりました。サービス精神旺盛なアブラゼミです。ミヤマカミキリ、コガネムシの仲間、キリギリス、ツノゼミ、カメムシなどが観察できました。



a0123836_20295144.jpg
地面の穴にも、いましたいました。オサトラップにも虫たちが集まりました。黒いオサムシがいっぱい!「すごーい」「気持ち悪い」様々な意見が飛び交います。


a0123836_20300902.jpg
雑木林を観察すると、いましたいました。みんなの人気者カブトムシの登場!初めにメスを発見。他のクヌギの木にはカブトムシのオスが観察できました。大興奮です。みんなで捕まえて最後にじっくり観察します。やったー。




a0123836_20303385.jpg
興奮冷めやらぬまま図書室で捕まえた虫たちを観察します。観察できた昆虫は、カブトムシ、クワガタムシ、カミキリムシの仲間、セミ、バッタ、コガネムシの仲間、ヤガ(夜蛾)の仲間などたくさんの虫たちやアマガエル、シュレーゲルアオガエルを観察できました。もちろん捕まえた虫たちは逃がしました。



楽しい思い出になったかな?いつもは閉館時間後に、消えている照明灯をつけ、トラップを仕掛けての夜のスペシャル観察会でした。



もちろん昼間に観察できる昆虫や植物はたくさんいるので、またセンターへ遊びに来てね。


お待ちしています。



by isumi-sato | 2017-07-22 20:59 | 行事報告

夏休みが始まりました。

7月21日(金)、午前9時の気温28.7℃、晴れ。今日から夏休み!という学校も多くあると思います。どんな夏休みになるかな?楽しい夏休みになると良いですね。19日には梅雨が明け夏本番を迎えました。

a0123836_16024353.jpg
センターのようす。田んぼのまぶしい緑、真っ青な空、白い入道雲と夏休みの始まりにふさわしい朝を迎えました。

a0123836_16042753.jpg
夏といえばやはりセミ。デイキャンプ場のエノキの木にはたくさんのニイニイゼミの抜け殻が観察できました。30個近くの抜け殻があったでしょうか?こんなにたくさんの抜け殻を一度に見たのは初めてです。感動!


a0123836_16050058.jpg
ムラサキシキブも花の時期を終え、実をつけ始めました。いつ頃から紫色に変わるのかな?

a0123836_16052565.jpg
湿性生態園へ向かうとアブラゼミの幼虫が観察できました。土の中から出てきて羽化する場所を探しているようです。アブラゼミの幼虫は地中で木の根から、しるを吸って育つそうです。


a0123836_16072204.jpg
湿性生態園入り口の小さい木製看板でウロウロしています。今日の夜に羽化するのでしょうか?じっくり観察してみたいなー。


a0123836_16080276.jpg
トラノヲの仲間でしょうか?白い花を咲かせています。でもなんで「トラノヲ」?実際のトラの尾に似ているのかな?先が曲がっているのかな?




a0123836_16160911.jpg
カマキリの食事タイム。トンボが今日のごちそうです。どのように獲物を捕まえるのか見てみたいものです。


a0123836_16163675.jpg
昆虫広場では、カワラナデシコが4輪鮮やかなピンク色を発しながら咲いていました。



昆虫から植物まで、様々な観察ができます。



夏休みを利用して親子で観察に来ませんか?


お待ちしています。



by isumi-sato | 2017-07-21 17:15 | センターこぼれ話

グリーンカーテンの効果に期待

 7月20日午前9時の気温28℃天気晴れ。昨日気象庁が梅雨明け宣言されましたが、今日も朝から暑い一日でした。

今年センターの中庭に竹の素材で棚を作り、グリーンカーテンを設置しました。
グリンカーテンはプランターなどに蔓性の植物を植えネットを張り巡らせ涼しげなカーテンを作るものです。グリーンカーテンに適しているものは蔓で伸びる植物と言われています。今アサガオの他、3種類の植物をプランターに植え付け、天候にも恵まれ順調に生育しています。花が咲き始め、ヘチマやゴーヤ等は早くも実がなり始めました。
a0123836_13412320.jpg

朝顔 種からも簡単に育てることができます。ちなみに種は自家採種したものです。水やりは、土の表面が乾いたら鉢底から水が出てくるまでたっぷりと水をあたえます。

a0123836_13233811.jpg

ヘチマ 大きな葉っぱが涼しさを感じ黄色い花の姿もかわいいですね。葉が大きく影をつくりだしてくれることから暑さよけに最適です。乾燥させて繊維をタワシとして使ってきました。

a0123836_13244027.jpg

ゴーヤ ゴーヤの種皮が固くて発芽しにくいため種を布に包み一晩水に付けておきます。病虫害に強く育てやすく葉が生い茂るので日よけに利用できます。小さな黄色い花が沢山咲きます。
a0123836_13301210.jpg

ナタマメ 福神漬けの具材としてまた漢方薬としてもしられており近年では健康食品、健康茶、としても知られるようになりました。
a0123836_1404484.jpg

現在の全体の姿です。蔓も天井まで伸び続け暫くすれば全体がグリーンで覆われること間違いないでしょう。

今日の出来事
a0123836_1424094.jpg

落花生の被害 「落花生の栽培体験しよう」行事の落花生畑です。小動物による被害を食い止めるためネット及び防鳥糸を張り加えて電気柵も設置し対策を講じているのですが無残にも葉が切り落とされてしまいました。効果的な対策はないものか。頭の痛い問題です。
by isumi-sato | 2017-07-20 17:10 | しょくぶつ