千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

十月最後の秋のようす

10月31日、曇り。午前九時の気温は16.2℃、今朝の最低気温は11.3℃と、きのうの3.0℃に比べてだいぶ暖かでした。
予報では、今日から雨模様になり、三連休も雨がちな天候になるようです。今日は雨が落ちることはなく、曇の一日となりました。
a0123836_1811381.jpg

秋の周辺の林には、たくさんのオレンジ色の実がぶら下がっています。

a0123836_1813532.jpg

中にはまだオレンジ色になる前のスイカ模様が見えるものがあります。カラスウリですね。

a0123836_182658.jpg

当センターホテイチク林の林床に、黄色い花が咲いていました。
ツワブキです。

a0123836_1822830.jpg

9月6日に稲刈りをした田んぼでは、二番穂が実を入れていました。イネのたくましい生命力を感じます。


a0123836_182482.jpg

当センター敷地に設置しているセンサーカメラ五台のメンテナンスを行いました。電池の交換と撮影されたデータの回収です。イノシシ、タヌキ、アライグマ、ノウサギなどの動物たちが写っています。

湿性生態園で作業をしていると、カケスが鳴きながら姿を現わしました。
ジェージェーと少しやかましい鳴き声ですが、いつも声ばかり聞こえて姿は森の中で見えないことが多い鳥です。さらに、木の枝を忙しく飛び回る小鳥集団がやってきました。鳴き声は、チーチーと、本当にすばしこく動き続けます。そのためなかなかカメラにうまく収めることができません。
a0123836_1834493.jpg
とりあえずシャッターを押しましたが、どこに写っているかはこれではわかりませんね。


a0123836_1835894.jpg
一部を拡大してみましたが、やはりうまくは撮影できませんでした。スズメよりも小さな、シロとクロの中に赤茶色の模様が入っている小鳥です。


a0123836_1844085.jpg
湿性生態園には、相変わらずイノシシが元気に活動している掘り跡がたくさん見られます。


a0123836_1845731.jpg
ヤナギの木が先日の台風で揺すられてかなり斜めになってきました。
a0123836_1851768.jpg
人のいるときに倒れたり、手すりを壊したりするといけないので、僅かに枝を残し2mくらいの高さのところで伐採処理を行いました。林道に寄せてあるスギの枝も運んで片付け処理をしました。今年はもう台風は来ないでしょうね。

秋が深まると、里にやってくる鳥たちも増えてきます。
ご来館お待ちしております。
by isumi-sato | 2014-10-31 18:08 | いきもの

秋晴れが続きます

朝はまたぐっと冷え込み、最低気温は3℃でした。
ところが、日中は最高気温22℃と、巡回中は汗ばむ陽気でした。


昨日は鈴なりのハゼノキの果実を紹介しましたが、葉も素敵な装いになってきました。
a0123836_15213599.jpg

林道にはハゼノキが多くあり、センター近くではいち早く紅葉が楽しめる樹木です。
ハゼノキより渋い赤色になりつつあるのが、ノブドウの葉です。
a0123836_15342627.jpg

こちらは、果実の色も目を惹きます。
a0123836_15394829.jpg

紫色っぽいものから、青、白、と様々な色の果実です。
ノブドウの果実にはほとんど虫(ノブドウタマバエなどの幼虫)が寄生し、虫こぶをつくるため果実の形もいびつな物が多いと言われています。
実際に果実を割って虫を調べたところ、寄生されていない果実も結構あったという話も聞きますが、センターではどうでしょう?
写真の果実は虫が出たような痕が見えました。

紅葉からさらに一歩先を行く、ちょっと膨らんできた花芽をご紹介。
a0123836_15505122.jpg

中庭に生えるハクモクレンの花芽です。
こちらは、来春3月、4月頃にクリーム色の白い花を咲かせてくれます。
当分先の話ですが、花芽はすでに準備に入っていますよ。


林道で越冬するホソミオツネントンボの姿を観察しました。
a0123836_1602071.jpg

薄茶色の体色をしており、枯葉や枯れ枝に紛れて冬を越すようです。
春になって繁殖期をむかえると、体色は鮮やかな青色に変化します。

畑ではこちらも越冬するチョウの、ヒメアカタテハが活動していました。
a0123836_1624571.jpg

花の上で吸蜜したり、地面で翅を広げて日向ぼっこをしたりしていました。
これからどんどん寒くなっていく時期です。
無事に越冬できることを祈っています。


さて、こちらも越冬組?オニグルミのウロに住む彼です・・・
a0123836_1662065.jpg

金属パイプの筒に住む“ツツガエル”とは比べものにならない高級住宅感です。
昨日、今日と陽気が良かったので身を乗り出して日光浴をしていました。
今日はさらに気分が良かったのか、クワックワッと鳴いていました。
そのため、写真の顔は鳴嚢(めいのう 喉の下の袋)が少し膨らんでいます。
このままここで越冬するのかな~?
by isumi-sato | 2014-10-30 16:17 | いきもの

センターでの冬鳥1号

昨日、今日と快晴が続きます。
日中外に出ると太陽でポカポカ暖かいのですが、今朝の最低気温は5℃を下回り4.5℃でした。
昨日の最高気温も20℃を切り、19.5℃でしたから・・・寒い日々が近づいてきています。


昆虫広場のススキ・オギの穂が目立つようになりました。
a0123836_1653132.jpg

日々風は冷たくなっているように感じますが、日当たりの良い中庭や昆虫広場を散策するには、ちょうどいいお天気です。
冬に向けて観察できる昆虫の種類は減りつつありますが、まだトンボやバッタはたくさん観察できます。
a0123836_1612114.jpg

先日は、カミキリムシもいました。
a0123836_16245589.jpg

キボシカミキリです。
クワ、イチジク、ミカンの生木を餌にするそうなので、草原に居たのは移動中だったのかもしれません。


林道の木々も徐々に紅葉しはじめました。
モミジの類は無いので、一面目立ってという事は無いのですが・・・。
今目立って見えるのはこちら。
a0123836_16244168.jpg

ハゼの果実です。
“鈴なり”という言葉がぴったりです。
和ろうそくの蝋は、このハゼの実から作られているそうです。

この場所ではろうそくとしてではなく、鳥たちの美味しい?ゴハンになっています。
冬、ハゼの実に集まる野鳥が観察できます。


そろそろ冬鳥の話題も出ています。
10月25日、畑で作業していると梅の木の枝でジョウビタキのオスがさえずっていました。
a0123836_16292487.jpg

澄んだ声でヒッ、ヒッと続けて鳴いていました。
最初はジョウビタキだとは気付いていなかったのですが、目の前を横切ってやっと気づく。
ジョウビタキが鳴いているときちんと認識したのは、この日が初めてでした。
相変わらず梅の木が好きなようです(毎回同じ個体なのかは???ですが・・・)。
他の場所でもそろそろ冬鳥の姿が観察できているのでしょうか。
by isumi-sato | 2014-10-29 16:48 | いきもの

そろそろ冬の気配・・・

近畿地方、東京で木枯らし1号が吹いたと発表がありました。
センターの百葉箱では、今朝の最低気温は6.5℃と、冷え込んだ朝でした。


湿性生態園のヤナギ林の下では、木製デッキに落ち葉が敷き詰められていました。
a0123836_16242984.jpg

乾いた落ち葉をサクサク音を立てながら踏みしめると、冬の訪れを感じます。
日陰はすでにひんやりとして、急ぎ足で日向に向かいました。
落ち葉の音も冬を感じさせますが、お昼すぎると即日陰になってしまう湿性生態園の様子も、冬がきたなと感じます。


センター雑木林では、草木染を終えセイタカアワダチソウの草刈りを行いました。
a0123836_16355439.jpg

(こちらも3時ですっかり日陰です)
花穂は草木染に使いますが、行事が終われば種子を飛ばす前に刈り倒さなければ増えてく一方です。
種を飛ばす前に刈り倒したとしても、地下茎で繁殖するので増えてしまうのですが、ここ数年で少~し減ったかな?とも思うので草刈は重要です。


丈の低い草むらを見ると、面白い形の草本があります。
a0123836_16405545.jpg

ゲンノショウコです。
種子を弾き飛ばした写真の姿がまるで神輿のように見えるので、「ミコシグサ」ともよばれます。
探してみると、たくさんの“神輿”がありました。
草の中も秋祭りで賑わっているようです。


先日、湿性生態園で少し珍しいカマキリを発見しました。
a0123836_1702547.jpg

こちらがそのカマキリ。
カマの内側に模様があるのが分かるでしょうか?この模様が有るという事は、写真のカマキリの種類は「コカマキリ」です。
a0123836_176973.jpg

一般的にコカマキリの体色は上記写真のように褐色ですが、まれに緑色の個体も現れるそうです。
緑色でやや小型なハラビロカマキリと一見すると見間違えてしまいそうですが、カマにはしっかりコカマキリ独特の模様があります。
カマキリが多く観察できる時期なので、ちょっぴりレアな緑色のコカマキリを探してみるのも楽しいかもしれません。
by isumi-sato | 2014-10-28 17:12 | いきもの

竹かご教室(入門編)2/4回目

10月26日、雨のち、曇り時々晴れ。いすみでは明け方雨が降り、朝も雨が降ったり曇ったりで、油断のならない天候でした。
時々晴れると湿度が高く汗ばむような空気でした。

予報でも雨が降るということなので、本日の竹かご教室第二回は、室内で作業を行いました。
a0123836_17281682.jpg
a0123836_17283744.jpg

昨日に引き続き、竹ひごづくりと竹かご編みに励みました。
a0123836_17291755.jpg

初心者の方々は、六つ目編みを始めました。
実際に行ってみると、なかなか手ごわくて簡単には編み上っていきません。
単純なことの繰り返しなのではありますが、「頭がこんがらかる」と四苦八苦される方も複数いらっしゃいました。

実際に編み始めてみると、竹ひごの厚みが0.6mm程度と均一であることの重要性がとてもよくわかったようです。

一日集中して作業をしていると、三時過ぎにはみなさんだいぶお疲れでした。充実した一日を過ごしたと、いう声が聞こえてきました。
a0123836_17304924.jpg

経験者の方は、縁巻きをしている方もいました。
a0123836_17311293.jpg

最後に、講師が初心者向けにもう一度六つ目編みの順序を詳しく実演してくださいました。

a0123836_17313749.jpg

a0123836_17315923.jpg

a0123836_17321243.jpg

掃除片付けをして、四時前には終了となりました。
持帰って、次週の開催に向けて、竹ひごづくりや六つ目編みの練習に励む皆さんがたくさんいらっしゃるようです。
by isumi-sato | 2014-10-26 17:34 | 行事報告

竹かご教室(入門編)1/4回目

10月25日、晴れ。午前九時の気温は15.8℃、今朝の最低気温は9.0℃でした。
日中、ひなたでは暑いくらいでしたが、計ってみると百葉箱の中では午後二時に23度の最高気温でした。

当センターの人気行事のひとつ、竹かご教室、全四回の第一回目を開催しました。
参加者は、21名でした。うち半数が初心者で、半数が経験者です。

a0123836_1627083.jpg

挨拶の後、 全体の予定と今日の予定の説明です。

センターの竹かご教室は、竹材料を伐るところから行います。
いざ竹林へ,竹は2~3年経ったものが良いようです。が、毎年、当年生の竹も交じって伐られてしまいます。
「シンコ」という当年生の竹でも汚れたものは、間違いやすいようです。
a0123836_17195246.jpg


竹を積んでセンターへと戻ります。
a0123836_16265697.jpg



持ってきた竹を二節分切って、洗います。それから竹ひごつくりのスタートです。
a0123836_16265411.jpg


これがなかなか難しい。見るとやるとでは大違いです。
a0123836_16265295.jpg


講師による実演説明です。見ているとスイスイ、カゴができてしまいます。
まずは、基本の六つ目かごの作り方です。
a0123836_16265072.jpg


a0123836_17233845.jpg

六つ目かごの編み上がり、縁の処理です。この後、縁巻きという工程があります。

うまく編めたかな。経験者は、早くもかごの姿を作っています。
a0123836_16264843.jpg


a0123836_17272042.jpg

初心者の方々は時間になるまで竹ひごつくりです。厚みが一定にならず、なかなかうまくいかないようです。かご作りの基礎はひご作りです。初心者の方は明日もがんばりましょう。
by isumi-sato | 2014-10-25 17:25 | 行事報告

久しぶりに晴れました

久しぶりに朝から一日晴れた日でした。
太陽が出てくれたおかげで、外に出ても昨日のような寒さとは無縁でした。


畑ではニンニクの芽が伸びていました。
a0123836_1634440.jpg

まだ頼りない姿ですが、秋から春先にかけて生長するのでしょう。
収穫は、来年の5月下旬頃からなので、先の長い話です。

同じく畑のすぐそばに生えているヤブツバキ、今日改めて観察してみると、はっきり分かる大きさの花芽ができていました。
a0123836_16435474.jpg

こちらは来年の1月すぎてから花が観賞できると思います。
もういろいろな話が「来年」となってきてしまいました。早いですねぇ・・・
a0123836_16471874.jpg

花芽を観察していると、すぐ横にナツアカネ(オス)がやってきました。
10月下旬にもなると、真っ赤です。
雨が降ると途端に姿が見えなくなりますが、雨宿りはどこでおこなっているのでしょうか?
葉陰で行っているのかな?と、思いつつそうそう見つからないので不思議です。


湿性生態園は、このところ続く雨で、たっぷり水が溜まっています。
何か動くものがあると、水路際を見つめるとアメリカザリガニが移動中でした。
a0123836_1791494.jpg

アメリカザリガニは、意外と陸を歩いて移動しています。
もちろん多くは水中移動なのでしょうが、なぜか舗装された道を歩いている姿を見かけたことが数回あります。
今回の移動は水路際を歩いて、そのまま水の中に入って行きました。

この個体とは限りませんが、また湿性生態園の水路に大きな穴を開けたヤツがいるようで、轟々と音を立てながら水が抜けていました。あぁぁ。
イノシシもまた出てきたようで、土が掘り返されているところがたくさんありました。
a0123836_17133821.jpg

土が露出してあるところが掘り返された部分です。
草刈後は、掘られる定めですかね・・・。


昨日の雨上がり、“ツツガエル”たちはどうなったのか?と、筒を覗くとどの筒にもカエルはいませんでした。
どうやら直接雨があたるのは好きではないようです。
今日になって改めてセンターの雑木林にある筒を覗きにいってみると・・・
a0123836_17174538.jpg

いました、相変わらず半身を出した状態でのんびり?しています。
近づくとシュッと、筒の中に身を隠します。

身を隠されたため撮影できませんでしたが、この隣の筒にも“ツツガエル”が在室しています。
実は、並んでいるポールの半分くらいが(10本以上あったかな?)、契約済みらしく覗くと“ツツガエル”が居ました。
この場所が大層好きなようです。


明日から竹かご教室(入門)が始まります。
日中は暖かくなるようですが、朝晩は冷え込みますので防寒対策をしっかりしてご来館下さい。
と、今日の記事を書いていますと、先ほどからフクロウの鳴き声が聞こえてきます。
かなり近くにいるようでしばらく声が聞こえていますが、外に出ても真っ暗だから分からないうちに飛び立ってしまうのだろうな~。
by isumi-sato | 2014-10-24 17:24 | いきもの

雨が続くのは困りもの・・・

今日も雨の一日。
昨日と合わせて、今日の16時までに57mmの雨が降りました。


朝から激しい雨なので、今日もまずは室内作業に勤しみます。
昨日と同じように、写真でわざわざご紹介するようなものでは無い物として、さとの文化祭の出展作品を置くスペースや、参加賞を置くスペースを各所に作ったり、冷蔵庫の修理(!)をしたりしました。

来館者の方々が直接目にするものとしては、畑の栽培作物の名札を作成しました。
a0123836_173065.jpg

樹名板を利用して作られており、板を杭にネジで留めます。
出来たものに、名札を打ち付け完成です。
a0123836_1752524.jpg

名札は印刷した物をパウチし、打ち込んでいる道具はホチキスです。
実に手作りな品です。
a0123836_1765021.jpg

季節の変わり目というのもあって、栽培作物が大きく変わり、作成する本数も多量です。
16時ごろやっと雨が止みましたので、早速作成した名札を立ててきました。
a0123836_1791318.jpg

簡単には倒れないようにしっかり挿しています。
a0123836_179305.jpg

これで何を栽培しているのか一目瞭然ですね。
まだ名札が無い物もありますが、残りも順次作成します。


それから、PCクイズ、水槽側にある3台の内2台が故障中というガッカリな状態でしたが、本日1台PCの取り換えが終わり、2台使えるようなりました。
a0123836_1716954.jpg

お子さんでも楽しく遊べる、地球温暖化防止の啓発ゲームの2台です。
どうぞよろしく。


雨が止んだ16時過ぎ、2日振りに巡回に出かけました。
昆虫広場には、大きな水溜りが出来ていましたよ。
a0123836_17183660.jpg

湿性生態園より湿っている・・・なんて揶揄される昆虫広場、突如現れた池の水深は5㎝ほどでした。
明日からはしばらくお天気続きなので、カラッと秋晴れを望みたいものです。
今週末の竹かご教室もお天気に恵まれそうで、ホッと一安心です。
by isumi-sato | 2014-10-23 17:22 | 作業風景

雨の一日

朝5時から降り出した雨は、午後5時になっても止みません。
本日予定されていた学校の団体利用は、雨のため中止になってしまいました。残念。
a0123836_16285349.jpg

雨天なので職員も外作業には出れず、室内で作業を行いました。


作業小屋では、12月に行う餅つき行事で使う杵の修繕を行いました。
a0123836_16314365.jpg

a0123836_16341943.jpg

大人が使う大型の杵2本と、最初に蒸したもち米をこねる小型の杵3本(子供用でもあります)の先端を修繕しました。
餅つきの最中、臼にぶつけてしまうと欠けてしまうのです。
他にも、長い間使わずに置いておくと、虫が入ってしまうこともあります。
欠けたまま餅をつくと、木くずが入ってしまうのでよろしくありません。
a0123836_1646432.jpg

破損した部分は、ノミで削ったり、範囲が広いものは先端を切断したりしてから、サンダーで整えました。
a0123836_1647455.jpg

小型の杵は2本先端を切断しました。
a0123836_16483568.jpg

サンダーで削って完成です。
a0123836_16502011.jpg

今年はこれでなんとかなるかな~。


続いて、今週末から始まる竹かご教室の準備です。
a0123836_1653548.jpg

10月1日に作成していた(こちら)、六つ目かごを作る時に使う立ち上げの補助器具の残りを完成させました。
今年はこの道具が役立ってくれるかな?

他にも、竹でっぽうの材料の準備、図書の整理、サフランの球根の展示準備、等々行ったのですが、各自作業したので、記録写真がありませんでした・・・。
花芽が伸びてきたサフランの球根の写真を載せておきます。
a0123836_1734394.jpg

白く伸びているのが花芽です。
6月にサフランの球根で飾り物を作る行事を開催いたしましたが、参加された皆様、そろそろ花が咲く気配がしていると思います。
センターですと、だいたい「さとの文化祭」開催シーズン、11月中旬頃花が咲いている印象です。

イベントに参加された方で、球根を仕舞っている方はいらっしゃらないとは思いますが(センターは数が多いので仕舞っていました)、もし、見えない所に仕舞っている方はそろそろ出してあげて下さいね~。
by isumi-sato | 2014-10-22 17:12 | 作業風景

宿泊学習の一環で小学生が来館しました パート2

本日、東京の小学校から4年生29名が来館しました。
宿泊学習の一環で20日から勝浦にある施設に宿泊して、中日の今日センターにやってきました。


今日は朝から生憎の雨模様、雨具を出したりしまったりしながらの体験になりました。
活動はまず館内説明から始めました。
a0123836_1634260.jpg

ジオラマを使っていすみ市を紹介したり、館内で飼育しているミヤコタナゴを観察したり、展示してあるはく製を観察しました。
その後、2グループに分かれて活動しました。
今日は、1日滞在するので、午前、午後と活動内容を交代しました。


まずは工作、竹でっぽう作りです。
竹でっぽうとは、竹の筒に濡れた新聞紙を詰め、竹の棒で“ポンッ”と押し出す昔ながらのおもちゃです。
a0123836_1685040.jpg

竹の筒をノコギリを使い自分で伐ります。
紙やすりで面取りをして、芯棒をさして完成させます。
a0123836_16282767.jpg

完成後は、濡れた新聞紙を弾にし、飛ばして遊びます。
なかなか上手に飛ばせなかった児童もいたようですが、練習して“ポンッ”という音を響かせていたようです。
a0123836_1631516.jpg

ここまで届くかな?
遠くまで飛ばせるように、練習して下さい。


続いて自然探検です。
雨が降ったり、止んだりなので今回は図書室にてルール説明とまとめを行いました。
a0123836_16364986.jpg

マップを持って、班ごとに6つの問題を答えてもらいます。
日ごろ生活してる環境とは全く違う環境なので、地図を見ながらでもあっちに迷子・・・こっちに迷子・・・と、なりながらも、60分で蓮田~湿性生態園のルートを探検しました。
a0123836_16405382.jpg

雑木林では渡されたどんぐりの木の名前を調べたり、蓮田ではクルミを題材にした問題を考えたりしました。
a0123836_16431120.jpg

林道は、先日の台風の影響もありスギの葉がたくさん落ちています。
こんなところ歩きたくなーい!と、大騒ぎする児童もいれば、この道面白い!と、言う児童もおりました。
a0123836_16501456.jpg

今日は時間がたっぷりあったので、湿性生態園まで探検に行けました。
道中、大きなクモがたくさんいた(ジョロウグモかな?)、ニホンアマガエルを発見した、小さくて茶色いカエルがたくさんいた(ウシガエルの幼体)など、様々な発見ができたようです。
探検後はまた図書室でまとめを行いました。


雨模様の一日となってしまいましたが、何とか外活動も体験してもらうことができ、職員もホッとしました。
明日も1校来館する予定なのですが・・・お天気がどうなることやら、心配です。
by isumi-sato | 2014-10-21 17:02 | グループ・学校利用