人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

近隣小学校の社会科見学

5月31日、晴れ。午前九時の気温は19.8℃でした。
ここ二日間の雨量は、11.5mm、今日は朝から青空が帰ってきました。
堰の水位が上がるのには、まだまだ雨が足りません。

今日は、近くの小学校二校の3年生が合同で社会科見学に来館されました。
二つの学校で児童は25名。先日のひと学年100名の都心の学校と比較すると、君たちとても恵まれているよ、と、言いたくなってしまいます。もちろんそうでない面もあるのでしょうが、とても純情無垢な子どもたちです。
a0123836_14132116.jpg

何度も来館したことがある子どもたちなのですが、いつもはじっくりは見ていない展示なので、改めて説明を受けるとおもしろい発見がたくさんあるようです。

生活している地域のジオラマ模型見学から入って、季節柄ホタルの生態やその生育環境の話、地元の天然記念物ミヤコタナゴと生育環境の話、地域に生育する野生哺乳類や外来種の話などをしました。

館内説明を短めに外に行こうと中庭を見ると、「カメが歩いている!!」と子どもたち。
a0123836_14141411.jpg

たちまち、野生のクサガメは子どもたちに取り囲まれてしまいました。
くさいから、クサガメだよ、ミシシッピアカミミガメとの違いは? など、絶好のタイミングで野生のカメ君が登場してくれました。そして、いつの間にか姿は見えなくなっていました。自然が歓迎してくれているようです。

a0123836_14143983.jpg

a0123836_1415534.jpg

この時期に咲いている樹木の花、花色が変化するハコネウツギ、香りのするセンダンなども観察しつつ、畑、堰、そこに飛ぶオオヤマトンボに出会い、樹林をめぐって短いフィールドガイドを行いました。
a0123836_14152739.jpg

a0123836_14155472.jpg




a0123836_1416956.jpg

正面玄関前で写真撮影をして、次は、ナシ農家、市役所、漁港と今日の見学は続くそうです。
いっぱい楽しんで、勉強してね。
by isumi-sato | 2013-05-31 14:16

今日も雨でした

今日も一日梅雨らしく、しとしと雨が降る一日でした。
晴れた~と思っても、狐の嫁入り・・・太陽が出ているのに強めの霧雨が降っていました。


雨続きのお天気、何か生き物は出てこないかと探していると、小雨舞いちる中シオカラトンボのメスが田んぼで産卵していました。
a0123836_16502434.jpg

そういえば、昨日も唯一見かけたトンボはシオカラトンボでした。
トンボの中では雨に強い種類なのでしょうか。
腹の先で水をかき、同時に卵を前方に飛ばす産卵スタイルだそうです。
写真、腹の先に水玉が飛んでいるのが分かりますか?
力強い産卵ですね。


林道ではホタルブクロのつぼみが目立つようになりました。
a0123836_16533143.jpg

a0123836_16541782.jpg

今年もゲンジボタルは飛びましたか?という問い合わせが何件かありました。
ホタル祭り会場周辺では、例年より少し出現時期が早いようだという話を聞きました。
センターのホタルはというと、こちらもぼちぼち飛び始めたようで、ホタル観察行事を開催する6月8日、9日が一体どんな塩梅になるのか全く予測が付きません。
行事開催日を2月に決定するので、毎年とんでもなく博打な気分です。
本当、どうなることでしょうか・・・。

6月1日のホタル観察行事は、そもそもお天気が雨予報ですし、いや~頭を抱えてしまいますね。


もう一つ林道で見つけたものをご紹介。
a0123836_1715447.jpg

写真を見て、私が見つけた物が何か分かったあなたには、ちょっとだけ幸運が訪れる・・・かもしれません。
明日の天気は、雨予報が出ていないので、梅雨の晴れ間はちょっと嬉しい事ですね。
降るな降る、止むなら止む、どちらかハッキリして欲しいですね。
by isumi-sato | 2013-05-30 17:06 | いきもの

関東も梅雨入りしました

今日関東も梅雨入りするのでは?なんて、昨日の天気予報で見ましたが、予報通り梅雨入りしたようです。
朝からセンターは、雨がパラついたり、止んだと思ったらザッと降ってきたりと、雨の一日でした。
a0123836_168268.jpg

こちらの気持ちとは裏腹に、シュレーゲルアオガエルは雨に打たれて気持ちよさそうでした。


梅雨が始まったということで、万木堰にも水がまた溜まり始めるでしょうか?
a0123836_16172645.jpg

a0123836_1618317.jpg

田に水を引く時期以外では、写真の赤いレンガの色がグレーに変わる部分ぐらいまでは水深があります。
ずいぶん水位が下がりました。
ここまで水位が下がると、夏の水は大丈夫だろうか?と少しドキドキし始めます。

畑のアジサイも花を咲かせ始めました。
a0123836_16223020.jpg

まだ咲き始めなので色が白いですが、よく見るとガクがうっすら色づいています。
a0123836_16233279.jpg

アジサイの花が咲きそろうと、少し憂鬱な梅雨の時期が華やかになりますね。

雨の降る中、草むらを覗いてみると、チョウが陰にも隠れず葉の上にいました。
a0123836_16275030.jpg

モンシロチョウ
a0123836_16493375.jpg

ベニシジミ
撮影時には小雨が降っているのですが、移動する気配もなく葉の上に。
濡れないのかな~。
撮影のために近寄っても、動かなかったので雨で飛びたくないという気持ちは有るのでしょう。
カエルのように喜んで活動的になる生き物がいる一方で、うんざりしている生き物もいるようです。

湿性生態園のヤナギ林の下もすっかり干上がっていました。
a0123836_165673.jpg

a0123836_16565027.jpg

あまりの水の無さに、この時期堰からヤナギ林の下まで上がってくる大型のフナ(ヘラブナ?)の姿も見えなくなっていました。
そろそろ田も一端水を入れるの止める「中干し」の時期になるそうなので、その時期と梅雨の雨が重なればもう少し水が溜まるかな?
去年は梅雨初めに雨がたくさん降って、後期はあまり雨が降らなくて、結局畑がパリパリに乾いて大変だ~と、頭を抱えたのですが今年はどうなることでしょう。
こればかりは天に任せるしかありません。
by isumi-sato | 2013-05-29 17:12 | しょくぶつ

ガイドウォークと菜種の収穫

今朝出勤すると、アシ原で元気よく鳴くオオヨシキリの声が聞こえてきました。
センターでは今季初めてその声を聞きました。(ただし、休館日の昨日からいた可能性もアリ)
駐車場前の斜面では、シモツケの花も咲き始めました。
a0123836_1742244.jpg

日中は雨もパラついて、関東も梅雨入り間近ですね。


今日は某グループへのガイドウォークと、センターの畑で菜の花を育てていた菜の花エコグループの活動がありました。
まずはグループへのガイドウォークからご紹介します。

大人29名がバスに乗ってご来館。
視察研修で県内の自然や施設を巡るようです。
a0123836_17161967.jpg

センターの説明と共に、館内見学。
日ごろセンターエリアのガイドウォークは小学生が主なので、人数より館内が狭く見えました。
所変われば見られる動物も変わり、剥製を見て「これが噂のキョンか!初めて見た」なんて声も聞こえてきました。

生態園のガイドでは、ホタル水路をや万木堰を観察して、湿性生態園に向かいました。
a0123836_17291669.jpg

道すがら、トベラやスイカズラ、センダンの花の香りを堪能しました。
a0123836_17294796.jpg

トベラ
a0123836_1730474.jpg

スイカズラ

湿性生態園からの帰り道では、なんと卵を発見。
a0123836_17311198.jpg

a0123836_17312222.jpg

カメの卵だと思います。
センター周辺での目撃例から考えると、クサガメかミシシッピアカミミガメ(通称ミドリガメ)だと思うのですが、定かではありません。
種類よりも、普通産卵後は元通り土をかけるのですが、この卵は産みっぱなし・・・どうしたことでしょう!
皆さんの予想では、産卵途中に外敵(例えば私たちとか)の存在に気づき逃げ出したのでは?とのことでしたが、真相は不明。
穴を埋めても掘り返されて卵を食べられるというのに、露出したままのこの卵、無事に孵化までこぎ着けるのでしょうか?
a0123836_1739276.jpg

昆虫広場のハコネウツギの花も満開で、紅白の花を楽しんでもらえたようです。
a0123836_17372095.jpg

約1時間、駆け足で湿性生態園まで巡ったガイドウォークでしたが、楽しかったという声をいただけました。
ただ・・・半分以上はカメの卵に良いところを持って行かれた気がしてなりませんが。

----------------------------------


数年続けている菜の花エコプロジェクトの継続で、今年もセイヨウアブラナの収穫の季節になりました。
当ブログにて何度も取り上げていますが、今期は、冬にノウサギに食われヒヨドリに食われ、春にイモムシに食われ、収穫間際にはカワラヒワに食われ、だいぶサヤの大きさ、数とも小さく少なくなってしまいました。
ノウサギにほとんどやられたショックもあって除草に熱が入らず、畑はセイヨウアブラナと雑草特にカラスノエンドウとの共存状態でした。
a0123836_18422624.jpg

今日は8名ほど集まり、刈取り、雑草との区分け、根株の引き抜きを行いました。
a0123836_1842437.jpg

予想通り収穫量ははなはだ少なく、例年ですと軽トラック3台くらいになるところですが、今年は軽トラック半分にもならない量でした。とほほ、、、。
となると、出来るナタネアブラの量もとにかくさびしい量になると予想しています。
a0123836_18425839.jpg

お借りしたビニールハウスの中で乾燥、追熟を行っています。

来年は野生動物対策をどうしたものか、これからナノハナ栽培について思案のしどころです。

a0123836_18473372.jpg

昆虫広場では、カワラナデシコの花が咲いています。
by isumi-sato | 2013-05-28 17:43 | グループ・学校利用

本日“ソラ豆の収穫体験”をしました

昨年10月に植え付けたソラ豆が寒さや害虫と戦いながら何とか成熟期を迎えました。
収穫日は生長状態や気候等により変わるのと、収穫期間が短いので予め決められないのが難点で、ブログでの開催のお知らせが一昨日となってしまいました。
a0123836_13285528.jpg

昨年はアブラムシが大量に発生しました。幹が育たず、また、生りた実(鞘)も大きく育ちませんでした(写真右側がアブラムシの被害を受けた株)。そんなわけで収穫体験は出来ませんでした。
a0123836_13303824.jpg

今年も昨年同様ソラ豆が大きくなり始めたころ、アブラムシがどこからともなくやってきました。
アブラムシはソラ豆畑へのいわゆる定期便です。
畑の見回りを頻繁に行い、見つけたら直ぐ駆除するようにしました、(一生懸命放水して、流し落としました。)
全部は駆除できませんでしたが数を減らせたので実(鞘)も大きく育ちました。
a0123836_1332351.jpg

a0123836_13331523.jpg

鞘が少し黒みがかり、空を向いていた鞘が地面と水平になってきたので5/24に試食用に収穫し食べてみたところ、甘みがあり美味しかったので、突然ですが本日を収穫日と決めました。
a0123836_13335564.jpg

何も知らずに来館し、収穫体験をされた方は空を向いて生りている実(鞘)をみてビックリしていました(ソラ豆は鞘が空に向かって生るから空豆といわれています)。
また、収穫したソラ豆が持ち帰れると大喜びでした。
何にして食べるのかな?

本日来館された方はラッキーでした。
センターの行事は殆どが年間行事として開催日が決まっていますが、突然開催する行事もあります、特に畑の作物の収穫体験がそれに当たります。
今センターの畑では、トマト、ナス、ピーマン等の代表的な夏野菜を育てています、順調に育てば来館者の方々に収穫体験をしていただこうと思っています。

来館当日の募集です。これからをお楽しみに。


----------------------------------

ミニ解説版

先日、東京から約100名という大勢の小学生たちが自然観察にやってこられました。都会ではなかなか見たり体験しにくいだろうことを体験してもらおうと、提供プログラムに工夫をいたしました。すべてのグループには一緒について説明しながら周ることもできないので、当日目にできる面白いことがらをミニ解説板として、簡単なパウチシートを作り、5.6カ所、現地に張り付けました。オオヤマトンボのパトロール、イタチの糞、イノシシの掘った跡・通った跡、カラムシにつくイモムシなどです。

a0123836_15533686.jpg

 そのうちの一つを有効利用して、カラムシがたくさん生えるところに短期ミニ解説版として試しに設置してみました。フクラスズメという蛾の幼虫は、突っつくと「ブルブル」としばらく小刻みに震え続けます。威嚇しているのでしょうか? 食草といって、種によって好んで食べる葉が違うため、ある植物にはあるイモムシ・毛虫がよく集まります。

今までもセンターでは、館内の「情報掲示板」でミニ情報を掲げていましたが、現地にも少し広がったことになります。
「旬のミニ解説版」は、機会をみつけて、これからも少し設置してみようかなと思っています。センター散策の楽しみが増えるとよいですね。
by isumi-sato | 2013-05-26 13:41 | 行事報告

太東の岬で海辺の自然を観察しよう

本日、行事「太東の岬で海辺の自然を観察しよう」を開催いたしました。
参加者は、大人8名、小人1名、計9名でした。


センターに集合後、太東漁港近くの太東ハイキングコースに移動しました。
ハイキングコース入口そばには露頭が見え、まずそこで地質の話をしました。
a0123836_14362326.jpg

砂、泥と交互に積み重なっており、太田代層の特徴です。

ハイキングコースの急な階段を登ると、平場に出ます。
a0123836_1445583.jpg

そこでは、ニワゼキショウ、ハナヤエムグラ、ハハコグサ、ヒゲナガスズメノチャヒキ、ヒメンコバンソウなどを観察しました。
またこの平場、既に花のほとんどが終わっていましたが、ヤセウツボが群生しており、皆さん初めて見る植物だ・・・と、観察していました。
a0123836_14482222.jpg
(写真はセンターで撮影)
ハイキングコースを歩いていると、海から強く吹く風によって樹形が変形した木々(風衝ふうしょう)を目にすることができます。
a0123836_14551013.jpg

上記写真、右側が海で風が吹いてくる方向です。
風の影響が目に見えて分かりました。

木立の下、少し薄暗い所ではニオイタチツボスミレが咲いていました。
a0123836_1551868.jpg

雨上がりには歩けないかなり急な道を下ってから、海岸沿いのルートに移動です。
a0123836_151938.jpg

先ほどまで海が見えたのに、環境が一気に変わります。

海岸沿いでは、コウボウシバ、コウボウムギ、ツルナ、テリハノイバラ、ハマエンドウ、ハマヒルガオ、ハマボウフウ、ハマボッスなどが観察できました。

a0123836_15165391.jpg

ハマヒルガオ
今日は下見の時より多く花が咲いていました。

a0123836_15133253.jpg

ハマニガナの葉
別名「ハマイチョウ」葉の形がとても可愛らしいと絶賛される方がいらっしゃいました。

a0123836_15142713.jpg

ツルナ
野菜として畑で栽培されている方が、ツルナが野草であることを知り、大変驚いていました。

a0123836_15173895.jpg

ハマエンドウ
a0123836_15182317.jpg

花の多くは終わっていましたが、エンドウ豆でいうところの“絹さや”がたくさんぶら下がっていました。
食べられるのか?なんて声が聞こえてきました。

また、下見の際には気づかなかったのですが、イヨカズラという植物が花を咲かせていました。
a0123836_15195672.jpg

a0123836_1521540.jpg

今日歩いたルートではあまり多い植物ではないそうです。
海辺の植物らしく、厚い葉です。


行事終了後には、海辺の植物が観察できたことはもちろん、山の中から波のすぐそばと、周りの風景が大きく変わるところも良かったという声が聞こえてきました。
開けた草原、照葉樹林に覆われた道、海岸沿いと、自然環境が大きく変わり、それに対応して観察できる植物が大きく変わることが、この観察会のたいへん面白いところでした。
by isumi-sato | 2013-05-25 15:21 | 行事報告

宿泊学習の一環で学校が訪れました

本日は、宿泊体験学習の一環で、東京の学校がセンターに来館されました。
2泊3日の最終日、センターではお昼までの体験です。
4年生、ひと学年生徒数96名、センター近隣の学校ではちょっと考えられない数です。


今日のプログラムはネイチャーゲーム。
a0123836_14503447.jpg

地図を片手に、6つのミッションに挑戦します。
ハスの葉の秘密、ザリガニの雌雄の見分け方、初夏に降る雪の謎・・・センター通ならすぐに分かる答えですが、初めて、しかも普段の生活圏とは全く違う風景の中を動き回るので、皆さん真剣に話を聞いていました。
a0123836_14563153.jpg

なにぶん大人数なので、大きく2グループに分け、更にその中で5グループに分けました。
そのため、上記の写真に写っているのは、片方のグループだけです。
a0123836_1517552.jpg

人数が多いので、移動も大騒動です。
蓮田、デイキャンプ場、昆虫広場、ハイド、湿性生態園とぐるりと一周コースです。


ハスの葉の秘密を探れ!というミッションでは、ハスに水をかけて何が起こるか、どうしてそうなるか探ってもらいました。
a0123836_15271370.jpg

a0123836_1527337.jpg

ハスの葉が水を弾く様を見て、うわ~!と大歓声。
どうしてそうなるかは葉を触って、ザラザラするからだ、ワックスが塗ってあるからだ、いや、油だと皆で相談していました。
ここで「デンプンだ!」なんて単語が出るのは、さすが4年生でしょうか。(デンプンでは無いのですが)


ザリガニのオスメスを見分けろ!というミッションでは、ザリガニを物怖じせずつかむ子がいました。
触りたくないという子ばかりだと予想していたので、それは意外でした。
a0123836_15323861.jpg

オスメスの違いはお腹をよく見て!というヒントに、プラケースを持ち上げて観察。
ただ、このミッションオスメスをA、B分けてケースに入れていたのですが、途中皆がつかんだザリガニを違うケースに戻すという事がおきていたようで、答えが出なくなっていました。
それは想定外でした。


続いて湿性生態園で、初夏に降る雪の謎を解け!です。
他のミッションは他の場所でもできますが、このミッションに限り、他の場所ではそう体験できない今の時期だけ、この場所だけでの体験です。
a0123836_1541427.jpg

本当に雪みたいなのが降っている!それよりもここなんだ!?と、初めて見る景色に驚いてくれました。
a0123836_15424073.jpg

“雪”をつかまえようと、手を伸ばします。
(センター通の方は、この雪の正体はご存知ですよね。ヤナギの綿毛です)
a0123836_15444873.jpg

ミッション以外にも、イノシシの掘り返した跡や、イタチのフン、激しく首を振るイモムシ、センターではほぼ日常・・・な、景色を楽しんでもらいました。
a0123836_15492791.jpg

テントウムシみ~つけた。


全てのミッションが終わった後はグループで集まり、報告会(まとめ)です。
a0123836_1554625.jpg

同じ問題でも、答えが完全に同じになることはありません。
同じ場所に立っていても、周りに注意をはらっていないと、生きものの姿が見えなかったり声が聞こえなかったりします。
他の班の答えと同じ、違う、その生きものは見れた、見れない、など、この時間で情報の共有ができたと思います。


館内見学も、館内一杯に広がって興味津々に見学してくれました。
a0123836_163399.jpg

お昼を食べたあと、バスに乗って帰って行きました。
a0123836_16114940.jpg

ここに来て初めて見た物、初めて知ったことが有った!楽しかったと言ってもらえました。
良かった良かった、また来てね~。

これだけの人数の学校を一度に受け入れたことが無かったので、大きな挑戦でもありました。
子どもたちには楽しんでもらえたようです。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ひとつ下に、日曜日に開催するプチイベントの告知があります。
よろしかったらそちらもご覧下さい。
by isumi-sato | 2013-05-24 16:36 | グループ・学校利用

センター畑で ソラ豆の収穫体験 をしよう

ビールにソラ豆が美味しい季節になりました。
当センター畑のソラ豆も成熟期を迎えました。
そこで、今週の日曜日(26日)にソラ豆収穫体験を行います。
11時~と14時~の2回、各5組先着順です。
参加希望の方は、直接事務所においで下さい。
お待ちしております。
a0123836_14335335.jpg

by isumi-sato | 2013-05-24 14:35 | おしらせ

明日も晴れますように!

今日は風の強い一日でした。
そんな中、スタッフは明日のグループ・学校利用の準備に一日励みました。


このところ、布袋竹林の裏や、湿性生態園や林道など、水辺の木立で日陰ができるような場所を歩いていると、縄張りパトロール中のサラサヤンマに出会います。
大型のトンボが、割とゆっくりした速度でぐるぐる2~3mの範囲を飛び回っています。
なかなか止まっているところは見つけられなかったのですが、先日ぶら下がっているのを見つけました。
a0123836_18144388.jpg

以前、未成熟の個体をご紹介しましたが、色が付くとこんなトンボになります。(記事はこちら
ゆっくり飛ぶので、ホバリングしているところを間近で観察することもできますが、撮影はできなかったので嬉しい発見でした。
欲を言えば、もう少し低い所に居てくれればいいのだけれど。

飛び続けているため写真が無いトンボとしては、万木堰ではオオヤマトンボ、湿性生態園ではヤブヤンマが飛んでいます。
どちらも見事なので、トンボ好きさんは観察にいらしてはいかがでしょうか?
飛んでいるトンボ撮影できます!という方にも、いらしていただきたいです・・・


林道では、以前ご紹介したハンショウズルの花がまだ見られました。
a0123836_18214996.jpg

これはあと数日といった感じでしたが、可愛らしいベル(半鐘なのですが)型の花がぶら下がっています。
湿性生態園に向かって、センター建屋を過ぎて最初のタマアジサイの近くに咲いていました。
観賞したい方はお早めに~。

昆虫広場の水路沿いには、キショウブが咲き誇っているのですが、そこにキショウブの花みたいなオシリをした子マルハナバチが集まっています。
a0123836_18253198.jpg

モコモコした真っ黒いハチと思いきや、オシリは黄色いんですね。
熱中しすぎているようで、間近に寄っても逃げません。
他のキショウブにも潜るようコマルハナバチが集まっていたので、きっと美味しいのでしょうね。
近くでじっくりコマルハナバチが観察できるチャンス!です。

※クマバチと記載していましたが、「コマルハナバチ」でした。
大変失礼いたしました。
クマバチの黄色は、胸でした。(5月28日修正)

明日は、いつものセンターでは考えられないような生徒数の学校さんが来館します。
大型バスが3台やってくるため、駐車場の一部が閉鎖されます。
明日ご来館の際は、カラーコーンので封鎖されていない場所にご駐車下さい。
by isumi-sato | 2013-05-23 18:35 | いきもの

生活科の校外学習がありました

今日は、近隣の小学校が生活科の校外学習で訪れました。
2年生35名でした。


今日のメニューはアメリカザリガニ釣りと探検(自然観察)。
2グループに分かれて活動しました。
まずはザリガニ釣りチームからご紹介。
a0123836_17233091.jpg

ザリガニ釣りは以前にもご紹介した通り、「我慢」を覚えるプログラムです。
直ぐ動いてザリガニに逃げられる子、粘ってたくさん釣り上げる子、それぞれです。
a0123836_1726730.jpg

今日の学校さんはザリガニ釣りが上手だったようで、2人で15匹釣り上げたぞ~!こっちは16匹だ~!と、大漁だったようです。

探検チームは、田んぼや畑を通って万木堰に向かいます。
蓮田ではハスの葉っぱが出てきたので、ハスの葉の秘密を探りました。
a0123836_17274163.jpg

ザリガニ釣りと探検を交代で体験したのですが、それぞれ普段なかなか見られないモノと遭遇できて、今日の学校さんは運が良いです。

まず前半チームは、目の前を横切るイタチと遭遇できました。
後半チームは、万木堰を悠々と泳ぐヘビ(多分ヤマカガシ)と遭遇。
堰の堤体にいたヘビがピョンと水に飛び込むと、そのままススス~と地面を移動する時と同じスタイルで対岸まで泳いで行きました。
ヘビって泳ぐの早い!と、皆で、大騒ぎ。
a0123836_1733342.jpg

他にも、カメ(ミシシッピアカミミガメ)や魚が水面まで上がってきたところ、パトロール中のオオヤマトンボなどが観察できました。

最後のまとめの時に、今日楽しかったことは何ですか?と先生が聞くと、多くの児童たちが「全部!」と答えてくれました。
良かった、良かった。
by isumi-sato | 2013-05-22 17:36 | グループ・学校利用