人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

夕暮れのセンター棟も味なもの

11月30日、曇一時小雨。午前九時の気温は10.7℃、今朝の最低気温は4.8℃でした。
とても寒いわけでもなく、晴れ間ものぞかず、曇で一時小雨が舞う時間があるはっきりしない天候の一日でした。

a0123836_17475769.jpg

ここ数日のブログでも取り上げていますが、センター周辺の里山の紅葉です。
はっきりした赤い色があるのではなく、黄色と茶色の中間色が各色混ざっています。どんより曇った光なので、なお一層です。
(房総の自然林では、多く見られる赤い色は、ハゼノキとヌルデの葉です。)


メリハリの利かない色模様ですが、新緑のときの緑系の明るい各色が置かれた山の斜面を思い起こすと、
(次の写真、四月半ばです)
a0123836_17483648.jpg


現在の黄色と茶色も季節の変化の結果として、なかなか独特の味があると、味わえる心境に思い至ります。


a0123836_1749726.jpg

a0123836_17493472.jpg

コナラの葉のようすです。落葉に至る色具合がいろいろで、これだけ見ていてもおもしろいものです。


a0123836_17512137.jpg

落葉が多くなるミニ雑木林の林床が、暖かい場所に見えてきています。

a0123836_175249.jpg

小枝を見ると、葉の柄近くには、寒さをしのいでいるテントウムシがいました。

a0123836_17532056.jpg

夏には、緑の大きな葉がゆさゆさ動き、ピンクの花が揺れていたハス田は枯れています。


a0123836_17534289.jpg

花では、ナワシログミがまだ観察できます。
先日、子どもたちがこれを見て、イカの花がついていると表現していました。

a0123836_1754353.jpg

いろいろ枯れていく植物が多い中で、この春にイノシシの体当たりをくらって、先を痛めつけられ、枯れるのではないかと心配していたタブノキの苗ですが、力強く根元から新しい葉をつけていました。

a0123836_17543351.jpg

雨が続いた結果、小水路では安定して水が流れ続けています。その中では、ホタルの幼虫たちが成長しているに違いありません。


a0123836_17545337.jpg

夕暮れのセンター棟も味なもの。

ただ、この屋根の折れるところが水が集まり、雨漏りの多いところなのですよ、、。
by isumi-sato | 2012-11-30 18:01 | センターこぼれ話

やはりモミジは魅力的

今日は風もなく、日向は過ごしやすい一日でした。
明日以降また雨の予報なので、また寒くなるのでしょうね。


センターの敷地内や、周辺の林道ではモミジやカエデの類を見ることはありません。
センター近くのお宅の庭(むしろ山)では、見事に紅葉したモミジがありましたので、少々借景しました。
a0123836_1327319.jpg

やはりこの色と形は魅力的です。
そんなことを言っていたら、先日イロハモミジの苗を3本いただきました。
a0123836_13523142.jpg

早速デイキャンプ場と昆虫広場の一角に植栽しました。
70㎝程度の大きさなので、見ごたえある姿になるのはまだ先の事でしょうが、いつの日か紅葉を楽しめる姿になってくれることでしょう。

今センターで目立つ赤というと・・・
a0123836_1415010.jpg

こちら、クロガネモチの赤い果実でしょうか。
昆虫広場奥の雑木林に数本、駐車場の街灯の側に1本あります。
この実を鳥が好むらしいので、これからの時期要チェックですね。

他にも、赤と言うより朱ですが、今林の縁ではこの朱が目立ちます。
a0123836_14331676.jpg

カラスウリも見事に染まっています。
これも楽しい秋からの風景ですね。

林道では、冬の花も咲き始めました。
a0123836_14425718.jpg

ヤツデ
寒い時期に花を咲かせるヤツデは、チョウやガではなく主にハエによって花粉を媒介します。
この写真にもよく見るとハエが1匹隠れていますよ。
今日の観察では、ハエと小さなアブ(ヒラタアブ?)が、集まっていました。
ちゃんと考えて花を咲かせているのですね。


このところ、ウソを探して林縁をウロウロしています。
多分、あの口笛のような声はウソだと思うのですが、姿は見えず・・・口笛を吹くとウソが鳴き返してくれるよと、聞いて口笛を吹いたところ、ウグイスがヤブから飛び出てきました。なんでよ~。
結局姿は見えなかったのですが、かわりにカシラダカの群れと出会いました。
a0123836_1459357.jpg

a0123836_150028.jpg

写真には1羽しか写っていませんが、一度樹に群れで集まり、まとまって下の田んぼに飛び込んでいるようです。
なかなか勇猛果敢な情景です。
人と車が近づくと飛び去ってしまうのが難ですが…離れて双眼鏡で観察するのがベストですね。
by isumi-sato | 2012-11-29 15:01 | いきもの

雨上がりの午後のセンター

今日は午後から突然の雨。
13時から15時まで9㎜の降雨がありました。


降り始めは気づかないくらいのしとしと雨でしたが、徐々にゴーっと屋根に当たる音がするほどの強い雨になりました。
ここまでの雨の予報は聞いていなかったので、午後から外仕事を考えていたスタッフは呆然としてしまいました。
15時を過ぎるころから雨が上がり、よしっ!と、外に出てみると畑はすっかり水浸し。
a0123836_16533134.jpg

ただでさえ収量の少ないワタが、これではますます減ってしまいます。
他の作物のウネにも水がたっぷりでした。

雨上がり、万木堰にはカモたちの姿が少し増えていました。
a0123836_16564015.jpg

ホシハジロ(手前のカモ)。
背中の白い羽が目立ちます。
水鳥といえば、27日にやっとハイド(野鳥観測塀)の修理が終了しました。
a0123836_1733832.jpg

これで水鳥の観察ができやすくなるのでしょうか?
なると良いですね。
早速覗いてみると、マガモさんたちが泳いで行きました。
a0123836_1745347.jpg

ベンチもありますし、散策中の休憩スポットとしても使えます。

湿性生態園ではまた猛禽類と遭遇し、今度は撮影できました。
a0123836_177530.jpg

ノスリ。
(センターのカメラではこれが限界…)
水没ヤナギ林が終わったあたりの林道から、湿性生態園の山際の樹にとまっているのを発見しました。
頭とお腹の白が目立ちます。
a0123836_1775089.jpg

正面に向きを変えてくれたので、顔をよく見ると「あごヒゲ」みたいな模様が見えます。
「あごヒゲ」はノスリの見分けポイントだそうです。
最近ノスリさんとは遭遇率高めです。
野鳥観察に長けた人には、ハイタカがいるよ~と教えて頂いているのですが、そちらはまだ観察できていません。
ウソの声は分かった気がする…ただ今捜索中です。

湿性生態園からの帰り道、黄葉した木々にちょうど陽が射していました。
a0123836_17172681.jpg

太陽の光が一層ありがたい季節ですね。
by isumi-sato | 2012-11-28 17:23 | いきもの

さとの文化祭のかたづけです。帰ったらお鍋かな。


11月27日、晴れ。午前九時の気温は10.8℃、今朝の最低気温は4.0℃でした。
このところ3日サイクルで、雨が降り、晴れたり曇ったりしています。
今年の夏の少雨を秋と初冬に取り戻しているかのようですね。


さとの文化祭がおとといの日曜日に、無事終了いたしました。
おかげさまで来館された方々は、約1140人という人数になりました。
子どもたちの絵画・工作・自由研究が476点、他大人の作品が50数点ありました。出展いただいた方々、本当にありがとうございました。


a0123836_18332021.jpg

今日のセンター業務は、その後片付けと作品を返却するためのまとめなおしです。
何回かの繰り返し経験により、どんどん片付けは進みましたが、それでも点数が多くありますので、夕方近くまでかかりました。
リストにあったすべての作品が行方不明にならず、帰るべきところにまとまりなおされたので、ほっと一安心です。


a0123836_18334392.jpg

さとの文化祭の期間と並行して、今年はサフランの花を展示していましたが、
その花も盛りを過ぎて、緑の針状の葉が伸びてきています。

a0123836_18349100.jpg

三本の赤いめしべ(もとはつながっている)が、高級な食材用の香料となる
地中海の乾燥した気候に生えている植物ですが、土も水もないところで、花を咲かせ、葉を出してきたところを目の当りにすると、不思議な感覚でした。

a0123836_18343744.jpg

少し緑の葉を出してきたところなので、そろそろ土に植え付けて養分を蓄えてもらいます。
植物が地面に植わる予定がたつと、なぜか少しほっとした気分になります。



センターの初冬の雑木林は、昨日の強風にあおられて葉を落とした木々も増えました。
a0123836_1835554.jpg

右のエノキは葉を皆落とし、左のクヌギは黄色から茶色が増えてきました。

a0123836_18353045.jpg

万木堰対岸の林の黄色い「黄葉」は、終わりが近づいてきている模様です。
この正面の落葉樹アカメガシワは、細い枝ばかりが目立つようになってきました。


一方、水面には、カモたちの数が少しずつ増えてきています。

a0123836_18355631.jpg

夕暮れの空には、ネムノキの種がぶら下がっています。

a0123836_18362536.jpg

ススキの穂ですが、ふわふわとあたたか気です。
この景色、今夜は帰ったら暖かいお鍋でも、、、という気分になりますね。
by isumi-sato | 2012-11-27 18:40 | センターこぼれ話

11月の最終日曜日

あと1週間もしないで、いよいよ12月。
そんな日曜日の朝は冷え込みました。センターの最低気温は1℃。霜が降りてあちらこちらで白くなっていました。

a0123836_158147.jpg
万木城公園から見える富士山も、いつの間にか白い頂きです。

a0123836_158126.jpg
今日は朝から天気も良く快晴、ベンチではトンボが日向ぼっこ。でも飛び立つ姿はさすがに弱弱しい・・

今日は「さとの文化祭」の最終日。

a0123836_15152814.jpg
自分のお子さんの、あるいはお孫さんの作品が展示されているようで、熱心にご覧になっています。

a0123836_1515757.jpg
時間があれば中庭に出て自然観察。
季節の展示でオギとススキの違いを解説してあります。読んだ後での実地検証でしょうか。

そんな中、この時期にできる作業として園内にある樹木の剪定作業も行いました。
相手は梅の木です。とげが太いので思わず「イタ!」。枝を整理してやらないと、枝振りがすごいことになるんですね。梅は何本もあるので大変です。

万木堰には冬鳥ものんびりと
a0123836_158953.jpg
マガモが結構、来ています。
他にも冬鳥では
a0123836_158734.jpg
ツグミ

a0123836_158318.jpg
カシラダカ
も来ているよ、と先日来館されたバードウォッチングの方が写真を3枚置いて行ってくれました。

明日は休館日、火曜日からのご来館をお待ちしています。
by isumi-sato | 2012-11-25 15:40 | 館内展示

雨のち晴れの一日でした。

昨日の夕方の天気予報を裏切り、朝から雨が降っていたセンターです。
せっかくの土曜日が~と、頭を抱えてしまいましたが、午後になると太陽もやっと顔を出しました。


雨上がりのセンター周辺を巡回してきました。
a0123836_17113850.jpg

まだ地面や木々が濡れた状態でしたので、風が吹くと冷たくて冷たくて…林道の日陰はそろそろ厚手の上着が欲しいです。
イヌタデも風に吹かれていました。
やさしい色です。

イヌタデを撮影しようと一歩前に出ると、サッと横切る茶色い猛禽類が。
多分フクロウだと思うのですが、一瞬、しかも後ろ姿だったので断定はできません。
ただ、日中でもこの道でフクロウに数回遭遇しているので、可能性は大です。
やっと晴れたから出てきたのでしょうか。

その後、辺りを見回しても姿は確認できませんでした。
変わりにこちらのきれいな紫を発見。
a0123836_1717491.jpg

ムラサキシキブの果実です。
この実を鳥が好むという事で、小鳥が来ないかな~と待っていたのですが、今回は訪れませんでした。(寒くって待ちきれなかったのです)

近くにはハゼノキもあり、こちらもたくさん果実がぶら下がっています。
a0123836_17214175.jpg

ヤブの中では鳥の声が盛んに聞こえているのに、どうして、表に出てきてくれないの~。
じっくり粘ればこちらも観察ポイントになるのでしょうか。
ハゼノキは紅葉もして、秋には素敵な景色を楽しませてくれます。

そんな、鳥、鳥、探していたら、姿を現してくれた鳥さんが1羽。
a0123836_17262459.jpg

こんなに小さいと分からないよー!と言う声が聞こえてきそうですが・・・。
田んぼの側の電信柱にとまっておりました。
首から上がずいぶん白く、ノスリの若鳥かな?と判断しました。
写真では分かり辛いですが、身体もなんだかスマートでは無く、羽がぼわぼわっとしていました。
田んぼから、ひらりと電信柱のてっぺんに移り、そのまま山に飛んでいきました。
もっと近くで観察したいものです。


明日こそ、朝から好い天気!の予定。
さとの文化祭も最終日です。
皆さんのご来館、お待ちしております。
by isumi-sato | 2012-11-24 17:34 | しょくぶつ

さとの文化祭もあと2日です

せっかくの祝日に、朝から雨が降りやまなかったセンターです。
a0123836_1793312.jpg

時折激しくもなりつつ、しとしとしと…文化祭開催をこの祝日に合わせて設定したのに、残念です。
とはいえ、文化祭の鑑賞に多くの方が訪れてくれました。
文化祭も残すところあと2日。
明日からはお天気は回復するようなので、ぜひご来館下さい。
おまちしております。


今日は雨だったため、一日事務仕事にスタッフ一同勤しみました。
文化祭の賞状作りや記念品の仕分け等々…開催後も仕事はたっくさんあります。
まじめに事務仕事に励むと、ブログはすっかり華やぐ話題も無く・・・昨日の話題をご紹介。
a0123836_1715107.jpg

結局曇天の写真ですが、昨日畑に大麦の種をまきました。
ここ4年の間では初めて栽培する作物です。
a0123836_17161475.jpg

無事収穫までたどり着けたら、煎って麦茶を楽しもうと思います。
スタッフの一人は、小学生時代農作業休校があって、稲作はもちろん麦まき、麦収穫の時期にも学校が休みになったものだと、言っております。
行き当たりばったりで、種を入手したので経験者がいてホッと一安心です。

芽が出てある程度育ったら、麦踏が待っています。
麦は踏んでこそ生長するそうですね。
先の話になりますが、麦踏要員募集しますので、麦踏みに来て下さ~い。
by isumi-sato | 2012-11-23 17:39 | センターこぼれ話

小学校の校外学習がありました

本日は、小学1,2年生の校外学習がありました。
テーマは、焼イモと秋探しでした。
朝方、ザッと一瞬激しい雨が降り、これは焼イモが出来ないかも!と、かなり焦りましたが、小学生の皆さんが来るころには雨も止み、なんとか焼いもを焼き上げることができました。

焼イモはいつもの燻炭焼きで作るため、燻炭の準備ができるまで時間、自然観察に向かいました。
a0123836_17234464.jpg

クヌギやコナラのどんぐりを拾ったり、椿の種を拾ったりしました。
紅葉や黄葉を発見し、秋の実を見つけ、秋探しを楽しみました。
a0123836_17272878.jpg

少々燻炭の状態が早かったのですが、次の場所への出発時間が決まっていたので、イモ投入。
皆さんが学校の畑で育てたサツマイモだそうです。
センターの畑と違って、砂地の畑で栽培されたサツマイモなため、すらりとした形でちょっとうらやましかったです。
a0123836_17304518.jpg

イモを入れたら、皆で「美味しくなぁ~れ!」とお願い。
さて、美味しくなるでしょうか。

イモが焼きあがるまでの間、さとの文化祭の鑑賞をしました。
a0123836_17333244.jpg

自分の絵があった、友達の絵があった、自分の自由研究が金賞(最優秀賞)だった!と、大はしゃぎ。
文化祭も楽しんでもらえたようです。
鑑賞の後は、先ほどとは別の道で自然観察の続きを行いました。
a0123836_17361813.jpg

春にも来館した小学校だったので、春と今はどこが違うか…をポイントにして観察しました。
蓮田も葉が青々してた頃から、すっかり葉が落ちた現在に驚いていました。

自然観察の後は、お待ちかねの焼イモです。
a0123836_1742855.jpg

自然観察で外を巡るには寒いお天気だったので、おイモ、おイモと、大人気です。
a0123836_17424740.jpg

ほっくり美味しく焼けました。
皆で食べて「温かくて美味しい~!」と大満足だったようです。
今年の1年生はまた来年の5月に、2年生となって来館予定です。
また会えることを楽しみにしています。
by isumi-sato | 2012-11-22 17:48 | グループ・学校利用

息が白くなるころ。

午後林道を歩いていると、はく息が白くなりました。
もうそんな時期なのですね。
a0123836_17111151.jpg

日向には残りわずかな時間を過ごすアキアカネ。
アキアカネは暑さに弱い分、11月下旬でもその姿をみることができます。
変わりに、めっきり翅の先に色のついたノシメトンボやコノシメトンボの姿は見かけなくなりました。

万木堰のそばでは、センダンの実がたわわに実っていました。
a0123836_17191186.jpg

例年ですと、ヒヨドリがよくこの樹に集まっていましたが、今日はジョウビタキのメスがこの枝で鳴いていました。
気が付いた時にはサッと飛んで行ってしまいました。
姿は見えないのですが、ヤブの中からツグミらしき声も聞こえてきました。
日本に来たてのころはガードが堅いです。
a0123836_17215681.jpg

先日、野鳥観察をしている人から、今年は小鳥の当たり年だよと教えていただきました。
センターでも、マヒワの群れが観察でき、ウソが鳴いているよ~と・・・教えていただき、耳を澄ましたもののウソの声は分かりませんでした。
他には、最近センター上空をハイタカが飛翔しているようで、目撃情報が数件寄せられています。
野鳥観察が楽しい時期がやってきましたね。

湿性生態園の木道デッキには、少し変わった物が落ちていました。
a0123836_17412087.jpg

目立つのはアメリカザリガニらしきハサミと、小さな足がたくさん。
これは以前にも紹介しましたが、「ペリット」とよばれる、鳥が食べたものの中で消化できない物をまとめて吐き戻したものです。
この場所でよく目撃される鳥、ペリットの内容物から考えると、アオサギの物だと思います。
こんなにアメリカザリガニが好きなのね。
アメリカザリガニとウシガエルだったら、いくらでも食べてもらって構いませんね。

寒くなって、冬野菜もすくすく育っています。
ただ、カブがちょっと込み過ぎかなぁ。
a0123836_1748524.jpg

少しはおろ抜いた(間引き)のですが、まだまだ間引かないと。
誰か、おろ抜きのお手伝いに来てくれませんか~。
抜いたこかぶは、葉っぱも食べられるし、カブの部分もサラダで食べられるぐらいは大きく育っていますよ。
お待ちしておりま~す。
by isumi-sato | 2012-11-21 17:51 | しょくぶつ

野菜栽培の大敵は

今朝のセンター最低気温は2℃、この秋一番の寒さです。
さすがにセンターに出勤した時に氷を観察することはできませんでしたが、朝マイカーへ乗ろうとしたらフロントガラスに氷が・・、今シーズン初めてです。

a0123836_1442759.jpg
出勤してみると中庭のベンチから水蒸気が上がっています。お日さまの力はすごいですね。

a0123836_1443064.jpg
昆虫広場の倒してあった草にはうっすらと霜が残っています。


a0123836_16113618.jpg
センター内の畑には今、からし菜、キャベツ、ブロッコリー等の冬野菜が順調に生育しています。これからの大敵は動物による被害が心配であります。被害に遭遇しないことを願うものです。


a0123836_16115031.jpg
イノシシからの被害対策としての防護柵の設置・その効果は ?


a0123836_1612031.jpg
遊歩道にモグラ塚の盛り土
モグラは、前進するときは前肢で土を掘り、後方の背中の上に送り、体で上方に押し上げる。モグラ塚の盛土は、このようにしてできるそうです。ミミズ,ダンゴムシ、かたつむりや昆虫などを食べので、食性から見ると益獣ですがトンネルをつくるために苗床を荒らすなど、農園では大敵な動物となっています。センターでも中庭などはモグラ塚が毎年たくさんできて、その後始末がたいへんです。

〓おまけ〓
a0123836_15301794.jpg
先日たてた看板、ハチ注意。

今日、様子を見に行ったら・・・
a0123836_15301436.jpg
やはり、まだ飛んでいます。結構活発でした。
当分はこの区間、近づかないでくださいね。
by isumi-sato | 2012-11-20 17:06 |