千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

小学生来館―第5弾、6弾―

関東地方は5月27日に梅雨に入ったとのことです。台風による降水量はセンターでは累計102mmになりました。雨が上がりましたが、5月31日は北風が強く吹き、気温は、13℃、大変寒い5月最後の一日です。

先日のブログ見出し、「小学生来館―第3弾―」では、二つの小学校が来館されましたので、実は第3弾、第4弾でした。

本日の第5弾の小学校は、3年生の市内社会見学で滞在時間60分の予定でした。
a0123836_18544275.jpg

ザリガニ釣りをメインに楽しみつつ、
a0123836_18545676.jpg
a0123836_18551867.jpg


後半に社会科の内容として、センターの設立目的、施設の概要、来館者はどこから来るかなどの質問があり、
a0123836_18553291.jpg


センター周辺の地形や土地利用についてジオラマ模型を見ながら勉強していきました。60分の中で盛りだくさんの中身でした。

気温が低く寒かったのでザリガニの動きは鈍く、エサへの食い付きはいまひとつと思われましたが、それでも13匹という「釣果」を残して、次の目的地へと出発して行きました。


第6弾の小学校は、1,2年生で生活科です。第5弾にやや遅れて来館しました。
a0123836_1856252.jpg

第5弾の小学校とはじめの時間が重なっていたので、まずは、草花遊びということで、和室で笹舟を作りました。
a0123836_18562512.jpg

笹の細工は、子どもたちにとっては楽しい工作となりました。
a0123836_1856423.jpg

完成後、水路に出て実際に水に浮かべて流してみました。雨の後で水路は増水して水の流れが速くて風が強かったため、笹舟はぐるぐる回りました。
a0123836_18573563.jpg

「わぁーー。転覆する―!!!。」


その後、表に出てザリガニ釣りです。寒い風の中、60分程釣りを楽しみました。小さなこどもたちにとっては、ザリガニ釣りはとても良いトレーニングになります。生きもののいそうな場所を見つけて、じっとエサを見ながらザリガニの動きを見極めて、頃合いを見計らって、ゆっくりと釣り上げる。じっと待つこと、よく観察すること、ゆっくり動くことなど、生きたザリガニが教えてくれます。寒――い中での釣果は、5匹でした。

その後は、再び屋内、工作室に入って竹トンボづくりにチャレンジしました。
a0123836_18591216.jpg

材料の竹にキリで穴を開けて、中央の幅を狭く加工した後、火であぶり羽にひねりをつけます。
a0123836_18595463.jpg

穴に竹串を通して接着、試しに飛ばしてバランスを調整しました。
a0123836_19088.jpg


みんな、両手をこすり合わせて竹トンボをうまく回すことができるようになりました。
加工の待ち時間の合間をぬって、お手玉でのトス遊びも行いました。

お昼を食べた後、大きな声でお礼の挨拶をし、本日後半の次の目的地へと出発していきました。

また、遊びに来てくださいねーーー。
by isumi-sato | 2011-05-31 19:00 | グループ・学校利用

本日も雨

本日も天気予報通り雨の一日です。
台風の影響の雨ですが、風は現在のところ微風で助かっています。
そんな雨でも元気さぴか一なのは、やはりオオヨシキリです。
a0123836_16331437.jpg

雨の中、朝からギョギョシ、ギョギョシと鳴いています。
と、撮影してから気づいたのですが、昨日出勤の職員もオオヨシキリの話題でした。
いやはや、雨の中外に出ないで撮影出来る目立った存在なものですから、ついつい話題が重なってしまいます。

オオヨシキリはセンターに来たばかりの頃は、竹林で姿を見せず鳴いているのですが、しばらく経つとあちこち顔を出して囀るようになり、ここ数日は写真のシイの木(百葉箱の裏)で鳴いている姿が見られます。
まだつがいにはなっていないと思われますので、叫びの内容は「お嫁さん募集中~募集中~」といったところでしょうか。


お昼には、また昨日と同じデイケアセンターの方達がいらして、雨音しかしないセンターに楽しそうな声が響きました。
はてさて、これではまるで同じ内容になってしまいますので、違う話題をひとつ。
センターの雑木林で以前、ウスタビガのマユを見つけました。(こちら
それを知ったウスタビガファンの人に、5月の始めにまたお会いしたのですが、ウスタビガの幼虫は活動を始めましたか?とそれはもう嬉しそうに聞かれまして…それから精一杯探してはみたものの未だ発見できていません。
かわりにと言ってはなんですが、ヤママユの幼虫を見つけました。
a0123836_1714596.jpg

おしいっ!ウスタビガもヤママユもどちらもヤママユガ科のガで、手持ちの図鑑ではウスタビガの次がヤママユになっています。
「天蚕-てんさん-」とも呼ばれ、緑色の繭を作り出し、家蚕のカイコの対義語として野蚕(やさん)と呼ばれたりもします。
ヤママユの絹糸は、通常のカイコから得られる絹糸と比較して光沢に優れ、伸度が大きく、織物にした場合丈夫でシワになりにくく、暖かく、手触りが良いそうです。
その希少価値と併せて「繊維のダイヤモンド」と喩えられることもあるとか…。

ちなみに、この野蚕は絹糸を生成する、ウスタビガ、クワコなども含まれます。
クワコの存在も確認(こちら)されていますし、野蚕三兄弟全てがセンター周辺で生活しているようですね。
a0123836_17143445.jpg

脱皮した皮を食べる個体。
4回脱皮をした後マユを作るそうなのですが、センター周辺でマユを見つけたことはありません。
今年は何とかしてマユを見たいなと、少々方法を考え中です。
そして、ウスタビガじゃなくてヤママユでは駄目かしら?駄目なんだろうな…と、まだウロウロとウスタビガの幼虫を探しています。


明日も雨が続く予報です。
とは言え明日は休館日。
火曜日から穏やかなお天気になるそうなので、センターとしては火曜日からのお天気に期待です。
ご来館、お待ちしております。
by isumi-sato | 2011-05-29 17:28 | いきもの

台風前のセンター

27日、関東地方は平年より12日早い梅雨いりとなりました。センターは、朝から雨模様で予定の行事も中止となりうらめしい1日となりました。そんな中、近くの介護施設の入所者13名の方々がお出でになりました。歓迎の一言です。みなさんは、昼食を食べた後、館内を見学し帰りました。明日も20名程度がおじゃましますと言っておりましたが、熱烈の歓迎です。
a0123836_1736415.jpg

雨量は0時から16時30分まで15ミリ程度、風速は1mから2mで静かですが、ギシギシギャギャと雨の中うるさいのがいます。それは、オオヨシキリです。元気が一番です。
a0123836_17351185.jpg

by isumi-sato | 2011-05-28 17:37 | センターこぼれ話

開催間近の行事案内

6月開催の行事予定です。


----------------------------------------------------------------------
●岩船で磯のいきもの観察をしよう
4日(土)9:30~12:30 定員20名 雨天中止 
<磯にはどんないきものがいるかな?観察しよう!>
場所:千葉県いすみ環境と文化のさとセンター集合後、いすみ市岩船の磯へ移動
持物:飲物、水の中で履く靴(サンダルや長靴、かかとの出ている靴は不可)


●ホタルの里でホタルを見よう
5日(日)18:30~20:00 定員20名 雨天中止 ※ホタルの発生状況により日程変更有
<ゲンジボタルの集団発光を、山田・ホタルの里で観察しよう!>
持物:特になし


●センター内小川でのホタル観察 ① ②
11日(土)・12日(日)19:15~20:00 定員20名 雨天中止
<ゲンジボタルが今年もセンターの小川で見られるかな?>
持物:特になし
----------------------------------------------------------------------


4日開催予定の「岩船で磯のいきものを観察しよう」のみ、キャンセル待ちとなっております。
他行事は、参加者大募集中なので、御参加お待ちしております。
詳しい申込方法等は、こちらから。
by isumi-sato | 2011-05-28 10:14 | 行事予定

行事中止のお知らせ


5月28日開催予定

「太東の岬で海辺の自然を観察しよう」

上記行事は、雨天のため中止となりました。



今年は雨に祟られてばかりいます。残念です。
申し込んでいただいた方には、またの機会にご参加お待ちしております。
by isumi-sato | 2011-05-28 09:59 | おしらせ

小学校来館-第3弾-

お天気が危ぶまれる中、本日も元気に小学生が来館しました。
a0123836_17563432.jpg

1~2年生の生活科の授業で、ザリガニ釣りとセンターの見学が目的です。


まずは楽しみにしていたザリガニ釣りです。
a0123836_17595190.jpg

竿を立てて、出陣の準備は万端です。
毎年、1~2年生が揃ってやって来るので、去年の1年生が今年の2年生な訳で…去年の釣果を思い出して揚々と出発です。
a0123836_1815732.jpg

水路にずらっと並んで、ザリガニ釣りの開始です。
去年はたくさん釣れたね~なんて、会話をしながらだったのですが、今日は曇天で肌寒く感じるお天気だったためか、ちっとも釣れません。
釣れない…という悲しそうな生徒達の呟きに、職員もハラハラ冷や汗です。
しばらくすると少しは顔をのぞかせるようになったのですが、ザリガニの方が一枚上手。
簡単には釣れません。
a0123836_186448.jpg

釣れそうだ!と思って釣竿を上げても、ピュっと逃げられてしまいます。
今日の釣果は27名で13匹でした。
ちょっと少ない数で残念でしたが、楽しかったと言っていました。


お昼を食べてからは、ガイドウォークという名の「探検」に出かけました。
a0123836_189243.jpg

今聞こえる音は何?といったことや、生態園の観察、館内の見学を行いました。
田んぼにいる生き物は、今は尾っぽの残ったカエル達がピョンピョン飛びまわっていました。
海が目の前にある学校のせいか、田んぼのカエルを見たこと無~いと、みんな興味津津でした。
(知っているヘビの名前は?と聞いたらミズヘビ!(海ヘビのことのようです)と声を揃えて堪えられました。カルチャーショック!)


プログラムが終わって、まとめの挨拶を始めた途端、雨がポツポツ降り出してきました。
運が良かった~と皆さん大喜びで、帰っていきました。
職員もホッと胸を撫で下ろした次第です。
次は、秋に学校で育てたサツマイモを持って焼いもをしにやってきます。
秋も楽しみに待っていま~す。
by isumi-sato | 2011-05-27 18:20 | グループ・学校利用

何が起きたのか…

今朝、例のコゲラの巣を双眼鏡で観察すると、事件の跡が残されていました。
a0123836_17162088.jpg

巣穴の入り口からまるで裂けたような跡…何事でしょうか?
数日前は、このような微笑ましい光景が観察できたのですが…
a0123836_17293125.jpg

親鳥の姿も見えず、何の音も聞こえなくなってしまいました。
何が起きたのか詳細は分かりませんが、とても残念です。


そして、先日草刈したばかりの湿性生態園ではイノシシが大暴れ。
a0123836_17333159.jpg

青丸で囲われた中の、色が変わっている部分が掘られた跡です。
草刈した場所を狙ってやってきます。
写真に収まっていない部分もほじくり返して、やりたい放題。
草刈の後には美味しい獲物がいるのでしょうね~。


少しは明るいできごととして、万木堰では、ホソミオツネントンボのカップルを発見。
a0123836_17465698.jpg

昨年は5月9日にセンターの水田で産卵が観察できたのですが、今年は姿が見えませんでした。
センターから少し離れた場所では、4月24日には既に産卵を確認できたので、今年はどうしたのかなと思っておりました(単純に見逃していただけという線も捨てきれませんが)。

写真のようにトンボが繋がっている状態を見て、トンボの交尾だと思う人もいるかもしれませんが、この状態は「おつながり」と呼ばれるもので、交尾前か交尾後の状態です。
トンボの交尾の姿は、なんと驚きのハート型なのですが、その写真はまだ手元にございませんで、ご紹介はまたの機会に持ちこさせていただきます。


今日の話題のオマケとして、タイトル「何故そこにいるの?」をご紹介。
a0123836_1754265.jpg

昨年シジュウカラ子育てした巣箱のあるエノキ(コゲラがいた樹とは別です)。
今年はどうかなと巣箱を双眼鏡で覗いたら~
a0123836_1810272.jpg

巣箱の入口にニホンアマガエル。
なんでそこ行っちゃったのですかね。
しかし、さすが「Tree Frog-ツリーフロッグ-」の名は伊達じゃないようです。
樹上での生活はお任せっということでしょうか?


明日からしばらく雨が続く天気予報です。
そろそろ梅雨入りですね。
by isumi-sato | 2011-05-25 17:58 | いきもの

田んぼに生きものがふえて、イネが生長しています

5月24日、雨、四月上旬並みの12.13℃の低い気温で、寒さを感じるセンターです。

昼過ぎに、雨は上がりました。今回の雨は午前零時ごろから降り始め、25mmの降雨量がありました。
a0123836_173891.jpg

a0123836_17384865.jpg

5月1日に田植えをしたイネは、順調に成長しているようで、約17cm程の高さになり、分けつも進んでいます。


センターの田んぼでは、水が抜けて水位が下がっているということが今年もすでに三度ほどありました。職員はその都度クワを担いで田んぼの周りをまわり、漏れている個所を見つけては、クロの補修をしています。
a0123836_17392830.jpg

たいていの場合、犯人は「アメリカザリガニ」です。クロを走るモグラの場合もあります。

a0123836_17402434.jpg

田んぼの中は、生きものたちがいろいろ増えています。アメンボ類、オタマジャクシ、ニホンアマガエル、ニホンアカガエル、コオイムシなどの水生昆虫、タニシ類、ザリガニ、ヒル類、他に小さく動く原生動物などなどです。イチョウウキゴケも少しずつ大きくなってきました。
やがてトンボの姿を見る機会も増えてくると思います。

a0123836_17405356.jpg

歩くと、足音で逃げていく生きものたちがいます。
田んぼにたたずんで、静かにじっと眺めてみることも楽しいですよ。
by isumi-sato | 2011-05-24 17:46 | 田んぼ

快晴のち豪雨

本日のセンター、朝は快晴でしたが15時頃からにわかに空が曇り、ただ今豪雨に見舞われています。
a0123836_17145159.jpg

朝出勤すると、田んぼの水が蒸発かザリガニのせいか、ともかく足りない状態だったので水を入れました。
お昼過ぎてからやっと一番上の田んぼに水が入ったと、いっていたらこの雨で3枚ともすっかり満水です。
何時間もかけて水を入れていたのに、ひと雨ざっとで満ち足りてしまう…自然の力は強大です。
a0123836_17181519.jpg

センターの稲は現在のところ順調に生育しています。
これから分けつの時期、水が大切な時です。
適度な雨は、万歳三唱大歓迎です。


話変わって、本日のセンターは大賑わいでした。
デイキャンプ場の利用が2組あったのですが、40名利用と10名利用で2組だけでも50名。
その多くが子どもですから、職員はてんてこ舞い!(ザリガニ釣りたい、ザリガニ釣れない、ネイチャーコレクションしたい、あれが無い、これが欲しい…などなど)
そんな中、もちろん一般の来館者の方もおりますし、今日はセンターの近くにある文化会館で大きなイベントがありましたので、迷子(迷い大人?)の方達がやってきます。
文化会館で何かイベントがあると、たいてい間違って来てしまう方がいますので、その方達への道案内もして、久しぶりに本気で目が回る忙しさだった…と現在職員一同脱力中です。
雨が降り出してから、まるで蜘蛛の子を散らすように帰っていきましたが、楽しい一日をすごせたでしょうか?
きっと今夜、あの子たちはよく眠れるでしょうね~。
by isumi-sato | 2011-05-22 17:30 | センターこぼれ話

フォトクラブ四季彩5月のページ

さとの記録を更新いたしました。

・フォトクラブ四季彩 5月


フォトクラブ四季彩さんの5月のページを更新いたしました。
初夏の風景を切り取った、爽やかな写真が揃っております。
いつもの通り、センター内にも展示しておりますので、ぜひご覧下さい。
by isumi-sato | 2011-05-22 11:02 | おしらせ