千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

晩秋のセンターで自然観察をしよう 開催

本日、晩秋のセンターで自然観察をしようを開催いたしました。
参加者は大人3名でした。


a0123836_14264240.jpg

挨拶をした後、早速出てきたのが“ヤナギタデ”です。
名前を聞いてピンとくる方もいらっしゃると思いますが、これを皆で齧ってみました。
味はピリリというか、ツンというか、中々刺激の強い辛さです。
この辛みは古くから食用に使われているもので、ことわざ「蓼食うう虫も好き好き」の蓼(タデ)はこのことを指します。
美味しい辛さに私には感じましたが、やはりここは好き好きなようです。
そんな、視覚以外も使って観察した後は、万木堰方向に向かって出発しました。


a0123836_15111928.jpg

センター内の水路に生える湿性植物を観察し、ツバキの実を観察しました。
a0123836_15122188.jpg

今の時期ツバキの実もはじけ、3つに割れています。
ツバキとチャの木は同じ仲間で、実も同じような形で3つに割れます。
その3つに割れるところから、地図記号のお茶畑は3つの点でできているのです…といった話には、皆さん新しい発見だったようです。(詳しくは、チャの木の実の形を家紋にしていたお茶屋さんから)


続いて雑木林の中で、クリ・コナラ・クヌギという似た樹木の観察。
a0123836_14345083.jpg

ちょうどうまいことその3種類が隣接して植えられていたので、見比べながら「手触りが~」「形が~」「葉脈が~」と言いながら観察を続けました。
葉だけ見ても分からないと思ってしまいますが、葉だけみても分かるのです。(目が慣れると)
他にも樹木には雌木・雄木があって、同じ種であっても実をつける木とつけない木があるといったことを観察しました。
センターでこれまたうまいこと隣接して植えられている、クロガネモチは大変分かりやす例となりました。


万木堰の水鳥を眺めて小休止した後は、そのまま湿性生態園までの道の斜面を観察しました。
ここでは、紅葉する葉を探して、ハゼノキ・アカメガシワの葉を観察しました。
a0123836_1534769.jpg

今の時期ハゼには実が鈴なりで、和ロウソクに使われてる原料のひとつのハゼ蝋はハゼの実から作られたといった話も聞けて、落ちている実を拾ってじっくり観察もできました。


斜面の観察を始めてすぐ、タイムアップとなりました。
じっくり興味の向くまま観察をしていたため、当初の目的地まで辿りつきませんでした…観察会ではよくあることだったりしますが。
2時間かけて、直線距離で400m程度しか進めませんでしたが、楽しんでいただけたようです。
観察会は、じっくり見たい人と、多くの種を楽しみたい人に分かれるため、その塩梅が難しいのですが今回の会はじっくり見たい人には、より楽しめる会になったようです。


次回の観察会は、来年3月28日に開催予定です。
晩秋に続き、早春のさとの自然を観察します。
次はどんな植物に出会えるでしょうか?職員も大変楽しみです。
皆さまのご参加も職員一同お待ちしております。
by isumi-sato | 2009-11-28 16:06 | 行事報告

晩秋のセンターで自然観察をしよう

a0123836_18134058.jpg

ブログでの告知が大変遅くなってしまいましたが、明日28日自然観察行事

「晩秋のセンターで自然観察をしよう」

を開催いたします。どなたでもご参加いただけます。
参加希望の方は、9:50までにネイチャーセンターへ御来館下さい。


学習会ではなく、秋の野山をゆったり歩きながら自然を見るような行事にしようと考えております。
明日は、自然の“苦いもの”と“甘いもの”にも出会えるかもしれません。
ハイキングがてらにぜひいらして下さい。
職員一同お待ちしております。
by isumi-sato | 2009-11-27 18:14 | 行事予定

冬だなーと思う瞬間

さとの文化祭も終わり、ちょっぴり気の抜けているネイチャーセンターです。
今日は朝のうちは雨降りでしたが、10時くらいからカラッと晴れました。


そんな中、次回発行のさとのかぜに載せる記事の取材に行きました。
取材相手は昆虫広場・デイキャンプ場などなど…
中々取材拒否のいきもの達が多くて、予想していた冬越し昆虫達には出会えませんでした(腕の問題だという説が大)。
唯一出会えた昆虫がこれ↓
a0123836_1702218.jpg

子どもに大人気!ミノムシです。
遠目に見てオオミノガではないかと思います(苦手分野なので自信は50%)。
ミノガはメスに至っては一年中ミノを背負っていますが、葉の無くなった枝にぶら下がっているのを見ると、冬だなーと私は感じます。
なんでも、オオミノガはオオミノガヤドリバエという寄生蜂が日本に来てから、西の方では絶滅寸前まで数を減らしたという話も聞いたことがあるのですが、いすみではどうなのでしょうか。


また、数日前に拾ったミノムシ。
a0123836_1794038.jpg

どうやら風の強い日にぶら下がっていた枝が折れてしまったようです。
センター入口まで飛ばされていました。
とりあえず拾ってしまったのですが、外の枝に括りつけてくるか、館内展示に貢献してもらうか、思案中です。
このミノムシもオオミノガでしょうか?


今回のリベンジにまた晴れた日、冬越し昆虫を探してフィールドを歩きまわることにします!
皆さんもぜひセンターに遊びに来て、一緒に冬越し昆虫を探して下さい。
職員一同お待ちしております。
by isumi-sato | 2009-11-26 17:14 | いきもの

第13回さとの文化祭終了

a0123836_1749227.jpg

17日から開催していたさとの文化祭も本日で終了です。
作品を出展して下さった方、文化祭の観賞に来て下さった方、ありがとうございました。
来年もまた開催する予定なので、ぜひ足をお運びください。
by isumi-sato | 2009-11-23 17:49 | 行事報告

万木堰の水鳥

 万木堰も冬の装いとなってきました。


 現在、水鳥たちは、カルガモが多く見られます。

a0123836_1646633.jpg


カイツブリも、潜っては浮上を繰り返しています。 
そして時折オオバンも、姿を観察できます。全体が黒いのですが、鼻筋が白く目立っている水鳥です。
対岸の樹林の下に、あまり目立たないように泳いでいます。

でも、水鳥たちは、人の姿を見るとつつつーーと、泳いで遠くに離れて行ってしまいます。
餌をくれと寄ってくる奴よりも、はるかに自然に生きている鳥らしくてよいのですが、、、、。
少し、さびしい、、、。

a0123836_16505360.jpg


a0123836_16514772.jpg


ウミウ も、水面に倒れている幹に集まり止まっています。
人の姿を感じると、遠くの水面に飛び立っていってしまいます。
のぞき見用の板塀から、そっと観察いたしましょう。

冬になると、カモ類がさらに増えてきます。
これからの冬の観察の楽しみですね。
by isumi-sato | 2009-11-22 17:01 | いきもの

ソバの収穫

 11月18日、19日、20日の三日間でソバの収穫をしました。
9月3日の種まき後、76~78日後の収穫となり、熟したソバの実は、触るとはじけて地面に落ちるものも少なくありませんでした。 雨がちの天候続きと行事準備のため、数日収穫が遅れてしまいました。数日の違いで、実がはじけてしまいます。教訓です、、、。

a0123836_16164624.jpg

 1日目、2日目は、地際でソバを刈り取り、竿に掛けて干しました。
 3日目は、はじける実が多いため、手で種をしごいて、種だけを収穫しました。

a0123836_16171594.jpg


a0123836_16175224.jpg

 今年は、台風や天候不順の影響で、全国的にソバの収穫率も良くないようですね。センターでも、はじめてのソバの栽培でしたが、収穫量はご覧のとおりです。


a0123836_16182171.jpg

二枚のむしろに広げて乾燥しています。

 茎や葉、小さなゴミを取り除き、唐箕にかけて風選をする予定です。
その後、水洗いしてほこりを取り、再びむしろに広げて乾燥して、玄ソバとなる予定です。さて、何キロの玄ソバが取れるでしょうか?
 そして、製粉の後のソバの味は、いかに、、、、?
by isumi-sato | 2009-11-22 16:24 |

初冬の湿性生態園

 少し前、11月12日「ソバの結実、晩秋の木々の実、、、、」の最後、この葉っぱはなんの木でしょうか? のクイズの写真です。

a0123836_1652938.jpg

答え エノキ  でした。



a0123836_1674049.jpg

センター奥の湿性生態園では、落葉、黄葉が進んでいます。


a0123836_169502.jpg

アカメガシワが、黄葉しています。
ヤナギ類やハンノキは、葉を落してほぼ枝の状態になってきました。


双眼鏡でハンノキの上部を覗くと、果実や垂れ下った枯れ雄花・雌花が観察できます。
草地に面した林には、オレンジ色に熟した実がたくさんつるにぶら下がって見えます。
ご存じ「カラスウリ」ですね。
センターと湿性生態園を結ぶ道のわき、斜面には、フユイチゴがたくさん見受けられます。

 センターでは、双眼鏡を無料でお貸ししています。晴れた日に、散歩がてら、観察歩きに
お出かけください。
by isumi-sato | 2009-11-22 16:13 | しょくぶつ

焼き芋と自然観察

本日は、近隣の小学校の生活科の校外授業がセンターで行われました。
大きな内容は、焼き芋・自然観察・文化祭観賞でした。

まずは自然観察。
センター周辺の自然を、1年生と2年生に分かれて観察しました。


“ 皆で探検! ”


と、雑木林の中を歩いたり、木の実を拾ったりしました。
a0123836_17124062.jpg

皆でドングリを見つけた後、ドングリがどうやって冬を越すのか…なんて、観察もしました。
途中途中で職員が出題したクイズにも、一生懸命答えてくれました。
山の観察をした後は、堰で水鳥の観察。
a0123836_17164574.jpg

初めてフィールドスコープや双眼鏡を覗いて、皆大興奮でした。


当初、探検(自然観察)を終えてから焼き芋を焼く予定でしたが、昨日の雨の影響か火の準備(燻炭)が中々できず、先にお昼を食べてから焼き芋を焼くことに。
この予想外の出来事に、学校の先生とセンター職員は正直、本当に焦りました!
このメインイベントが成立しなかったらどうしようかと…。
a0123836_17211050.jpg

お昼過ぎてからやっと火の準備ができ、無事焼き芋を作ることができました。
a0123836_17253132.jpg

ちゃんと自分たちで濡れ新聞とアルミホイルに包んで、燻炭の中に入れることができました!


時間の関係でおやつに焼き芋…とはいかず、皆お土産として持って帰ることに。
a0123836_17281593.jpg

大事に出来上がった芋を持って、皆は帰って行きました。
1日楽しんでくれたのでしょうか?
それだけが職員の心配ごとですが、皆笑顔で手を振って帰ってくれました。
また来てくれたら、嬉しいな~。
by isumi-sato | 2009-11-20 17:39 | グループ・学校利用

富士山

今朝、ラジオから「今日の富士山はとてもきれい」といった話が聞こえてきました。

千葉県いすみ環境と文化のさとにはいくつかのスッポット施設がありますが、その中に「万木の丘」があります。
ここには展望台があるので、もしかしたらと・・コンパクトデジカメ(600万画素)しか手元になかったのですが・・寄り道してみました。

青空のもと、遠くに富士山の頭の部分が見えました。写真中央よりやや左側です。
a0123836_1121864.jpg


よく分からないので、拡大、トリミング。
a0123836_1133491.jpg


手持ちのデジカメではこれが限度でした。
でも、富士山が見えました。

ちなみに、展望台はこれ。
a0123836_115655.jpg


お城のように見えますね。
万木の丘は「万木城」の跡ということで、お城のような展望台があるのです。

なお、万木の丘一帯は万木城跡郷土環境保全地域に指定されており、豊かな広葉樹林の中に散策路が整備されています。
by isumi-sato | 2009-11-20 11:16 | センターこぼれ話

第13回さとの文化祭開催

雨の始りとなってしまいましたが、本日から第13回さとの文化祭開催です。

a0123836_13141166.jpg


雨の中、盛況とは言えませんが、それでも開館直後に早速いらした方もいました。
a0123836_1573433.jpg

a0123836_1512556.jpg

夷隅郡の小学生の絵画や、工作がメインに飾られていますが、一般の方からの出品で竹細工や、俳句と絵画を合わせた俳画、焼き物、寄せ植えなどが展示されています。
a0123836_1516087.jpg

工作や絵画には手を触れないで観賞して欲しいのですが、自由研究は手にとってじっくりご鑑賞ください。
a0123836_15343710.jpg

どれも力作揃いで、読み始めると充実した内容に、感心しきりです。

開催期間:17日~23日
開催時間:9:00~16:30

となっております。
皆さまの御来館を、職員一同お待ちしております。
by isumi-sato | 2009-11-17 15:33 | 行事予定