人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:畑( 159 )

凍る道

2月7日、曇り。午前9時の気温は1.8℃、今朝の最低気温は-4.0℃でした。今日の最高気温は6.6℃でした。
日本列島全体を覆うように寒気団が南下してこの冬一番の冷え込みとなりました。
朝から一日中ほぼ曇り空が広がっていました。


凍る道_a0123836_16502189.jpg
朝中庭から南の空。白っぽい寒い空です。




凍る道_a0123836_16502154.jpg
雑木林の道も凍てついています。
寒い朝は、見かける野鳥の数も少ないようです。




凍る道_a0123836_16502197.jpg
夏場はザリガニ釣りでにぎわった小水路もご覧の通り。
でももう少しで、例年ですとアカガエルの卵塊が次々に増えていきます。




凍る道_a0123836_16502100.jpg
畑をのぞくと、畝の下、両側が凍って白く続いていました。




凍る道_a0123836_16502175.jpg
しっかりとした力強い霜がありました。



凍る道_a0123836_16502264.jpg
寒さの中で頑張っているように見える大根。




凍る道_a0123836_16502263.jpg
葉を食べられているのは、チンゲンサイ。
食べたのはヒヨドリでしょうか?




凍る道_a0123836_16502235.jpg
夕方、中庭をうろついている野鳥の姿がありました。




凍る道_a0123836_16502162.jpg
最近常連のシメでした。
イネ科の種やエノキの実をひろっては食べているようすです。
しっかり体力をつけて春が来たら、北の国へと無事に帰っていってほしいものです。

ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2020-02-07 16:52 |

穏やかな日の作業

1月11日(土)、今朝の最低気温は3.3℃、午前9時でも7℃には届いていませんでした。
今日の最高気温は13℃、昼間はお日様も顔を出し、風もなく、どちらかといえば暖かな午後でした。

今日は鏡開きの日。といっても鏡台の鏡ではなく、正月にお供えした鏡餅を下げて食べる行事の日です。地方によっては20日だったりするそうです。あなたの家ではどうしていますか? 我が家はスーパーで買った小さな鏡餅なので、しかも真空?パックされているのでカビるわけでもなく、そのまま冷凍庫行き。気が向いたときに焼いてお醤油をつけて食べちゃいます。


話は代わって、今日のセンターでは
穏やかな日の作業_a0123836_13580170.jpg
以前ご紹介した菜の花。ちょっと多すぎかなぁ。


穏やかな日の作業_a0123836_13595031.jpg
こんなに密では息苦しかろうと、間引きを決行。


穏やかな日の作業_a0123836_14043627.jpg
ちょっとは減りましたが、まだ多いかもしれませんね。


穏やかな日の作業_a0123836_14043994.jpg
こちらは何だろう?
赤かぶです。11月の2、3日に種をまいたものです。順調に生育しています。


穏やかな日の作業_a0123836_14053450.jpg
立派に育ってきました。直径は10㎝に近い。これは今月の行事の草木染に使ってみるつもりです。
はたしてうまく色が出るのでしょうか? 初めての挑戦なので色がちゃんと出るか、ちょっと心配です。


穏やかな日の作業_a0123836_14053874.jpg
毎年、虫の被害にあってボロボロになるキャベツ。今年は防虫ネットを張ってみました。今のところは無事なようですね。
でも、イモムシが食べている様子を観察するとか、立派なチョウになるための食物連鎖の一環、なんてことを考えるのもいいかもしれませんね。そのためには犠牲になってくれるキャベツを作るかな。


穏やかな日の作業_a0123836_14054057.jpg
こちらは麦です。今日、麦ふみを行いました。そのあとのようすです。雨で地面がなかなか乾かず、麦ふみのチャンスが巡ってきませんでしたが、今日はなんとかできました。足で踏みつけるのはかわいそう、という人もいるようですが、根の張りが良くなり霜に強くなる(耐寒性が増す)そうです。カニ歩きで踏んでいくのですが、意外と大変な作業なんですよ。


穏やかな日の作業_a0123836_14301159.jpg
田んぼの周りでは相変わらず、の現状です。電柵のワイヤーの下をくぐってくるのか(下はそれほど高くはしていませんけれど)、それとも舗装路を通り駐車場を抜けてくるのか(唯一、電柵のないルート)・・
この田んぼではついに畔がつぶされてしまいました。隣の田もかなりひどい状況、今年の春は畔の作り直しからです。やれやれ・・・


by isumi-sato | 2020-01-11 17:05 |

今日は寒い朝でした

12月8日(日)、今朝は冷え込みました。出勤するときの車のウインドウ、凍結していました。
センターの今朝の最低気温は1.8℃、午前9時でも3.3℃でした。
それでも今日の最高気温は13.4℃、意外と上がりましたね。

いわゆる放射冷却現象、ですね。
今朝のセンターは青空一杯。
今日は寒い朝でした_a0123836_13370364.jpg
こちらは南の空


今日は寒い朝でした_a0123836_13365182.jpg
こちらは東の空
ちょっと寒々した雰囲気もありますね。でも雲一つない快晴。


今日は寒い朝でした_a0123836_13365363.jpg
枕木木道の脇には緑のバンドが二列。
こちらは菜の花(のはず。一部カラシナが混じっているかも、とは担当のことば)の若芽。


今日は寒い朝でした_a0123836_13370164.jpg
今朝はご覧のように霜が降りていました。
春には黄色い花が楽しめるかな・・それともウサギが食べに来るのかな?


今日は寒い朝でした_a0123836_13363945.jpg
万木堰では地元消防団がポンプのテストをしていました。ご苦労様です。
定期的に放水できるかどうかチェックしているそうです。いざ本番、で水が出なかったではすみませんからね。しかし、よく飛びますね。


今日は寒い朝でした_a0123836_13364202.jpg
畑では職員がお手入れ中。
いつも季節の野菜の花や実のなり方を見学できるようにしています。端境期(はざかいき)はありますけどね。
時には収穫した野菜が玄関に並ぶこともありますし、行事で配布してしまうこともあります。


今日は寒い朝でした_a0123836_13364858.jpg
これは週末の餅つき行事で、ボランティアの方が作ってくれる味噌汁の具材に提供します。

他にも赤かぶや大根などを栽培中。
赤かぶは草木染に使う予定(講師リクエストです)ですが、初めての栽培なので担当がちゃんとできるかどうか、プレッシャーがかかって大変そう。
大根の花は来春にお目にかかれます。

ご来館のおりには畑まで足を延ばして、この野菜はどんな花が咲くのかな、どんな実のなり方をするのかな、と観察するのも楽しいですよ。


by isumi-sato | 2019-12-08 17:15 |

はれ☀ときどき☂あめ

8月14日(水)くもり。午前9時の気温は28.8℃、湿度は89%です。夏の天気も変わりやすい?今日は、ザーッと雨が降ったかと思えば、カラッと晴れたり、とても目まぐるしい天気でした。今日の最高気温は31.3℃でした。




はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_15513937.png
(画像:気象庁 2019.8.14 15:20)
超大型の台風10号が気になります。激しい雨と風、高波や落雷など、厳重な警戒が必要みたいですね💦。「早め早めの避難、安全確保をお願いします。」by気象庁




はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_15515020.jpg
千葉県いすみ市の空模様は、雲の合間に青空がのぞいている、そんな天気です。ネイチャーセンターでは今日も、ザリガニ釣りを楽しむ家族連れでにぎわっています。




はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_16591992.jpg
11時過ぎに、強い雨が一時的に降りました。天気予報の通り、とおり雨です。
外で遊んでいたみなさんは雨宿り、


はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_16592383.jpg
または一時館内へと非難。
こんな時間は、すかさずネイチャーコレクション(生きものをかたどった白い粘土)に色を塗る遊びです。


はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_15523517.jpg
おや?外を見ると、ギラギラ太陽が照っています。ずぶ濡れになった服も、あっという間に乾いていきます♪ 畑のなすびも喜んでいるよう(#^.^#)





はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_15530523.jpg
サトイモや落花生などの作物が、恵みの雨と強い日差し両方を受けて、青く輝いています。




はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_15531556.jpg
落花生の葉の上に、ヤマトシジミがとまっています。細長い口吻(こうふん)で、雨粒を飲んでいます。ごくっごくっ…と音が聞こえてくるようです。




はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_15532868.jpg
この涼しげな花は、ワタの花です。綿は白いから白花なのかと思いきや、ピンクの花も咲いています。紅白でおめでたい気持ちになります。





はれ☀ときどき☂あめ_a0123836_15535571.jpg

夏休みは続きます。明日も、ご来館をお待ちしております!


by isumi-sato | 2019-08-14 17:31 |

今日の畑は・・どんなようすかな?

6月8日(土)、午前9時の気温は20.2℃、最低気温は18.9℃。昨日から降り続いた雨は累積で37.5mm。今朝も小雨模様で、梅雨らしい??朝を迎えました。

今年の梅雨入り、45年ぶりという珍しいパターンだそうです。梅雨前線が北上して梅雨に入ったわけではなく(その証拠に、西は梅雨入りせず。関東、東海、北陸や東北南部が梅雨入り)、オホーツク海の高気圧のせいだとか。

こんな日はあまり作業もできないので、今日は現在の畑の様子を紹介します。


トップはこちら。
今日の畑は・・どんなようすかな?_a0123836_14063938.jpg
インゲンです。昨夜からの雨で葉に泥が跳ね上がって着いてしまいました。雨の勢いが強かったようです。畑の担当者いわく、泥が葉につくと病気になりやすいんだよね。
ということで、泥ハネがないように急遽、ワラを敷きました。



次がこちら。
今日の畑は・・どんなようすかな?_a0123836_14064058.jpg
左が成長中のサツマイモ。でも右の穴は苗を植え忘れた???

いえいえ、そんな事はありません。
今日の畑は・・どんなようすかな?_a0123836_14064387.jpg
よく見ると、地面から上でスパッと切られたようです。多分、ウサギによる食害。
全部食べていかなかったところを見ると、それほど美味しくはなかったのかな。以前、ダイズが全滅したことがあります。



今日の畑は・・どんなようすかな?_a0123836_14064507.jpg
こちらは、先月の行事で植え付けしたラッカセイ。順調に生育しています。特筆すべきは畝間に雑草がほとんどど見られないこと。
行事参加の前提として、生育中の雑草取りもお願いします、と伝えました。
参加者の皆さん、よく来られて除草に励んでいただいております。今年は収穫が楽しみですね。



そしてこちらも順調に生育中。
今日の畑は・・どんなようすかな?_a0123836_14071829.jpg
アイです。
久しぶりに栽培しています。
このまま順調に行けば、夏のスペシャルウイークでイベントで使えれば、と思っています。



こちらは・・・
今日の畑は・・どんなようすかな?_a0123836_14072086.jpg
なんだか分かりますか?なんとなく分かりそうですね。
赤い丸の中にいるのはチョウ。モンシロチョウです。
そうなんです。センターでモンシロチョウのイモムシとサナギの様子を観察してもらおうと、意識的に放置した結果のキャベツです。
以前ブログでも紹介しましたよね。
しかし、無残なキャベツとなってしまいました。葉の茎の部分が残っているだけ。よく食べた。
というのも、モンシロチョウは1回の産卵で200個程度産むそうで、しかも南関東あたりでは1年に6世代・・
200の5乗(200^5)で320,000,000,000(3.2×10^11)個体にもなり得る繁殖力。当然、途中で捕食されるからこうは育たないでしょうが、うちのキャベツを見ていると単に「すごいなぁ」。



最後がこちら
今日の畑は・・どんなようすかな?_a0123836_14064729.jpg
なんだか分かりますか?
ナノハナの最終段階ですね。種がたくさんついています。
いくつかは来シーズンのために採種予定。他の作物もね。

みなさんも、普段見慣れない野菜の生育過程を観察してみませんか。


by isumi-sato | 2019-06-08 17:25 |

ムギの脱穀

6月26日(火)今朝9時の気温は25.7℃、朝から夏日でした。

それにしても昨日は暑かった。センターは休館日でしたが、温度計の記録ではどうやら真夏日だったようです。31.3℃を記録していました。私自身は他の場所にいたのですが、車の温度計はアスファルトの照り返しを受けているのか37℃を示していました。

そして今日も最高気温は29.6℃、15時過ぎには26℃台になっていました。少しは風があるのでたすかりました。

ムギの脱穀_a0123836_13455238.jpg
もう、雲は夏のようす。でも梅雨明けは例年7月20日ころ。今年は梅雨入りがほぼ平年だったので、梅雨明けも平年並みかな。いまは夏のシミュレーションでしょうか。


そんな中、今日はムギの脱穀をしました。
米は9月ですが、麦秋は5月。ムギは収穫して軒下に干して乾燥させていました。こちらに来られた方は気づいていた人もいらっしゃるでしょう。

ムギの脱穀_a0123836_13462299.jpg
脱穀前のムギ、小麦です。


ムギの脱穀_a0123836_13462947.jpg
それを足踏み式脱穀機でガタガタと・・・


ムギの脱穀_a0123836_13462640.jpg
いつものスタッフが軽やかに・・・


ムギの脱穀_a0123836_13463149.jpg
脱穀後です。まだ残っているんじゃないの? と言われそうですが、そこはご勘弁を。一連の作業を遠くからご覧になっていた来館者もいらっしゃいました。話を伺うと、「昔は・・」長くなるのでこのへんで。


ムギの脱穀_a0123836_13463739.jpg
ついで唐箕で風選。当然、手回しです。


ムギの脱穀_a0123836_13464083.jpg
前方にゴミが吹き出され、左右の手箕に実が選別されていきます。

で、この先はどうするのか・・・
実はいつも悩んでいます。麦茶にしたこともあるのですが、今一歩、二歩、といった感じで・・・量が少ないので精麦処理に難点があります。粉にして小麦粉でウドンでもつくるか、といった量でもないので。
種で残し、次回用に保存するつもりです。


ムギの脱穀_a0123836_13455598.jpg
今はタマネギを配布しています。ことしは収穫量があったので、継続配布中。午前中だけで1回はけました。午後に追加。
いつか、ここにムギの種が並ぶかもしれませんね(検討中です)。

今週は雨にはならないもよう。
初夏を味わいに散策しませんか。お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-06-26 17:16 |

今日は日曜日

5月20日(日)、午前9時の気温は15.2℃、くもり、涼しい朝です。今朝の最低気温は11.5℃を記録、どちらかといえば冷え込みすぎ・・・と感じてしまったのは私だけでしょうか。風も結構強く吹いていました。


今日は日曜日_a0123836_14491982.jpg
午前中は雲も出ていて風もあり、涼しいなぁ~と思っていたのですが、午後からはお日さまも顔を出し、気がついけば風もなく、行楽日和の天気となりました。



今日は日曜日_a0123836_14491632.jpg
センターでは、午前中ザリガニ釣りに来た子どもたちは「ぼうず」でしたが、午後スタート組はそこそこの成果を挙げていましたよ。
小さなお子さんが多かったので、写真の水路で挑戦していた人が多かったのですが、写真右手奥の池でもそこそこ釣れます。もちろん中央の水路が一番釣れそうなのですが、水面までの距離がちょっとありますかな。


職員は、といえば今日は畑でトマトの支柱立てを行いました。
今日は日曜日_a0123836_15293128.jpg
これはミニトマトです。ツルが成長していくので、絡みつく場所がないとうまくないので支柱を立ててやります。成長してうまく実をつければ良いのですが、なかなか気難しいようで、担当職員は「全くの期待ハズレの年もある」と言っていました。


今日は日曜日_a0123836_15293384.jpg
今は順調のようですね。


いっぽう、こちらは・・??
今日は日曜日_a0123836_15412831.jpg
マルチの穴から葉を出しているのはラッカセイ。
先週13日の行事で、一粒づつ埋めた種が発芽していました。このまま10月まで順調に育つでしょうか。
去年はこのあとウサギくんが食事に来たようで、結構な被害が出てしまいました。
ほかにも雑草に負けた畝もありました。参加したグループは当日のガイダンスで説明したように、雑草取りをお願いしますね。



こちらは昨年11月24日に種まきしたムギ。
今日は日曜日_a0123836_15412591.jpg
色づいてきました。
いわゆる「麦秋」が近づいています。秋という文字がありますが、ムギにとっての「みのりの秋」。流行っている俳句では、夏(初夏?)の季語になるのかな。収穫が終わると梅雨。



今日は日曜日_a0123836_14491456.jpg
そうそう、今日はセンター恒例の「一家族一袋」を実施しました。今回はタマネギ。
全くの不意打ち配布、明日実施などという事前アナウンスは決してしません。
畑のご機嫌(これが一番)とお天気(これが二番)と職員の手のあき具合が合致したとき(これが三番)に実施していますので、運が良ければこの場面に出会えます。三番目の条件が一番厳しいかな。
今日は朝10時にスタートしたのですが、わずか1時間半で予定数に達してしまいました。お昼とか夕方スタートするときもありますよ。
大幅に残ってしまう時もあるのですが、今日はきれいにもらわれていきました。良かった、良かった。


あと3週間もすると梅雨入りの時期を迎えます。
いまが散策にはいい季節、ご来園をお待ちしております。



by isumi-sato | 2018-05-20 17:21 |

春です


3月11日、晴れ。午前九時の気温は8.2℃、今朝の最低気温は2.2℃でした。
ここ数日の寒い日から日中は10℃以上の気温になりました。




春です_a0123836_12021748.jpg
当センター進入路から隣の田んぼと建物を見ています。
田んぼには水が入り、すでに代かきをした田んぼも見かれられるようになりました。



春です_a0123836_12022139.jpg
すぐ近く道沿いには、季節の香り。庭先にジンチョウゲの花が咲いていました。



春です_a0123836_12022424.jpg
路傍には、先日取り上げた小さな青い花がたくさん。朝日を浴びて花を開きはじめています。写真左側がフラサバソウ。右側がオオイヌノフグリ。
葉の形の違い、花の大きさの違いにご注目。



春です_a0123836_12023369.jpg
畑では、畑日和だとさっそく朝から職員が作業を開始しています。
サヤエンドウは、先端がかじられています。ウサギかな? 野鳥かな?
支柱をつけています。



春です_a0123836_12023685.jpg
一方の隣のうねでは、元気そうに作物が育っています。ソラマメです。
こちらは食害にはあっていません。サヤエンドウの方は、軟らかくておいしいようです。




春です_a0123836_12023999.jpg
初冬に植えたナバナは、植える時期が遅かったためと、二月がずいぶんと冷え込んだため、なかなか大きく育っていません。しかし、小さな体の先端に花をつけ始めています。これでは体力が持たないかなと、少し心配です。



春です_a0123836_12024234.jpg
小水路では、暖かさにつられてメダカたちの動きが活発になりました。体も大きくなってきているようです。カエルの卵は全体に泥ぼこりをかぶっていますが、中では少しずつ卵が細胞分裂をくり返してオタマジャクシへと近づいていることでしょう。




春です_a0123836_12024641.jpg
林道沿いのキブシが花を開いてきています。
これをモチーフにかんざしなどができています。生活に取りこまれた日本らしいもののモチーフを春のいろいろに探して歩く自然観察もまた楽し、でしょうか?
ご来館お待ちしております。



ところで、今日は3.11。ここ1週間の報道は多かったですね。まる7年。長かったのか、短かったのか、人それぞれに色々な思いはあるでしょう。

で、センターではどうだったのか。
当日のブログは こちら

あの日、ここでの勤務は2人。当時の話を聞くと、TVに映し出される映像がまるで映画のような印象だった、と。そんな中、市役所との打ち合わせで出かけると、職員のように海に向かう車は少なく(当然、津波警報が出ていたので)内陸に向かう車が目に付いたとのことでした。

そんな中では翌日の行事の電話連絡も思うようにいかず、当日は来た人だけでの開催となったことも、今は懐かしいできごとでしょうね。
また、その後のガソリン不足から、当地でも給油に長い列ができていました。あんな経験は繰り返したくないですね。

過去は繰り返す という言葉がありますが、千葉県では「元禄地震」「関東大震災」を取り上げた防災誌というリープレットが有償頒布行政資料として販売されています。100円台ですので、機会があれば入手されてはいかがでしょうか。


また、インターネットの動画サイトではこんなのもあります。
地震・・多いなぁ・・大きかったなぁ・・・と実感させられますね。


by isumi-sato | 2018-03-11 16:49 |

センターの畑

2月17日午前9時の気温は7.2℃で晴、日差しに春が感じられるようになり、午後2時の気温は13.5℃でした。

センターの畑では、春植え野菜の第一号としてジャガイモの植え付けを行いました。
今年の品種はキタアカリとアンデスレッドとしました。種イモは、大きいものは芽の数が均等になるように切断し、小さいイモは切らずにそのまま植え付けしました。

センターの畑_a0123836_14183051.jpg
写真左がキタアカリで右がアンデスレッドです。

センターの畑_a0123836_1419426.jpg
切断した種イモは、植え付け後の腐敗を防ぐ効果があるとされている「草木灰」をまぶし、日の当たる場所で2時間ほど乾燥させました。

センターの畑_a0123836_14193247.jpg
10日ほど前に元肥(完熟豚フン)と苦土石灰を施した畑に、深さ10㎝程の植え溝を掘りました。

センターの畑_a0123836_1420085.jpg
種イモは植え溝に株間30cmで、雨水などの影響を防ぐため切断面を下に向けて植え付け、覆土して完了です。

今後の管理は、芽が伸びて10㎝ぐらいになったら、1つの種イモから出ている数本の芽を1~2本に芽かきを行います。芽かきをしないと数多く収穫できますが、一つ一つの実が小さくなってしまいます。1~2本にするのが大きなジャガイモを収穫するコツとなります。
また、芽かきと同時に追肥と土寄せを行います。さらに、20~30日後に2回めの追肥と土寄せを行います。土寄せが不十分だと、イモに日光が当たり皮の緑化の原因になります。また、土寄せは、地温・水分を調節して生育を促す重要な作業です。

ジャガイモの収穫のタイミングは花が咲き終わり葉や茎が黄ばみだしたころになります。
順調に生育すれば、6月中旬には収穫を迎えます。 

新ジャガをお楽しみに………。
by isumi-sato | 2018-02-17 16:15 |

今センターの作物は、、、

7月16日(日)午前9時の気温29.2℃、晴れ。本日の最高気温は34.2℃を記録し、昨日の最高気温を3.9℃も上回りました。センターで記録した、この夏の最高気温でもあります。この暑い梅雨の期間、センターの畑での作物の状況をおってみました。


今センターの作物は、、、_a0123836_14445682.jpg
この花は何の作物でしょうか。センター行事の○○収穫体験事業の作物です。


今センターの作物は、、、_a0123836_1450042.jpg
落花生です。行事参加者の皆さん、草取りが済んでない方は草が繁茂していますよ。今後の収穫量にも影響しますので、早めの除去作業は大事です。19日以降、マルチをはがしに来てくださいね(業務連絡でした)。


今センターの作物は、、、_a0123836_1458197.jpg
この黄色の沢山の花は?


今センターの作物は、、、_a0123836_1504154.jpg
ミニトマトでした。簡単に育てられる野菜で、家庭菜園でも人気者です。
ちょっと立派すぎますか?


今センターの作物は、、、_a0123836_15132662.jpg
この紫の花は・・


今センターの作物は、、、_a0123836_15143073.jpg
正解は長茄子です。20cm前後の長さになる細長い茄子です。皮は濃い黒紫色で種が少ないのが特徴です。


今センターの作物は、、、_a0123836_15253973.jpg
サトイモの栽培です。品種は土垂と八頭の2品種で、12月の「もちつきをしよう」行事にできれば利用したいと思っています。乾燥を嫌い、特にこの時期は水分を供給することが重要で、収穫を左右するものです。
でも・・・この空梅雨、困ったものです。

野菜にとっては、一雨欲しいところですが、、、この調子だと週明け早々には梅雨明けでしょうか。野菜たちにはつらい季節です。

今日の最高気温はお昼に出たもよう。暑い日差しを避けて、午後からはザリガニ釣りをする親子連れが目立ちました。

今センターの作物は、、、_a0123836_16130666.jpg
ちょっと周りのキショウブが繁茂していますが・・


今センターの作物は、、、_a0123836_16112806.jpg
見事に釣りあげました。

今センターの作物は、、、_a0123836_16112594.jpg
いつもの水路ではカニ(職員が視認していないけれどモクズガニと思われる)を釣り上げるのに夢中になった人もいたようです。

当地の小学校は20日の終業式が多いようですね。
いよいよ夏休みスタート。
どんな夏休みになるのかな。

自然観察に、散策に、おいでください。

by isumi-sato | 2017-07-16 16:59 |