千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:おしらせ( 161 )

きょうのセンター さとの文化祭&畑では

11月14日午前9時の気温14℃今朝の最低気温は11℃でした。今日から11月23日(土曜日~月曜日・16日休館日)まで第19回 さとの文化祭を開催します。夷隅郡市小学生の絵画工作や一般の方の創作作品を展示してあります。

a0123836_13443693.jpg
作品が展示されている場所の出入り口前です。

a0123836_1345239.jpg
小学生低学年の作品です。何れの作品も力作ですね。

a0123836_13455758.jpg
作品に見入る家族の皆さんです。

a0123836_153249.jpg
いすみ楊枝の皆さんの作品です。日ごろの成果が表れている立派な作品ですね。


              ~  畑では ~

a0123836_14122167.jpg
巡回していたらサフランの花が咲いていましたが良くみると葉が、、、、

a0123836_14225019.jpg
葉を食った痕跡があるのではないですか。
a0123836_14244643.jpg

近くには砂を掘り起こした形跡があり今後が心配ですね。
a0123836_1437837.jpg

近くに糞の山を発見、糞の状況から判断して葉を食い荒らしたのは小動物の野ウサギでは?糞は肥料として利用できますが、、、

a0123836_14255884.jpg
一時的に大雨になりましたが午後からは小雨の気象でした。天候に恵まれますよう願うものです。

明日は日曜日、文化祭2日目でもあります。是非お出かけください。お待ちしています。
by isumi-sato | 2015-11-14 17:00 | おしらせ

秋まき野菜

11月6日、快晴午前9時の気温は14.2℃今朝の最低気温は6.4℃湿度94%の気象条件でした。
今日も昨日同様快晴の一日でした。

a0123836_13205674.jpg

まぶしい限りの一面の青空 

今日は、秋播野菜のソラマメとサヤエンドウの種を播きました。適期にタネを播くこと及び連作を避けることが栽培するうえで重要な事項であります。

●ソラマメの播種
a0123836_13384343.jpg

ソラマメの種 : 種は今年の春自家採種(センター)した種です。
a0123836_13412680.jpg

a0123836_13432484.jpg

延べの長さ63.5m(長さ16.5m3本、14m1本)畝幅70㎝に株間を40㎝の間隔を取り元肥として1本当たり乾燥牛ふんを一輪車1台、化成肥料を適量にほどこしました。種はオハグロ(黒い部分)を下にして浅く覆土しました。

●サヤエンドウの播種
a0123836_1337357.jpg

サヤエンドウの種 : 種は今年の春自家採取した(センター)種です。
長さ14メートル畝幅60cmに株間30㎝の間隔に元肥としてソラマメと同様に乾燥牛ふん、化成肥料を同様にほどこしました。種は一か所に3粒ほど播きました。

種蒔きも終わり、これからは何といっても天候次第です。播いて間もなく長雨が続くと特にソラマメの種は腐食する心配もあり又寒さによる生長が阻害(葉が黒くなる)されることも予想されますが、これからの生長を期待します。
by isumi-sato | 2015-11-06 13:23 | おしらせ

さとのかぜ193号を公開しました

お待たせしました。

本日、さとのかぜ193号を公開しました。
夷隅郡市では公共機関のどこかで印刷物が入手可能です。

センターホームページからもPDFファイルをダウンロードすることが可能です。

ぜひ、ご一読ください。
-----------------------------------
この記事は10月10日午前中までトップに表示させます。
本日の記事はこの下です。
by isumi-sato | 2015-10-10 12:00 | おしらせ

重要なお知らせ

9月23日、秋分の日。昼の長さと夜の長さがほぼ等しい時間になる、というのですが、実感としては7月に比べて随分と昼が短くなってきた(夕方、暗くなるのが早くなった。でも朝は寝ているから分かりません。)といところでしょうか。
今朝のセンターは快晴でスタート。気温は20℃、でも最低気温は13.5℃と随分と涼しくなった気がします。暑さ寒さも彼岸まで、とはよく言ったものですね。

ここで重大なお知らせです。
今月の27日に予定していた「いも掘り・焼きいもにチャレンジ」中止とします。

今まで何度かブログでご報告していましたが、イノシシが侵入し畑を荒らしていました。ついに電柵でガード、という対策をしていたのですが、実はその時点で 「時すでに遅し」 という状況だったようです。

本日、行事を前に試し掘りをしたところ・・・
a0123836_14351441.jpg
御覧のように中央にイノシシの足跡はあるのですが、掘り返した様子もなく、葉が泥で汚れているわけでもなく、枯れているわけでもなく、単なる足跡、と思っていました。

でも、今日、ちょっと(実は かなり)心配になって、マルチをはがし、葉や茎を切って、そこを試し掘りしたところ・・・・・・
a0123836_14352784.jpg
なんと、根は残っているのですが、肝心なイモがありません。実にきれいに、一個も残っていませんでした。念のため他の株でも確認してみましたが、そこもイモだけありませんでした。他の株も、他の株も・・・・あぁぁぁぁ・・・・

根が残っているため葉も緑を保ち、枯れていません。気が付きませんでした。なんと、鼻と牙だけでどうやって掘り返し、食したのか。きれいにイモだけなくなっていたのです。

電柵を設置する前に4回、侵入されました。この4回で、地面はそれほど荒らさないでも、イモだけ食べていく「技」を身に着けていたようです。
まだ緑を保っている株が半分はあるから、行事はできる、と信じていたのですが、甘かったようです。
当日、参加者が掘り始めてみたら・・・といった事態は避けられましたが、実に残念な結果となりました。
明日以降、畑を整理しますが、担当者は「何も残っていないだろう。残念。しかし、うまいもんだなぁ。」という感想を漏らしています。

(一財)千葉県環境財団が指定管理者として7年、これまでに荒天や安全上の問題で行事を中止したことはあります。そして、昨年、今年とイノシシにハス田を荒らされ、ハス週間が散々な結果になりました。そして、ついに行事が中止に追い込まれました。獣害での行事中止は、おそらくセンター発足から初めてのことではないでしょうか。
今後も、このような理由で中止の判断をする事態に追い込まれることは、できれば避けたいのですが・・・野生生物との知恵比べ、我慢比べは、先の長い闘いですね。


と、ネガティブな話題だけでもしょうがありませんね。
ポジティブな話題としては、本日、千葉市幕張で開催されたエコメッセに参加してきました。センターにとっては重要なPR機会です。

a0123836_1554556.jpg

a0123836_15543828.jpg
キョン、アライグマ、タヌキ君たちも参戦し、人集めに協力してくれました。
用意した缶バッチ160個は盛況のうちに底をつき、パンフレット類も足りなくなってしましました。例年はパンフレットが若干余るのですが、今年はどうしたことでしょう。
日程が良かったのかな。シルバーウィークの最終日ということで、連休最後のイベントに「エコを勉強」、ピッタリだったのかもしれませんね。

一方、センターは昨日までの賑わいはどこへやら。こちらのほうへ遊びに来ていた人たちも今日は自宅への移動日、という日のめぐりあわせですね。きっと。静かな一日となりました。

この5日間、皆さんはどこかへ遊びに行かれましたか?
週末は天気が怪しいのですが、散策にはもってこいの季節になりました。
秋の里山に足を延ばされてはいかがですか。
明日は久しぶりにセンター休館日です。
by isumi-sato | 2015-09-23 16:40 | おしらせ

エコメッセへの準備完了‼

9月22日(火)、午前9時の気温20.5℃、今日も絶好の行楽日和。大勢の家族連れの皆さんなど、センターは大賑わいでした。

a0123836_15484216.jpg
ザリガニ釣りを楽しんだり、和室の脇の縁側でお昼を食べたり、思い思いの休日を楽しまれているようでした。

a0123836_1451135.jpg
昆虫広場では、ススキの穂をよく見かける様になりました。ススキの穂は花が集まってできたものです。ススキというと、お月見をイメージしますが、お月見でススキを飾る理由は、イネの穂に見立てて豊作を祈るためだそうです。

a0123836_1503260.jpg
駐車場のソメイヨシノの落葉は、夏の暑い時期から始まっていましたが、最近になってだいぶ進みました。葉の特徴は縁にギザギザが入り先端がとがっています。葉の付き方は互生です。

a0123836_15161978.jpg
エコメッセに向けて、コツコツ作り続けていた缶バッチがようやく必要個数出来上がりました。センターで撮影された写真を元に作られたオリジナル缶バッチの種類は、イスミスズカケ、ゲンシハス、カラバス、カワラナデシコ、ニホンアマガエル、シュレーゲルアオガエル、ルリタテハ、イタチ、ウサギ、アナグマ、ニホンリスなどです。明日は幕張メッセにてエコメッセが開催されます。皆さんお誘い合わせて遊びに来てくださいね。(一財)千葉県環境財団ブース(94番ブース)にてクイズに答えると、缶バッチがもらえますよ。エコメッセについて詳しくはこちら
by isumi-sato | 2015-09-22 15:29 | おしらせ

晴天の秋空 ダイコンの種蒔き

9月20日午前9時の気温は22℃でした。久ぶりに、昨日に続いての晴天です。今日は地元のお祭りで、澄み切った青空に花火の音が響きわたっていました。子供神輿(みこし)も出たようで、天候に恵まれてよかったですね。センターにとっても15日に刈り取ったモチ米の天日干しをしました。3時に取り込んだときにはだいぶモチばしって(籾の皮を取った状態で実が白くなった状態)いました。あと1日ぐらい天日干しすれば完全に乾燥された状態になることでしょう。センターにとっても天候に恵まれ良い一日でした。

ダイコンの種蒔きをしました。
a0123836_16252184.jpg
種を播く畝幅をきめて深く耕し、まわりの土を寄せをしました。

a0123836_16273095.jpg
竹の棒で土を均一にならします。

a0123836_16425487.jpg
畝幅60cm、畝高約10cm平畝をつくりました。

a0123836_16474673.jpg
ペットボトルで播き穴を作りました。株間は25cmです。

a0123836_16552558.jpg
品種は耐病総太りです。特徴は名前のように耐病性が強く、ス入りが遅い良質の青首ダイコンです。

a0123836_171585.jpg
種は3粒ほどまきました。

a0123836_173198.jpg
雨などで種が流されないように1cmほど覆土をし、軽く手で押し最後に水をたっぷりとかけました。


60日ほどで収穫できます。収獲したダイコンはセンター行事のおりに野菜材料と使用したりする予定です。運が良ければ入口で「ご自由に・・・」というチラシが張ってあるかもしれません。これはタヌキやアライグマしだいです(過去に、たくさんお食べになっておりますので・・・)。
楽しみにしていてくださいね。
by isumi-sato | 2015-09-20 17:36 | おしらせ

モチ米の天日干し&イノシシの被害

9月19日午前9時の気温23.8℃、天気は晴れの気象状況でした。昨日とはちがい青空を見ることができ、すがすがしい一日のスター尾です。この晴れ間を利用し、もち米の天日干しをしました。

a0123836_16145445.jpg
久しぶりに青空をのぞむことができました(pm1時30分撮影)。

a0123836_16253838.jpg
天気の悪い日は、扇風機を回し部屋干しをしていたもち米ですが、

a0123836_16295969.jpg
晴れの今日は、外に籾をだし、食味を増す天日干しをしました。


a0123836_16373629.jpg
巡回のため畑に向かうと嫌な予感。動物の足後がサツマイモ畑に続いているではないですか。

a0123836_16405719.jpg
ネットを持ち上げ頑丈なパイプを持ち上げた形跡があるではないですか。これは、一大事です。

a0123836_16441936.jpg
これは明らかにイノシシによる食害です。パイプの間隔を細かくし、ネットも二重に張り防御をしたのですが、その効果もありませんでした。

a0123836_16502798.jpg
夜間に出没するイノシシ対策として電柵を設置しました。電柵の効果は水田では実証済ですので、大いに期待したいものです。

a0123836_16563853.jpg

最後に安全対策として通路にコーンとバーを2か所設置しました。来園者の方にはご迷惑をおかけしますが、通路の通行止めは27日までの予定です。よろしくお願いします。これからは被害に遭遇することなくセンター行事(いも掘り・焼きいもにチャレンジ)が無事できることを願わずにはいられません。

来年は田んぼのほかに、畑用にも電柵を購入・設置しないとだめかなぁ・・・・・・
by isumi-sato | 2015-09-19 17:31 | おしらせ

ミヤコタナゴの群遊が見られます

ミヤコタナゴの動画をフェースブックにアップしました。
短かな動画ですが、群遊する姿をご覧ください。

a0123836_121207.jpg

飼育展示しているミヤコタナゴの数が増えました。(8月21日)
水槽の中の水草も一新して、明るく展示しています。
ご来館お待ちしております。

このお知らせは、9月1日までトップに表示されます。
by isumi-sato | 2015-09-01 13:00 | おしらせ

いただきもの

センターのイスミスズカケも地際から咲き始めた花の最盛期は終わり、ツルの先端の方の花が少しずつ咲いている状態になりました。

そんな時期を見計らってか、今日これをいただきました。
a0123836_1375146.jpg
イスミスズカケの植物画です。ボタニカルアーティスト会員のかたが、額装してセンターにプレゼントしてくれました。数日通ってスケッチを続けて描かれた労作です。
(ここにアップするために、絵をスキャニングしてJPEG形式で出力したものです。色の再現性は完全ではありません。ごめんなさい。)

植物画とは、対象となる植物の形や色を実寸でありのままに写した絵のことを言います。ていねいに観察しないと、とても描けません。左上には花の一つをさらに拡大して描いてあります。
背景がないなど、写真とは違った雰囲気が絵にはありますね。

この絵は事務室窓口の上、時計の隣に飾らしていただきました。ちょっと見上げる形にはなりますが、センターに来られた時には、ぜひご覧ください。

ちなみに、今日のイスミスズカケの状態は・・といえば、
a0123836_13543992.jpg
御覧のように、まだ咲いているものもありますが、ほとんどは

a0123836_13544917.jpg
御覧のような状態になりました。
センターのイスミスズカケの花期は、6月の下旬に咲き始め、7月いっぱいというところでしょうか。
楽しませてもらいました。
また、来年に期待しましょう。
by isumi-sato | 2015-07-31 17:11 | おしらせ

スペシャルウィークに向けて準備中

7月24日(金)、午前9時の気温28.0℃、昨日の涼しさは何処へやら・・・朝から太陽の日差しが照りつけます。

a0123836_14482349.jpg
この暑さの中でも、センター内デイキャンプ場の奥に流れる、ホタルの水路は別世界?長靴で水路の中に入りましたが、長靴でも水の冷たさが足に伝わってきます。明後日7月26日(日)に行われる、「センター内ホタルの水路で生きものを探そう」は参加者を募集しておりますので、興味のある方はHPをご覧ください。お申込みお待ちしております。行事案内はこちら



a0123836_151718.jpg
シロツメグサにベニシジミが止まっています。水路の生きものだけでなく、様々な昆虫やチョウやトンボも観察できます。



a0123836_15172264.jpg
センターでは8月8日~13日まで「スペシャルウィークさとの夏遊び」と題して色々なプログラムを予定しております。そのために職員がコツコツと準備を行っています。これは8月8日13時30分から行う予定の「貝殻アートを楽しもう!」で作る風鈴です。 プログラムはこちら


a0123836_15234217.jpg
風が吹くと流木と貝殻がぶつかって「カラカラカラ」と涼しい音色が響きます。今年の夏に海へ行って拾った貝や流木を持参しても結構です。自分だけのオリジナルな風鈴を作りませんか?


a0123836_1525293.jpg
風鈴を作るだけでなく、センターなら貝の名前も調べられます。左からサトウガイ。筋が38本前後あるのが特徴です。実際数えたら37本ありました。真ん中がオオヘビガイ。とぐろをまいたヘビの様なのが名前の由来だそうです。右がツメタガイ。殻が厚くて半球型、灰褐色が特徴です。

名前の知りたい貝や、珍しい貝があったら持ってきてくださいね。但し8月8日に限ります。

夏休みも楽しめるセンターに遊びに来てくださいね。
by isumi-sato | 2015-07-24 17:14 | おしらせ