千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:いきもの( 593 )

植物に昆虫が訪れています

5月3日、雨のち曇。午前9時の気温は21.8℃、今朝の最低気温は18.9℃でした。
低気圧の通過に伴って、雨風ともに強いという予報が出ていました。外房では今回の雨量は24mmとそれほどたくさんにはなりませんでした。
昼前くらいから雨が上がりました。それと共にぐっと湿度が上がって93%。最高気温は24.6℃。今年もっとも蒸し暑く感じました。しかし、表にいれば時おり風が強く吹いて蒸し暑さを吹き飛ばしてくれました。

連休後半の始まりです。あと4日間ですね。



a0123836_17473472.jpg
センターの小水路では、数日前から水路沿いに黄色い花が目立つようになってきました。キショウブです。ハナショウブには黄色い花がないので観賞用に日本に持ってこられたのですが、繁殖力が旺盛な外来種で、要注意外来生物です。毎年のように抜いてはいますが、なくすことはむずかしい植物です。




a0123836_17473966.jpg
遅れること約一月後に、例年ハナショウブが咲いてくれます。梅雨の天気に似合う少しワビサビ感のある植物で、これから楽しみです。




a0123836_17474281.jpg
植物では、小さな花の蕾をつけ始めたマユミ。秋には、赤い実をぶら下げます。





a0123836_17474540.jpg
白い小さな花の集合花の蕾が目立ち始めたガマズミなどを今日は紹介します。
こちらも秋に赤い実をつけて、野鳥たちのお腹を満たしています。





連休明け少しして小学校が見学にやってこられますが、モンシロチョウや昆虫も観察したいというお話がありました。短い時間では限られた内容にならざるを得ないのですが、今日は少し昆虫を意識して巡回してきました。
軟らかい葉を展開する暖かくなったこの時期、小さな昆虫たちを発見し始めると、いたる所にいることがわかります。


a0123836_17475013.jpg
花が終わって種をつけ始めているナバナには、ナナホシテントウ。



a0123836_17475365.jpg
テントウムシの仲間では、草食のテントウムシのニジュウヤホシテントウ。
ナス科につくといいますが、林道沿いのアメリカイヌホオズキにたくさんついていました。ハムシ類もいます。アリも来ています。



a0123836_17493572.jpg
スイバの花にもハムシの仲間がいました。



シロツメクサには、たくさんの種類の昆虫が訪れています。





a0123836_17505057.jpg
マルハナバチの仲間でしょうか。そしてシジミチョウやジャノメチョウなどのいろいろな蝶たち。




a0123836_17505419.jpg
枯れた花には、ダンゴムシの仲間まで。




a0123836_17505897.jpg
アキカラマツの小さな葉には、イナゴの仲間の赤ちゃんがついていました。



a0123836_17510730.jpg
a0123836_17510448.jpg
早くも、シオカラトンボたちも姿を現わしました。オス、メスともにみられました。
まだまだ紹介しきれません。
昆虫たち、とてもたくさんの種類が活動を始めています。


ご来館お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-05-03 17:52 | いきもの

田植え前。花、蝶、鳥。

4月27日、曇り。午前9時の気温は20.0℃、今朝の最低気温は10.9℃でした。
夕方確認すると、今日の最高気温は21.4℃でした。
やや乾いた南寄りの弱く暖かい風が吹いて、なかなか過ごしやすい一日でした。



a0123836_17471361.jpg
田んぼには、29日の田植え用の苗が届いて水に浸けてあります。
向かいのヤナギの木の下にも苗があります。



a0123836_17472087.jpg
センター進入路沿いでは、チガヤが咲いて風に揺れています。
その周りの田んぼは、一部田植えが終わったところが見られます。



a0123836_17472590.jpg
湿性生態園の草が少しずつ伸びてきました。今は膝丈くらいで、一面みどりのじゅうたんに見えます。



a0123836_17472864.jpg
デッキ沿いでつい二週間前には、小さな白い花をたくさん咲かせていたシャクも盛りを過ぎました。次に出番ですと、葉を大きくひろげてきたのは、カラムシです。



a0123836_17473208.jpg
林道沿いの斜面には、同じくタンポポがたくさん黄色い花を咲かせていましたが、今日は入れ替わって同じく黄色い花ですが、オオジシバリがたくさん花を咲かせています。




a0123836_17473997.jpg
林道沿いの花には、チョウたちもたくさん観察できるようになりました。
ハルジョオンにヒメウラナミジャノメがとまっています。丸い模様が、1、2、3と並んでいます。



a0123836_17474104.jpg
同じく林道沿いのノアザミには、黒いアゲハチョウがとまって、一つ一つの花から蜜を吸っているようです。尾が長いのですが、腹が赤く見えるのでクロアゲハではなく、ジャコウアゲハのオスでしょうか。花のまわりを夢中でぐるぐるとまわっています。体には花粉がたくさんついています。



a0123836_17473580.jpg
クワの木の枝の中に野鳥が飛んできました。コゲラがとまっていました。
暖かくなって、たくさんの生きものたちが活発に動き始め、出合うことができます。



a0123836_17474423.jpg
今日はハイド(野鳥観察塀)の窓の前の枝葉が視界をさえぎり始めているため、剪定を行いました。窓の前から急斜面なので高枝バサミを使用して小枝や葉をのぞきました。




a0123836_17474739.jpg
水面への眺めが少し良くなりました。

ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-04-27 17:51 | いきもの

花、葉、、タネ。そして昆虫たち

4月22日、快晴。午前9時の気温は21.9℃、今朝の最低気温は10.2℃でした。
朝の天気予報では真夏日か出た昨日に続いて、今日も熱くなり30℃を超えるところがあると伝えていました。海に近い房総半島にある当センターはそれほど気温は高くはならずに済むと思っていました。夕方4時に確認すると、今日の最高気温は26.9℃でした。それでも今年の最高の温度になりました。外に出ると、直射日光は強いのですが、少し風も吹いて湿度は67%、やや暑い一日となりました。



a0123836_17263689.jpg
田んぼの水面に丘陵の新緑や快晴の青空が写り、さわやかな一日です。





a0123836_17264126.jpg
田んぼのヘリでは、もぞもぞと動くものがいました。マルバヤナギの花がたくさん落ちている水面で、ニホンアカガエルのオタマジャクシたちが十数匹集まって動いていました。おいしいものがあったのでしょうか?




a0123836_17264856.jpg
田んぼの脇にあるおっぽりに生えているショウブは、今年は例年よりも少し早くから花を咲かせています。今年はすでに盛りを過ぎてきたようです。




a0123836_17264548.jpg
ハス田ではハスの葉が日々大きくなっています。顔を出したばかりの赤い葉が緑色になってきています。




a0123836_17265274.jpg
昆虫広場の一部では、スイバの花がたくさん咲いています。
黄色いのは、ナノハナです。





a0123836_17270364.jpg
スイバの葉を見ると、昆虫がたかって歩いています。
アカヤマアリ。少し大きなアリでクロヤマアリを一時的に奴隷として働かせるアリだといいます。






a0123836_17265875.jpg
さらに、スイバの葉には、一瞬テントウムシに見える昆虫がいました。触角の大きさからハムシの仲間のようです。ハムシの中には襲われるとにがい汁を出すテントウムシに擬態して身を守るものがいるといいます。




a0123836_17270718.jpg
近くの別の葉っぱには、テントウムシがいました。オニジュウヤホシテントウでしょうか。ナス科の植物を食べるといいます。



a0123836_17271437.jpg
湿性生態園の斜面では、たくさんタンポポの綿毛が見られます。ほとんどがついこの前までたくさん咲いていたカントウタンポポの種です。



観察しながら歩くとまだまだ、いろいろ発見があります。
ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-04-22 17:25 | いきもの

田んぼの中はいそがしそう

4月19日、快晴。午前9時の気温は17.2℃、今朝の最低気温は7.6℃でした。
今日は日中気温が上がってくる予報が出ています。
ちなみに今日は、419 で飼育の日(日本動物園水族館協会)だそうです。
夕方の観測で、今日の最高気温は21.4℃。日を浴びた田んぼの水もあたたかくなったことでしょう。


a0123836_15093606.jpg
朝の田んぼ。2日前に植代かきをした田んぼの水は澄んできました。
畦に沿って動物の足跡があります。たぶんアライグマでしょうか?



a0123836_15095621.jpg
田んぼの中にはたくさんの生きものたちが動き始めています。
いろいろなサイズのオタマジャクシが泳いでいます。時期的にもほとんどがニホンアカガエルでしょう。



a0123836_15095993.jpg
ウマビルもいました。これは田んぼによくいる血を吸わないヒルとして有名です。




a0123836_15100208.jpg
さらにアメリカザリガニも元気に動き始めています。底にはタニシなどの小さな巻貝も見えます
水面には、アメンボやクモたちもたくさん泳いでいます。




a0123836_15100871.jpg
千葉県北部、都市部の方々がバスに乗ってグループで散策、自然観察にやってこられました。
あいさつの後、まずは軽くストレッチ。新緑の中、気持ちよさそうです。
早々に当センターを通って、万木の丘陵歩きに出発して行かれました。


a0123836_15442472.jpg
林道には、ハンショウズルのつぼみが観察できるようになりました。木質のつる植物で、茎はしばしば暗紫色を帯びています。葉は3出複葉で、対生。小葉は卵型または楕円形で長さ4~9㎝。あらい鋸歯がある。葉質はやや硬く両面に短毛が生えます。花柄は6~12㎝あり、先端に紅紫色の鐘形の花を1個付けます。花は完全に開かず垂れ下がります。(日本の野草/山と渓谷社より)


センターの季節を迎えお客様も増えてまいりました。皆さんもこの時期にセンターを満喫しに来ませんか?

お待ちしています。

キャンセルが発生したため、4月29日(日)行事「田植え体験をしよう」は若干名の参加が可能です。
この「田植え体験をしよう」は、受付開始からすぐに定員いっぱいになってしまうほどの人気行事。「前から田植えには興味があった…」「今回はぜひ参加したい!」と思った方。どうぞご連絡ください。田植え体験に参加された方は、9月1日(土)の「稲刈り体験をしよう」へも優先的に参加できます。ご連絡お待ちしております。詳しくはこちら

by isumi-sato | 2018-04-19 17:07 | いきもの

サクラ満開。昆虫も飛んで、次々と芽生えも。


3月31日、快晴。午前九時の気温は13.1℃、今朝の最低気温は3.6℃でした。
暖かすぎる日が続いた後、数日ぶりに夜は少し冷え込み、少し肌寒い朝でした。
日が昇るとあたたまり、日中の最高気温は16.6℃でした。
雨が降らない晴れた日が続いたせいもあって、湿度は50%ととても乾いて気持ちの良い春の空気です。


a0123836_17075536.jpg
あまり紹介していない離れたアングルからの当センターの風景。敷地北側、500mほど離れた道路から真南を向いて、田んぼの向こう正面、丘陵に囲まれた建物と敷地を見ています。



a0123836_17080011.jpg
少しズームアップすると、建物の右に満開の桜の並木、左側の農機具庫の上に葉桜になったディキャンプ場のオオシマザクラです。




a0123836_17080780.jpg
今日のオオシマザクラです。




a0123836_17081076.jpg
さらにサクラの葉がでて大きくなっています。遠目からは全体の下のほうは、もはや花の色よりも葉の色が強く見えるようになってきました。




a0123836_17081449.jpg
当センターを取り囲む丘陵の木々の中にも点々と、サクラが散在しています。今花をつけて桜色をしているのでよくわかります。丘陵の上の方にも桜が咲いています。




a0123836_17081797.jpg
堰のまわりにも、水面に張り出したり、丘の中ほどや上の方にも桜色が見えます。
さらに、今は常緑樹と落葉樹の違いもよくわかります。
落葉樹は細かな枝がまだ薄茶色に見えています。芽吹いたものが少しずつ、明るいライムグリーン色を見せ始めています。




a0123836_17082150.jpg
サクラの花の下にいると、羽音がたくさん聞こえてきます。見ているとたくさんのミツバチ、ハナバチやハナアブたちが花に訪れて、飛び回っています。セイヨウミツバチでしょうか。後足にたくさんの花粉もつけています。
双眼鏡やズームアップできるカメラを使うとよく観察することができます。センターでは、無料で双眼鏡をお貸ししています。お気軽に窓口でお声をおかけください。





a0123836_17082554.jpg
日ざしの中で、ヒラヒラと飛ぶ蝶たちの姿も見るようになりました。
シジミチョウの仲間、ベニシジミです。15mmくらいの小さなよく見かけるチョウです。オモテ側です。タンポポにとまっています。このチョウは、羽のオモテ側とウラ側で模様が異なります。




a0123836_17083094.jpg
スイバにとまったベニシジミのウラ側です。春の模様です。実は、このチョウは春と夏でも色が変化します。夏は全体に黒っぽく変わります。
モンシロチョウも姿を見せ始めました。キチョウは2月くらいでも姿を見かけました。




葉を出し始めた樹木を紹介します。
a0123836_17083487.jpg
当センター田んぼ沿いにあるホテイチク林の裏。大きなイヌシデの木があります。





a0123836_17083763.jpg
ぶら下がるような花を咲かせ、葉を出しはじめました。やや高いところにあり、小さな花ですので、これも双眼鏡を持つとよく見えます。
あすも、他の樹木や春の草を紹介します。



ご来館お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-03-31 17:20 | いきもの

春だなぁ・・・

3月24日(土)、午前9時の気温は11.9℃、最低気温は7.5℃でした。昨夜の雨もわずか1㎜ですみました。
すっきりと快晴とは言えませんが、風もほとんどなく、すごしやすい一日でした。

センターも花がにぎやかになってきました。
a0123836_14211442.jpg
こちらはセンター西側の林道沿いに咲いているサクラ。道路の右側はソメイヨシノ。左の斜面側はヤマザクラです。


a0123836_14211697.jpg
こちらも、センター南の万木堰に枝を張り出したヤマザクラ。すでにピークを迎えているようです。

a0123836_14210380.jpg
こちらはセンター建屋の駐車場側にあるシダレザクラ。こちらも今日、一気に開花しました。


ここでクイズ。以下の3種の花は何でしょうか???
a0123836_14205503.jpg
こちらは畑の斜面に生えている木で西側にあるもの。

a0123836_14205762.jpg
こちらは畑の斜面に生えている木で東側にあるもの。
これらは同じ斜面に植えてありますよ。
ひとつ前の写真は白っぽい花、2枚目は薄いピンク色。


a0123836_14211091.jpg
3枚目はこれ。2枚目に近い色ですね。


何となく見ているとどれも似ていますね。
1枚目はスモモ、2枚目はアンズ、3枚目はソメイヨシノです。
しかし・・・スモモもアンズも、果実があったか記憶にありません。私は食べていません。
そういえば、梅の実が成長してきましたね。今年も梅ジュースかな。

a0123836_14210267.jpg
花の写真、今日の最後はモクレン。
さすがに花弁が落ちだしました。白くてきれいな花なのですが、「花弁が落ちるとちょっと」と思われる人も多いようです。


a0123836_14205902.jpg
最後はこの写真。
どうやら昨夜から今朝にかけてお出ましのようです。
雨で地面が柔らかかったため、足の後ろ側(副蹄)跡までしっかりと残っていました。

季節は春。
ちょっとした里山の自然観察に来ませんか。


by isumi-sato | 2018-03-24 17:19 | いきもの

春分の日

3月21日(水):春分の日。「自然をたたえ生物をいつくしむ」という趣旨の国民の祝日なんだとか。そんな祝日の朝9時の気温は、7.0℃でした。しかも、冷たい雨が1日中降っています。今日、午前零時から夕方4時までの雨量は17mmとなりました。
地域によっては雪が降っているところもあるようですね。お気を付けください。



a0123836_11455166.jpg
ここネイチャーセンターの田んぼでは、たっぷり水が溜まっています。田植えの準備が整った?ようにも映ります。もう一度「植え代かき」をして、いよいよ4月29日、田植えイベントが行われます。参加者の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。




a0123836_11455613.jpg
ソメイヨシノの花は、あと一息?…ほとんどがピンク色のつぼみ状態です。「暑さ寒さも彼岸まで」というので、あと少しの辛抱ですよ。サクラさん。お花見の幹事さんも、ヤキモキしちゃいますよね。




a0123836_11470553.jpg
水の中を覗くと、ニホンアカガエルのオタマジャクシが、気持ちよさそうに泳いでいます。生物暦(せいぶつごよみ)ってあるんだなぁ、と実感させられます。ほんと正確ですね~



a0123836_11475660.jpg
そんな中、事件です!
先日来、湿性生態園を流れる小川の水辺に、たくさんの貝殻が散乱しています。写真が分かりづらいので、赤丸で加工しました。




a0123836_11482790.jpg
ほとんどが砕けて、バラバラです。ドブガイの仲間が、この辺りに生息しているはずなんですが…




a0123836_11491498.jpg
オーマイゴッド!
たくさんの個体が犠牲になったようです。




a0123836_11501468.jpg
自然観察会に来てくれた子供たちも、ガッカリです…「かわいそう」




a0123836_11524845.jpg
怒りに燃えたスタッフは、何ものがやったのか調べるため、自動センサーカメラを設置しました。
すると…




a0123836_11530277.jpg
WANTED‼でたーーー‼犯人激撮です。イノシシが食い散らかしていたんですね。このままでは全滅してしまいます。
イノシシの歯って、丈夫ですねーー!!
(このカメラ液晶が壊れて日付時刻設定ができないため、時刻表示は不正確です。)




a0123836_11511729.jpg
ほとんど食べられてしまいましたが…せめて残ったドブガイをと思い、救出作戦を開始です。



a0123836_11535215.jpg
丈夫なコンテナと金網で、がっちりガードしました。ドブガイは、淡水に暮らすイシガイの仲間で、殻長は10~20㎝ほどになります。



a0123836_11555705.jpg
ザブン!っと小川に投げ込みます。ドブガイは、流れ中にいる珪藻(植物性プランクトン)を食べているんだとか。だから水槽の中では、飼えないんです。




a0123836_11545664.jpg
イシガイの仲間は、タナゴの繁殖にも必要なことがわかっています。タナゴの仲間は二枚貝に卵を産み、貝に守られてふ化した稚魚が貝からできます。生きものたちは見えないところでつながりあっているんですね。さっそく、ドブガイのそばを泳いでいたようです。
最近は、在来のタナゴよりも 外来のタイリクバラタナゴが増殖してしまい、卵を産み付けるチャンスを数の多くなったタナゴの方が奪ってしまっている場所が多くなっているようです。がんばれ! 在来種!


a0123836_11542938.jpg
自然観察会では、じっさいの生きもの=実物を通して、その生きものたちが暮らす環境やとりまく問題などを、肌で感じながら現場で学習することができます。




a0123836_11575663.jpg
「自然をたたえ生物をいつくしむ」ために、自然観察に出かけてみてはいかがでしょうか?
たくさん発見があること請け合いです。
お待ちしております!(^^)!


by isumi-sato | 2018-03-21 16:35 | いきもの

早起きした生きもの


2月24日、快晴。午前九時の気温は3.3℃、今朝の最低気温は-1.4℃でした。
昼間の最高気温は、14.7℃と10℃を超えました。
寒い数日が続きましたが、今日は風もなく昼間の日ざしは暖かさを感じました。


a0123836_17102077.jpg
万木堰は静かで、空は青く広がっています。相変わらず野鳥はほとんどいなくなっています。






a0123836_17102585.jpg
住み着いているカイツブリだけが水面を独占して浮かんでいました。





a0123836_17102818.jpg
堰の奥の日当たりのよい倒木の上には、2月上旬から日向ぼっこをしている生きものがいます。
ミシシッピアカミミガメのようです。この個体は、早起きなのでしょうか。寒いのに早くも冬眠から目覚めているようです。暖かい昼間は日なたで体を温め、寒い日は水面の下でじっとしているのでしょう。




a0123836_17103858.jpg
昼間はハス田の水も日に当たって少し暖かくなっています。水の中で小さな生きものたちが動くようすが観察できました。水生昆虫の仲間のようです。




湿性生態園の止水域では、トウキヨウサンショウウオの卵のうは相変わらず増えていませんでした。ニホンアカガエルの卵塊の数も増えていません。




a0123836_17104322.jpg
先日発見したフキノトウは、もうずいぶんと開いています。





a0123836_17104673.jpg
日当たりのよい斜面には、黄色い花が咲いていました。





a0123836_17105017.jpg
ガク片の突起ははっきりとみられませんが、これから開くのでしょうか? セイヨウタンポホのようです。





a0123836_17103406.jpg
また、小さな青い花も数多く日なたで観察できます。オオイヌノフグリがたくさん見られるようになりました。

ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-02-24 17:13 | いきもの

枝の中に黒い目が、、、

2月18日、晴れ。午前九時の気温は4.3℃、今朝の最低気温は-1.5℃でした。
朝は再び冷え込みました。今日の最高気温は9℃と、10℃以下でした。


a0123836_16585622.jpg
乾いた田んぼの上に青空が広がります。



a0123836_16590295.jpg
そのわきを流れる水路が珍しく半分凍っていました。
いつもは凍ることがない水路です。水量が減ってきているからかもしれませんが、今朝は気温が下がりました。




a0123836_16595565.jpg
ハス田の水面もほぼ全面、氷が張っています。




a0123836_17000141.jpg
枯れ落ちたハスの花托も氷漬けになっています。



a0123836_16590619.jpg
一方小水路わきのネコヤナギが開花しました。
赤く見えるのがオシベの葯で、黄色く見えるのが花粉です。




a0123836_16592046.jpg
昼間の日ざしは力を増しました。畑の通路沿いの白梅と、





a0123836_16591559.jpg
紅梅が盛りと咲いています。




a0123836_16591160.jpg
田んぼや草地では、地面をつついて移動する野鳥が見えます。
ツグミです。お腹が白黒のセーターのような柄が入っています。




a0123836_16592568.jpg
野鳥を観察していると、人の気配に気づいて雑木林の中に逃げ実む鳥がいました。
常緑樹の枝の中に入り込みました。その暗い中をズームで撮影。お腹はツグミと似たような柄ですが、それよりひとまわり大きい鳥です。
トラツグミのようです。




湿性生態園の卵塊や卵のうは増えたかなと、観察してきました。




a0123836_16594531.jpg
ニホンアカガエルの卵塊は少し増えました。
トウキヨウサンショウウオの卵のうはまだ増えていませんでした。




a0123836_16593541.jpg
その帰り道、池の近くのマテバシイの中に入り込む、鳥の影が見えました。
だいたい野鳥は、人の目から植物の枝をはさんだ向こうに隠れるように移動してじっとこちらを見ていたり、通り過ぎるのを待っていたりすることが多いようです。
じっくりとマテバシイの枝の中をのぞいてみました。



a0123836_16593060.jpg
はっぱと枝の暗がりの中に、発見しました。目と目とが合いました。
黒くて丸い目をしています。お腹が白くくちばしは細身です。シロハラ君のようです。
人目がない時には、雑木林の林床や草地に降りて、食べ物を探しているようです。



冬も終わりに近づいて野鳥たちの動きも少しずつ活発になってきているようです。
ご来館お待ちしております。






by isumi-sato | 2018-02-18 17:05 | いきもの

卵、4つ発見!!

2月14日、快晴。午前九時の気温は3.3℃、今朝の最低気温は-4.1℃でした。
今日も冷え込みが厳しい朝でした。徐々に日が射すと、太陽の力が強くなってきたと感じるようになりました。



a0123836_17002445.jpg
快晴の青空。ハス田の向こうの丘の樹林のてっぺんにポツンと白いものが見えます。とまっている鳥が見えました。




a0123836_17003025.jpg
ノスリかな? オオタカかな?? 期待してズームアップすると、いつものとまり方とは異なる見慣れた鳥がいました。(なぁーんだ)アオサギでした。(失礼。アオサギ君。)春を感じだしてとまる場所が変わってきたのでしょうか? アオサギの気持ちはちょっとわかりません。



a0123836_17003625.jpg
中庭の芝生には、チョコマカ、チョコマカと、歩き回る野鳥がいます。




a0123836_17004209.jpg
双眼鏡でのぞくと、その足さばきが、何とも軽妙でおもしろいものです。ハクセキレイ君でした。




a0123836_17004864.jpg
湿性生態園です。落葉したいろいろな樹形と下草の少ない景色を見ると、北海道、北米や北欧、北の景色とも共通するものがあります。
さてそろそろかなー?



a0123836_17005225.jpg
トウキヨウサンショウウオの産卵は、まだのようです。水路の中に足跡がついて水か濁っています。水の中を歩いた動物がいるようです。気になります。



a0123836_17005833.jpg
林道沿いの水たまりをのぞきました。




a0123836_17010336.jpg
発見しました!! 今日は、卵塊がありました。ニホンアカガエルの産卵が始まりました。
ちなみに、このカエルの卵は、一つ一つがくっついて塊になっているので「卵塊」と呼ばれます。
トウキョウサンショウウオの卵は、一つ一つの卵がさらに袋に入っているので「卵のう」と呼ばれます。
これから、小水路、田んぼの水たまりなどいろいろな所に次々と産卵が始まります。
今年は寒い日が続いていますが、ついに生きものたちは動き始めたようです。
卵を産んだカエル君は、再び冬眠に入る、二度寝に入るといいます。


ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-02-14 17:07 | いきもの