千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:いきもの( 608 )

35℃越え!光化学スモッグ注意報?

8月26日(日)はれ🌞午前9時の気温は31.8℃…すでに30℃を超えています。この後、どうなっちゃうんでしょう? 不安は的中し、猛暑を満喫です( ̄▽ ̄;)。しかも、聞きなれない注意報が発令されちゃいました!





a0123836_14470759.jpg
35.6℃🌡…今日の最高気温です。ここでの気象観測で35℃を超えるのって、すごく珍しいんです。そしてこの夏、最高気温の記録更新です。




a0123836_15040518.jpg
突然、いすみ市の防災無線で「光化学スモッグ注意報が発令されました」と呼びかけがありました。これまた珍しい!記録がある平成24年以降では、初めてのことみたいですよ。目がチカチカするなどの健康被害があるようなので、気を付けましょうね。




a0123836_15170240.jpg
田んぼでは、赤とんぼの仲間『ノシメトンボ』が産卵の季節を迎えています。いままさに“連結打空産卵(れんけつだくうさんらん)”の真っ最中。オスとメスが連結しながら、空中でちょんちょんとお腹を動かして卵をばらまきます。




a0123836_15250182.jpg
落ちた先は、田んぼと言っても水がありません。稲刈りの季節は、田んぼに水が無いのですが…このノシメトンボは大丈夫なんです。




a0123836_15281909.jpg
卵のまま、春を待つようです。カラカラに乾燥していても耐えられる卵で越冬し、春先、田んぼに水が引き込まれてからヤゴになるんだとか。田んぼの水事情に合わせられるトンボなんですね。




a0123836_15422916.jpg
近くの木では、交尾しているカップルを発見です。赤い体色をしているのがオスで、下がメスです。精子の受け渡しを行っているのでしょうか?ずいぶん長いこと、このままでした。




a0123836_15475279.jpg
田んぼのあぜ道では、ショウリョウバッタが交尾しています。オスとメス2匹いるのですが、わかります?日本最大のバッタと言われていますが、それはメスだけの話。ヒント…オスのほうが小さいです。




a0123836_15585170.jpg
もうひとつクイズ?これはなんでしょう。
ハスの花が終わって、種があちらこちらで見られるようになりました。そんなハス田をいま、狙っているやつがいます。




a0123836_16042831.jpg
こいつ!こいつがハスを食べにくるんです。そう、イノシシ…強敵なんですよ。




a0123836_16054218.jpg
イノシシからハスを守るには、白いヒモが効果的なようです。頼りないけど…でも、イノシシはあ―見えて相当ビビリみたいですよ。




a0123836_16083589.jpg
でも肝心の白いヒモは、このとおり「しょうがぬけちゃって…」って意味わかります?この辺の人は、よく使う言葉なんです。
辞書にも載ってる!「しょうがぬける【性が抜ける】本来の性質・形などが失われる。(三省堂 大辞林第3版)」ふ~ん、とにかく修理です。




a0123836_16152648.jpg
草刈って、ヒモの張替えを行いました。あっぢ~ι(´Д`υ)アツィー




a0123836_16185017.jpg
きれいにできました!新しいのは、なんでも気持ちいいですね。どうかイノシシが来ませんように!




a0123836_16201132.jpg
そして来年も、きれいなハスの花が咲きますように!

by isumi-sato | 2018-08-26 17:15 | いきもの

お盆のいきもの観察

8月14日(火)晴れ。午前9時の気温は30.9℃、湿度は79%でした。今日も暑かった!
当センター観測で、最高気温は32.8℃でした。



a0123836_17265056.jpg
青空がきれいですね😊
筋状の雲が見えるようになりました。秋が近づいているのでしょうか?
皆様、お盆の時期いかがお過ごしですか?「お盆」の盆って、文字どおり、ご先祖様の霊に対する供物を置く容器のことだそうです。知らなかった…




a0123836_17235387.jpg
林では、ミンミンゼミが元気に鳴いています。




a0123836_17504666.jpg
林道わきに、ツリガネニンジンの花が咲いています。涼しげな花です。




a0123836_17242529.jpg
すぐ近くで、イトトンボの仲間が静かに飛んでいます。こちらも、涼しげな姿ですね。




a0123836_17523059.jpg
オオシオカラトンボが大空を飛び回っています。やっぱ暑いのかな?おなかの息づかいが、ゼーゼーいっていますよ。




a0123836_17243926.jpg
千葉県いすみ環境と文化のさとセンターでは、お盆の時期も休まず営業しています。
ぜひ、遊びに来てください。お待ちしています!








by isumi-sato | 2018-08-14 17:56 | いきもの

トンボ沼へ行ってきました!

8月4日(土)は、はれ時々くもりの空模様です。今日も暑かったι(´Д`υ)アツィー…午前9時の気温は28.6℃、湿度は81%でした。



a0123836_17173487.jpg
今日は、トンボ沼を訪れました。名前のとおり、トンボがたくさん観察できる沼です。いるかな~?



a0123836_17193392.jpg
ひらひらとチョウのように舞うトンボを発見!その名も、チョウトンボです。



a0123836_17215623.jpg
抽水植物や浮葉植物が豊かな池沼に生息しています。はねの色もキレイですね♪



a0123836_17252317.jpg
猛スピードで飛ぶトンボを発見!ギンヤンマです。ビューンと飛んでいたかと思うと、ホバリングしたり、なかなか観察するのが忙しいです。水域の植物に産卵します。



a0123836_17295617.jpg
小さなトンボがいます!イトトンボの仲間です。糸のように細い体ですね~。トンボ沼の水辺を、静かに飛んでいました。



a0123836_17390896.jpg
このほかにも、たくさんのトンボと出会いました。一方で、気になることも…



a0123836_17405055.jpg
ミシシッピアカミミガメやウシガエル、養殖ゴイなど、いるはずもない外来種をたくさん見かけたことです。誰かが放したのかな?



a0123836_17450901.jpg
トンボの幼虫は、水中で暮らすヤゴです。そこへ今まで出会ったことのない強敵が現れたら…なんて想像すると、これからもトンボ沼でトンボが見続けられるか心配になってきました。



a0123836_17500646.jpg
トンボ沼へもぜひ、足をお運びください!おすすめな自然観察ポイントですよ!(^^)!

by isumi-sato | 2018-08-04 17:54 | いきもの

しずかさや いわにしみいる せみのこえ

7月31日(火)晴れ。午前9時の気温は28.6℃、湿度は83%でした。今日で7月が終わりですね~。そして、今日も暑い!



a0123836_15285240.jpg
はれーー☀ 暑いーーι(´Д`υ)アツィー そんな日は、やっぱ自然観察でしょ?



a0123836_15370578.jpg
実ってきた稲に、いましたショウリョウバッタ。デカい!日本に生息するバッタの中では、もっとも大きいバッタです。メスだと、全長80㎜にもなります。漢字で「精霊蝗虫」(ショウリョウバッタ)と書くそうです。お盆の時期によく見かけるようになり、精霊船というご先祖様の魂が乗る船に形が似ていることから、名付けられたのだとか。



a0123836_16080421.jpg
ニイニイゼミです。しずかさや いわにしみいる せみのこえ」松尾芭蕉の奥の細道です。このセミの声は、論戦の末、「間違いなくニイニイゼミだ」ということで決着したらしいですよ。以外?地味な声じゃね?…って感じたのは僕だけ?いやいや、恐るべき芭蕉の耳!凡人には到達しえない境地なのでしょう。



a0123836_16212763.jpg
顔みたい…ハグルマトモエという蛾の仲間です。夜活動するガのはずですが、突然の人間にびっくりしたのでしょう?ジタバタしてます。ごめんね。



a0123836_16272576.jpg
ハスの田んぼに来てみました。まだまだ、きれいな花が咲いている様子です。



a0123836_16282669.jpg
一方で、ハスの種も目につくようになっています。これ食べられるそうです。



a0123836_16303299.jpg
緑色のからをむくと、中から薄黄色が出てきました。「うまい!」さわやかなトウモロコシ風味に感じます。



a0123836_16340979.jpg
明日から8月ですね。さらに暑い日になるのでしょう…皆様、お体に気を付けてお過ごしください。

by isumi-sato | 2018-07-31 17:28 | いきもの

嵐の前の静けさ…

7月27日(金)くもり。午前9時の気温は24.8℃、湿度は79%でした。千葉県では涼しい日が続きます。猛暑からの解放され、昨晩はぐっすり眠れましたzzz…



a0123836_1623151.jpg

明日は荒れそうです!台風12号がやってきますね。(画像:気象庁27日15時)



a0123836_16261531.jpg

園内をパトロールすると、嵐の前の静けさ…といった様子です。
おーっと見てください!この高級カバンのような茶色いボディー☆美しく輝くカブトムシのさやばね☆



a0123836_16431228.jpg

キターーーー ヤマトタマムシ‼ 成虫は、このエノキなどの葉を食べているようです。普段は高いところを飛んでいるので、なかなか出会えません。あっ!風にあおられて落ちてきた。



a0123836_1648356.jpg

嗚呼!この緑色をベースとした金属光沢の色彩は、MIGOTOです。本物の玉虫色です。
むかし法隆寺の家具に、ヤマトタマムシのさやばねが使われていたそうです。昔の人たちも、美しいと感じていたんでしょうね。



a0123836_16562325.jpg

わお!今日はついてます。これまた美しいカワセミに出会いました。川などの水辺に暮らすから「カワセミ」と呼ばれるようになったそうです。



a0123836_17105933.jpg

先日の千葉日報新で、「ピンクのバッタ」がいるという記事を読みました。ここにもいないかなぁ…ピンクとはいきませんでしたが、色の薄い個体を発見です。目立ちますね。ピンクのバッタも目立つから、自然界ではなかなか生き残れないようです。



a0123836_1718295.jpg

もう紅葉?秋のような光景にびっくりです。



a0123836_17193968.jpg

近づくと…新しい葉っぱが赤い色しているんですね。これはヤナギ類の葉です。



a0123836_1721772.jpg

でもこちらは本当に黄葉が始まっています。ソメイヨシノの葉です。サクラは、黄葉が早い植物なんですね。



a0123836_17232893.jpg

夏はまだまだ続きます!ここは自然観察が楽しい場所です。わーいわーい!
お待ちしています。
by isumi-sato | 2018-07-27 17:26 | いきもの

大暑突入!早くも水が枯れる?

7月24日(火)はれ。昨日からついに、一年で最も暑い=大暑の季節となりました。午前9時の気温は26.8℃、湿度は92%( ̄▽ ̄;)です。


a0123836_16030534.jpg
朝は、霧がでました。日光がささずに大気中に水分が多かった分、空気がいくぶん涼しく感じました。朝の当センター近くの路上から見た田んぼの風景です。向こうの丘陵が朝霧に霞んでいます。また周辺の田んぼでは花が咲いたあと、稲穂が生育中で、はっきりと見える大きさになってきました。
ちなみに、昼間には日がさして、今日の最高気温は32.1℃でした。



a0123836_11594427.jpg

せきの上流部へ来ました。あれっ❔水がない~



a0123836_1202950.jpg

マルバヤナギの根っこが見えてます。いつもなら、根っこが水没してるんですよ。



a0123836_132653.jpg

タヌキ?が歩いた足跡が続いています。



a0123836_133294.jpg

こっちはアライグマかな?ひーふーみー…人間と同じ、5本の指がある!



a0123836_1342826.jpg

わあー(#^.^#)そこら中、足跡だらけだ。せきの水がひくと、いろいろな動物が来ているようです。何してるんだろう?



a0123836_1363195.jpg

水辺近くの草に、カヤネズミの巣がありました。子育てしているかもしれない♪ 驚かせないよう、そうっと離れます。



a0123836_1393336.jpg

湿地では、ヌマトラノオの花が、あちこちで咲いています。可憐ですね。花序が「虎の尾っぽ」のようだから「トラノオ」になったんだとか。 ちなみに穂が途中から傾くのが、オカトラノオで、花の時期が一月ほど早いようです。



a0123836_14375668.jpg
ハイハマボッスも小さな花を咲かせています。花は直径2〜3mmほどで、花期は6〜8月です。涼しげな姿をしています。




a0123836_13122359.jpg
今では、少なくなってしまった植物のひとつです。大切に見守りたいです。





a0123836_131338100.jpg
立派なヤマユリも見事!花がとても大きいです。こちらも6月下旬から8月ごろまで、見ごろが続くようです。




a0123836_13143281.jpg
夏本番!ぎらぎらと太陽が照りつけます。なんでも、この太陽光から生きもののつながりが始まるんだとか。




a0123836_1316378.jpg
こちらネイチャーセンターの湿性生態園は、いつでも散策可能です。




a0123836_13253885.jpg
ぜひ遊びに来てください。お待ちしています。



by isumi-sato | 2018-07-24 16:54 | いきもの

森の日陰、風が吹けばなお涼し

7月14日、晴れ。午前9時の気温は30.8℃、今朝の最低気温は24.7℃でした。
朝から30℃を超えています。
三連休の初日ですが、しばらくは35℃近くの猛暑に注意するように気象庁が呼びかけています。



a0123836_17180918.jpg
昼の万木堰、強い太陽が照りつけています。ここしばらく雨も少なく、田んぼに水を引いているため、水位が下がってきています。



a0123836_17182086.jpg
ヤナギ水没林のデッキでは水位の低下がよくわかります。




a0123836_17181480.jpg
時期を過ぎたのと、雨が降らなく強い日差し続きで、アジサイの花



a0123836_17181798.jpg
ガクアジサイの花ともに、枯れたドライフラワーのようになってきました。



a0123836_17182331.jpg
一方、畑の小さなヒマワリは花を咲かせ始めて元気です。



a0123836_17183150.jpg
雑木林に入ると空気が変わります。日陰に風が少し吹けば、天国のような涼しさを味わえます。



a0123836_17182654.jpg
クヌギの幹肌はこんな具合です。




a0123836_17183462.jpg
その上を見ると樹冠は、はっぱで空を覆っています。




a0123836_17183748.jpg
さらに寄ってみると、クヌギの(ドングリの)実の形が樹木の上の方で見られました。


林の中に風が吹いて、ヒラヒラと黒いアゲハチョウ(モンキアゲハやジャコウアゲハ、キアゲハなど)が飛んでいきます。




a0123836_17184093.jpg
樹冠を見ていると、野鳥が飛んできて枝にとまりました。
撮影してよく見ると、口に昆虫、甲虫類を口にくわえています。
夏は、えさも豊富。しかし食べられる方は必死ですね。




a0123836_17184311.jpg
昼過ぎの最も暑い時間帯ですが、万木堰の倒木上にはカルガモたちが直射日光のもと、一列に並んでいました。暑くないのかなーと、いらぬ心配をしますが、水面の近くは少し涼しい風が吹くのでしょうか?



a0123836_17185390.jpg
林道沿いでは、カラスウリの花のあとが見られるようになりました。
夜暗くなると、甘い香りと共に透けたレース状の花を広げます。昼間は、小さな白い跡だけが目につきます。秋には、オレンジ色の実をたくさんぶら下げることでしょう。



a0123836_17184632.jpg
田んぼのイネに花が咲いた写真を撮りました。
よく見ると、カマキリが一緒に写っています。
ここでも獲物を待ち構えているのでしょうか?


a0123836_17184961.jpg
百葉箱の中の今日の最高気温は、32.8℃。きのうを更新しました。
暑い中、ハスの花はまだまだ次々に咲き続けています。
ご来館お待ちしております。





by isumi-sato | 2018-07-14 17:22 | いきもの

むしむししましょう

7月5日(木)くもり。午前9時の気温は26.9℃、湿度は90%でした。やや蒸しますね~。なんでも戻り梅雨かも?なんて話を耳にしましたが…



a0123836_16543176.jpg

こんな時は、昆虫観察でムシ三昧といきましょう。もわっ…雑木林の中も、やっぱり蒸してます。



a0123836_16573074.jpg

クロカナブンがいました。食事中のようです。クヌギなどが生える雑木林で見られ、樹液に集まります。数は少ないカナブンなんだとか。



a0123836_1781072.jpg

キマワリもいました。ポケモンのキマワリじゃありませんよ。木の周りで見かける虫です。



a0123836_17114768.jpg

ヒメジャノメが休んでいます。やや暗い場所を好むチョウです。



a0123836_17135816.jpg

林縁ではスジグロシロチョウがいました。花ではなく、葉っぱのあたりを飛び回っています。



a0123836_17174197.jpg

たまに葉っぱにとまっています。何やってるのかな?



a0123836_17183542.jpg

とまっていた葉をめくると、あああ!たまご産んでたのね~。ひとつひとつ丁寧に産卵するんだぁ。初めて見ました♪



a0123836_17251729.jpg

「ねっ?昆虫観察は楽しいでしょう?」出会ったノシメトンボが、そう語りかけているようでした。
by isumi-sato | 2018-07-05 17:30 | いきもの

虫の声が聞こえてきました

7月4日、曇。午前9時の気温は27.2℃、今朝の最低気温は24.6℃でした。
朝から風がよく吹いて、きのうおとといの高温からはわずかですが解放されました。
台風7号が日本海を進み、昼ころ通り雨がありました。午後から風が時おり強く吹きました。上空の雲が早く流れていきます。
今日の最高気温は、30.4℃でした。



a0123836_18083819.jpg
ハス田ではハスの葉とたくさんの蕾が風で大きく揺れています。



a0123836_18084579.jpg
田んぼのイネは風に押されて、風が吹くもようを波のように描いていきます。



a0123836_18085224.jpg
雑木林では、上を見上げると樹冠のすきまが絶え間なく揺れ動いて、林が動いているようでした。クヌギ、コナラ、ムクノキなどの枝です。



a0123836_18085538.jpg
しばらく雨が降らないため、土が乾燥しています。昼の通り雨もお湿りにはならず、土は全く乾いたままでした。畑の草刈りをしていると、ものすごい土ぼこりが巻き上がっています。



a0123836_18085911.jpg
林道沿いを歩くと、たくさんのつる植物、特にカラスウリが元気にツルを伸ばして葉を広げているようすが見られます。蕾はもう少し後の8月に、夕方開く白い花が見られるでしょう。



a0123836_18090233.jpg
セミの鳴き声が聞こえるようになりました。ニイニイゼミがたくさん羽化して鳴いているもようです。草地からは、昆虫の鳴き声も聞こえてくるようになりました。
「ジィー、ジィー」。虫の鳴き声が今年は少し早いような気がします。
湿性生態園のオギには、大きくなったヒメギスがついていました。

植物は育ち、昆虫たちもますます元気になってきました。

ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-07-04 18:11 | いきもの

夏至。雨一時曇。「ホイホイホイ」の声。

6月21日、雨一時曇。午前9時の気温は20.5℃、今朝の最低気温は18.9℃でした。
天気予報では曇でしたが、雨がなかなか上がらない一日となりました。
今日は夏至。一年で最も昼の時間が長い一日です。今日の日の出は4:30ころ、日没は19:00ころで、昼間が14.5時間もあります。



a0123836_17271313.jpg
近くの田んぼでは、雨の中今頃になりましたが、田植えを行っています。
大面積を耕作している農家でしょう。飼料米の植え付けです。



a0123836_17271805.jpg
きのうの雨は雨量が65mmを超えました。そのため万木堰も水がたまり、堰から落ちている水量が増えて、田んぼの脇の水路でも流量が多く水位が上がって勢いよく水が流れています。
こんなに水が流れていると、流されていく生きものもいるのでしょうね。



a0123836_17272298.jpg
ハス田ではつい先日開花が始まったところなのですが、ハスの花は早くも散り始めているものが見られます。花の命はほぼ4日間です。つぼみがたくさんありますので、連日開花は続くものでしょう。




a0123836_17272535.jpg
田んぼの隣のホテイチクには、羽化したばかりのアオイトトンボの仲間がとまっていました。



a0123836_17272994.jpg
湿性生態園の水路も水量が増して流れたようすがわかります。水路の中のマコモが一部倒れています。




a0123836_17273453.jpg
カラムシの葉が元気よく広がっています。
よく見ると60度ずつずれるようにして新しく対生の葉が出てきているようすがわかります。



a0123836_17273729.jpg
今日は、オギの葉がまるでちまきのように、折り曲げられて部屋のような空間が作られている部分を見つけました。



a0123836_17274175.jpg
ひろげてみると、、。
中には、糸で作った部屋があり、昆虫と卵が見られました。
ススキなどをまいて中に住むというカバキコマチグモのようです。
毒性が強くかまれると痛いといわれていますので、ご注意を。




a0123836_17274550.jpg
湿性生態園の上空に、ダイサギが羽を広げて飛んでいきました。
そして、「ホーホケキョ」や「トッキョキョカキョク」の鳴き声に混じって、「ホイホイホイ」。「ツキヒホシ、ホイホイホイ」という鳴き声が聞こえてきました。
サンコウチョウがやって来て鳴いているようです。


ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-06-21 17:29 | いきもの