人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:作業風景( 43 )

「鬼は外!」「鳥は内?」

2月3日(日)晴れ。午前九時の気温は3.1℃、湿度は91%です。今日は節分ですね。節分って「季節の変わり目には鬼が生ずると考えられており、それを追い払うための行事。」こういう日なんだそうで。さっそく「鬼は外!」…




a0123836_14153844.jpg
「福は内」ピピピ…⁇ 鳥が内に入ってきましたよ。





a0123836_14154374.jpg
セグロセキレイが迷い込んだようです。福がありそうですが…「鳥は外!」。可哀そうだから、出してあげないと(;^ω^)…





a0123836_14154788.jpg
カワイイ♡ 水辺の近くで生活し、地上を歩いて昆虫などをとり、立ち止まって尾をふるセキレイ類。扉を開けると、サーっと華麗に飛んでいきました♪





a0123836_14150916.jpg
湿性生態園では、暖かな日差しが降りそそいでいます。今日の最高気温は、15.5℃まで上昇しました。





a0123836_14204053.jpg
ああ!水漏れ発見です。水路は、維持管理が大切なんです。アメリカザリガニが穴を開けたり、水の力そのものが水漏れを引き起こしたり…




a0123836_14213677.jpg
さあ、治水工事の始まりです!こちらでは、さきほどの水漏れをふさぐ工事が行われています。冬なのに汗だくです。





a0123836_14205356.jpg
「ここには昔、池があったそうな」しかし今は、川の水が途中で漏れてしまい、ここまで水が来なくなりました。ところが、水漏れを止めると…





a0123836_14242072.jpg
あら不思議。池が出現しました。一ヶ所の穴をふさぐだけで、水がたまります。





a0123836_14243443.jpg
水面に写りこむ景色がキレイ☆ 湿地が徐々によみがえります。





a0123836_14245146.jpg
もうすぐ、二ホンアカガエルやトウキョウサンショウウオの産卵が始まります。こうした水たまりは、とても大切なんです。産卵場所ができてヨカッタ(^^♪





a0123836_14252716.jpg
水の中を網でガサガサしてみます。ワオ!久しぶり~♪ スジエビに出合いました。





a0123836_14253377.jpg
ヒメゲンゴロウもいます。まだまだ寒いのでしょう…じっと春を待っているようですね。この辺りでは、4月ごろから活動を始める水生昆虫です。





a0123836_14254485.jpg
ヤツもいます。穴あけ水漏れをする犯人…アメリカザリガニです。落ち葉の下で、じっといたずらをする機会をうかがっているようです。





a0123836_14260385.jpg
先日降った雪に、人間の足跡がくっきり残っています。誰のでしょう?





a0123836_14261192.jpg
ヒトの足跡の脇に、別の動物の足跡が確認できます。こちらも誰でしょう?





a0123836_14261698.jpg
足跡からしてカワイイ♡ 想像が膨らみます。
明日はいよいよ立春です。「春よ来い♪早く来い♪…」春が待ち遠しい、今日この頃でした。


by isumi-sato | 2019-02-03 17:00 | 作業風景

田んぼの準備ーSTARTーです

1月27日(日)は快晴です☀ 午前9時の気温は4.4℃、湿度は51%です。カラカラに乾燥する、今日この頃です…



a0123836_15472744.jpg
田んぼの土もカラカラです。青空のもと、田んぼの「荒おこし」と呼ばれる作業が行われました。





a0123836_15474998.jpg
田植えに向けて、早くも準備スタートです!耕うん機のエンジンがうなります。





a0123836_15475867.jpg

土を耕すのは、①田の表面にあるわらや、刈り株などをすきこむ。②土を砕くことで水や肥料を蓄える力を強くする。③表面にある雑草の種をすきこむことで、雑草の発生を減らす。といった効果があるんだそうです。



a0123836_15480733.jpg

とても重要な作業なんですね。土がフワフワになってる!今年も早や、おいしいお米の予感がします♪





a0123836_15485318.jpg
上を見上げると、だいぶん梅の花がほころび始めています。きれいだなぁ…





a0123836_15490108.jpg
花期は2~3月が見ごろだそうです。もうすぐ2月!楽しみですね~(^^♪





a0123836_16281370.jpg
畑ではダイコンの脇で、アブラナ科の黄色い花、ナバナが、鮮やかに咲いています。





a0123836_16282999.jpg
見てもよし、食料にもなる、楽しさ2倍だからうれしいかぎりです。





a0123836_16284060.jpg
先日お伝えしたフユシャク類…出会った場所を再び訪れてみました。なにかある!





a0123836_16284748.jpg
卵のようなものがあります。あのときのフユシャクの仲間が産んだものでしょうか? 大切に見守りたいと思います。





a0123836_16290571.jpg
田んぼではまだ、準備作業が続いています。今年も、おいしいお米がとれますように‼

by isumi-sato | 2019-01-27 17:15 | 作業風景

剪定作業をしました

1月18日(金)、今朝の最低気温は0.8℃、湿度35%、北寄りの風で平均風速は4m/s。
寒い朝ですが、車のウインドウが凍りついてはいませんでした。乾燥しているせいでしょうか。


a0123836_14121161.jpg
朝から快晴です。写真の左側、杉はずいぶんと花をつけています。関東では3月から4月上旬がピークのようです。予報では当地は平年並、ということですが・・・・どうなるでしょう。


a0123836_14122262.jpg
突然ですが、これは何という木の葉っぱでしょうか? わかればすごい!!

a0123836_14122416.jpg
こちらでは、いかかですか? 実は同じ木なのですが・・・
葉っぱが汚い、黒く汚れている! そうなんです。


a0123836_14122656.jpg
こちらも、枝まで黒くなっています。そして、枝に何か着いているのが分かりますか。


a0123836_14122940.jpg
こちらのほうがもう少し分かりやすいかな。
黒い枝に白いものが・・・

この木はクロガネモチ。黒い葉っぱはいわゆる「すす病」にかかっています。そして枝についていた白いものはルビーロウムシと言うカイガラムシの仲間のようです。
WEBで色々見ていると、
「植物の師管(光合成で作った栄養などを運ぶ管)から液を吸って生きている昆虫」で、「虫の排泄物にカビが生えて、その色が黒」ということのようです。

要は虫を駆除して葉を洗えばいいようですが、さすがに虫一匹一匹を手で駆除するのは大変な作業ですし、葉っぱ1枚1枚を洗うわけにも行かないので、虫が活動しないこの時期に枝ごと駆除することにしました。
実は数年前にも駆除を行ったのですが、また発生。虫ですから、どこからともなく飛んでくるのでしょう。しかたがない。
外灯の脇にこの木があるので、夜でも明るいことも関係しているのかも。


a0123836_14123144.jpg
ということで、とりあえず虫の駆除=枝の剪定を行うことにしました。


a0123836_14123984.jpg
以前おこなった剪定の跡。

a0123836_14123583.jpg
今回も剪定バサミで作業をはじめましたが、思いの外に広がっており・・


a0123836_14123717.jpg
のこぎりで枝ごとバッサリ。



a0123836_14123351.jpg
枝を捨てるためにリヤカーに積んだら、れいの黒いものが葉っぱから剥がれてまるでススのようです。スス病と言うのがよく分かりました。


a0123836_14124102.jpg
切っていったらアチラコチラに虫がいて・・更に木の上の方にも・・ということで、ついにはこの様になりました。

以前もこんな感じで剪定したので数年で剪定前の状況に回復はしますが、いましばらくは寂しい姿でみなさんをお迎えすることになってしまいました。

センターにおいでの際は、なぜ坊主にした!! とは言わないでくださいね。


by isumi-sato | 2019-01-18 17:01 | 作業風景

倒木処理っておもしろい(#^.^#)

1月9日(水)…今日も快晴です☀ 午前9時の気温は4.8℃、湿度は60%でした。ここのところ、ずーっと晴れてて、空気がやや乾燥しています。




a0123836_15104398.jpg
そして、北風ピューピュー…冷たい北風が強いですね~。寒っ!





a0123836_15105403.jpg
こちらの風速計では、最大風速14mを記録しています。強風です!




a0123836_15173044.jpg
(H30年9月30日撮影)
ですが、この程度の風で驚いていはいられません。皆さんおぼえていますか?H30年9月30日の台風24号…





a0123836_15181215.jpg
(H30年9月30日撮影)
大雨と強風で、各地で被害が相次ぎましたよね。こちらの施設でも、浸水被害にあいました。ジャブジャブ…





a0123836_15181718.jpg
(H30年9月30日撮影)
その復旧作業を思い出します。たいへんだったな~…





a0123836_15215076.jpg
しかし、まだ終わっていなかったのです。あの台風で、ポッキリ大木が折れたままです。デーンと倒れたままで、とてもジャマ!





a0123836_15304517.jpg
根元から倒れています。幹の直径が60㎝はあるでしょうか?こいつは手ごわそうです。





a0123836_15341978.jpg
バリバリバリ…チェーンソーのエンジン音が山にこだまします。




a0123836_15325500.jpg
切っても切っても同じ年輪模様!まるで金太郎飴を切っているようです。楽しい♪





a0123836_15361043.jpg
金太郎飴、いえいえ大木がこんな小さくなっちゃいました。





a0123836_15364384.jpg
こんな倒木が…あっという間に…





a0123836_15372927.jpg
あ~、スッキリした♪ とても気持ちのいい景色が復活です。
本年もぜひ、たくさん遊びに来てくださいね!






by isumi-sato | 2019-01-09 17:00 | 作業風景

ハスの花がきれいに咲きますように⁉

10月19日(金)☁くもり。午前9時の気温は18.3℃、湿度は76%です。いまは、寒露(かんろ)という季節だそうです。涼しさを通り越して、寒そうな名前ですね。




a0123836_16231507.jpg
蓮田の風景も、ずいぶん寂しいものに移り変わってきました。




a0123836_16253894.jpg
ハスの種は、ほとんど落下したようです。この蜂の巣のような部分を使う工芸品があるそうです。どんなものなんだろ?




a0123836_16304424.jpg
スタッフが枯れたハス田の中で、なにやら作業をしています。「何しているの?」




a0123836_16314375.jpg
「間引き作業を行っています。きれいな花を咲かせるための、準備作業なんですよ。」なるほど、寒いのにご苦労様。




a0123836_16352819.jpg
ひときわ目立つ瑠璃色の虫を発見! んっ?カメムシ? 調べてみると、瑠璃口太亀虫(ルリクチブトカメムシ)という長~い名前の虫でした。千葉県では、絶滅が心配されているカメムシのようです。




a0123836_16412901.jpg
館内の水槽では、リニューアル向けた準備が進められています。順次新しい生きものが増えますので、ぜひ見に来てください。




a0123836_16435187.jpg
こちらの水槽には何が入るのでしょうか?ご期待ください!

by isumi-sato | 2018-10-19 17:00 | 作業風景

台風24号が接近!~すでに館内浸水~

9月30日(日)くもり。午前9時の気温は21.4℃、湿度は95%です。台風24号による被害が、あちらこちらで発生ているようですね。心痛みます。朝の七時には、屋久島の南西あたりに台風はいます。これからぐっとスピードを上げて四国、大阪、中部、新潟、東北へと本州を縦断するコースの予報が出ています。ここ千葉県では、今晩の遅い時間に最接近するそうです。できるだけ被害が小さくなりますよに!




a0123836_13475171.jpg
未明から朝方にかけて、大雨が降りました。ここ千葉県いすみ市では今朝、大雨警報と洪水警報が発表されました。川の水が、ところどころで氾濫しています。





a0123836_13490438.jpg
いつものように出勤すると、「床がピカピカにきれいだなぁ☆」と感じました。しかし…





a0123836_13490905.jpg
ジャバジャバ足音が、館内に響きます…「まじ卍?」「これ水?」。けっこうな水たまりができているじゃあありませんか‼





a0123836_13492454.jpg
あわてふためき雨量計を見ると…111mm⁉ 午前3時から9時の間に、集中的に降ったようです。この記録用紙の見方は、横線のときは雨量ゼロ、縦線が降っていることを表しています。縦の線がビンビンしているのは、ガンガン雨が降ったことを表しています。



a0123836_16110863.jpg
いつも紹介している万木堰の水位は、かなり上がりました。




a0123836_16111362.jpg
堰のオーバーフロー部、コンクリート管は完全に水面の下になりました。管上部のコンクリート構造物天端から15cmくらい下にまで水位が上昇しています。


a0123836_13493691.jpg
復旧開始です。安全に問題はなかったので、館内は開館します。お客さんの邪魔にならないよう、浸水した水を外へ排出していきます。





a0123836_13494173.jpg
ジャバ―…水が外へと流れていきます。「水だけだからまだいいよね」「これに泥が加わったら大変だよ」と職員がつぶやきながら、復旧作業は続きます。






a0123836_13494487.jpg
「暑いι(´Д`υ)アツィー」南からの湿った空気が流れ込んでいるのでしょうか?汗をかきながらの作業です。
記録をたどると、昨年も9月28日のブログに同様な館内浸水の記事がありました。


これから台風本体がやってきます!皆さま、くれぐれもお気を付けください。

by isumi-sato | 2018-09-30 17:15 | 作業風景

秋分の日🎌

9月23日(日)はれ☀ 午前9時の気温は24.7℃、湿度は80%でした。今日は、秋分の日で祝日です。昼と夜の長さが、ほぼ等しいころなんだとか。これから徐々に日が短くなっていくんですね。



a0123836_14093835.jpg
仏教では、秋分の前後7日間を彼岸といいます。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれているように、そろそろ厳しかった暑さも終わりかな?
田んぼの畔では、ヒガンバナが競うように咲き誇っています。




a0123836_14135915.jpg
水田では、稲の収穫が終わりました。わらが山積みです。




a0123836_14164062.jpg
そんなわらを、スタッフがどこかへ運び出しています。ついていくと…




a0123836_14173782.jpg
畑へやってきました。畑のわきへ、わらのお引越し。




a0123836_14183239.jpg
きれいに積みなおして、発酵させて、たい肥を作るんだそうです。たい肥って、畑の土をつくる大事なものなんだとか。これでおいしい野菜ができるんですね。無駄がない!




a0123836_14204647.jpg
千葉県の特産『落花生』が、まもなく収穫の時期を迎えます。その前に、どんな様子か試し掘りをしてみましょう(^^♪




a0123836_14222910.jpg
わお!たくさん実がついていますね。今年は、なかなか期待がもてそうです。




a0123836_14233473.jpg
この落花生の品種は“千葉半立(ちばはんだち)”というもので、とても食味がいいんだそうですよ。
『落花生の栽培体験をしよう』の参加者の皆さま、まもなく収穫作業です。10月7日(日)9:00~を予定しています。お待ちしています😊




a0123836_14294117.jpg
赤とんぼの仲間が、じょじょに目につくようになってきました。赤い体色がキレイですね。




a0123836_14350412.jpg
突然ですが問題です。この写真にトンボは何匹いるでしょう?




a0123836_14355051.jpg
答えは…5匹 でした。 えっ⁉ 簡単?




a0123836_14374534.jpg
つづいての問題…この中にチョウがいます。さてどこにいるでしょう?




a0123836_14384383.jpg
「これは難しい!」って声が聞こえてきそうです。ふふふ…まったくスバラシイかくれ技ですね。お見事!
たぶん…クロコノマチョウかな?「もともと主に南日本に分布していたチョウだが、徐々に分布域を北に広げ、千葉県では1980年代ころから見られるようになった。」と千葉県立中央博物館HPで紹介されていました。




a0123836_14572254.jpg
駐車場では、もち米の乾燥作業がつづいています。むしろの上にもち米を置いて…




a0123836_14574246.jpg
『天地返し器(てんちがえしき)』という昔の農具を使って、うすく広げていきます。これを使ってお米を広げると…




a0123836_14574729.jpg
こんな模様になるんです。どこかで見たことありません?スタッフの間では、「日本庭園の風景を思い浮かべない?」と話題になっています。皆さんから見て、いかがでしょう?




a0123836_14573558.jpg
さて、もち米は乾いたでしょうか?水分量15%ぐらいがちょうどいい乾燥具合なんだそうです。乾かしすぎてもダメ、水分が多くてもダメ、おいしいお米にならないんだとか。食べ物って、たくさんの手間と高度な技が必要なんですね。感謝!




明日は開館しています!月曜日ですが祝日なので、やっていますよ~。皆さまのお越しをお待ちしています!











by isumi-sato | 2018-09-23 17:07 | 作業風景

海の日の風景

7月16日(月)は、海の日で祝日です。皆様、いかがお過ごしですか?午前9時の気温は29.9℃!湿度は85%です。

a0123836_15034838.jpg
海の日なので、海の写真です。
その話はのちほど、、。


a0123836_1114718.jpg

太陽がぎらついています。海の日にふさわしく、ギラギラ猛暑日となりそうですね~ι(´Д`υ)アツィー
夕方の百葉箱は、最高気温32.2℃を記録しました。館内柱の温度計でも、32℃でした。


a0123836_1151336.jpg
そんな中、汗だくになって働く人がいます。畑の作物も、暑さで水不足になっているんだとか。



a0123836_1172255.jpg
土中深くまで、カラカラになっているじゃぁありませんか⁉




a0123836_11101194.jpg
このサトイモは、特に水やりが大切な作物なんです。あげないと、美味しい里芋にならないそうですよ。



a0123836_1111567.jpg
水をあげましょう♪ 畑の作物が喜んでいるように見えます。美味しい野菜があるのは、丹精込めてつくる方がいるからなんですね(#^.^#)



a0123836_11122576.jpg
あっ!セミのぬけがら発見です。耳を澄ませば、ここ数日あたりからセミの声がたくさん聞こえます。



a0123836_11133136.jpg
セミの声に誘われて雑木林に入ると、立派なノコギリクワガタがいました!みんなが観察できるよう、遠くから見守ることにします。
※職員が同行する観察会以外は、園内での採集は禁止されています。ご注意ください。


------------------------------------------------------

7月22日開催行事「海辺の植物観察」の下見に行ってきました。

a0123836_15035333.jpg
海辺にも強烈な日差しが照りつけていました。しかし、海風がよく吹いて普通の陸地よりは、格段に涼しい感じがします。三連休の最終日なので、砂浜にはいつもより多めに、釣師、家族連れなどの人がいます。
海は砕ける細かい波が寄せていました。




a0123836_15035751.jpg
国指定第一号の「太東海浜植物群落地」では、今まさに スカシユリ が満開状態でした。




a0123836_15040244.jpg
ハマボッスも小さな花を咲かせています。ホッスというハエなどを払う仏具に似ていることからその名がついているといいます。




a0123836_15040598.jpg
ハマオモト(ハマユウ)の白い花も咲いています。
年平均気温15℃の線とこのハマオモトの分布限界が重なることから、暖地性植物の生育する境界線「ハマオモト線」という指標として有名です。




そして今日は、今まで気がついていなかった植物も、改めて認識することができました。



a0123836_15040749.jpg
イワダレソウというクマツヅラ科の植物です。小さな花が集まった長楕円形の穂
に目をひかれました。田や畑のまわりに雑草対策として ヒメイワダレソウ という植物がまかれていることがあります。海辺に生きるその仲間のようです。観察していると毎回、新しい発見に出会えるものです。

7月22日の観察会は、まだ余裕があります。ご参加・申し込みをお待ちしております。



by isumi-sato | 2018-07-16 16:53 | 作業風景

草刈り、砂利運び、枝切り、植付け、、。


2月16日(金)曇り。午前九時の気温は5.7℃、今朝の最低気温は2.6℃、昨日の最高気温は14.1℃でした。昨日はぬるい風が吹いて暖かかったなぁ。



a0123836_17233431.jpg
曇空には、猛禽が舞っていました。今日の鳥は、トビでした。




a0123836_17234266.jpg
今日は朝から4人がかりで建屋南側に広がる昆虫広場の草刈りです。
刈るのは主にススキ、オギです。春の芽吹きですぐ再生されるので、ある程度は思い切って刈り取りをします。でも冬ごもりしている生き物もいるだろうから、逃避先も確保するため刈り残しも作ります。
大きく三つのゾーンを残し、景観に配慮して数カ所の小さなススキの株を残すという、色々考えながらの草刈りです。





a0123836_17240619.jpg
昆虫広場の奥半分がかなりすっきりしました。





a0123836_17241488.jpg
玉砂利をトラック一杯購入しました。
使い道は、デイキャンプ場洗い場の足元と建屋軒下の雨だれ落ちの溝です。





建築から20年以上経過し、最初はどこまであったのか?
屋根から落ちてきた雨水をうけるぺブルサイズの砂利を入れてある雨水排水路。
子供たちが砂利を蹴飛ばしてまき散らし、ずいぶんと減っていました。そこでついに補充することにしました。
また子供たちに蹴りだされるであろうことは覚悟しながら・・



a0123836_16152812.jpg
手前の方はまだ砂利を補充していない部分、奥の方は補充した部分です。


a0123836_16155372.jpg

a0123836_16154386.jpg
きれいに補充しました。
でも小さなこどもにとっては、玉砂利の足ざわりとけり出す感触、楽しいのですね。
いつまでもつでしょうか、ちょっと心配。蹴りださないでの。






a0123836_17324449.jpg
昆虫広場の奥半分は、きれいにオギ、ススキの刈取りをしました。
見通しがよくなって、午後に見ていると地面と枝を行ったり来たりしている野鳥が見られます。


a0123836_17243449.jpg
コブシの枝につがいになったモズたちがとまっていました。右下と左上です。
刈りはらわれた後の草地には、いろいろな食べ物が見つけやすかったようです。





先日の雪の影響で池のほとりのスダジイの枝が折れて垂れ下がっていました。
今日はその処理を行いました。はしごに上って高い場所の折れた枝を切りました。
一本の樹木に3カ所ほど折れた場所がありました。
作業中は写真撮影ができませんでした。


a0123836_17292876.jpg
片付ける枝を集めてみると、軽トラックにあふれるほどの量でした。
空中にある枝を地面に下してみると、そのボリュームの多さに驚かされます。




a0123836_17242437.jpg
カキノキの苗を植えました。植穴を大きくとって、土、堆肥、炭などを十分に入れました。




a0123836_17244090.jpg
根元にワラまで敷き込んで、大切に植えつけています。
ディキャンプ場にある一本のカキノキの実のつきがよくないので、この植えた樹が早く大きくなっておいしい実ができることを願います。



もう少しで温かくなります。ご来館お待ちしております。





by isumi-sato | 2018-02-16 17:30 | 作業風景

晴れはいいものです / 種まき器 樹名板

11月25日(土)、午前9時の気温は12.1℃、快晴で雲一つなく、暖かなスタートとなりました。でも、最低気温は4.4℃と、昨日より低めです。ちなみに昨日の最高気温は15.3℃でした。



a0123836_17263787.jpg
万木堰の上に快晴の空が広がっています。





a0123836_17264122.jpg
中央の堰の奥では、たくさんの水鳥たちがくつろいで楽園状態です。
今年の現在のところは、渡り鳥のマガモがたくさん来ています。



a0123836_17264538.jpg
先日の雨により上がった堰の水位はというと、二十センチくらい下がったようです。






a0123836_17265042.jpg
水は落ち続けて堰の落ち口では水音が響きつづけていますが、流量は先日よりは少なくなって、ホタルの水路でも岩がのぞき始めています。ホタルの幼虫を考えるとひと安心です。



a0123836_17265412.jpg
今日も雑木林の林床は日当たりのよい暖かな落葉のカーペットが広がっています。
この写真の日影が生まれている場所は常緑樹があるところです。雑木林の中でも、冬には日が当たるか否かでずいぶんと暖かさが変わるものです。



a0123836_17270050.jpg
隣接する丘陵斜面のコナラにもよく日が当たっています。そこにアカタテハが飛んできてひと休みしています。このアカタテハは、成虫で冬を越す数少ないチョウのひとつです。




a0123836_17274104.jpg
メギの赤い実にも日が当たって目立っています。



さとの文化祭は残すところ今日と明日の2日間です。
今日もお子さん、お孫さんの作品を見学に来られました。
そして、お子さんはザリガニ釣りがしたいと・・・・

さすがにこの季節は無理なのですが、なかなか説得に応じず。勇んで出陣するも、しばらくするとあきらめて戻ってくるパターンばかりでした。


一方、職員は今日の作業として、麦の種まきをしました。ほかにも作業はありますけれど。今日はこれを紹介。

a0123836_15000531.jpg
大麦の種です。品種名が・・・微妙なので割愛。


a0123836_15004243.jpg
種まき機で種をまいているようす。フェースブックに動画をアップしました。
畑作業としての、種まきの一連の流れのダイジェストです。
種まき機はセンター機関紙さとのかぜでも紹介していますが、手でまくよりはきれいにいくようだ、というのが使った職員の感想。
(さとのかぜNo.194農機具今昔物語参照)
たまには使ってやらないと、道具がかわいそう、という思いやりでしょうか。


a0123836_15005085.jpg
分かりにくい写真でごめんなさい。
でも、まあまあ、きれいに穴から種が落ちでました。





a0123836_17272728.jpg
一方、樹名板に仕上げのニスを塗りました。
乾いてから、樹名板の設置を始めました。






a0123836_17274871.jpg
堰の落ち口に近い所に生えているクロアゲハがよく舞う高木にも設置しました。
カラスザンショウの幹肌です。




a0123836_17280366.jpg
中庭のベンチに忘れ物が、、、。ネイチャーコレクション、色塗りをして乾かしておいたものを忘れてかえってしまったようです。持ち主のいないメダルは少しさびしそうです。都合がよろしければ、この作品を取りにいらしてください。




a0123836_17282144.jpg
夕方の空、少し雲がでましたが、明日も晴れのようです。
いよいよ「さとの文化祭」は、明日26日までです。
ご来館お待ちしております。




by isumi-sato | 2017-11-25 17:34 | 作業風景