千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:グループ・学校利用( 188 )

もうすぐ夏休み

7月19日(木)、午前9時の気温30.4℃、快晴。今日の最高気温30.433.4℃、14日から6日間連日朝9時の時点で30℃を超える真夏日です。来週から多くの学校で夏休みが始まると思いますが、私の家では子供たちが夏休みまで何日かというカウントダウンが始まりました。「今日行ってあと1日で夏休み!」とウキウキですが親としては複雑な気持ちです。

a0123836_13500064.jpg
万木堰のようす。ここにたどり着くまでに汗だくです。セミの鳴き声が響きます。


a0123836_13502515.jpg
近くでは、カラスザンショウの花がいっせいに咲き始めたようです。風が吹くたびその小さな花がパラパラと落ちていく様子が観察できます。


a0123836_13500652.jpg
田んぼでは白くてかわいい花を咲かせる稲穂が少しづつ増えてきました。一つの穂には100個ほど花が付くそうです。花は穂先から咲き始め、一週間ほどで全て咲き終わります。受粉をすると籾の中に胚ができそれが育って米となっていきます。穂が生長し実を付けるまでのこの時期が一番多くの水を必要とするそうです。(田んぼの生き物図鑑/山と渓谷社)


a0123836_13500944.jpg
その穂の近くには、アライグマの足跡がバッチリ残っていました(汗)。


a0123836_13501375.jpg
ハス田のようす。今日も見事に咲き誇っています。


a0123836_13501670.jpg
ハスを見に来る方、写真を取りに来る方…様々ですが、ハスの花芽は増え続けています。皆さんもぜひ近くで見てみてください。お待ちしております。


a0123836_13502006.jpg
ヤブガラシの花がだいぶ目立つようになりました。万木堰近くにあるアジサイに絡まって天に手を伸ばすかのように花を咲かしています。その小さなオレンジ色の花にはアリなどの小さな虫が多く集まっていました。



a0123836_13502880.jpg
クサギのつぼみでしょうか?昨日ぐらいから目立ち始めました。葉をちぎって匂いを嗅ぐとむせかえるようなくさいにおいがします。興味がある方はお試しあれ。

もうすぐ夏休み。お子さんを連れてセンターへ遊びに来ませんか?お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-07-19 17:25 | グループ・学校利用

ここは天国/出穂

7月13日(金)、午前9時の気温28.9℃、今日の最高気温32.2℃、晴れ。朝から日差しがギラギラ。夏真っ盛りな朝の始まりです。


そんな暑い朝ですが、近隣の小学生1.2年生8人のお友達がセンターで校外学習です。今日う行う内容は、館内説明・竹とんぼ作り・自然観察・ザリガニ釣りです。いろんな体験ができますね。

a0123836_14434550.jpg
まずは館内のジオラマを使って、センター周辺のようすを解説。丘陵や田んぼ、ため池等…みんなが住んでいる地域に少し似ていませんか?その後、水槽展示している生きものの解説(ミヤコタナゴ、ゲンゴロウ、サワガニ、トウキョウサンショウウオなど)を行いました。。


a0123836_14435575.jpg
次は竹とんぼ作りに挑戦。キリを使って竹とんぼの羽の真ん中に穴を開けていきます。初めて使う道具ですが、うまく穴が開いたかな?その後サンダーで羽を削り、ランプであぶってひねりを加えます。


a0123836_14471086.jpg
柄の部分を取り付けて、接着すれば完成。みんなで竹とんぼ飛ばし大会が始まりました。みんな上手に飛ばせたかな?


a0123836_14473518.jpg
その次は自然観察です。イスミスズカケの解説後、昆虫広場脇の水路で観察。メダカ、ドジョウ、クモ、アメリカザリガニなど生きものがすぐ見つかりました。ザリガニが日本に導入された経緯なども解説しました。ネコヤナギ、ネムノキ、ツバキなどの解説していたらお友達がセミの抜け殻を見つけました。「泥が付いてる」「小さい!」などの発見が次々飛び交います。今日拾った宝物ですね。


a0123836_15272461.jpg
畑ではいきなりのクイズ「この黄色い花の咲いた植物は何でしょう?千葉県の特産物で、「ら」が付く食べ物だよ」みんな考えた結果「らっきょう?」との回答。あれ?ラッカセイですよ。



a0123836_14474045.jpg
ハス田では、木道デッキに足を踏み入れた瞬間「いい匂い~」との歓声が沸きました。すっきりとして何とも言えない香りです。花もつぼみも葉っぱも大きい「葉っぱのほうが校長先生の手より大きい」かわいい意見ですね。


a0123836_14475539.jpg
お昼を食べた後は、楽しみにしていたザリガニ釣りです。「早くやりたいよ~」。竿の持ち方、ザリガニ釣りの釣り方などを解説しました。網でとったことはあるけど、竿でザリガニを釣ったことはみんな初めてだそうです。30分の間になんと11人で53匹!これだけつれれば楽しいですね。


a0123836_14480223.jpg
釣り終わって水路に放す前にはオスとメスの区別の仕方を解説しました。いくつかある中の一つですが、腹の分部を見て区別します。オスは腹肢が変化し前方に伸びて交接器となっていて、メスには交接器がない。その代わり卵を抱えるための小さい腹肢がたくさんあります。その違いで区別してもらいました。みんなわかった?

帰りがけに、一人のお友達が「ここは天国だね!」といってくれました。うれしいなあ。そんなことを言ってくれるなんて。将来有望ですね。

a0123836_14480795.jpg
田んぼでは、稲の花が咲いていました。昨日のブログでは出穂が見られるのは来週ぐらいではないか‥と書きましたが、スイマセン。花まで咲いていました。


a0123836_15523489.jpg
職員が、稲を切って中身を見てみると、淡い緑色の小さい穂がきれいになりていました。自然の力はスバラシイ!豊年を願いましょう!田植え体験に参加された方、稲刈りが楽しみですね。

毎日発見がいっぱいのセンターです。

ぜひお越しください。お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-07-13 17:26 | グループ・学校利用

小暑のなかで地元学

7月11日(水)の天気は晴れです。午前9時の気温は、早くも30.0℃に到達!小暑の季節らしく、本格的な夏日になりそうです。



a0123836_13341158.jpg

そんな中、こよなく「地元学」を愛する一行が、ここ千葉県いすみ市を訪れてくれました。



a0123836_13373260.jpg

「地元学」ってなんだろう?検索すると、たくさん出ていますね~。



a0123836_13472840.jpg

あるHPには、「足元にあるものを確認し、その意味を知る。…そこから地域のこれからが示されていく…」う~ん、奥の深い学問のようです。



a0123836_1349977.jpg

イスミスズカケの花を見ています。さすがお目が高い!ここいすみ市だけに咲く花なんですよ~♪



a0123836_13511177.jpg

草の茎を使って、ドジョウを捕まえようとする人がいます。「おしい!」あと少しのところで逃げられてしまいました。すごい技に驚きです。



a0123836_14191020.jpg

雑木林や湿地、水田、水路、堰など、多様な里の自然を散策しました。そこで、いろいろな植物や動物に出会えました。



a0123836_14215986.jpg

また遊びに来てください!夏の自然観察は、盛り上がりますよ~☀
by isumi-sato | 2018-07-11 16:16 | グループ・学校利用

Gracias(グラシアス)!

7月8日(日)晴れ。午前9時の気温は27.8℃、湿度は78%でした。太陽が朝からギラギラ照っています。




a0123836_177575.jpg

そんな中、太陽と情熱の地メキシコから、学生たちがネイチャーセンターを訪れてくれました。



a0123836_1713323.jpg

目的は、ここ夷隅地域の水環境を学ぶため。
どこにでもあるため池は、田んぼに水を送るための、先人たちの工夫だったんですね~。



a0123836_17164244.jpg

なんでも、この辺は川が遠かったりして、なかなか水田に水を入れられなかったそうです。川に近い場所でも、川が低いところを流れているため、なかなか川を利用できなかったんだとか。



a0123836_1720407.jpg

そこで、各所にため池がつくられたそうですよ。うーん、僕も勉強になる♪ お米をつくるには、たくさんの水が必要なんです。稲一株あたり20リットルの水がないと、お米ができないって…驚きです。



a0123836_17262071.jpg

水田へ流れる水路で、生きもの観察をしました。「かわいい~♡」



a0123836_17273353.jpg

ドジョウや川エビ、貝類などを見て、感激している様子でした。



a0123836_17284178.jpg

「日本の緑は、とてもキレイ!」「この美しい景色は好きだ!」とても流ちょうな日本語で、日本をほめていただきました。



a0123836_17304644.jpg

「キョンかわいい」と、すでにキョンに出会っているようです。



a0123836_17321460.jpg

ハスの花も美しく咲いています。豊かな水にも関心していました。



a0123836_17352923.jpg

グラシアス(ありがとう)!メキシコのお土産をいただきました。



a0123836_1736420.jpg

メキシコの工芸品やお菓子のプレゼントです。チャオ(またね)!
by isumi-sato | 2018-07-08 17:50 | グループ・学校利用

ハスの花って大きいね


6月14日、曇。午前9時の気温は19.6℃、今朝の最低気温は17.6℃でした。
空は雲ばかりで、少し涼しさを感じる朝のスタートです。


a0123836_15035572.jpg
今朝は、農機具小屋の屋根に黒い鳥たちが、複数とまっていました。
たまに田んぼの上空をスイスイと飛び回っています。
どうやら巣立ちしたばかりのツバメ一家のようです。
親が近くに来ると、飛ぶことを覚えたばかりの子どもたちは、黄色い口を大きく開けています。



先週にひきつづき、近隣の保育園から今日は年長組さんたちがバスに乗って来館しました。
活動メニューは、自然観察とザリガニ釣りの二つを2グループに分かれて、交代して行いました。

a0123836_13483317.jpg
サリガニ釣りは、ザリガニのお話の後、竿の扱い方、釣り方のコツなどについてお話ししました。「ザリガニ釣りをしたことがある人の中でコツをお友達に教えられる人はいる?」と聞くと「石になる」「じーっと動かない」「騒がない」と模範解答が続々と出てきました。みんなすごーい。楽しみに待っていたザリガニ釣りのスタートです。

a0123836_15383634.jpg
ザリガニ釣り開始から数分。お友達のアドバイスどおり「石」のように動かなくなった園児たち。数分経ってもすぐには釣れず。しかしみんな頑張ってじっくり待ちます。そうするとザリガニが釣れ始めました。みんなスバラシイ!騒ぎもせずにふざけることもなく、いっぱいザリガニが釣れました。



a0123836_15060657.jpg
自然観察では、スタート地点でガクアジサイを観察。アジサイとの違いを見つけました。
たくさん聞こえて着る野鳥の声にも耳を傾けました。特に大きな声の主の鳴き声は「ギョギョシ、ギョギョシ。ケシケシケシー、、。」どこにいるか探しました。アシのてっぺんや、竹の枝の先のほうに声の主の姿が見つかりました。ほかに、「ホーホケキョ」のウグイス、「チョッピチリーチョ、チーツク」のホオジロ。田んぼの上空をすばやく飛んでいたり、電線や屋根にも止まっていたスズメより大きい黒い鳥のツバメなど。いろいろな鳥の声や姿を観察できました。



田んぼに向かって、その中の生きものたちを探しました。アメンボ、クモ、カエル、小さな貝。そして衣服や帽子にも飛んできて止まってくれた、イトトンボ。イネの葉っぱにたくさんのイトトンボがいることを発見できました。


a0123836_13484698.jpg
少し移動して、実をたくさんつけ始めている樹木を見つけました。黄緑色の実をブドウのように隣り合わせてぶら下げていました。ウメ! ブドウ! クリ! その実は、クルミ。オニグルミの木でした。やがて実を食べにリスが山から姿を現すことがあります。かたい殻を丈夫な歯で真っ二つにして食べます。





a0123836_13484141.jpg
ハス田で、たくさんのハスの蕾、そして今朝開いた今季2つ目の蓮の花を観察しました。「大きい――!!!」
「きれいー!!」蕾もたくさん見つかりました。水玉をはじいてコロコロと揺らしているハスの葉っぱもよく観察しました。茎の断面を見、そして根の部分はおなじみの食べ物レンコン。お弁当の歌にもなっています。



a0123836_13485183.jpg
カエルやカメ、トンボなどの生きものたちもいました。



a0123836_13490348.jpg
最後は、世界でいすみのある所にしか生えていない植物(地域固有種)、そして絶滅危惧種を観察しました。今どきの保育園生たちは、「絶滅危惧種」なんて難しい言葉も知っています。そしてそう聞くと、ワクワクしながらの観察でした。
今は、はっぱの付け根に花を咲かせています。はっぱに触ってみるとふわふわした感触を味わえました。



a0123836_13485526.jpg
そのあと、館内に展示してあるものを自由に、ぐるりと見学しました。

また、おうちの人たちと遊びに来てください。
お待ちしています。



by isumi-sato | 2018-06-14 17:25 | グループ・学校利用

ハスの花、開花しました。

6月12日(火)、午前9時の気温19.3℃、今朝の最低気温18.6℃、曇のち晴れ。週末にかけて日本に接近した台風5号。各地大きな被害はなかったようです。台風5号の接近により降った雨は、降り始めから53㎜。昨日は、いすみ市内の小中学校は台風接近のため休校になった学校が多かったようです。

a0123836_14264241.jpg
ハスの花が開花しました。もうそろそろかとは思っていましたが…。淡いピンク色が、夏の始まりを静かに告げているようです。


a0123836_14265054.jpg
今日は近隣の小学3年生が校外学習に来てくれました。自然観察を二班に分かれて行いました。イスミスズカケを観察した後は、センター建屋内のジオラマを使いセンター周辺のようすを解説。その後は屋外で田んぼの生きもの観察。アメンボの仲間、クモの仲間、ニホンアマガエル、ニホンアカガエル、イトトンボの仲間などを観察。


a0123836_14265582.jpg
そしてこの鳥。オオヨシキリの観察もできました。はじめは「この鳴き声なあに?」「カエル?」よく耳を澄ましていると遠くに姿を発見。みんな目がいいようで「いたいた。」と指をさします。「鳥だったのか~」しっかりヨシにつかまって鳴いているところを撮影できました。



a0123836_14270151.jpg
ハス田では、今日開花したハスの花を観賞。きれいなピンク色。ハスの名の由来などを解説しました。



a0123836_14270506.jpg
ハス田の木製デッキの上を歩き進むと、まだオタマジャクシであった名残のあるしっぽのついたニホンアマガエルがぴょんぴょん三匹現れました。このような状態のカエルを見たのは初めてのようでみんな大騒ぎです。

a0123836_14271054.jpg
デイキャンプ場では、クリのオバナ、メバナのようす。カキの果実、ミカンの果実、ユズの果実そしてオオムラサキの花を観察しました。その後雑木林では、クヌギ、コナラ、マテバシイ、などの観察。万木堰では、堰の水の使われ方などを解説しました。

a0123836_14271445.jpg
最後は畑。ワタの花や、落花生の葉の様子。ナス、ミニトマト、最後はダイコンの花。「ダイコンってこんな花が咲くんだー知らなかった」

身近な自然から学ぶことが出来ましたか?一つでもいいので生きものの名前を覚えてくれたかな?

たくさん覚えなくてもいいので、一つは覚えてくださいね。

今度はお父さん、お母さんと一緒に遊びに来てね。お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-06-12 17:25 | グループ・学校利用

お待ちしています!

6月5日(火)、午前9時の気温24.6℃、今朝の最低気温15.7℃、晴れ。空を見上げると青い空に白い雲が眠たそうにふわふわういています。

a0123836_15020356.jpg
今日は近隣の小学2年生がセンターへ校外学習に来てくれました。今日は自然観察とザリガニ釣りです。晴れてよかったね。



a0123836_15021291.jpg
こちらは自然観察班のようす。まずは田んぼから観察です。今の時期田んぼではトンボの仲間の羽化が観察できます。田んぼの苗にたくさんのヤゴが止まっています。観察できたのは、メダカ、オタマジャクシ、二ホンアマガエル、シオカラトンボの産卵も見ることが出来ました。




a0123836_15030639.jpg
女の子の帽子にとまったトンボ。アオイトトンボのようです。




a0123836_15075796.jpg
その後は、ゲンジボタルの観察できる水路での観察。カワニナ、テントウムシ類の羽化も見れました。他にはカワエビの仲間、ヨシノボリ類などを観察できました。


a0123836_15083530.jpg
いたいた!ゲンジボタルの昼間の様子。ひっそりと葉の裏に隠れていました。



a0123836_15084356.jpg
中庭では捕虫網の使いかたをセンター職員がレクチャーした後、実際に捕虫網を使って昆虫採集。捕まえた昆虫は、モンキチョウ、ベニシジミ、バッタ類、トンボ類、二ホンアマガエルなど。観察させてもらったら最後はちゃんと逃がします。


a0123836_15085166.jpg
こちらはザリガニ釣りのようす。アメリカザリガニが日本へ持ち込まれた経緯、竿の持ち方、ザリガニの釣り方などを伝え、いざザリガニ釣りです。餌も新しく職員が替え、天気もザリガニ釣り日和!たくさんのザリガニが釣れました。


a0123836_15085989.jpg
釣った後はみんなで観察。オスとメスの見分け方の一つを解説しました。ザリガニの腹面を見てもらいます。オスは腹肢が変化し前方に伸びた交接器がありますがメスにはありません。その代わりメスには卵を抱えるため、交接器より小さい腹肢が多くあるのが特長です。オスとメスの腹面の違いが分かりやすく写されたA3パウチの写真を見せて解説しました。ザリガニが触れない子もいましたが、「ザリガニをつかめない人は無理しないでね」と伝えましたが、やっぱりみんながつかんでいるのに自分だけつかめないのは納得いかないようです。最後は学校の先生に協力してもらいみんなザリガニをもって一人づつ写真撮影。よい思い出になりましたか?

今度はお父さん、お母さんと遊びに来てくださいね。ザリガニ釣りの竿とバケツは無料で貸し出しています。(もしありましたら、餌とするスルメを持てっきていただけるとうれしいな~。)

お待ちしています。






by isumi-sato | 2018-06-05 17:25 | グループ・学校利用

根気強さが大事です/ 自然観察

5月25日(金)、午前9時の気温24.6℃、今朝の最低気温14.5℃、晴れ。朝から強い陽射しが照り付けました。今日も校外学習日和です。センターでは校外学習の受け入れが現在ピークを迎えています。今日も朝9:30~14:30まで近隣の小学二年生が校外学習としてセンターを訪れました。ザリガニ釣り、自然観察(植物班)、自然観察(生きもの班)に分かれての学習です。


a0123836_15453267.jpg
まずはザリガニ釣りの様子。やったー晴れた!ザリガニ釣りだーといわんばかりの表情の児童たち。ザリガニ釣りの前にはアメリカザリガニについてのお話をしました。アメリカザリガニってウシガエルと共にウシガエルのエサとして日本に持ち込まれたって知ってた?

a0123836_15453809.jpg
ザリガニ釣りについての諸注意(竿を他人に当たらないように立てて持つ、ふざけない、走らないなど)を伝えて、さあザリガニ釣り開始。二人ペアになってのザリガニ釣りですが…見てください。このチームワーク。一人が吊り上げもう一人がバケツをもってスタンバイ。ここまで一生懸命にザリガニ釣りをしてくれたお友達は初めてです。

a0123836_15454411.jpg
捕まえた後はザリガニを観察してから水路へ逃がします。オスとメスの見分け方の一つを解説しました。ザリガニの腹面を見てもらいます。オスは腹肢が変化し前方に伸びた交接器がありますがメスにはありません。その代わりメスには卵を抱えるため、交接器より小さい腹肢が多くあるのが特長です。オスとメスの腹面の違いが分かりやすく写されたA3パウチの写真を見せて解説しました。みんなの釣ったザリガニはオスだった?メスだった?





植物(やいきものを主なテーマにした)班では、
ジオラマ模型のまわりでセンターの位置や周辺の地形、丘陵、田んぼ、まち、夷隅川、海の位置などを俯瞰しました。
次にホタルの展示模型を使って、今光り始めているゲンジホタルの観察と解説です。
光る模型を見てオスとメスの違いを発見しました。

a0123836_16590991.jpg
いよいよ外に出て、次々と移動しながら自然観察です。玄関前ハクモクレンの花のあとや葉っぱを観察した後、耳を澄まして聞こえてくる野鳥の鳴き声の種類を数えてみました。その中でもアシハラの方から最も大きな声で長く鳴いている野鳥をみつけてみました。「ギョギョシ、ギョギョシ、ケシケシケシケシ、、」みなさんオオヨシキリの姿を見つけることができました。
ハス田に行ってハスの葉を観察。食材になるレンコンも思い出しました。そこにいる生きものたちも観察しました。



a0123836_16590671.jpg
田んぼにいってイネを観察しつつ、田んぼにいる生きものをさがしました。
イネの根元をよく見ると、、。今はヤゴが羽化する季節です。はじめは見つかりませんでしたが、



a0123836_16590276.jpg
たくさんのイトトンボが羽化していてイネの根元にぶら下がっている姿を見つけることができました。羽化したばかりのイトトンボ(オオアオイトトンボ)たちは近くの樹木や人間の体にも停まってきます。田んぼにいるまだ尾のついたカエル、ドショウ、アメンボ、クモ、小さな巻貝なども見つけました。



a0123836_16585801.jpg
ディキャンプ場では、今盛んに花を咲かせている樹木を観察しました。秋に実のなる木、食べたことがある実は何でしょう? 足元を見て古い落ちた実のイガイガのようすからクリの木とわかりました。雄花のようすやそこに集まる昆虫たちも観察できました。
すぐ隣にも秋に実のなる木がありました。花のあとに実が生長を始めているようすも観察しました。カキノキです。

ホタルの水路では、ホタルの生息環境や水路の中にいるホタルのエサとなるカワニナを観察しました。
さらに雑木林では、コナラ、クヌギ、クリなど代表的に樹木を観察しました。
あっという間の1時間が過ぎました。



a0123836_17295077.jpg
自然観察(生きもの班)では昆虫採集にも挑戦しました。「つかまえたー」元気な声が響きます。



a0123836_17300273.jpg
でも上手な子もいます。手慣れた手つきで、次々ゲッツ!



a0123836_17301035.jpg
バッタやチョウ、テントウムシなど、たくさんの昆虫を捕まえて観察しました。
(※職員と一緒の観察会以外での昆虫採集は禁止されています。ご注意ください。)



a0123836_17301730.jpg
今日は毎年利用されているグループでこの時期に寄せ植えを作っている方々も、来館して活動されました。
涼しげな作品にうっとり。
皆様もぜひ、遊びに来てくださいね~


by isumi-sato | 2018-05-25 17:35 | グループ・学校利用

小さなお客さん

5月22日(水)、午前9時の気温22.6℃、今朝の最低気温12.0℃、快晴。すがすがしい青空が広がりました。心地よい太陽の光が降り注ぎ、さわやかな朝を迎えました。


a0123836_10445571.jpg
今日はかわいいお客様が、バス3台でセンターへ遊びに来てくれました。とてもたくさんのお客様の声で一気にセンターがにぎやかになりました。


a0123836_10445882.jpg
こちらは年長さんのグループ。年長さんは職員と一緒に自然観察です。隣のお友達と手をつないで仲良く歩いてくれました。なにか発見できるかな?



a0123836_14585224.jpg
まずはハス田を歩きます。まず目に飛び込んできたのはオニグルミのメバナの様子。長く垂れ下がっていたオバナは少なくなり。今度は果実となるメバナがぷっくりと膨らんできました。オニグルミを観察した後はハス田の木製デッキを歩いてハスの葉の観察。茎を伸ばした大きなハスの葉の上にたまった水たまり。葉を手で動かすと水滴のダンスが観察できます。「すごーいクルクル回ってるー」


a0123836_14575892.jpg
今度は田んぼで観察。「アメンボがいるー」「オタマジャクシ-」「しっぽの生えたカエルだー」「トンボもとんでる」様々な声が聞こえます。近くで田んぼを観察することも少ないと思います。今日はじっくり観察です。


a0123836_14582765.jpg
デイキャンプ場へ移動してクリの木の観察です。ヒョロヒョロ伸びたオバナをよく見ると…



a0123836_14583271.jpg
おおー咲いています。まだあの独特な臭いはしませんけど…。


a0123836_10445286.jpg
こちらは年中・年少さんチーム。保育園の先生方と一緒にセンターの外でお散歩です。水路でメダカをみたり、館内のはく製をみたり。楽しんでいただけましたでしょうか?



a0123836_14590457.jpg
「この白い花なーに」。ドクダミがだいぶ増えました。白い花びらのようなものはじつは葉が変化したもの。花の中央部の柱の分部に花が集まって咲いており、葉が花びらの代わりをして昆虫を引き寄せます。


a0123836_14151954.jpg
グループごとに館内も見学。ジオラマを見ながら、僕のうちはこのへん、先生のうちはここにはないのよ、などの声が聞こえてきます。



今日来てくれたかわいいお客様。自分だけの発見はありましたか?
今日は駆け足での見学でした。今度はお父さんお母さんと一緒に遊びに来てくださいね。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-05-22 17:25 | グループ・学校利用

自然観察は楽しい

4月26日(木)。昨日の雨から一転、今日は晴れました☀気温もぐんぐん上昇し、日中は20℃近く。。。気持ちのいい一日です。



a0123836_15403455.jpg
そんな中、地元いすみ市の小学生が、校外学習に来てくれました!




a0123836_15412386.jpg
田んぼの二ホンアマガエルも、興味津々?




a0123836_15413934.jpg
「いたー!」「なんかいるー!」生徒たちが次々に、田んぼの生きものを捕まえます。
このオタマジャクシは、ニホンアカガエルのようです。



a0123836_15443954.jpg
虫やら貝やら魚やら…田んぼって、けっこうたくさん生きものが暮らしているんですね。




a0123836_15451406.jpg
たとえば~、ゲンゴロウやガムシの仲間…




a0123836_15452208.jpg
トンボの幼虫のヤゴや、メダカ、クモ、アメンボ達もたくさん~いました。
ん?ヒル類もいるんですね。けっこう動きが早い!
ウマビル。人の血は吸わないヒルです。



a0123836_15471067.jpg
自然観察の後は、ザリガニ釣りに挑戦です。




a0123836_15471745.jpg
「あー、つれたー!」




a0123836_15474001.jpg
手でつかんだらら、よーく観察します。足は何本あるかなー?
田んぼの水路でも、いろいろな生きものに出合えました。






a0123836_17052361.jpg
春の植物も観察しました。
タンポポ。カントウタンポホとセイヨウタンポポがありました。
その違いや綿毛も観察しました。



a0123836_17052625.jpg
「赤い実はなーに? 知っている人いますか?」「ヘビイチゴ!!!」
それでは、その葉っぱや花の特徴もよーく見てみました。
ツクシで有名な植物なーに? スギナも観察しました。



a0123836_17053246.jpg
小水路では、ショウブの花も咲いています。葉のにおいをかいで、こどもの日の菖蒲湯を思い出した人はいるかなー?
ショウブの葉もよく見るとVの字の二つ折りになっています。



a0123836_17053001.jpg
雑木林のドングリのなる木の葉っぱの形もいろいろです。
エノキの木では、コゲラが巣を作って出入りしている姿を見せてくれました。

夏には、いすみにだけしかないイスミスズカケ(地域固有種)が花を咲かせます。
また来てね~♪

by isumi-sato | 2018-04-26 17:26 | グループ・学校利用