千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 151 )

え! なぜここにいる?

1月24日(木)、午前9時の天気は曇り。気温5.8℃で、やや寒い朝です。最低気温は1.4℃なので、むちゃくちゃ寒い、と言うレベルではありませんでした。
でも、昨日の最高気温は12.9℃までいったので、今日の最高気温が10.7℃は寒く感じます。何よりも北風、これが身にしみますね。


a0123836_14125531.jpg
午前中の北側の空。雲がまだ出ています。でも、だんだんに雲も薄くなり、午後には快晴となりました。だから気温も上がったのでしょうね。


a0123836_14125702.jpg
午前中、センターで一番の湿田の荒起しを行いました。センターの耕耘機では下手をすると動けなくなるので、職員の自宅から小型の機械を持ち込みました。でも、思いの外に乾燥した天気が続いていたので田んぼも固くなっており、スムーズに作業ができました。


a0123836_14131106.jpg
で、こちらは湿性生態園の水の吐出口。
実は、湿性生態園へ常時水を供給するため、堰の水を揚水し流しています。そのポンプが故障で止まると、施設のアチラコチラで困った状態になります。
当施設は「公園」「博物展示施設」のカテゴリーなので、それなりに手を入れてあるのです。
で、ご覧のように水が変に吹き出していました。停電とその復旧など、急激な水圧(送水圧)変化でVP管のつなぎ目が外れてしまっていました。左手方向に伸びているのは、別の場所へ送水するための枝のラインです。
この状況は好ましくないので、今日は送水を一旦止めて修繕しました。



a0123836_14131375.jpg
外れていたソケット部を接着し、アルミテープを何重にも巻いて固定。支柱も増やしました。枝のラインは総水量が少ないので揚水時に吸い込んだ泥や藻類などがラインの途中に詰まっていたようで、それも掃除しました。
これでしばらくは給水できるでしょう。




で、突然ですが・・・
a0123836_14125973.jpg
なんでこんな身近にいる?

この子が新しい仲間です。
現在展示しているウサギの剥製、毛が抜け始めたと思ったら、あっという間に「因幡の白うさぎ」状態にちかくなってしまいました。

そこで、猟友会の人に頼んで「入手できたらお願い」と、ある日の夕方にお願いしたら・・翌朝には「罠にかかってた」と。それだけ沢山いるのですね。
早速、その日の夕方に剥製屋さんに電話して持ち込み、制作を依頼しました。
県内でも業者さんは少なく、そこもレディーメイドのウサギの剥製は置いてありませんでした。ほしいと思ってもすぐ手に入るものは意外と多くはありません。

実はこのウサギの剥製、センターではこれが3頭目になるのです。意外と早く劣化します。なぜなのかご主人に伺った所、「皮が非常に薄いせいかもしれない」とのこと。なんでもテッシュペーパー1枚ほどの厚さもないそうで、皮を剥ぐ作業は大変だそうです。
他にも、センターでは立派なケースで空調管理した環境で展示しているわけではないので、野生動物がいたずらしているリスクもあります。選択的に虫がついた可能性もあります。
ボロボロになったものを展示し続けるにはしのびなく、かと言って可愛いだけではない農業被害を出している害獣でもあるウサギを展示から削除するのも寂しいので・・・更新しました。

近日中に展示を入れ替えます。
新しくなった、かわいいだけではないウサギも見てくださいね。



by isumi-sato | 2019-01-24 17:05

ポカポカ陽気の一日

1月17日(木)、午前9時の気温3.8℃、今朝の最低気温0.8℃、晴れ。今日の最高気温は13.3℃。日差しもたっぷり。比較的暖かな一日となりました。いすみ市では今インフルエンザが流行している地域が一部あるようです。この時期は必ずといっていいほどインフルが流行りますね。昔はこんなに流行する感染症はなかったと思いますが…時代は変わりました。

a0123836_13202149.jpg
ポカポカ陽気だったので、座布団を干しました。19日は「米作り・わらづと納豆を作ろう」の行事開催日です。工作室は寒いので、座布団がふっくらしていた方が、参加者の皆さんが作業に集中できるかな?と思って干しましたよー。囲炉裏に火も入れますけどね。参加者の皆さん時間厳守で、参加費もおつりが無いように持ってきていただけると助かります。


a0123836_13202527.jpg
ホタルの水路の近くでは、スイセンの葉が目立ちますが、それといっしょに濃い緑色の葉をもったある植物も目立ちます。


a0123836_13202808.jpg
そうヒガンバナです。ヒガンバナは9月の下旬ごろに花を咲かせ、花が枯れてから葉が生えてくるという変わった植物です。夏の時期、他の植物はこぞって葉を伸ばし、太陽の光を集めている間はヒガンバナは葉を伸ばしません。他の植物たちがあまり葉を伸ばさない冬のこの時期にヒガンバナは葉を伸ばし日の光を集めると何かの本で読みました。不思議な植物ですね。短気な私には夏に葉を一気に伸ばした方が、日の光もたっぷり浴びることが出来て手っ取り早いんじゃないの?思ってしまいます。そしてこの葉は花を咲かせる前、いつの間にかなくなっています。この葉がなくなる時期も今年はしっかり観察できると良いな。


a0123836_13203135.jpg
散策していると足元にこの葉一枚だけ、水をはじいていることに気が付きました。しかも裏側です。その後も気にして歩いてみると同じ葉の形をした葉でした。なんの葉っぱかな?

a0123836_13203599.jpg
散策を続けると、足元にはオランダミミナグサの葉が観察できました。

a0123836_13203916.jpg
こちらはカラスノエンドウの葉でしょうか?少しづつ春の植物が姿を現し始めました。

a0123836_13204321.jpg
サルトリイバラのあの赤い果実もとうとう色が落ちてきました。

a0123836_13204697.jpg
ソメイヨシノの花芽も見事にぷっくりと膨らみ始めました。

春に花を咲かせるまでの植物の成長の過程を伝えることが出来たらいいなー。

がんばります。

お楽しみに。

by isumi-sato | 2019-01-17 16:55

冬の探し物

1月16日(水)、午前9時の気温7.6℃、今朝の最低気温-1.6℃、快晴。今朝の寒さは少し和らいだようです。この時期、起きる時間はいつも寒さとの戦いですが、今朝はすんなり起きることが出来ました。でも寒さとの戦いはまだまだ続きます。

a0123836_14243590.jpg
万木堰のようす。今日は前述の通り暖かかったので、じっくりゆっくり自然観察が出来ました。冬のこの時期に観察できるものを探しました。





a0123836_14252086.jpg
ノササゲの果実のようす。果実が熟して種子をはじいた直後に観察したときには、種子がすぐに落ちてしまいそうでしたが、結構しっかりくっついていたんですね。こんな寒い時期までちゃんと形を保っていたのですね。





a0123836_14252815.jpg
アオキの雄株でしょうか?花を咲かせる準備をしていました。

a0123836_14253267.jpg
アメリカイヌホウズキの果実です。熟して黒くなり、光沢があります。在来種のイヌホウズキの果実には光沢はありませんが、外来種のアメリカイヌホウズキの果実には光沢があります。ツヤツヤしていてきれいですが、毒があるそうです。食べないでくださいね。


a0123836_14263811.jpg
カラスザンショウの幹のようす。葉痕が笑った女の子のように見えます。愛嬌たっぷりですね。

a0123836_14283346.jpg
竹林の近くでは、メジロが撮影できました。細かな動きをしてなかなか撮影させてくれませんでしたが、ちょうど顔をのぞかせたタイミングで撮影できました。


a0123836_14283766.jpg
「コンコンコンコン」と聞こえてきました。おなじみ、コゲラを観察。くちばしで木の幹をつつき、樹皮の下や幹の隙間から昆虫をおびきよせて捕まえるそうです。あんな小さな体でコンコンと木の幹をつついて頭は割れないのでしょうか?きれいなシマシマもバッチリ撮れました。


a0123836_14453801.jpg
シジュウカラも観察できましたが、うまく撮影できませんでした。撮影しようとするとちょんちょん動いてじっとしていません。飛び立つ様子が撮影できました。

もう少しカメラの腕も上げなきゃなー。

冬の探し物

探せばいっぱい出てきます。

一緒に探しませんか?

お待ちしています。


by isumi-sato | 2019-01-16 16:55

さとの文化祭~3日目~

11月20日(火)、午前9時の気温11.3℃、今朝の最低気温9.3℃、曇ときどき晴れ。雲の多い朝を迎えました。すっきりと晴れず、風の冷たい一日でした。


a0123836_14261392.jpg
万木堰のようす。見るたびに葉の色が変わっていきます。秋が深まっていくようです。

a0123836_14262125.jpg
毎朝行っている、気象観測。百葉箱を開けると二ホンアマガエルの姿が今までは毎朝数匹観察できましたが、今日は一匹。だんだん寒くなってきていますからね。

a0123836_14262527.jpg
ハクモクレンのつぼみが、産毛を付けながら大きくなってきました。


a0123836_14262907.jpg
アメリカイヌホウズキの花が目立つようになってきました。白くてかわいらしい花が足元で観察できます。


a0123836_14263315.jpg
果実も観察できました。黒く熟すのはいつごろでしょうか?


a0123836_14264574.jpg
今日はさとの文化祭3日目。土日ほどの混雑はありませんが、お孫さんの作品を見に来られたお客様が多いような…平日は作品を静かにゆっくり鑑賞できます。工作や自由研究もじっくりご覧になれます。工作は細部までこっていて大人でも感心してしまうほどの出来栄え。自由研究は興味深い内容ばかり。道路標識や、家紋、野菜、昆虫、そして野菜を題材にして大人でも疑問に思ってしまうことを調べたようです。すばらしい。和室に正座してじっくり拝見させて頂こうと思います。

皆さんもさとの文化祭、満喫しませんか?


お待ちしています

by isumi-sato | 2018-11-20 16:55

イノシシ君、活動中。

9月20日(木)、今朝のセンターでの最低気温は16.4℃。午前9時でも20℃をちょっと超えるくらいです。涼しい朝を迎えています。夜は肌掛けからそろそろ毛布かな。
今日の天気は雨もよう、というりは天気予報以上にしっかり降っています。
だから・・・・静かなセンターです。

今日は秋の彼岸の入りだそうです。
というわけで、最初のブログネタは

a0123836_14273383.jpg
そう、ヒガンバナです。
連日ですみません。でも、この花、周りの様子が今までの写真と違いますよね。
これは昆虫広場で咲いている株で、この場所は夏休みの初めに草刈りを行ったところ。だから周りのセイタカアワダチソウは低いのです。
去年、ここに咲いていたかは定かではありませんが、草刈しているのに・・と。
最も、田んぼの畦も草刈りしますけど、そこにしっかりと咲いている株も多いので、草刈り時期と花期の関係がとても気になります(一部の職員はヒガンバナに気がつくと草刈りのとき注意して残すそうですが、私は気にせず皆伐。上記写真エリアも皆伐したはずですが・・)。
畦にヒガンバナを咲かせている農家もあるので、草刈りのタイミングをきっと図っているのでしょうね。


畑では
a0123836_14282502.jpg
サツマイモが順調に生育しています。イノ君に荒らされなければいいのですが。

こちらでは
a0123836_14282395.jpg
落花生も順調に生育中。植え付けに参加された方、皆さん草むしりに来られているようで、助かります。ここまで雑草がないと収穫も期待できますね。


ところで、最近話題にしていなかったからと言って、いなくなったわけではありません。
a0123836_14274813.jpg
この写真の意図を想像できましたか?
電柵の向こう側の土の色と手前のヒガンバナが咲いているところ。ちょっと雰囲気が違いますよね。そうなんです。最近、イノ君の活動が活発です。電柵のおかげで、手前側は荒らされていません。

でも、よく見ると・・
a0123836_14281765.jpg
電線の内側にもラッセルのちょっとした跡がありました。荒らしているのはそれほど大型の個体では無いようにも見えますが、どうやって内側に入ったのか。線の下を潜ったのか?

a0123836_14275068.jpg
ご覧のように、ほぼ道幅いっぱいに整地作業?をしています。
この道路部分は万木堰の階段部まで続くのですが、

a0123836_14275382.jpg
階段部のほぼ下の水路では、水路へ降りたような状況も確認できます。水路の中を通ってデイキャンプ場まで来たのか?

a0123836_14282746.jpg
後ろの建物はもうセンター。その脇の水はけ用の水路脇をラッセルした跡もありました。これもそれほど大型の個体ではなさそうですが、今年も近くまで来ていますね。

で、心配なのが畑の作物たち。
夜間は電柵でガードしているつもり。今の所、畑の電柵の内側にはイノシシのフィールドサインは確認していません。でも・・・すごく心配。


a0123836_14283001.jpg
君も心配してくれているのか?
なんとなく元気なさそうに、寂しげな顔して畑に刺した竹の先端にとまっていました。
そろそろ、トンボ君たちともお別れですね。

しばらく雨が続きそうな空もよう。

天気が良くなったら秋を感じに散策にいらしてください。


by isumi-sato | 2018-09-20 17:10

はっぱアートで帰省ラッシュ?

8月17日(金)、午前9時の気温25.9℃、今日の最高気温28.9℃、晴れ。涼しい朝を迎えました。今日の午前1時頃、いすみ市の一部地域では一時的に雷を伴う激しい雨が降りました。その時のセンターでの降水量は13㎜。結構降りました。その雨のおかげで涼しくなったのでしょうか?

今日は近隣の小学校の先生方が、低学年・生活科における授業研究の一環としてセンターを訪れました。水路の生きもの観察、昆虫採集、植物観察、最後は植物観察時に採集した葉で「はっぱアート」に挑戦です。

a0123836_15040915.jpg
まず最初は水路の生きもの観察からスタートです。職員がタモ網の使いかたをレクチャーしました。


a0123836_15045697.jpg
採集した水路の生きものたちをさっそく観察です。近くでじっくり観察したことのある先生方はいたのでしょうか?初めての体験でしたでしょうか?

a0123836_15050155.jpg
観察できた水路の生きものは、メダカ、クロダハゼ(トウヨシノボリ)、ドジョウの仲間、カワニナ、マツモムシ、ヘビトンボ、エビの仲間、アメンボの仲間、カワニナなどでした。


a0123836_15050782.jpg
次は、昆虫採集です。職員が捕虫網の使いかた、捕まえた虫を透明ケースに入れる方法などをレクチャーしました。

a0123836_15051183.jpg
その後、各自実践。虫が苦手な方もいらっしゃったようですが、皆さんいつの間にか昆虫採集に夢中です。童心に戻れましたでしょうか?


a0123836_15051419.jpg
捕まえた昆虫は、セミの仲間、トンボの仲間、バッタの仲間、など…。この時期に観察できる昆虫をつかまえてじっくり観察すると、また違った発見がありましたか?


a0123836_15051961.jpg
屋外での活動最後の内容、植物観察です。センター内の木本を中心に職員が解説をしながら「はっぱアート」に使う葉を採集しつつ観察です。観察した植物は、ユズ、カキ、ケヤキ、クリ、アカメガシワ、クヌギ、オオシマザクラ、コナラ、ムラサキシキブ、マテバシイ、スダジイ、マルバヤナギ(アカメヤナギ)など。短時間で多くの観察を行いましたが、皆さん覚えられましたか? 一つでもいいので覚えていただくと嬉しいです。


a0123836_15052365.jpg
クリの木のようす。イガが立派になりました。後は茶色に色が変わるだけ?



a0123836_15052815.jpg
図書室に戻って、植物観察時に採取した葉を使って水族館を作ります。葉を利用して様々な魚を作ってくれました。ポンチを使って穴をあけ目を作ったりハサミで口の部分を作ったりと、どんどんいろいろな魚が出来てきました。

a0123836_15053218.jpg
完成した作品です。2班に分かれて「はっぱアート」を作製したので、作品は2つ。こちらの作品タイトルは「みんなでおよぐときもちいい!」。魚が一方方向にいっせいに向かっていますね。


a0123836_15054056.jpg
こちらのタイトルは「うみのきせいらっしゅ」。魚たちが仲良く会話しながら、帰省しているようすだそうです。魚たちも帰省ラッシュの時期なのですね(笑)うまく故郷に帰れたのでしょうか?

楽しんでいただけたでしょうか?何か新しい発見をしていただけたでしょうか?

研修や学習会以外でも来ていただけるとうれしです。

お待ちしています。



by isumi-sato | 2018-08-17 17:25

梅雨の戻り?

7月12日(木)、午前9時の気温26.3℃、今日の最高気温26.8℃、曇。朝から気温はあがらず。ジメッとした一日でした。梅雨のもどりでしょうか?



a0123836_15573254.jpg
ハスの花の様子。ハス鑑賞週間に入ってからハスのつぼみが増えたような気がします。どうぞ皆さん見に来てくださいね。



a0123836_15573672.jpg
白いハスの花が1輪。10年位前は5種類ぐらいのハスが観賞できたそうです。そのうちの一つのようです。


a0123836_15574132.jpg
たんぼのようす。稲の丈がずいぶんと高くなりました。いすみ市内のを車で走っているともう出穂(穂が出ること)している田んぼも多いようです。センターは来週ぐらいには出穂するでしょうか?出穂する目安は、田植えをしてから50日後だそうです。


a0123836_15574525.jpg
畑では、キュウリが食害に合いましただれの仕業か?タヌキかアライグマか?はたまたカラスでしょうか?


a0123836_15574991.jpg
昆虫広場では、セイタカアワダチソウが私の背丈ぐらいに高さになりました。今年の「草木染め体験」ではセイタカアワダチソウが花芽をタイミングよく付けてくれるでしょうか?ただいま9月29日(土)開催予定「草木染め体験」の参加者募集しております。詳しくはこちら


a0123836_15591151.jpg
午後から急に降り出した雨。乾いた畑にはちょうどいいですが、畑仕事が進みません。なのでサヤエンドウの種取りをしました。農家の人々の雨の日の仕事です。


a0123836_15591586.jpg
アケビの果実が少しづつ大きくなり始めました。夏の日ざしをたっぷり受けて立派な果実のなるといいな~。今年もパッカリと口の開いたアケビが観察できると良いですね。





センターに遊びに来ませんか?お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-07-12 17:25

イスミスズカケ開花/君の学校にもあるんだよ

6月8日(金)、午前9時の気温24.5℃、今朝の最低気温17.1℃、朝方は夏を思わせる入道雲のような雲がセンター上空を覆いました。そのあとはグレーの雲がモクモク出現。パラパラと小雨が降る時間帯もありました。

今日は近隣の小学1.2年生が校外学習の為センターを訪れました。30分交替でザリガニ釣り、水路の観察、自然観察、館内案内を4班に分かれて行いました。ハードスケジュールです。
a0123836_15533312.jpg
まずはザリガニ釣りのようす。はじめに外来種のお話を少しした後、竿の持ち方をの伝えました。「竿の真ん中をもって立ててくださいね。」ザリガニはたくさん釣れました。



a0123836_15534577.jpg
今度は水路観察のようす。はじめは中庭脇にある水路で観察。小さい網をもって水路の生きものを捕まえてました。観察できたのは、メダカ、ドジョウ、アメリカザリガニ、貝類、クモの仲間、アメンボの仲間、カワエビの仲間など。しかし、生きものを捕まえるのに夢中で長靴がドロドロ。洋服までドロドロにしてしまう子が続出したため、急きょ、後半2班の水路観察は場所を移動しゲンジボタルの生息する水路で水路観察となりました。




a0123836_15535201.jpg
ゲンジボタルの生息する水路では、タニシ類やカワニナ、サワガニなどが観察できました。

a0123836_16195635.jpg
これはゲンジボタルの昼間のようす。夜のホタルも良いですが、昼間のホタルも観察するのも面白いですね。みんなゲンジボタルの昼間のようすを観察できました。





a0123836_15543842.jpg
そして自然観察のようす。田んぼではイネの根元でイトトンボの羽化を観察。ハス田に向かいオニグルミ果実を見ながら二ホンリスのお話。ハス田ではハスのつぼみが膨らみ始めたので、ハスの花が開花したようすを撮影したA3パウチサイズの写真を見せて解説。






a0123836_15540034.jpg
その後雑木林で、コナラ、クヌギなどの樹木の観察。畑へ移動しダイコンの花・種、ワタの花そして他の作物も観察しました。最後は万木堰へ。「この万木堰の水は何に使われるのかな?」



a0123836_15545072.jpg
館内見学のようす。センター中央にあるジオラマを使ってみんなが通っている小学校の位置を確認。バスに乗ってどのようなルートでセンターへ到着したか確認です。自分の家も見つけられました。「オレの家ここだよ~」みんなうれしそうです。そして田んぼ、丘陵、夷隅川、ため池のお話をしました。その後はセンター建屋南側出口に展示してあるイスミスズカケの解説。
「学校にもあって昨日花が咲いてた」という子もいれば、「そんなの知らない」という子も…ずいぶん見えてるものが違うんですね。今日解説したイスミスズカケを忘れないようにメモを取ってもらいました。学校に帰ったら学校のイスミスズカケも観察してみてね。

a0123836_15545554.jpg
最後はミヤコタナゴの解説です。ミヤコタナゴも学校でも飼育しているようで…やはり知らないお友達とよく観察しているお友達がいます。せっかく展示しているのだからじっくり観察してくださいね。オスとメスの違い、卵の産みつけ場所、数が減ってきてしまった理由などを話しました。希少な生きものを知ってみんなで大切にしましょうね。みんなのしおりを見ると観察したものがずらりと書かれていました。感心感心。みんな頑張りました。


a0123836_15545964.jpg
センターのイスミスズカケ。根元に近いツルの分部を見ると…咲いてます。紫色の鮮やかな花が。とうとう開花いたしました。皆さん見に来てくださいね。


by isumi-sato | 2018-06-08 17:25

万木城の歴史と里山の自然観察

4月14日(土)、午前9時の気温12.6℃、今朝の最低気温7.0℃、曇。朝方は雲が多くドンヨリ。日が出て暖かくなったり、強い北風が吹き付けたりと、気温の定まらない一日となりました。暖かい春日での開催とはなりませんでしたが、本日は万木城の歴史と里山の自然観察」の行事を行いました。30年度最初の行事です。

a0123836_16102018.jpg
開催時間より早く全員の参加者が集合してくれました。集合時間に遅れた方はいませんでした。皆さんスバラシ!講師紹介、職員紹介、そして参加される方の自己紹介をいただき、行事の開始です。



a0123836_16131783.jpg
館内で講師よりカエルに関するお話をいただき、朝ケースに捕獲しておいた本物のカエルを観察後、屋外へ!センター建屋南側では、まずイスミスズカケの解説とカントウタンポポのセイヨウタンポポの違いを解説。実際に二種類のタンポポを観察して違いを観察できるかな?



a0123836_15522805.jpg
湿生生態園は今が一番良い季節。マルバヤナギの新緑の中を歩くと春を満喫できますね。

a0123836_15523364.jpg
トウキョウサンショウウオの卵のう観察場所へも寄りました。近くで見てみると…
a0123836_15523705.jpg
孵化したばかりのトウキョウサンショウウオが観察できました。自然界で孵化したトウキョウサンショウウオを観察したのは初めてだったので、少し感動いたしました。「頑張って生き抜くんだよ…」

a0123836_15524697.jpg
心臓破りの大階段を上った後は、皆さんお待ちかねのお昼タイム。急な階段を上ることに精いっぱいで写真を撮り忘れました。失礼。昼食の後は、いすみ市の郷土資料館から、郷土史に詳しい講師を招いて解説を受けました戦国時代の房総で、天下に勇名をとどろかせた万木城。田園地帯を見下ろす丘の上に築かれています。東、北、西の三方を囲む夷隅川が天然の濠となり、丘陵の急な崖を活かした天然の要塞だったようです。当時の城は大きな建築物はなく、地形を生かして土で作られていた山城だということです。
a0123836_15525453.jpg
その後豊臣秀吉の小田原攻めによる北条敗北と運命を共にし、落城しました。その頃に焼けたと思われる炭化米が今も見つけることができます。みんなで探しました。炭米探しに皆さん夢中。400年以上昔の米が見つかることはすごいことなんですよ。

a0123836_15530054.jpg
わーいこんなに見つけたよ。


a0123836_15530328.jpg

陵尾根歩きをしつつ植物観察。贅沢ですね。この植物はハナイカダという植物。葉の上に花が咲くという珍しい植物。普通葉の上に花は一ヶ所だけ咲くそうですが、これは花が二ヶ所咲いています。講師曰く2ヶ所咲いているのは珍しいそうです。本日観察できた植物は、カントウタンポポ、セイヨウタンポポ、カサスゲ、マコモ、サルトリイバラ、ムラサキケマン、シャガ、キュウリグサ、ナガミヒナゲシ、フキ、ハナイカダ、マムシグサ、シャク、ツルカノコソウ、スミレ類、アケビ、アカメガシワなどなどたくさんの植物が観察できました。この植物に関する解説を文化や、歴史を背景としておもしろく、そして楽しく講師より解説をいただきました。ありがとうございました。


a0123836_15530713.jpg
最後は、海雄寺にて釈迦涅槃像を特別に近くで拝観させていただきました。本日は特別に海雄寺の中に入って参拝させていただきました。この釈迦涅槃像はおよそ300年前に作られ、長さ5.16mもあります。海雄寺は土岐氏の菩提寺だったそうです。釈迦涅槃像の体の部分は寄付を募って作られたそうです。釈迦涅槃像の体には、首から肩の分部にかけては、発起人として頭の部分を作った人たちの名前が縦方向に彫られ、それより下の部分には寄付をした方の名前は横方向に彫られています。今日は近づいて目の前に掘られた名前を見ることが出来ました。


あっという間の4時間でしたがいろいろなことを学びました。講師の皆様、いすみ市の郷土資料館の皆様、海雄寺の総代さん、ありがとうございました。



行事終了後、参加者にご協力いただいたアンケートには、「とてもためになりました」「自然や歴史に詳しい先生の解説をいただいて楽しかった」などうれしい回答をいただきました。



ご参加ありがとうございます。これから5月に向けてセンターはたくさんの行事が行われます。
またのご参加お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-04-14 17:27

身近にいる興味深い生き物

2月23日(金)、午前9時の気温5.3℃、今朝の最低気温3.1℃、雨。寒いといってもここ最近は気温がマイナスを下回ることが少なくなってきたようです。朝方の天気予報では週末は雪?が降るとも言っていましたが午後の天気予報では週末の天気予報は雨に変わっていました。そう簡単には暖かくなってくれないようです。

a0123836_14185814.jpg
午後の様子。午前中いっぱいはどんよりとした雨交じりの曇り空でしたが、午後にはすがすがしい青空が広がりました。



a0123836_14190480.jpg
ネコヤナギが雨水をまとっています。いつもとちがうネコヤナギの姿にシャッターを切りました。



a0123836_14191038.jpg
万木堰の様子。今日も水鳥の姿はなくひっそり。


a0123836_14191670.jpg
湿生園へ向かう林道を歩くと、足元には鮮やかな黄緑色が目立つようになってきました。



a0123836_14192000.jpg
シロツメクサの葉でしょうか?だいぶ目立ってきました。



a0123836_14192596.jpg
湿性生態園で、カラスを観察。おでこのでっぱりが目立つので、ハシブトガラスでしょうか?わたしたちの身近に生息するカラスですが、ハシブトガラスとハシボソガラスの2種類が生息しています。ハシブトガラスはくちばしが太く、おでことくちばしの間に段があるカラス類。森林に生息するほか、市街地にも多く農村に多い。動物の死体を好み他の鳥の巣を狙って卵やひなをえさにすることもあり、人里ではゴミをあさる姿を見かけます。カーカーと澄んだ声で鳴きます。ハシボソガラスは少しにごって鳴くようです。(自然ガイド とり/文一総合出版より)人間には悪いイメージを持たれているのカラスたちですが、興味をもって観察すると面白いですよ。




身近な生きものも、知ると興味がわいてきますよ。


by isumi-sato | 2018-02-23 16:45