人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 178 )

素晴らしい季節ですが…

3月27日(金)、午前9時の気温17.9℃、今朝の最低気温6.2℃、曇り。昨日の素晴らしい天気とは一変、どんよりとした雲の多い朝を迎えました。ソメイヨシノがそろそろ満開を迎えそうですが、自粛の週末。世界は、地球はどうなってしまうのでしょうか?







素晴らしい季節ですが…_a0123836_10554745.jpg
素晴らしい季節。皆さんに見てもらいたい風景です。オオシマザクラは花が散り始めましたが、桜吹雪を満喫することも、いいものです。



素晴らしい季節ですが…_a0123836_10555166.jpg
オオシマザクラの花びらが田んぼの水面に浮き、この時期らしい里山の風景を作り出していました。


素晴らしい季節ですが…_a0123836_10555572.jpg
本来ならこの季節、親子連れのお客様が多く訪れる時期です。大人はサクラの花を愛でながら。しかし今は我慢の時。コロナウイルス感染拡大防止のため慎んだ行動をしなくてはいけないですね。なので、ザリガニ釣りをしている方の目線で写真撮影。早く事態が治まって、もうすぐ訪れるザリガニ釣りの季節を待ち望んでいる私です。


素晴らしい季節ですが…_a0123836_10555923.jpg
その水路近くには、クワノキが観察できます。いつの間にか新しい葉がいまにも広がりそうな勢いです。少し前、2月ぐらいのまだまだ寒い季節に観察できていたクワコの繭。多くの繭が観察できていましたが気が付くと一個しかありません。暖かくなって繭から出て行動し始めたのでしょうか?


素晴らしい季節ですが…_a0123836_10560526.jpg
ハス田近くのオニグルミの様子。新しい芽を出し始めました。これからの季節はオニグルミの観察が楽しい季節です。

素晴らしい季節ですが…_a0123836_10560941.jpg
ソメイヨシノに群れをなして寄ってきたメジロたち。花の蜜を吸っているのでしょうか?やはりソメイヨシノにはメジロの姿が似合います。

センターのサクラの季節をお伝えしました。


by isumi-sato | 2020-03-27 16:55

オオシマザクラ満開


3月21日(土)、午前9時の気温12.3℃、今朝の最低気温4.1℃、今日の最高気温20.5℃。雲一つない穏やかな朝を迎えました。

オオシマザクラ満開_a0123836_14501209.jpg
デイキャンプ場では、オオシマザクラが満開を迎えました。濃い青空を背景に見事です。こんな良い季節に休館ですから素晴らしい写真を撮って皆様へお届けしたいと思います。

オオシマザクラ満開_a0123836_16075805.jpg
万木堰も、ヤマザクラの開花により華やかになりました。春の到来です。


オオシマザクラ満開_a0123836_14502646.jpg
タテハチョウの仲間のテングチョウでしょうか?花の開花ばかり撮影しているので何の花?なんて思っちゃいますけど…花の開花に合わせて数種類のチョウが野を舞い始めました。


オオシマザクラ満開_a0123836_14503141.jpg
今が見ごろの花は多くあります。ヒサカキ(木本)の木にアケビ(草本)のつるが絡まり両植物とも見事に花を咲かせています。この季節ならではのコラボレーション!


オオシマザクラ満開_a0123836_14503572.jpg
昆虫広場近くでは、職員がまいたナノハナの仲間のである黄色い花も満開を迎えました。この時期にしか観察できない自然下の色々。その色とりどりの植物たちの魅力をお伝えしました。

タグ:
by isumi-sato | 2020-03-21 16:55

あの日から9年

3月11日(水)、午前9時の気温17.8℃、今朝の最低気温13.6℃、晴れ。「3.11」この数字を見るだけで、胸が締め付けられるほどの衝撃を思い出します。東日本大震災の発生から9年もの月日が経ちました。何年たってもあの恐怖は忘れることはできません。私の2番目の息子は、東日本大震災発生の翌年に生まれました。「3.11」を知らない子供たちが増える中、私たちはあの恐怖、衝撃を後世に伝えていかなければなりません。「あの日を忘れない」

あの日から9年_a0123836_15291754.jpg
いつもと変わらない穏やかな朝。でもいつもと変わらない朝を迎えることができるのはとても幸せなこと。生きていることが奇跡とも思ってしまう今日3月11日。「生きている」のではなく「生かされていること」と感謝の気持ちで毎日を過ごしていきたいですね。
あの日から9年_a0123836_15292629.jpg
昆虫広場にあるコブシの花が咲き始めました。



あの日から9年_a0123836_15293076.jpg
コブシの花の様子。



あの日から9年_a0123836_15293554.jpg
そして、同じモクレン科のハクモクレンの花の様子。似ているけれどよく見ると違いがはっきりわかります。


あの日から9年_a0123836_15293888.jpg
アケビの花が多く咲き始めました。ワインレッドの濃い花は頭上はるか上で開花していても目立ちます。近くで見ると小さくてかわいい花です。


あの日から9年_a0123836_15294249.jpg
昨日の夕方、二ホンアマガエルの姿を発見。カエルの鳴き声は聞こえるものの、二ホンアマガエルの成体の姿は初めての観察です。目をつぶり、じっとしていました。まだ寒そうです。

生きものたちが目を覚まし、にぎやかな季節はもう目の前。

自然に感謝し、私たちにできることを考えて、一日一日を大切に生きていきたいものです。

by isumi-sato | 2020-03-11 17:11

つぼみの季節

2月28日(金)、午前9時の気温4.8℃、晴れ。穏やかな朝を迎えました。しかし穏やかな天気とは裏腹に、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、いすみ市立のすべての小・中学校も来月2日から臨時休校となりました。こんなことは過去にあったでしょうか?大変なことですね。基本的なことですが、外から帰ったらうがい・手洗いを忘れずに。咳エチケットや、感染拡大防止に向けた対策を個々に取っていただきたいです。


つぼみの季節_a0123836_14114783.jpg
今朝のセンターのようす。ウグイス、メジロ、アオジ、ヒヨドリの鳴き声が今日も響きました。


つぼみの季節_a0123836_14115349.jpg
フキノトウが多く観察できるようになりました。少し前までは探してもなかなか見つからなかったのに。でも、センターでフキノトウを見つけても採集しないでね。採集は禁止です。でもね、天ぷらにするとおいしいんです。

つぼみの季節_a0123836_14115698.jpg
アオキの雄株のようす。だんだん花芽が大きくなってきました。毎年今か今かと何回も観察に行きますがなかなか咲かないのがアオキの花です。諦めかけたとたん花が咲きはじめます。


つぼみの季節_a0123836_14120230.jpg
毎年、最初に花を咲かせるソメイヨシノの木の花芽。今年はいつ開花するのでしょうか?

サクラの開花時期には、コロナウイルスの問題は解決できているといいですね。

全国の小中学校で、サクラ咲く時期に卒業式が無事行われる事を願います。

by isumi-sato | 2020-02-28 16:55

早春の予感

2月18日、快晴のち晴れ。午前9時の気温は9.0℃、今朝の最低気温は2.5℃でした。今日の最高気温は13.0℃でした。
五日前から急に暖かくなりましたが、今日寒気が西のほうから下がってきて九州で雪のようです。明日の朝は千葉でも冷え込むという天気予報です。


早春の予感_a0123836_16333480.jpg
朝、北の空は快晴の青空でした。今日は野鳥の声がなぜか少なめです。



早春の予感_a0123836_16333422.jpg
いつもの小水路、そろそろかなと今日ものぞき込むと、、、




早春の予感_a0123836_16333591.jpg
ありました、ありました。ニホンアカガエルの卵塊がひとつ。
生まれて時間がたっていないと、一つ一つの卵の袋が透明に透き通って見えています。この場所に限っては、なぜか例年よりもカエルの産卵が遅くなっています。




早春の予感_a0123836_16333560.jpg
一方、湿性生態園では、こんなにたくさん卵塊だらけです。
時間がたつと泥ほこりをかぶって汚れて見えます。
暖かい日差しを浴びて、卵の中では卵割が進んでいると思われます。

そして湿性生態園いつもの場所では、トウキョウサンショウウオの卵のうはまだ見つかりません。





早春の予感_a0123836_16333588.jpg
暖かい春の日差しを受けて、小水路沿いのネコヤナギはたくさん銀色が光っています。



早春の予感_a0123836_16333530.jpg
すぐ近くの低木では、芽吹きが見られました。これはシロバナハコネウツギ。
普通のハコネウツギでは、まだ芽吹きは見られません。ウツギも枯れた実だけつけています。




早春の予感_a0123836_16333577.jpg
林道沿いの日だまりでは、ホトケノザ、オオイヌノフグリの花がたくさん見られるところもあります。




早春の予感_a0123836_16333565.jpg
午後三時前は、北に高積雲がたくさん見られました。夕方には雲がなくなって、また快晴の青空に戻りました。




早春の予感_a0123836_16333421.jpg
湿性生態園林道沿いでは、気の早い早咲きのタンポポが見つかりました。カントウタンポポのようです。
早春を見つけにいかがですか?ご来館お待ちしております。

by isumi-sato | 2020-02-18 17:05

カラカリ

12日14日、曇り。午前9時の気温は11.8℃、今朝の最低気温は8.9℃でした。今日の最高気温は16.3℃でした。

カラカリ_a0123836_16585171.jpg
二日前から急に暖かくなりました。当センター観測で最高気温は、12日に17.0℃、13日に21.8℃にもなりました。今年はずいぶんと暖冬であるといわれています。
今朝も暖かいため、たくさんの野鳥の元気な声が周りの林から聞こえてきて来ます。
カケス、ヤマガラ、シメ、ウグイス、ヒヨドリ、コゲラ、エナガ、アカハラ、ツグミ、カラス、メジロ、アオジたちの鳴き声が聞き取れました。


カラカリ_a0123836_16575732.jpg
今日の万木堰には、コガモたちの姿が観察できました。


カラカリ_a0123836_16575731.jpg
一方で、ニホンアカガエルの産卵が少し見られるのですが、毎年最もよく産み付けられている場所にはまだ見かけられません。カエル君どうしちゃったのかな?
その小水路では、昨日は温かな日差しの中、メダカたちが元気に泳いていました。


カラカリ_a0123836_16575726.jpg
小水路沿いのネコヤナギ、花芽は続々と皮を脱いでおなじみの銀色の暖かそうな毛の姿が増えています。まだ花は咲いていません。



今日は、センターの春の作業の一端を紹介します。
カラカリ_a0123836_16575714.jpg
ハス田の手入れとして、枯れたハスの茎を倒して水に漬けました。当センターのハス田では初めての作業です。
この作業、ハス農家さんにはなじみの作業ということですが、褐斑病を避けるという目的で行います。カラ刈りと呼ばれているそうです。



カラカリ_a0123836_16575783.jpg
樹木の移植に適した季節のうちにイロハモミジを入手して植付けました。
秋の紅葉時に茶色や黄色の葉が多く、赤い葉が少ないので以前からほしいと思っていたところです。無事に活着して生長してほしいものです。
 



カラカリ_a0123836_16575717.jpg
また今日は百葉箱の塗装を行いました。特に屋根部分。全体に白さがはっきりして中庭に百葉箱の姿が浮かび上がりました。百葉箱の木部、意外と一部では腐朽が進行しています。
気象観測は計測機械の自動化に伴って、現在の小学校理科では、百葉箱があまり取り上げられなくなってきたようです。気象台の観測でも天候については、人間による目視がなくなった地点では、「快晴」という言葉が使われなくなると聞きます。


ご来館お待ちしております。

タグ:
by isumi-sato | 2020-02-14 17:10

立春/ついに見つけました


2月4日(火)、午前9時の気温6.1℃、今朝の最低気温0.9℃、晴れ。青空と白い雲のコントラストが素晴らしい朝を迎えました。昨日の夜は豆まきをしましたか?私の家では、家族みんな大声で「鬼は―外、福は―うち」。元気な声が響きました。鬼が決まらず、鬼なしでの豆まきでした。節分の後は立春。豆まきを終えると春はもうすぐです。


立春/ついに見つけました_a0123836_13425731.jpg
中庭のエノキの木。一年中様々な生きものたちが訪ねてくる、センターのシンボルツリー。今年はどんな生きものたちが行きかうのでしょうか?


立春/ついに見つけました_a0123836_13430196.jpg
うわー見たくない!という方の意思に反し、ばっちり撮影できました。スギの木の上は赤く色変え始めました。2月に入り気象庁は花粉情報を発信始めたようです。春が来て暖かくなるのはいいけど花粉が飛ぶのはいやだな~。



立春/ついに見つけました_a0123836_13430464.jpg
デスクでパチパチ仕事をしていると、何か視線を感じます。気が付くと一匹のネコハエトリグモが遊びに来てくれました。私の方をつぶらな瞳で見つめています。今年も会えたね。



立春/ついに見つけました_a0123836_13454238.jpg
屋外では、オオイヌノフグリの数が増えてきました。春の足音が少しづつ聞こえ始めました。



立春/ついに見つけました_a0123836_13430776.jpg
年明けから探し始めてもうすぐ一か月。「ないなーないなー。私の自宅近くではたくさん見かけるのに」と思いながら一か月近くが過ぎました。でもとうとう見つけました。フキノトウ。だいぶ大きくなっているということはずいぶん早くから芽は出ていたはず…。

まだまだ寒さは続きますが、春はもうすぐ。

センターの季節も、もうすぐです。

皆さん、遊びに来てね。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2020-02-04 16:55

天気がいいっていいですね

1月29日(水)、午前9時の気温11.9℃、今朝の最低気温5.4℃、今日の最高気温19.3℃。あれ?今って1月ですよね?今何月かわからなくなってきた私です。昨日の大雨といい…不気味な天気が続きます。


天気がいいっていいですね_a0123836_15254635.jpg
久しぶりの明るい昆虫広場。鳥の鳴き声が響き渡ります。水路にはメダカの姿も見えました。カエルの鳴き声も聞こえました。少々フライング?





天気がいいっていいですね_a0123836_15255526.jpg
この時期に良く観察できるツグミが数匹戯れておりました。鳥たちの久々の晴れ間に喜んでいるように見えます。




天気がいいっていいですね_a0123836_15255893.jpg
青空に優雅に浮かぶ白い雲。この景色をどれだけ待ちわびたことでしょう。今年は一月から雨ばかり。雨が続くと心もどんよりしますよね。





天気がいいっていいですね_a0123836_15260269.jpg
田んぼ脇の水路のようす。ゴウゴウとすごい勢いで水が流れています。流れが速く落ちたら大変です。降り始めからの雨量は115㎜にも達しました。





天気がいいっていいですね_a0123836_15260634.jpg
毎年夏にゲンジボタルが観察できる水路でも水の流れが速く、不気味な音を立てながら流れていきました。





天気がいいっていいですね_a0123836_15261388.jpg
オランダミミナグサの葉が多く観察できるようになりました。花はまだ咲いていませんでしたが、もうすぐ観察できることでしょう。


晴れの多い日が続くことを願いながら、春を探しに自然観察などいかがでしょうか?

お待ちしています。

by isumi-sato | 2020-01-29 16:55

雨で中止だなんて…

1月18日(土)、午前9時の気温4.7℃、今朝の最低気温4.6℃、雨。本降りの雨。気温も今朝の最低気温から0.1度しか上がっていません。寒いな~。などと思っていたら・・・

雨で中止だなんて…_a0123836_14233330.jpg
昼過ぎの昆虫広場のようす。午後三時の最低気温はさらに下がって2.4℃。冷たい北風に連れられて横殴りの雪が降っています。こんなに寒くても鳥たちの鳴き声ははっきり聞こえました。

雨で中止だなんて…_a0123836_14233768.jpg
さて、今日は草木染体験の行事が行われる予定でしたが、雨天のため中止となってしまいました。雨が降らなかったらこんなに素敵なストールが出来たのになー。今回の草木染は玉ねぎの皮と、赤カブで染め物を楽しんでもらうことになっていましたが、この冷たい本降りの雨。残念です。このストールは赤かぶと酢で染めたもの。講師が見本で作成してくれていたものです。なんてフェアリーなピンクなんでしょう!皆さんにもこの素敵なピンク色でストールを染めてもらいたかったのに…誠に残念です。でも、来年も赤かぶを使っての草木染を行う予定です。楽しみにしていてくださいね。


雨で中止だなんて…_a0123836_14234070.jpg
展示してみても素敵です。


去年の草木染体験参加者の方からの意見で、「藍染がしてみたい」という要望が多く寄せられました。夏のスペシャルデイの一日で、藍染体験を行う予定です。詳しくはもう少し話を詰めてから…お楽しみに!

by isumi-sato | 2020-01-18 16:55

行事「草木染体験」中止のお知らせ

本日、1月18日(土)開催行事の「草木染体験」ですが、雨天のため、

中止とさせていただきます。

申し込んでいただいた方には、またの機会にご参加お待ちしております。


最新のブログはこの下↓↓↓

タグ:
by isumi-sato | 2020-01-18 09:01