人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

2020年 03月 10日 ( 1 )

ヤマザクラ開花

3月10日(火)、午前9時の気温14.6℃、雨。分厚い雨雲とともに大粒の雨が降ったりやんだり。季節の移り変わりを告げる雨でしょうか?雨の毎日が続き心もどんより。コロナウイルスの影響で、小中高校生は自宅待機を余儀なくされています。早くコロナウイルスの感染が治まってくれればよいと願っていますが、テレビをつけるたび感染者の数が増えている現実。私が外出した際行っていることは、基本的な手洗い・うがいを帰宅時に徹底すること。人混みには極力いかず、必要最小限の用事がある時だけ外出すること。買い物に行っても、設置されているアルコールで手を消毒すること。マスクは必ずつける。家に帰ってもアルコール消毒するなどを心がけています。(これが正しいと限りませんが…)大人もこの状況で苦しいですが、子供も外でみんなと遊べず、きっと苦しんでいます。

ヤマザクラ開花_a0123836_15264683.jpg
この時期の週末もしくは夕方には、ネイチャーコレクションを楽しむためにセンターへ遊びに来てくれるちびっこも多くいるのに、15日まで休館のセンターはさみしい限り。はやく子供たちの声は響くセンターに戻ってほしいものです。



ヤマザクラ開花_a0123836_15265737.jpg
しかし、自然界の生きものたちは着実の春を迎える準備をしています。去年可憐な白い花を咲かせたスイレンの葉が、水面に浮かび始めました。今年もきれいな花を咲かせてくれることでしょう。


ヤマザクラ開花_a0123836_15270217.jpg
デイキャンプ場のオオシマザクラの様子。今にも花を咲かせそうです。いつの間にこんなに花芽を大きくしていたのでしょう。


ヤマザクラ開花_a0123836_15270631.jpg
万木堰では、ミシシッピアカミミガメが甲羅干しをしているようです。冬眠から覚めたのでしょうか?

ヤマザクラ開花_a0123836_15271066.jpg
3月8日に開催予定だった「トウキョウサンショウウオの卵のうを見つけよう」の観察場、湿性生態園へ向かいました。行事はコロナウイルスの影響で中止になってしまいましたが、卵のうは増えているか確認するため向かいました。しかしイノシシは暴れほうだいです。

ヤマザクラ開花_a0123836_15271443.jpg
私が、行事前に観察したときは1対の卵のうしか観察できませんでしたが、今日は5対の卵のうが観察できました。近くにある二ホンアカガエルの卵はオタマジャクシに孵ってプルプルと動いておりました。


ヤマザクラ開花_a0123836_15271807.jpg
湿性生態園からの帰り道。林道にはヤマザクラの花が開花していました。雨水をまとって優雅です。春はもうすぐ。明日は近隣の中学校で卒業式が行われるようです。

良い卒業式となるように…


by isumi-sato | 2020-03-10 16:55 | センターこぼれ話