人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

2019年 04月 13日 ( 1 )

シャク。四月の林道の植物、丘陵尾根道。

4月13日、快晴。午前9時の気温は12.1℃、今朝の最低気温は3.1℃でした。
夜は晴れたので、放射冷却でしょうか。朝の気温はだいぶ下がりました。
予報の通り、正午前から北寄りの風は南風に変わり、日なたを動くと暖かくなりました。
今日の最高気温は、15.9℃でした。
ついこの間、やっと夜よりも昼の時間の方が長くなったと思ったら、もう一時間以上も昼の時間が長くなっています。朝から晴れると、清明の名がよく似合う季節です。



a0123836_16584091.jpg
当センター進入路、北から見た建物とその東側の森です。新緑の緑が明るく、いろいろなトーンの緑色です。



a0123836_16584490.jpg
田んぼの片隅のおっぽり(水をためている場所)では、ショウブがたくさん伸びてきています。まもなく独特の白い細かな花が咲きます。連休のころには、丈が大きくなっていることでしょう。しょうぶ湯にする材料を提供できるでしょうか?



a0123836_16584816.jpg
田んぼに面して植えられているオニグルミの枝先、はっぱがぐんぐん大きくなってきています。




a0123836_16585176.jpg
進入路沿いの田んぼの中に大きな白い鳥が降り立ちました。




a0123836_16585480.jpg
アオサギが、水の少なめな田んぼを選んでエサを探しているようすです。



a0123836_16585820.jpg
当センターのまわりでは、細かな白い花をつける植物が増えてきています。
シャクです。夷隅地方によく見かけられる植物です。日本の中では分布する地域は多くはないようです。



a0123836_16590604.jpg
花のアップ写真。



a0123836_16590257.jpg
周辺の道路沿いで、群落状に咲いている場所が増えてきました。




a0123836_16590958.jpg
林道を歩くと、明るい新葉がよく目立ちます。ミズキの葉です。
互生がミズキ、対生がクマノミズキ。




a0123836_16591377.jpg
枝のつき方が階層状で、特徴があります。
逆光になると日をすかして、とても明るい新緑です。



a0123836_16591603.jpg
道端の草本も多くの種類が見られるようになりました。
ヒメオドリコソウ、カラスノエンドウ、オオイヌノフグリ、ヤエムグラなどの中に、
葉を四枚ひろげて、茎が四角い特徴の植物、アカネが伸び始めている姿がありました。



a0123836_16591969.jpg
今日は、一週間後の行事「万木城の歴史と里山の自然観察」の丘陵歩きの下見をしてきました。
近くの田んぼの中に、黄色い花を咲かせている植物がありました。最近あまり田んぼで見かけなくなった、タガラシです。




a0123836_16592237.jpg
丘陵尾根道は、雑木林から木漏れ日があふれて、歩くにはとても気持ち良い空間になっていました。



a0123836_16592686.jpg
自然観察で取り上げる予定のおもしろい植物が、はっぱの真ん中から花を咲かせる準備を始めていました。さて、一週間後には、花を咲かせてくれるでしょうか?
行事への参加申し込み、ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2019-04-13 17:14 | しょくぶつ