人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

2019年 03月 01日 ( 1 )

雨とニホンアカガエルたちの産卵


3月1日、雨のち曇。午前9時の気温は7.8℃、今朝の最低気温は6.8℃でした。
早くも、3月になりました。
きのうの雨は、35mmを超える降水量となり、夕方には強く降りました。最近では最もたくさんの降水量になりました。10mmを超える雨が降ったのは、1月31日、 2月6日以来で久しぶりです。
二月中は田んぼや土は乾いており、二月下旬になって数ミリの雨が続くようになりました。


a0123836_16060917.jpg
朝まだ雨が降って、ハス田のはるか向こうのスギ林は煙って見えます。



a0123836_16061304.jpg
ハス田の南隣、アシ原は二年に一度皆伐状に草刈りをしています。今年は刈る年だったのでさっぱりしています。そこに水がたまりました。


a0123836_16061729.jpg
さらにその南隣、当センター三枚ある田んぼの一番下にある、毎年もち米を栽培している田んぼにも、久しぶりに水がたまりました。




a0123836_16062027.jpg
近くの「おっぽり」にも十分に水がたまりました。
やっとカエルが産卵しやすくなりました。



a0123836_16062312.jpg
そう思って、下の田んぼを歩いてのぞいてみると、ありましたありました。


a0123836_16062663.jpg
昨夜、産卵したばかりでしょう。まだ新鮮に全体がすきとおっている卵塊が
二つ、観察することができました。
きのうは気温が低く、今日は少しだけ気温が上がり、明日は晴れるという予報が出ています。カエル君、自然界の生きもののなんと敏感なこと。感心させられます。





a0123836_16220824.jpg
湿性生態園では、まわりの山から水が入り込んで、水路を流れる水量が増しています。




a0123836_16063838.jpg
昨日、雨の中観察した時よりも水が澄んできていました。
水たまりに、澄んだ色をしたニホンアカガエルの卵塊を発見。



a0123836_16064131.jpg
さらに、昨日は水が濁っていて見つけられなかったのか、昨夜産んだのか。
新しいトウキヨウサンショウウオの卵のうが見つけられました。まだ袋にシワシワが見えますので産んで間もないものでしょう。


a0123836_16084838.jpg
人が近づくとオギやササのヤブの中から飛び立つ野鳥がいます。
アオジです。


今日は雨が上がり、午後から気温が少しずつ上昇。
明日、晴れて気温が上がるということなので、ニホンアカガエルやトウキョウサンショウウオの産卵が一気に進む可能性があります。
楽しみですね。

ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2019-03-01 17:05 | いきもの