人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

2019年 01月 31日 ( 1 )

大地を潤す雨

1月31日(木)、午前9時の気温3.8℃、今朝の最低気温-0.9℃、雨のち曇り。やっと恵の雨が降ってくれました。連日火災のニュースやインフルエンザが流行していることがテレビで報道されています。雨が降らず乾燥していることも要因の一つかもしれませんね。雨はぽつっと朝の出勤時間頃から降り出しました。雨量は4㎜。午後には一時止みましたが、閉館時間頃にはまた降り出しました。夜には雪に変わるとの予報も出ています。

a0123836_13261191.jpg
屋外のようす。雨と土が混じり合ったなんとも言えない良い匂いがセンター敷地内に漂いました。


a0123836_13261559.jpg
エノキの木の枝も、水滴をまといなんだか「ほっ」としているように感じました。



a0123836_13261940.jpg
久しぶりの屋根からの落水。リズミカルに時を刻みます。



a0123836_13262250.jpg
屋内では職員が種取り作業。雨の日の仕事の一つです。




a0123836_13495237.jpg
田んぼのようす。雨と土のまざった良い香りは、耕耘された田の土の匂いだったのかな?



a0123836_13495796.jpg


ハス田も潤いました。

a0123836_13500209.jpg
ハス田近くのオニグルミの木の下には、新たなオニグルミの新芽がニョロニョロと地面から伸びていました。

a0123836_13500546.jpg

近くでよく見てみると…。小さいながらもサルやヒツジのような顔をした葉痕がしっかり観察できました。生きものってすごいな~と感心するばかり。


今が一番寒い時期。しかしこの寒さの向こうには暖かい春が待っています。

生きものたちは、きっと首を長くして待っていることでしょう。

春を探しに来ませんか?

お待ちしています。


by isumi-sato | 2019-01-31 16:55 | センターこぼれ話