千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

2018年 11月 04日 ( 1 )

竹かご教室 最終日 / やれやれ・・・

11月4日(日)、早いものですね。11月に入ってもう4日です。すぐに正月が来そうです。
今朝の最低気温は10.6℃、午前9時の気温は15℃を超えてきました。ここ数日からみると暖かい朝。でも空は朝から雲が拡がっています。天気予報では小雨もアナウンスされており、午後の1時45分位には屋根に落ちる雨音が大きくなっていました。結局、夕方まで強弱を繰り返しながら降り続きました。


今日は竹かご教室の最終日、皆さん最後の追い込みです。

a0123836_11362824.jpg
空模様が心配なため、ビギナーさんは工作室で講師の方とじっくり作業を進めていました。


a0123836_16154245.jpg
経験者のかたは暖かいこともあり外で作業。雨が降ってくればすぐに室内へ退避できる心構えでの作業です。
雨が降り出す前から準備ができていたのか、雨脚が強くなると皆さん一斉に撤収、建屋の中へ移動しました。

雨のあと、室内はちょっと混み合ってしまいましたが、黙々と作業は続いていました。


a0123836_16154606.jpg
作業の進み具合は人によって差が出てきましたが、複数個めに着手される方も多く見られました。


a0123836_16154983.jpg
こちらはリピーターさん。


a0123836_16155141.jpg
こちらもリピーターさんでしょうか。


a0123836_16155320.jpg
こちらは今回の初心者講座の最終型、六つ目かご。2個もできちゃいました。


a0123836_16155539.jpg
最後は参加者全員で部屋のお掃除をしていただきました。


a0123836_16155653.jpg
おかげできれいになりました。ご協力ありがとうございます。


a0123836_16155895.jpg
最後は皆さん揃って記念撮影。作成された籠を持ってご満悦の様子。
ご参加ありがとうございました。

はじめての方は講師に積極的に質問、教わっていたようです。
リピーターの方は黙々と自分の世界に、そして時にはお互い助け合って、教えあって、技の向上に努めているようでした。参加者同士のコミュニケーションが、皆さんの次のステップへつながると嬉しいです。

//////////////////////////////////////////////////////

ところで、センターではモグラの話は比較的多いのですが・・・今朝、出勤してきたら中庭に土の盛り上がりがたくさんありました。今年もモグラに掘り返される季節が本格化したのか・・・などと考えながら近づくと、
a0123836_11361406.jpg

a0123836_11361675.jpg
なんか様相がいつもと違います。


a0123836_11361904.jpg
孔が埋まっています。というよりはモグラの仕業ではありませんでした。中庭まで来たのは、センターにイノシシが出没するようになってから初めての出来事です。だんだん大胆になってきたようです。
ラッセル跡からの想像ですが、大きな個体の仕業では無さそうです。こども(でもウリボウ以上)の仕業かな。


a0123836_11362113.jpg
延々つ続くラッセルの跡。この延長が中庭でした。奴は南側(写真の奥手)の畑と道路の境界付近から侵入、電柵で保護されているので畑方面は諦めて北(手前)へ進行、水路際をさんざん掘り返し、中庭が終点。その後は昆虫広場を通りどこかへ。


a0123836_11362206.jpg
こちらは日曜の夜から火曜日朝にかけて荒らされていたデイキャンプ場。こちらも東側(写真の上側)は電柵でガードしてあったのですが残念ながら電池切れでした。そのすきを突いて荒らしたようでした。
彼らの活動が全盛期になる時期なのか、電柵を設置して以降は、毎年この頃に被害が拡大します。


昼間、中庭では竹細工をされていましたが、その反対側のベンチ脇の梅の木。
a0123836_11362467.jpg
枝が伸びすぎたので剪定。これも私達の大事な作業です。


a0123836_11362628.jpg
その梅の木を剪定中に見つけたのがこれ。いわゆる「モズのはやにえ」。秋から冬にかけての風物詩でしょう。
問題はこれがモズに食べられてしまうかどうか。それともこのまま腐ちて落ちてしまうのか。
ちなみに、被害者はオケラさんのようでした。 

来週は空模様が今一歩、といった感じです。
イノシシのラッセル跡を観察したい方、今がチャンスです。フィールドサインをたどってアニマルトラッキングができるかも。


by isumi-sato | 2018-11-04 16:58 | 行事報告