千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

2018年 10月 31日 ( 1 )

冬鳥たちがやってきました

10月31日、曇時々晴れ。午前9時の気温は15.3℃、今朝の最低気温は11.9℃でした。
天気予報ではしばらく秋らしい晴れが続くようです。しかし、11月中下旬並みの寒気が降りてくるといっています。




a0123836_16222323.jpg
敷地の巡回に出かけると林道沿いの路肩では、掘り荒らしたあとが長ーく続いています。



a0123836_16222951.jpg
園内もいろいろな場所で、掘り荒らしたあとが見られるようになりました。
ドングリなどの実もたくさん落ちてイノシシにとっても冬支度、「食欲の秋」なのでしょうか?





a0123836_16223929.jpg
日々増えています。けれどもあまりにもいろいろな場所を荒らし過ぎです。




a0123836_16230728.jpg
林道沿いの杉木立の下、ハゼノキにも黄色赤の葉が目立ち始めています。




a0123836_16232703.jpg
ヌルデの葉色も黄色と茶色に枯れてきています。




a0123836_16235020.jpg
林道沿いの枝からぶら下がるツル植物、さく果が3つに分かれた特徴のオニドコロも種を用意し始めています。



a0123836_16234533.jpg
つる植物カラスウリのオレンジ色の実が目立ち、葉の色に黄色が混じり始めて秋の進み具合を感じます。





a0123836_16235668.jpg
畑に植えたキクの花がたくさん咲き始めています。
日照が続くことが、植物にも季節の変化をはっきりと進めてくれるようです。


a0123836_16275056.jpg
万木堰には、白く浮かぶ水鳥の姿が見えました。ホシハジロです。今年初めて観察しました。



a0123836_16282585.jpg
昆虫広場や林道を歩くと、木の枝の中に羽をぴりっピリッと動かす小鳥が見えました。ジョウビタキです。敷地巡回の行きは、林道沿いの樹木で観察できました。オスのようです。



a0123836_16292406.jpg
そして帰りは、昆虫広場の葉を落とした枝にとまって、逆に人間を観察しているようにも感じる薄茶色の野鳥がいました。ジョウビタキのメスです。つぶらな黒目がなんともかわいらしい表情をしています。羽の小さな白い模様が別名、紋付鳥の由来です。




a0123836_16295159.jpg
先日までたくさんの花をつけていた野草、ゲンノショウコは種をつけています。




a0123836_16300421.jpg
よく見ると、別名ミコシクザの名の由来がわかります。
サヤが乾くとくるっと丸まって、その勢いで種を飛ばして広げる作戦です。



季節が進んでいきます。ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-10-31 16:50 | いきもの