千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 07日 ( 1 )

お米作りって大変です

9月7日(金)、午前9時の気温28.8℃、今朝の最低気温24.6℃、晴れ。朝から南風の強く吹く一日となりました。今日の最高気温30.4℃。午後も強い風はおさまることはなく、時折吹き付ける風で、事務所の窓から見えるソメイヨシノの木は落葉と共にその枝を大きく揺らしていました。

6日未明に北海道で発生した最大震度7の地震。テレビでその被害の様子が放映されるたび心配でなりません。被害に遭われた方には、心からお見舞い申し上げます。いち早くの復旧、普段通りの生活ができますよう心から願っております。

a0123836_13521392.jpg
中庭からの風景。雲がすごい速さで南から東方向へ流れていきます。何の影響でしょうか?風速は午前9時時点で4.5m/s。台風は発生していないようですし…。ここまで強い風が吹くと心配になるのは…。



a0123836_13483666.jpg
気になって田んぼを見に行ったら、昨日稲刈りをしたばかりのもち米のおだかけが倒れていました。大変。


a0123836_13484119.jpg
すぐに、おだを組み直しました。職員二人で、おだを組み終わり稲をかけていたら強い風が吹き、かけているそばから、おだが倒れるなどなかなか作業が進みません。何度か組みなおし、稲を掛け終わったそばから、にわか雨が降ってきました。踏んだり蹴ったりってこうゆうことを言うのでしょうね。身をもって感じました。


a0123836_13484685.jpg
無事、終了しました。お米を作るって本当に大変なんですね。


a0123836_13485126.jpg
シオカラトンボでしょうか?収穫を喜んでいるかのように、稲の周りを飛び回っていました。


a0123836_13485617.jpg
コブシの果実のようす。以前よりも数を増やし、赤みが増してきました。このコブシの果実熟れて種を出す場面がとても恐ろしいんです。ネットの動画で見ましたが、実際に撮影したいと思いながらちょくちょく観察していますが、その場面にはなかなか出会えません。


a0123836_13490422.jpg
デイキャンプ場を歩くと、ニホンアカガエルが観察できました。春先には生まれたばかりの小さなアカガエルがたくさん観察できたのに…夏の間はあまり観察できませんでした。どこに隠れているのでしょうか?


a0123836_13490936.jpg
畑近くの林道を歩いていると、他の雑草と交じって葉を広げている植物を発見しました。どれか分かりますか?


a0123836_13491344.jpg
やっぱり…‥オオオナモミが葉を広げていました。果実をつけ始めたようです。湿性生態園で多く観察できる植物です。オオオナモミの陰謀通り、誰かの衣服についたのかそれとも、校外学習で果実を手に取って観察した時に、小学生のお友達が落としたものでしょうか?いずれにせよオオオナモミの狙い通りです。他のセンター敷地内にもきっと葉を広げていることでしょう。

観察を続けるとさまざまな物・事が見えてきます。

皆さんもセンターで自然観察始めませんか?

お待ちしています。

------------------------------------------------------------------

ここからはお知らせです。


a0123836_14443168.jpg
9月15日(土)開催の「秋の始まりに自然観察をしよう」には若干の余裕がございます。ご興味なある方は是非ご参加ください。お待ちしています。詳しくはこちら

by isumi-sato | 2018-09-07 17:25 | センターこぼれ話