千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

2018年 08月 11日 ( 1 )

さとの夏遊び3日目  虫取り / ガサガサ

8月11日(土)晴れ。午前9時の気温は31.4℃、湿度は69%です。今日も暑くなりました☀

今年のお盆シーズンは今日から帰省ラッシュが始まったもようです。


今日はさとの夏遊び3日目(最終日です)。午前は「虫捕り探検隊!」、午後からは「水辺の生きもの探検隊!」を行いました。





a0123836_16142663.jpg
まずは午前中のようす。やっぱ夏休みは虫捕りでしょう~♪ ここのネイチャーセンターでは、いつもは捕虫網が禁止されています。でも~、今日はスペシャル! 思い存分、つかまえましょう(#^.^#)




a0123836_16143567.jpg
「ひょっこりはん」バッタの仲間がいっぱい採れました。ショウリョウバッタ。草むらにたくさん暮らしているんだね。ほかにも、チョウの仲間(キタキチョウ、ベニシジミなど)やセミ(アブラゼミ、ミンミンゼミなど)の仲間、甲虫(カナブン、ヤマトタマムシなど)がたくさん観察できました。




a0123836_16145987.jpg
トンボの仲間もゲッツ!素早いので捕まえるのがたいへん…なはずですが、ホイホイつかまえています。とても上手なお父さんが、子供たちに分けてくれました♪




a0123836_16154499.jpg
夏休みの虫捕りは、ほんと楽しいです♪ おうちの周りでも、虫はたくさんいると思います。ぜひ昆虫採集にでかけてみてください。



a0123836_16160729.jpg
つづいて、つかまえた昆虫の体を、ルーペなどを使ってよく観察しています。ジー…
バッタの耳はどこ?セミやトンボの目って何個あるの?など、新発見が続出です。




a0123836_16161772.jpg
頭や顔、胸やはね、おなかや足など…たっぷり観察しました。不思議がいっぱいの体です。図鑑で調べると、興味がわいていきます。ああ、オモシロイ昆虫は~♪♪

------------------------------------------------------

水辺の生き物探検隊では、毎年ゲンジホタルが観察できる水路の中で「ガサガサ」を行なって、生きもの探しを行いました。
参加者の中には、西日本の住まいから実家に帰省されて、わざわざ日程を合わせて参加してくださった方もいらっしゃいました。毎年当センターの夏遊びスペシャルに参加されているそうです。ありがたいことです!!



a0123836_17061944.jpg
タモ網の使い方や、追いこむ方法での生きものの捕まえ方を説明した後は、水路に入っていきものを探しました。タモ網を持って待ち構える人と護岸をけとばして追いこむ人に分かれて水路の生きものたちを捕まえました。



a0123836_17062435.jpg
タモ網の中に動く生きものが入ると、なかなか興奮するものです。
いつものフレーズ「なんかいる!!」。小石の間も生きものをさがしました。




a0123836_17063046.jpg
つかまえた後は、テーブルの上に用意したバット、透明ケース、よく見るための薄い透明観察道具に生きものたちを移動させて観察です。



a0123836_17063412.jpg
はじめに何種類の生きものがいるかを予想してもらいました。
「二種類!!」「四種類!!」「六種類!!」。
実際に捕まえて観察してみると、ドジョウ、トウヨシノボリ(クロダハゼ)類、モツゴ、ヘビトンボ、スジエビ・ヌマエビ・テナガエビなどのカワエビの仲間、シマアメンボ、ヒメタニシ、カワニナ、サワガニなどなど。流されてきたマメコガネなどもいました。予想をはるかに上回る10種類以上もの生きものたちを短い時間の間に捕まえることができました。
a0123836_17063764.jpg
今日もドショウのひげの本数や、ヨシノボリのおもしろい顔、ヘビトンボの足と腹肢の違いなど、


a0123836_17063932.jpg
いろいろな観察ポイントを子どもたち、参加した大人たちが発見し観察できました。

最後に生きものたちを水路に戻して、「ありがとう」。
涼しい水路の中で、里山の水路にいるいろいろな生きものたちと触れ合うことができたもようです。

夏休みまだまだ時間があります。
8月18日にも、水路での生きもの探し があります。参加申し込みお待ちしております。こちら
ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-08-11 17:37 | 行事報告