人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

2016年 03月 24日 ( 1 )

春のにぎわい

3月24日(木)、午前9時の気温6.1℃、サクラが咲き始め、春真っ盛り!と思いたいところですが、とても寒い一日でした。午前中はパラパラと雨も降りました。サクラの開花が足踏み状態です。

a0123836_1441393.jpg
いつも、中庭を歩き回っているツグミが、今日は木の上からこちらの様子を伺っています。ミミズなどエサになるものを探しているのでしょうか? 考えてみれば、ミミズは土の中のモグラと取り合いですね。

a0123836_14412474.jpg
センター屋外では、ツクシの数が増え、スギナも一緒にいたるところに生えてきています。ツクシとスギナは地下でつながっている同じ植物です。「ツクシだれの子、スギナの子」と言いますが、スギナはシダ植物なので胞子で増えます。スギナが葉で、ツクシが花という関係になります。
 正確にはツクシの茎は子嚢(のう)茎、その先端の楕円形の部分が子嚢穂。その穂を構成する小さな一つ一つの傘が胞子のう床、傘の先の小さな白い部分、胞子ができて飛ばす部分が胞子嚢。と、調べると細かく名称がついています。

a0123836_14414171.jpg
ハルジオンも咲き始めました。こども視点からすれば、ピンクでかわいい花です。

a0123836_1442150.jpg
クロモジの花です。クロモジの木の枝を折って匂いを嗅ぐといい匂いがするんですよ。いすみ楊枝の会では、茶会の楊枝を作る大切な材料になります。和菓子もこのかほりのする楊枝で食べると一層上品においしく感ぜられるでしょう。

a0123836_14421796.jpg
昆虫広場の真ん中に二本あるコブシの木です。コブシも花が咲いています。ハクモクレンに似ていますが、コブシの方が花びらの厚みが薄く、ハクモクレンの方が花びらに厚みがあります。ハクモクレンの花の方は、はや少しずつ散り始めました。

早く暖かい春の日差しが、降り注いでほしいものです。



by isumi-sato | 2016-03-24 17:01 | しょくぶつ