人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

2014年 07月 27日 ( 1 )

雨降るの?降らないの?

昨日、今日とセンターの百葉箱観測では、最高気温が34.0℃となっています。
百葉箱の中でこの気温ですから、実際はもっと暑いのでしょう・・・


セミの声がたくさん聞こえる時期になると、合わせて昆虫広場ではこのような状況もよく見かけるようになります。
a0123836_15425395.jpg

ナガコガネグモがニイニイゼミを捕えたようです。
少し離れた場所でも、同じようにナガコガネグモがニイニイゼミをグルグルにしていました。
ニイニイゼミは引っかかりやすいのか・・・?
動けなくなったセミを哀れに思いつつ、クモだって食べなければ生きていけませんから、どちらも自然の中で生き抜くのは必死です。

日々の暑さに、秋の気配などまだ感じられませんが、秋に係わる尾っぽみたいなつぼみを見つけました。
a0123836_15472037.jpg

クズのつぼみです。
クズの花は秋の七草のひとつに数えられます。
つまり、クズの花が咲いたら「秋の七草のひとつである・・・」なんて、取り上げ方をしていいはずなのですが、このままですと、花が咲いてもまだ暑くて仕方が無いなんてことになっていそうで恐ろしいです。

湿性生態園の木陰にいたノシメトンボも、体色が黄色から赤に変わりつつあります。
a0123836_15511952.jpg

秋になると真っ赤なトンボが飛び回り、“赤とんぼ”と呼ばれますが、彼らも夏のはじめは体色は黄色系です。ナツアカネやマイコアカネも、そろそろ体色が赤くなり始めることでしょう。
これは秋の気配なのかな?

金曜日に堰の水もだいぶ減り、湿性生態園の水も無くなっていますと、お伝えしましたが、更に水が減っています。
a0123836_15555272.jpg

水が引くと、顔をのぞかせた地面の上にぺたぺたスタンプが残されていました。
a0123836_1558665.jpg

アライグマの足跡です。
アメリカザリガニでも探していたのかな?うろうろ歩き回った跡が残されていました。

湿性生態園で見られるシロネという植物に花が咲いていました。
a0123836_1602254.jpg

いったいこのどこに花が?と、この写真では思ってしまいますが、花は葉の付け根に咲くのです。
a0123836_1625290.jpg

どうしてこんな場所に咲かせるのでしょうか。
知らないと目がいかない花かもしれませんが、緑一色に見えても咲いている花がありますよ。


局地天気予報で、これからいすみ市は日付が変わるころまで雨が降るそうです。
本当に?本当に?と、いまいち信用できません。
畑に水をまくかまかないか、天気予報をにらみつつ悩んでいます。
by isumi-sato | 2014-07-27 16:19 | しょくぶつ