千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

ミヤコタナゴの展示を再開いたしました

昨年10月から展示を中止していた、ミヤコタナゴ(成体)の展示を本日から再開いたしました。


ミヤコタナゴとは、国の天然記念物に指定された、コイ科の魚です。
センターでは平成14年生まれの個体を、平成15年から展示していましたが、年には勝てず(飼育下での寿命は5年程度と言われています)去年からガクッと数を減らしていました。
そこで新たなミヤコタナゴを迎えて、展示再開となりました。
a0123836_17235288.jpg

ミヤコタナゴを繁殖している施設から、オス10匹、メス7匹の計17匹を分けて頂きました。
もちろん、きちんと法的(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)に則った手続きを踏んでの移動です。
これを行わないで譲渡が行われた場合、違法ですので皆様あしからず…。
a0123836_17282647.jpg

本日は新しい環境に少々右往左往していたタナゴたちでしたが、明日には新居にも慣れて優雅に泳いでくれるのでは?と思っています。


現在は非繁殖期なのでオスも地味ですが、3月下旬あたりから始まる繁殖期には美しい婚姻色へと体色を変化します。
センターでは繁殖にも取り組む予定なので、婚姻色と繁殖行動の2つがきちんと御見せできるように、これからも大切に育てていきたいと考えています。
by isumi-sato | 2010-02-02 17:40 | いきもの