千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

日が射せば、虫たちが元気

11月21日、晴れ。午前9時の気温は9.1℃、今朝の最低気温は4.6℃でした。
今朝は今年一番の冷え込みになりました。




a0123836_16494020.jpg
朝から元気に活動している生きものの痕跡があります。
モグラが地中を掘り進んで土を盛り上げた跡、たくさんのモグラ塚です。
モグラにとっては、必死にエサを探しただけのことで、地表に何が起きたかまではもちろん思いもよらぬことでしょう。




a0123836_16494588.jpg
また、今年は敷地内いたるところにイノシシの掘り跡が見られるようになってしまいました。電気柵をよけて入ってきて、そこらじゅうをえさを探して掘りまくっています。
写真はハス田の前、オニグルミの木の前の通路です。




a0123836_16494978.jpg
今朝は玄関扉の前の舗装にヤママユガの仲間が落ちて少し動いていました。
成虫の口は退化しており、何も食べないといいます。卵で越冬する蛾です。
夜間照明灯の灯りに集まってきたのでしょうか。卵を残す役割はもう終えたようすです。





a0123836_16495200.jpg
青空が広がり、久しぶりにたくさんの日が当たりました。
今日の最高気温は、18.6℃になりました。きのうより4℃以上高くなりました。





a0123836_16495632.jpg
寒くなったあとでも気温が上がると、活発に活動するのが昆虫たちです。
日が当たると植物の花もよく開くこともその一因になっています。
チョウ類、バッタ類、トンボ類がたくさん姿を現わし活動しています。
堰の堤沿いに咲くヨメナの花にもたくさんの昆虫が集まっています。
ハナアブの仲間です。




a0123836_16495948.jpg
畑の菊の花にもたくさん昆虫が集まっています。ハエやチョウも来ています。
そしてそれらをねらっているのか、クモもいます。





a0123836_16502266.jpg
雑木林の地表にも、ヒラヒラとオレンジ色のチョウが見えました。




a0123836_16520729.jpg
タテハチョウの仲間、ウラに C の模様が見えます。シータテハのようです。




a0123836_16521118.jpg
アジサイには、キタテハがいました。幼虫はカナムグラなどを食草にしているようです。列状に並んだアジサイには、夏にカナムグラやヘクソカズラのつる植物がからんでいました。





a0123836_16521513.jpg
建屋の柱、日が当たった部分には別のタテハチョウがとまりました。アザミなどの花に集まり、幼虫はカラムシ、ヤブマオなどを食草としているアカタテハのようです。今日であったタテハチョウの仲間たちは、成虫で越冬をするチョウたちです。これから天気の良い日には、出会うチャンスのあるチョウたちです。
今日はもちろんまだまだ、赤トンボたちもたくさん飛んでいました。
草原では、バッタ類、コバネイナゴなどが歩くとたくさん飛び出してきます。

ご来館お待ちしております。




by isumi-sato | 2018-11-21 17:10 | いきもの