千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

秋の魅力いっぱいです。

11月15日(木)、午前9時の気温13.4℃、今朝の最低気温5.7℃、快晴。今朝の最低気温が一気に気温が下がりました。通年ならもっと早く冷え込んでいるはずですが…。


a0123836_13504485.jpg
朝一番の撮影です。暖かな太陽の日の光が私に降り注ぎます。毎日変わらない風景ですが、当たり前のように朝が来ることが一番幸せなことだと思う毎日です。


a0123836_13504849.jpg
万木堰の水面に映るアカメガシワ。黄色く染まったその葉は素晴らしい風景を描いています。でもなんで‘アカ‘メガシワ?それは新葉が赤いことから名づけられました。春には赤色。夏に濃い緑色。そして秋には鮮やかな黄色に葉の色を変え野山を彩ります。

a0123836_13505234.jpg
今朝は30匹ほどの水鳥が観察できました。今年は鳥の数が少ないなーと思っていますが、センターを訪れた方の中にはオオタカの姿を見た方もいたようで…鳥の姿が見えないのはオオタカが原因の可能性が濃いようです。


a0123836_13505634.jpg
少し前まで勢いよく穂を出していたチカラシバ。ここ最近は茶色く色を変え始めました。もうチカラシバを観察できる季節もおわりのようです。

a0123836_13510007.jpg
畑では、ロゼッタの形をした植物が多くなってきました。これを見ると冬が近づいてきたなーと思うのは私だけでしょうか?

a0123836_13510520.jpg
湿性生態園へ向かう林道では、ヌルデの虫こぶ(虫えい)が観察できるようになりました。今年は去年よりも数が多いようです。ヌルデの虫こぶは、昆虫の寄生によってできたもの。洋ナシのような形をしていますが、果実ではないので食べられません。

a0123836_13511169.jpg
これはスイカズラの果実です。数年前までは何の果実か分かりませんでしたが、夏の時期に白い花を同じ場所で観察したためスイカズラの果実だということが分かりました。年間をとおして観察を続けるといろいろなことが見えてきます。スイカズラの葉は冬の時期でも葉は枯れず濃い緑色を保っていることも寒い冬の時期の観察を通して学びました。

a0123836_13511522.jpg
シジュウカラの姿を撮影できました。「ツツピーツツピー」「ジュクジュク」と鳴きながら私の頭上2mほどの所で枝から枝へ移動していました。私にとっては久しぶりの鳥の撮影となりました。

季節をとおして様々な生きものを観察できるセンターです。

お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-11-15 16:55 | センターこぼれ話