千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

秋の実、ムカゴなど

11月1日、曇のち晴れ。午前9時の気温は12.8℃、今朝の最低気温は6.8℃でした。
今季一番の冷え込みになりました。未明、夜空の星はとても輝いてきれいでした。



a0123836_16373321.jpg
昼ころから青空が広がってきました。
北側を望むと快晴の青空が広がっています。



a0123836_16373944.jpg
ところが空の真上を見ると、南側には雲がぴっちりと広がっていました。



a0123836_16374375.jpg
おもしろい空なので衛星写真を見ると、房総半島のいすみあたりに青空と雲の境界がありました。雲は午後に少しずつ南へと下がって青空が広がってきました。



a0123836_16374640.jpg
その中間あたりの空、秋らしい巻積雲をバックにススキの穂が揺れています。



a0123836_16375034.jpg
同じ空をバックにオニグルミの枝先の写真です。おやっ。なぜか、新葉が出てきています。数本ある中の一本だけ新葉が出てきていました。今年はなぜか樹木が季節を勘違いして秋らしからぬ動きをしているという話を聞きます。猛暑のせいなのか、たくさん来た台風のせいなのか、はっきりとした原因は不明です。




a0123836_16375722.jpg
さて、空を見上げると他の樹木には実がたくさんついている姿が見られました。
ハゼノキです。この実からロウをとったといわれています。




a0123836_16380168.jpg
さらに実としては、つる植物ヤマノイモのつるにたくさんのしゅ芽、ムカゴがついている姿が見られます。秋の晩酌のお供によいのですよね。




a0123836_16380792.jpg
9月に白い花をたくさんつけていたセンニンソウには、花のあと、その名の由来になった仙人のような白い毛が見え始めました。




a0123836_16381049.jpg
堰の対岸には、葉の色を黄色に染めはじめたアカメガシワの下にカルガモたちの姿が増えてきました。



a0123836_16381444.jpg
そして日当たりのよい、堰の手すりや水面の上にはたくさんの白い羽が光り、飛んでいます。赤トンボです。やや小ぶりのトンボ。ナツアカネに加えて、アキアカネたちの姿も見られるようです。
とても似た姿ですが、アキアカネは打水産卵、ナツアカネは打空産卵をするといいます。
秋のひと時、ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-11-01 16:53 | センターこぼれ話