千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

実りの秋♪ 食品ロスを減らそう!

10月7日(日)はれ。午前9時の気温は28.2℃、湿度は85%です。日中の最高気温は、なんと32.2℃📈 10月なのに…真夏日となりましたι(´Д`υ)アツィー





a0123836_15275884.jpg
そんな炎天下?のもと、待ちに待った「落花生」の収穫イベントが行われました。





a0123836_15294053.jpg
「どうですか~?」…「あれ~?」「ちょっと小さいかな~?」「なかなか見つからないな~」…去年よりやや不作のようです。





a0123836_15292228.jpg
とはいえ、苦労してできた落花生の収穫…楽しんでいただいているようです。





a0123836_15303966.jpg
ワクワクしながら種を植え、猛暑の中での雑草取り、そして今日の収穫を迎えました。





a0123836_15305814.jpg
「あったー!」「なんか宝探しみたい♪」…ほっ( ̄▽ ̄;) 年ごとに違う畑で、それぞれの楽しみを見つけてくれたようです。





a0123836_15310717.jpg
赤とんぼの仲間が、そんなヒトたちを横目に、秋空を飛び回っています。真っ赤ですね~





a0123836_15315152.jpg
わお!バケツ一杯とれた家族がありました。ブラボー😁





a0123836_15321804.jpg
落花生を茹でてみました。収穫したての“生(なま)落花生”を、その場で食べてみましょう。





a0123836_15325489.jpg
見てください!この新鮮な色合い。苦労した人の特権ですね。「いただきまーす」





a0123836_15330584.jpg
「おいしい!」「甘ーい!」「茹でもいいけど、煎ってみるのも楽しみ♪」「おうちでは塩味に挑戦してみよう」…いろいろな感想がありました。





a0123836_15344086.jpg
お疲れ様でした!食べるまで大変でしたね。お口に入るまで、多くの手間がかかることを体験できました。
またのご参加をお待ちしています。





a0123836_15350737.jpg
一方こちらでは、お米の選別作業が行われています。選別しているのは、お米とゴミです。これは、唐箕(とうみ)という穀物とゴミをより分ける機械です。数百年前から使われている農機具です。





a0123836_15351606.jpg
お米は、食べられる状態にするまで、とても多くの工程があります。この選別は、もみすり前の大事な作業で、混ざった草や空の籾を取り除きます。





a0123836_15362001.jpg
原理は、風の力を使います。中にある扇風機のような風車をまわし、軽いゴミは左から風の力で排出、重い穀物は下へ落ちます。スゲー!





a0123836_15362755.jpg
見る角度を変えます。重たいお米は左右へ落ちる一方、軽いゴミは手前に落ちています。考えた人は頭がいい!中国から17世紀ごろ日本に伝来したそうです。少し前まで、日本の農家で普通に使われていた農具です。





a0123836_15363106.jpg
見てください!この驚きのパワー。よく選別されていますね。





a0123836_15370106.jpg
ゴミもたくさん出ました…こんなでるの?って感じましたよ。作業も本当に大変です。「手間暇かけて」とか「丹精込めてつくった」とかよく耳にします。わかりますよ!




a0123836_15371097.jpg
「ぜったいに食べ残しはやめよう」と心に誓いました。また、買いすぎない・腐らせない・賞味期限をチェック…などをして「食品ロス」を減らそうと思いました。






by isumi-sato | 2018-10-07 17:04 | 行事報告